枝野幸男

2019年7月10日 (水)

悪質な嘘で他人を罵ることでしか自らの存在をアピールできないペテン総理に「しつこい野党攻撃が、共闘を促進・深化させる」(志位和夫)・・・馬鹿を相手の時じゃない!!&山本太郎 れいわ新選組 代表 政見放送

 今日のTVは、参議院選挙そっちのけで、ジャニー、ジャニー、ジャニーで大騒ぎなんだろう。そんな中、ハンセン病の元患者家族の訴訟に控訴しないという判断は、確かに正しい。ただし、初老の小学生・ペテン総理の「異例のことではあるが」なんてコメントを聞くと、腹の中では「嫌々」ってことがうかがい知れる。なんだかんだ言っても、選挙対策ってのがイッチャンの理由なんだろうね。2001年に同じように控訴断念を表明した小泉政権は、その夏の参議院選挙で大勝してますからね。

ハンセン病家族訴訟 控訴せず 原告、謝罪と救済策要求

 それにしても、朝日はうまいことやられましたね。「複数の政府関係者の取材から」と謝罪文でも書いているように、おそらく政権側からのリークがあったのだろう。だからこその「控訴の方針」だったんだろうけど、ペテン総理の腹黒さをちょいと舐めていたのかも。

 ところで、ペテン総理が「民主党、民主党」とわざと言い間違えてることに、エダノンが「選挙妨害だ」と抗議したら、なんとまあ「怒るなら党名変えるな」だとさ。子供か! エダノンもこんな橋にも棒にもかからない無能な男を相手にすることはない。突貫小僧・山本太郎君のように、生きた言葉で熱い心を語れ。それこそが今、れいわ新選組以外の野党に求められていることなのだ。

 歌にもあるじゃないですか。「馬鹿を相手の時じゃない」ってさ。

首相、立憲の選挙妨害批判に反論 「怒るなら党名変えるな」


山本太郎 れいわ新選組 代表 政見放送

東京選挙区は、「野原ヨシマサ」
比例区は、「山本太郎」 または「れいわ」

Shall

Photo_20190710080101

| | コメント (2)

2019年4月22日 (月)

衆院補選で自民2敗は、けっして野党が勝利したわけではない!! 野党共闘に本気で取り組まないと、「消費税増税延期」でしてやられるだろう!!

 大阪、沖縄の衆院補選で自民党が敗北したことで、新聞の1面には「自民に逆風」なんてイメージの見出しが踊っている。デモ、本当にそれでいいのか。大阪も沖縄も、そもそもからして自民党にとっては過酷な戦いになることはわかっていたわけで、そのあたりは折り込み済みなんじゃないのかねえ。

 それが証拠に統一地方選を見ると、自民党は議席を増やしているんだよね。それに引き換え、野党はと言えば共産党なんかは議席を減らしている。つまり、トータルすれば態勢としては自民党勝利という見方だって成り立つってことだ。

 大阪12区では改めて維新の勢いの強さを見せつけられたわけで、これって野党勝利とはまったく結びつかないことを忘れてはいけない。なんてったって、維新は自民の補完勢力以外の何物でもありませんからね。何が何でも任期中に改憲したい初老の小学生・ペテン総理にとっては、自民は負けはしたけど改憲勢力の議席は守ったわけだから、メディアが言うほど痛手に思ってないんじゃないのかねえ。

 それよりも、結果として惨敗してしまった宮本岳志君に対して、立憲や国民が全党挙げての支援体制を構築できなかったことは、今後の野党共闘に暗い影を落としたんじゃなかろうか。宮本君への煮え切らない態度を見てもわかるように、ここにきてエダノンの発信力がかなり衰えてきているのも気になるところだ。

 もっと時代の流れとや空気に敏感に反応していかないと、参議院選挙で痛い目に遭いますよ。なんてったって、敵は「消費税増税延期」という錦の御旗がありますからね。

衆院補選、自民2敗 沖縄は野党系、大阪は維新

| | コメント (2)

2018年11月 8日 (木)

下院の民主勝利で、トランプの憎悪煽り戦術はより過激になるだろう!&小沢・前原・橋下が会食・・・こんなことしてる場合か!!

 アメリカ中間選挙は下院を民主党が制して、ぎりぎりだけどチェック&バランスが働いたということなのだろう。とは言え、上院は共和党、下院は民主党というねじれ現象が起きたことで、トランプはよりいっそう反対勢力に対して、憎悪を剥き出しにして喚き散らすんだろうね。敵を作って憎悪を煽り立てるのは北の首領様一族が得意としてきた戦術なんだが、いまやアメリカの大統領の得意技になってるんだから、ひたすら口をあんぐりさせるのみ。

米中間選挙 トランプ共和、下院敗北 「米国第一」に厳しい審判

・トランプ氏、民主に協力要請も強気崩さず 中間選挙受け会見

 それにしても、民主党もスターがいないんだね。オバマの再来かと期待されたテキサス州のオロークも、結局は共和党の牙城を崩すことができませんでしたからね。「ブルー・ウエーブ」も選挙戦終盤ではその勢いに若干の陰りも見えてたし、このままスター不在だと2年後の大統領選はトランプにしてやられますよ。

 しかしまあ、「民主党は頭がおかしい。ギャングを流入させる党だ」なんてフェイクニュースを吠えまくって憎しみをぶつけるトランプの演説を聴いていると、もう暗澹たる思いにとらわれてしまう。なんか、とてつもなくよからぬことが世界に蔓延していくような、そんな気がする木曜の朝であった。

 ところで、スター不在は日本の野党も同じで、本当なら立憲民主のエダノンがもっと存在感を示さなければいけないのに、野党統一名簿に否定的な素振りを見せたりして、いまひとつ煮え切らないんだね。そこへ持ってきて、昨日のエントリーで書いたように、国民民主は自民党に取り込まれそうだし、オザワンは風呂上りの口先番長・前原君とお子ちゃま・橋↓君と会食とくるんだから、もう何がなんだかわかりません。

立憲民主 枝野代表、野党統一名簿に同調せず

橋下徹氏、小沢一郎代表と会食 前原誠司氏がつなぐ?

 エダノンが「民主党政権時代に失敗した当事者と、もう1回政権交代をする」なんてことを口にしてることも、ひょっとしたら小沢・前原・橋↓会談に通じるものがあるからなのかも・・・なんて悪夢を見てしまう今日この頃なのだ。

枝野代表「失敗した当事者ともう1回政権交代を」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

オール沖縄は玉城デニー衆議院議員で一本化!?&「憶測部分なので誤報とは言いませんが、それに匹敵する歪んだ記事」(枝野幸男)。「沖縄知事選、静観」の記事に逆襲!!

 沖縄県知事選挙における「オール沖縄」の候補が玉城デニーで一本化されそうだとか。翁長氏の光景指名を尊重するなら、おそらくその方向で決まるのだろう。てことは、デニー君の選挙区である沖縄3区の補選があるということになる。早々と、元名護市長の稲嶺君の名前が上がったりしているようで、これはこれで大変な選挙になるんだろうなあ。

沖縄県知事選:玉城デニー氏出馬へ 翁長氏の意志受け、環境整備前提に

・田中龍作ジャーナル
【沖縄県知事選挙】翁長後継 玉城デニー氏、オール沖縄の条件整えば出馬 

 でもって、沖縄県知事選について、「沖縄知事選、静観の構え=立憲代表」というニュースを時事通信が流している。「何考えてんだ、立憲民主は!」という非難の声がネットでは渦巻いているんだが、これに立憲民主代表のエダノンが猛然と反論。

沖縄知事選、静観の構え=立憲代表

 憶測とは言え、かなり踏み込んだ見出しになっているから、そりゃあエダノンも黙っているわけにはいきません。フェイクニュースとは言わないけれど、こうしたタメにするような記事には、これからも毅然とした態度で逆襲して欲しいものだ。

 政権批判しつつも、最後は「それにつけても野党がねえ」と締めくくるという印象操作が、このところの新聞・TVは得意ですからね。黙っていると、いいようにやられちゃいますよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

公文書が消える日・・・重要案件はすべて私文書化の動き!?&エダノンの2時間超の演説文字起こし全文を公開!!

 「ミライトワ」「ソメイティ」・・・東京オリ・パラのマスコットの名前なんだとさ。暑さ対策に濡れタオルを首に巻けだの打ち水しろだのと同じくらい腰砕けする月曜の朝である。

 ところで、ペテン総理は国会閉幕の記者会見で公文書改竄について、「一度失われた信頼を取り戻すことは至難ではありますが、私たちはそれを成し遂げなければなりません。今回取りまとめた事項を1つ1つ確実に実行に移し、適正な公文書管理の徹底を期していただきたいと思います」ってのたまっていた。悪質な改竄は「免職」なんて場合もあるってんだが、だったら公文書作らないもんねって動きがあるってね。

政府が公文書管理の監視強化、悪質改ざんは「免職」も 

 つまり、ちょいと微妙な案件で、後から問題になりそうだと判断したら私文書扱いにしちゃおうってわけだ。既に、総務省が「町村議会のあり方に関する研究会」の議事録を「作成・取得していない」って言っておきながら、実は「議事を記録した文書を作り、職員個人の『備忘メモ』として私文書扱いしていた」ってことが判明している。

対策のたび公文書が消えていく きわどい案件は私文書に

総務省 研究会発言録を開示せず 私文書扱いに

 大勲位・中曽根君は自らの活動記録を国会図書館に寄託したそうだが、歴史の検証に寄与するという昔ながらの政治家としての自負のなせる業ではあるだろう。それがいまでは、隠蔽することに躍起になっているんだから、昨日のエントリーで書いたように西尾幹二ならずとも「戦後最悪の総理大臣」と罵りたくもなろうというものだ。

中曽根元首相 活動記録を寄託 国会図書館、公開へ作業

 国会閉幕で新聞TVも夏休み状態で、森友・加計学園疑獄のことなんかなんかったことになっちまているけど、いつまでメディアは野党への失望感を煽り続けるつもりなのだろう。

 というわけで、エダノンの内閣不信任案提出趣旨演説の文字起こしを是非ご一読あれ。書籍化の動きがあるのも頷けるというものだ。

【文字起こし】2時間43分即興演説 立憲・枝野代表「安倍内閣不信任決議案」(2018年7月20日)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

カジノ法案成立で国会閉幕。国会議員、とりわけ赤坂自民亭出席者はとっとと被災地に駆けつけて泥まみれになれ!!&太田理財局長が主計局長に栄転&枝野幸男の内閣不信任案趣旨説明をなぜNHKは中継しないのか!!

 賭場法案もといカジノ法案が刑法の賭博罪を無視して成立。ペテン総理が記者会見で官僚の作文を棒読みして国会はこれにて閉幕。いやはや、これが議会制民主主義の成れの果てってやつです。

安倍首相の会見要旨 通常国会が事実上閉会

懸念残しカジノ法成立 制度運用331項目、政省令任せ

Photo
東京新聞より

 でもって、議場で「カジノより被災者を助けて」の垂れ幕を掲げたってんで、参議院議長が突貫小僧・山本太郎君たちを「参院懲罰委員会に付託することを決めた」ってね。笑わせるんじゃねえ。豪雨で西日本が泥沼状態になっている最中に宴会開いてたろくでなしどもはどうする。喫煙問題で参考人のがん患者に「いい酢加にしろ!」って野次飛ばしたジョイフル穴見はお咎めなしか!

山本太郎議員らを懲罰委に カジノ実施法の採決で垂れ幕 

 それに引き換え、ペテン総理に阿る連中はとことん優遇するそうで、なんと森友学園疑獄でご活躍の茶坊主・太田理財局長が、財務省主計局長にご栄転だそうだ。そして、シュレッダー佐川君に対す偽証罪による告発は、自民党が握りつぶしやがりました。

安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

 こんな内閣に不信任案を提出するのは当然で、エダノンの趣旨説明演説は2時間43分という異例の長さになったのもむべなるかなってことだ。ところが、この気迫のこもった演説をイヌアッチイケーは中継しないんだよね。なんのための公共放送なのかねえ。

枝野代表3時間近くの演説も、安倍内閣不信任案を否決

内閣不信任案趣旨説明 「民主主義の履き違え」の部分の書き起こし


安倍「内閣不信任」枝野幸男(立憲)ほか【全267分】:7/20衆院・本会議

 森友・加計学園疑獄はそのままに、これで国会閉じて秋までサヨナラでいいのかねえ。閉会中審査で、しっかりと説明責任を果たしてもらわなくちゃいけないんじゃないのか。なぜ、そうした論調がメディアから出てこないんだろう。

 国会が閉幕して、果たして何人の自民党のシェンシェイたちが西日本の被災地で汗を流すことだろう。ボランティアが足りないって言ってるんだから、とっとと被災地に駆けつけて泥まみれになってみろ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

文部官僚逮捕のドサクサに、水道民営化衆院通過、カジノ法案参院審議入り。どちらも、裏に外資あり!! 

 東京医科大学裏口入学で、収賄側の文部官僚は逮捕されているのに、なんで贈賄側が在宅のままなんだろう・・・って思ってたら、理事長も学長も高齢のためなんだとさ。77歳と69歳ってんだが、おいおい、森友学園の籠池前理事長は65歳で1年近くも不当拘留されてたんだぜ。裏口入学は官邸のリークなんて噂もあるようだし、なんかバーターがあったんじゃないのか。

 でもって、現職官僚の逮捕報道のその日に、水道民営化が衆議院を通過した。昨日の夕方のニュースでは、どの局も東京医科大学裏口入学で花盛り。ある意味、わかりやすくはあるのだろうが、なんだかなあなのだ。

水道事業に民間活用などの改正法案 衆院通過 

 水道民営化は、世界各国で導入したのはいいけど、惨憺たることになっていて、パリでは民営化を止めて公営化に戻しているんだよね。水道ってのはライフラインの最たるものなのに、民営化になったとたんに料金は上がるわ、職員の労働環境は悪化するわ、赤字分は税金で補填するわってんだから、なんのメリットもないのが実情なんだね。

水道「民営化」から「再公営化」へ。パリ、市民参加で45億円のコスト削減、ウェールズ、非営利法人による運営

ネットでは、

「水道民営化は行政が監視指導するから大丈夫だ」→「原子力規制委員会の体たらくを忘れたのか」すごい説得力

 ってつぶやきがあったが、まさに的を射る発言ってことだ。

 そもそも、水道民営化は、2013年にアメリカのシンクタンク「CSIS(戦略国際問題研究所)」での講演で、ひょっとこ麻生が突然ぶち上げたものなのだ。CSISは、あのマイケル・グリーンが副理事長で、それだけでどんな組織かわかろうというものだ。

 つまり、水道民営化の裏には外資ありってことなんだね。アメリカの企業にとってこんなおいしい話はないってことだ。ちなみに、ひょっとこ麻生の娘婿はフランスの大手水道会社の幹部なんだとか。だからどうしたってこともありませんけど。

 裏に外資あり、ってのはカジノ法案も同じで、東京新聞が1面で取り上げたように、トランプのお友だちのカジノ王が絡んでいるんだね。日本人がカジノですった金は、アメリカが吸い上げるって図式だ。

「米国カジノ業者が子会社をつくり運営し、日本人がギャンブルで損した金を米国に貢ぐ。国を売る話だ」

 ってエダノンは厳しい声を上げているが、その実情を知れば、エダノンならずとも「売国奴」って罵りたくもなろうというものだ。「日本を取り戻す」どころか「日本を取り壊す」政治屋どもに、永遠の呪いあれ!!

・カジノ法案にトランプ氏の影 きょう参院審議入り 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

「妻に確認したところ、『そのような電話はしていない』。 私の妻は籠池氏が財務省の室長と面会していることを、全く知りませんし、知りようもない」(安倍晋三)。そのうち「昭恵氏は電話をしていない」って閣議決定しそうだな&「籠池氏を保釈して説明求めたい」(枝野幸男)

 共産党が手に入れた国有地売却をめぐる森友学園と財務省の音声データで、「交渉のため、財務省を訪れた直後に、昭恵夫人から電話があった」という籠池前理事長の発言が発覚。アンタ知ってたんじゃないのと追求されたペテン総理は、「事前通告していただかなければいけませんよ。普通、常識じゃないですか」と色をなしてブチ切れていたんだが、昨日の国会では「事前通告がなかったので確認できなかった。妻に確認したところ、『そのような電話はしていない』。 私の妻は籠池氏が財務省の室長と面会していることを、全く知りませんし、知りようもない」とお得意の居直りぶりでかわそうと必死だったようだ。

 でも、おそらく誰もが感じていることだろうが、これってただの「身内による証言」でしかないんだよね。裁判だったら、こんな証言にまったく信用性なんかありません。ペテン総理と私人の嫁は別人格ですからね。いくらペテン総理がああだこうだ言ったところで、それは単なる身内可愛さの情実証言なんだね。下手すると、そんな発言自体、偽証罪に問われることだってあるかもしれない。

 とにかく、私人の嫁が自らの言葉で語るしかないんだよね。籠池前理事長は証人喚問を受けて立ったという事実は極めて重い。ペテン総理はなにかにつけて「信用ならない人物」とか「話がころころ変わる」とか名誉毀損にも匹敵する人格攻撃しているが、だったら証人喚問における籠池前理事長の発言を偽証罪で告発してみやがれ、ってなもんです。

 私人の嫁が「ペテン総理からです」と渡したという100万円についてだって、いまだに白黒ついてないんだからね。私人の嫁が国会に出てきて証言する以外、身の潔白を証明する手立てはないってこった。もちろん、嘘ついたら偽証罪の証人喚問が必要なことはいうまでもない。


昭恵夫人の「応援電話」、首相は確認したとして改めて答弁

「森友」国有地売却 大幅値引きの根拠 共産が音声データ入手

 ところで、エダノンがTV番組で、「籠池さんに今さら証拠隠滅の恐れはないですよ。証拠隠滅してきているのはむしろ財務省。保釈を認めない理由はない。保釈をして、(音声データなど)新しい材料も出てきているので、ご本人に説明を求めたい」と語ったそうだが、新聞・TVこそこういう意見を発信しなくちゃいけないんじゃないのか。もっとも、昨日のニュースも相撲協会の理事選一色という悲しい現実の前に、そんな期待も萎えてしまうのだが・・・。

「籠池氏を保釈して説明求めたい」立憲・枝野氏

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

「いよいよ改憲を実現する時がきた」「国のかたち、理想の姿を語るのは憲法だ」(安倍晋三)VS「憲法は国の形、理想の姿を語るものではありません。国民が公権力を縛るためのルートです。従って(首相と)憲法観が違うので議論のしようがありません」(枝野幸男)

 いやはや、凄い雪だった。雪の中、地元で飲もうとでかけたのはいいけれど、行きつけの店はみんなお休み。う~ん、雪見酒とはいかなかったか。

 そんなことより、ワシントン・ポスト紙によると、トランプが大統領に就任して以来「最初の1年間に虚偽や事実関係で誤解を招く主張を2140回繰り返した」って報じている。嘘をつかなかったのは1年間で56日だけで、そのほとんどがゴルフに興じていた時なんだと。

 ははは、まるでペテン総理と同じじゃん。こういう権力者の発言のファクトチェックってのは、日本のメディアも見習うべきなんだが。幹部連中が鮨友だらけじゃ無理な相談というものか。

・トランプ氏「うそ」1年で2140回 演説など分析

安倍晋三の嘘まとめ

 で、そのペテン総理は通常国会招集日の党会合で、「いよいよ改憲を実現する時がきた」って檄を飛ばしたってね。この前のめりぶりは、なかなか改憲の機運が盛り上がらないことへの焦りの裏返しなのだろう。なんてったって「改憲は歴史的使命」とのたまって憚らない男ですからね。個人の野望だけで改憲しようたってそうはいきませんよ、ったく。

 さらに、国会の施政方針演説では「国のかたち、理想の姿を語るのは憲法だ。各党が憲法の具体的な案を国会に持ち寄り、憲法審査会で議論を深め、前に進めていくことを期待する」ってさ。憲法の何たるかをまったく理解してない証拠です。

 このクソ発言にエダノンが即反応。「憲法は国の形、理想の姿を語るものではありません。国民が公権力を縛るためのルートです。従って(首相と)憲法観が違うので議論のしようがありません」と切って捨てたのはごもっともなことなのだ。

 こうしたペテン総理の憲法観にまつわる発言を報じた東京新聞は、記事の最後で「憲法は、首相を含む公務員に対して憲法尊重擁護義務を定めている」と書いていたが、このことこそを声を大にして報道するのがメディアの責任なのだと我が家のドラ猫につぶやいた雪景色の朝であった。

首相「改憲実現の時」 国会開幕、自民議員にゲキ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

「佐川宣寿国税庁長官の辞任を求める。確定申告前にしっかりとけじめをつけないといけない」(枝野幸男)&ネトウヨ出身の経済評論家、三橋貴明がDVで逮捕!

 NHK『日曜討論』で、立憲民主のエダノンが「佐川宣寿国税庁長官の辞任を求める。確定申告前にしっかりとけじめをつけないといけない」と啖呵切ったってね。その意気や良し。

 さらに、「憲法と言うのは何なのか、安倍さんは大きな勘違いしている。憲法は国民の皆さんが、国会議員が権力を乱用しないように国民が国家権力を縛るもの。 安倍さんにはこの理解が全くない」とペテン総理の急所を突いたそうで、こうした単刀直入の切り込みをこれからも大いに期待したい。

NHK日曜討論、枝野代表「佐川宣寿国税庁長官の辞任を求める」「憲法、安倍さんは勘違いをしている」

 とにかく、すべてにおいて責任の所在を明らかにしないという「けじめのなさ」が、ペテン総理をいまだに政権の座につけているひとつの要因でもある。森友・加計学園機極なんてその典型で、政治家も官僚も平気で嘘をついてるってのに、何のお咎めもなしなんだからね。それどころか、恥をさらしてでも嘘をつきまくれば出世が待っているとくるんだから、そりゃあ官僚も必死こいてペテン総理の支援に回ろうというものだ。

 エダノンがシュレッダー佐川君を名指しで俎上に上げたということは、そうした「けじめのなさ」を当たり前のようにしてきた政治家や官僚にとっては脅威なんじゃないのかねえ。もうねえ、気取っている場合じゃないんだから、どんどん個人攻撃すべきなんだね。

 ペテン総理の私人の嫁も関わっているんじゃないかとされるマルチ商法のジャパンライフ問題では、不正献金疑惑の下村君なんかの名前もチラホラ聞こえてきますからね。国会が始まれば、当然この問題も追求されることになるだろうから、疑惑がもたれている政治家の名前はとことん実名で追い込むこと。スネにキズ持つ身にすれば、名前が公になることくらい嫌なことはありませんからね。

 ところで、ネトウヨ出身の経済評論家の三橋貴明君がDVで逮捕された。相手が10代の幼妻ってんで2度ビックリ。ペテン総理の経済政策にはけっこう批判的だったけど、去年の暮れに会食して手打ちしたと思ってたんだが、やっぱり邪魔な存在だったか・・・なんて陰謀論も楽しい月曜の朝である。

経済評論家の三橋貴明容疑者を逮捕 妻殴るなどした疑い

安倍首相と会食したネトウヨ経済評論家・三橋貴明が10代妻へのDVで逮捕! 会食が税金による接待だったことも発覚

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 茨城空港 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM