安倍晋三

2020年1月21日 (火)

「国の形を語るものは憲法。その案を示すのは、国会議員の責任」(安倍晋三)。そもそもの憲法観が歪んでるペテン師に改憲を語る資格はない!!&「捜査中」だからこそ身の潔白を証明するために説明するのが道理というものだ!!

 あまりにも予想通りの中身スカスカの施政方針演説に、もう笑うしかないんだが、それでも最後っ屁のように演説の終わりに改憲について喚いたのは聞き捨てならない。

「国の形を語るものは憲法。未来に向かってどのような国を目指すのか。その案を示すのは国会議員のは責任ではないか」

 これって、もう耳タコではあるんだが、そもそも総理大臣が施政方針演説で改憲を喚き散らすってのが憲法違反だろう。さらに、憲法ってのは権力者を縛るためのものであって、「国のあるべき姿」なんてのは憲法とはおよそ無縁な概念なんだね。

 でも、新聞・TVはここを突っ込まない。唯一、アンポンタン石破君が「自民党総裁として言ったのだろうか。自民党総裁として本会議で意見を述べるのもおかしな話だ」と嫌味言ってるくらいなんだね。公明党の山口メンバーも「改憲は国会が発議するものだ」って何日か前に言ってたようだけど、だったら四の五の言わずに連立解消してみやがれ。

 それはともかく、メディアは、なぜこうしたペテン総理の立憲主義をないがしろにする発言を咎めないのかねえ。それが不思議でならない。ていうか、わざと見て見ぬふりしてるんだろうね。幹部連中がタイミングを見計らってペテン総理と酒食を共にしているのは、ま、そういうことだ。

施政方針演説 「桜」「IR」に触れぬ首相 改憲議論・五輪成功訴え

 ところで、香典疑惑の菅原君が記者の前にお出ましと思ったら、「捜査に支障がある」からって何も説明することなくひたすら汗を拭っていましたとさ。カップル河井も同じように「捜査中」を理由にダンマリを決め込んでいるようだけど、そもそも「捜査に支障がある」なら身柄を拘束してるだろう。こいつらが何言ったって、それで捜査に影響することなんか何もない。つまりは、へたに口滑らせて、捜査当局に言質をとられたくないという保身のなせる業なんだね。ようするに、卑怯者ってことだ。

ヘビースモーカーのジャーナリスト、大谷君が「忘れられて逃げ切ろうというのが向うの狙い。この内閣に対し、『まとめて怒ろう』という機運が国民に芽生えるかが焦点だ」(東京新聞より)なんてコメントしてるけど、そんな他人事のような態度をとるのではなく、ジャーナリズムこそが先頭に立ってペテン政権に「怒り」をぶつけてみやがれ・・・と心でつぶやいてみる火曜の朝であった。


【サンデーモーニング】疑惑には答えず。議員の“説明責任”は…。

 

| | コメント (2)

2020年1月13日 (月)

迷彩服でパラシュート降下する、シビリアンコントロールを無視した防衛大臣の愚!!

 案の定、テレビでは初老の小学生・ペテン総理の中東“漫遊”の映像が麗々しく垂れ流されている。「中東安定化へ連携確認」なんてアナウンスを聞いてると、そんなことのためにわざわざ中東くんだりまで出かけたのかいと、その無理矢理な「やってる感」にウンザリしてしまう。

 そんなお気楽なトップにならって、手下どもの能天気ぶりも思い切り全開、防衛大臣の雨男・河野君が、迷彩服に身を包んでパラシュート降下を体験したってね。おい、訓練は遊びじゃないんだぜ。しかも、防衛大臣ってのはシビリアンコントロールの要で、その象徴が「背広」なんだよね。それが迷彩服でパラシュート訓練とはねえ。

河野防衛相 離島防衛 パラシュート降下訓練を視察 千葉

 でも、てっきり戦闘ヘリから降下したのかと思ったら、高さ11メートルの訓練用の塔からってのがこやつらしい。そういえば、いつだったか、ツイートで「シュワッチ。」「日本の平和は俺が守る!!!!」ってやらかして顰蹙を買ってたっけ。

 防衛大臣がこれだもの。「航空宇宙自衛隊」なんて妄想も、こやつらの頭の中ではさぞかしごもっともなことなのだろう。


| | コメント (3)

2020年1月12日 (日)

「司法の場で無罪を」発言にゴーン代理人弁護士が強烈なあてこすり。国際社会で無様な言い訳は通じない!!&ひょっとことペテンが「性発言ワースト」でワンツーフィニッシユ!!

 政界のもりまさこ君が法務大臣という立場でありながら「ゴーン被告は司法の場で無罪を証明すべきだ」と言い放ったことについて、ゴーンの代理人弁護士があてこすりしてます。曰く、

「有罪を証明するのは検察であり、無罪を証明するのは被告ではない。ただ、あなたの国の司法制度はこうした原則を無視しているのだから、あなたが間違えたのは理解できる」

 あ~あ、言われちゃったよ、ってなもんです。日本では「無罪を主張の言い間違い」という無様な言い訳がひとり歩きしてるんだが、さすがに世界に向かっての誤魔化しはききません。そもそも、この発言があった記者会見で、瞬時に反応した記者がひとりもいなかったという現実に世界中のジャーナリストが驚いてるんじゃないかろうか。それくらい、悪い意味でインパクトのあるクソ発言だってことを、一般大衆労働者諸君も認識する必要があるとつくづく思う今日この頃なのだ。

「時代遅れな司法制度、廃止するのはあなた」ゴーン被告弁護士が声明 森法相発言に

 ところで、「性差別発言のワースト」ってのが発表されたそうで、それによればひょっとこ麻生と初老の小学生・ペテン総理がワンツーフィニッシュだったってね。ちなみに、日刊ゲンダイのコラム「それでもバカとは戦え}(by適菜収)では<2019年の「バカ」トップ10>を掲載しているので、興味のある方は是非ご一読を。あいつもこいつも、オールスター総出演です。

1_20200112082501
クリックで拡大

Photo_20200112084301
クリックで拡大

・それでもバカとは戦え
首位は日本を代表する虚言癖…2019年の「バカ」トップ10

| | コメント (1)

2020年1月11日 (土)

官房長官、「桜を見る会」招待者名簿の公文書管理法違反を認めるも、責任は役人に押し付け!!&ペテン総理がメディア幹部を集めて中東訪問前夜祭!

 「桜を見る会」の招待者名簿を内閣府が行政文書登録をしていなかったことは、昨日のエントリーで書いたんだが、顔も頭も貧相な官房長官・ガースが、改めて記者会見で公文書管理法違反であることを認めた。とはいえ、その言い草はまるで他人事で、「担当者に確認しているが、問題に対しての意識が少なかったのではないか」「二度と起こさないようしっかりと注意を行っている」とさ。

 さらに、「詳細は内閣府にお尋ねいただきたい」とくるんだから、この男は何のための官房長官なんだろうね。森友学園疑獄の公文書改竄ではひょっとこ麻生が責任をとることかなかったように、今回もまた責任者である政治家は誰も責任に言及せず、すべて役人のせいってことで終わらせようとしているんだね。

桜名簿扱い、政府「違法」 管理簿不記載 首相同意なく廃棄

 昨日も書いたけど、こうなると内閣府の中から詰め腹切らされるものが出てこないとも限らない。森友学園疑獄では自殺者が出てますからね。前川喜平氏が、そこを懸念するツイートしているが、それもむべなるかなというものだ。

 でもって、初老の小学生・ペテン総理はといえば、中東訪問の前夜祭ということなのだろう。昨夜は、日本橋の料理屋に取り巻きのメディア幹部と酒食に耽りましたとさ。参加したのは、曽我豪朝日新聞編集委員、山田孝男毎日新聞政治部特別編集委員、小田尚読売新聞東京本社調査研究本部客員研究員、島田敏男NHK名古屋放送局長、粕谷賢之日本テレビ報道局解説委員長、石川一郎テレビ東京ホールディングス専務、そして田崎スシローの面々。

首相の一日

 こんなことしてるから、新聞もTVもどんどん信用をなくしていくんだね。国民を舐めるのもいいかげんにしやがれ!!

| | コメント (2)

2020年1月10日 (金)

「推定無罪」を理解しない法務大臣の無様な言い訳!!&サクラ疑惑はこのままだと内閣府から犠牲者が出る危険!&「行く」「行かない」「行く」・・・遊び気分だからこうなるペテン総理のお子ちゃま外交!!

 ゴーンの海外逃亡劇は、はしなくも日本の司法制度の闇を世界にさらしちまったようだが、なんとまあ法務大臣がさらに恥の上塗りをしてくれちゃいました。異例の未明の記者会見で、ゴーンを批判しまくりつつ「潔白というのなら司法の場で無罪を証明すべきだ」と言い放ったんだから、さあ、大変。「立証責任は検察にある」「推定無罪を否定するのか」と、法務大臣に非難が殺到。あのホリエモンにすら馬鹿にされる始末だ。これはヤバイと思ったか、「無罪を証明」は「無罪を主張」の言いそこ間違いときたもんだ。こんな言い訳を「はい、そうですか」と納得する奴がいるわけもなく、炎上はおさまる気配がない。

森法相「司法の場で無罪証明を」 ゴーン被告会見に反論 異例の未明会見

森まさこ法相、「無罪証明すべき」発言訂正「主張と証明を言い間違えた」

Photo_20200110082001

 法務大臣からしてこうですからね。日本の司法制度がいかに中世的なものであるか、世界中が改めて認識したことでしょう。そもそも、森なんたらという法務大臣は弁護士でもあるんだから、役人の書いた作文をただ読んだだけというわけではないんだね。「推定無罪」の何たるかもわからないとしたら、それだけで法務大臣どころか弁護士も失格だろう。

 ヤメ検の弁護士がテレビにやたら出まくり、検察擁護のコメントを喚き散らしているが、小沢狂想曲の時もそうだったように、こういう輩が日本の司法を歪ませている元凶でもあるのだということを一般大衆労働者諸君もそろそろ気づいた方がいい。へたすると、明日は我が身なんだから。

 ところで、廃棄したとされる「桜を見る会」の招待者名簿に新たな事実が判明。なんと、内閣府が行政文書登録をしていなかったってね。これは公文書管理法違反なのは明らかで、顔も頭も貧相な官房長官・ガースは「内閣府の文書管理規則に沿った対応がされていなかった。内閣府に文書管理の徹底を指示した」って他人事のようなコメントをしている。

 おそらく、それがガースの本音なのだろう。すべてを内閣府の役人のせいにしようという魂胆なんだろうね。責任を押し付けられた内閣府から犠牲者が出ないことを願うばかりだ。

「桜」名簿、行政文書登録せず 13~17年度 専門家違法と指摘

 最後に、ペテン総理が予定通りに中東に外遊だとさ。「事態が沈静化」したからだそうで、おそらくテレビでは「やってる感」を演出するための映像が垂れ流されることでしょう。それにしても、呆れたものだ。やっぱり、「無恥と無知」がこの男の真骨頂ってことなんでしょうね。ああ、恥ずかしい。

安倍首相 予定どおり中東3か国訪問へ

| | コメント (2)

2020年1月 9日 (木)

「日産内で片付けて」(安倍晋三)。だったら逮捕なんかするんじゃない!!&ペテン総理の中東訪問中止。ピンポンダッシュなみの逃げ足の速さよ!!

 ゴーンの会見は期待したわりにはサプライズもなく、単に自己弁護の言いたい放題だっようで、どこかで見たようなシーンだと思ったら初老の小学生・ペテン総理の記者会見がこれにそっくりなんだね。

 でもって、そのペテン総理なんだが、昨日の夜、御用財界人や官房機密費隠匿の元官房長官・河村君と会食した際に、「本来、日産の中で片付けてもらいたかった」ってのたまったそうだ。ゴーンが暗に日本政府が自身の逮捕に関与していると示唆していることに対する苛立ちがそうさせたのかもしれない。

 でも、そうなると、この発言は日本政府の関与を認めたともとれるわけで、前川喜平氏が指摘するように「日産に頼まれたからゴーンを捕まえた」って言ってるようなもんなんだね。語るに落ちるとはこのことか。

安倍首相「日産内で片付けて」 ゴーン被告の政府批判に

 語るに落ちると言えば、ペテン総理の中東訪問だ。おそらく、戦闘開始で怖気づいちゃったんだろうね。自衛隊派遣は「安全」を強調するくせに、テメーの外遊は「危険」だから、中東訪問は中止になりましたとさ。とんだチキン野郎だこと。こんなんで危険地域に派遣される自衛隊員こそ、いい面の皮とういうものだ。

安倍首相の中東訪問中止に批判噴出「逃げるなら自衛隊派遣も見直せ」 米イラン衝突で混迷する日本外交

| | コメント (5)

2020年1月 8日 (水)

改憲に向けた洗脳キャンペーンがスタート!!&「桜を見る会」の名簿廃棄の記録なし!!&内閣府が入札前にケータリング業者と打ち合わせ!!

 自民党が改憲をテーマにしたポスターを作成。そのキャッチコピーが「憲法改正の主役は、あなたです。」だとさ。年頭記者会見で、初老の小学生・ペテン総理は、「憲法改正を私自身の手で成し遂げていくという考えにはまったく揺らぎはない」って喚いていたけど、つまりは改憲へ向けての洗脳キャンペーンが始まったってことなんだろうね。

 それにしても、「憲法改正を私自身の手で成し遂げていく」なんてことを総理大臣が口にするって、それこそが憲法違反だろうに、新聞・TVはまったく無関心ってことは、メディアもまた憲法遵守の何たるかを理解してないってことなんだよね。

 でも、笑っちまうのが、自民党の改憲キャンペーンのツイートに、反対のコメントが多く寄せられていることだ。一般大衆労働者諸君の反対の声が大きくなっていくと、そのうち「改憲を閣議決定」なんてことをしでかしたりして・・・これだけは笑えない冗談だけど。

 ところで、「桜を見る会」の招待者名簿なんだが、廃棄したという記録がなかったってね。この事自体がルール違反はもちろんなんだけど、てことは名簿が残っている可能性があるということでもある。顔も頭も貧相な官房長官・ガースは、「内閣府人事課のメンバーが廃棄しているというのであれば、ないと思う」なんてガキの使いみたいな言い訳してるんだね。つまりは、何もやる気がないってことで、何が「丁寧な説明」だ。

内閣府、「桜」名簿の廃棄記録残さず ルール違反、野党追及へ

Photo_20200108080101

 最後に、「桜を見る会」のケータリングを請け負った業者と、入札広告の前に内閣府が打ち合わせしてたってね。この業者は私人の嫁のお友だちでもあるんだから、つまりはそういうことです。ゴーンの奥さんに偽証罪で逮捕状ってんなら、私人の嫁にだってその資格は十分にあると思うけどねえ。ああ、やだやだ。

内閣府、業者と入札前に面会=19年の桜を見る会

| | コメント (5)

2020年1月 7日 (火)

記者も馴れ合うスッカスッカのペテン総理年頭記者会見!&カジノ疑惑で維新の下地議員が100万円受領認める!!

 昨日の初老の小学生・ペテン総理の年頭記者会見ってのはスッカスッカの中身ゼロで、役人の作った原稿を読み下すだけなんだから、こんなにお気楽なことはない。さらに、記者の質問もこれまた温いもので、サクラ疑惑、カジノ汚職、中東問題etcとビシバシ攻めるテーマがあるだろうに、上っ面を撫でるだけの予定調和の質疑応答があるだけなんだから、どうしようもありません。

 で、何かと言っちゃあ「今後も丁寧に対応していく」で終わっちゃうんだから、なんのための年頭記者会見なんだか。こんなんだもの、今年も「忖度」報道のオンパレードになるんでしょうね。

安倍首相が年頭記者会見でIR汚職をスルー、米国、イランの名も口にせず、自衛隊の中東派遣強行だけは明言!

自衛隊の中東派遣、心配は「していない」 菅官房長官

 でもって、カジノ疑惑なんだが、沖縄基地利権王の下地君が中国企業から100万円貰ってたことを白状したってね。相手が受け取りを固辞したので領収書は発行してないから政治資金収支報告書には記載していなかった、なんて言い訳してるけど、理由がどうあれ政治資金規正法違反は決定です。

 当初は否定していたのにここにきて白状したということは、おそらくこのまま辞職して逮捕だけは免れようという魂胆じゃないのかねえ。ひょっとして、辞職でチャラってことで特捜と話がついてたりして。妄想だけど。

下地議員、100万円受領認める IR疑惑 選挙中、収支記載なく

 下地君が白状したってことは、特捜の裏付け捜査が相当に進んでいるってことを意味しているんだろうから、いまは口をつぐんでいる名前の上がったシェンシェイたちはさぞかし眠れぬ夜を過ごしているに違いない。さあ、次にゲロするのは誰だ!?

| | コメント (3)

2020年1月 6日 (月)

「報復したら52カ所攻撃」(トランプ)&「航空宇宙自衛隊に改称」(安倍晋三)・・・世界を戦争に引きずり込む政治の幼児化!!

 トランプがイランが報復したきたら「52カ所を標的に攻撃する」って喚いているってね。「52カ所」って数字の根拠はと思ってら、なんと「イラン革命のあった1979年から81年にかけてイランの首都テヘランで続いた米大使館人質事件で人質になったアメリカ人52人の数」なんだとさ。トランプのやることなすことすべてが芝居がかってるんだが、こういう理由づけは秋の大統領選を意識して大向こう受けを狙ったものであることは間違いない。

 大統領再選のために戦争も辞さないってことなんだろうが、こんな幼児化した政治が世界中に蔓延っているいま、今回のイラン司令官暗殺ってのはそれこそ第三次世界大戦の引き金になりかねない暴挙なんだが、初老の小学生・ペテン総理は各国首脳が懸念を表明する中、いまだにコメントひとつ出さないんだから、「地球儀俯瞰外交」が聞いて呆れるチキンぶりだ。

ソレイマニ司令官の遺体、イランに帰還 トランプ氏はイランに「52の標的」と

米の対イラン軍事行動で自衛隊も戦争参加の危機…でも安倍首相は映画にゴルフ、河野防衛相は“俺ジョニー・デップに似てる”談義

 そして、そんなチキン野郎もまた、トランプに負けず劣らずで、芝居がかったことが大好きときている。なんとまあ、航空自衛隊を「航空宇宙自衛隊」に改称する方向で調整中だとさ。トランプが宇宙軍創設をぶち上げたから、それへのお追従なんだろうが、ウルトラマンじゃないんだからさ。それにしても、「航空宇宙自衛隊」ってネーミングにはセンスのカケラもありませんね。

「航空宇宙自衛隊」に改称調整 政府、中ロ軍拡に対応

 アメリカとイランが一触即発で、世界大戦の危機かもなんて囁かれている中で、これだもんね。世界からトランプのATMと揶揄されるのもむべなるかなってもんだ。

| | コメント (3)

2020年1月 5日 (日)

アメリカとイランが一触即発の最中に、「おかげさまでゆっくりした」(安倍晋三)とゴルフ場で正月休暇を満喫する中東の仲介役!!

 ゴーンの海外脱出について、やたらリークが飛び交って喧しい限りで辟易なのに、さらにアメリカによるイラン高官へのテロまがいの空爆が勃発して、世界はますますきな臭くなって行く今日この頃。初老の小学生・ペテン総理は、なんともお気楽なもので、ゴルフに映画に休日を満喫してますとさ。

 でもって、記者の質問に答えて「おかげさまでゆっくりした」ときたもんだ。さらに、緊迫化する中東情勢については、「今月、諸般の情勢が許せば中東を訪問する準備を進めたい」とさ。イラン高官への攻撃についてトランプから何の情報も聞かされていなかったくせにこれだもの。ハッキリ言って、バカじゃねえ。

 危機管理能力がどうたらこうたらなんてことは通り越して、いま世界で何が起きているのか、おそらく想像力そのものが貧困なんだろうね。でなけりゃ、ゴルフなんかにうつつを抜かしてなんかいられませんよ。

首相、中東情勢言及せず イラン訪問時「橋渡し役」自負

 で、そのゴルフなんだが、4日はある医療法人のCEOがお供してるんだね。この御仁は某宗教団体の熱烈な信者という噂があって、その宗教団体は日本会議とも密接な繋がりがあるとかないとか。だから何ってわけじゃないけどさ。ペテン総理にとって、ゴルフは最高の息抜きとよく言われるけど、いえいえそんな温い話じゃないかもよ・・・妄想だけど。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ IR汚職 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM