安倍晋三

2018年8月19日 (日)

翁長氏が生前に後継者指名!!&自民党総裁選がまるで民意の反映であるかのように喚く安倍晋三の傲岸不遜!!

 敗戦の日の夜に、ひょっとこ麻生やシンキロー森、ご隠居・小泉たちと山荘で宴会してからというもの、お盆休みはゴルフ三昧の初老の小学生・アベシなんだが、なんでああも見苦しいゴルフファッションなんだろうね。センスのカケラもないというか、ご隠居・小泉もそうだったけど、薄汚いんだよね。すべては心のありようそのものってことか。

 そんなことより、翁長氏が生前に2人の後継者指名をしてたってね。指名された2人とも固辞してるってんだが、う~ん、なんとも複雑だ。選挙は目前に迫ってるんだから、このままだと「オール沖縄」は時間切れになっちまうぞ。

翁長知事が音声で「遺言」 呉屋氏、玉城氏を後継候補に指名 人選作業は白紙へ

 ところで、自民党総裁選は初老の小学生で決まりって雰囲気で、それに伴って総裁選後は改憲論議が本格化するって新聞・TVは煽っている。でも、これっておかしくないか。自民党総裁選ってのはあくまで自民党内の問題であって、けっして民意を反映したものではない。

 そんなことをつらつら思っていたら、山本コータロー似の山口二郎法大教授が、東京新聞「本音のコラム」とツイッターでこんな指摘をしていた。

2

Photo

 もうおっしゃる通り。しかしながら、こうした意見ってのはTVのコメンテーターの口から出てくることはないんだね。それどころか、「総理、ゴルフはいかがですか」なんてのがニュースになるんだから、この国のジャーナリズム(そんなものがあったらの話だけど)ってのはお気楽なものです。

 最後に、障害者雇用率の水増し問題なんだが、なんと障害者に該当しない「視力が弱い」っていう職員まで数にいれてたそうだ。自慢じゃないが、くろねこも相当に強度な近視だ。てことは、障害者雇用の員数合わせのひとりにななる資格十分ってことか。だから何だってわけではないけど、ちょぃとつまらないことを考えてみた、秋めく日曜の朝であった。

「視力弱い」で障害者算入 雇用水増し 省庁、不正認識か

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

障害者雇用率を水増し。またしても中央省庁の犯罪!&佐川元局長、やっばり不起訴&福島作業員の被曝と搾取を国連報告者が指摘!&石破茂が安倍晋三に公開討論を要求!!

 新聞・TVは、捜索ボランティアのおじさんをヒーロー扱いして大騒ぎしている。でも、それだけでいいのか? おじさんに先を越された警察のお役所仕事的捜索方法に問題はなかったのか? なんで、そこを誰も問わないのだろう。

 お役所仕事と言えば、なんと国交省や総務省といった中央省庁が、障害者雇用率を水増ししていたってね。民間がそんなことしたら違反納付金取られたりするってのに、自分たちは障害者雇用に消極的どころか水増しして誤魔化していたってんだから悪質だ。

 財務省の公文書改竄、防衛省の日報隠蔽、厚労省のデータ改竄とまったく根っこは同じで、ようするに国民舐めてるってことなんだね。もはや行政性善説なんてのは神話にしかすぎないんであって、犯罪者集団と言っても過言ではないだろう。

障害者雇用省庁水増し 義務化当初から42年

 犯罪者集団とくれば、これはもう公文書改竄の財務省の右に出る者はいないんだが、昨日のエントリーで紹介したシュレッダー佐川君に対する偽計業務妨害告発を受けての東京地検特捜部の捜査なんだが、なんとまあ不起訴で終結だとさ。やっぱり、ただのポーズだったってことなんだね。これまた国民舐めてくれたもんです。

1

 国民舐めてるってことにかけたら人語に落ちないのが東電で、福島第一原発事故による除染などの作業に携わる作業員の被曝と給与の搾取についてこれまでも問題になってたんだね。でも、東電は給与の搾取については下請け使っている元請けの問題だって無視してきたという経緯がある。

 こうした東電の態度も含めてどうにかしろってんでしょう、国連特別報告者が日本政府に緊急に対応するよう求めたそうだ。来月には国連人権理事会に報告するそうだが、ペテン政権は共謀罪の時の国連特別報告者の勧告を無視したくらいですから、今度も蛙の面になんとやらなんでしょうね。

「福島作業員被ばくと搾取の危険」 国連報告者が対応要求

 最後に、娘が東電のアンポンタン石破君が自民党総裁選で公開討論を要求したってね。国会ですらまともな論戦できない初老の小学生・アベシなんだから、タイマン張るような公開討論なんか想像しただけでもお腹が痛くなっちゃうに違いない。

 そう言えば、ひょっとこ麻生だって、「あなたとは違うんです」の福田君と総裁選戦った時に、TVの討論番組に二人して出演してたんだよね。自民党総裁選ってのは、イコール総理大臣ってことなんだから、公開討論ってのは義務でもある。そこを逃げるようでは総理大臣の資格はない・・・それくらいの迫力でメディアは公開討論を要求するアンポンタン石破君の後押しをすべきだろう。

総裁選 石破氏が安倍首相に公開討論求める

総裁選挙、討論を拒否、安倍氏は国会でも同じことをしていた。討論拒否は少数意見を尊重しないということ トップとして相応しいかよく考えよう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

「加害と反省」を無視したその夜に、森・小泉・麻生・岸田らと別荘で悪巧み!?&「戦後のサマータイム廃止は朝日新聞の責任」(麻生太郎)&東京地検特捜部が偽計業務妨害で佐川元国税庁長官を捜査+下村博文のパーティ券疑惑は不起訴!

 「反省」と「不戦の誓い」・・・敗戦の日に語るべき言葉はこれしかない。ああ、それなのに、今年も初老の小学生・アベシは「不戦の誓い」は言葉を濁し、「加害と反省」には触れようともしなかった。「過去を否定する人は、過去を繰り返す危険を冒している」というワインゼッカー元ドイツ大統領の言葉を改めて噛み締める、すっかり秋めいた風の吹く朝である。

陛下、等身大の願い次代へ 平成最後の終戦の日

首相「加害と反省」触れず 戦没者追悼式で6年連続

 そんな敗戦の夜に、初老の小学生・アベシは、シンキロー森、ご隠居・小泉、ひょっとこ麻生、昼間の幽霊・岸田、さらにはきつね目・茂木、女体盛り・西村、加計学園とズフズブの萩生田といった一族郎党を集めて会食したってね。

 総裁選後のアレコレについてよからぬことを話し合ったに違いないんだが、ご隠居・小泉ってのはよくもまあこういう席にノコノコ顔出せるもんだ。脱原発の掛け声も、しょせんはポーズなんだろうね。

首相動静(8月15日)

 ところで、ひょっとこ麻生が、また馬鹿言って呆れられてます。戦後すぐのサマータイムが失敗したのは「朝日新聞の責任だ」って喚いたってね。「(止めるべきと)書いた最大の理由は、新聞記者が明るい最中だと夜に飲みに行きにくいから。それが事実だろ?」とも記者に向かって言い放ったそうだが、「根拠はどこにある」ってなんで記者連中は詰め寄らないのかねえ。こういう馬鹿者がのさばるのは、記者にも責任があるってことだ。

昭和のサマータイム廃止「朝日新聞の責任」、麻生氏「記者が飲みに行きにくくなるからだろ?」

 でもって、すっかり忘れられていた森友・加計学園疑獄に動きがあった。ひとつは、シュレッダー佐川君の国会証言をめぐって東京地検特捜部が偽計業務妨害の刑事告発を受けて捜査を開始したってね。

 公文書改竄では不起訴にしちゃって批判されたから、ちょっとは捜査しているフリしておこうってことなんじゃないのか。果たして、どんな結論になることやら。

森友文書改ざん 佐川元局長を捜査 東京地検 偽計業務妨害容疑

 もうひとつは、不正献金疑惑の下村君が加計学園にパーティ券を購入してもらっていた件で、東京地検特捜部は不起訴にしたそうだ。理由は明らかにしていないんだが、特捜には説明責任はあるんじゃないのか。

 説明責任とくれば、不正献金疑惑の下村君だって、都知事選が終わったら説明するって言っておきながら、知らぬ顔の半兵衛を決め込んでいるんだからロクなもんじゃありません。

・・下村氏を不起訴=加計学園パーティー券問題―東京地検

 最後に、行方不明だった男児を救出したボランティアおじさんはお見事でした。警察は男児を寄越せっておじさんに迫ったらしいが、これって手柄を横取りしようとしたってことだ。おじさんは断固として拒否して、自らの手で男児を家族の元に連れ帰ったそうで、その反骨精神に拍手!

「子どもは上に上がると思った」 2歳児発見のスゴ腕捜索ボランティア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

オスプレイ緊急着陸も原因不明・・・おお、コワッ!&「現職がいるのに総裁選に出るというのは・・・」(安倍晋三)に嘲笑・冷笑・嗤笑の渦&「日本国憲法は非合法」(伊勢崎市議会議員・伊藤純子)。骨の髄まで無知な議員がまたひとり!

 73回目の敗戦の日・・・すべての戦争で亡くなったすべての人々に黙祷!!

 ところで、オスプレイが嘉手納基地と民間の奄美空港に相次いで緊急着陸。原因不明とかで、市街地の上空でトラブったらと思うと背筋が寒くなる。どなたかが書いていたんだが、アポロ計画はほぼ10年で月着陸を達成したのに、オスプレイは1980年代の初頭から開発が始まったのに、30ン年経ってもまだこの体たらく。そりゃあ、ウィドウメーカー(未亡人製造機)と揶揄されるわけだ。

MV22オスプレイが嘉手納基地に緊急着陸 奄美大島でもオスプレイ緊急着陸

 そんなオスプレイの緊急着陸のニュースもなんだかおざなりな新聞・TVは、すさっかりお盆休みのようで、政権批判はすっかり影を潜めて、安倍3選を煽る報道が花盛り。森友・加計学園疑獄なんか、とうになかったことになっちゃってますからね。

 それでも、口さがないのが一般大衆労働者諸君というもの。12日のエントリーで紹介した「現職がいるのに総裁選に出るというのは、現職に辞めろと迫るのと同じだ」っていう初老の小学生・アベシの無知蒙昧なたわ言に、ネットでは嘲笑・冷笑・失笑・嗤笑が飛び交っている。

 任期満了による総裁選だってことが理解できていないようなこんな戯けが口にする「改憲」が、いかに胡散臭いものかわかろうというものだ。つまりは「憲法を勉強していない人が 憲法を勉強していない人に 憲法改正を提案している 非常に危ない 」(前川喜平前文科事務次官)ってことだ。

【?】安倍首相「現職がいるのに総裁選に出るというのは、現職に辞めろと迫るのと同じだ」

 そんな状況だから、「日本国憲法は非合法」なんてことを口にする議員が出てたきりする。杉田汚水脈と同じ穴のムジナのこの議員は、「主権は国民ではなく国家にある」ってツイートして炎上したばかりなんだが、伊勢崎市に限らずこんなレベルの地方議員ってのがけっこういるんだよね。

伊勢崎市の保守系市議「主権は国民ではなく国家にある」とツイートし炎上 過去には男女混合名簿にも反対

 「国民のレベル以上の政治家は生まれない」という言葉がグッと胸に迫る今日この頃なのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年8月14日 (火)

「個人の心構えにより、多くは解消されるはずだ」(船田元)。サマータイムは精神論で乗り切れるらしい!!&「踊る阿呆は政治権力に屈しない」(阿波おどり振興協会理事長)。お見事!!&翁長氏の告別式の日に安倍晋三はかき氷にご満悦!

 オリンピックの暑さ対策ということで、皇居外苑で「打ち水」の実証実験やったってね。「路面温度は気温と比べ最大5.3度下げる」ことができたってんだが、これって典型的なお役所仕事です。実際、家の前で「打ち水」してみればわかるけど、一瞬涼しげにはなるんだが、その後に路面から立ち上る湿気は半端じゃありませんから。涼しいどころか、まるでサウナです。

 そんな中でマラソンなかんかやってごらんなさい、こういうのを有難迷惑って言うんでしょうね。「焼け石に水」ってのはこのことか。止めたほうがいいと思うよ。

「打ち水」で足元5度涼しく=皇居外苑で五輪猛暑対策-東京都

 暑さ対策とくれば、サメの脳みそ・シンキロー森君が思いつきでぶち上げた「サマータイム」だ。戦後すぐにトライして大失敗しているのに何をいまさらってんで、反対意見が澎湃として湧き起こっている。そんな中、なんと政界の失楽園・船田君が賛成の声を上げたってね。

 ところが、そのご意見とやらが、単なる精神論だってんで炎上してます。たとえば、こんな具合です。

「コンピュータなどの時間設定の変更は、律儀で真面目な国民ならば十分乗り切れるはずだ」
「睡眠不足などによる健康障害問題は、むしろ個人の心構えにより、多くは解消されるはずだ」

 なんの数字的根拠も示していないだけでなく、すべて「はずだ」っていう希望的観測なんだから、これでよくもまあ憲法審議会なんてのをやってこられたものだ。って、関係ないか。

・サマータイム制度の導入について

・サマータイム実施は不可能である

 それにしても、このところのオリンピックならなんでもありっていう風潮はほとんど国民総動員みたいなもんですね。それをまた新聞・TVが煽りまくるんだから暑苦しいことこの上ない。それもこれも、メディアがオリンピックのスポンサーになってるからなんだね。そんなんだもの、批判的な記事なんか書けるわけがない。夏の甲子園がどんなに球児にとって過酷であっても、主催している朝日新聞が省みることがないとのと同じです。

 ところで、阿波おどりがなにやら揉めているようで、どうやら徳島新聞が利権を抱え込んでいるのが原因らしいとか。そんな騒動の中、中止命令も意に返さず総踊りが決行されたんだが、「踊る阿呆は政治権力に屈しない」(阿波おどり振興協会理事長)とはお見事!

徳島市長が中止を命じた阿波おどり「総踊り」を13日夜に決行へ 「踊る阿呆は政治権力に屈しない」と協会理事長

中止求めた実行委に反発 阿波踊り「総踊り」場外で強行

 最後に、昨日は亡くなった翁長沖縄県知事の告別式が行われ、鳩山ポッポや在日米海兵隊トップのエリック・スミス中将など、敵も味方も関係なく多くの弔問客が訪れた。沖縄が悲しみに包まれている時に、初老の小学生・アベシは何をしていかというと、かき氷を食べながらご満悦。それをツイッターでお披露目するという無神経さだ。こういう時くらいは、故人を偲んで哀悼の意を示すのが、政治家というより人としての謹みだろうに・・・。

【那覇発】 敵も味方も翁長知事惜しむ きょう告別式、鳩山元首相の姿も

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

沖縄県民大会をまともに報道しないメディア。いまさらながらどうかしている!!&「現職がいるのに総裁選に出るというのは、現職に辞めろと迫るのと同じだ」(安倍晋三)。骨の髄まで無知な“初老の小学生”!!

 辺野古新基地建設反対の沖縄県大会が開かれ、謝花副知事は故翁長知事の意志を継いで辺野古の埋め立て承認撤回の方針を改めて表明した。壇上中央の席には翁長氏が着用するはずだったブルーの帽子が置かれ、県大会はさながら決起集会を彷彿とさせる熱気に包まれたそうだ。

雨の沖縄県民大会「知事の遺志継ぐ」 静かに怒り込めて


<中継>辺野古基地建設断念を求める「8.11沖縄県民大会」 2018-8-11

 そうだ、と書かざるを得ないのはこの県民大会を、夜のニュースでまともに報じたTV局が見当たらないからだ。テレビ朝日『スーパーJチャンネル』は、なんと冒頭から「平成最後」をキーワードにしたトレンド情報。呆れ果てました。

 テレビ朝日に関しては『報道ステーション』のプロデューサーがどうやら鮨友に近い人物に代わり、政権批判が影を潜め、やたらスポーツニュースが多くなったと噂されいてるけど、昨夕の『スーパーJチャンネル』を観ればさもありなんてことか。

 今朝の東京新聞社説は「米騒動と新聞の役割」と題して、最後をこんな文章で締めくくっていた。

「成長重視の経済政策で一部の者だけが富み、格差が広がる時代状況は米騒動当時と重なります。そうしたとき、私たち新聞は権力におもねることなく、国民の声を伝え続けなければなりません。その覚悟も問われる米騒動百年です。」

 その意気や良しと拍手のひとつも送りたいところだが、ペテン政権に露骨に阿る新聞・TVの現状を考えると暗澹たる思いに駆られる今日この頃なのだ。

・東京新聞社説
米騒動と新聞の役割

 でもって、そうした新聞・TVの体たらくの元凶である初老の小学生・アベシは、自民党山口県連の会合で、「現職がいるのに総裁選に出るというのは、現職に辞めろと迫るのと同じだ」って喚いたってね。くろねこの盟友、kappamanさんから「骨の髄まで無知な男」とfacebookでコメントいただいたが、ホント、みっともないノータリンであることは間違いない。さあ、今夜も呪いを込めて丑の刻参りに励むとするか。

覚悟問い圧勝目指す「現職に辞めろと迫るのと同じだ」 安倍晋三首相、党員票にも自信

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

石破茂、自民党総裁選出馬表明。最優先課題が「緊急事態条項新設」とは・・・トホホだね&被爆者をも政治利用する安倍晋三による「原爆忌の印象操作」&翁長氏の死を悼む安室奈美恵を「反日」呼ばわりするとは!!

 新聞・TVが初老の小学生・アベシの3選を煽る中、アンポンタン石破君が正式に自民党総裁選出馬を表明した。このところの過激なペテン政権批判で、なんだか「希望の星」になっちまった感があるんだが、公約を見るといいのかこれでなんだよね。

 9条改憲は国民の抵抗があるからというんで封印したようなんだが、最優先課題として「緊急事態条項」を上げている。これって、5日のエントリーで書いたように日本会議の考えとまったく同じなんだね。「緊急事態条項」ってのは総理大臣にフリーハンドの権力を与えてしまうものなんだから、9条改憲以上に危険なことだ。

「9条改憲優先せず」 石破氏、総裁選出馬を表明

「何を思いあがっているのか」石破茂が安倍総理への「宣戦布告」手記を発表

 しょせんは、右曲がりの似非ダンディーってことなんだね。初老の小学生・アベシの対抗馬がこれなのに、そんな男に期待を寄せなくちゃならない現実ってのは、もはや喜劇ですね。だからと言ってこのままでいいわけはないんであって、竹下派が自主投票になったことを追い風に、党員票を掘り起こすことで、ペテン総理の好きにはさせないという反安倍の声を突きつけること。これに尽きるんだろうね・・・なんて評論家してみたのであった。

アンポンタン石破君に森友・加計学園疑獄で論戦を挑まれたらどうしようってんでさぞかしお腹が痛いに違いないペテン総理が、なにやらfacebookを使って「原爆忌の印象操作」をしてるって噂ですね。被爆者すら政治利用するあざとさには虫唾が走りるんだが、こうしたSNSを駆使しての「印象操作」ってのはいずれ「世論操作」に繋がっていく危険大なんであって、ペテン政権の情報戦略は甘くみない方がいい今日この頃なのだ。

報道陣も驚く安倍首相"原爆忌の印象操作"

 ところで、昨日は志半ばで倒れた翁長沖縄県知事の通夜があった。知事の死については、安室奈美恵が「沖縄の事を考え、沖縄の為に尽くしてこられた翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ、これからも多くの人に愛される沖縄であることを願っております。」とコメントを出したんが、なんとまあネットではこれを「反日」呼ばわりしているってね。

 というわけで、安室奈美恵のコメント全文を紹介して、お後がよろしいようで。

(これよりコメント全文)

翁長知事の突然の訃報に大変驚いております

ご病気の事はニュースで拝見しており、
県民栄誉賞の授賞式でお会いした際には、お痩せになられた印象がありました。

今思えばあの時も、
体調が優れなかったにも関わらず、
私を気遣ってくださり、優しい言葉をかけてくださいました。

沖縄の事を考え、沖縄の為に尽くしてこられた翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ、
これからも多くの人に愛される沖縄であることを願っております。

心から、
ご冥福をお祈り致します。

安室奈美恵

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

「核兵器国と非核兵器国への働きかけを行い、国際社会を主導していく」(安倍晋三)。北朝鮮問題でさえ蚊帳の外のくせしてよく言うよ!!

 「綸言汗の如し」という言葉がある。「君主の言は一度発せられたら取り消し難い」って意味で、現代に当てはめれば「政治家は自らの言葉に責任を持たねばならない」ってことなんだね。

 ペテン総理とみっともない仲間たちにはさぞかし耳の痛い格言だろう。前言を翻すのは朝飯前。それどころか、息を吐くように嘘をつく。「謙虚」「丁寧」なんて言葉はすべて上辺だけ。その場を取り繕うためなら、どんな美辞麗句だって、臆面もなく口にする。でも、そのための具体的な政策は、まったく語らない。「政治家は言葉が命」なんて時代は遠くなりにけりで、「政治家の言葉の空洞化」なんてことが当たり前のように語られる。

 そんな「政治家の言葉の空洞化」の典型を、ペテン総理が昨日の広島平和式典でやらかしてくれた。「核兵器禁止条約の署名・批准」を強く求めた被爆者団体を嘲笑うかのように、核兵器禁止条約を拒否したうえで「核兵器国と非核兵器国への働きかけを行い、国際社会を主導していく」とぬかしたんだね。

 そうかいそうかい、だったら具体的にどんな「働きかけ」をするか、そこを説明するのが政治ってもんじゃないのか。「国際社会を主導」するって、北朝鮮問題でさえ蚊帳の外くせしてよく言うよ、ってなもんです。

 「われわれの要望に全然聞く耳を持たない態度は腹立たしいことこの上ない。もう(広島に)来てほしくない」(広島被爆者団体錬肉会議事務局長)という声は、広島だけでなく長崎の思いでもあるに違いない。9日の長崎の平和式典では、ペテン総理はどんな「空洞化した言葉」を口にするのだろう。

<つなぐ 戦後73年>祈りと怒りの原爆忌 首相、核禁止条約なお「不参加」

広島原爆の日に安倍首相が卑劣な詐欺行為! 被爆者団体の要望を拒否しながら団体代表の写真と言葉を使い自己宣伝

 でもって、核兵器禁止条約について、公明党の山口メンバーは「唯一の被爆国であるという我が国の立場を考えたときには、この条約の重要性、意義を重く受け止める必要があると思っている」とまるで他人事。下駄の雪のせめてもの遠吠えか。阿呆くさっ!

公明・山口代表、日本不参加の核禁止条約の重要性を指摘

 最後に、日本ボクシング連盟の山根組長はついに自滅です。暴力団との関係があからさまになっちゃったんだから、さすがに誰も相手にしてくれません。脅しのテープも公開されたようで、会長辞任どころか逮捕も時間の問題か!?

・スポーツ庁長官、山根会長は「辞任すべき」

衝撃クーデター!山根派約20人の側近理事が電撃辞任して会長に退陣迫る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

文科省汚職がスポーツ庁に波及? 東京地検特捜部の「やってる感」が胡散臭い&安倍晋三が杉田水脈の生みの親!

 30、31日とズル休みを予定していたペテン総理。台風が被災地を襲ったことで急遽スケジュールを変更して、今日の午前に開かれる非常災害対策本部の会議に出席するんだとか。「やってる感」をアピールするのに四苦八苦です。

安倍首相、台風対応で30日に出邸 「休息」取りやめ

「してるふり」にご注意を 

 「やってる感」をアピールとくれば東京地検特捜部だ。JAXA(宇宙航空研究開発機構)を巡る汚職事件で逮捕された文科省幹部が、キーマンとされる元コンサルティング会社役員に「スポーツ庁幹部(当時)を紹介していた」ってんで、かぎ回っているようだ。

 どうも東京地検特捜部は文科省を根こそぎ摘発しようとしているみたいだね。これはあくまでも妄想なんだが、本丸は前川喜平氏だったりして。ほんの些細なことでも事情聴取したなんてことになったら、前川氏を貶めるのは簡単ですから。そうなれば、加計学園疑獄も風向きが変わる・・・てなことを「官邸の最高レベル」あたりが画策したりして。

文科省汚職 スポーツ庁幹部を紹介 コンサル元役員に

 ところで、杉田汚水脈のLGBTに対するヘイトについて、杉並区議がまた阿呆なツイートして炎上してます。どこをどうひねくれば、この区議のネーチャンの言うような解釈ができるのか。これはもう読解力の問題で、馬鹿さらけ出しちゃいましたね。

 それにしても、自民党の中から、杉田汚水脈を批判する声がほとんど聞こえてこないのはどうしてなんでしょう、ひとり、アンポンタン石破君が気を吐いているくらいで、週末にも「生産性がないなんて言ってはいけない。それが許されるようでは、自民党の多様性、懐が深いとは言わない。人の気持ちを傷つけて、平然としているような自民党であってほしいと思っていない」てなことを講演会で主張とります。でも、これだって「総裁選を見据えて?」なんて穿った見方されちゃうんだから、情けないものです。

石破氏が「生産性ない」発言を連日批判 総裁選みすえ?

 そもそも、ペテン総理が人権意識皆無ですからね。津久井やまゆり園事件の時だって、犯人のヘイトクライムを非難することなく、障害者の人権についても一切語ることはありませんでしたからね。杉田汚水脈の発言だって、ペテン総理が一喝して、除名処分にでもしていれば、自民党にとっても有利に働いたはずなのに、自らがヘイトでいっぱいだから、心の中では「よく言った」くらいに思ってるんじゃないのか・・・って、いつもの妄想だけど。

 杉田汚水脈はネトウヨの女王・櫻井よしこ君の推薦を受けたペテン総理の肝いりで比例1位になったんだから、生みの親としてペテン総理にはとことん責任がある。杉田汚水脈=自民党ってことを忘れちゃいけない。

杉田水脈議員のLGBT差別発言は自民党公認! 安倍首相は差別発言まき散らす杉田を「素晴らしい!」と絶賛

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年7月27日 (金)

またしても文部省幹部収賄で逮捕。文科省狙い撃ちで、教育行政を自由自在に!?&「敵対したら推薦人を含めて干し上げる」(安倍晋三)。ほとんどヤクザだね!!

 やまだかつてない(古いなあ)猛暑が襲う日本列島なのに、なんで「節電」の声が聞こえてこないんでしょう。去年の夏なんか、電力不足を盛んに煽ってたくせに、なんだやっぱり電力足りてるんじゃないか、ってなもんです。

 そんな中、東京医大絡みでまたしても現職の文部官僚が収賄で逮捕された。その昔、「ウララウララで狙い撃ち」なんて歌があったが、どうやら文科省は明らかに吊るし上げのターゲットになっているようだ。今回も裏口入学と同じ男が関係しているのもなんだかなあなのだ。

宇宙飛行士出席で便宜か 収賄容疑、逮捕の文科省幹部

 噂では、文科省に手を突っ込んで教育行政を意のままにしようという勢力が裏で動いているとか・・・とくれば首謀者はアレしか考えられないんだが、当たらずといえども遠からずってところか。妄想の翼を思い切り広げれば、前川グループ(そんなものがあるかどうかはさだかではないが)へのプレッシャーなんてこともあるのかもね。

 でも、この程度の収賄事件に東京地検特捜がやけにしゃかりきになっているのもおかしな話なののだ。シュレッダー佐川君を筆頭とする財務官僚の公文書偽造はほったらかしで、よくもまあ恥ずかしくないものだ。

 ところで、エクスキューショナー上川君が、オウムを一掃しちゃいました。1ヶ月に13人の死刑執行とは・・・さぞや寝覚めが悪いことだろう(もし良心ってものがあったらの話だけど)。

未曽有のテロ、解明ならず オウム全13人死刑執行

 エクスキューショナー上川君とくれば、西日本を豪雨が襲う死刑執行前夜の「赤坂自民亭」の宴会なんだが、そこに出席していたペテン総理が翌6日には無派閥議員を集めて極秘会合だとさ。総裁3選のための票固めってんだが、やっぱり西日本の豪雨はこの男の眼中にはなかったってことなんだね。

【日テレが特大スクープ!】西日本豪雨時、安倍総理がやってたのは「7/5 赤坂自民亭」だけじゃなかった!「7/6 無派閥議員を集め極秘会合」で総裁3選に向けた票固め(首相動静に記載無し) 

 総裁3選のためならなりふり構っちゃいられないってんで、脅し透かしはお手の物。どうやら、昼間の幽霊・岸田君も「敵対したら推薦人を含めて干し上げる」って脅されて腰引けちゃったという噂だから、ほとんどヤクザの世界ですね。

総裁選で敵対すれば推薦人も「干す」?安倍首相の覚悟

 娘が東電のアンポンタン石破君は「『人事で徹底的に干せ』との声があるというが、そのような自民党であってはならない」って牽制しているものの、どうやらペテン総理3選は既定路線なんだろうなあ・・・窮鼠猫を噛むようなアンポンタン石破君の逆襲に淡い期待を寄せなくてはいけない現実になんともやるせない台風が狙い撃ちしそうな週末の朝である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | セクハラ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ヘイトスピーチ | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | リニア新幹線不正入札 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 二階俊博 | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 働き方改革 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 公文書改竄 | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 国民民主党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大相撲 | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 学問・資格 | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 小泉進次郎 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山口那津男 | 山本一太 | 山本太郎 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 岸田文雄 | 川口悠子 | 希望の党 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 放送制度改革 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 杉田水脈 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 水道民営化 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 沖縄県知事選 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 産経新聞 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 百田尚樹 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 税金 | 稲田朋美 | 立憲民主党 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 緊急事態条項 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 船田元 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 裁量労働制 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 財務省 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 足立康史 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 野田聖子 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM