安倍晋三

2019年12月11日 (水)

「反社会勢力の定義は困難」の閣議決定!&ニューオータニの明細書は7年間保管。再発行も可能!&ジャパンライフから消費者担当相にお中元!!

 自民党の元農水大臣が金の恨みで銃撃されたってんだが、あいつだったらよかったのにと一瞬悪魔が囁いたのだった。ま、誰とは言いませんけど。

 そんなことより、またしても素っ頓狂な閣議決定だ。なんと、反社会勢力について、「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的な定義は困難だ」とさ。「桜を見る界」に反社会勢力が参加していたことが発覚して、顔も頭も貧相な官房長官・ガースが「定義が一義的に定まっているわけではない」と苦し紛れに言い訳したことを補填するためなのだろうが、ホント、好き勝手やってくれるものだ。

「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

 そもそも、反社会勢力については、第一次安倍政権の2007年に、「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人」と定義されているんだね。法務省のホームページには、「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について」と題して、反社会勢力について詳しく解説されている。

・法務省
企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について

 この閣議決定で喜ぶのは反社会勢力そのものなんだね。いまどきは金融機関で口座ひとつ作るにしても反社会勢力との関係の有無を聞かれる。でも、「定義は困難」って政府が言ってるんだから、虚偽申告したってそれを理由に解約することはできなくなるんじゃないのか。

 この閣議決定は社会規範そのものを揺るがすことになりますよ。「朝令暮改」という言葉があるけど、自己正当化のためなら前言を翻すことを屁とも思わないペテン政権の体質は、それだけで十分に「国難」に値するだろう。

 こうなると、吉本芸人が反社会勢力との関係で謹慎させられたのは、何だったんだってことになるんじゃないのか。どうでもいいけど。

政府「反社会的勢力の定義は困難」を閣議決定に怒りの声が殺到

 でもって、事の始まりの「桜を見る会」疑惑なんだが、初老の小学生・ペテン総理の後援会主催による「前夜祭」の明細書についての野党の調査に対して、ホテルニューオータニが「一般論として会合などの明細書や領収書は7年間保管しており、主催者から要請があれば再発行は可能」と説明したってね。こうなったら、安倍晋三後援会に明細書の再発行を要請してもらおうじゃないの。そうすれば、初老の小学生・ペテン総理の政治式か規正法&公職選挙法違反疑惑もクリアになるだろうから。

「桜を見る会」懇親会ホテル 明細書は7年間保管 再発行可能

 さらに、「騙された方が悪い」の消費者担当大臣・衛藤君についても、マルチ商法「ジャパンライフ」からお中元を貰ってたことが発覚。ズブズブの関係がバレちゃいました。

ジャパンライフ元会長 消費者相にお中元

 ようするに、「桜を見る会」疑惑に「幕引き」もなければ、「逃げ切り」もできないってことだ。ちょいと、ワクワクする師走の朝である。

| | コメント (3)

2019年12月10日 (火)

「改憲、必ずや私の手で成し遂げる」(安倍晋三)。行政の長の権限を超えて、身の程知らずに何をほざく!! そんなことより、とっとと国会に出てきて説明責任を果してみやがれ!!

 国会閉幕で、初老の小学生・ペテン総理は嬉々として記者会見をしやがりました。でもって、改憲について問われて、「必ずや私の手で成し遂げる」だとさ。おいおい、改憲ってのは、国民が望んでこそのものであって、オメーが成し遂げるものじゃないだろう。

「桜」名簿 復元指示せず 国会閉幕、首相会見 「改憲、必ずや私の手で」

 マスコミも、行政の長としての権限を逸脱した、憲法遵守義務違反のこんな発言を、シレっと垂れ流すんじゃない。「これで逃げ切りとなっていいのでしょうか」なんて他人事のコメントはいらないんだよね。「権力への怒り」を忘れたジャーナリズムほど危険なものはないんであって、これで終わりにしたくなかったらマスコミこそが起ち上がるべきなのだ。

 顔も頭も貧相な官房長官・ガースは、「残念ながら、(説明が)国民に理解されていない」と「桜を見る界」疑惑についてコメントしたそうだが、何を言ってやがる。さっさと名簿を公開すれば、それで疑惑のすべては解明される。それをしないのは、こやつの責任なんだね。それをよくもまあ「理解されていない」だなんて、あたかも国民側に問題があるようなことのたまわれるものだ。

菅長官「桜を見る会、残念ながら国民に理解されてない」

 「逃げ切ろう」としたって、来年の桜の季節になれば、みんな一連の疑惑を思い出す・・・ってツイートがあったけど、おっしゃる通る。お天道様はお見通しなのだ!!

 とにもかくにも、安全地帯で四の五のほざいてないで、とっとと国会に出てきて説明しやがれ、ってなもんです。

| | コメント (2)

2019年12月 7日 (土)

「桜を見る会」疑惑が暴きだした総理大臣とマルチ商法の癒着!!

 9日の会期末を前に、テレビ各局は菅原&河井カップルの説明責任を追及し始めている。この唐突な動きにはなんか違和感あるんだよね。もちろん、3人の逃亡者を追い詰めるのには異論はない。しかし、もっと大きな「悪」の存在はどうなのよってことだ。言わずと知れた、初老の小学生・ペテン総理のことだ。

河井案里参院議員が適応障害と診断書提出「1カ月の療養必要」 

 野党の要求する集中審議を自民党が拒否し続けることで、説明責任から逃げ回っているペテン総理にこそ、メディアは「国会に出てこい」と声を大きくしてぶつけるべきだろう。それもせずに、菅原&河井カップルをいまさらのように吊るし上げるのは、それを隠れ蓑にしてのペテン総理隠しを疑いたくもなろうというものだ。

 そもそもは「桜を見る会」の私物化から始まった「サクラゲート」は、ペテン総理の政治資金規正法&公職選挙法違反疑惑を掘り起し、とうとうマルチ商法「ジャバンライフ」疑獄へと発展してきている。オヤジの晋太郎時代からの付き合いということも発覚して、「個人的な関係は一切ない」という答弁も虚偽の疑いが濃厚になっている。

 さらに、消費者庁に圧力をかけてマルチ商法を野放しにして、被害者をいたずらに増加させた疑いすら囁かれ始めているのだ。「桜を見る会」の私物化なんて話はとうに通り越して、総理大臣がマルチ商法に手を貸すという、戦後最大の疑獄事件の様相も呈してきているんだね・・・ちょっと妄想入っちゃってるけど。

安倍晋三は詐欺会社ジャパンライフの山口代表と会っていた❗️辞職では済まない!地獄へ堕ちろ

安倍首相とマルチ商法「ジャパンライフ」を結んだ政治家の実名

ジャパンライフ招待問題で大門氏 消費者庁の処分遅れなぜ

・田中龍作ジャーナル
アベ首相虚偽答弁 ジャパンライフ会長と訪米

 ペテン総理との懇親会に出席しなかった毎日新聞は、このところ官房長官の記者会見でも力の入った質問を投げかけている。新聞各社が一丸となってペテン総理を攻めるなら、今でしょ!! それでこそ、ジャーナリズムとしての矜持が保てるというものだ。

| | コメント (2)

2019年12月 3日 (火)

「シンクライアント方式」で墓穴を掘ったペテン総理・・・「データ復元不可」は大嘘!!&「営業の秘密」でホテルが明細書公開拒否・・・ここまでダシにされて、ニューオータニは何か言ったらどうだ!!

 一方通行の本会議でのやり取りを「国会論戦」なんて言い換えるNHKにはほんと呆れちまう。もっと呆れちまうのが、初老の小学生・ペテン総理の答弁で、役人の書いた作文を棒読みするだけなんだから、それこそ「気楽な稼業」ときたもんだ。

 とはいえ、昨日の答弁には、実は役人の巧妙な罠が仕掛けられていたのではなかろうか。名簿データが復元できない理由を、ペテン総理はドヤ顔でこんな答弁してるんだね。

「内閣府が採用しているシステムは個々の端末ではなくサーバでデータを保存するシンクライアント方式であり、端末にデータは保存されておらず、サーバのデータを破棄後、バックアップデータの保管期間を経た後は復元は不可能である」(「サーバ」って発音してたようなんだが、ようするに意味わかってないってことね)

 「シンクライアント方式」なんて意味もわからず棒読みしているんだろうけど、どうやらこれで墓穴掘っちまったようなんだね。聞きかじりなんだが、「シンクライアント方式」というのは、サーバーでデータ管理をしているから、目の前のPCにはデータは残っていないのはその通り。でも、それはデータがPCに残っていないってだけで、サーバーに記録されたデータはよほど意図して破壊しない限りは消去されることはないんだとか。つまり、サーバーにもデータが残っていないとしたら、それこそ隠蔽工作しましたと言ってるようなもの・・・らしい。

 こんなことを官僚が知らないはずがないんであって、「シンクライアント方式」なんて言葉を差し込んだのは確信犯なんじゃないのかねえ・・・妄想だけど。

「データ復元不可」のシンクライアント方式 桜を見る会

安倍総理のシンクライアント発言!桜を見る会問題に与える影響は?(「シンクライアント方式」の解説は必読)

 さあ、どうする。ここから先は、専門の技術者のお知恵拝借で、野党は攻め込まなければいけない。それは、メディアも同じだ。「データ復元はかなり難しい」なんてどこぞの大学教授のコメント載せてお茶を濁してるようじゃダメだろう。いまこそ、メディアも起ち上がってみやがれ!!

参議院本会議 田村とも子氏質疑書き起こし2019.12.02


安倍晋三「桜を見る会」田村智子・共産【全17分】12/2 参院・本会議

 最後に、「桜を見る会前夜祭」の明細書などについて、ペテン総理はこんな答弁をしている。

「ホテルから明細書等の発行はなく、ホテルは営業の秘密にかかわり資料提供には応じかねるとの報告を受けた」

 おかしな話だよね。これだと、ホテルニューオータニが明細書等の発行を拒否しているってことになるんだが、事は記総理大臣の政治資金規正法&公職選挙法違反疑惑だ。潔白を証明するためにも、積極的に公開こそすれ、「営業の秘密」を理由に拒むなんてことがあり得るのかねえ。

夕食会の明細、首相「『営業の秘密』と報告受けた」

 ホテルニューオータニは、老舗ホテルとしてのステータスに恥じない社会的責任を果たすべきなんじゃないのか。それとも、ペテン総理の共犯者の道を選ぶうのだろうか。敢えて言わせてもらえば、恥を知れ!・・・ってなもんです。

| | コメント (2)

2019年11月30日 (土)

新聞もTVも、なんとかのひとつ覚えで「野党審議拒否」と煽ってないで、「国会に出てこい、チキン野郎!!」とたまには言ってみやがれ!!

 「桜を見る会」の招待者への通し番号が付いた文書を内閣府が認めたことで、野党は国会審議にとりあえず応じることにしたってんだが、ちょいと甘いんじゃないのかねえ。顔も頭も貧相な官房長官・ガースは、相も変わらず「内閣府として提出した資料であり、そこに記されている招待区分は招待状の発送を効率的に行うために付している」なんてとぼけたこと口にして、だからなんだって態度なんだよね。

 トッポジージョ・安住君は、あたかも「60」という番号が首相推薦枠で決まりみたいなコメントして鬼の首でもとったように息巻いているけど、相手は稀代の三百代言ですからね。共産党の田村智子議員の知恵を借りてでも、いま一度戦略を練った方がいいんじゃないのか。

首相推薦枠?「60」は政府資料 元会長の招待状に記載

 でもって、「審議拒否」って煽ってたメディアは、野党が早々に国会審議に応じる構えを見せたので、肩透かしを食らっちまいました。しかし、おかしなもんですね。「桜を見る会」疑惑ってのは、ペテン政権が抱える多岐に渡った問題を含んでいて、たとえば初老の小学生・ペテン総理の政治資金規正法&公職選挙法違反の疑い、反社会勢力と政治家のズブズブ関係、さらにはマルチ商法の広告塔など、どれひとつとっても検察マターになっても不思議でないほど重要なものだってのに、野党の審議拒否は批判的に報じるだけで、ペテン総理が予算委員会を開かずに逃げ回っていることにはまったく触れることがない。

 「推移を見守る」とか「批判が高まっている」とか、評論家みたいな報道してないで、いまこそ「国会に出てこい、チキン野郎」とペテン総理に迫ってみやがれ。

| | コメント (2)

2019年11月28日 (木)

ペテン総理が代表の選挙区支部が「桜を見る会」に旅費支出を疑わせる領収書・・・政治資金規正法違反が濃厚に!?

 「天網恢恢疎にして漏らさず」とは良く言ったもので、「桜を見る会」疑惑にからんで極めて重要な証拠が出てきた。当初、初老の小学生・ペテン総理は、「桜を見る会前夜祭」について「「夕食会(=前夜祭)を含めて旅費、宿泊費などすべての費用は参加者の自己負担で支払われており、安倍事務所、安倍晋三後援会としての収入・支出は一切ない」ってドヤ顔で強弁していたんだね。

 ところがどっこい、2015年の「桜を見る会」と「前夜祭」が行われた日に、自由民主党山口県第四選挙区支部が約89万円を旅行会社に支払っていたことが発覚。この旅行会社は安倍事務所による「桜を見る会」ツアーの依頼先で、どうやら「桜を見る会」に参加する後援者の接待のために上京する事務所スタッフなどの旅費の疑いがあるってね。

 第四支部の代表は言うまでもなくペテン総理で、政党支部のお金を個人の政治活動に使っていたということにもなるわけで、「そうなれば、やはりツアーや前夜祭の開催について収支報告書に記載がないのは益々おかしい」(上脇博之神戸学院大学教授)ってことになる。

安倍首相が代表の選挙区支部 「桜を見る会」に旅費支出の疑い

 顔も頭も貧相な官房長官・ガースと反社勢力とのツーショットもあるし、ここまできたら予算委員会の場で説明責任を果たす義務があるだろう。ああ、それなのに、自民党は「総理が出席する委員会は拒否」ってんだから、話にならない。本来なら、新聞・TVが予算委員会を開くようにキャンペーン張らなくちゃいけないのに、テレビなんか事ここに至っても御用評論家に野党をdisるようなコメントさせる始末だ。

「桜を見る会」追及 立憲・安住氏の猛攻勢に官邸タジタジ

 内閣記者会のキャップがペテン総理と会食してるくらいだからさもありなんではあるんだが、現場の記者からはそんな状況に憤懣やるかたない声も上がりつつあるとか。ここからは、野党はもちろんだが、新聞・TVがどれだけペテン政権仁牙を剥くことができるかが大きなポイントになるわけで、いつまでも他人事のような評論家報道してるんじゃありませんよ、ったく。

安倍政権とメディア幹部の「懇談」に怒り、記者達から非難轟々ー新聞労連・南彰委員長が報告

| | コメント (3)

2019年11月27日 (水)

「反社勢力は、結果的には入ったのだろう」(菅官房長官)。「自民党と反社勢力」の新たな疑惑が浮上!!&「首相、長官」枠に通し番号。名簿公開できないはずだ!!

 「桜を見る会」の名簿を廃棄した際に使用されたシュレッダーが、どうにかこうにか公開された。結果、「800枚の紙、34秒で細断」という高性能で、「稼働中で廃棄が遅れた」なんて言い訳が通用しないことがバレちゃいました。

 でもって、つじつま合わせに四苦八苦の内閣府は、なんと「職員は資料請求を知らなかった」「ホチキスを取ったりファイルから出したりいろいろある」てなことを言い出しとります。しかしまあ、ここまで珍なる言い訳しなくちゃならない官僚ってのも哀れなものです。

実際にシュレッダーで紙を細断 桜を見る会問題で野党

桜を見る会 名簿廃棄は資料請求後 内閣府「職員は請求知らず」

 さらに、昨日のエントリーでも書いたように、「桜を見る会」の招待状に同封されていた受付票には「招待者の属性区分」、つまり誰が招待したかわかる通し番号が付されていたんだが、どうやら「60」というのが「首相、長官等」に振り分けられたもので、マルチ商法のジャパンライフ会長の受付票にはまさしくこの番号が印字されていましたとさ。

Photo_20191127081701

 ちなみに、両院議長、各党代表、国会議員「10」、最高裁などの長官、行政・議会の幹部、知事「20」、与党推薦者「64、65」となっているとか。

桜を見る会 「ジャパンライフ元会長も15年の総理枠で招待か」と共産追及

桜を見る会に新疑惑 悪徳業者ジャパンライフは安倍招待枠

 これじゃあ、名簿はそうすんなりと公開できませんね。ていうか、相当にヤバイ人物もいただろうから、廃棄してたってことにするしかなかったってことだ。その証拠に、顔も頭も貧相な官房長官・ガースは、反社会勢力について「結果的には入ったのだろう」とシレっと白状してますからね。

 それにしても、まるで他人事なんなだよね、ガースの発言は。これって、「桜を見る会」疑惑とはまた別次元の「政治家と反社会勢力」とう新たな疑惑が浮かび上がったってことなんだよね。シャパンライフ会長が招待されていたことについて、「どこからどうやって紛れ込んだのか不思議でしようがない」(衛藤晟一消費者行政担当相)なんておためごかし答弁も飛び出しているけど、ようするに「首相、長官等」枠でいかがわしい人物が招待されていたのは明らかで、その中に反社会勢力もいたってことだ。

桜を見る会に反社会勢力、認める 菅氏「結果的に入ったのだろう」

 これだけで、内閣総辞職でしょう。芸人が闇営業で反社勢力と関わっただけで謹慎処分どころか、芸人生命だって絶たれかねないんだからね。自民党は頑なに集中審議を拒否しているけど、つまりは自民党そのものが反社会勢力ってことなんじゃないのか。

 「桜を見る会」疑惑は、初老の小学生・ペテン総理の政治資金規正法&公職選挙法違反と「自民党と反社会勢力」の深い関係に問題は絞られてきた、そんな気が霧雨がそぼ降る水曜の朝である。

| | コメント (2)

2019年11月25日 (月)

「総理といえば天皇の次くらいの人ですから、使ってもらえるのはありがたい」(ニューオータニ常務&東京総支配人・清水肇)・・・やっぱり、ペテン総理とズブズブの共犯関係か!!

 「桜を見る会前夜祭」の会場費などの明細書さえあれば、初老の小学生・ペテン総理が政治規正法&公職選挙法違反に当たるかどうかなんてことはすぐわかるはずで、私企業だからって理由で「総理の犯罪」疑惑についてニューオータニがダンマリを決め込んでいるはどうも違和感がある・・・なんてことを思ってたら、なんとまあ、ニューオータニの代表取締役常務であり東京総支配人という清水なんたらという御仁が、こんなことを口走りやがりましたとさ。

「総理といえば天皇の次くらいの人ですから、使ってもらえるのはありがたい」

 凄いなあ、「天皇の次くらいの人」だって。議会制民主主義のルールの中で、第一党の党首だから総理大臣になっているだけなのに、こんな階級制を容認するような時代錯誤の感覚の御仁がトップにいるって、さすが政商と噂された男が創業したホテルだけのことはある。

 天皇即位を口実にした首相夫妻主催の晩餐会についても、「このあいだの晩餐会もやっていただいた」と臆面もなく口にしているようだから、やっぱりペテン総理とニューオータニは共犯関係にあるってことなんだね。ようするに、ニューオータニはペテン総理にはいろいろと便宜を図っているわけで、そうなると「桜を見る会前夜祭」の異常なダンピングってのは企業の寄付行為の疑いも出てくるってことだ。

「桜を見る会」前夜祭問題でニューオータニ総支配人が文春の直撃に「(即位)晩餐会をやっていただいた」 入札なしの発注に疑惑も

 こうした一連のニューオータニ幹部の発言って、新聞・TVではまったく報道されないんだが、おそらくペテン総理と会食するような記者連中は知っている。でも、そこを突っつくととんでもない大疑獄事件に発展する可能性があるから、「見ざる言わざる聞かざる」を決め込んでいるに違いない・・・なんて妄想しつつ、木内みどりさんのご冥福を祈る月曜の朝である。

| | コメント (1)

2019年11月23日 (土)

「桜を見る会」の黒塗り名簿が物語るペテン総理の腹黒さ!! 「功績者」の名前を隠す理由とは・・・!!

 「桜を見る会」に半グレやヤクザが参加していたことを、顔も頭も貧相な官房長官・ガースが認めたってね。さらに、内閣官房がまとめた招待者名簿を警護当局と共有していなかったことも判明。「桜を見る会」の開催経費がウナギ上りになったのは「警備強化のため」としたこれまでの答弁は虚偽の疑いも出てきちまいました。

 で、警備当局と共有していなかったという招待者名簿が、野党の追及に堪えきれなくなったのか、内閣府から渋々公開されたと思ったら、なんとおよそ4000人分の名簿のうち、6割が黒塗りだったってね。この名簿は、「公務員」「功績者」「特別」などに分類されているそうで、「功績者は大半が、特別は全てが伏せられていた」んだとか。

 そもそも、「桜を見る会」は、各界の功労者をねぎらうためのもので、そのひとたちの氏名や職業を公表して大いに称えこそすれ、けっして個人情報だなんて理由で隠蔽するものではない。さらに、すべて黒塗りの「特別」なんて枠も怪しいものだ。半グレやヤクザなんていうのが紛れ込んでいるのが発覚する危険があるから隠さざるを得ないんじゃないの・・・なんて妄想も湧いてこようというものだ。

桜を見る会 内閣府が名簿提出も「功績者」ほぼ黒塗り

 それにしても、こんな黒塗りの名簿提出すれば、それだけ疑惑が深まるだろうということに、なんで官僚は思いが至らないのかねえ。それとも、疑惑が深まることを期待して、わざと怪しげな名簿を出してきたのか。そうだとしたら、官僚の反乱が始まったということになるんだが、果してどうなんでしょう。ただの阿呆だったりして・・・。

 黒塗りとはいえ、ほぼ4000人分の名簿はあったわけで、てことは廃棄されたのは初老の小学生・ペテン総理や自民党などの推薦分だけってことになる。おそらく、後援会のメンバーの名前がズラっと並んでたりするんじゃないのか。どんな理由にせよ、廃棄したってことは、とうてい世間に公開できるような代物ではないということを証明したようなもので、「桜を見る会」にまつわる疑惑は、底なし沼状態に突入したってことだ。

桜を見る会 菅氏、後援会50~60人招待 麻生氏100~200人推薦

桜を見る会 昭恵氏関与で「私人」議論再燃 政府「夫人枠」を否定

 最後に、ペテン総理と私人の嫁はゲストとして「桜を見る会前夜祭」に出席した、というガースの言い訳なんだが、郷原弁護士が「ゲストであっても支払いがなければ無銭飲食」とツイートしているのには笑えた。「総理大臣夫妻、無銭飲食で逮捕!」の新聞見出しが、一瞬頭をよぎったのだった。

| | コメント (3)

2019年11月21日 (木)

私人の嫁の推薦枠まで発覚!! いまこそ特捜の出番だろう・・・逮捕しろ!!&ペテン総理と内閣記者会加盟報道各社キャップが高級中華で舌鼓・・・何を話したのか説明してみろ!!

 「桜を見る会」の招待客約1万5千人のうち、初老の小学生・ペテン総理推薦が1000人、ひょっとこやガースなどの官邸幹部の推薦も1000人、そして自民党推薦が6000人だとさ。これだけで、この会が税金使った自民党支援者接待パーティだったことがわかろうというものだ。

 でもって、ペテン総理の私人の嫁までもが推薦枠を持ってたってんだから、処刑されたチャウシェスク夫婦もかくやの乱暴狼藉、ってなもんです。

首相の説明にほころび 桜を見る会、推薦に関与

 それにしても、私人の嫁の推薦枠について質問されて、即座に「ありません」と答弁した直後、審議官に「ありました」とシレっと否定されちゃった時のガースのなんとも気まずそうな表情には笑っちまった。

 笑っちまったとくれば、共産党議員が「桜を見る会」の招待者名簿の公開を要求したその日に名簿を廃棄したことの珍妙な言い訳だ。なんとまあ、「遅滞なく大型連休前に廃棄しようとしたもののシュレッダーが空いていなかったから連休後になった」だとさ。言うに事欠いてとはよく言ったもので、ペテン総理に金玉握られた官僚の姿は、もはや哀れを通り越した滑稽でしかありません。

 滑稽とくれば、内閣記者会だ。ペテン総理の政治資金規正法&公職選挙法違反疑惑の真っ最中に、内閣記者会加盟報道各社のキャップが、ペテン総理と高級中華で懇談しましたとさ。これね、参加した加盟社の実名を報道してほしいんだね。加盟各社なんて十把ひとからげにされちゃうと、「赤信号みんなで渡れば恐くない」ってことになっちゃって、ちっともメディアの責任ってのが感じられないんだね。

 既に削除されてはいるが、ネットでは、「ペテン総理の側が、へたなこと言ったら今後一切、自民党関係のパーティでニューオータニは使わない」って脅したって噂が流れていた。こうなったら、いまこそ特捜の出番なんだよね。ああ、それなのに、ロッキード事件、リクルート事件で政財界に切り込んだ時の「巨悪は眠らせない」という気概も気迫もいまの特捜にはありませんからね。メディアは前述したような体たらくだし、こうなったら香港の若者のように一般大衆労働者諸君が起ち上がるしかない・・・と、ひとりシュプレヒコールする北風吹きぬく水曜の朝であった。


| | コメント (3)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM