安倍晋三

2019年6月15日 (土)

「イランとの合意は時期尚早」とトランプにはしご外されたペテン総理の赤っ恥!!&「自分の生活として年金を心配したことはない」(麻生太郎)。よくもまあ、ぬけぬけと!!

 オオタ~ニサンのサイクルヒットはお見事。特に、最も難しいとされる3塁打を2-3のフルカウントからすんなりクリアしてしまうセンスには脱帽です。やっぱり、スポーツに限らず、何事も「センス」ってのが重要なファクターなのだということを改めて教えてくれた。

 翻って、永田町にそんな「センス」を持った政治家がいるんだろうか。たとえば、初老の小学生・ペテン総理だ。日本のタンカーが攻撃されるわ、おかげでアメリカとイランの対立が一触即発の気配を漂わせてくるわわ、結果としてイラン物見遊山は和平の仲介どころか火に油を注いだようなもんなんだから、政治的センスはもちろん、外交的センスもゼロってことが改めて暴露されちゃってるんだね。

 そんなんたから、「安倍総理大臣がイランを訪問し、最高指導者のハメネイ師と会談したことについては評価するが、個人的には何らかの合意をするのは時期尚早だと考える。イラン側もアメリカ側もまだ準備はできていない」ってトランプにはしご外されちゃうという体たらくを晒すちまうってわけだ。

トランプ大統領「首相のイラン訪問感謝も合意は時期尚早」

 もうひとり政治家としてのセンスどころか人間としてのセンスも疑問なのが、ひょっとこ麻生だ。年金にまつわる2000万円問題で、よりいっそうその低脳ぶりに拍車がかかったようで、言い訳が二転三転したあげく、「月5万円の赤字」や「対象世帯の平均貯蓄額2484万円」について「高齢者の平均的な収入と支出の差や、貯蓄額を述べたにすぎない」とさ。

 さすが、「年金をいくら受給できるか知ってるか」という質問に「自分の生活として心配したことはない」とぬけぬけと答弁できる金満家だけのことはある。そもそも、年金の心配なんかしたこともない奴らに、一般大衆労働者諸君のための年金制度をとやかく言われたかありませんよ。

麻生氏「年金不足でない」 老後2000万円 貯蓄で補てん前提

麻生氏、発言ぶれぶれ 内容評価→「不適切」→不安打ち消しに


【報ステ】麻生大臣、年金受給「心配したことない」(19/06/14)

 この問題が起きてからというもの、「100年安心」ってのは制度のことで年金支給額ではない。だから、老後の蓄えなど自助努力も必要・・・てなことを御用コメンテーターがしたり顔でのたまってくれちゃってるんだが、そいつらにしたっておそらく年金の心配なんかしたことないだろうって顔してるんだよね。個人の感想だけど。

 まるで、「100年安心」が制度のことだってのを知らなかった一般大衆労働者諸君が間抜けなのだ、とでも言ってるようで胸糞悪いったらありゃあしない。

 こうなったら、すべてチャラにして、これまでの掛け金すべて返済して、イチから年金制度を議論するくらいのドラスティックな改革が必要なんじゃないのか。それには、まず年金の一元化を真剣に議論することだ。だって、「2000万円」問題ってのは厚生年金が基本になっての話なんだからね。悲惨なほどの国民年金が話題にもならない年金議論なんて、非正規が40%になろうとしている今、まったく無意味だと思う今日この頃なのだ。

| | コメント (2)

2019年6月14日 (金)

トランプの「パシリ」にもならなかったペテン総理のイラン物見遊山。あげくに、その最中にアメリカがイランに追加制裁の赤っ恥!!

 初老の小学生・ペテン総理が物見遊山でイランを訪問しているという絶妙のタイミングで、日本のタンカーが何者かに攻撃された。CIAの陰謀じゃないかなんて噂話も飛び交う中、ペテン総理はイランの最高指導者・ハメネイと会談したんだが、ツーショットを見る限りは完全に呑まれちゃってますね。個人の感想だけど。

Photo_10

 でもって、その会談はと言えば、ペテン総理がトランプのメッセージを伝えようとしたら、即座に「あなたの目的は理解できる。だが、トランプ氏はやりとりを行うに値しない。今後も返事しない」ってストレートが飛んできて、瞬殺されちゃったってね。

 さらに、「緊張の原因は米国による経済戦争(経済制裁)にある」という原則を突きつけられて、ペテン総理はグーの音も出なかったらしい。つまり、今回のイラン物見遊山ってのは、トランプの「パシリ」にもならなかったってわけだ。アメリカからはこんな声も聞こえてくるとか。

「日本は米国、イランと良い関係を持つが、両国の紛争の結果に影響を与える能力はほぼない」
「首相は何を達成しようとししているか明確にしていない。(解決のために)何の『てこ』があるのか」

 これが常識的な見方ってもんなんだろうね。本来なら、日本のメディアからこうした指摘が出てこなくちゃいけないんじゃないのか。

イラン、米との対話拒否 最高指導者 核武装を否定

「米との交渉 圧力受けながらは応じない」  ハメネイ師仲介に動じず 日イラン会談

 それにしても、ペテン総理がイランでいらんことしてるタイミングで、イランに追加制裁するトランプってのも食えない野郎だ。ようするに、トランプにとっては、ペテン総理ってのはその程度の「パシリ」にもならない存在ってことなんだね。赤っ恥かかされて、それでも尾を振る総理大臣って・・・やっぱり「国難」はこいつだな。。ああ、恥ずかしい。

米、イランに新たな制裁を追加 政府関連企業など対象に

| | コメント (2)

2019年6月11日 (火)

久しぶりに国会にお出ましのペテンとひょっとこのポンコツコンビのイカレっぷりが、さらにバージョンアップ。「マクロ経済スライド」を喚くも、フルボッコにされて退場!!

 イージス・アショア配備計画のインチキ、まるで死人に口なしと言うかのようにF35墜落の原因をパイロットになすりつける防衛省etc・・・と話題が尽きない今日この頃なんだが、なんといっても昨日の白眉は参議院決算委員会で決まりだろう。久しぶりに国会にお出ましのポンコツコンビのイカレっぷりのなんとバージョンアップしたことか。初老の小学生・ペテン総理とひょっとこ麻生の間抜けな答弁は、へたな芸人顔負けの抱腹絶倒のコントでありました。

 なかでも、笑っちゃうのが、共産党のとっちゃん坊や・小池君とのバトルだ。コーナーに追い詰められたペテン総理の「お前の母さんデベソ」的な逆襲を軽快なステップで一蹴。痛快です。

安倍「ちなみに民主党政権時代はですね・・・」
小池晃「民主党じゃないですから。私たちは。無意味なことを言わないでください」 .

 こんな具合に、「年金溶けたから、老後は自分で2000万円用意しろ」というやらずぶったくり発言をめぐる攻防は、野党がポンコツコンビをフルボッコにして終了。しかしまあ、TVのニュースなんかはいかにもまともに答弁しているかのように編集した映像流すだけなんだから、これではこやつらの低脳ぶりは一般大衆労働者諸君には届かない。

 というわけで、百聞は一見に如かず。国会中継の映像をとくとご覧じろ。この国がいかにすっとこどっこいな輩に牛耳られているかがよくわかります。お時間のない方は、クラリオン蓮舫君とペテン総理の質疑応答の書き起こしをご一読ください。文章にすると、「マクロ経済スライド」を馬鹿のひとつ覚えで喚き散らすペテン総理のイカレポンチぶりがさらに際立って、その内容の空虚さに愕然としますよ。

右上のマークをクリックすると全文読めます。

| | コメント (4)

2019年6月 9日 (日)

吉本の芸人と悪ふざけする暇はあっても、予算委員会で「公文書改竄」「統計不正」「年金崩壊」「日米FTA密約」、さらには「イージス・アショア配備計画のインチキ」etcについて丁寧に説明する時間はないってか!!

 吉本の芸人が振り込め詐欺グループの忘年会で闇営業という美味しいネタをほとんどのワイショーはスルーしてるんだね。そんな中、吉本の芸人が初老の小学生・ペテン総理を表敬訪問して、悪ふざけしたそうだ。そんなんだもの、反社会勢力とお付き合いしたぐらい、吉本の芸人にとってはどうってことないってことだ。そもそも、TV局にとっては、吉本興行は大株主ですからね。そりゃあ、よほどのことがない限りお目こぼししてくれるわけです。しかも、今回は格好のスケープゴートがいましたからね。

吉本芸人“詐欺グループに闇営業”問題でカラテカ入江だけトカゲの尻尾切り! 宮迫らの責任追及しないテレビ局と吉本のズブズブ関係

安倍首相が審議拒否中に芸人と会談「国民を愚弄」と批判の声

 それにしても、予算委員会開催を拒否してるくせに、芸人呼んでヨイショさせる時間はあるってんだから、国会も舐められたものだ。しかも、そうした状況をメディアは一切伝えない。為政者にとってこんなに楽なことはありませんよ、ったく。

なぜ自民党は予算委員会開催を拒否するのか? 熟議拒否が議会制民主主義を壊す

 それもこれも、参議院選挙を意識してるからなんだよね。へたに予算委員会開いちゃったら、スネがキズだらけのペテン総理は集中砲火浴びて炎上しちゃいますから。森友・加計学園疑獄はもとより、公文書改竄、統計不正、年金崩壊、F35爆買い、日米FTA密約、直近の出来事としては秋田県のイージス・アショア配備計画のインチキや辺野古新基地工事における公有水面埋立法違反なんてのもある。どうやら、参議院選挙後に年金支給水準の見直しを発表するそうで、これもまた参議院選挙を意識してのことなんだね。

防衛省、実地調査せずグーグルアース使う 幹部が認める

防衛局が許可なく護岸構造を変更 辺野古新基地工事、公有水面埋立法違反か

年金支給水準 見通し公表は参院選後か 将来の低下確実で

 まさに、この国は無法地帯と言っても過言ではない。そんな政権を選択したのは一般大衆労働者諸君なんだから、自業自得と言ってしまえばそれまでなんだが、だからこそ映画「帰ってきたヒトラー」のセリフが脳裏をよぎる今日この頃なのだ。

「私を選んだのは普通の国民だ。私を怪物と呼ぶならば、選んだ選挙民が悪い」

| | コメント (3)

2019年6月 7日 (金)

予算委員会拒否したまま、ペテン総理がトランプの「パシリ」でイランへ!!&改正国有林法で日本の森林が破壊される!! 後は野となれ山となれ!?

 相撲にゴルフに炉端焼き、さらに天皇までも担ぎ出しての接待漬けでトランプのご機嫌を取った見返りなのだろう。初老の小学生・ペテン総理がイラン訪問するそうだ。国会では予算委員会が3ケ月も自民党の拒否により開かれていないというのに、海外旅行する暇はあるらしい。

 そもそも、何のためのイランなんだろう。ていうか、これってトランプの承認を受けてのことで、おそらくトランプのメッセージも託されているのだろう。なんのことはないトランプの「パシリ」ってことなんじゃないのか。

 でなけりゃ、最悪は軍事的衝突もなんて憶測も飛んでいるほど緊張感が高まっているアメリカとイランの仲介役なんて、ペテン総理には荷が重すぎますからね。なんてったって、税金ばら撒いて自らの存在感だけをアピールするのが「地球儀を俯瞰する外交」ってやつの本質なんだから。

トランプ氏の歯止め役、期待 イランが安倍首相訪問受け入れ

 それにしても、3ケ月も予算委員会が開かれないという異常な状況に、まったく無頓着なメディアってのも困ったものなのだ。TVのニュース観ていると「世は事もなし」って風情で、タレントの結婚やグルメ情報に「オオタニサン」の連発。5日に可決・成立した「改正国有林野管理経営法」なんかニュースにもならないんだよね。

 「改正国有林野管理経営法」ってのは、「全国の国有林を最長50年間、大規模に伐採・販売する権利を民間業者に与える」というもので、伐採した森林の再造林などのメンテナンスは義務づけられていない。へたすると日本はハゲ山だらけになる可能性だってある。極端だけど。そして、この法改正の裏では、あの竹中平蔵が暗躍してるんだとか。

 切り出された木材はどうするのかというと、木材不足に悩む中国に輸出されるという話もある。もっと言えば、中国の業者と日本の業者が手を組んで、日本の森をズタズタにする危険性だってないとは言えない。

 そんな重要な法改正の審議時間は衆参共にわずかなもので、参考人として呼ばれた専門家からも様々な疑問点が指摘されたそうだ。一見地味だけど、国土の荒廃を招きかねない法改正を、じっくりと調査報道することこそメディアの務めというものだ。ぼーっとエンタメ情報ばかり垂れ流してるんじゃねーよ!!

改正国有林法が成立 大規模伐採を民間開放

・毎日新聞社説
国有林伐採の民間開放 かえって森を荒らす恐れ

| | コメント (2)

2019年6月 4日 (火)

後々証拠となるかもしれないペテン総理の面会記録はすべて廃棄!&「国会は裁判所ではない、ましてや人民法廷でもないはず」(丸山穂高)。四の五の言ってないで国会に出て来い!!

 加計学園疑獄では、首相動静がひとつのキーワードとなって、初老の小学生・ペテン総理が加計学園関係者と面会したのかどうかが争点のひとつとなった。結局は、ペテン総理の解散権濫用によって選挙に突入したことでうやむやになっちまったんだが、総理に限らず閣僚が誰と何時、何処で会ったかという面会記録は、政策決定の検証という観点からも極めて重要な「公文書」であることは間違いない。

 そんなことがあったからなんだろうか。なんと、ペテン総理が「官邸で官庁幹部と面談した際に、首相官邸が議事概要などの打ち合わせ記録を一切作成していない」ことが発覚しましたとさ。「官庁側の責任で作るべきものだ」と官邸は居直っているってんだが、ようするに後々まずいことが起こった時のために、すべての面会記録を闇の中に葬ってしまおうという魂胆なんだね。

首相官邸 打ち合わせ記録一切作らず 「作業責任は官庁側」 指示の検証不能

 これについて、昨日の記者会見で「総理が官邸で各省庁の幹部らと面会した際の打合せ記録を官邸側は一切作成してない事がわかった。現状の公文書作成、保存管理を文書としてしっかり残す事が出来てると思ってるのか」と毎日新聞の記者に突っ込まれた顔も頭も貧相な官房長官・ガースは「出来ている」とにべもないコメントを返している。ホント、いかれてるなあ。

安倍首相面会記録、官邸作成せず=菅官房長官

安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった! 森友・加計後に宣言した「公文書管理見直し」の正体

 記録がなければどんな言い逃れだってできちゃうわけで、「記録作成」を義務化する法律を作らないとペテン総理一派の密室政治によるやりたい放題は止まりませんよ、ったく!

 ところで、適応障害を理由に国会をサボっている戦争小僧・ホダカなんだが、衆議院の議院運営委員会に弁明書を提出しましたとさ。それによれば、「元島民の皆様への配慮を欠いていたことについて、重ねて謝罪申し上げます」とした上で、こんなことほざいてます。

「平和主義を掲げる憲法への違反行為は無理がある」
「国会は裁判所ではありませんし、ましてや人民法廷でもないはず」
「議員の出処進退は議員自身が判断すべきことであり、最終的には選挙での有権者のご判断による」

 ま、何でもいいから、言いたいことがあるなら、国会に出てきて自らの口で弁明しやがれ。政治家の説明責任というのはそういうことだ。

丸山氏弁明書「憲法違反は飛躍」、国会の動き批判


| | コメント (4)

2019年5月29日 (水)

空母化を目指す護衛艦の上で「強固な日米同盟」を宣言する不気味さ!&日本はペテン総理の一存で戦闘機を爆買い。スイスは戦闘機ひとつ買うのも国民投票!&仙台地裁、強制不妊の国家賠償請求を門前払い!!

 川崎の無差別殺傷事件はなんとも痛ましい。夕方には児童と保護者が犠牲となった小学校が記者会見していたが、おそらくメディアからの要請もあったのだろうが、もう少し心の整理ができるまで猶予してあげることはできなかったのだろうか。

 その川崎の無差別殺傷事件について、初老の小学生・ペテン総理と共に護衛艦「かが」を視察していたトランプは訓示の中でしっかりと哀悼の意を表明していたってのに、当のペテン総理は一言も触れなかったってね。役人の用意した原稿に事件への思いが書かれていなかったとしても、そこを臨機応変に対処するのが宰相たる者の務めだろうに、ようするにとことん無神経・無関心な男ってことだ。

 しかし、護衛艦「かが」の上で、まるでトランプに阿るかのように「日米のさらなる強化に向けて、日本はしっかり役割を果たしていく」って表明するって、危険なことだよね。なんてったって、護衛艦「かが」は空母化を進めている最中で、聞きようによっては「アメリカと一緒に戦争しますよ」って言ってるようなものなんだからさ。

「離れた地域紛争に対応」 日米首脳 「空母化」護衛艦視察

 27日の記者会見では、F35を105機購入することをバラされちゃって、噂では維持費も含めて6兆円の買物なんだとか。こんな「爆買い」をいくら総理大臣だからって、勝手に決めていいのか。てなことを考えていたら、なんとスイスでは総額6千億円の戦闘機購入計画を国民投票にかけるんだとか。つまり、戦闘機ひとつ買うにも国民の同意が必要ってことなんだね。それに比べて、なんでもかんでもペテン総理の一存最優先で、国会がまったく機能しない日本の現状のなんとお寒いことよ。

スイス政府、総額6千億円の戦闘機購入計画を国民投票へ

日本政府、米にF35を105機購入の意向示す トランプ氏「同盟国中、最大の部隊に」

 最後になったけど、旧優生保護法による強制不妊手術をめぐる国家賠償請求訴訟で、仙台地裁は旧優生保護法が違憲であることは認めつつ、国の賠償責任は否定する判決を出した。「手術から20年という除斥期間が過ぎているから損害賠償請求権は消滅している」という国の主張を認めての判決ってんだが、「除斥期間を適用することは憲法に違反しない」なんて木で鼻をくくったようなこと言ってないで、「除斥期間」なんてものの存在についてもっと突っ込んだ判断するのが裁判所の役目なんじゃないのか。これでは、泣き寝入りしろ、って言ってるようなものだろう。

強制不妊 国賠償認めず 旧優生保護法は「違憲」

| | コメント (3)

2019年5月28日 (火)

トランプによる「関税密約」暴露の火消しに必死なペテン総理の不愉快な仲間たち!&布川事件における検察と警察の違法性を認定する画期的な判決!!

 「日米は貿易交渉で『大きく前進』しているが、交渉の『多く』は7月の選挙後まで待つことになる」というトランプのツイートの「選挙」ってところに「S」がついてたことが「衆参ダブル選挙」を示唆しているんじゃないかという憶測を呼び、初老の小学生・ペテン総理のお稚児さんたちが否定に大童している。否定すればするほど「ああ、やっぱりな」ってなるのが人情というもので、こりゃあ「衆参ダブル選挙」はあるかもな。

 なんてことを、メディアは面白おかしく報道してるんだが、肝心の「7月の選挙後まで待つ=密約」ってことについてはけっこうぼかし気味なんだよね。「衆参ダブル選挙」よりもこっちの方が問題なんであって、もし「牛肉や農業について大幅な譲歩」という「密約」があったとするなら、その内容を選挙後まで隠すってのはそれこそ「結婚式の後に実は多額の借金があると、お相手に告白するような」(東京新聞「筆洗」より)極めてずるいやり方ってことだ。

日米貿易交渉、決着は参院選後に先送り 首脳会談で一致

米「TPPに縛られず」 農業関税 日本に譲歩迫る

田崎史郎、岩田明子の“安倍目線”がすごい! トランプが“参院選後の関税引き下げ”暴露しても「狙い通り」「先送り成功」

 早速のところ、国民民主のタマキンがこんなツイートしている。

「発表や合意の時期を、参議院選挙のあとにしようと日米で合意しているとしたら、大問題だ」
「もし、大幅に譲歩したり、大量の武器や農産物を購入するようなことになるなら、参議院選挙の争点として、国民に示すべきだ。速やかに予算委員会を開いて、事実かどうかも含め、参議院選挙の前に明らかにすべきだ」

国民 玉木代表“事実関係ただす” トランプ氏のツイッター

 当たり前だよね。相撲にゴルフに炉端焼き・・・と接待づけにしたあげくにこれでは、まさに朝貢外交そのものですからね。かつて、青島幸男がペテン総理の大叔父である当時の総理大臣・佐藤栄作を「財界の男妾」と国会で面罵したことがあったが、それにならえばペテン総理はさしずめ「トランプの男妾」ってことだ。

 こんな男に国の舵取りさせておくと、いずれ日本沈没ってことになりますよ。

 ところで、世紀の冤罪とされる布川事件で、「検察の証拠開示拒否」および「警察官の偽証」を茨城地裁が「違法」と認定して国と県に賠償命令を出した。検察と警察の取り調べや公判における「違法性」を指摘したこの判決は画期的と言っていいだろう。

 警察官の「欺くような取り調べ手法は違法」、検察官の「証拠開示拒否は合理的理由はなく違法」という指摘は、警察官の嘘や検察官の証拠独占が冤罪を生むってことを裁判所が認めたってことなんだね。「検察官や警察官の個人的責任を問う法律をつくるべきだ」という声が、この判決によりさらに大きくなって欲しいと願う火曜の朝であった。

布川事件、国と県に賠償命令 「違法捜査で有罪に」訴え

| | コメント (2)

2019年5月27日 (月)

おべんちゃら接待外交のあげく、牛肉・農産物で大幅譲歩!? でも、「7月の参院選後までは秘密」(トランプ)だとさ!!

 朝からゴルフで、夕方には相撲観戦、そして夜は炉端焼きで一献・・・まるで昭和の接待を見せつけられているようで、初老の小学生・ペテン総理はあたかもツアーガイド然としていて笑えた。それにしても、国技館の向こう正面の升席に椅子が並んでいるのは異様な光景でしたね。さらに、優勝力士への表彰状を片手でぞんざいに渡すとは・・・。

トランプ氏登場で力士に影響「ルーティン壊された」

トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

Photo_9
クリックで拡大
 これだけのおべんちゃら接待外交を展開して、果たしてその成果はというと、なんとまあ牛肉や農産物でかなりの譲歩をペテン総理は強いられたようで、トランプがツイッターで「日米は貿易交渉で『大きく前進』しているが、交渉の『多く』は7月の参院選後まで待つことになる」とつぶやいてます。

 どうやら、ゴルフしながら話をまとめたようなんだが、二人だけの口約束みたいもんだから、どんなやりとのりがあったか誰にもわからない。これでは後々検証することもできないわけで、こんな外交交渉でいいのだろうか。

 それにしても、「交渉の『多く』は7月の参院選後まで待つことになる」ってのは露骨だよね。つまり、選挙前に大幅譲歩してたことがわかっちまうと参議院選挙に影響が出ちまうからってことなんだよね。こういうまやかしを白昼堂々と口にされて、メディアはそれを無批判に垂れ流すってどういうわけだ。こここそ突っ込みどころだろうに。

「参院選終わるまで待つ」 日米貿易交渉でトランプ氏  米記者に意向

トランプ大統領がツイッターで、安倍首相の国民騙す“関税密約”暴露!「日本の7月の選挙が終われば農業で大きな数字」

 ワシントン・ポストは「トランプにおべんちゃらを使うことに熱心な首脳」とペテン総理を揶揄しているそうだが、世界中にアメポチぶりが配信されて、これこそ「国辱」ものなんじゃないのか・・・なんてことを我が家のドラ猫に愚痴ってみる月曜の朝であった。

| | コメント (5)

2019年5月26日 (日)

相撲にゴルフに炉端焼き、そして天皇まで政治利用する接待外交!&「願っていません」は読み間違いではない・・・と官邸公式ツイッターが強弁!!&「差別発言は知名度を上げるための炎上商法」(長谷川豊)の馬鹿丸出し!!

 横田基地ではなく羽田に降り立ったトランプ御一行様。どうやら、その背景には初老の小学生・ペテン総理たってのお願いがあったとかなかったとか。改元後最初の国賓が横田基地では格好つきませんからね。

 それはともかく、今日からの4日間、メディアはトラントプ、トランプ、トランプの大合唱になるかと思うとウンザリしてまう。相撲にゴルフに居酒屋ときて、最後は天皇までも利用しての土下座外交のあげくに、今度はどんな高い買物させられるんでしょう。

 そもそも、共同声明のない日米首脳会談って、トランプにとってみれば接待漬けの物見遊山ってところなんじゃないのか。ペテン総理も、そんな暇があるなら予算委員会に出てきて、「丁寧な説明」とやらをしてみやがれ。

日米貿易めぐり閣僚級会合 トランプ氏の「むちゃ」警戒

Photo_8

 ところで、4月30日の「退位礼正殿の儀」における「天皇皇后両陛下には、末永くお健やかであらせられますことを願っていません」というペテン総理の読み間違いについて、首相官邸公式ツイッターが「ひらがなで書いてあったから読み間違いではない」って強弁してるってね。

 いやいや、ひらがなで書いてあったと言うなら、一瞬言いよどんだのはひょっとして「やみません」って言葉を知らなかったからじゃないのか。でなけりゃ、あの言いよどみ方って不自然なんだよね。

↑クリックすると続が読めます。

 それにしても、なんでいまさらのように公式ツイッターで言い訳してるんだろう。いつものように何事もなかったかのように知らん振りしてればよかったものを、わざわざ眠った子を起こすような真似をして。これって役人が自分たちのせいにされちゃかなわんからって仕掛けた究極の保身術だったりして。

 最後に、「透析患者は死ね」の元フジテレビアナウンサー・長谷川豊が「部落差別」発言についてインタビューされて、こんなことほざいてます。

「ネットで炎上商法といわれる、とにかく過激な言葉を使って、たたかれてもいいからとにかく知名度を上げようよと。フリーアナウンサー時代にバラエティ番組のMCをやっていた時期があり、そのときに取っていた方法ですね。」

 語るに落ちるとは言うけれど、ホント、クソですね、この男は。バラエティ番組の関係者は一斉に抗議した方がいいんじゃないか。でないと、長谷川豊と同類になっちゃいますよ。

公認取り消しなら参院選出ない」「炎上商法で知名度上げようと」“差別発言”長谷川豊氏に直撃インタビュー

【くろねこの競馬予想】

 今年のダービーは、サートゥルナーリア、ヴェロックス、ダノンキングリーの3強の争い。そのなかで、一枚割引いたのがダノンキングリー。やはりマイルまでということで、ここはサートゥルナーリアとヴェロックスの一騎打ち。本命は、ヴェロックス。サートゥルナーリアのデムーロからレーンへの乗り替わりがどうしても気になる。3番手に青葉賞2着のランフォザローゼス。横山典だったら狙いたかった青葉賞勝ち馬のリオンリオンは息子に乗り替わってお手並み拝見といったところか。
◎ヴェロックス、○サートゥルナーリア、▲ランフォザローゼス、△サトノルークス、ダノンキングリー、クラージュゲリエ、レッドジェニアル、リオンリオン

| | コメント (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三宝会 上杉隆 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 橋下知事 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 茨城空港 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM