安倍晋三

2019年4月21日 (日)

吉本新喜劇にペテン総理が出演。どうせなら、唐草模様のスーツ着せてやればよかったのに!!&「終身雇用を続けるのは難しい」(経団連会長)。言ってろ!&籠池夫妻の街頭演説傍聴への妨害工作が凄まじい!!

 なんでもありの初老の小学生・ペテン総理が、なんと吉本新喜劇にご出演だとさ。そう言えば、いつだったかステージにペテン総理を上げてデュエットしたフォークシンガーなんてのもいたなあ。

それはともかく、芸人にとっては神聖な舞台に土足で上がってきたペテン総理に、浪速の芸人ならそのど根性で意地でも突っ込みいれて欲しかったんだが、皆さんすっかり飼いならされちまったようですね。

 どうせなら、唐草模様のスーツ着せてやればよかったのに。それでこそ、大阪人の反骨(反中央政権)精神の面目も立つというものだ。もっとも、吉本興業ってのはそもそもの歴史からして反骨精神なんてないんだよね。吉本を今日たらしめた女傑、吉本せいからにして、権力者ベッタリで、1935(昭和10)年には当時の大阪府議会議長の脱税汚職事件で逮捕されてますからね。

 ある意味、ペテン総理にとって、吉本新喜劇はうってつけの舞台だったとも言えるだろう。それにしても、総理大臣がなんば花月とは、とんだ喜劇があったものだ。バッカじゃなかろか。

首相「吉本新喜劇」に出演 G20大阪サミットへの協力呼びかけ

 ところで、いつも薄ら笑いの経団連会長が「終身雇用を続けるのは難しい」ってのたまってくれたってね。でも、これまでだって定年があったんだから、終身雇用なんてものは存在してないんじゃないの・・・なんて突っ込みを入れてくれるメディアがひとつくらいあってもよさそうなものなんだが、洒落がわかってないからなあ。

 ペテン政権からは定年70歳、年金75歳からなんて声も聞こえてくる一方でこれだもんね。定年70歳なんてのは超低賃金でいいならって話で、ようするに40代半ばの働き盛りを過ぎたら、後は自己責任でどうにかしろって言ってるようなもんなんだね。

 子供の夢が「正社員」なんてアンケート結果を聞くと、暗澹たる思いがする今日この頃なのだ。

経団連会長“終身雇用を続けるのは難しい”

 最後に、大阪補選のペテン総理の街頭演説に籠池夫妻が馳せ参じたんだが、どうやら凄まじい妨害にあったってね。これって他人事じゃありませんよ。こうした妨害は、一般大衆労働者諸君にもさらに強固な形で向けられるだろうから、努々ご油断なきよう。

安倍首相演説 籠池氏に向けられた“妨害”

| | コメント (1)

2019年4月18日 (木)

アメリカ史上最低の大統領を影で操ったチェイニー副大統領を描いた映画「バイス」は、今日的な政治状況に対する危機感と皮肉たっぷりな警告が込められたスタンドアップコメディだ!!

 イラク戦争の口実となった大量破壊兵器の情報は実は巧妙に仕掛けられたフェイクだっということを暴いたジャーナリストを描いた映画「記者たち」を観ようと思ってたんだけどどうしても時間が合わないので、さして期待もせずに「バイス」を観た。ところがどっこい、これがなかなかの傑作なのでありました。

 偽情報に踊らされてイラク戦争に突き進んだアメリカ史上最低の大統領、ブッシュ。その副大統領だったチェイニーを描いたこの映画は、どうしようもないクズ野郎(映画の冒頭でこう名指ししています)がひょんなきっかけから政界でのし上がり、最後はブッシュをお飾りにした影の帝王として君臨するまでの皮肉たっぷりなサクセスストーリー。そしてまた、それは現在の世界の政治状況に対する警告でもあるんだね。

 チェイニーの生き様をただ上塗りするのではなく、時にドキュメントタッチで、時に権力者を笑い飛ばすスタンドアップコメディ感覚による演出が実に小気味いい。チェイニーの人物像に対する暗喩が随所にちりばめられていて、エンターテインメントとしても一級なのでありました。

 ブッシュと同等か、もしくはそれ以上に“クズ野郎”であろうトランプや初老の小学生・ペテン総理にも、ひょっとしたらチェイニーのような影武者がいるのかもしれない・・・そんな背筋の寒くなる思いを抱かせる映画は必見です!!

現代アメリカを生み出した稀代の〈アングラー=釣り師〉ディック・チェイニー:映画『バイス』池田純一レヴュー

Photo_4

安倍晋三 | | コメント (2)

2019年4月14日 (日)

安倍主催の「桜を見る会」の経費はどこから?&ペテン総理と省庁幹部の面談記録が廃棄されていた!!&上野千鶴子氏の東大入学式祝辞が素晴しい!!

 まるでどこかの国の首領様を愛でるパーティの観がある初老の小学生・ペテン総理主催の「桜を見る会」が、今年も開催された。多くの芸NO人が砂糖に群がる蟻のようにペテン総理の回りに蝟集したそうだ。招待客は総勢18200人。一人当たり1万円の経費としても、総額1億8200万円もかかるんだよね。

 この会の経費ってどこから出てるんでしょう。官房機密費か。おそらく、イベント会社も関わっているだろうから、税金がそこに還流しているとしたらとんでもない話なんだが、そこをほじくる報道ってまったく見当たらないんだから困ったものなのだ。

ももクロ・五木さんら参加 首相主催の「桜を見る会」

 困ったものと言えば、ペテン総理と省庁幹部との面談における議事録や説明資料が「不存在」ってことで、公開請求が拒否されたってね。とうやら、「官邸が記録の保存期間を裁量で廃棄できる1年未満に設定」していたそうで、すべて廃棄されていたとか。

 森友・加計学園疑獄で面談記録がどうのこうのと問題になったことがあったから、後からほじくり返されては困る面談記録はなかったことにしようって魂胆なんだろうね。つきつめれば、権力者が自分たちの都合のいいように歴史を「創作」することだって可能になるってわけだ。

 公文書の管理については、それが「国民の財産」であるということを前提に、厳密なルール作りをしなくてはいけないのにこの有様だ。呑気に花見している場合じゃありませんよ、ったく。!

首相と省庁幹部の面談記録「不存在」 官邸1年未満で廃棄

 最後に、東大入学式における上野千鶴子氏の祝辞をご紹介。とても示唆に飛んだその内容は、新入生だけのものにしておくのはもったない。ぜひ、ご一読を。

平成31年度東京大学学部入学式 祝辞

【くろねこの競馬予想】

 今年の皐月賞はかなり高レベルナメンバーが揃った。なかでも、サートゥルナーリア、ダノンキングリー、アドマイヤマーズの3強が注目されている。本命はこの3頭からということで、ダノンキングリーに期待。皐月賞はスピード決着が近年の傾向。となれば、前走の共同通信杯における上がり32.9秒がモノを言う。相手には、サトノルークス。スピードでは若干見劣りするサートゥルナーリアは単穴まで。
◎ダノンキングリー、○サトノルークス、▲サートゥルナーリア、△アドマイヤマーズ、ファンタジスト、ヴェロックス、ラストドラフト 

| | コメント (1)

2019年4月13日 (土)

墜落したF35爆買いの裏で、消費税増税、国民健康保険大幅値上げ、そして走行税導入の噂!!&「総理のご意向」で、国谷裕子氏を降板に追いやった「官邸の代弁者」がNHK専務理事に返り咲き!!

 国民健康保険料が大幅値上げで大変なことになるってんだが、国民健康保険ってのは自営業やフリーランサー、非正規、さらには年金生活の高齢者がほとんどなんだよね。つまり、世間で言うところの低所得者がかなりの部分を占めている。その数はおよそ4900万人なんだとか。

 大幅値上げになる理由は、「昨年4月に『国民に黙って』『国民保険』の財政運営を市町村から都道府県に勝手に移管して都道府県が算定する高い「標準保険料率」を適用させた」からだそうで、試算によっては年間10万円増額なんてケースもあるとか。

 そこに消費税増税が追い討ちをかけてご覧なさい。想像するだに恐ろしいことになるんじゃないのか。

国民健康保険料が大幅値上げ、年収400万円で年間10万円増額のケースも! 安倍政権は“人でなし”政権だ

 でもって増税とくれば、「走行税」なるものを政府が検討してるってね。「走行税」ってのは、「車で走った距離に応じて税負担」すると言うもので、日常的に車の運転をするひとにとっては「ああそうですか」で済む問題ではない。

 一般大衆労働者諸君から搾り取ることばかり考えているくせに、トランプのご機嫌伺いで一機100億円以上もするF35を爆買いするペテン政権に呪いあれ、ってなもんです。

1000キロで5000円? 走行税の実態は

 「走行税」が話題になったきっかけはNHKの記事が発端ってんだが、そのNHKの人事で、『クローズアップ現代』のキャスターだった国谷裕子氏を降板に追い込んだ人物が、「総理のご意向」とやらで専務理事に返り咲いたってね。政権ヨイショがどんどん露骨になっているNHKは、もはや忖度なんてことは通り越して、初老の小学生・ペテン総理の宣伝放送局に成り下がったってことだ。

NHK、板野氏返り咲きを正式発表 関係者「首相官邸の意向」

NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ“官邸の代弁者”が専務理事に復帰! 安倍政権批判の完全封殺へ

 民放に比べれば、かろうじて上質な番組を制作(特にBS)しているとは言え、こうした状況の中で現場のスタッフはさぞや内心忸怩たる思いを抱いているのではなかろうか。そろそ、現場からの反逆が起きてもいい時期だと思うのだか、それはない物ネダリと言うものなのでしょう・・・トホホだなあ。

| | コメント (1)

2019年4月12日 (金)

桜田更迭に関する集中審議を自民党が拒否。「任命責任はある」(安倍晋三)と言うなら、責任の取り方を形で見せてみろ!!&韓国の日本水産物禁輸をWTOが容認!!

 何もいまに始まったことではないのだけれど、初老の小学生・ペテン総理の口から出る「任命責任」とか「真摯に受け止める」とかいう言葉ってのは単なるその場しのぎなんだよね。そんなことを改めて考えさてくれたのが、カーペンター桜田君の更迭劇だ。おそらく、トカゲの尻尾切りで逃げ切ろうってんだろう。野党が要求した集中審議を自民党が拒否したってさ。

桜田前五輪相更迭 野党側 集中審議要求 与党側 収束急ぐ

 統一地方選後半戦の他に、衆議院の大阪12区と沖縄3区の補選を意識したのは間違いない。集中審議となれば、ペテン総理の責任も徹底して追及されるだろうから、国会で集中砲火浴びて炎上している姿を、いま晒すわけにはいきませんからね。

 ただでさえ、大阪12区は共産党の宮本岳志君が議員辞職してまで立候補して野党共闘に一石を投じているし、沖縄では裏切り者の島売り君が苦戦してますからね。

 とにもかくにも、「適材適所」ということで閣僚に任命したのはペテン総理なんだから、その責任をうやむやにしたまま海外逃亡しようなんて許しませんよ。

・東京新聞社説
桜田五輪相更迭 政権の体質こそ問題だ

辞任ドミノ再来警戒 12年前安倍政権 参院選惨敗の悪夢

 話変わって、韓国による福島など8県産の水産物輸入禁止措置をWTO(世界貿易機構)が2審で認めたってね。日本が逆転敗訴ってことなんだが、原子力緊急事態宣言が解除されていない日本の状況に世界は厳しい眼差しを向けているというひとつの証なのかもね。なんてったって、韓国以外にも、世界で23か国が福島などの産物に輸入制限をかけていることを忘れてはいけない。

 WTOってのはけっこう鵺みたいな存在で、その優柔不断さが批判されることもあるんだが、この決定でそんな日本の立場を改めて考えるきっかけにしなくちゃいかんのではないてしょうか・・・なんて 利いた風な口をきいてみる金曜の朝であった。

WTO最終審、日本が逆転敗訴=韓国の水産物禁輸を容認

日本が韓国に敗訴。韓国が「放射線から国民を守るために福島など東北8県からの水産物輸入を制限していることは正当」と世界貿易機関WTOが最終判断。

| | コメント (3)

2019年4月11日 (木)

「復興より議員が大事」で首は当然だけど、「アンダーコントロール」(安倍晋三)こそ東北への最悪の暴言だ!!

 ようやくと言うか、ついにと言うか、とうとうと言うか、いまさらと言うか、カーペンター桜田君が辞任という名の更迭された。「復興より議員が大事」とパーティで軽口叩いて首が飛んだんだけど、ここまで馬鹿を晒してようやくこれですからね。

桜田五輪相、更迭 「復興より議員大事」 発言

 自民党からは「今までも失言はあったが、今回は許容範囲を超えている。国側の代表者としてあり得ない発言だ」って声があるそうなんだが、復興に懸命な東北をdisする発言ってのはこれまでもさんざん繰り返されてきたんだよね。

 たとえば、石原ノビテルの「最後は金目でしょ」が有名だけど、復興大臣でありながら「地震が東北でよかった」と言い放って首になった今村某なんてのもいた。そして、東北への最悪の暴言が初老の小学生・ペテン総理の「アンダーコントロール」だ。復興オリンピックなんて掛け声だって、震災を政治利用しているようなものなんだね。

 ペテン総理は任命責任がどうしたこうしたってのたまってるようけど、だったらその責任とやらを形にして見せてみやがれ、ってなもんです。

| | コメント (3)

2019年4月10日 (水)

新元号の次は新札発行。新時代の幕開けを演出して、すべてをリッセトするペテン総理の私利私欲!!

 いやはや、昨日のTVは新札の話題で大はしゃぎ。まだ5年先の話を、このタイミングで発表するというペテン政権の思惑にずぽっり乗っかっちゃってみっともないったらありゃあしない。しかも、1万円札が渋沢栄一ってことに、何の疑問も持たないんだよね。それどころか、「日本資本主義の父」だなんて持ち上げるんだからたまったもんじゃありません。かつてのTVにはへそ曲がりがけっこういたもので、こういう時にはちょっとトゲのあるエピソードなんか持ち出してからかって見せたものなんだけどねえ。

新紙幣、24年度から 元号発表直後 政権浮揚の思惑

 そんな中、東京新聞「筆洗」が演歌師・添田唖蝉坊の「ノンキ節」における資本家批判を取り上げていた。渋沢栄一も「安い膏薬」に喩えられて形なしなんだが、長いけどこんな具合です。

痛烈な資本家批判もある。<機械でドヤして血肉を搾り五厘のコウヤクはる温情主義>。心優しい資本家もいるが、その温情にしてもたかだか五厘の膏薬だとからかう。こう続く。<其のまたコウヤクを漢字で書いて渋沢論語と読ますげな、あ、ノンキだね>

 庶民にすれば、「日本資本主義の父」もただの怨嗟の的にしかすぎないという「闇」の部分があったんだよね。資本家だものそんなのは当たり前。問題は、そういう人物を1万円札に起用したセンスにある。そこを突っつくのがへそ曲がりのメディアの面目躍如だと思うんだけどねえ。浮かれてる場合じゃないだろうに。

東京新聞「筆洗」

 新元号に続いて新札発行で、あたかも新時代の幕開けを演出して、モリカケも不正統計も安倍・麻生道路も、すべてをチャラにしてリセットしようなんて、そうは問屋か卸しませんよ、ったく!

 ところで、突貫小僧・山本太郎君が新党を結成するらしい。党名が「令和新撰組」とか・・・それについてはまた後日。

自由離党、新党結成へ=山本太郎氏

| | コメント (2)

2019年4月 6日 (土)

忖度・塚田が辞任! 「政治家は真実を語らなければならない」(安倍晋三)・・・どの面下げて!!&経団連が原発60年超を提言!! 狂ってるなあ!!

 統一地方選の投票を明日に控えて、さすがにこらえきれなくなったのだろう。国交副大臣・塚田ソンタ君が辞任するはめに。記者から、「この辞任も忖度か」と嫌味言われて、一瞬顔色変えてやがんの。痛いところ突かれたってことか。

 でもって、初老の小学生・ペテン総理は塚田辞任を受けて、「政治家が語る言葉は真実を語らなければならない」だとさ。息を吐くように嘘をつくペテン師がどの面下げて言うか、ってなもんです。

「安倍1強なら辞めずに済む」 盟友気遣い判断遅れたか

首相「政治家は真実を語らなければ」 塚田氏の辞任受け

 それはともかく、これで「忖度」発言がチャラになったと思ったら大間違い。「安倍・麻生道路」建設への忖度があったのかなかったのか、そこがこの問題の核心ですからね。

 仮に、ひょっとこ麻生が他人事のように言ってるように「本人がその場の雰囲気で、そういうことを言っちゃったことが問題」とするなら、選挙の応援演説で嘘ついたってことになるんだから、これはもう議員辞職は当たり前だのクラッカー。ペテン総理の任命責任だって当然問われなくてはいけない。

 新聞・TVは昨日あたりからなぜか意気込んで報道している向きもあるけど、週明けは統一地方選の結果で大はしゃぎだろうから、このままトカゲの尻尾(=塚田)を切って一見落着になっちまうかもね。

 ところで、経団連が原発について、「現行の最長期間である『60年』をさらに延長できるかどうか検討するよう要請」するってね。日本はいまだに原子力緊急事態宣言が解除されてないってのに、こいつら狂ってますね。

原発運転「60年超」検討を=電力改革で提言-経団連

 「反省なきところに進歩なし」って言葉はつくづく真理なのだと思う、桜満開の土曜の朝であった。

| | コメント (2)

2019年4月 5日 (金)

「下関北九州道路の早期実現に向けての要望書」にアレの名前が・・・「ワタクチは知りません」(安倍晋三)

 国交副大臣・塚田ソンタ君の利益誘導で国会が紛糾してるタイミングで、ゴーン再逮捕とピエール瀧の保釈ときたもんだ。メディアもしっかりそんな「総理のご意向」に乗っかって、夕方のTVニュースはどの局も「ゴーン、ゴーン」「ピエール、ピエール」の大合唱。

 それでも、さすがに完全スルーはヤバイと思ったんでしょうね。「自民党からも辞任の声」なんてことは何の解説もつけずに垂れ流しとりました。本来なら、初老の小学生・ペテン総理が頑なに罷免を拒んでいるその姿勢をこそ追及すべきなのに、そこにはまたく触れもせで。

 でも、昨日の国会では重要な指摘があったんだよね。そもそも、下関北九州道路は「安倍・麻生道路」と言われるほどペテンとひょっとこが深く関与しているんだが、なんと「平成28年に石井国土交通大臣宛てに出された下関市と北九州市を結ぶ道路の早期実現に向けた要望書に、安倍総理大臣の名前がある」んだとさ。

 もちろん、ペテン総理は「ワタクチは知りません」と逃げの一手で、なんとかかわすのが精一杯。そんな様子をTVが流すことはまったくないんだから、これで野党の追及がうんたらかんたらdisられてもリンダ困っちまうのだ。

【モリカケを超える事件性】仁比議員の質問。安倍首相を筆頭とする団体が、下関北九州道路の早期実現を求める要望書を国交大臣に提出していた(!)。忖度どころでなく、あからさまな指示があった

関門会『下関北九州道路の早期実現に向けての要望書』平成28年3月31日(全文)

 いずれにしたって、「発言が事実でない」という国交副大臣・塚田ソンタ君の言い訳が本当だとしたら、嘘をつきましたってゲロってるわけだから、それだけで辞任なんじゃないのか。それをかばい続けるペテン総理も同罪で、そこにまったく言及しないメディアってのは、もはや存在理由がありませんよ、ったく。

| | コメント (3)

2019年4月 4日 (木)

「塚田、分かっているな。これは安倍総理大臣の地元と、麻生副総理の地元の事業なんだ。俺が、何で来たと思うか」(吉田参議院幹事長)と言われたから、「物分りのいい私が忖度した」(塚田国交副大臣)。完全な「利益誘導」で、いますぐ内閣総辞職だ!!

 新元号「令和」は英語で「beautiful harmony」だとさ。一瞬、「Beautiful Sunday」が頭をよぎったのであった。こんな説明を海外向けにやるってんだが、ほとんどギャグの世界だろう。

「令和」は「beautiful harmony」海外に説明へ

 ギャグの世界とくれば、昨日のエントリーで紹介した国交副大臣・塚田君の「忖度」発言の言い訳だ。なんとまあ、「大勢が集まる会だったので、われを忘れて誤った発言をした」ってさ。本当なら、調子こいて嘘ついたってことで、これだけで政治家どころか社会人としても失格なのは間違いない。

首相が塚田副大臣の罷免否定 道路忖度「発言は問題」

 でも、そんな言い訳以上に凄まじいのがその「忖度」発言の内容だ。ざっと以下の如し。

塚田国交副大臣「そんたく」発言の詳細

(これより引用)

「11年前に凍結された。
コンクリートから人という、とんでもない内閣があった。
安倍総理大臣は悪夢のようだと言ったが、まさにそのとおりだ。
公共事業はやらないという民主党政権ができて、こういう事業は全部凍結してしまった」

「皆さんよく考えてください。
下関は誰の地盤か。安倍晋三総理大臣だ。
安倍晋三総理大臣から麻生副総理の地元への、道路の事業が止まっているわけだ。
吉田参議院幹事長と大家敏志参議院議員が副大臣室に来て、『何とかしてもらいたい』と言われた。
動かしてくれということだ。
吉田氏が私の顔を見て、『塚田、分かっているな。これは安倍総理大臣の地元と、麻生副総理の地元の事業なんだ。俺が、何で来たと思うか』と言った。
私はすごくものわかりがいい。
すぐそんたくする」

「総理大臣とか副総理がそんなことは言えない。
森友学園などでいろいろ言われているが、そんなことは実際ない。
でも私はそんたくする。
それで、この事業を再スタートするためには、いったん国で調査を引き取らせてもらうことになり、今回の予算で国直轄の調査計画に引き上げた」

(引用終わり)

 いやはや、これだけ言いたい放題しといて、「われを忘れた」もないものだ。そして、ここで名前が出てくる吉田参議院幹事長ってのは「参議院のドン」と言われる顔役で、「忖度」ってよりも「命令」されたんだよね。ちなみに、吉田参議院議長は山口出身だとか。

 でもって、当然のごとく野党は罷免を要求したんだが、初老の小学生・ペテン総理は「発言は問題だが、本人がしっかり説明し、このことを肝に銘じ職責を果たしてほしい」とさ。そもそも、「下関北九州道路」は、「安倍・麻生道路」って揶揄されてきた経緯がある。だからなんだろうね、ここまで露骨に利益誘導を自慢してるってのにお咎めなしってのは。ようするに、どいつもこいつも美味い汁を分け合う仲間ってことだ。

 塚田とかいう2世議員は、今年の参議院選で改選だそうだから、新潟選挙区の有権者の皆さん、そこんところよろしくです。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三宝会 上杉隆 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 橋下知事 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 茨城空港 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 長谷川幸洋 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM