安倍晋三

2017年6月20日 (火)

「印象操作のような議論に対し、強い口調で反論する私の姿勢が、結果として政策論争以外の話を盛り上げた」(安倍晋三)。クズだな!&記者会見のその夜に森友学園家宅捜索&NHK『クローズアップ現代』が加計学園疑獄で「新文書」報道!

 いったいなんのための記者会見だったんだろうね。のっけから「印象操作のような議論に対し、強い口調で反論する私の姿勢が、結果として政策論争以外の話を盛り上げた。深く反省している」だとさ。これって、反省じゃなくて、野党が悪いって言ってるだけじゃん。阿呆くさっ!

 こんな記者会見に、薄ら惚けた質問しかできない記者クラブってのも最低。誰一人として「閉会中審議」について突っ込まないんだもの、ま、馴れ合いの出来レースです。「政府として分かりやすく説明していく」って、いつまでも言ってろ!!

首相「国民に説明」具体性なく 森友・加計・「共謀罪」

 でもって、ペテン総理の記者会見が合図でもあるかのように森友学園にガサ入れってんだから、特捜もすっかり政権のかませ犬に落ちぶれちゃいましたね。本名不詳の籠池君はすんなりとお縄につくような玉ではないだろうから、これをきっかけにとんでもない機爆弾が落ちるかもよ。

森友学園に家宅捜索 なぜ国会閉会のタイミングで強制捜査?

 昨夜のNHK『クローズアップ現代』の加計学園疑獄にからむ「新文書」報道もそんな爆弾のひとつなのだろう。文科省3部署約10人が共有していた「10/21萩生田副長官発言概要」なるものをNHKが入手。そこには、「文科省だけが怖じ気づいてい。官邸は絶対やると言っている」「総理は『30年4月開学』とおしりを切っていた」なんてことが書かれいたというから穏やかではない。

 さらに、獣医学部新設に関する課題をクリアするための条件を文科省が加計学園にサジェッションしていたとこともわかったとか。そう言えば、財務省と森友学園との間でも同じようなことがあったけね。

 加計学園とズブズブの官房副長官・萩生田君にすれば、喉元にナイフ突きつけられたようなものだろう。NHKがこれを報道した意味はとてつもなく大きい。さあ、ペテン総理は、どうする、どうする!

NHK クローズアップ現代+ 「波紋広がる“特区選定” ~独占入手 加計学園“新文書... 投稿者 WWAYY

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

「獣医師会に慎重に配慮したものであって、獣医師会の要請を受けて『広域』とつけた」(安倍晋三)という答弁は大嘘だったんだから、これこそ「弾劾」に値する犯罪的行為だろう。国家反逆罪で逮捕しろ!

  東名高速で反対車線を走っていた乗用車が中央分離帯を飛び越えて観光バス目がけてすっ飛んで来る映像にはたまげました。あれでよく観光バスのドライバーに何事もなかったものだ。

 でもって、辺野古の米軍新基地建設のための護岸工事では反対派に対する県警の警備が激化しているらしい。負傷者もかなり出ているってのに、全国レベルのニュースにならないのは、それが沖縄だからなのか・・・と思うと情けなくなる土曜の朝である。

 というわけで、気を取り直して加計学園疑獄なんだが、これまでの一連の流れの中でとても気になっていることがある。ペテン総理が国会答弁で吐いた大嘘だ。5日の国会で、獣医学部新設の条件として「現在『広域的に』獣医師系養成大学等の存在しない地域に『限り』獣医学部の新設を可能とする」という文言が付け加えられたことについて質されて、ペテン総理は「獣医師会等から、こういう要請があった。獣医師会の要請で『広域』とつけた」ってドヤ顔で答弁していたんだね。

ところがどっこい、この答弁に獣医師会が素早く反応。「そんな要請はしていない。一番重要なのは『4条件』のクリアだった。その上で『1校に限る』という要請はしたが、『広域的に限る』なんていう京都産業大学を排除する要請なんて、われわれができるわけがない」とペテン総理の発言を全面否定したんだね。

 さすがに獣医師会からの反論にどうにかして体裁つけなくっちゃってんで、「学芸員はがん」の地方創成大臣・山本君が「獣医師会から『広域にしてくれ』という話は、確かにございませんでした」って渋々認めざる得ないハメに陥ってしまったというわけで。

安倍総理の虚偽答弁“獣医師会からの要請があった”... 投稿者 gomizeromirai

 でここからが不思議なんだね。獣医師会の反論を認めたということは、即ちペテン総理が国会で嘘ついたってことを意味している。ああ、それなのに、総理大臣の嘘を糾弾するメディアがどこにもない。「嘘をついたりごまかしをしないで素直に伸び伸びと生活をすること」と道徳の指導要領に書かれているそうだが、ペテン総理にこそこの言葉をぶつけるべきなんじゃないのか。

 ていうか、こんな嘘を国会答弁で白昼堂々と開陳するってことは国会を侮辱しているわけで、それはひいては国民を侮辱しているってことだ。野党は懲罰動議でもなんでも出して抗議すべきだし、メディアは総理大臣の嘘を徹底して糾弾すべきだろう。総理大臣が国会で嘘つくなんてのは、もはや犯罪だ。

 こんな嘘つき野郎が企む共謀罪がどれほど危険か。「一般人は対象ではない」って発言が大嘘だって分かった時には、取り返しのつかないことになってますよ。

 最後に、昨日のTBS『報道特集』の「加計学園問題と獣医師の現状」をご紹介。なかなか見応えのある取材です。

加計学園問題と獣医師の現状20170610houdoutokusyu 投稿者 gomizeromirai

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2017年6月 6日 (火)

「くだらない質問で終わっちゃったね、また」(安倍晋三)。これが日本だ、日本の総理大臣だ・・・クズだなあ!!

 これほど醜い答弁、野次を飛ばす総理大臣がかつていただろうか。その白眉が次のひと言だ。

「くだらない質問で終わっちゃったね、また」(安倍晋三)

 これって、質問した民進党の議員に言ってるだけじゃなく、その背後にいる有権者をも嘲っているんだね。こんな国会だけでなく国民をも舐めくさった発言を許してはいけない。懲罰動議に値するのはもちろん、新聞・TVもとことん追及すべきなのに、この発言に触れた報道は見当たらない。唯一、テレビ朝日『報道ステーション』がテロップつきでこのシーンを流したくらいだ。こういうメディアの体たらくが、ペテン総理を付け上がらせる要因にもなっているのは間違いない。

Photo

【悲報】安倍総理が完全にぶっ壊れたみたい・・「印象操作」を連発!「ヤジ」も連発!放送禁止用語も!委員長が注意・与党から批判

安倍首相錯乱! 国会で嘘と逆ギレ連発、差別発言や「加計学園は良いことやってるんだから当然」のお子さま答弁も

 ペテン総理がこんなんだから、閣僚も官僚も平気で舐めた発言してくるんだね。でなけりゃ、文部科学大臣がメールの写しを突きつけられて、「出所、入手経緯が明らかでないから調査しない」なんてことを平然と口にすることなんかできるわけがない。そもそも、「出所、入手経緯」なんてのは内部告発の際には守秘義務がある。公益通報者保護法ってのは、そのためにあるんじゃないのか。前にも書いたが、こんな屁理屈が通るようなら、内部告発なんておっかなくてできやしない。

 さらに、文科省高等教育局長はメールの発信者および受信した10人の職員について、「同姓同名の職員は実際いる」なんてふざけた答弁してくれちゃってます。おいおい、国会をおちょくってるのか。「全体の奉仕者」であるべき役人がこうだもんね。前川前事務次官は、TBS『報道特集』のインタビューに「我々は国民につくす公僕だが権力の下僕ではない」って胸を張っていたが、これこそが役人の矜持ってもんじゃないのか。ええ、高等教育局長さんよ。

「加計」メール 政府、再調査を拒否 同名職員の存在は認める

 安倍晋三記念小学校疑獄や加計学園疑獄に見られるペテン総理の政策の私物化を追求するのは当然だが、こうしたふざけた国会の現状を糾弾することもメディアの重要な仕事じゃないのか。ああ、それなのに、TBS『Nスタ』にコメンテーターとて出演していたTBS報道局政治部長なんか、まるで他人事ですからね。ジャーナリストの端くれなら、評論家みたいな上っ面の論説するんじゃない。

 陸山会事件ではさんざんオザワンをdisりまくってたくせに、ベテン総理にはなんともおやさしいことで。かつて「電気紙芝居」と揶揄されたTVだけれど、いままたそんな言葉が頭をもたげる今日この頃である。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

証人喚問拒否するくせに、ラジオで前川氏を批判しまくるペテン総理に明日はない&アベ友の、アベ友による、アベ友のための「国家戦略特区」。これが、加計学園疑獄の元凶だ!

 お仲間が司会するラジオ番組で、ペテン総理が前川前事務次官にイチャモンつけたってね。

安倍首相、前川前次官を批判=「なぜ反対しなかったか」

曰く、

「私の意向かどうかは、確かめようと思えば確かめられる。次官であれば『どうなんですか』と大臣と一緒に私のところに来ればいい」

「なんでそこで反対しなかったか、不思議でしようがない」

 ま、このところよくある「次官の時に言えばいいじゃん。辞めてからから言うなよ」路線で批判してみたってことだ。よく言うよであります。事務次官とは言え、内閣人事局に首根っこ抑えられている官僚が総理大臣に物申すなんて状況にないことは子どもだって知ってますって。だからこそ、安部晋三記念小学校疑獄でも財務官僚どもが国会で答弁に四苦八苦してるんじゃないか。

 何かあれば直に言えばいい、ってのは太っ腹を装いたい権力者がよく口にするんだが、実際にそんなことしてごらんなさい、よくて左遷、悪ければ首が飛びますよ。実際、釜山総領事が駐韓大使の一時帰国を批判したってんで更迭されたばかりですからね。

森本康敬・釜山総領事が異例の交代 「少女像」めぐる一時帰国で政権批判、事実上の更迭か

 おそらく、前川前事務次官が現職中にペテン総理に諫言してたら、もっと早くに天下り問題で更迭されてたんじゃないのか。もしくは、出会い系バー通いを週刊誌にリークして、一大スキャンダルを演出して、辞職に追い込んでいたはずだ。そうなったら、前川氏がどんな証言しようとメディアは鼻にもかけなかったに違いない。でもって、加計学園疑獄も噂で終わっていた可能性が高い。

 辞職してからだって、証言させまいと読売新聞使ってネガティブキャンペーン展開しようとしてたくらいですからね。何が「私のところに来ればいい」だ。それが一番ヤバイ、ってなもんだ。

 ちなみに、ペテン総理が言いたい放題したラジオ番組は、MXテレビで沖縄ヘイトしたり、「なんでも言って委員会」で前川氏の出会い系バー通いの裏を取ったなんてほざいていた自称ジャーナリストの須田慎一郎君がMCですから、ま、そういうことです。

安倍首相、前川前次官を批判=「なぜ反対しなかったか」

 ところで、加計学園疑獄でクローズアップされたのが「国家戦略特区」なんだが、これってなんでもかんでも有識者会議におまかせの国会無視の成れの果てなんだね。なんてったって、パソナグループ総帥のヘイゾーが仕切ってるんだから、利益誘導の典型です。ようするに、ペテン総理を筆頭にして、国会無視して自分たちの都合のいいように政策を私物化してるんだね。

民間議員・竹中平蔵氏に“退場勧告” 戦略特区に利益誘導批判

 そんな国家戦略特区の怪しさを、民進党の櫻井君が見事についてくれてます。なんとまあ、「竹中平蔵ごときが!」と一喝したのには、ちょいと胸のすく思いがしますよ。野党の追求とはこうあってほしいものです。一見の価値ありです!!


櫻井充「竹中平蔵ごときがっ!!」 (9分30秒過ぎに炸裂します

 それはともかく、国家戦略特区がペテン総理の意に沿う形で動き出したのは、地方創生大臣が娘が東電のアンポンタン・石破君から「学芸員はがん」発言の山本君に引き継がれてからのことなんだね。ペテン総理の「ばくしんの友」である加計孝太郎君がわざわざ地方創生大臣に表敬訪問したのも、そういうタイミングでのことだ。いわば目の上のタンコブだったアンポンタン・石破君がいなくなって、「石破4条件」と呼ばれる規制緩和の原則を棚上げできるってんで、喜び勇んではせ参じたんじゃないのかねえ。

 ようするに、国家戦略特区ってのは、アベ友の、アベ友による、アベ友のための政策ってことだ。ここをどうにかしない限り、ペテン総理の取り巻きが甘い汁を吸う構造は変わらない。民進党は国家戦略特区の廃止法案提出を検討してるそうだが、2年以内をメドにってどんだけ危機感がないんだか。もっと体張ってやれ!!

民進、加計問題巡り特区廃止法案提出へ

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2017年5月14日 (日)

「大きな声じゃ言えないけど、憲法改正をする必要がなくなったんです。集団的自衛権の行使を認めたらアメリカは何も言ってこなくなった」・・・ペテン総理が田原総一朗に打ち明け話!!&法務大臣に耳打ちするスキンヘッドのマスク男。公僕だったら素顔をさらすのが礼儀だろう。

 昨日のTBS『報道特集』のテーマは「自衛隊明記の改憲・・・その是非は」。その中でいまやすっかり過去のひとの田原聡一朗君がこんなことを言っていた。曰く、「大きな声じゃ言えないんだけど、憲法改正をする必要がなくなったんです。集団的自衛権の行使を認めたらアメリカは何も言ってこなくなった。多分アメリカは満足してるんだと思う」ってさ。ペテン総理が田原君にそう洩らしてたんだと。

 ようするに、安保法制=戦争法も改憲もすべてはアメリカの指図通りに動いているってことなんだろうが、いまではすっかり過去のひとに成り下がったこの御仁は、なにをいまさらこんなことを口にするんだろう。ジャーナリストだったら、「大きな声で言えない」ことをどうにかアナウンスしていくことが務めじゃないのか。官房機密費からの謝礼を断ったって自慢してるけど、所詮は田崎スシローやその他諸々の鮨友と何も変わらないってことだ。

【報道特集】田原総一郎の暴露話「憲法改正の必要がなくなった」が波紋【2017年5月13日】

 ところで、18日にも強行採決が噂される共謀罪なんだが、反対の署名が55万人を超えたってね。それをプレッシャーと感じるようなナイーブさは、自民も公明も維新も持ち合わせてはいないだろことは百も承知だ。それでも諦めずに「NON」の声を上げることが徐々にボディーブローとなって効いてくることを願いつつ、けっして沈黙してはいけないと我が家のドラ猫と意志一致するのであった。

「共謀罪NO!」 55万3000人の署名提出

 でもって、共謀罪の国会審議の中継を観ていてとても気になることがある。私は馬鹿ですの法務大臣・金田君の後ろに陣取って、答弁のサポートをしとているスキンヘッドにマスクの男のことだ。こやつは、何か顔バレしちゃまずいことでもあるんだろうか。税金で飯食ってる官僚なんだから、素顔をさらすのが国民の代表である国会議員に対する礼儀だろう。

Photo

 初めてこのマスク男を目にした時には、井出らっきょうかと見間違えちまった。それにしても、明らかに顔バレを警戒してるだろう大きなマスクは、委員会の中では違和感あるなあ。誰も注意しないのかねえ。些細なことかもしれないけれど、こういう姿に官僚の「事なかれ主義」を垣間見てしまう今日この頃なのだ。

【くろねこの競馬予想】

 今年のヴィクトリアマイルは、ミッキークイーンで堅いのでは。渋った馬場も苦にしないし、ここではおそらく一枚抜けている。というわけで、この馬が中心。相手は、前に行ける内枠の馬。スマートレイアー、ジュールポレール、ソルヴェイグ。4角回って外に出したときのルージュバックに要注意。超大穴ならクリノラホール。
◎ミッキークイーン、○スマートレイアー、▲ジュールポレール、△ルージュバック、ソルヴェイグ、クイーンズリング、アドマイヤリード、クリノラホール

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

ペテ総理の提灯持ちの「準強姦」で握り潰された逮捕状&私人の総理夫人付き政府職員に国家公務員旅費法違反疑惑&「そもそも」には「基本的に」の意味がある・・・・閣議決定しましたとさ。頭おかしいんじゃないの!

 ペテン総理の提灯持ちであるところの山口ノリマキの「潤強姦」スキャンダルは、単なる噂話の域を超えて、かなり具体的な証拠も揃っているれっきとした「犯罪」のようだ。週刊新潮によれば、逮捕寸前までいきながら、当時の警視庁刑事部の部長が逮捕にストップをかけたというから、これが事実ならどこをどう手を回せばそうなるのかってことだ。そこで、登場するのが顔も頭も貧相な官房長官・菅君で、刑事部長とは昵懇の間柄で秘書官まで務めていたとか。

 これってワイドショーにとってはめちゃ美味しいスキャンダルのはずなのに、地上波はまったくスルー。山口ノリマキは眼病の療養中とかで、まったくTVから姿を消して、じっと嵐のおさまるのを待っているって寸法だ。もっとも、被害者の女性は、さらなる法的手段を視野に入れているそうだから、そう簡単にこのスキャンダルを握り潰すことはできないかもね。調子に乗って出過ぎた杭は、とことん叩くしかありません。

週刊新潮】山口敬之 安倍の犬・握り潰された「安倍総理」お抱えジャーナリストの逮捕状 被害女性の告白

・田中龍作ジャーナル
安倍ヨイショなら強姦もOK 普通の人なら悪口も逮捕

 でもって、そんな山口ノリマキがfacebookで言い訳したとたんに「いいね」をクリックして顰蹙買っているのが私人の総理夫人だ。テメーの頭のハエも追えないくせに、何やってんだか。そんなんだから、どんどんボロが出て、今度は私人の総理夫人に同行していたお付き政府職員に国家公務員旅費法違反の疑いがあるってね。

 なんでも、「国家公務員旅費法は公務員が出張する際、旅行命令を出したうえで命令書に記録することを義務づけている」そうなんだが、なんと私人の総理夫人の私的行動に随行した27回について旅行命令書がなかったんだとか。

 私人の総理夫人の私的な行動に随行する場合も、政府は「当面の(首相の)公務遂行補助活動に関する連絡調整を行うため、公務として同行した」としているから、旅行命令書がないもかかわらずお付きで同行していたら国家公務員旅費法違反になるってわけだ。まるで「安倍晋三記念小学校」疑獄は幕引きされたかのような雰囲気が漂っているけど、そう簡単には逃がしやしませんから、首洗って待ってろってこった。

昭恵氏に同行の職員、出張書類なし 「公務」のはずが…

 最後に、「そもそも」には「基本的に」という意味もあるって閣議決定したとさ。バッカじゃなかろか。「そもそも」が問題になったのは、ペテン総理が「辞書で調べたら『基本的に』という意味もある」って答弁したのがきっかけなんだね。だから、その辞書を持ってくれば、すべて解決するんだが、それができないってことは嘘ついたってことだ。口から出まかせかましたおかげで突っ込まれたわけで、それを正当化するために閣議決定って、頭おかいしんじゃないの・・・・やっぱり一度病院行った方が身のためなんじゃないのか。

「そもそも」用法、政府が答弁書で正当化

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

FBI長官解任って騒いでいるけど、内閣法制局やNHK、さらに最高裁判事に至るまで、ペテン総理の恣意的な人事介入の方がよっぽど危険だ。

 トランプがFBI長官を解任。大統領選を巡るトランプ周辺とロシアとの密接な関係をめぐるFBIの捜査の進展にブーレキをかける異例な強権発動・・・なんて日本のメディアは報道しているが、同じような手法で司法だけでなく様々な人事に恣意的に介入している政治屋がお膝元にいるのを忘れちゃいけない。ペテン総理そのひとがいるじゃあ~りませんか。

 たとえば、法の番人である内閣法制局を権力の番犬に貶めた長官人事、「右といわれりゃ 右向いて とても幸せ」のNHK会長人事、なんてところが即座に思い浮かぶ。記憶に新しいところでは、天皇の退位表明を止められなかったことへの「報復人事」と噂された宮内庁長官更迭なんてのがある。直近では、日銀審議委員に新たにリフレ派が任命されたのも露骨な人事と言えるだろう。

安倍政権の”慣行”破りで憲法解釈の素人と化した内閣法制局長官と「駆けつけ警護」問題

 さらに、霞ヶ関のキャリア官僚を牛耳るための内閣人事局なんてのもある。これは、官僚主導で行われてきた幹部の人事権を内閣人事局に一元化することで、政権の意に沿わない官僚を要職からパージできるという優れもののシステムだ。おかげで、審議官以上の600人の人事を官邸が決定することになった。そりゃあ、役人はみんな平目になって、上の意向を忖度するようになるわけだ。「安倍晋三記念小学校」疑獄で財務省が気合い入れてペテン総理をガードしているのも、官邸に恩を売って人事で便宜図ってもらおうという魂胆があるからなんだね。

日本の官僚は「内閣人事局」で骨抜きにされた

 でもって、そうした恣意的的人事の中でも白眉とも思えるのが、去年の最高裁判所判事の人事だ。な、なんと、森友問題よりも根が深いといわれる加計学園の監事が任命されていたんだね。まだ森友学園問題が発覚する以前のことで、加計学園の「か」の字も世間で話題になっていないころのことだ。

安倍首相の親友が経営する“第二の森友”加計学園の関係者を最高裁判事に任命! 司法までオトモダチで支配

 ようするに、ペテン総理のやっていることってのは、すべてが網の目のようにつながっていて、そのために「オトモダチ」人事があるってわけなんだね。いまや、ペテン総理の権力ってのは、一般大衆労働者諸君が想像している以上に巨大なものになっている。その基本にあるのが「人事」なのだ。トランプが大統領に就任以来、なんだかんだイチャモンつけて強引な解任人事をしているのは、ひょっとしてペテン総理のアドバイスがあったりして・・・もっとも、そんな大物じゃないか、あの男は。

 それに、今回のFBI長官解任については、与党である共和党からも「大統領の解任決定に失望した」(マケイン上院議員)とクレームがついている。さらに、アメリカのメディアは、ウォーターゲート事件の際のニクソンによる特別検察官解任に匹敵すると批判しているとか。ペテン総理に尻尾振る政治家、役人、似非ジャーナリストが跋扈する日本に比べりゃ、アメリカの方がよっぽど健全ってことだ。

「FBI長官解任に失望」 米共和党マケイン氏が批判 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

「2020年に新憲法施行」を質されて「東京五輪も予定されている年だ。新しい日本を始めようという機運がみなぎっている」(安倍晋三)。正気か!? 医者を呼べ!!&安倍VS蓮舫の国会質疑文字起こし。ハナモゲラ答弁、笑えます。

「読売新聞読め」ってペテン総理がほざいた読売新聞のインタビュー記事なんだが、見出しには「首相インタビュー」って文字が踊ってたってね。共産党のとっちゃん坊や・小池君に、「自民党総裁として言ったと仰ったが、私、読売新聞を熟読しました。『首相インタビュー』って書いてあるじゃないですか。首相のインタビューに対して国会で質問するのは当然。3項をどう書くのか言ってください。読売新聞では縱橫に語っておきながら、国会ではそれを熟読しろとは無責任な話」と突っ込まれてタジタジです。

Photo

 つまり、自民党総裁としてではなく、内閣総理大臣としてのインタビューだったてこことになるんじゃないの。そういえば、昨日の国会ではクラリオン蓮舫君が「総理執務室でインタビュー受けてるのはどうなのよ」って迫っていたっけ。「そういう外形的なことはなんたらかんたら」とお得意のハナモゲラ語で逃げ打つペテン総理の姿は、まさに馬鹿丸出しでした。

 ペテン総理とクラリオン蓮舫君との質疑応答の文字起こしがfacebookで拡散中なので、エントリーの最後にそれをご紹介します。こうやってペテン総理の答弁を文字起こしすると、実はこの男は何も言っていない、ただ空疎な言葉を垂れ流しているだけということがよくわかる。笑ってやってください。

 で、その国会でのやり取りの中で、2020年に新憲法施行という発言を質されて、「東京五輪も予定されている年だ。新しい日本を始めようという機運がみなぎっている」とさ。凄いな、ペテン総理の頭の中では「改憲」の声が澎湃として沸きあがっている日本の姿が映し出されているんだろう。ほとんど病気だね。

 にしても、共謀罪や改憲が必要なオリンピックっていったい何なんだ。こういうのをオリンピックの政治利用って言うのだろう。これは、明らかなオリンピック憲章違反です。誰か、言ってやれ!

さらに、民進党にも改憲の提案をまとろめるように促したってんだが、これこそ内閣総理大臣としての答弁なんだから、明らかな憲法99条違反だろう。憲法を守るべき立場の政治家が、他党に対して「改憲」を促すなんて、ハッキリ言って前代未聞なんじゃないのか。料亭でのオフレコ発言とはわけが違うんだから、新聞・TVはジャーナリズムとしての矜持があるならここはとことん追求すべきだろう。もっとも、矜持なんてものがあればの話だけど。

96条発議要件緩和→緊急事態条項新設 首相、今度は「9条に自衛隊」

 そうなんだよね。ジャーナリズムとしての矜持ないから、平気でペテン総理の提灯持ちするような輩がメディアを跋扈できるというわけだ。ま、それだけでロクでもない人間たってことがわりそうなもんなんだが、なんとそんな提灯野郎のひとりである山口ノリマキのおぞましいスキャンダルが暴露されちゃいました。事の真偽のほどはさだかではないけど、「準強姦罪」だそうで、続報が楽しみな水曜の朝である。

握り潰された「安倍総理」お抱えジャーナリストの準強姦逮捕状 被害女性の告白

 それでは、最後に昨日のペテン総理の国会答弁の文字起こしをお楽しみください。、

<<速報・シェア歓迎>>5月9日 参議院予算委員会の
安倍首相VS蓮舫議員の答弁の一部を書き起しました。

安倍晋三首相
「・・残念ながら(憲法審査会の)開催頻度は、 あの、
開催、開催、開催頻度はですね、開催頻度は、これは、それほど多いとは言えないわけですけれどね、相当の議論を積み重ねてきた中においてですね、これは、いよいよ、各党が、その、どういう案を、実際に、憲法審査会に党を代表する案としてですね、
そして現実的にはですね、3分の2を衆参で、それぞれえなくてはならないわけでありますし、その先には一番大切な、国民投票が待っているわけでありますから、
結果を出せるものを出していく、時を、私は、迎えていると、そう判断したわけであります。

蓮舫議員(民進党)
「『佳境に入った』という意味は、辞書を引きますと、
景色のよいところ、それが転じて、小説や物語がおもしろくなった。興味深くなった。
「煮詰まった」なんていう意味は総理の辞書にしかないんじゃないですか?
なにがおもしろくなったのか。。とてもじゃないけれど私はわかりません。

今年に入って衆議院の憲法審査会は4回開かれました。
その議事録は読んでいますか?」

安倍総理
「これはですね、参議院の場合は、いま0だというお話がありました。衆議院の場合は、すでに開かれております。概要については、担当の幹事からですね、ふるや幹事からですね、話は聞いているところでございます。

そこでですね、「佳境に入った」という私の言葉尻をとらえておられるわけでありますが、
いわばこれは、相当議論を重ねてきて、いわば、その、最終的に、いよいよ、出す、これはもう、最後のですね、これはいよいよ、あ、案を、出す、いよいよですね、いよいよ案を出す、ところに

   ~~なにか発言あり

ですから、
  
これは、国会が決めることです、その通りなんです。
そういうことを言われるんであれば、
もう一切ここでは、こういうことについてはですね、述べられなくなるわけです。

ですから、その範囲でですね、私は、
私は総理大臣として答えるべきなんですが、しかし、あえて、
あえてですね、私にも少しは答えろということでありますから、あえて、お答えをしたらですね、
「それはあなたが言うことじゃない」
という ま、ヤジも飛ばされたわけでありますが、

   ~~大きな声で発言あり

いま、非常に大きな、ヤジがあってですね。こういう、、こういうちょっと・・

委員長「答弁中ですから、総理も答弁を続けてください」

   ~~大声で「長いだろう!」という発言

いま、やめようと思ったらですね、最後の結論のところを ヤジで乱されるからこうなってしまうんですよ。
ま、そこで、そこでですね、いま申し上げているようにですね、しっかりと この 憲法審査会で それぞれの党が案を出し合って議論するべきだろう。こう申し上げているところです。」

蓮舫議員
「憲法審査会の概要の報告を受けているとおっしゃいましたが、その内容、間違っているんじゃないですか?

衆議院で4回行われた憲法審査会では、条文絞り込みやとりまとめなんて、一切行っていません。
与野党が丁寧に、調査を行っています。
それも解散権とか、地方分権です。こんどは第一章をやろうとしています。
九条も、改正も、まったく議論になっていません。

参議院でいうならば、参議院の憲法審査会は、天皇陛下の退位と憲法の審議を、私たちがずーーっと呼びかけていますが、自民党がずーっと拒否をしていて、今年1回も開かれていないじゃないですか。

どこが煮詰まってきてるんですか?
どこが「佳境に入っている」んですか?

間違った方向に基づいて、自分のやりたいことをやっていくんだ、でも国会で聞いたら、答えない。
このダブルスタンダードを先ず、改めて、自民党の参議院と衆議院の憲法審査会の扱いを同じにしてくださいよ。」

安倍総理大臣
「あの・・、この・・、憲法の議論においてはですね、先ほどから申し上げておりますように 私は総理大臣として立っておりますから、基本的には政府の方針を答弁することでございますから

党として、ということで、どうしてもと 要請がございましたので、答弁しましたら、ヤジも飛んでくるわけですよ、現実問題としてですね。
ですから、その範囲内の中でですね、申し上げている訳でございますが、
そこで、私は、自民党総裁の立場として、議論をですね、加速する、そして同時にですね、しっかりとした、いよいよ、最終的に、提案をする時期を迎えていると、自民党として迎えている、という考え方の元に、発言したわけでございます。

こういう発言をする以上ですね、党をまとめていくということは、そう簡単なことではないわけでありますが、しっかりと取りまとめてですね、
3分の2の多数を得るように、そして、国民的な理解を得て、そして、国民投票の中で、過半数をえられるものについて、かつですね、現在と未来を見つめてですね。必要なものをですね、しっかりと私たちの責任で出していく、時を迎えているという判断をしたわけでございます。」

蓮舫議員
「総理は口を開くたびに、改憲をしたいという条文が毎回変わります。

交戦権を認めるべきだ、と発言。
時代にそぐわない条文が憲法九条。
96条を変えたい、これ、改憲要件を緩やかにする。
そのあとは、緊急事態条項。
そのあとは、我が党案をベースに国会で審議してくれと。
そのあとは自民党憲法草案は単なる党としての公式文書だと。
そしてこんどは、自衛隊を明文で書き込むと。
毎回変わってるんです。

つまりいま、憲法にこの条文が足りないから変えたい、ということではなくて、『私が総理のうちにただ変えたい』というだけなんですね。

総理の言動から、国会に大きく支障も出ています。

96条発言をしたときには衆議院の憲法審査会、幹事会が大混乱をしました。
2年前の安保法制の時には、憲法審査会で、自民党も推薦して招いた参考人も含めて全員が安保法案を違憲だといったら、そこから1年半、自民党の都合で憲法審査会は動かなくなりました。

そして今回、総理の発言に対して、
「国会での議論の行く末や期間を、行政の長が規定するとことになりかねない。憲法審査会にも影響が出る」と自民党の船田幹事長がブログで公言されました。
実に総理を忖度しない常識ある意見だと、私は思いますよ。」

  ~~議場笑、総理も苦笑い

 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2017年5月 9日 (火)

「私の考えは読売新聞に書いてある。よく読んでいただきたい」(安倍晋三)。総理大臣が国会で読売新聞購読のすすめ!?

「自民党総裁としての考えは相当詳しく読売新聞に書いてありますから、ぜひそれを熟読していただいてもいいんだろうと」

 いやはや、総理大臣が国会で読売新聞購読のすすめとはねえ。笑ってる場合じゃないんだが、やっぱりこういう超弩急の阿呆発言は笑い飛ばすしかありません。まともに突っ込む方が馬鹿見ることになりかねませんから。

  とはいえ、こういう発言が委員長の厳重注意だけで水に流されててしまうという現状は、いかにこの国の政治が貧困かという証明なんだね。そして、それをまた無批判に垂れ流すメディアウの罪も相当に重い。ていうか、共同正犯みたいなもんですね。

安倍首相、改憲発言の整合性「新聞読んで」 衆院予算委

31分20秒で「読売新聞」発言

 さらに、ペテン総理は私人の嫁と森友学園とのズフズフの関係を突っ込まれて、「『ずぶずぶの関係』とか、そんな品の悪い言葉を使うのはやめた方がいい。それが、民進党の支持率に出ている」なんて逆切れする始末だ。ズフズブどころかドロドロ、グチャグチャの関係なんだから、民進党はもっと露骨に攻めまくらなくちゃいけない。国会審議を傍聴していた本名不詳の籠池君も、「めちゃくちゃやな」ってため息ついてたほどですからね。

安倍首相、民進党議員の「ずぶずぶの関係」に不快感

 それにしても、こんな総理大臣が現実にこの国に存在しているってことは、ハッキリ言って国辱もんです。ペテン総理にとっては、「気分は、もう首領様」ってところなんだろう。でなけりゃ、行政府の長でありながら、国権の最高機関である立法府の審議内容に口出すようなことはできるわけがない。これ一点で本来なら総理大臣失格。それどころか憲法99条(「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」)違反で逮捕したっていいくらいだ。

 新聞・TVは、今回のペテン総理の「改憲」にまつわる発言を受けて、あたかも「改憲」論議が新たな動きを始めたかのように報じているけど、これっておかしな話なんだね。発言内容なんてどうでもよくて、こういう発言をしたという事実が憲法違反なのだというスタンスこそが、いま新聞・TVに求められていることなのだ。発言内容に引きづられるってことは、発言自体を肯定的に捉えているってことですからね。そんなんじゃ、だめだ、こりゃ、ってなもんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

「2020年を、新しい憲法が施行される年にしたい」(安倍晋三)。改憲発議の権限なんかないくせにここまで踏み込んだんだから、憲法遵守義務違反で総理大臣罷免して逮捕しろ!!

 2020年、新憲法施行・・・だそうだ。改憲したくてしようがない日本会議関連の会合にビデオレターで、ペテン総理がそう宣言した。宣言といったって、別にペテン総理に改憲のリーダーシップをとる権限なんてないし、そもそも総理大臣なんだから憲法遵守義務があるわけで、ここまで踏み込んだ発言をしたってことはもし日本に憲法裁判所があったら即罷免。そして、逮捕なんじゃないの。

首相、改憲踏み込むも持論封印 最速シナリオは来夏発議

 それはともかく、このビデオレターの中で、9条の1項、2項はそのままに自衛隊の存在を明記する3項を設けることと高等教育の無償化という具体的な改憲項目を口にしている。自衛他の明記ってのは公明党の喜ぶいわゆる加憲ってやつで、高等教育無償化は維新の提案を受け入れることで改憲に手を貸してねってラブコールなんだろう。

 つまり、ペテン総理自身は、どこをどう変えたいのか、変えねばならないのか、という自らの思想・信条は何も語ってないんですね。ま、これはいつものことなんだけど、憲法学者の木村草太教授は、ペテン総理の発言を「ファンタジー」と断じた上で、TBSラジオ「荻上チキ・Session-22 」でこう語っている。

「実は変えたいから変えたい、どこでもいいから変えたいという話ですので、まったく筋が通らない。逆にいうと絶対に変えないと困るところがあるという主張ではないわけで、よくよく考えてみると結構、護憲的な発言でもあるわけですね。ここだという変えるポイントが一つも見当たりませんでしたという自白みたいな発言ですので、どこでもいいから変えるところを見つけてという発言ですね。もう少し議論を整理してから喋って欲しいというのが私の『祈り』です」

 まったく、おっしゃる通り。ようするに、私は馬鹿ですの法務大臣・金田君と同類で、「ボクとちゃんは馬鹿だから」って自らの阿呆さかげんをさらしいるようなもんです。

 それにしても、2020年に新憲法施行って、あと2年半のうちに発議して、議論して、国民投票してってどんなタイムスケジュールなんだ、ってなもんです。さらに、改憲の口実に東京オリンピックまで持ち出して、「2020年を、未来を見据えながら日本が新しく生まれ変わる大きなきっかけにすべきだ」と喚くにいたっては、「東京オリンピクと改憲と何の関係があるんじゃい」とつい突っ込みを入れつつも、あまりの馬鹿馬鹿しさに頭が痛くなってくるのであった。

憲法改正に関する首相メッセージ全文 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 稲田朋美 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM