安倍晋三

2018年1月18日 (木)

北朝鮮との「国交断絶」を呼びかける外務大臣。気は確かか!!&「すぎはらあだちさん」(安倍晋三)って誰? 杉原千畝記念館でこれはあり得ない・・・馬鹿丸出し!!

 昨日のテレビ朝日『相棒』は、明らかに山口ノリマキの準強姦事件逮捕状執行停止をモチーフにしてましたね。タイトルの「暗数」ってのもなかなかワサビが効いている。やるなあ。

 そんなことより、ごまめの歯ぎしり・河野君が戦争につながりかねないトンデモ発言をかましてくれたそうだ。カナダのバンクーバーで開かれていた北朝鮮問題を話し合う関係国の外相会合で、「北朝鮮との外交関係の断絶や北朝鮮労働者の送還を呼びかけた」ましたとさ。

 こうやっていたずらに北朝鮮を挑発して何の得があるんだろう。これって、日本が泥沼の戦争へと突き進む要因のひとつとなったABCD包囲網を彷彿とさせますね。窮鼠猫を噛むって状況に追い込んでどうするんだろうねえ。外交の場でええかっこしいのつもりで発言したとしたら、それはそれで大きな問題で、その軽薄さは外務大臣失格と批難されても仕方ない。

 ごまめの歯ぎしり・河野君の発言は、北朝鮮に「戦争する理由」を与えたことになるという指摘もある。外交は武器を持たない戦争と言うけれど、それは強い言葉で相手をなじったり挑発したりするのではなく、お互いの立場に敬意を払ったうえで対話の中で理を尽くすことを意味しているはずだ。ごまめの歯ぎしりは、オヤジさんの河野談話に込められた理念を少しは勉強するこった。それにしても、外交の場で「国交断絶」なんて、こいつは気は確かか!?

北朝鮮との国交断絶求める河野外相の呼びかけは『戦争事由』になるおそれ=ロシア人専門家

 気は確かかと言えば、ペテン総理がまたやってくたってね。なんでも、リトアニアの杉原千畝記念館を訪問した際に、杉原千畝の名前を「すぎはらあだちさん」って口にしちゃったそうだ。なんかもう、残念な野郎というよりは、馬鹿丸出しってなもんです。トランプの虚言、暴言、妄言は重箱の隅をつつくよに報道する新聞・TVもこれを完全スルー。

 読み間違いっていうレベルじゃありませんからね。「日本人として誇りに思う」といったそばからこれだもの。おそらく、杉原千畝について何も知らなかったんだろうね。でなけりゃ、「すぎはらあだちさん」なんて絶対に口にすることはありません。やっぱり、精神鑑定が必要なんじゃねえ。

【安倍晋三 「すぎはらあだち」さん?】 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

お笑い芸人と焼肉屋で遊ぶ暇はあっても、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)と面会する時間はないそうだ。一度精神鑑定した方がいいんじゃないか!?

 民進と希望の統一会派結成はまだひと悶着ありそうで、なんと分党も視野に入れてるんだとか。数合わせで徒党を組もうとするからこうなるんだよね。サルだって反省もするし、学習もするってのに、ホント、阿呆な奴らだ。

民進と希望 統一会派、参院で異論 正式合意、見通せず

 そんなことより、ノーベル平和賞を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の面会要請を、ペテン総理は多忙を理由に拒否したってね。芸人とは焼肉屋で3時間も酒池肉林する暇があるくせに、よくもまあ「日程調整が難しい」なんて木を鼻で括ったような態度がとれるものだ。

 世界で唯一の被爆国という立場は、核兵器廃絶に向けて絶対的な説得力があるんだよね。ああ、それなのに、ペテン総理は外遊先で北朝鮮の脅威を煽りまくって、火に油を注ぎまくっているんだから始末に終えない。

 こんなんだもの、「(核廃絶を求める)合理的な国際社会から足を踏み外した」ってICANから批判されるわけだ。おそらく、世界中から日本は冷たい目で見られているんでしょうね。

ICAN 事務局長の首相との面会 政府から“調整困難”

ICAN事務局長が広島で講演 「日本は足踏み外した」と批判

 慰安婦問題をめぐる日韓合意を韓国が反故にしてたってんで、平昌オリンピック開会式に出席しないってペテン総理は駄々こねているそうだが、これだって世界から見れば「平和の祭典を政治利用しやがって」って後ろ指さされているに決まってます。そう言えば、ソチ・オリンピックの時には、世界中の首脳が同性愛を厳しく罰するロシアに抗議して開会式の出席を見送ったのに、ペテン総理はシレっと出席して顰蹙を買ったっけ。

 それはともかく、ICANとの意見交換を拒否したり、平昌オリンピックへのを出席をキャンセルしたり、ペテン総理の度量の狭さは、いずれこの国を世界の鼻つまみ者へと貶めることになりますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

森友学園疑獄で廃棄したはずの文書を一部開示。あの男の嘘を認めたってことか!&「北朝鮮は今や(エストニアの首都)タリンを射程に入れる弾道ミサイルを発射するなど、欧州にとって重大な脅威であります」(安倍晋三)。海外にまで行って北朝鮮の危機を煽る愚か者!!

 森友学園疑獄で、シュレッダー佐川君が「廃棄した」と国会答弁していた文書の一部が開示されることになった。てことは、シュレッダー佐川君が嘘つてたことを認めたようなもんなんだから、当然こやつの処遇も問題にならなくちゃおかしい。こうなったら、大阪地検は近畿理財局に1日も早くガサ入れするこった。通常国会前にそんなことになったら、こりゃあ面白いことになるんだが、ま、ペテン政権の飼い犬に落ちぶれちまった検察にそんなたいそれたことはできるわきゃないか。

近畿財務局、森友文書一部開示へ 過去の請求に「廃棄」

 ところで。「国難」を置き去りにして優雅に大名旅行中のペテン総理が、エストニアにまで行って北朝鮮の危機を煽ってるようだ。

「北朝鮮は今や(エストニアの首都)タリンを射程に入れる弾道ミサイルを発射するなど、欧州にとって重大な脅威であります。ITやサイバー分野をはじめとする幅広い分野での協力を一層強化していきたい」

 今回訪問している6カ国の中で、エストニアだけが北朝鮮と国交がないんだね。そこを見越しての発言なんだろうが、エストニアにしてみりゃいい迷惑なんじゃないか。そもそも、北朝鮮のミサイルはエストニアをターゲットにしてないし。

 特に北朝鮮との関係が悪化しているわけでもない国に行って北朝鮮の危機を煽る。こんな愚かな総理大臣を野放しにしていていいのだろうか。

 ああ、それなのに、これを伝えるTBSのニュースは「これまで深い交流のなかった国にも足をのばすことで、北朝鮮包囲網をより一層、広げたい狙いがあります」だとさ。これは明らかに恣意的なミスリードですね。ペテン総理がいたずらに北朝鮮の危機を煽っている間にも、韓国と北朝鮮は話し合いのテーブルにつき、アメリカだってその推移を見守っている。つまり、日本だけが勝手に危機を喚き散らして孤立しつつあるってことだ。

安倍首相、ヨーロッパ6か国歴訪の狙いは

 「海外にまで行って北朝鮮の危機を煽るんじゃない」って意見するメディアが存在しないこの国に、輝かしい未来なんかがあるわきゃない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

「今までの言動を見ると、安倍政権で進めるのは難しい」「来るべき首相が原発ゼロを進める方針を出せば、がらっと変わる」(小泉純一郎)。聞きようによっては「倒閣宣言」ととれなくもない・・・。

 ワンフレーズ純一郎と細川の殿様が「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」の骨子を発表した。立憲民主を中心とした野党連携も視野に入れてってことだそうで、ま、その言や良しといったところか。でもって、会見でワンフレーズ純一郎は、

「安倍首相に原発ゼロを進めるべきだと言っているが、今までの言動を見ると、安倍政権で進めるのは難しい」

「自民党には安倍晋三首相が(原発政策を)進めているから仕方ないなという議員が多いだけ。来るべき首相が原発ゼロを進める方針を出せば、がらっと変わる」

 って発言しているんだが、これって聞きようによっては暗に「倒閣宣言」を匂わせていると言えなくもない。秋の自民党総裁選を睨んで、昼間の幽霊・岸田君や出戻り聖子に遠まわしにハッパかけたようなもんなんじゃないのか・・・なんて妄想してみるのも面白い。

原発即時ゼロ法案 小泉元首相ら野党連携へ

 このタイミングでの原発ゼロ法案ってのは、経団連の次期会長に日立製作所会長が就任することへの問題提起って意味もあったりして。なんてったって、日立製作所はイギリでの原発新設プロジェクトを進めている最中ですからね。さらに、そのプロジェクトには日本のメガバンクが1.5兆円の融資を決定。しかも、その融資には国が全額補償するという特典付きときたもんだ。つまり、何かトラブルが起きたら、税金で補填しますよってわけだ。

 そんな企業の会長が経団連の次期会長ですからね。ペテン総理と手を組んで、原発利権で一儲けってことなんだよね。経団連会長が「財界総理」と敬意を持って称された時代は遠くなりにけりなのだ。

政府が公金で債務保証 日本の原発輸出に英国現地の反応は

 それはともかく、ワンフレーズ純一郎と細川の殿様の原発ゼロ法案は、まさか森友・加計学園疑獄やスパコン補助金詐欺といった一連のスキャンダル隠し・・・なんてことはないでしょうねえ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

「他の先進国と比べて首相出席が多い」「今のままでは首脳外交で出遅れてしまう」から国会出席削減を要求・・・って、芸NO人と飯食ってる暇はあるんかい!!

 漢字を読めないってのがペテン総理とひょっとこ麻生の共通点なんだが、新年早々にペテン総理がやってくれました。ツイートで、「そしてこの勝利に奢ることなく緊張感を持って選挙でお約束をしたことを一つ一つ実行していくことを誓いました」(太字はくろねこ)とさ。いつも官房機密費で芸NO人に奢りまくってるからこうなっちゃったんだろうね。

 もっとも、ペテン総理自らがツイートしてるわきゃあないだろうから、おそらくスピッツ一太あたりのチョンボなんだろう。にしても、どいつもこいつも頭悪いなあ。

 そんなことより、ペテン総理が国会に出たくないってゴネてるらしいね。なんでも、「他の先進国と比べて首相出席が多い」ってのが理由で、「今のままでは首脳外交で出遅れてしまう」なんてぬかす側近もいるとか。

 しかしなんですな、「他の先進国」云々ってんなら、削減した野党の質問時間も「他の先進国」並みにしてもらいたいものだ。なんてったって、与党の質問時間ゼロって国だってあるんだからさ、都合のいい時だけ海外との比較を持ち出すんじゃねえ。

与党、首相出席の削減狙う=「追及逃れ」と野党反発―国会運営見直し

 国会開会を前にしてこんなこと言い出しているってのは、森友・加計学園疑獄やスパコン補助金詐欺、さらには山口ノリマキの準強姦疑惑を追求されたくないってのが本音なのは間違いない。立憲民主のエダノンはシュレッダー佐川君の辞任要求を口にして揺さぶりかけてますからね。そんな国会にノコノコ顔出したら火達磨になるのは確実で、へたすると私人の嫁の証人喚問だって避けられない事態になることだって十分に考えられる。

 基本的に、ペテン総理はチキンですから。国会で袋叩きにならないようにいまから予防線張ってるってことなのだろう。ホント、情けない野郎だこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

「不時着」を「着陸」と報道するNHK・・・またか&「賃上げ3%お願いしたい」(ボケ晋三)「社会主義国じゃないんだから、賃上げと言っても・・・」(ツッコミ茂)&古田、池坊を一気の電車道!!

 いやはや、新年早々、米軍ヘリが沖縄の伊計島に不時着だとさ。「警告灯が点灯したため」というのがその理由なんだが、これをNHKは「米軍ヘリ 沖縄 伊計島の砂浜に着陸」で初笑いさせてくれちゃいました。

 「故障や燃料欠乏等のため、初めに予定しなかった場所に降りること」を不時着というんだから、「警告点灯」を理由にした緊急着陸はまさに不時着そのものなんだね。どうやら、今年のNHKも「アベ様のNHK」はようで・・・。

米軍ヘリ 沖縄 伊計島の砂浜に着陸

 でもって、そのアベ様なんだが、これまた経済三団体共催の2018年新年祝賀パーティーで「これはしっかりと経済の好循環を回していくためには、今年の賃上げ、はっきり申し上げまして3%お願いしたい、こう思う次第でございます」ってかましてくれたってね。

 これを受けてかどうか、娘が東電のアンポンタン・石破君が「社会主義国じゃないので、政府が企業に対してもっと賃金上げろと言っても、なかなかそうはならない」って牽制してくれちゃって、とんだボケとツッコミを演じてくれてます。

「賃上げ3%」財界にお願い 安倍首相

石破氏「社会主義国じゃないので、賃上げと言っても…」

 新春初笑いにしては、どちらの話も引きつった笑いしか出てこないんだが、お口直しに抱腹絶倒の相撲協会のグスグス振りをご紹介。相撲取りの喧嘩で貴乃花に降格処分を下した評議委員会の池坊保子は騒動勃発以来貴乃花をバッシングしてたんだが、なんとその段階で元ヤクルトの古田敦也に一気の寄りで完膚なきまでにフルボッコされてたってね。その文字起こしを紹介して、新春初笑いということでお後がよろしいようで。

【朗報】古田敦也さん、貴乃花叩きに躍起な池坊保子をボッコボコにしてしまう

(これより引用)

古田「貴乃花親方の行動を問題視していますが?
池坊「場所中は雑音をシャットアウトすべきなんです」
古田「はぁ、どういう意味ですか?
池坊 「本場所中に被害届を出すのはどうなのか?」
古田「被害届けを出すと問題なんですか?」
池坊「被害届けを出して混乱を招いたことが問題」
古田「被害届けを出したらダメなんですか?」
池坊「出すんだったら場所中じゃなくて場所が終わってからにしたらいいでしょう」
古田「巡業中の10月に出したんですよね?」
池坊「いえ、すぐに本場所があるのになぜ出したんでしょ?」
古田「出したのは場所前です!」
池坊「・・・・・・・・・・・」
古田「それだと、次の場所もすぐに来る、被害届出せないでしょ」
池坊「・・・・・・・・・・・」
古田「何を基準に判断するんですか?」
池坊「警察発表が第一です」
古田「じゃあ聞く必要ないじゃないですか」
池坊「いや警察に被害届けを出す前に報告しろということ」
古田「ええっ!」
池坊「ですから被害届けを出す前に協会に一言相談すべきなんです」
古田「暴行傷害という違法行為をされたのにですか?」
池坊「だって相撲協会の一員なんですから」
古田「なら相撲取りにとって、協会というのは国の法律より上位にくるとでも?」
池坊「そうですね」
古田「ええっ! じゃっじゃあお伺いしますが、もし今回まず協会に相談して協会が被害届け    を出すなと言ったらそれに黙って従うべきとでも?」
池坊「そうですね」
古田「ええっ!」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

「国のかたち、理想の姿を示すものが憲法」(安倍晋三)。「立憲主義が権力者を縛るものという解釈は古い解釈」とほざいた男がよくもまあぬけぬけと・・・!!

 年頭所感で「明治150年」をかましたペテン総理が、昨日の年頭記者会見で「改憲」に意欲を示したってね。その言い草がなんとも笑止千万。こんな具合です。

「今年こそ、憲法のあるべき姿を国民にしっかりと提示し、憲法改正に向けた国民的な議論を一層深めていく。自民党総裁として、そのような一年にしたい」

「国のかたち、理想の姿を示すものが憲法。時代の変化に応じ、国のかたちを考えていく議論をするのは当然のことだ」

 「みすぼらしい憲法」だの「立憲主義が権力者を縛るものという解釈は古い解釈」だのとほざいていた男がよくもまあぬけぬけと、ってなもんです。そもそも、「憲法とは何か」「立憲主義とは何か」をまったく理解していないんだから、こんな男の「改憲議論」にそう簡単に乗れたものではありません。「安倍首相の下での改憲」に53%が反対という世論調査結果もむべなるかなということだ。

 でもって、「今後も国民主権などの基本理念は変わることがないが、時代の変化に応じて議論するのは当然だ」なんてこともぬかしてるんだが、ま、大きなお世話としいうものです。ていうか、自民党改憲草案を一読すれば、「今後も国民主権などの基本理念は変わることがない」とはとても読めないことは明白だ。

改憲議論「今年こそ」 首相「あるべき姿提示」

【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!

 そんな中、立憲民主のエダノンがこうしたペテン総理の改憲前のめりを「安倍さんの趣味だ」って一蹴していたのには大いに笑えたのであった。そう、「安倍の趣味」。改憲ってこれに尽きるんだね。なんとなれば、国民の多くは特に改憲を喫緊のテーマとは考えていないからだ。多くの世論調査でも「改憲を急ぐ必要はない」という声が70%近くもあるんですからね。それこそが「民意」というものだ。

性急な改憲議論「首相の趣味」 枝野氏「必要性感じない」

 ペテン総理の「趣味」である「改憲音頭」に踊らされていると、ハーメルンの笛吹き男にかどわかされた子供たちのように、とんでもないところへ連れて行かれることになりますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

「これが戦争の結末だ」とメッセージを込めて、ローマ法王が長崎被爆少年の写真を配布。日本の首相の正月は連日ゴルフと飽食に映画鑑賞・・・遊び呆けていられる「国難」がどこにある!!

 「国難」をほったらかして、ペテン総理は連日の飽食とゴルフ。そして、夜は高級ホテルにお泊まり。休日には沈思黙考。国の行く末に思いを馳せる・・・なんてことは、考えたこともないのだろう、この男は。正月三が日を遊び呆けていられるような「国難」なんてあるものですか。

首相動静

 ところで、原爆で破壊された直後の長崎で、弟の亡き骸を背負い、焼き場の順番待ちで佇む少年の写真ってのがありまして、けっこう有名だからご存知の方も多いことてしょう。その写真をローマ法王が「これが戦争の結末だ」というメッセージを付けて配付したってね。

 核廃絶に向けた強烈なアピールってところなんだろうが、こういうことこそ日本の総理大臣がすべきことなのだ。外遊先で何十兆円という金をばら撒くことしか能がない男には、とてもじゃないけど出来ないだワザだ。

・ローマ法王 「これが戦争の結末だ」長崎被爆写真配布を指示

Photo

 へたすると、この凛とした少年の写真を、ペテン総理は見たこともなかったりして。そうだったとしても、けっして不思議じゃないっていところが、この国の悲劇でもあるんだろうね。

 ああ、正月早々、どんどんこの国がみすぼらしくなっていく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

今年1年を引っ掻き回してくれたペテン総理の私人の嫁の乱痴気振りを回顧!

国難だ、国難だって喚いていたペテン総理の年末は、優雅に兄弟揃ってゴルフ三昧だそうで、世の中すべて事はなしってか、クソッ!

 ところで、マルチ商法のジャパンライフの倒産に絡んで何人かの政治家の名前があがっている。で、その中になんとまあ、ペテン総理の私人の嫁の影がチラホラなんたとか。年明けの国会は、森友・加計学園疑獄+スパコン補助金詐欺に加えて、ジャバンライフ問題も俎上に上がってくるかもね。

・マルチ商法「ジャパンライフ」の陰にまた昭恵夫人が登場

 というわけで、今年1年を引っ掻き回してくれたペテン総理の私人の嫁の乱痴気振りを回顧するのも一興かと・・・。

【1月】「アベシンゾウ」とラジオで大はしゃぎ、「嘘をつかない」と述べた新年

【2月】森友問題発覚も、当事者意識なしで「スキーは楽しい!」

【3月】「アッキード事件」のほかにも“昭恵口利き案件”の実態が続々と…

【4月】「国家機密漏洩疑惑」まで浮上も、夫と仲睦まじく花見のノーテンキ

【5月】心配事はマラソン、さらにレイプ疑惑発覚の山口敬之の弁解に「いいね!」

【6月】国会には出ずに「私が伝えたいと思っていることを伝えて!」と報道批判

【7・8月】籠池夫妻逮捕&谷査恵子イタリア栄転で「厄介払い」に成功

【9・10月】まったく懲りない! 怪しいイベントに「名誉顧問」就任発覚

【11・12月】「嫌いな夫婦」に選ばれても関係なし! 夫婦でまたも「悪巧み」会に

 詳しくはこちら↓のサイトで

最後は半裸インスタで炎上! 安倍昭恵夫人“夫に守られやりたい放題”の1年をカレンダーで振り返ってみた

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

「本当に騒がしい1年だって」「つらい1年だった」(晋三&昭恵)。全部、他人事のバカップル!!&「民進の政策を誰よりも分かっている私が立民に行くことで、良い形でつなぎ合わせていきたい」(蓮舫)。いやいや、つなぎ合わせなくていいから!!

 経団連の会合で、ペテン総理は1年を振り返り、「私にとって本当に騒がしい一年でした」ってのたまってくれたってね。そういえば、ペテン総理の私人の嫁も「今年は本当にいろいろなことがあり、つらい1年だった」ってほざいていたっけ。どちらもまるで他人事だ。お騒がせしたのはオメーらのせいだろう。このバカップルにはほとほと呆れます。

安倍総理「申酉騒ぐ…本当に騒がしい一年だった」

 呆れるといえば、クラリオン蓮舫君が立憲民主党に入党するってね。でもって、こんなコメントしてます。

「原発政策などに共鳴した。民進の政策を誰よりも分かっている私が立民に行くことで、良い形でつなぎ合わせていきたい」

 いやいや、つなぎ合わさなくていいから。そんなことより、ノダメとは手を切ったのか。まずは自らを身奇麗にしてから言いやがれ。にしても、この期に及んでも立憲民主と民進が手を組めると思っているところがなんとも哀れなんだよね。

蓮舫氏、立民入党へ 山尾氏ら4人承認 野党第1党に

 民進が反安倍の声を結集できなかった原因が奈辺にあるのか、まったくわかってないんだね。こういう空気の読めないひとが入党することで、立憲民主のイメージに民進の色がつくことがとても危険な年の瀬である。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ヘイトスピーチ | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | リニア新幹線不正入札 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 二階俊博 | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大相撲 | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山口那津男 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 希望の党 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 百田尚樹 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 税金 | 稲田朋美 | 立憲民主党 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 緊急事態条項 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 足立康史 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM