安倍晋三

2017年3月 1日 (水)

洗脳教育の幼稚園から講演料!?&「住吉大社にもご一緒させていただいた」(籠池森友学園理事長)。「知っているが直接の面識はない」(安倍晋三)。どちらかが嘘ついてるってことだ&共謀罪277の罪。「文化財保護法」のどこがテロと関係あるってんだ!!

 まあ、次から次へと出てくるもので、アッキード事件におけるペテン総理の嘘がことごとくバレちゃうという愉快な展開になってきた。昨日も、ペテン総理の嫁が愛国教育というよりは洗脳教育の塚本幼稚園で講演をした際に、報酬を受け取っていたんじゃないかと疑われる決算書とやらが出てきて、ペテン総理の「報酬も講演料もまったく受け取っていない」という答弁が怪しくなってきた。この決算書には将棋の谷川名人の名前も載っていて、憲法学者の木村草太氏は「これ、谷川先生に講演料の額を取材すれば、光速で寄るのでは・・・。」とツイッターでつぶやいていた。

【スクープ!】安倍昭恵夫人、塚本幼稚園から報酬を受け取っていた可能性

Photo

 さらに、ペテン総理は本名不詳の森友学園理事長とは「知っているが直接の面識はない」って答弁を繰り返しているんだが、これもどうやら雲行きが怪しくなってきたようだ。週刊朝日によれば、「首相になる前で昭恵夫人と先に知り合って小学校の見学に来てもらった」「住吉大社にもご一緒させてもらった」という本名不詳の理事長のコメントを載せている。嘘の積み重ねってのは、ひとつほころびができると、あっという間にすべての嘘が崩壊するもので、木村先生じゃないけど、いまこそ「光速で寄る」ための絶好のチャンスなんじゃないのかねえ。

「安倍晋三首相は籠池理事長と会った」、週刊朝日がスクープ記事!夫人と一緒に学校見学も!?

 ああ、それなのに、民進党の攻め方がなんとも稚拙なんだよね。ああ言えばこう言うってのがペテン総理のすり替えのテクニックなんだが、そういう詐術に惑わされて、土俵際まで追い込む手前で力抜いちゃうところがあるんだね。手ぬるいというか、なんともおやさしいことで。本気で叩き潰すか気があるのか疑いたくもなろというというものだ。

 海外のメディアもアッキード事件を報じ始め、その多くの論調が国有地払い下げよりも森友学園による「洗脳教育」にスポットを当てている。ワイドショーなどがこの問題を取り上げるようになっとはいえ、役人と森友学園による国有地の不正取引ということだけがクローズアップされているのとは大違いだ。

 ひょっとしたら、「赤坂飯店」での記者クラブご接待は、国有地払い下げだけに事件を矮小化するためのものだったんじゃないのかねえ。「洗脳教育」にまで追及の矛先を向けられると、改憲はもちろん、当面の課題である共謀罪にも影響が出てくるとペテン総理一派は警戒しているのでは・・・。だから、役人と森友学園による国有地の不正取引で幕引きってのがシナリオのような気がするんだが、果たして真相やいかに。

 ところで、共謀罪をこの国会で成立させるって土建政治の自民党幹事長・二階君がのたまってくれたようだ。でもって、共謀罪対象の277の罪名が発表されたんだが、なかには消費税や文化財保護法なんてのまで入っている。「史跡名勝天然記念物の滅失」とテロとどんな関係があるんだ。アッキード事件がすっかり隠れ蓑になっちゃっているのは、ちょいと危険なんじゃなかろうか。

「共謀罪」277の罪 市民処罰の余地含む

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2017年2月28日 (火)

ペテン総理と内閣記者クラブのキャップが「赤坂飯店」で会食。騒動の真っ最中に、よくもまあ、恥知らず!!

 国会のペテン総理の答弁聴いてると、なんかもう人間失格ですね、この男は。おそらく、自分でも何言っているのかわかってないんだろう。とにかく、口から出まかせ出放題、手間もかからず、元でもいらず、ってやつです。

 昨日の国会でも出まかは止まるところを知らず、。民進党の福島君から森友学園を法的に告訴したらどうかと詰め寄られて、何をとち狂ったか、この男は「私事に時間を使うべきでない」から法的措置は取らないんだとさ。しかも、スッカラ菅君からの名誉毀損訴訟を突然持ち出して、「完全勝利」なんて喚く始末だ。正気の沙汰ではありません。その答弁の一部始終は以下の如し。

「まずですね、まずですね、HPを消したり、怪しいとおっしゃったけど。消したのは私でも、私の家内でもない。そういうレッテル貼りは止めましょうよ。そうやって印象操作をされてますけど、一生懸命、一生懸命されてますけど、何もないんですよ。これは、著しく名誉を傷つけるようなことを言えば。申し上げますよ。HPを消したり、怪しいと言われたことくらい、反論させて頂きたい、答弁中ですよ、ええ、そこで、そこで、先般お答えした時は、ウチの妻が先方に辞任の考え方を、秘書が伝えたんですが、私が承諾していないにもかかわらず、名称を使って寄付をつのったことは遺憾と申しあげ。訴訟しろと。総理大臣として訴訟することは、慎重に。私は、総理大臣でない時には、名誉棄損等しておりますが。たとえば、訴訟をかかえると。個人でするわけですから、それに時間をさかないと。たとえば御党の菅さんから訴訟を起こされ、私が完全に勝利をしたわけであります。少し静かにして、関係ないということではなく、よーく聞いて下さい。、どのように関係したかお話を。膨大な時間が。元総理が訴える、正気の沙汰かと思いましたよ、完全に勝利をしました。完全勝利をしましたよ、菅さんが私に名誉棄損で。いいですか、そこでですね、そこで、私がまず、これは2点あるんですね。行政府の長として、法務大臣に調整権限を持っている、その立場で訴訟することがどうか。私も相当、今まで、名誉棄損的な報道もあって、ありましたよ、それに対して、訴えなければ、訴えなければ、事実を認めることになるという批判も。それが第一点、もう一点は、大事なところなんです。時間をとられるということなんです。総理として、国民のために全力を。私事に時間を使うべきでないという判断、緒方委員からしどろもどろと、もう一度、よく分からなかったんですか?今、そういう指示があった。少しね、少し、少し、静かに聞いて頂きたい、第一点は、行政府の長としては。第二点は、そういうことに時間を使うべきでない。誰が誰に抗議をしたか、これは、先般も申し上げましたが(福島「もういいよ、次の質問に行かせて」)御党から質問が」(ブログ「晴天とら日和」さんより)


安倍晋三 森友学園2/27福島伸享(民進)の質疑【全】衆院・予算委員会 (珍答弁は11分あたりから) 

 ははは、これが現職の総理大臣なんだもん、この国は詰んでます。

 でもって、戦後最大級の疑獄事件になろうかという「安倍晋三記念小学校」スキャンダル(別名アッキード事件)のまっ最中に、なんと内閣記者会加盟報道各社のキャップを集めて、高級中華の「赤坂飯店」でオフレコの懇談会を開催したってさ。おそらく「安倍晋三記念小学校」スキャンダルの報道規制が目的だったんでしょう。懇談会に名を借りた買収行為ですね。それだけペテン総理も切羽詰ってきたと言えないこともない。

首相の一日

ふざけるな! 森友学園問題の最中に安倍首相が官邸担当記者を集め、赤坂飯店で馴れ合い会食! 疑惑追及封じか

 そんな懇談会にノコノコと顔を出す新聞記者ってのもサイテーなんだが、それでも「ペンは剣よりも強し」の気概を持った記者がひとりでもいいからいて欲しいと願ってしまう今日この頃なのだ。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2017年2月23日 (木)

あの愛国教育幼稚園の児童虐待疑惑が国会でも問題に&森友学園理事長の参考人招致に自民党が難色。「もしも関与していたら私は総理も議員も辞めますよ」って啖呵切ったくせに、何かやましいことあるのかしらん!!

 鈴木清順、逝く! 言葉もありません。合掌。

 ところで、各局で温度差があるとはいうものの、「安倍晋三記念小学校」にまつわるスキャンダルがようやくメディアで報じられるようになってきた。で、昨日のエントリーで書いた教育勅語を唱和せる塚本幼稚園の児童虐待問題が国会で取り上げられたってね。こうなってくると、国有地払い下げ疑惑だけでなくて、偏向した思想教育、韓国や中国への差別といった、学校法人としての資質そのものまでもが問題になってくるのは避けられないことだろう。

国有地買収の森友学園に虐待の可能性が浮上!「愛国教育ではなく、児童虐待に類するもの」

 でもって、問題なのは、ここまでスキャンダルが深刻化してきてるってのに、ペテン総理の嫁は「安倍晋三記念小学校」の名誉校長を辞める素振りすら見せないことだ。ペテン総理自身も「妻も私も事務所も一切関与していない。もしも関与していたら私は総理も議員も辞めますよ」って喚いていたくせに、自分の名前で寄付まで募っていたことに抗議する気配すらない。

 そんな中、民進党が学校法人森友学園の籠池理事長の参考人招致を要求したら、自民党が難色を示したから引き続き協議するってね。おいおい、総理大臣であると同時に党の総裁でもあるペテン総理が、その地位を賭けてまで「一切関与していない」って啖呵切ったんだぜ。喜んで参考人招致してペテン総理の潔白を証明すりゃあいいじゃん。こういう時こそ、説明責任ってのが問われるわけで、本来ならまずはペテン総理が国会で事の経緯を説明するくらいでなきゃおかしいだろ。

 TBSのラジオに生出演した本名不詳の理事長がやけにキッパリと「そんな呼ばれるような立場ではありません。私は悪いことも何もしとりませんので。民主主義の国ですよ。独裁国家ではないんです」って参考人招致を否定していたのも、こうした自民党の動きを見ると納得がいくってものだ。事前にすり合わせてるってことね。

国有地安価売却 民進、理事長招致を要求 与党は難色示す

 鮨友メディアに家庭内野党ともてはやされたペテン総理の嫁も、いまや家庭内公明党としてすっかり下駄の雪に成り下がったようで、それだけはめでたいめでたい・・・ということでお後がよろしいようで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

国有地払い下げ疑惑だけではなく、差別を助長する教育に余念のない学校法人に、総理大臣とその妻が関与しているということだけで、これはもう事件だろう。

 忠君愛国教育の「安倍晋三記念小学校」にまつわる国有地払い下げ疑惑について、ようやくメディアも動き始め、テレビ東京がけっこう突っ込んだ放送をしたってね。で、東京新聞も「こちら特報部」でリポートしたし、さらに国会でもジンワリと追及が始まった。

そんな動きにペテン総理はいつものようにぶち切れてみせて、「私や妻、事務所を含めて一切関わっていない。関係していたなら、首相も国会議員も辞める」って喚いたそうだ。嫁が名誉校長に就任しているだけでいかに濃密な関係かは子供にだってほわかる理屈で、それと国有地払い下げとは無関係という言い訳は、ま、永田町だけで通用する屁理屈ですね。

 寄付金集めについても知らぬ存ぜずの一点張りだが、日本会議役員でもある学校法人森友学園の理事長は「安倍晋三氏の内諾を得た上で安倍氏の名前を使って寄付金集めをした」ってコメントしているようだ。こうなったらペテン総理の嫁も含めて関係者全員を国会に呼んで締め上げるしかないんじゃないのか。

私立小へ国有地売却 首相「関係があれば辞任」

 でもって、「安倍晋三記念小学校」の系列の塚本幼稚園がヘイト文書を配布したことについて、大阪府のチンピラ知事・松井君がこんなコメントをしている。「表現の自由があるとしても、下品な言葉は言わない方がいい」(東京新聞より)とさ。違うだろ。「よこしまな考えを持った在日韓国人や支那人」なんて文言のどこに表現の自由があるもんですか。「下品な言葉」だからダメなのではなくて、それが「差別」を意味しているからこそ批判されていることが重要なのだ。「ヘイト文書」を「下品な言葉」と矮小化するってことは、「差別」そのものを認めているってことになるんじゃないのか。

 それにしても、国有地払い下げ疑惑だけではなく、差別を助長する教育に余念のない学校法人に、総理大臣とその妻が関与しているということだけで、これはもう事件なんだよね。ひょっとしたら戦後最大級の疑獄事件に発展するかもしれない・・・なんて妄想も楽しい日曜の朝である目。

【2/18更新】森友学園(大阪市淀川区)と大阪・豊中の国有地 情報集約

“愛国”学校ができるまで 名誉校長は安倍総理夫人 投稿者 gomizeromirai

ttps://www.youtube.com/watch?v=XKaiweWAhKM

【くろねこの競馬予想】

府中の1600mダートは、スピードとスタミナが洋供される過酷なコース。というわけで、フェブラリーステークスはやはり中央での実績が問われる一戦。本命は、久しぶりにマイルに戻り、かつメンバー的にもハナに楽に立てることは間違いないコパノリッキー。ゴールドアリュールの弔い合戦としてもここは負けられない。相手は、どんな展開でもしっかりと追い込んでくるカフジテーク。
◎コパノリッキー、○カフジテーク、▲ゴールドドリーム、△サウンドトゥルー、ベストウォーリア、エイシンバッケン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

「目的が犯罪を実行することに一変」したと認められたら一般の団体にも共謀罪適用&「安倍晋三記念小学校」の系列幼稚園がヘイト文書配布!

「一般市民が対象になることはあり得ない」。共謀罪を説明する時の、これが常套句だったんだが、とうとう化けの皮が剥がれたようで、「もともと正当な活動を行っていた団体についても、目的が犯罪を実行することに一変したと認められる場合には、組織犯罪的集団に当たり得る」から共謀罪適用の対象になると説明を変えてきたってね。

性質一変なら「普通の団体」も処罰 「共謀罪」政府統一見解 

 ここで問題になるのは、だったら誰が「目的が犯罪を実行することに一変」と認めるのかということだ。それは捜査機関です、ってのが心の裡なんだろう。これが通れば、もう何でもありです。たとえば、改憲反対の市民団体のデモで、警察に対する暴力行為があったということでひとりでも逮捕されたら、「目的が犯罪を実行することに一変」したとして「組織犯罪的集団」として監視対象になることだって十分に考えられる。

 昨日の共謀罪に反対する集会で、中野晃一上智大学教授が「合意したとされると共謀罪になる。戦闘を武力衝突、墜落を不時着など言う政権が、合意を認定することが恐ろしい」とコメントしていたが、同じようにそんな政権にある日突然、「目的が犯罪を実行することに一変」したなんて言い掛かりつけられたらたまったもんじゃありません。

 そもそも、「共謀罪がなければ東京オリンビック・パラリンピックの開催ができない」なんて臆面もなく口にすること自体おかしな話で、これは明らかなオリンピックの政治利用なんだね。そういう視点からだって共謀罪を批判することはできるんだから、スポーツ界からだってもっと共謀罪について声が上がってもいいもんだろうに、だめなんだねこれが。

 ところで、国有地払い下げ疑惑の「安倍晋三記念小学校」なんだが、名前を借用することについてはどうやらペテン総理の内諾を得ていたってね。そうなると、ペテン総理にもいろいろと責任が降りかかってくるわけで、まずは教育基本法違反疑惑について説明してほしいものだ。

 教育基本法14条の2項には「法律に定める学校は、特定の政党を支持し、又はこれに反対するための政治教育その他政治的活動をしてはならない。」とありますからね。日本会議の息がかかっていることはもちろん、教育理念にある「教育勅語素読・解釈による日本人精神の育成(全教科の要)。」なんてのだって、当然ひっかかってくるでしょうね。

安倍晋三記念小学校、名前を許可したのは安倍晋三氏だった!野党時代に許可!関係者「安倍首相は偉人」

 ま、昨日のエントリーでも書いたように、系列幼稚園が、「よこしまな考え方を持った在日韓国人や支那人」なんてことが書かれた文書を保護者に配るような学校法人ですからね。そんなところに夫婦ともども関わっていること自体、弾劾の対象ですよ、ったく。

大阪の幼稚園 保護者向けにヘイト文書…府が聴取

Photo
こんな文書も保護者に渡していたそうだ。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2017年2月16日 (木)

「安倍晋三記念小学校」の国有地払い下げ疑惑は、世が世ならば総理大臣の首が飛ぶほどのスキャンダルだろう。

 金正男が暗殺され、マイケル・フリンが更迭され、さらに加えてタレントのカルト集団への出家なんてのまであって、新聞・TVは連日の大騒ぎ。でもねえ、もっと凄いスキャンダルがこの国では進行中で、世が世ならば総理大臣の首が飛ぼうってほどのものなのに、一部を除いてほとんどの新聞・TVはスルーしている。TVのワイドショーには格好のネタなのに、何やってんだか。「メディアがスルーしている時点でホントなんだろう」という身もふたもない意見をどなたかがつぶやいていたのには笑っちまった。

 でもって、そのスキャンダルなんだが、言わずと知れた学校法人森友学園による国有地払い下げ疑惑のことだ。それだけでなく、ある思想のもと戦前回帰の教育を施そうとする小学校に、事もあろうペテン総理の名前が冠され、そのための寄付金集めまで行なわれているってんだから、これがスキャンダルでなくして何であろう。

 昨日の国会で、ようやく国有地払い下げ疑惑が取り上げられたようだが、答弁にたった政府側の担当者とやらが、「この朝日新聞の見出しでございますが、森友学園から朝日新聞に対して事実誤認であると明確に伝えると共に、記事の修正も依頼していると聞いております」って口にしたそうだ。

 事実誤認ねえ。具体的にどういうところが事実誤認なのか、ここは学校法人森友学園の関係者を呼んで追求して欲しいものだ。学校法人森友学園の傘下には「教育勅語」を暗唱させることで有名な塚本幼稚園というのがありまして、そこをペテン総理の嫁が訪れた際に、「安倍首相ってどんな人ですか?」と問われた園児が「日本を守ってくれる人」と答える姿を目にして感動したというエピソードが伝わっている。

田中龍作ジャーナル
【大阪発】「安倍晋三記念小学校」国有地払い下げ疑惑 法律家らが現地調査

 そんなんだから、当然幼稚園には批判の声が上がったんだが、それに対して「インターネット上での当園に対する 誹謗・中傷記事について」という文章が幼稚園のホームページに掲載されている。そこには、なんと、「現在、法的措置を含めた厳重な対応を進めておりますが、当園は、日本精神をとりもどすためにも、日本に在住する極めて少数派のK 国・C 国等の人たちのこういった行為に対して、断固として立ち向かう所存です。」としたためられている。いまでこそ、「K 国・C 国等」となっているが、掲載された当初は「韓国」「中国」とハッキリと記載されていたそうだ。

 だったら、その根拠はいかに、ってなもんなんだが、これってもはやヘイトそのものなんじゃないのか。教育方針には「先人から伝承された日本人としての礼節を尊び、それに裏打ちされた愛国心と誇りを育て」とあるが、この表記のどこに「日本人としての礼節」があるのだろう。

国有地9割引ゲットの「愛国小学校」、運営母体の森友学園が在日中国・韓国人にヘイトスピーチをしていた

 さあ、朝日新聞の記事のどこに事実誤認があるのか。まさか、「K 国・C 国等の人たち」の陰謀だなんて言うんじゃないでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

国有地払い下げ疑惑の愛国小学校が「安倍晋三記念小学校」の名目で寄付を募っていた!?&やっぱり日米FTA強要されてたようだ&保育所でも国旗に国歌!!

 金正男が北朝鮮女性工作員(?)に毒針で刺されて死亡。本当だとしたら、なんともベタな暗殺仕掛けてくるもんだ。おお、コワっ!

そんなことより、日本会議役員が理事長でペテン総理の嫁が名誉校長の国有地払い下げ疑惑の小学校なんだが、なんとまあ、「安部晋三記念小学校」という名目で寄付を集めていたってね。2日程前からその払込取扱票がネットで出回っていて、その信憑性がいまひとつだったので成り行きを見守っていたところ、どうやら本物らしいとなってきたようだ。

1
クリックすると拡大します。

 てことは、ペテン総理は夫婦揃って「忠君愛国」を校是とする小学校の新設に深く関わっているってことだ。そうなると、国有地払い下げ疑惑にも一枚噛んでいるだろうことは容易に想像がつくことで、場合によっては「あっせん利得」の疑いだって出てくるかもしれない。

 さらに言えば、こんなガチガチの戦前回帰教育を目指す小学校が「安部晋三記念小学校」と謳われていることについて、ペテン総理には説明責任があるだろう。これって、ナチス教育を旗印にする学校にドイツの首相が名前貸すようなもんで、ああそうですかで済む問題ではありません。メディアはタレントが幸福の科学に出家したなんてことで大騒ぎしてる場合じゃないと思うけどねえ。

国有地を7分の1の値段で取得“愛国カルト小学校”の名前は「安倍晋三記念小学校」だった! 保護者にヘイト攻撃も

 ところで、日米共同声明に「日米自由貿易協定(FTA)の締結を目指す」という文言を入れるようにアメリカから要請されていたってね。ほらきた、ってなもんです。やっばり、ゴルフ会談では日米FTAだけでなく相当に突っ込んだ脅しをかけられたんじゃないのか。そう言えば、TPPはどうしたどうしただね。訪米前には「今後もTPPの重要性を訴えていく」って喚いていたくせに、いまやTPPのTの字も口にしなくなっちゃいましたからね。おそらく、日米FTAの言質を取られちゃったに決まってます。

米、FTA締結を共同声明に要求 日本は難色、表現修正

 最後に、保育所でも3歳以上の幼児を対象に「国旗と国歌に親しむ」ように指導していくんだとさ。厚労省の役人は「国旗掲揚や国歌斉唱を強制するものではない」とエクスキューズしているが、「国旗国歌法」の時も同じように言ってたんだよね。それがいつのまにか教育現場で強制されてますからね。「安部晋三記念小学校」と同じで、このニュースは相当にきな臭いと思ったほうがいい。

<厚労省>保育所 3歳以上に国旗や国歌の文言

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2017年2月14日 (火)

トランプのご意向を各国首脳に伝える役目を仰せつかったらしい。とんだスネ夫ぶりだこと。情けないったらありゃあしない。

 昨夜は、歌舞伎町からゴールデン街を経巡り、4軒はしご。さすがに途中からの記憶が途絶えているんだが、よくもまあ無事帰ってこられたものだ。

 というわけで、ボーとした頭で国会中継を観ていたら、湯上りの口先番長・前原君がペテン総理に質問をしていた。「とかくの噂のあるトランプに会って悦に入っている場合か」みたいなことを口にしていたんだが、なんとも生温い内容で、「お前こそそんな気の抜けた質問している場合か」とついつぶやいてしまったのであった。

 でもって、ペテン総理はといえば、3月にドイツに行ってメルケルと日米首脳会談の内容を協議するとしたうえで、「日本は(世界が)分断されないよう役割を担っている。大きな責任を担っている」とさ。

首相、3月にメルケル独首相と協議 衆院予算委で表明 

 ようするに、トランプのメッセンジャー役ってことですね。なんのことはない、ジャイアンにこびへつらう見事なまでのスネ夫ぶりではあります。この分だと、ゴルフ会談の最後の9ホールでとんでもない約束させられちまったんじゃないだろうか。桑原桑原、ってなもんです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

北朝鮮のミサイル発射もまるで他人事のトランプ。ペテン総理がどんなにおべっか使っても、これが「強固な日米同盟」の正体です。

 北朝鮮が絶妙のタイミングでミサイル発射して、日米会談に茶々入れてきたようで、なんともわかりやすい首領様だこと。で、こりゃあへーんだってんで、ペテン総理が記者会見するところに、なんとトランプがしゃしゃり出てきたもんだから、どんな悪態つくのかと半分期待していたらこれがとんだスカでした。

 ペテン総理に「どうぞお先に」とばかりに発言を促すだけで、トランプはまるで他人事のように殊勝な顔して立ちんぼしているだけ。で、「北朝鮮のミサイル発射は断じて容認できません。北朝鮮は、国連決議を完全に順守すべきです」というペテン総理のお決まりの抗議声明が終わると、これまた静かにもマイクの前に進むと「ありがとうございます、首相。皆さまに申し上げたいのは、アメリカは偉大な同盟国である日本と100%、ともにあるということです。ありがとうございました」で会見は終了。なんのこっちゃであります。

・トランプ大統領は一言だけ。北朝鮮ミサイル発射への声明、安倍首相と温度差

 そもそも、北朝鮮のミサイル発射はアメリカへのメッセージなんだよね。大統領選の最中に、トランプは金正恩をアメリカに呼んで会談してもいいみたいなこと口にしてたくらいですからね。ひょっとしたら核開発と引き換えに経済援助をおねだりできるかもしれないなんてことを金正恩が考えたとしても不思議じゃない。とにかく、オパマの時からアメリカの直接対話が北朝鮮の狙いなんだから。

 ああそれなのに、トランプの発言はまるで他人事。日本の抗議は支持するよ・・・くらいの軽いノリなんだね。トランプってけっこう小心者なのかもな。ここで北朝鮮刺激したらヤバイかもなってブルっちゃってたりして。北朝鮮のミサイルに対するトランプの他人事発言聞いてると、ペテン総理がさも日米会談の成果のように口にする「強固な日米同盟」なんて、しょせんは絵に描いた餅なんだろう。

 「トランプはクソだが、安倍はそのクソにたかるハエだ」ってどこかの海外メディアが評してたとか。その心は、一番嫌われるのはクソよりそこにたかるハエの方だってことだ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2017年2月12日 (日)

「尖閣に安保適用」って、辺野古基地建設工事再開を手土産にして見返りはそれだけか。阿呆くさっ!&国有地払い下げ疑惑と同時に、総理大臣の嫁が「日本で初めてで唯一の神道の小学校」の名誉校長に何の躊躇いもなく就任しているという節度のなさも大いに問題だ。

 いやはや、ペテン総理のキンキラキンのネクテタイには笑っちまった。そこまでおべっか使うか、日本の総理大臣が、ってなもんです。あろうことか、共同記者会見では、「ネバーアップ、ネバーイン(届かなければ入らない)」なんて有名なゴルフの格言まで口にして、歓心を買う始末だ。ちなみに、東京新聞「筆洗」によれば、球聖と賞賛されるボビー・ジョーンズはこの格言が嫌いで、「あれは強く打ち過ぎて失敗した時の言い訳だ」とにべなかったとか。ペテン総理のトランプへのおべっかも、「過ぎたるは及ばざるごとし」になる危険性が大いにあるってことだ。

異論なし褒めちぎって日米蜜月 米メディア「おべっか」

 でもって、おべっかのおかげなんだろう。「尖閣は安保適用」なんてリップサービスを引き出して悦に入っているんだからどうしようもない。尖閣に安保適用なんてのはオバマの時から変わらない方針で、そのために安保5条「日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する。 」があるんだね。

 しかし、ここ問題になるのは、ひとつが「施政権」ってところで、実は尖閣に関しては日本は領有権を主張している。でも、アメリカは領有権に関しては日中で話し合えってスタンスで、そこは今回の日米会談でもまったく変わっていない。だから、改めて「尖閣に安保適用」なんてことをアピールされてもねえ。

 さらに言えば、尖閣で何かあったって、トランプの号令一下、米軍が賭け付けてくれるわけではない。安保5条の後段にある「自国の憲法上の規定及び手続に従つて」というところがミソなんだね。アメリカが海外に軍隊派遣するには議会の承認が必要なんであって、それが「自国の憲法上の規定及び手続」にあたるって寸法だ。

 ようするに、辺野古基地建設工事再開という手土産持って行ってその程度の見返りかい、ってなもんです。

 ところで、10日のエントリーで紹介した、日本会議役員が理事長でペテン総理の女房が名誉会長の「愛国教育」小学校への国有地払い下げ疑惑なんだが、なんでもゴミ処理代が8億円かかったからその分控除したって財務局が言い訳している。でも、別の学校法人からはゴミ処理代考慮しても約5億8千万円でオファーがあったというから、やっぱり何らかの政治的配慮があったと疑われても不思議じゃない。

 ちなみに、別の学校法人が見積もったゴミ処理費用は2億5千万円だったとか。これは、ほぼ相場に近い額で、財務局が「愛国教育」小学校に控除したという8億円がいかにベラボーな金額かわろうというものだ。

国有地売却額、一転公表 「ごみ処理費8億円控除」

 不透明な国有地払い下げもそうだが、同時に総理大臣の嫁が「日本で初めてで唯一の神道の小学校」の名誉校長に何の躊躇いもなく就任しているという節度のなさに暗澹たる思いにとらわれる今日この頃なのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 稲田朋美 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM