安倍晋三

2020年4月 7日 (火)

「緊急事態宣言」するけど、「休業・生活補償」はしないから、これから先も「自己責任」!!

 緊急事態宣言の朝である。で、新聞・TVは、「自粛要請」が強化されるくらいで市民生活が大きく規制されることはないと盛んに強調している。そんな中でとても不思議なのは、緊急事態宣言が現実のものとなったとたんに、本来セットでなくてはならない「休業補償」や「生活補償」がどこかへ飛んじゃってるんだね。

 そのくせ、「1世帯30万円」って数字だけがひとり歩きしちゃって、初老の小学生・ペテン総理の実質の伴わない大風呂敷ばかりが誇張されている。経済対策108兆円なんて言ってるけど、現金給付はわずか6兆円。国民1人当たり6万円くらいにしかならないんだよね。

 しかも、緊急事態宣言による休業の場合は、企業は休業手当を支給する義務はないということになっている。つまりは、休業期間の生活費は自分でどうにかしろってわけだ。「緊急事態は自己責任」って、洒落にもなりません。

現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

【新型コロナウイルス】労働者の給与補償、諸外国ではどうしている?<デンマーク、ドイツ編>

「一世帯に30万円給付」は高いか安いか――海外のコロナ補償との比較

Photo_20200407065301

 こんな宣言するくらいなら、もっと早いうちに「休業・生活補償するからしばし家で待機」って方針を打ち出した方がよっぽど効果があっただろうに。ここまで感染が拡大したタイミングでの緊急事態宣言って、いかにペテン政権の危機管理能力が貧困かってことの証明みたいなものだろう。

 このままだと、「欲しがりません勝つまでは」の時代ように、無能な政治家のおかげでみんな飢え死にすることになりますよ。


| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

アメリカ大使館が「在日アメリカ人の帰国準備」を通達・・・PCR検査に消極的なペテン政権の下では命が危ない!!

 新型コロナウイルスの1日の感染者が350人を超え、東京だけでも118人が新たに感染していたってね。倍々ゲームで増え続ける感染者に対して、いまひとつさだかでないのが検査数だ。何人を検査した結果の感染者数なのか。つまり母数がわからなくては、どれだけの感染率なのか見当もつかないんじゃないだろうか。

<新型コロナ>都内118人新たに感染 81人が経路不明 5人死亡

国内感染者4203人 死者は95人に 帰省中の若者から感染例 新型コロナ

 だからこそ、WHOはとことんPCR検査をしろと勧告しているんだろうけど、どうもこの国の為政者はマスクを配ることにご執心で、PCR検査についてはなぜか消極的なんだよね。こんなんだから、アメリカ大使館は「日本に滞在中のアメリカ人に対し直ちに帰国するよう呼びかけ」たんだね。

「日本政府がウイルスの検査を広範に行わないと決めたことにより、新型コロナウイルスの感染率を正確に把握することが難しくなっている」

と指摘した上で、

「数週間後に日本の医療システムが今までのように機能しているかを予測するのは難しい
「持病をかかえるアメリカ市民がこれまで日本で受けてきた治療を受けられなくなる恐れがある」

と警告しましたとさ。これって、日本にいたら命が危ない・・・って言われたのも同じだろう。

訪日米国市民は帰国準備を、在日米大使館が呼びかけ

 PCR検査については、新型コロナウイルスに感染したタレント、森三中の黒沢かずこの状況報告として「病院行っても、検査してくれなくて、粘って粘って、頼みこんで、やっと今週水曜日検査してくれたんです!なかなか検査してくれない!これが怖い!」って放送作家の鈴木おさむが激白しとります。

「森三中」黒沢かずこ、新型コロナ恐怖の実態…粘って頼み込んで検査してもらっていた

 アメリカ大使館が帰国勧告する中で、初老の小学生・ペテン総理は、「緊急事態宣言」をチラつかせるものの、いまだ優柔不断な態度をとり続けている。そんな重い腰を持ち上げるかのように、ぼったくりバーのチーママ小池君や大阪のネズミ男・吉村君は「緊急事態宣言」をせっついている。

 これって、休業補償などの給付金政策を議論している場合じゃないぞ、っていう環境づくりをしているってことじゃないのかねえ。ははは、いつもの妄想だけど・・・。

【くろねこの競馬予想】

 2000mのG1、大阪杯は、1800~2000mが適正距離のダノンキングリーにとってまたとないチャンス。これを逃すと、秋の天皇賞まで待たなくてはいけないから、ここはメイチで勝負。相手は、休養明けのローテーションにも実績があるワグネリアン。大外に回ったクロノジェネシスはちょっと割引か。
◎ダノンキングリー、○ワグネリアン、▲クロノジェネシス、△ラッキーライラック、プラストワンピース、マカヒキ、ロードマイウェイ

| | コメント (1)

2020年4月 2日 (木)

「2枚の布マスク配付」(安倍晋三)・・・お肉券、お魚券の次はこれか!! マジか!! 終わってるな、この国は!!

 お肉券やお魚券が思いの他笑いを誘ったのに味をしめたわけじゃないだろうね。なんと、「全国のすべての世帯を対象に1つの住所当たり2枚ずつ、布マスクを配布」してくれるんだってさ。エイプリールフールという絶妙なタイミングもあって、コロナ大喜利が受けに受け取ります・・・って、舐めとんのか!

 でも、違和感あったんだよね。何かって、国会議員のシェンシェイたちが一斉にマスクをつけ始めた時に、初老の小学生・ペテン総理だけ昭和の給食マスクを彷彿とさせるスタイルだったことだ。昨日の「マスク2枚配付」でその違和感が氷解しました。そっか、事前にガーゼマスクのアピールしてたのね。

 どこの業者と手を組んだかは知らないが、マスクを配布する費用だってハンパじゃないだろうに。周辺に侍っているお稚児さんたちはこんなしょうもない政策聞かされて「へへ~、ごもっとも」とでも思ったのかねえ。だとしたら、もうこの国は終わってますね。

 アメリカやヨーロッパ、さらには香港、韓国だって真っ先に現金給付に着手してるってのに、「マスク2枚」、それも1世帯にってんだからなんとも「美しい国」だこと。

 というわけで、外出自粛のストレス解消にちょいとひと走り。実は、高校時代のナンチャッテ陸上部の血が騒ぎだして、去年の夏から本格的に走り始めたのであった。ハーフマラソンの距離はどうにかこなすまできたんだけど、いやあ、まさかコロナ・ヒステリーがくるとは思ってなかったから、かっこうのストレス解消なんだね。こういうのを「怪我の功名」と言う・・・って違うか。今日のところは、お後がよろしいようで。

1住所当たり2枚の布マスクを配布の方針 安倍首相

| | コメント (3)

2020年3月29日 (日)

不要不急の会見で、「終息の見通しを答えられる首脳は一人もいない。私もだ」(安倍晋三)・・・だったらオリンピック1年延期の根拠は何だ!!

 緊急事態にあって、およそ国のトップが会見する時というのは、具体的な政策をしっかりした根拠の元に提示して民心の安寧を図るものだ。あのトランプでさえ、日本円にして約237兆円の経済対策をブチ上げ、ロシアのプーチンに至っては「3週間家にいるか、3年間刑務所に行くかだ」と感染防止のための外出禁止を強く訴えたという噂もある。こうした強いメッセージを発信するには、それだけの覚悟ってものがあるんだね。それが政治への信頼感にも繋がっていく。

 ああ、それなのに、週末恒例になった初老の小学生・ペテン総理の会見のなんとも侘しいことよ。「これまでにない」「前例にない」「政府をあげて」「思い切った」「きめ細やかな」「大胆な」「力強い」「かつてない規模の」なんていう修飾語の羅列で、まったく具体的な政策が見えてこない。ようするに、不要不急の会見だったわけで、ペテン総理のただの決意表明なんだね。それも用意した原稿を読むだけの朗読会なんだから、誰の心にも響くわけがない。

首相、東京都「現段階で緊急事態宣言はないが、瀬戸際」

 そんな中でも、笑えるところがいくつかあって、新型コロナウイルス終息の見通しを問われて、

「答えられる首脳は一人もいない。私もだ」

だとさ。おいおい、だったらオリンピックの1年延期って何を根拠にしてるんだ。終息の見通しがたたなければ無意味だろう。

終息見通し「答えられない」と首相

 さらに、現金給付に関しては、「当面のキャッシュ(現金)がない人」が対象なんだと。てことは、キャッシュがあるかないかを選別しなくちゃいけないってことだ。その作業だけでもどれだけの経費がかかることか。緊急事態ならばこそ、無条件に一律でまとまった現金給付することが必要なんだよね。

首相記者会見 首相、現金給付の意向表明

 ペテン総理の会見ってのは「やるやる詐欺」みたいなもんなんだが、そのくせ森友学園疑獄の公文書改竄の再調査はしないとキッパリなんだから、ひょっとしたら昨日の会見は同時刻に放映の森友学園疑獄がメインだったTBS『報道特集』を潰すためだったんじゃないのか・・・なんて妄想をしてみた寒の戻りの日曜の朝である。


【全編】安倍首相が記者会見 新型コロナ対応や追加の経済対策説明(2020年3月28日)

【くろねこの競馬予想】

 無観客で行われる初のG1、高松宮記念。馬場がかなり渋っているはずで、スピードだけでなくスタミナも要求されそうだ。本命は、タワーオブロンドン。5ケ月の休養明けをひと叩きして、ここが目標のローテーションに好感がもてる。相手は、グランアレグリア。ぶっつけではあるが、マイルの実績を考えればスタミナの要求される馬場はピッタリか。穴では、重馬場得意のシヴァージに期待。
◎タワーオブロンドン、○グランアレグリア、▲ダイアトニック、△アウィルアウェイ、ダノンカスマッシュ、モズアスコット、アイラブテーラー、注シヴァージ

| | コメント (2)

2020年3月28日 (土)

「新型コロナウイルスはすべての世代が注意を要する」(WHO)。何をいまさら。まるで「高齢者の病気」であるかのようにミスリードしたのはどこのどいつだ!!&「レストランに行ってはいけないのか」(安倍晋三)・・・笑止!!

 東京都の予算が成立したんだが、新年度予算に3年続けて反対していた自民党が今回はすんなり賛成。オリンピック延期が決定してからというもの、やたら接近している初老の小学生・ペテン総理とぼったくりバーのチーママ小池君の関係を考えれば、なんともわかりやすい。ようするに、コロナ・ヒステリーに乗じて、「緊急事態宣言」「首都封鎖」でタッグを組みつつ、解散総選挙&都知事再選を視野に入れているってことなんだね。でも、チーママ小池君は、「都知事は1期だけ」って言ってたなかったっけ。食えない狸だ。

 そんなことより、新型コロナウイルスだ。とうとう、1日の患者数が100人を超えて、どこまで続く泥濘ぞ、ってな状況になってきた。そんな中、WHO(世界保健機構)が「新型コロナウイルスは高齢者だけでなく、すべての世代が注意を要すると警告」したってね。何をいまさらと思う。

国内感染確認109人、初の100人超え 東京が40人

新型コロナ、全世代が注意を 50歳未満の15%は中・重症 WHO

 そもそも、新型コロンウイルス発生の当初から、「高齢者が危ない」「若者は大丈夫」という刷り込みをしていたのが間違いなんだね。確かに、統計上からはそうした事実があったのだろうけど、未知のウイルスとの戦いの中ではそうした断定的な情報をWHOが流していることにとても違和感があった。実際、20代、30代でも死者は出ていたわけで、明らかににWHOのミスリードだったと思う。

イギリスで21歳女性が死亡、「基礎疾患なかった」 新型コロナウイルス


感染した女性が動画公開 コロナ意識の低い若者に対する警鐘

 いまになって、メディアは「若者への情報発信」てなことを声高に叫んでいるけど、WHOからの情報を無批判に垂れ流した罪は大きいんじゃなかろうか。さんざん「高齢者が危ない」って刷り込まれてたんだから、そりゃあ若者が新型コロナウイルスを甘く見ているのもむべなるかなってもんです。WHOは、先週の会見で「君たちは無敵ではない」と若者に向けて警告したけど、遅きに失した感は否めない。

 もっとも、世界中が自粛ムードの中、女房の花見がばれても「レストランに行ってはいけないのか」と見当違いの逆切れする虚けがトップに居座るこの国では、どんな警告も馬耳東風、馬の耳に念仏ってなもんです。

| | コメント (4)

2020年3月25日 (水)

「おおむね1年程度延期」で合意。「任期中の五輪開催」にこだわった土下座交渉の成れの果て!!&「現金給付は貯金するから商品券」(麻生太郎)。どうせ利権絡みだろ・・・しょぼ!!

 オリンピックは「おおむね1年程度延期することを軸として検討」することで合意だとさ。でも、「おおむね1年程度」ってあまりにも曖昧だし、そもそも「1年程度」で新型コロナウイルス騒動がおさまるという根拠があるのか。

 こんな決定を新聞・TVは「首相が提案」だの「日本が主導」なんて与太飛ばしてるけど、実際は初老の小学生・ペテン総理が自らの任期中にどうしても開催したいから土下座交渉したんじゃないのかねえ。今後問題になるであろう様々な補償問題なんかも、日本がすべて責任もつとかなんとか言ったんじゃないのか。

<新型コロナ>東京五輪、来夏に延期 首相提案をIOC承認

首相主導の五輪、難局 1年延期 在任中に開催

 それにしても、オリンピック延期をどうしてペテン総理とバッハの二人で決められるんだ。そもそも、オリンピックってのは都市が開催するもので、ここは都知事たるチーママ小池君の出番じゃないのか。オリンピック憲章には「オリンピック競技大会を開催する栄誉と責任は、オリンピック競技大会の開催都市に選定された1つの都市に対し、IOCにより委ねられる」って明記されてるんだぜ。

 結局のところ、一番迷惑だと思っているのはアスリートたちで、これまで公式に彼らの意見を聴取する場なんか設けられてませんからね。オリンピックがいかにスポーツ貴族と政治家による利権のためのツールに成り下がっているか、それがわかったことが最大の収穫だったりして。

 ところで、新型コロナウイルス対応の緊急経済対策で現金給付が注目されてたんだけど、なんと「貯金しちゃうから商品券」てなことをひょっとこ麻生がのたまってくれたってね。馬鹿だねえ。経済的に逼迫している人たちってのは、家賃や光熱費の支払いにも困っているわけで、商品券なんか貰ったってどうにもならないんだよね。

 だいたいですね、緊急経済対策ってのは景気を活性化するのが目的じゃなくて、いま困っている人を助けるものだってことをひょっとこ麻生は理解できていない。だからまたぞろ商品券なんて発想になっちゃうんだね。商品券刷るには別枠で予算とらなくちゃいけないんだから、これもまた余計な支出になる。

 おそらく、商品券にはそれなりの利権も絡んでいるんだろうね。ここでまた一儲け・・・北九州のタコ部屋の親分の血筋が考えそうなこった。クソっ!!

感染拡大で緊急経済対策 商品券配布と給食費免除浮上

| | コメント (3)

2020年3月21日 (土)

森友学園疑獄の追及が恐くて、コロナ対策の記者会見をドタキャンしたチキン野郎!!

 この2、3日、突然、『100日後に死ぬワニ』なる4コマ漫画が話題になって、昨日がその100日目ということでちょいと気になっていたんだが、蓋を開けたら電通の仕切りによる露骨なまでのビジネスってことが暴露されちゃって、なんだかんなあの土曜の朝である。

ネットゲリラ

 そんなことより、19日の専門家会議の提言を受けるような形で、初老の小学生・ペテン総理が会見をするという話だったのに、対策本部の会合で言いたいこと言って逃げちゃいました。分かりやすいったりゃ、ありゃあしない。ようするに、森友学園疑獄で自らの発言で死に追いやった職員の「手記」が発表されて、こんなタイミングで記者会見したらどんな質問が飛んでるかわからないからってことなんだね。

 で、対策本部の会合では、やたら「専門家会議の分析・提言を踏まえて」とか「専門家から見解が示されたことから」とか、専門家会議を全面に押し出して、独断専行した「政治的判断」によりどんなメリットあるいはデメリットがあったのかの反省は一切なし。あたかもリーダーシップを発揮したかのような演出に失敗して、今度は専門家会議に責任なすりつけようってんじゃないだろうね。森友学園疑獄で、赤木さんにそうしたようにさ。

「政治の責任」が「専門家の判断」に 首相強調、独断批判かわす狙い 一斉休校解除

<新型コロナ>首相会見なし 「森友」追及避ける思惑か

公文書改竄で自殺した近畿財務局職員の「手記」を手に、私は石破茂に会いに行った

 ところで、赤木氏の「手記」が載った週刊文春は売切れとか。でも、こちらのサイト↓で読めますよ。まだの方は、是非ご一読を。

「すべて、佐川局長の指示です」自殺した職員の手記全文

| | コメント (1)

2020年3月20日 (金)

「パワハラで有名な佐川氏の指示には誰も背けないのです」・・・公文書改竄だけでなく、労災問題としても裁判起こせるんじゃないだろうか!!

「財務省で麻生大臣の下で事実を徹底的に明らかにしたが、改ざんは二度とあってはならず、今後もしっかりと適正に対応していく」(安倍晋三)
「手記に基づいて新たな事実が判明したとはまだ読んでないから分かりませんが、大きな乖離があるであろうとは考えていない」(麻生太郎)

 どの口が言うか、ってなもんだが、ひょっとこ麻生の言い草って、つまりは「手記」を読んでいないってほざいてるってことだ。なんて野郎だ。俳優の伊勢谷友介が「この問題国民として放っておいて良いわけない」とツイートしているけど、まさにおっしゃる通りで、そもそも財務省の調査ってのは身内でヒアリングしたってだけの話で、透明性も公平性も皆無なんだね。

 ここは改めて第三者委員会を設置して、財務省とは何の因果関係もないメンバーで再調査すべきだろう。関電の金品授受だって、第三者委員会(問題がないわけではないが)が調査したことで、それまで埋もれていた事実が明るみになったんだからね。

  そのためには、「国民として放っておいて良いわけない」という機運こそがいま必要なんであって、それをリードするのが本来のジャーナリズムのあり方なんだろうけど、果してどうなることやら。できれば、財務省の中からも、新たな告発が出てきて欲しいものなのだが・・・。

 ところで、「手記」の中に「パワハラで有名な佐川氏の指示には誰も背けないのです」というくだりがあるんだけど、赤木氏の自死って労災に当たるんじないかという意見があるそうだ。そういう視点から裁判を起こすことで、シュレッダー佐川を追い込めるんじゃないかってわけだ。いやあ、これってありだと思うんだけど、どうなんだろう。

 とにかく、森友学園疑獄を決着済みとさせないためにも、あの手この手でペテン総理を筆頭とする公文書改竄グループを摘発したいと思う今日この頃なのだ。

「悲しすぎる…」森友で自死職員の妻 麻生財務相「再調査せず」発言に

森友学園問題を考える会・木村豊中市議「幕引きさせない」

近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」は財務省・佐川局長だけの責任じゃない 事実上、安倍首相の指示だった

「佐川さんご家族ももう幸せじゃない...かわいそう」森友問題なぜ遺族は裁判に踏み切ったのか 手記託された記者出演

| | コメント (1)

2020年3月19日 (木)

官僚を公文書改竄に駆り立てたペテン総理とその隠蔽に手を貸したひょっとこ財務大臣、そして実名で告発されたキャリア官僚に呪いあれ!!

「私や妻が関係していたということになればこれはまさに私は間違いなく総理大臣も国会議員も辞めるということは、はっきりと申し上げておきたい」

 初老の小学生・ペテン総理のこの答弁から始まった財務省の公文書改竄。いわば、総理と官僚がタッグを組んだ“犯罪”を告発する手記は、まさに権力に追い詰められた“虐げられし者”の慟哭ですね。権力による殺人と言っても過言ではない。

 改竄に関わったキャリア官僚が人事異動で身を隠す中、ひとり取り残された赤木氏の立場はまさに「生贄」そのものだ。おそらく、改竄がスタートしたその時から、赤城氏ひとりに罪を擦り付けるというシナリオが出来上がっていたに違いない。なんとも狡猾な野郎どもだこと。

○刑事罰、懲戒処分を受けるべき者
 佐川理財局長、当時の理財局次長、中村総務課長、企画課長、田村国有財産審理室長ほか幹部
 担当窓口の杉田補佐(悪い事をぬけぬけとやることができる役人失格の職員)

 こうまで実名をあげて糾弾された関係者たちは、すべて出世街道をひた走り、駐英公使にまで上り詰めた者もいるんだよね。そうした中で、ひとり責任を押し付けられ、心を病んでいく赤木氏の手記が「慟哭」でなくて何であろう。

 ペテンもひょっとこも財務省も、まるで他人事のように木で鼻をくくったコメントを出しているが、民事裁判が始まれば、シュレッダー佐川をはじめとする改竄グループの者どもは証人として出廷することは避けられないだろうから、それまでは首を洗って待つこった。

森友 文書改ざん “指示もと 佐川元局長と思う”自殺職員 手記

「森友学園」問題 野党が合同検証チーム 職員の手記報道受け

森友学園めぐる文書改ざん問題 改めて陳謝 麻生財務相

自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」6人の実名! 佐川元理財局長含め彼らはいま……

| | コメント (2)

2020年3月18日 (水)

「すべて佐川局長の指示です」・・・森友学園疑獄で命を絶った財務省職員の遺書を公開!! おい、佐川!! 

 コロナ・ヒステリーに汚染される新聞・TVを嘲笑うかのように、文春砲が炸裂!! なんと、森友学園疑獄で公文書改竄に手を染めたことで自ら命を絶った財務省職員の遺書が公開された。亡くなられた当時から遺書の存在は噂されていたのだが、確認できていなかったんだね。それが公開されたのは、森友学園疑獄を追及し続け、そのためにNHKを辞めざる終えなくなったシャーナリストの執念の賜物なのだ。

 この遺書には、「すべて、佐川理財局長の指示です」「美並近畿財務局長に報告したと承知しています」など、公文書改竄の経緯が赤裸々に綴られている。おそらく、検察はこの遺書の存在を知っていたはずで、それでもシュレッダー佐川を筆頭とする公文書に関わったとされる官僚どもが不起訴処分になったのは、ひとえにその背景に初老の小学生・ペテン総理の私人の嫁がいるからなんだね。

 だからこそ、ペテン総理は国会で「私や妻が関係していたということになれば、それはもう間違いなく総理大臣も国会議員も辞める」と言い放ったわけで、そのおかげで公文書改竄が動き出したんだね。つきつめれば、財務省の職員の死に、ペテン総理は大いに関わっているということだ。

 テレビのワイドショーにとってはこんなおいしいネタはないはずなんだが、おそらくどの局もスルーするんだろうね。なんてったって、いまは緊急事態で、ここを乗り切って「ウイルスに打ち勝った証しとしての完全な形の東京オリンピック、パラリンピックを開催しよう」ってのがペテン総理のご意向なんだから、森友学園疑獄にかまけている場合か・・・ってなことに決まってます。

 桜疑獄、検察官定年延長、マルチ商法との怪しい関係・・・コロナなんかよりもっと大事な問題があるだろう・・・と敢えて言いたい今日この頃なのだ。

「すべて佐川局長の指示です」森友事件で自殺した財務省職員「遺書」入手

「佐川さんもかわいそう…」森友事件改ざんで財務省職員自殺 妻が佐川氏と国をきょう提訴

 

| | コメント (3)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新型コロナウイルス 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ IR汚職 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM