安倍晋三

2017年7月24日 (月)

仙台市長選、自民敗北! その夜に内閣支持率26%に急降下!!&「反対するだけでなく、各党が改憲の対案を」(安倍晋三)。それを言うなら、「現行憲法」が対案だ!!

 九州豪雨の次は秋田で大雨。やっぱり、地球が怒っているのか。

 大雨にみまわれている東北のなかで、ひとつの朗報が・・・仙台市長選で、野党が支援する無所属の郡和子氏が、自民党候補を破って当選。今週末には横浜市長選もあり、「カジノか学校給食か」を争点にした野党候補が、自民党が支援する現職を追い上げているようだから、ちょっぴり期待したい。

仙台市長選で自民敗北 郡氏初当選 都議選に続き連敗

・田中龍作ジャーナル
【横浜市長選】連合を敵に回して戦う市民派候補 労働者「給食は確実な希望」

 でもって、仙台市長選惨敗のその夜の毎日新聞の世論調査では、なんと内閣支持率が26%に急降下。自民党総裁任期延長にも62%が反対で、明らかにペテン総理に対する「NON」の声が高まっている。政策云々よりも、人柄そのものが否定されているわけで、こうなると内閣改造なんて小手先のことでは支持率がアップは望めない。内閣改造直後に解散総選挙なんて噂もあるようだけど、そんなのは夢のまた夢だろう。

内閣支持率続落26% 「総裁3選」62%否定

 そんな現状を知ってか知らずか、ペテン総理は日本青年会議所の会合で、「自民党は政権与党として責任感を持って憲法議論を深めていく。この夏に汗を流しながら(改憲項目を)絞っていく」って能天気に話したそうだ。

 さらに、「各党はただ反対するのではなく、『こう考えている』という案を持ち寄ってほしい」ともほざいたそうで、馬鹿言っちゃいけないよ。それを言うなら、「現行憲法」こそが対案だろう。

自民の改憲項目、首相「夏に絞る」 国会提出へ議論加速

 それにしても、「改憲(=壊憲)」に対するこの異様なまでの執着ってのは何なんだろうねえ。なんかもう、ペテン総理の存在そのものがアナクロというか、時代錯誤になっちゃってるんだね。そういう不吉な予感をおそらく一般大衆労働者諸君は感じていて、それが内閣支持率に反映しているのは間違いない。

 今日の加計学園疑獄をめぐる集中審査におけるペテン総理の態度いかんでは、内閣支持率は20%台前半まで急降下することだって十分に考えられる。そうなったら、「他に代わるひとがいない」なんて言ってられなくなりますよ。自民党の中で公然と倒閣の動きが出てきても何の不思議もない。そんな妄想に、心ウキウキする月曜の朝であった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

ANNの調査でも内閣支持率29.2%。ペテン総理は雲隠れして持病の治療中!?&「学校ビジネス」の旨味タップリの加計学園に群がった政治家、官僚、ジャーナリストの厚顔!

 ANNの世論調査の結果によれば、とうとう四捨五入しても30%を切るという悲惨な内閣支持率になっちまいました。なんとまあ、支持率29.2%だそうで、不支持率は54.5%に大幅アップ。これまでだと、支持率30%を切ると、ほとんどの政権が1年以内に崩壊してるんだが・・・。

 外遊から戻って以来、公の場に姿を見せないペテン総理の動向もちょいと気になるところ。ひょっとして、外遊中に悪化させたと噂の持病の治療でもしているのか。電撃的な辞任会見なんてのをちょっと夢見る連休明けの朝である。

安倍内閣支持率がついに20%台に ANN世論調査

内閣支持率が大幅下落“危険水域”に_なぜ民進党は“... 投稿者 gomizeromirai

 でもって、ペテン総理のアキレス腱となった加計学園疑獄なんだが、ザックリと言って補助金で回す「学校ビジネス」の旨味ってのがその根本にあるんだね。獣医学部新設の今治の土地は無償譲渡で補助金は96億円。銚子市の財政悪化の元凶とされる千葉科学大学は土地の無償貸与に補助金は77.5億円。倉敷芸術科学大学も土地の無償譲渡に補助金80億円がついてくるという大盤振る舞いだ。

 「学校ビジネス」には政治家や官僚との人脈づくりも重要なポイントだ。これもまた加計学園系列であるところの成田市の国際医療福祉大学医学部新設にまつわる官僚の天下りなんかその典型です。さらに凄いのは、マスコミからもかなりの天下りがあることなんだね。そう考えれば、昨日のブログで紹介した「萩生田が加計から月125万円の給料貰っていた」という話も、あながち噂と言い切れないものがある。というか、それこそが実体なのだろう。

加計学園とは何者か 特別長編レポート「学校経営を家業にした一族」

政治家や官僚OBにマスコミOBまで手中に…“医学部新設”で凄まじき政治力とカネを巻き上げた『国際医療福祉大学』のドス黒い正体

Photo

Photo_2

 集中審査を実りあるものにするには、やはりペテン総理の「ばくしんの友」じゃなかった「腹心の友」である加計孝太郎君にも出席してもらわないことには話しになりません。主犯のひとりが集中審査に欠席となれば、それこそ画竜点睛を欠くというものです。さらに言えば、往生際における身の処し方にそのひとの器量が現れる。理事長、出てこいや!!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2017年7月14日 (金)

加計学園問題の集中審議決定のその夜に、ペテン総理は鮨友集めて悪巧み&労働貴族の連合が「残業代ゼロ」政策にゴーサイン・・・阿呆か!

 加計学園疑獄をめぐる予算委員会での集中審議を拒否していた自民党が、突然開催に応じることになったそうだ。ペテン総理と電話で協議した結果、集中審議を受け入れることになったってのがその理由だそうで、なんのことはない最初は拒否しておいてペテン総理の決断で集中審議開催に至ったというポーズを見せたかっただけなんだね。

 内閣支持率が危険水域まで下がってきているいま、さすがに集中審議を突っぱねて逃げ切ることは困難というのが正しいところで、相当に追い込まれたうえでのことなのは間違いない。

 でもって、頭が痛いのは、こんな絶好のチャンスに野党はペテン総理をノックアウトできるだけのネタを持っているかってことだ。加計孝太郎理事長、和泉洋人内閣補佐官、木曽功元内閣官房参与、藤原豊内閣審議官などの加計学園疑獄のキーマンの証人喚問は拒否されたままで、どこまでペテン総理を追い詰めることができるか・・・いまの野党にはかつてのような国会の爆弾男はいませんからね。

「加計」集中審議 安倍首相が出席へ

 集中審議入りが決定した夜に、ペテン総理は鮨友集めて鳩首会議。紀尾井町の高級和食で、曽我豪・朝日新聞編集委員、山田孝男・毎日新聞特別編集委員、小田尚・読売新聞グループ本社論説主幹、石川一郎・BSジャパン社長、島田敏男・NHK解説副委員長、粕谷賢之・日本テレビ報道解説委員長、田崎史郎・時事通信特別解説委員の取り巻きとなにやら悪巧みしたようだ。

首相動静

 それにしても、この期に及んでもペテン総理と酒食を共にするってのは、こやつらもまた国民を舐めてるんだね。それぞれの新聞社、通信社、テレビ局は、こうした政権の広報マンをいつまでほったらかしにするつもりなんだろう。これじゃあ、新聞もTVも信用されなくなるわけで、結局は自分で自分の首を締めてるんだね。

 さあ、今日からの新聞・TVは、どんなフェイクニュースを仕掛けてくるか。しっかりと検証させてもらおうじゃないの。

 最後に、労働貴族の連合が、「残業代ゼロ」制度を受け入れるってね。ペテン総理と連合会長がボス交しての結果だそうで、ま、大企業の利益代表みたいな連合なんかもう消えてなくなれ、ってなもんです。

連合、「残業代ゼロ」容認 健康管理対策の強化条件に

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

このタイミングで、「男たちの悪巧み」仲間を金融庁参与に抜擢の愚行&ペテン総理を公選法違反で告発&戸籍謄本公開要求って差別だろ! 二重国籍の「どこが悪い、何が違う!」

 「ほとぼりが冷める」とよく言われる。「ほとぼり」とは「熱り」と書き、「事件などに関して、事後に引き続いてもつ世間の注目や関心」「感情・興奮などのなごり」といった意味がある。政治家にとって、この「ほとぼり」ってのはとても重要な意味があり、たとえば「選挙違反」「汚職」なんて嫌疑がかけられた時に、しばらくは鳴りを潜めて「ほとぼりが冷める」のを待ったりする。言ってみれば、ちょいと殊勝な姿勢を見せつつ、嵐が去るのを待とうって寸法だ。その期間を「禊」なんて言ったりする。

 ところが、近頃は世襲の政治屋が増えたこともあって、「ほとほりが冷める」まで待てないバかボンがいたりする。その典型が、ペテン総理だ。で、またやってくれました。なんと、「腹心の友」の運営する加計学園疑獄で紛糾している最中だってのに、これまた「男たちの悪巧み」((C)安倍昭恵)のひとりである住友銀行の元副頭取の高橋なんたらってのを、金融庁参与に抜擢したってんだから、久しぶりにKYなんて言葉が頭をよぎっちまった。

 いまの時期だからこそ、こういう人事ってのは避けるべきだろうに、どこまで行っても国民を舐めてるんだろうね。もっとも、空気が読めるようだったら、そもそもからして加計学園の獣医学部新設なんて案件に力を貸してはいないか。

【驚愕】金融庁参与に高橋氏を採用!悪巧み写真の人物、加計孝太郎氏や安倍首相の友人

Photo
左から2番目が高橋精一郎氏(「男たちの悪巧み」より)

 そんなペテン総理のやりたい放題に業を煮やしたんだろう。市民団体「森友・告発プロジェクト」が、ペテン総理を公職選挙法違反で東京地検に告発した。「安倍辞めろコール」を浴びせかけられた秋葉原での街頭演説の際、街宣車に「内閣総理大臣・安倍晋三」の垂れ幕がかかり、司会者も「安倍内閣総理大臣」と紹介したのがその理由とか。ようするに、網タイツの防衛大臣・稲田君の「防衛省・自衛隊、防衛大臣、自民党としてのお願い」発言と同じですね。

 こうした告発は些細なことのようだけど、「小さなことからこつこつと」((C)西川きよし)やっていくこと。政権を倒すってのは、「不断の努力」こそが必要、ってなわけです。

・田中龍作ジャーナル
安倍首相を公選法違反で刑事告発

 ところで、ここにきてなぜかクラリオン蓮舫の「二重国籍」問題がクローズアップされて、なんでも「自身の戸籍を公開する意向を表明」したってね。これっておかしくないか。そもそも戸籍に関しては、差別を助長するということで、いまや履歴書にすら本籍の記入なんてのは義務づけられてはいない。王貞治氏が国籍問題で、国体の入場行進に参加できないなんてことがかつてあったんだが、そういう時代に逆戻りしますよ。

蓮舫氏、戸籍公表の意向

 「混血だったり外国生まれだったり顔つきがエキゾチックだったり帰国子女だったり両親のうちのいずれかが外国籍だったりする日本人に対して、公然と戸籍謄本の開示を要求できる時代がやっ(てき)たのだな。で、その開示要求を拒絶した場合は、愛国心を疑われても仕方がないわけだ」(カッコはくろねこ)って、小田嶋隆氏がツイーターでつぶやいていたが、クラリオン蓮舫に戸籍開示を要求するひとたちって二重国籍について何を知っているってんだろう。そもそも二重国籍の何が悪い。岡林信康は放送禁止となった『手紙』で「どこが悪い 何が違う」と差別の理不尽さを歌ったが、それと同じ歌をまた歌わなくてはいけない時代が、へたするとすぐ目の前に来ているかもしれませんよ。

今の二重国籍のまま大人になったら?
(二重国籍についてとてもわかりやすく解説してくれてます。ご一読を)

彼女に求められているのは「国籍」ではなく「血」の証明ではないのか

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2017年7月10日 (月)

内閣支持率急降下+「こんなひとたち」が一斉蜂起!&「安倍総理と小池知事は、憲法改正が必要だという点で共通している」(若狭勝)&山本地方創生大臣が証券取引等監視委員会幹部に圧力!?

 昨日は新宿で開催された「安倍退陣」を訴える集会・デモに8000人が参加。内閣支持率も軒並み30%台に急降下して、なんとお仲間の日本テレビの世論調査では31.9%と危険水域にまでもう一息ってんだから愉快だ。今年の夏は、ペテン総理のいちばん長い夏になるかもしれないと思うと、なんとも心踊る月曜の朝である。

「安倍1強」の政治に反対、新宿で抗議デモ 8千人参加

・田中龍作ジャーナル
「こんな人たち」が全国一斉蜂起 安倍退陣求め

 一方、そんなペテン総理にエールを送るように、都民ファーストの会のエロ髭・若狭君が「国政政党を年内に設立したい」ってインタビューに応えたってね。国政政党云々ってのは当初からの目論見なんだろうからそれほど驚きはしないが、このヤメ検のエロ髭はなんとまあ「安倍総理と小池知事は、憲法改正が必要だという点で共通している」とまで口にしたってね。

 ぼったくりバーのチーママ・小池人気に乗っかって都民ファーストの会に投票した多くの有権者にとって寝耳に水なんじゃないのか。ていうか、そんなこと誰も頼んでもいないし、期待もしていないってのが現実なのだと思う。

 ようするに、維新に代わって、「改憲」を目指す自民党の補完勢力として、これからは国政に進出する用意がありますよってことなんだね。「憲法改正が必要だという点で共通している」という発言が、エロ髭・若狭君のお先走りなのか、それともチーママの意向を受けた上でのことなのか、どちらにしても今後はこやつらの動きには要注意です。

小池氏側近「都ファ」年内にも国政進出

 ところで、「学芸員はがん」発言の地方創生大臣・山本君が証券取引等監視委員会の調査にらついて圧力をかけたんじゃないかという疑いが出てきたってさ。そもそも、山本君の知人が関わったインサイダー取引事件に関して、証券取引等監視委員会の調査を批判するような国会質問をしたことが既に問題になっていたんだね。

 でも、それについてはなぜかウヤムヤになっていたんだが、今度は監視委員会幹部を議員会館の事務所に呼びつけて、「人権を無視した違法な調査だ」と詰め寄ったっていうから、これが事実なら圧力以外のなにものでもない。なんてったって、旧大蔵省出身ですからね。インサイダー取引については熟知しているはずで、ま、確信犯ってことなんでしょう。

山本地方創生相、監視委幹部を呼び批判 知人の事件「違法調査」

 「学芸員はがん」発言だけでなく、加計学園疑獄に関してもいろいろと問題発言してますからね。ここらで一度しめたほうがいいかもな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

核兵器禁止条約に日本は署名せず&G20でペテン夫婦が行方不明!?&加計学園が獣医学部建設費を水増し請求!?

 核兵器禁止条約が採択されたというのに、唯一の被爆国である日本は議論にも参加せず、もちろん条約への署名も拒否。アメリカの核の傘に与っているから宗主国様の顔色を窺ったのがその理由のひとつとされているけど、ホントかなあ。改憲して核武装てきる環境が整った時のことを考えて、条約への参加を拒否したってことはないだろうか。核武装こそ、ペテン政権の究極の目的のような気がするんだが・・・。

核兵器禁止条約採択、米など反発 日本は「署名しない」

 ところで、ペテン総理と私人の嫁はG20で外遊中なんだが、各国首脳夫妻が勢揃いしたスナップに、なんと二人の姿が見えないってんで大騒ぎ。招待されなかったんじゃないか、ペテン総理のお原の具合が悪かったらしい、二人揃って遊び呆けているみたいだ・・・なんて憶測がネットを駆け巡っいる。果たして、真相やいかに。

G20 leaders pledge to eliminate all terror safe havens, improve international information

Ap7_7_2017_000284b

 そんなことより、明日は加計学園疑獄について、閉会中審査が行われる。参考人招致の前川前事務次官に自民党はどんな嫌がらせを仕掛けてくるか。どうやら、自民党からは虚言癖のある青山繁晴君が質問に立つらしいんだが、この男、本名不詳の籠池君の証人喚問の際には顔を合わせないよう姑息な動きをしていることがバレちゃって大恥かいたんだよね。でも、加計学園に関してはいまのところスネにキズがないようでやる気満々なんだとか。嫌な野郎だね。

青山繁晴議員、閉会中審査で前川喜平・前事務次官に質問へ!

 でもって、加計学園の獣医学部建設が進んでいる今治市では、市民団体が加計孝太郎理事長宛に公開質問状を出した。その中で、建築費用についての疑問をぶつけているんだが、なんでも坪単価が相場よりはるかに高く、水増しした分は政治家へキックバックされたんじゃないかという疑惑が持ち上がっているんだとか。

・田中龍作ジャーナル
加計理事長への公開質問状 「水増し請求は政治家へのキックバック」

 これって、森友学園疑獄における「用地の土壌改良費を国に水増し請求した疑惑」とまったく同じ構図なんだね。ようするに、森友学園も加計学園も、絵図を描いたのは同じ犯罪集団ってことじゃないのか。なんてったって、どちらも稀代のバカップルが関与しているわけだし、ようするに状況証拠はすべてこの二人を差してるんだよね。

 このあたりも、明日の閉会中審査で掘り下げてほしいんだが、なんてったって主犯のペテン総理が九州豪雨そっちのけで外遊中ですからね。欠席裁判にもなりゃしないのがなんとも歯がゆい日曜の朝である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

都議選後もペテン総理が「改憲」に強気なのは、「安倍政権と連携」を口にする都知事(=都民ファーストの会)の存在があればこそだろう&不正献金疑惑の元文科相に「ビザ発給口利き」疑惑!?

 九州の台風被害が凄いことになっている。外国にばら撒いた税金を、こうした自然災害による被害に振り向ければ、被災地の復旧・復興も容易に進むだろうに・・・。

 それはともかく、ペテン総理が都議選惨敗後もまったく反省していないのは、直後の毎日新聞のインタビューで性懲りもなく「『9条加憲』を進める決意を改めて示した」ことでもわかろうといものだ。それは自民党も同じで、都議選直後は殊勝なこと口にしていたくせに、昨日の自民党憲法改正推進本部の全体会合で「緊急事態条項の創設」を議論したってね。

 「緊急事態条項」ってのは、建前上は大災害対応ということになっているが、その実態は総理大臣の権限強化にある。極論しちゃえば、総理大臣が緊急事態だって判断したら、「戒厳令」だって不可能ではなくなるんだね。

 自民党の改憲論議ってのは、明らかにペテン総理が主導しているわけで、そう考えると「緊急事態条項」を議論するってことは、総理大臣が自らの権限強化のために自ら進んで改憲を喚いているってことになる。いつかは仏罰がくだるだろう公明党の山口君が「憲法は政権が取り組む課題ではない」ってペテン総理を牽制しているそうだが、まさにその通りで憲法を改定するかどうかを議論するのはあくまで国会だ。

 それをペテン総理の意を汲んで自民党が改憲論議をスピートアップしようとするのは、それこそ権力への「忖度」以外の何もでもない。

改憲行程変えず 都議選「緩みに批判」

「首相の権限強化」検討を 自民改憲議論

 ぼったくりバーのチーママ・小池君が「安倍政権との連携は必要」と口にし出したのも、そうした「改憲」への動きを察知してのことなのかもね。なんてったって、チーママは現行憲法破棄論者ですから。都議選惨敗後もペテン総理が「改憲」にこだわり続けているは、チーママ(=都民ファーストの会)との親和性があればこそなのだろう。

・街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋
都民ファースト代表野田数のヘタレな日本国憲法無効論はこれ

Photo

 ところで、不正献金疑惑の下村君に「特例でビザ発給を口利き」した疑いが持ち上がっているってね。今週の週刊文春がそんなスクープをぶつけてくるってんだが、下村君は夫婦共々、年貢の納め時かもな。

下村元文科相 「特例」ビザ発給を口利き

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

自民惨敗! 国民を「こんなひとたち」呼ばわりしたツケはとてつもなく大きかったということだ。ざまあ~みやがれ!!。

 自民惨敗。なんとまあ、23議席とは。市民のブーイングに叩きのめされたってことだ。とは言うものの、第一党になった都民ファーストの会ってのは、しょせんは第二自民党ですからね。都民(49)+公明(23)+自民(23)の95議席が都議会を牛耳るってことを忘れちゃいけない。つまり、自民党都議連とは対立しても、安倍自民党とはお手手繋いでというのがぼったくりバーのチーママ・小池君の思惑なんだね。それが証拠に、来たるべき衆議院選では安倍自民と共闘みたいなこと口にしてますから。

 今回の都議選の結果で歓迎すべきは共産党の踏ん張りだ。前回より2議席上乗せして19議席ってのは大きい。公明党が与党のキャスティングボードを握っているように、野党のキャスティングボードは共産党の手の内にある。衆議院選で他の野党が共産党とどうやって選挙協力してていくのか。そこがうまくまとまれば、今回の都議選のように自民党を叩きのめすことも夢ではない。もっとも、それにはまず、民進党から野田一派を追放して、小沢一郎・山本太郎のグループとひとつになっていくことが必須条件なんだけど・・・。

自民が歴史的大敗 「都民」第1党、小池知事勢力が過半数

Photo

 それはともかく、不正献金疑惑の下村君にとっては、都議選後の各局のインタビューはまさに針の筵で、なんとも愉快だった。都議選の結果分析なんかそこそこに、加計学園からの献金疑惑を突っ込まれて、目がウルウルしてましたからね。知ったかぶりの池上君からは、「加計学園問題、選挙終わったら答えるんですよね」って嫌味言われる始末だ。

池上彰氏が生中継で下村博文氏を追求!「加計学園問題、選挙終わったら答えるんですよね」

 でもって、不正献金疑惑の下村君が針の筵のその時に、ペテン総理は、ひょっとこ麻生、顔も頭も貧相な官房長官・菅、布袋頭の甘利とフレンチレストランで鳩首会議。どうやら、「都議選の敗北は、ボクちゃんたちには関係ないもんね」ってことで話がまとまったらしい。ひょっとしたら、不正献金疑惑の下村君をスケープゴートに仕立てて加計学園疑獄からも逃げ切ろう・・・なんてことも話してたんじゃないのか。妄想だけど。

首相の1日
【午後】1時18分、国村禎夫神田地所代表取締役。6時、東京都新宿区若葉のフランス料理店「オテル・ドゥ・ミクニ」。麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官、甘利明前経済再生担当相と会食

 いずれにしても、都議選の結果はペテン総理にすれば、喉元に刃を突きつけられたようなもので、安倍降ろしも本格化する可能性が出てきたってことか。「こんなひとたちに負けるわけにはいかない」なんて国民を「こんなひと」呼ばわりしたツケは、想像以上に大きかったということだ。ざまあ~みやがれ!   

 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2017年6月28日 (水)

「自衛隊としてお願い」(稲田朋美)&「あれ女性ですよ、女性」(麻生太郎)&「勝負は終わっている」(山本幸三)&「非正規は無責任」(安倍晋三)&「一部、避難が解除された区域がございます」(東電新社長)・・・サル山以下の政界、財界のお歴々!

 ニューヨーク・タイムズが「トランプ大統領の100の嘘」を掲載。そんなニュースをテレビは面白おかしく流している。確かにトランプは稀代の嘘つきではあるけれど、日本にはもっと狡猾で悪質な嘘つきがいることを忘れちゃいけない。ニューヨーク・タイムズの記事を喜々として垂れ流すんだったら、この国の総理大臣や閣僚の「嘘」「暴言」「放言」「失言」もしっかりと検証してみやがれ・・・ってなもんです。

「トランプ大統領の100の嘘」ニューヨーク・タイムズの紙面を埋め尽くす

 というわけで、網タイツの防衛大臣・稲田君がまたやってくれました。都議選候補者の応援演説で、「防衛省・自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」とさ。政治的な目的による行為を制限した自衛隊法違反はもちろん、大臣という立場を強調して応援演説したなら行政の中立性をも逸脱している。

 でもって、網タイツの防衛大臣は「誤解を招きかねず、撤回したい」そうだが、「誤解」もへったくれもありません。前後の文脈を考えても、この発言は確信犯です。防衛大臣としての自覚があった上での発言であることは間違いない。これでも法律家のはしくれってんだから、弁護士という資格も地に落ちたものだ。早いとこ、やめなはれ!

稲田防衛相、都議選応援で「自衛隊としてお願い」 発言撤回、辞任は否定

稲田氏発言に批判続々 「全自衛官が自民支持と誤解されるのでは」

 ひょっとこ麻生も負けてはいない。こちらは「その女代議士、凶暴につき」のブル豊田の暴言について、「あれ女性ですよ、女性」といつもの銀座のクラブでやりそうな軽口叩いて顰蹙買ってます。

「あれ女性ですよ」麻生氏発言が物議 自民・豊田氏暴言問題の余波続く

 さらに、「学芸員はがん」発言の地方創生大臣・山本君は、加計学園疑獄について「勝負は終わっている」「その後に何を言っているのかという気がして、私はなりませんけども」てなことを口走ったそうだ。おいおい、切った張ったの世界じゃあるまいし、「勝負あった」とはお里が知れるというものだ。

加計問題「勝負は終わっている」 山本地方創生相

 手下がこんなんだから、もちろん安倍組のボンクラ親分も負けてはいません。「獣医学部の全国展開」を喚いた産経「正論」の講演で、「非正規の時にはなかった責任感や、やる気が正規になって生まれていく」って抜かしていたってね。だったら、非正規の規制緩和なんて即刻廃案にして、正規社員採用を増やすように経団連に「総理のご意向」を伝えたらどうだ。「非正規は無責任」なんてそれこそ「誤解」されかねない発言をなんの躊躇もなく口にしてしまう、そのメンタリティーこそがこの男の人間性をよく現しているってことか。ペテン総理不支持の理由のトップが「人柄が信頼できない」といのも、むべなるかなってことです。

安倍首相は現場知らないと批判 「責任感ない非正規」発言に

 最後に、東電の新社長が、双葉町町長と会談したそうなんだが、その後の記者会見で「一部、避難が解除された区域がございますので、まずはそちらの方にご帰還頂けるように、しっかりと取り組んで参りたい」っておためごかし言ったら、「双葉はまだ解除されてないですよ。誰一人帰ってない。そのあたり、認識をされている?」と記者に突っ込まれてしどろもどろ。原発事故にズボラな取り組みしかしていない東電の姿が、このやり取りで一目瞭然。東電の責任をウヤムヤにするから、こういう薄らなんとかの社長が出てくるってわけです。なんてこったい!

東電の新社長が双葉町で 「間違えてます」記者指摘

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2017年6月27日 (火)

「獣医学部の全国展開」と喚いたご乱心のお殿様が、小学校の体育館の演説会に登場。身内の前でアベノミククスがどうたらこうたらと自画自賛してご満悦だとさ。

 酒の席における政治の話はよほど気心の知れた相手としかしないのが鉄則。とはいえ、たまにははちきれる時もある。というわけで、昨夜は自民党支持者の飲み友だちと共謀罪法について激論。ていうか、一方的にまくしたててしまったようなものなんだが、やっぱり驚き呆れるのは共謀罪法の何たるかについてまったく知識がないってことだ。そもそも、ペテン総理が共謀罪法の根拠としたパレルモ条約の「パ」の字も知らないってんだからお話になりません。そのくせ、野党の質問がどうたらこうたらって、ちったあ勉強してからモノを言え・・・なんてことを口走ってしまった一夜であった。

 ところで、閉門蟄居していたペテン総理が都議選の応援に顔出したってね。それも文京区の小学校の体育館っていうから、なんともケツの穴の小さいことだ。街頭に立ったらどんな野次が飛んでくるかわかりませんからね。それでも、「『(野党の)印象操作のようなものもあった・・・売り言葉に買い言葉・・・』と話した時、女性出席者がヤジらしきものを飛ばした」というから、世間というのは厳しいものです。

・田中龍作ジャーナル
【都議選】 自らが吹かせた逆風のなか安倍首相初の応援演説は小学校の体育館

 おそらく、そうした世間の風をちったあ感じているからこそ、「改憲」を急いでるんだろうね。とにかく、自分が総理のうちに憲法に手を入れたい・・・そこには高邁な思想や理念といったものは何もありません。ただただ敬愛する爺さんのできなかった改憲を孫の自分が実現するんだという邪念があるのみ。

 そんな邪な改憲について、顔も頭も貧相な官房長官・菅君は、「憲法改正の議論は(国会の)憲法審査会で、各党がそれぞれの案を持ち寄って議論するものだ」って野党をけしかけている。阿呆か、こいつは。改憲の議論をしたいなら、まずは選挙で民意を問いやがれ。クソみたいな政治屋が改憲を口にするなんて、百年早い!

首相の改憲発言 自民・船田氏「国民投票でしっぺ返しも」

| | コメント (2) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 稲田朋美 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM