維新の会

2021年11月21日 (日)

文通費や議員パスなど議員特権をほったらかしにしてきたメディアの報道姿勢も大問題!!&橋下徹パニックの1週間を総まとめ!!

 文通費に続いてJR乗車券や航空券が無料になる議員パスが問題になっている。大阪のチンピラ市長・松井君が文通費の大ブーメランによる失地回復を画策して、「返さないといけない。ルールを変える必要がある」って喚いたそうだ。

文通費に続き・・・JRや飛行機を無料利用“議員パス"1日在職で完全支給

 政党助成金をプールして私物化している政治屋がよく言うよってなもんだが、文通費にせよ議員パスにせよ、何をいまさらってことだ。共産党だけでなく、野党からずいぶん前から疑問視する声は上がっていたわけで、それに対してけんもほろろだったのは自公政権だ。

 そして、そうした野党の指摘をまったく無視してきたのはメディアも同じなんだね。つまり、自公とメディアはタッグを組んで議員特権をこれまでほったらかしにしてきたってことだ。

 だから、文通費や議員パスについては、メディアはますそうした姿勢を反省することだ。それをしないで、あたかも維新の手柄のように報道するってのは、これまた偏向報道と言われてもグーの音も出ないんじゃないのか。

 文通費が維新に大ブーメランとして返ってきたことだってほとんど触れないし、お子ちゃま・橋↓君がバズーカ大石君の反撃にあってあたふたしているのだって、まったくスルーしてますからね。そのくせ、お子ちゃまには言いたい放題の場を提供しているんだから、その立ち位置が奈辺にあるか、容易に想像がつこうというものだ。

 というわけで、お子ちゃま・橋↓君のこの1週間のパニックぶりをまとめたツイートがあるので、それをご紹介して、お後がよろしいようで。

【くろねこの競馬予想】

 今年のマイルチャンピオンシップは、これで引退の女傑、グランアレグリアと最強世代と噂される3歳馬、シュネルマイスターの一騎打ち。割って入るのは同じく3歳馬のグレナディアガーズか。
◎グランアレグリア、○シュネルマイスター、▲グレナディアガーズ、△サリオス、インディチャンプ、ダノンザキッド、カテドラル

| | コメント (1)

2021年11月20日 (土)

文通費100万円の寄付先は日本維新の会って、なんのこっちゃ!!&「橋下徹をテレビに出すな」がトレンド入り!!

 大谷翔平のMVPは、なによりも満票というのが凄い。ひとりくらいへそ曲がりがいるかもと思っていたが、異論をはさむ余地がないほどの完璧なシーズンだったってことか。拍手!

 ところで、維新が議員から巻き上げた文通費を寄付するっていうからどこにするのかと思ったら、なんとまあ日本維新の会、つまり党に寄付するんだとさ。これじゃあまるで暴力団の上納金みたいなもんじゃないか。こういうことを恥も外聞もなくやるのが維新なんだね。

日本維新の会、初当選議員の10月分の文通費100万円を寄付させることに 党の役員会で決定

文通費どころじゃない維新の血税かすめとり! 橋下徹が「政党交付金を国に返す」宣言の裏で返還せずダミー団体に横流しプール

 でもって、その維新の生みの親で、いまも深い関係を保っているお子ちゃま・橋↓君なんだが、「橋下徹をテレビに出すな」がトレンド入りしたってね。維新との濃厚な関係者だってのに、あたかも中立なコメンテーターであるかのように出演をさせるテレビ局の姿勢ってのは、文通費問題にスポットが当たってからというもの特に目に余る。

 そんな中、フジテレビ『めざまし8』で、お子ちゃま・橋↓君が一方的に維新の天敵・大石君をなじったってね。大石君は録画出演だったのをいいことに、お子ちゃま・橋↓君の言いたい放題だったったそうで、これって放送法違反なんじゃないのか。

 こういう欠席裁判まがいのことを平然と仕掛けられるテレビ局って、その存在そのものが犯罪だろう。

| | コメント (2)

2021年11月16日 (火)

自分もチャッカリ100万円貰っていた吉村大阪府知事「ケジメがつきませんから、満額寄付します」&「100万円を“特別党費”として徴収した上で、コロナ関連の寄付に充てる}(松井大阪市長)・・・これって目的外使用でアウトじゃね!!

 昨日のエントリーで紹介した「在職1日で文書通信費100万円」の件なんだが、どうやら維新にとっては大ブーメランとなったようだ。きっかけは、大阪府知事時代のお子ちゃま・橋↓君に食ってかかった職員として名高い、れいわ新選組の大石あきこ君のツイートだ。こんな具合です。

 これに慌てたイソジン吉村君は、けじめをつけるためってんで返金しますとさ。ようするに、これまでは知らんぷりしてたけど、バレちゃったからってことなんだよね。

吉村洋文府知事「文通費」で特大ブーメラン 6年前の“1日100万円”を慌てて寄付表明

 でもって、大阪のチンピラ市長・松井君も「初当選の議員に支払われる100万円を“特別党費”として徴収した上で、コロナ関連の寄付に充てる考えを示しました」とさ。でもね、これって目的外使用になるんじゃないの。文書交通費ってのはいわば経費で、その原資は税金なんだから、勝手に寄付なんかできるわけがない。ようするに、自分たちで火を付けておいて、その火の粉が飛んできたから慌てて体裁だけ取り繕ってるってことだ。

維新 新人への“文通費”100万円を全て徴収して寄付する方針

 維新お得意のパフォーマンスも、橋↓の獅子身中の虫・大石君のおかげで返り討ちにあっちゃって、ざまぁ~みろです。

 こんな維新のパフォーマンスに乗っかって、「民間企業の当たり前が政治の世界に取り入れられるのは大賛成」なんて薄っぺらいコメントしているTBS『Nスタ』のアナウンサーってのもロクなもんじゃありません。

| | コメント (1)

2021年11月15日 (月)

ご都合主義の維新の「身を切る改革」・・・だったら、まずは政党助成金を返上してから言え!!

 維新の新人議員がSNSで「10月分の文書通信交通滞在費100万円が現金で満額支給された」って呟いて話題になっている。さらに、同じく維新の新人議員がNHKの討論番組で「10月31日に行われた衆院選で当選した議員に、10月分の歳費(給料)は日割りだったが、領収書不要の文書通信交通滞在費は満額100万円が支給された」と暴露して、あたかも「身を切る改革」の維新をヨイショするかのように新聞・TVが煽っている。

 制度上の欠陥ってことで、それはそれでちゃんと国会で議論すればいいことなんだね。それ以上に問題なのは政党助成金で、「身を切る改革」ってんなら真っ先にそこに手を付けるべきなのだ。ああ、それなのに、維新は約19億円の政党助成金はちゃっかり懐に入れているんだね。

 共産党は自ら政党助成金の受け取りを拒否しているんだから、それこそが「身を切る改革」ってもんじゃないのか。

 今朝もテレビのワイドショーがこの件を取り上げて、あたかも維新の「身を切る改革」の一例であるかのように提灯報道してたけど、だったら維新の議員がやらかした政治資金規正法違反、公職選挙法違反、下半身露出、ひき逃げ、殺傷・殺人未遂未遂etcもちゃんと報道しないといかんだろう。

 そもそも、いまだに大阪維新の法律顧問をしているお子ちゃま・橋↓君をコメンテーターに起用していることからしておかしな話なのだ。こんなことしてると、そのうち東京のテレビも大阪みたいに維新と吉本に乗っ取られることになりますよ。

吉村知事「これが国会の常識。おかしいよ」 1日だけの国会議員にも100万円、非常識な経費に憤慨ぎみ


| | コメント (3)

2021年11月13日 (土)

「(維新と)やれる部分は一緒にやれればいい」(泉健太)・・・こんなのが立憲の代表候補じゃダメだ!!&維新の代表戦に史上最低の議員が名乗り!!

 ペテン師・シンゾーが自民党の最大派閥である清和会会長に就任するそうで、維新と国民民主を巻き込んだ改憲に向けた動きも活発化しそうだ。「両党は改憲に前向きだ。早速のところ、議論の先頭に安倍派が立とう」とペテン師・シンゾーが喚きましたとさ。

最大派閥「安倍派」発足 「改憲議論の先頭に」 森友・桜の説明はどこに?

 そんな中、いまひとつピリっとしないのが立憲民主だ。月末には代表戦が控えてるってのに、なんだかコップの嵐にもならないような体たらくなんだね。それもこれも、立候補が予定されている面々の発信力の弱さに原因がある。

 メディアが食いつくようなフレッシュな政策がまったく聞こえてこないところにもってきて、たまに漏れ聞こえてくるのが「維新との連携」なんて阿呆な発言ばかりなんだから、そりゃあメディアだって呆れますよ。

 つい先日も、立候補予定のひとりである希望の党崩れの泉君が「(政策上の協力を)やれる部分は一緒にやれればいいという姿勢でいきたい」と維新にすり寄るような発言してるんだね。

 いくら政策が似ているからって、ファシストと手を組む阿呆がどこにいる。目指すべき方向がまったく異なっているんだから、いまからそんなところに秋波を送ってどうする。ようするに、野党共闘を進化&深化させる覚悟ってものがないんだね。これではダメなんだよ。自民と手を組んだ結果、雲散霧消してしまった社会党の轍を踏むことになりますよ。

立民政調会長、維新と「やれる部分は一緒に」

 でもって、維新なんだが、なんとまあ代表戦が実施された場合、史上最低の議員・足立君と無節操・音喜多君の名前が上がってるとか。東スポの報道だから眉に唾なんてことも考えられるけど、本当だとしたら面白いことになるかもね。チンピラの後が史上最低の議員とは・・・いやはや。

維新の会 代表選開催なら音喜多駿氏と足立康史氏の一騎打ちも

| | コメント (1)

2021年11月10日 (水)

「18歳以下に10万円」は現金とクーポで支給・・・出たよ、得意の利権絡みのクーポン!!&「改憲ごっこ」にいそしむ維新と国民民主!!

 どうやら、公明党がゴリ押ししていた「18歳以下に10万円」ってのが本決まりになりそうだ。おそらく、自民党がこだわっている所得制限が落とし所となるのだろう。でも、笑っちゃうのが、年内に5万円現金給付して、来年春までに残りの5万円はクーポンで支給しますとさ。出たよ、クーポン。また利権が絡んでくることになりますよ。

自公、現金とクーポン5万円ずつ支給方針 18歳以下に来春までに 所得制限導入は結論出ず

・18歳未満に一律10万円「基本的には必要ない」 専門家ら効果に疑問 与党のコロナ対策

 それにしても、「18歳以下に10万円」って、なんのための政策なんだろうね。子育て支援というなら1回こっきりじゃ意味ないし、コロナ禍支援とするなら子どものいない家庭だって対象にならなければおかしいし、ようするに来年夏の参議院選に向けての選挙運動なんじゃないのか。

 さらに言えば、所得制限するなら、その余った分を支給額に上乗せしないのはどうしてなんだろう。それをしないのは、単にケチっているだけじゃないのか。

 5万円分のクーポンについて、キツネ目の男・茂木君は「来春までに支給すれば卒業、入学用品の購入に使える」とさ。コロナ禍の経済対策としても、なんとも能天気な認識だこと。理由なんかどうでもよくて、「18歳以下に10万円」が目的化しちゃってるってことだ。「Go To キャンペーン」もしかりで、そこには政治哲学のカケラもありません。

 政治哲学のカケラもないとくれば、維新と国民民主の「改憲ごっこ」も似たようなものだ。昨日、、維新と国民民主の幹事長が会談して、「国会での改憲議論を加速させていく考えで一致した」ってさ。

 でも、いったい何を議論しようというのだろう。「改憲、改憲」って喚いたところで、具体的にどんなビジョンがあるのか。維新も国民民主も、そこをちゃんと説明できていないんだよね。文芸評論家の斎藤美奈子氏が東京新聞『本音のコラム』で「私の目には改憲のための改憲、趣味の改憲案にしか見えない」と呆れるのもむべなるかなってものだ。

 どんなに言葉で飾り立てても、維新と国民民主の立ち位置ってのは、自民党が打ち出す「改憲四項目」の「自衛隊の明記」と「緊急事態条項創設」を後方支援しますよってことに尽きるんだよね。自民党にすれば、自らの手を汚さずに「壊憲」じゃなかった「改憲」できちゃうかもしれないんだから、こんなにおいしいことはない。

維新・国民が「改憲議論を加速」「第3極」で連携確認

Photo_20211110091101
クリックで拡大

 立憲民主が代表選の結果次第で分裂なんてことにもしなったら、その時こそ大政翼賛会の悪夢が蘇えることになりますよ。

| | コメント (3)

2021年11月 9日 (火)

ヘタレ総理とペテン元総理の街頭演説は日当5000円のまるで「サクラが見る会」!!&情報操作アカウント「Dappi」と自民党の深い仲!!&維新の運動員が公選法違反で相次ぐ逮捕!!

 茨城6区の応援演説にヘタレ総理とペテン師・シンゾーが入った際に、日当5000円で聴衆の動員がかけられていた疑いが浮上してるってね。

「私が演説会場に足を運んだのは、聴衆として話を聞くだけで、5000円の日当が出ると聞いたからです。街頭演説が一時間足らずで終わると、用意されていた領収書に名前と住所を書かされ、現金を渡されました。宛名の欄には何も書かれていませんでした。こんなことでお金をもらっていいのか、不安になりましたね」

 もしこれが本当なら、公職選挙法違反の疑いが出てくるわけで、ただの噂としてほっておいていいはずがない。なんてったって、総理大臣の現職と元職の街頭演説でのことなんだから、新聞・TVは徹底的に追及すべきだろうに、まったく動く気配もありません。それにしても、日当5000円で街頭演説に動員かけるって、「サクラを見る会」ならぬ「サクラが見る会」ってことで、洒落にもなりません。

岸田首相、安倍元首相「茨城6区」応援演説に「日当5000円」でサクラ動員…公選法違反の可能性も

 動く気配がないと言えば、情報操作疑惑の「Dappi」もそうで、これって一国の政権が転覆するくらいの大スキャンダルなのに、かつてプライムタイムだった夕方のニュースではワイドショーなみのグルメ情報なんかでお茶濁してるんだから世話ありません。

Dappi発信元企業 自民側から1100万円受注 支払いの一部は税金

 そう言えば、維新の候補者の運動員が公選法違反で逮捕されてるのにもまったく見向きもしませんね。衆議院選で自公が安定多数を手にしたのもあるんだろうけど、選挙前に比べてさらにマスコミが劣化してきているのには呆れて言葉もありません。

維新当選者の運動員で2人目 公選法違反容疑で22歳の女逮捕/兵庫県

| | コメント (2)

2021年11月 8日 (月)

維新と国民が「改憲」に向けて連携強化・・・選挙終わって地金を晒す卑怯者!!

  国民民主のタマキンの維新へのすり寄りはさすがに目に余る。野党国対委員長会議や野党合同ヒアリングへの不参加を表明したと思ったら、今度は改憲に向けて維新との連携を強化しますとさ。

維新と国民、改憲に向け連携 9日にも幹事長、国対委員長会談

 腰の座らない男ってのはわかっていたが、これほどの恥知らずとはねえ。そもそも、維新との連携はついこの前まで否定してたんだよね。さらに、選挙中は改憲なんてのはほとんど争点にもなっていたなかったってのに、選挙の結果か出てたから突然喚きだすってのは定見がないにも程がある。

 維新が第3党に躍進して、このままだと党の存続そのものが危ういからなんだろうけど、タマキンの節操のなさってのはなんとも迷惑な話なのだ。こういう信用ならない男があっちについたりこっちについたりすることが、どれだけ野党共闘に悪影響を及ぼしていることか。

 それにしても、維新のイゾジン吉村ってのも、何様のつもりで改憲を喚き散らすのかねえ。それに乗っかってお調子こいてるタマキンの存在ってのは、まさに百害あって一利なしなんであって、こういうのを国民の敵って言うんでしょうね。

 こんな時だからこそ、立憲民主は代表戦でモタモタしてないで、共産党を含めた野党共闘をより進化&深化させるための方針を早いところ打ち出すべきなんだね。その覚悟がないと、来夏の参議院セカは大変なことになりますよ。

| | コメント (2)

2021年11月 3日 (水)

立憲民主の次期代表は共産党を含めた野党共闘のさらなる深化が絶対条件!!&「改憲の国民投票と参議院選を同日実施」(松井大阪市長)・・・何を調子こいてるんだ!!

 立憲民主のエダノンが代表辞任するってね。野党共闘を立ち上げたものの、議席減という現実の前には致し方ないことだと思う。なによりも、「立憲共産党」というネガティブキャンペーンを一蹴する論理を持たなかったことが大きかったのではないだろうか。

 新たな執行部は、野党共闘を基本にしっかりと理論武装する必要がある。同じく辞任表明したカリアゲ福山君は共産党を含めた野党共闘について「どうするかは新執行部の判断だ」と言葉を濁しているが、もし野党共闘見直しなんてことになったら、立憲民主は分裂するのは間違いない。それじゃあダメなんだよね。

 自民党の強さってのは総裁選で権力闘争しても、一度決まったら足並み揃えて権力を守り抜くというふてぶてしさにある。かつての民主党は足を引っ張りあって自滅したことを忘れてはいけない。

 立憲民主の代表に「なぜ君は総理大臣になれないのか」の小川君が名乗りを上げているようだけど、維新について「全く方向性が違うとか自民の補完勢力だとか爪弾きしてはいけない、彼らとも共通項を見出して、国民に対する責任を果たそうという構えでいかないと」てなこと言ってるのが気になるんだね。話してわかる相手ではないし、こうした維新との親和性って国民民主と変わらないんじゃないのか。

「個人商店」からの脱却なるか 枝野氏辞意表明の立憲民主党 国会や参院選での野党共闘深化も課題

立憲と共産は野党共闘やらなきゃもっと負けていた…「“失敗論”は自公の思うツボ」と識者

 でもって、その維新なんだが、チンピラ松井君が「国会で来夏の参院選までに憲法改正原案をまとめて改正を発議し、国民投票を参院選の投票と同じ日に実施するべきだ」ってほざいたってね。おいおい、政治家辞めるんじゃなかったのか。何を調子こいてるんだろうね。

 こういうメンタリティだからこそ、維新ってのは極めて危険な集団ってことを肝に銘じておかなくてはいけない。

憲法改正の国民投票「来夏の参院選と同日実施を」 維新・松井代表

 玄葉だの馬渕だの、立憲民主の代表候補の名前が上がっているけど、なんかため息しか出ないんだよね。これなら、エダノンにもうひと踏ん張りしてもらった方がいいんじゃないのと思わなくもない今日この頃なのだ。

| | コメント (1)

2021年10月29日 (金)

「野党に文句言うだけ」の日本維新の会・・・党首の公務ほったらかしを突っ込まれ、「僕がいないことで市政に影響が出ていない」(松井一郎)とのたまって失笑を買うチンピラ市長!!

 今回の衆議院選ほど与党側が野党批判を絶叫する選挙はなかったんじゃないだろうか。それも、政策を批判するのではなく、「自由民主主義か共産主義か」(睡眠障害・甘利)なんて時代錯誤の反共キャンペーンだったり、「立憲民主党と共産党に私たちは負けるわけにはいかないんです。この組み合わせに負けたら、日本は再び、あの悪夢のような時代に逆戻りしてしまいます」(ペテン師・シンゾー)なんていう嘘八百だったり、ようするに誹謗中傷のオンパレードなんだね。

 そんな無恥で下品な反野党共闘キャンペーンに、なんと維新の会がちゃっかりと参戦して、自ら「ゆ党」であることを世間にさらしちまいました。それにしても、ポスターに「文句だけの立憲民主党」ってのは、曲がりなりにも野党の立場なんだから、語るに落ちたとしか言い様がありません。

維新が「文句だけの立憲民主党」とポスターで野党をデマ攻撃! 維新こそコロナ下で国会開催も要求せず立憲・共産に文句言うだけ

 そもそも、大阪のチンピラ市長・松井君は、公務ほったらかしで、よくもまあ衆議院選で全国を駆けずり回っていられるものだ。そこを突かれて、このチンピラ市長は「僕がいないことで市政に影響が出ていない」って逆切れしたっていうから笑っちまう。「市政に影響が出ていない」ってことは、存在価値がないってことなんだから、とっとと辞めちまえ、ってなもんです。

 党首討論でも、政策論争そっちのけで、他の野党を貶めるような与太飛ばすだけだもんね。それだって、共産党の志位君に論破されちゃって、苦虫嚙み潰したようなツラして黙り込んじゃうんだから、ロクなもんじゃありません。

 コロナに関しても、イソジン吉村君なんかやったらに「やってる感」を吹聴しまくっているけど、大阪のコロナ感染者は27日66人、28日61人と東京の3倍近いというのが実状だ。その背景には、大阪の医療体制をボロボロにしちまった維新の会の政策があるんだね。

 チンピラもイソジンも、野党批判にかまけている場合じゃないだろうに、おそらくそうでもしないとこれまでの悪政がバレちまうというのが正直なところなんじゃないのか。そんな維新の会が議席を伸ばしそうという予想もあるようだけど、野党に文句つけるだけの自民党の別動隊をのさばらすと大変なことになりますよ。

Photo_20211029101901

| | コメント (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Dappi疑惑 NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ネット工作 ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワクチンパスポート ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 八代英輝 公文書改竄 公明党 共産党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 土地規制法案 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大石あきこ 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平井卓也 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政党助成金 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新型コロナウイルス 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河野太郎 河野談話 泉健太 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 牧島かれん 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茂木敏充 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 西村康稔 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 議員年金 議員特権 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 赤木ファイル 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野党共闘 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 香港 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 ACTA DHC FMラジオ IR汚職 LGBT法案 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM