衆議院選挙

2021年11月 1日 (月)

戦後3番目の低投票率55.9%→自民単独過半数→自公+維で改憲発議議席クリア→変わらなくてはいけないのは国民なんじゃないのか!!

 衆議院選も終わってみれば、自民単独過半数超えで、自公安定多数ってんだからズッコケちまった。投票率も55.9%で戦後3番目の低さとか。変わらなければいけないのは、主権者たる国民なんじゃないのかねえ。

自民単独過半数確保 野党共闘も伸び悩み、立民後退 戦後3番目の低投票率か 第49回衆院選

 それでも、成果がなかったわけではない。最後は金目のノビテル、口利きワイロの甘利、さらにはワニ男・平井が小選挙区で落選したのは、野党共闘がしっかり機能した証だろう。もっとも、ノビテル以外は比例でゾンビ復活なんだから、これはもう選挙制度を変えるしか手の打ちようがありません。

 今回の選挙結果で注意しなくてはいけないのが維新の躍進だ。自公+維で改憲発議の議席数をクリアしましたからね。今後は、自民を中心に公明と維新の綱引きが活発になってくるに違いない。維新が東京でもそこそこ票を伸ばしたのは、お子ちゃま・橋↓君をテレビがコメンテーターとして重用したのも影響してるんだろうね。

 突貫小僧・山本太郎君が国会に戻ってきたのがせめてもの救いか。立憲民主はそろそろエダノンに変わる新しい顔を模索しないとオワコンになっちまいますよ。

| | コメント (3)

2021年10月31日 (日)

ペテン・ポンコツ政権の9年間に鉄槌を下す日! 投票へ行こう!! Go Vote for Life!!!

 ペテン・ポンコツ政権に支配された9年間ってのは、政治家によって国民が見くびられ続けた9年間でもある。なんでそうなるかと言えば、「主権種は国民」だということを一般大衆労働者諸君自身が忘れちゃってるからなんだね。その要因のひとつに投票率の低下があることは間違いない。

 そもそも、政治家ってのは主権者たる国民から政治をまかされている(=負託)だけで、白紙委任されているわけじゃない。突貫小僧・山本太郎君が言うように、総理大臣だって「国民の雇われ人」にすぎない。雇われ人が責任を全うしないのなら、首を切ることだってできる。それが、選挙だ。主権者が政治家を審判できるのは選挙だけなのに、それを怠ってるんだからそりゃあ舐められもするだろう。

 「成長と分配」なんてことが選挙期間中、やたらめったら喧伝されているが、そんなことよりも今回の選挙は「ペテン・ポンコツ政権の9年間に対する審判」ということを忘れちゃいけない。

 四の五の言わずに、選挙に行こう! そして、子供たちの未来のために主権者たる国民としての意思表明をしよう! Go Vote for Life!

自公政権VS野党共闘 衆院選きょう投開票、465議席を争う

自民急失速!大物議員27人落選の現実味、現職3大臣&党役員3人も崖っぷち

Photo_20211031075001

【くろねこの競馬予想】

 今年の天皇賞(秋)は、コントレイル、エフフォーリア、グランアレグリアの3強の対決。その中で、距離に一抹の不安があるグランアレグリアが一歩後退か。勝つのは、コントレイルかエフフォーリア。3強以外では、毎日王冠で好走したポタジェと大崩れしないカレンブーケドールに期待したい。
◎エフフォーリア、〇コントレイル、▲ポタジェ、△グランアレグリア、ポタジェ、カレンブーケドール、トーセンスーリヤ

| | コメント (1)

2021年10月30日 (土)

「ワイドショーの衆院選放送は総裁選の4割減」・・・野党共闘が思いの他に機能して、だったらいっそのこと報道控えようって魂胆か!?&「岩手県は、昔は日本のチベット」(麻生太郎)・・・口も頭も性格も悪い下衆がまたやらかした!!

 たかがひとつの政党の総裁選にあれほど浮かれまくったメディアは、なぜ衆議院選では図ったように静かにやり過ごしているのだろう。公職選挙法という縛りがあるとはいえ、特にテレビのワイトジヨーの沈黙は不可解の何物でもない。

 何らかの意図があるのだろうくらいは容易に想像がつくことで、衆議院選の情勢分析なんてのが実際は議席減なのに「自民単独過半数の勢い」なんて見出しになることだって同じ理屈なんだよね。

 おそらく、自民党が圧倒的に有利な状況だったら、テレビのワイドショーは御用コメンテーター総動員して煽りまくる手筈だったんじゃないのかねえ。ところが、野党共闘が予想以上に機能したおかげで、小選挙区では軒並み接戦状態になっちゃって、だったら報道するのを控えちゃおうってのが本音なんじゃないのか。

 ペテン師やひょっとこ、口利きワイロ男が、やたらに反共のネガティブキャンペーンを喚き散らしているのも、そんな焦りからに違いない。そう言えば、ひょっとこ麻生が「温暖化で北海道の米がうまくなった」発言に続いて、「岩手県は、昔は日本のチベットと言われていた」ってやらかしたってね。口も悪けりゃ頭も性格も悪いこんな男が副総裁に鎮座ましましているってだけで、自民党って政党のお下劣さがわかろうというものだ。

 こんなんだもの、かつて小泉純一郎、加藤紘一と共に「YKK」と呼ばれたヤマタクこと山崎拓が立憲民主のピースボート辻元君の応援演説に登場するわけだ。「自社さ」の連立政権が懐かしくもある光景に、ひょっとしたらあれこそ究極の与野党共闘の理想的な政治体制だったのでは・・・なんて妙な妄想しちまう今日この頃なのだ。

山崎拓氏が辻元清美氏を応援 自民大阪、除名を上申

 とにもかくにも、投票しなければ世の中は変わらない。明日は、「Go Vote for Life」でよろしく。

| | コメント (3)

2021年10月26日 (火)

「自民、単独過半数飲の勢い」(朝日新聞)ってことは40議席も減らすってことなんだから、「勢い」なんてないだろう。 それを言うなら、「自民、大幅議席減」じゃないのか!!

 新聞は性懲りもなく衆議院選の情勢予想を垂れ流している。でもって、不思議でならないのが、その見出しの付け方なんだね。たとえば、朝日は「自民が単独過半数確保の勢い」、時事通信は「自民、単独過半数うかがう」って言うんだが、単独過半数ってことは現有議席を40以上も減らすってことなんだよね。そこには「勢い」なんてのはないと思うけどねえ。「自民、大幅議席減」「単独過半数割り込む危険も」ってのが正しいんじゃないのか。

 ネット配信だと、見出しだけで読み飛ばすひとがかなりいるんだから、これって印象操作そのものだろう。こんなんだから、選挙の事前予想なんて止めちまえって声が出てくるんだね。

自民が単独過半数確保の勢い、立憲はほぼ横ばい 朝日情勢調査

自民、単独過半数うかがう 立民上積み、共・維堅調―衆院選情勢【21衆院選】

 なんだかんだ言っても、投票まで残り5日。山口、静岡の参院補選の投票率がどちらも50%に届かず、山口なんか36.54%という無惨な結果だったことを考えると、果たして衆議院選はどうなることやら。わずか25%程度の得票率で議席を独占できてしまうのは、低投票率が原因なんだから、最後はやっぱり有権者の意識の問題ってことなのだ。

| | コメント (2)

2021年10月25日 (月)

参院静岡補選で野党系候補が自民公明党候補にうっちゃり勝ちの大金星!

 衆議院選の前哨戦の意味もあって注目を集めていた山口県と静岡県の参議院補選は、山口県は予想通りに自民公明党候補が勝利したものの、静岡県では野党候補が自民公明党候補にうっちゃり勝ちの大金星。野党共闘の調整がつかず、共産党も候補者を立てていただけに、票が割れるのではと思ってたのだが、自民公明党への反感ってのは想像以上に大きいってことなんでしょうね。

参院静岡補選で野党系勝利 立民・福山氏「岸田首相への失望の表れ」 国民・玉木氏「衆院選へ意義ある勝利」

 さぞかしヘタレ総理は青ざめていることだろう。ペテン師・シンゾーなんか、震え上がってるんじゃないのか。なんてったって、政権交代なんてことになったら、手が後ろに回る可能性がありますからね。そりゃあ、躍起になって反共のネガティブキャンペーンに必死になるわけです。  首都圏の選挙区予想では、最後は金目のノビテルがかなり危ないと囁かとぼりも醒めただろうと表舞台に出てきたものの、そうは問屋が卸さなかったってことなんだね。逆に、口利きワイロ疑惑に改めてスポットライトが当たっちゃって、こういうのを藪蛇と言います。現職の自民党幹事長がまさかの落選ってことになったら、ざそかし溜飲が下がるのだが・・・。

石原王国崩壊危機…「軍団」解散の年に、伸晃氏 11回連続当選黄信号

甘利明氏、自身の選挙が「思わぬ苦戦」で「河野太郎氏と幹事長交代説」も

 最後に、立憲民主と国民民主の略称が共に「民主党」なんだってね。投票の際には、略称ではなくフルネームで書くこと。また、突貫小僧・山本太郎君は比例代表なので、支持者の方は必ず「れいわ」と書くことをお忘れなく。

| | コメント (2)

2021年10月22日 (金)

情報工作「Dappi」が使えないからか、自らデマを喚き散らす安倍晋三!!

 新聞・TVが衆議院選の予想を一斉に発表して、性懲りもなく競馬新聞化している。しかも、どの予想も最後には「しかし、無党派層の約4割が投票先を決めておらず、情勢は変わる可能性がる」でエクスキューズしてるんだね。

 だったら予想なんかするんじゃない。勝ち馬に乗る「バンドワゴン効果」や同情票による「アンダードッグ効果」を避けるため、選挙の事前予想を禁止している国だってある。そもそも、メディアは積極的な投票行動を促すのが務めなんであって、予想屋になって選挙への興味を失わせてどうする。

 そんなことより、ペテン師・シンゾーだ。野党共闘が選挙に勝っちゃうと逮捕される可能性があるからなのか、野党共闘をdisりまくるのに必死だってね。YouTuberもやり始めて、その危機感は相当なものがありそうだ。

 おそらく、「Dappi」が使えなくなったってのもあるんじゃないか。昨日も、「日米同盟は廃止、そして自衛隊は憲法違反、これが共産党の基本的な政策だ。その共産党の力を借りて、立憲民主党が政権を握れば、日米同盟の信頼関係は失われてしまうのは間違いない」って横浜の街頭演説で喚き散らしたそうだ。

「立憲が政権握れば、日米同盟終わる」 安倍元首相

 杉田汚水脈を中国ブロック比例代表の上位にってんで、なにやら画策もしたそうで、おかげで官房機密費持ち逃げ疑惑の元官房長官・河村君の世襲の息子は、北関東ブロックに飛ばされましたとさ。

暴言・杉田水脈氏を「比例上位に」岸信夫氏が出した「要望文書」の中身

 山口県の有権者にとってはその民度が問われる選挙でもあるんだから、落とせないまでもこの世襲のボンクラの顔色なからしめる投票行動を期待しちまう今日この頃なのだ。

| | コメント (2)

2021年10月19日 (火)

「選択的夫婦別姓」も「LGBT法案」も2年前の安倍晋三彷彿とさせるゼロ回答で、よくもまあ「未来選択選挙」(岸田文雄)なんて言えたものだ。

 衆議院選公示を前にした党首討論(日本記者クラブ主催)で、「選択的夫婦別姓」と「LGBT法案」の賛否を問われて、ただ一人ヘタレ総理だけが賛成の挙手をしなかったってね。9人の党首が並ぶ中、センターのヘタレ総理だけが手を上げずにポツンと一軒家している様は、まさに昼間の幽霊もかくやの風情ではありましたとさ。

「選択夫婦別姓」8対1の光景に 9党首の討論会、岸田首相だけ手を挙げず 

 こんなんでよくもまあ「未来選択選挙」なんて口にできるものだ。何事に対しても「引き続き議論が必要だ」って壊れた蓄音機するだけで、ヘタレ総理が目指すこの国の具体的な未来像が見えてこないんだから話になりません。

 そのくせ、「敵基地攻撃能力」なんかにはやたら積極的で、ハト派の保守本流である宏池会が泣こうというものだ。ようするに、すべてがペテン師・シンゾーに忖度してるってことなんだね。宏池会元会長の古賀君が「悪魔(安部麻生)の言う通りになったら本末転倒」と嘆くのもむべなるかなってものだ。

「選択的夫婦別姓」に手を上げなかったのは、2年前の参議院選の時のペテン師・シンゾーとまったく同じなんだから、つまりは・・・そいうことだ。


【ノーカット】9党党首討論会―ー総選挙は10月31日

| | コメント (1)

2021年10月15日 (金)

「未来選択選挙」(岸田文雄)・・・予算委員会も開かず、国会議論拒否したくせに何が「未来選択」だ!!&「自由民主主義の政権と、共産主義が初めて入ってくる政権とどちらを選ぶのか」(甘利明)・・・ワイロ男がどの口で、この恥知らず!!

 「特技はひとの話を聞くこと」とのたまったくせに、総理大臣になったとたんに予算委員会も開かずに衆議院解散。でもって、解散からわずか17日後で投票というロクに議論する時間もない中で、よくもまあ「未来選択選挙」なんてことが言えたものだ。

 そんなんだから、自民過半数割れなんて観測も出てくるんだね。だからなんだろう、ヘタレ総理は勝敗ラインについて「与党で過半数を確保することだ」とさ。なんというハードルの低さ。公明党は学会の組織票があるからおそらく現状維持だろうから、議席を減らすのは自民党ってことになる。計算上は70議席くらい減るんだね。それでも「国民の信任を得ました」ってほざくつもりか。阿呆くさ。

岸田政権不人気!自民が頭を抱える“甘利ファクター”の破壊力、衆院選まさかの単独過半数割れも

 あっせん利得疑惑の睡眠障害・甘利君なんか、なにをとちくるったか「われわれの自由民主主義の思想で運営される政権と、共産主義が初めて入ってくる政権とどちらを選ぶのかという政権選択だ」って息巻いているそうだ。いやあ、困ったときの反共宣伝ってやつですね。でもねえ、あっせん利得疑惑で真っ黒けの政治屋に「自由民主主義」なんてことをほざく権利はありません。この恥知らず。

甘利幹事長、衆院選争点 「自由民主主義か、共産主義が入ってくる政権か」

 泣いても笑っても月末には今後の日本の方向性が決まるわけで、「自民党過半数割れ」なんて報道に浮かれることなく、野党共闘をより強固なものにして欲しいと願う今日この頃なのだ。

| | コメント (2)

2021年10月14日 (木)

野党共闘、全289小選挙区中220の選挙区で候補者一本化・・・よくやった!!&「成長なくして分配なし」(岸田文雄)・・・トリクルダウンの幻想から抜け出せないヘタレ男!!

 いよいよ衆議院解散で、永田町は選挙モードに突入。そんな中、野党共闘は着実に進んでいたようで、立民、共産、国民民主、社民の野党4党で全289小選挙区中220の選挙区で候補者一本化がほぼ決まったってね。これには共産党が自らの候補者を降ろしたりとかなり尽力したようで、労働者ではなく経営側と文字通り連合しちまった似非組合の連合の反共宣伝工作も功を奏さずで、ざまあみろです。

 東京8区でのいざこざはあったけど、突貫小僧・山本太郎君の機転でどうにか軌道修正できたんだから、これからは敵は自公+維ってことを忘れずに戦うしかありません。

野党が衆院選220選挙区で一本化 共産・立民が候補調整

保守分裂の福岡5区 野党が候補一本化 共産が自ら取り下げ

 ところで、ヘタレ総理が、「分配なくして成長なし」から「成長なくして分配なし」にいつのまにかスタンスを変えている。これってアベノミクスがお題目のように唱えていたトリクルダウンってことなんだね。これが絵に描いた餅ってことは経済学の常識で、大企業の内部留保が400兆円を越えているのがその証拠だ。  それをベースアップに反映させるには、法人税アップして内部留保を吐き出させることなんだね。ああ、それなのに、自民党の公約では「賃上げに積極的な企業への税制支援」なんてこと言ってるんだから、そりゃあ支持率も50%に届かないわけだ。  とは言え、こうした数字が選挙に結びつくかどうかは神のみぞ知るで、果たしてどうなることやら。最後は有権者の質が問われるってことです。

所得再分配の財源 立民は富裕層から、自民は経済成長の「果実」 衆院選公約

Photo_20211014092401

| | コメント (2)

2018年2月 8日 (木)

「北朝鮮への圧力を最大限に高める」(安倍晋三)。安全地帯で危機感煽ってないで、北陸で雪まみれになって、緊急事態に対処しろ!&衆議院選挙に違憲判決。違憲状態で選ばれた議員に憲法をいじる資格はない!

 北陸の豪雪は凄まじいことになっている。もはや災害だろう。ペンスと会談して、「北朝鮮への圧力を最大限に高める」なんて安全地帯から戦争気分煽っている場合じゃないだろう。北陸は可及的速やかに対処しなくてはいけない緊急事態に陥ってるんだから、自衛隊の最高指揮官ってんなら現場で雪まみれになって陣頭指揮してみやがれ! 雪で立ち往生の車に餃子500人前を提供した「王将」のポランテイア精神の爪の先ほどの「情」もこの男にはないんだろうね。

豪雪で立ち往生の車に500人前 餃子の王将、無償で

北の「ほほ笑み外交」警戒 首相と米副大統領 会談

 それにしても、平昌オリンピック直前に、北の脅威を煽る一国の宰相ってどうなのよ。それほどの脅威があるってんなら、なんでオリンピック観光には危険信号出さないんだろうね。つまりは、北の脅威を煽りに煽ったくせに、自分は平然とトランプとゴルフに興じた時と同じで、緊急を要する危機なんかないってことだ。

 そんなことより、テメーの女房の悪行をどうにかしやがれ!!

 話変わって、名古屋高裁が昨年の衆議院選に違憲判決を出したってね。これまでもいくつかの訴訟があったんだが、すべて合憲判決の中で名古屋高裁の判断は画期的なことだ。もっとも、選挙そのものは有効ってところが気になるけど、裁判長にすればこれがギリギリの判断だったのかもしれない。

<1票の格差>違憲状態判決「奇跡に近い」

 違憲判決が出たってことは、いまの国会ってのは違憲状態の選挙で選ばれたシェンシェイたちで埋め尽くされているってことだ。そんな輩に憲法をいじくる資格なんてありません。こんなこと続けていると、そのうち国連選挙監視団が必要になる時代が来るんじゃなかろうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Dappi疑惑 NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ネット工作 ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワクチンパスポート ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 八代英輝 公文書改竄 公明党 共産党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 土地規制法案 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大石あきこ 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平井卓也 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政党助成金 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新型コロナウイルス 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河野太郎 河野談話 泉健太 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 牧島かれん 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茂木敏充 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 西村康稔 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 議員年金 議員特権 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 赤木ファイル 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野党共闘 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 香港 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 ACTA DHC FMラジオ IR汚職 LGBT法案 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM