麻生太郎

2019年1月10日 (木)

改変ソフトまで作成して勤労統計を偽装工作した厚労省の犯罪!!&性差別発言のネット投票で麻生太郎がダントツ1位!!

 厚労省の勤労統計偽装工作は、データを正しく装うための改変ソフトまで作成していたってね。改変ソフト作成していたってことは、偽装することが前提なわけで、これはもうどう言い訳しようと、官僚の犯罪だろう。

 森友学園疑獄における公文書改竄や働き方改革のデータ捏造が誰も責任取らずにうやむやになったことを考えれば、今回の厚労省の犯罪も誰一人としてお咎めなしで終わっちまうんだろうか。へたすれば、スケープゴートでノンキャリの職員の命が犠牲になることだってないとは言えない。

 ようするに、霞ヶ関はエリートの皮を被った犯罪者の巣窟なんだね。いやはや、とんでもない国になったものだ。

勤労統計、改変ソフトで偽装 失業給付過少 数十億円

 ところで、昨年1年間における政治家の性差別発言のワーストコンテストがインターネットで実施されて、ひょっとこ麻生の「「(セクハラ発言されて)嫌ならその場から帰ればいい」がワースト1位に輝いたってね。

 それに続くのが、杉田汚水脈の「LGBTは生産性がない」、加藤寛治の「必ず3人以上の子供を産み育てていただきたい」なんだとか。

性差別発言ワーストは麻生氏 政治家対象に学者ら主催のネット投票

 これは「公的発言におけるジェンダー差別を許さない会」が主催したものなんだが、本来なら新聞・TVがしっかりと検証すべきことだ。ところが権力の犬に成り下がったメディアには、そんな気概はまったく期待できませんからね。

 ジャーナリズムが自らの責務を放棄した国というのは哀れなものだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

福島第一原発事故の反省もなく「新小型原発」の開発を検討!!&麻生太郎、税金で飲み食いの実態!!&水道民営化にフランスの水メジャー企業の関係者が関与!?

 東京新聞朝刊の1面に踊る「新小型原発開発へ」の見出しに、一瞬ドキっとしちまった。なんとなれば、初老の小学生・ペテン総理のかつての不埒な発言を思い浮かべてしまったからだ。

「憲法上は原子爆弾だって問題ではないですからね、小型であればですね」

 つまり、「小型原発」から「小型原爆」を連想しちゃったという、おそまつな妄想なのでありました。

 とは言うものの、経産省が「新小型原発開発」の検討に入ったというのは穏やかではない。再生エネルギーが世界の潮流になりつつあるいま、明らかに時代に逆行している。そもそも、世界が再生ネルギーに舵を取り始めたきっかけは、福島第一原発事故にある。その当事者である日本が、なんの反省もなしに小型原発の開発に乗り出すなんて、こんな倒錯した話はない。

 ゲッペルス気取りの経産相・世耕君は国会で「新設、建て替えは全く考えていない」と答弁している。その答弁との整合性はどうとりやがるんだろう。まさか、「憲法上は原発だって問題ではないですからね、小型であればですね」とでも言い訳するのか、クソっ!!

新小型原発、開発へ 温暖化対策を名目に経産省 

 ところで、ひょっとこ麻生が会合の名目で2000万円も浪費してたってね。高級料亭や高級クラブで飲み食いしてたそうで、もちろん何かと噂の六本木の会員制サロンもしっかり入ってます。

 ひょっとこ麻生には政党助成金の一部が自民党から渡っているんだから、税金で飲み食いしているといっても過言ではない。ああそれなのに、高級店で会合開く理由について、「それが必要な政治活動をしているから」とひょっとこの事務所は言ってるってさ。どんな政治活動やねんと突っ込みたくもなろうというものだ。

 老人医療費に難癖つけときながら、テメーは税金で飲み食いしてるんだから、そりゃあ口も曲ろうというものだ。

税金使うのと本質同じなのに 麻生氏団体 年2000万円「会合費」

Photo

 でもって、ひょっとこ麻生の娘婿がフランスの水メジャー企業の幹部だってことは11月28日のエントリーで紹介した。ところが、なんとその水メジャー企業である「ヴェオリア・エンバイロメント社」の関係者が内閣府民間資金等活用事業推進室で出向職員として勤務してるんだってね。

 福島みずほたんが暴露したんだが、この事実を新聞・TVはまったくスルーしている。ひょっとこ麻生の利権に「忖度」したか。

 これはもう出来レースでしょう。おそらく、水道民営化法案が成立したら、ヴェオリア・エンバイロメント社が乗り出してくるのは間違いない。ルノーと一緒で国営企業みたいなものだから、ひょっとしたら日産クーデターとのバーターなんてことも画策してたりして。

 マクロンがペテン総理と面談したがっているのも、そのあたりのことも踏まえた上でのことじゃないのか・・・妄想だけど。

水道民営化、推進部署に利害関係者? 出向職員巡り議論

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

「人の税金を使って学校に行った」(麻生太郎)と東大出身の北九州市長を口撃・・・税金で飲み食いしているスットコドッコイに言われる筋合いはない!!

 昨日からナベツネ死亡説がネットを駆け巡っているようで、初老の小学生・ペテン総理が外遊から帰国するまで読売は発表を先伸ばししているとか。果たして、真相やいかに。

 そんなことより、またしてもひょっとこ麻生が他人の悪口を言って顰蹙買ってるってね。なんでも、福岡市長選の応援演説で北九州市の市長が東大出身ってことをあげつらって「人の税金を使って学校に行った」って批判したんだとか。税金使って飲み食いしたり、愛人に貢いだりしているスットコドッコイに言われたかない、っなもんです。

麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

 それにしても、福岡市長選とは何の関係もない北九州市長を槍玉に上げるってはどんな了見なんだろうね。この男、ほとんどビョーキなんじゃないのか。少なくともまともな神経ではないことは確かだ。他人を貶めることで自らの正当性をアピールしようという卑劣な手口は、ペテン政権になってからというもの政治屋どもの常套手段になってるんだね。

 銀座のクラブでホステス前にしてオダ上げてるのと同じ感覚で政治ごっこやられちゃたまったもんじゃありませんよ、ったく。

 そもそも、朝鮮人労働者から搾取し続けた一族の末裔に「人の税金を使って学校に行った」なんてことを言われる筋合いはありません。私学にだって多額の助成金が出てるわけで、ちなみにこやつの出身校である学習院は補助金の多い私立大学ベスト50にランクインしているんだよね。

 それはともかく、ひょっとこ麻生の品性下劣さは、もはや看過できないレベルまできているのは間違いない。ゴルゴ13はどこぞにいないものだろうか。

Gif

【くろねこの競馬予想】

 マイル路線を引っ張る主役が不在だけに、どの馬にもチャンスはありそう。というわけで、モズアスコットの連覇を阻むのは、ようやく充実の秋を迎えたロジクライ。相手はアエロリット。天皇賞・秋では先行して4着に粘ったアルアインの一発に注意。
◎ロジクライ、○アエロリット、▲アルアイン、△モズアスコット、ステルヴィオ、ペルシアンナイト、ジャンダルム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

諦めムード演出のための辺野古工事再開!&「CM規制容認なら改憲議論に応じる」(玉木雄一郎)。それこそ自民党の思う壺だろう!&徴用工問題に深く関わる麻生財閥!!

 公明党の国交相・石井君が辺野古埋め立て再開にゴーサインを出したと思ったら、なんと今日にも工事を始めるんだとか。初老の小学生・ペテン総理は所信表明で「沖縄の皆さんの心に寄り添い、安倍内閣は、基地負担の軽減に、一つひとつ、結果を出してまいります」って言ってたその舌の根も乾かないうちにこれだ。

 ここまで工事再開を急いだのは、おそらく新基地建設に反対するひとたちに、徒労感を抱かせるためなのだろう。どこまでやっても最後はこれだ、という諦念に火をつけることで、オール沖縄の勢いを削ごうってことに違いない。まさに圧政そのもですね。

辺野古きょうにも工事再開 海上にフロート再設置

 ところで、国民民主の腰抜け・玉木君が「CM規制容認なら改憲議論に応じる」って言ってるそうだ。こういうバーターは自民党にすれば渡りに船なんだよね。とにかく、改憲議論という舞台に引きずり出せばこっちのもの、ってのが自民党の腹の内なんだから、腰抜け・玉木君の発言は飛んで火に入る夏の虫ってことだ。

 改憲議論をする前に、「なぜいま改憲なのか」をちゃんと検証することが重要で、それにはまずペテン総理の「憲法は国の理想の姿を示すもの」という認識そのものを問わなくちゃいけない。そこをねぐっての改憲議論なんて、みすみす敵に塩を送るようなもので、国民民主ってのはしょせんは自民党の補完勢力ってことだ。

国民民主・玉木氏“CM規制”議論進めば改憲議論“拒否せず”

 最後に、徴用工問題が日韓関係にとって新たな火種になりつつあるようだけど、そこに一枚噛んでいるのが麻生財閥なんだね。麻生炭鉱における朝鮮人那強制労働について、ちょいとお勉強したみるのも面白い。

麻生炭鉱での朝鮮人強制労働

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

安田純平さん、解放!!&麻生太郎は「医療費の税負担阿呆らしい」とか・・・税金がこんな男の議員報酬になっていることの方がよっぽど阿呆らしい!!「憲法改正していないのは日本だけ」(下村博文)。まるでオモチャ欲しくて駄々こねるガキだね!!

 シリアで拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さんが解放されたようだ。帰国後のバッシングが心配だが、とにかくいまは無事でよかった!!

安田純平さん解放情報 トルコで保護「可能性高い」

 海外でトラブルにあった日本人を自己責任論で責めるという悪習はいいかげんにさらせなんだが、近頃の政治屋ってのはこの自己責任論ってのが好きなんだよね。その代表がひょっとこ麻生で、この男、またやってくれました。

「飲み倒して運動も全然しない(で病気になった)人の医療費を、健康に努力している俺が払うのはあほらしくてやってられんと言っていた先輩がいた。良いことを言うなと思った」

 このクソ発言は、「健康維持のための予防の重要さを説明する際」のものってんだが、これこそ酔っ払いの発言そのものだ。そもそも、この男の発言というのはすべてが銀座のクラブでオネーチャン相手にオダ上げているようなもので、政治家としての理念や哲学なんてものは微塵もありません。

 かつてもこんな発言してるんだね。

「たらたら飲んで、食べて、何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」

 ようするに常習犯なわけで、こんな低脳な男に税金で議員報酬払っていると思うと、またしても一瞬の殺意が脳裏を掠めるのもむべなるかな、ってなもんです。

麻生太郎財務相がまた「医療費の税負担あほらしい」と暴言! 医療自己責任論と弱者排除をふりかざす醜悪体質は昔から

 こんな非常識な男が、ごまめの歯ぎしり・河野君に麻生派のパーティの席で「(河野氏が)政治家として今後伸びるのに何が欠けているかと言えば、間違いなく一般的な常識だ」とのたまったってんだから、そりゃ会場から失笑も漏れようというものだ。

 こんな男を、総理大臣だ、副総理だ、財務大臣だ、って担ぎ上げるこの国は、それだけでカタストロフが始まってますよ、ったく!

 クズ政治屋がもうひとり。加計学園献金疑惑の下村君が「憲法改正していないのは日本だけ」ってお子ちゃま発言したってね。まるで、○○ちゃんも持ってるもん、って駄々こねてるガキですね。こんなんで「改憲」なんて口にするのはおこがましいどころか、1万年早い!!

自民・下村氏「憲法改正していないのは日本だけ」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

被告人質問で「大変心外だ」と居直る元東電副社長の自己保身は旧日本軍の将校と同じね!!&埋め立て撤回の対抗措置で行政不服審査を請求。これのどこが「沖縄の方々の気持ちに寄り添う」ことなんだ!!

 福島第一原発事故による業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電の三悪人の公判で被告人質問があり、トップバッターとして原発安全対策の責任者だった元副社長の武藤栄が登場した。被告人質問の冒頭、「当事者として誠に申し訳ございません」と頭を下げて殊勝なところを見せたものの、自らの責任を問われると「先送りというのは全くない。大変心外だ」とプッツン切れたってね。

 謝罪した舌の根も乾かぬうちに、その無責任ぶりを顕にしたってわけだ。こやつの言ってることは社員の証言をことごとく否定するもので、こうやってこれまでも上にはへつらい下にはふんぞり返ることで、社内政治を渡り歩いてきたのだろう。その様は旧日本軍の将校連中を彷彿とさせますね。

原発公判 東電元副社長 津波対策 先送り否定 部下証言と真っ向対立

 それにしても、この裁判でどこまで個人の責任を問うことができるのか。そこはなかなか難しい。やっぱり、「組織罰」という考え方を導入しなくちゃだめなんだろうね。そうすれば、東電に非があることは明らかなんだから、組織を主導してきた幹部の責任も厳しく問うことができる。でないと、福知山線脱線事故の二の舞ってことになりかねませんよ。

・郷原が斬る
業務上過失致死傷罪への“組織罰”導入で問われる山下新法相の真価

 舌の根も乾かぬうちにとくれば、初老の小学生・ペテン総理だ。オール沖縄・玉城君との面談では「沖縄の方々の気持ちに寄り添いながら基地負担の軽減に全力を尽くす」ってほざいてたくせに、なんとまあ、「辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回した県への対抗措置」として「行政不服審査を請求」するんだとさ。これのとこが「沖縄の方々の気持ちに寄り添う」ことなんだろうね。

 しかも、ペテン総理自身は税金ばら撒きにさっさと外遊と洒落込んでいるってんだから、ホント、こいつの無責任ぶりにはそろそろゴルゴ13に登場願うしかないかもね。こういうのを、世間では卑劣漢(=くず野郎)と言います。

政府、沖縄県に対抗措置へ 辺野古承認撤回 効力停止を要求

 最後に、「内閣改造で支持率上がった例はあまりない」ってほざいたひょっとこ麻生が、記者から「これまでは支持率上がってますよ」って指摘されて、「良かったね。特にねえよ、それで」だとさ。どこまでいっても品性下劣な、こいつもペテンと同じく憲政史上類を見ないくず野郎です。

1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

ペテン総理の嘘がまたひとつ。カジノ法案はトランプの働きかけ・・・!!&森友のゴミに虚偽か・・・みんなで口裏合わせ!?&麻生太郎追放運動開始!!

 上がったものはいずれは下がる。これが自然の摂理というもので、株価大暴落でいよいよインチキ相場も終焉の兆しか。それにしても、新聞・TVは株価暴落をアメリカのせいにしているようだけど、これって官製相場と出口を失ったアホノミクスがそもそもの元凶じゃないのか・・・って経済オンチなもので真相の程はさだかじゃないけど。

 ところで、初老の小学生・ペテン総理の嘘がまたひとつ暴露されちゃいました。なんでも、カジノ法案について、やっぱりトランプからの働きかけがあったってね。ペテン総理は国会で、

「トランプ氏との間で(カジノを巡る)やり取りは一切なかった」
「外国首脳の推薦に従って、事業者を採用することはあり得ない」

 って答弁してるんだが、これって虚偽答弁ってことになるよね。カジノ法案にはトランプのスポンサーであるカジノ王が求めていた「面積規制撤廃」を受け入れるようにして、「面積上限」が明記されていない。それだけでも「働きかけ」はあったってことだ。

米カジノ参入 働き掛けか トランプ氏、日米会談で昨年

 嘘と言えば、森友学園疑獄でも新たな「嘘」が発覚。約8億円の値引きの根拠となった「試掘で地下3.8mにゴミ確認」という資料が、実は誤りだったとさ。試掘した業者は「経験の浅い従業員が誤った」なんて都合のいいこと言ってるけど、それを真に受けるほどこちとら間抜けじゃありませかんらね。森友・国交省・業者の口裏合わせがあったんじゃないのか・・・妄想だけど。

 野党から追加説明を要求された国交省は、「適切に資料に基づいて判断した」ってこれを拒否したそうだ。どこまで根性腐ってるんだか。

 根性腐ってるとくれば自民党だ。森友学園疑獄で公文書改竄したシュレッダー佐川君の国会答弁における偽証罪の告発を、自民党の参議院予算委員長が見送りにしたってね。総裁3選後の記者会見でペテン総理は「丁寧な説明」ってなんとかのひとつ覚えを繰り返していたけど、それをするなら今でしょ。

 いずれにしても、森友も加計もこのままではすみませんよ、ったく。

<参院予算委>ゴミ写真、深さ「誤表示」 業者が資料提出

 最後に、ひょっとこ麻生の追放運動が始まったとか。デモでも署名でも、とにかくこの下衆野郎を追い詰めるためなら何でもやらねば・・・黙ってるととことん舐められますよ!!

署名運動も始まった 麻生財務相の“追放運動”は拡大の一途

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

「佐川元国税庁長官は極めて有能な行政官だった」(麻生太郎)。老醜!&「教育勅語にもいいものがある」(柴山文科相)なら、山口組の綱領だってなかなかに道徳を説いている&「性暴力撲滅」でノーベル平和賞に浮かれるメディア。詩織さん暴行事件にも沈黙するな!!

 性懲りもなく、ロクでもない方言をひょっとこ麻生がまたやらかしたってね。なんでも、シュレッダー佐川君を「極めて有能な行政官だった」と持ち上げたそうだ。公文書改竄で自ら命を絶った職員の家族が取材を受けたことが話題になっていることを、おそらくこやつは知っていながらの発言だろう。畳の上では死なせたくないものだ。

麻生財務相、改ざん問題の佐川氏は「極めて有能だった」と発言

 そんなことより、「教育勅語を現代風にアレンジ」の文科相・柴山君だ。大臣就任の記者会見で、初老の小学生・ペテン総理へのお追従で言っちまった教育勅語マンセーの一言に思いの他の批判が集中して、とうとう釈明せざを得なくなったようだ。その言い訳ってのが、これまたなんとも煮え切らないもので、こんな軽率な輩に文科大臣が務まるわれけがありません。

「国として検討するとか、積極的に推奨する準備を進めているとか、そういうことはみじんも申し上げていない」
「わが国の先人たちが世界から尊敬され驚嘆されるような道徳を育んできたというのは事実なので、一部の個人、団体がそういうことを踏まえて教育勅語をアレンジした形で教材として使ったり検討したりは十分理解できる」

 事の本質をまったく理解していないからこういう言い訳になっちまうんだね。教育勅語が説いている道徳観ってのは、すべて当時の天皇のためにということで収斂されているわけで、「わが国の先人たちが世界から尊敬され驚嘆されるような道徳を育んできた」結果ではない。

 そもそも、教育勅語にもいいものがあるってんなら、山口組の綱領だってなかなかに道徳を説いてるんだね。こんな具合です。

Photo

 昨日の東京新聞「こちら特報部」でもこの問題を取り上げていて、その中でお茶の水女子大の教育学教授がこんなコメントをしている。ちょいと長いけど、ご一読を。

「彼らは全部正しいとは言わない。どこがよくてどこが悪かったのかという質問には答えず、『いいところもある』という評価を発信する。一つ一つの徳目自体は悪くないから全体も活用できるはずだという言い方だ。しかし、カビの生えたパンのカビの生えていない部分を指して『ここはまだ食べられるでしょう』と売ることはできないのと同じで、教育勅語は全体としてダメなのだから現代道徳で使える部分はない。そのことをよく国民は再認識すべきだ」

柴山文科相、教育勅語を「国として検討とは言ってない」 

柴山昌彦文科相「教育勅語」復活は安倍政権の総意! 前川元次官も証言していた「教育勅語を使えるようにしろ」の圧力

 最後に、ノーベル平和賞は「戦時における性暴力撲滅」を訴える医師とIS拉致から生還した女性の2人に与えられた。メディアはこぞって賞賛しているが、元TBS社員の山口ノリマキによる詩織さん暴行事件はほったらかしでよくもまあ、ってなもんです。

戦時の性暴力 撲滅訴え 2人にノーベル平和賞

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

「善戦ではない」とムキになって石破をdisる麻生と甘利。なんとかの遠吠えみたなものか。見苦しい!!&新潮社社長の空疎なコメントでさらなる炎上!!

 自民党総裁選の結果は、初老の小学生・ペテン総理はもちろんのこと、ひょっとこ麻生や布袋頭の甘利君の心胆も寒からしめているようで、二人してムキになってアンポンタン石破君をdisっている。曰く、

「(国会)議員の方がよく見ているからね、本人(石破氏)を。(石破氏が)善戦とは思っていないから、他の人もそう思っている人、多いと思う。政権運営への影響はあまりないんじゃないでしょうかね」(麻生太郎)
「近くで専門家として石破さんを評価できるのは国会議員です。国会議員が見ていると政策論でも、もうちょっとこうやればいいのに、と思う事がたくさんあるわけです。例えば地方が大事ですと言うが、じゃあ、どうやるんですか。地方が大事だったら、石破さん、あなたは鳴り物入りで地方創生担当相を2年やりましたよね。やったとしたら、地方がまだ駄目なんですよ、駄目なんですよ、だけで終わっちゃうとあなたが担当相だったでしょ、と言われちゃう訳ですよ」(甘利明)

 2人ともまるで事前に打ち合わせたかのように似たようなことのたまってるんだが、ようするに圧勝の思惑が見事にはずれて、総裁選に勝った側なのに負け惜しみ言ってるわけですね。見苦しいというか、なんともケツの穴の小さい、了見の狭い発想だ。そんなに国会議員の意見が重要なら、党員の投票なんか意味ないじゃん。こういう発言を党員の皆さんはどんな思いで受け止めてるんだろうねえ。後学のために、お聞きしたものだ。

 それはともかく、ひょっとこと布袋頭の発言はそれだけ焦っているって証拠でもあるわけで、来年の参議院選挙はけっこう面白い結果になるかもね・・・なんて淡い期待しちまうお彼岸の朝である。

麻生大臣「石破氏は善戦ではない」 地方票45%でも

自民党・甘利明氏が石破元幹事長に苦言を呈す

自民党総裁選 石破茂元幹事長、麻生太郎氏に反論「善戦でないというのは党員の気持ちとずれている」

自民党総裁選、満面の笑みの石破氏、顔面蒼白の甘利氏、無表情の進次郎氏

 最後に、杉田汚水脈の寄稿をきっかけとした新潮45のLGBT差別騒動について、新潮社の社長がコメントを発表した。これがなんとも無味乾燥な言葉の羅列で、行間から何の熱意も感じられないという代物なんだね。これって単なる「お知らせ」みたいなもので、とりあえず何か言っておかないとまずい、ってなものなのだろう。もうちょっと新潮に、じゃなかった慎重に言葉を選んで事を運ばないと「良心に背く出版は、殺されてもせぬ事」という創業の理念が泣くというものだ。

「新潮45」2018年10月号特別企画について

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

「石破を応援するなら閣僚を辞任しろ」発言の張本人は麻生太郎・・・だったりして!?&「物価上昇2%は無理だと思ってた」(麻生太郎)。口が曲がるわけ!&東京五輪ボランティアで「授業日程変更」を要請!!

 自分の金をどう使おうと勝手なんだが、このご時勢に月旅行で散財とは・・・なんだかなあのゾゾタウンである。

 そんなことより、「石破を応援するなら辞任しろ」と現職閣僚が脅された件について、ひょっとこ麻生がこんなこと口走ってます。

「現職がいなくなった後の総裁選と、現職がいるときの総裁選では意味が違う」
「今回は(現総裁が)いてやるわけだから、どういうことになるかという話を根底に据えておかないといけない」

 つまり、現職閣僚が反対候補を支援するのは不適切だと言ってるわけで、「辞任しろ」って圧力を擁護したってことだ。これって、「現職がいるのに総裁選に出るというのは、現職に辞めろと迫るのと同じだ」とほざいた初老の小学生・ペテン総理と同じ発想なんだね。

 ひょっとしたらひょっとこ麻生がその圧力をかけた張本人じゃないのか。だからこそ、ペテン総理も強気に「名前を言え」って脅しかけてるんじゃないのか。「麻生の名前は出せないだろう」ってタカくくっているんじゃないのか・・・・妄想だけど。

「辞表出せ」発言 麻生氏、圧力の議員擁護 石破氏反発「パワハラだ」

 でもって、その麻生なんだが、日銀が金科玉条のごとく旗振りしている「2年で物価上昇率2%」ってスローガンを「2年では無理だと思っていた」とのたまってくれちゃいました。今頃言うか、ってなもんです。いつだってこやつらの言うことは「口先」だけの「出まかせ」ってことです。

“物価2%上昇”政府も日銀も「2年では無理」 麻生財務相「お互い認識」

 ところで、東京オリ・パラのボランティアに交通費として1日1000円支給だとさ。ははは、子供のお駄賃じゃあるまいし、大会幹部の年収2000万円以上に比べたら雀の涙にもなりません。しかも、都内の移動のみで、地方からのボランティアは東京までの交通費や宿泊費は自己負担のままだそうで、大会幹部だけが濡れ手に粟ってわけだ。

東京五輪ボランティアに1日千円 交通費相当、組織委

 ボランティアについては、スポーツドクターを無償で募集したり、企業への動員を催促したり、さらには学生の単位も優遇なんてことが槍玉に上がっているんだが、なんと今度は「授業日程の変更」まで要請したってね。

「まるで動員」ボランティア促す通知、学事暦にまで言及

富士通は300人 「五輪ボランティア」企業からも“徴兵”開始

東京五輪スポーツドクターまで無償依頼、医師が苦言 「資格持って責任持ってする仕事」

 東京オリ・パラのためなら何でもありってわけで、学徒出陣どころかまさに国家総動員の様相を呈する今日この頃なのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | セクハラ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ヘイトスピーチ | ペット | ポンコツ内閣 | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | リニア新幹線不正入札 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 下村博文 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 二階俊博 | 人質司法 | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 働き方改革 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 入管難民法改正(移民政策) | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 公文書改竄 | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 国民民主党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人労働者問題 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大相撲 | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 学問・資格 | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 小泉進次郎 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山口那津男 | 山本一太 | 山本太郎 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 岸田文雄 | 川口悠子 | 希望の党 | 平沢勝栄 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捕鯨 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 放送制度改革 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 教育勅語 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日産 | 日産クーデター | 日米合同会議 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 杉田水脈 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 松井一郎 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 桜田義孝 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 水道民営化 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 沖縄県知事選 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 玉木雄一郎 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 産経新聞 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 百田尚樹 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 税金 | 稲田朋美 | 立憲民主党 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 緊急事態条項 | 育児 | 自己責任論 | 自民党 | 舛添要一 | 船田元 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 裁量労働制 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 豊洲市場 | 財務省 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 足立康史 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 野田聖子 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 障害者雇用水増し | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM