麻生太郎

2019年4月 8日 (月)

知事選惨敗、麻生、赤っ恥!!&保守分裂のあげく、共産党に煮え湯飲まされた二階の誤算!!

 統一地方選の前半戦が終了。大阪ダブル選挙は維新が圧勝して、今後は都構想でまたしてもスッタモンダするのだろう。大阪の有権者の選択が果たして吉と出るか凶と出るか。けだし見ものではある。

<統一地方選>自民、敗北相次ぐ 大阪ダブル・福岡・島根 知事・政令市長選

 でもって、笑っちゃうのが福岡だ。ひょっとこ麻生がゴリ押しした自民党候補が知事選で惨敗で、赤っ恥かいちゃいました。子分の塚田ソンタ君の「安倍・麻生道路」発言の影響も多少はあったんだろうが、それだけじゃありませんね。人としてどんどん壊れているひょっとこ麻生の品性下劣ぶりに、さすがに有権者も呆れてるんじゃないのかねえ。ていうか、そうあって欲しいのだが・・・。

麻生氏「ふがいなく、おわび」 べらんめえ調、鳴り潜め

 そして、土建政治の幹事長・二階君も煮え湯を飲まされたようで、なんと地元の県議選で息のかかった自民党候補が共産党に敗北しちまいました。保守分裂となった御坊市長選の影響で保守層がまとまりきれなかったのが敗因と言われているようだけど、それでも共産党が勝ったということは大きい。参議院選に向けて野党共闘が確立されれば形勢逆転も夢ではないということの証なのではなかろうか。

二階氏地元で自民敗北、和歌山県議選、共産新人が勝利

 なにはともあれ、統一地方選挙の投票率が過去最低の42%ちょぼちょぼという結果に、野党はかなりの覚悟と危機感を持たなければ、参議院選挙も初老の小学生・ペテン総理の後塵を拝することになりますよ。

| | コメント (2)

2019年4月 7日 (日)

またしてもやらかした麻生太郎の無礼な会見の態度に、なぜ記者は抗議しないのか! 有権者もまた、いつまでこんなチンピラをのさばらせておくのか!!

 今後の政局を左右するであろう統一地方選は、今日が投票日。とは言え、既に無投票で26.9%の議席が決まっている。政治家のなり手がいないというのがその大きな理由ってんだが、だからなのかねえ、国会議員はもとより地方議員にもチンピラみたいなのが蔓延っているのは。

 チンピラとくれば、これはもうひょっとこ麻生の右に出るものはいない。べらんめえ口調だの麻生節だのと新聞・TVが囃し立てているうちに、本人はどんどん調子こいてその品性下劣に拍車がかかっている。

 子分の塚田ソンタ君が辞任した後の会見における記者とのやり取りなんか、そこらのチンピラだっていまどきこんな無礼な態度はとらないだろうという驕り高ぶったものだった。こんな具合です。

 それにしても、記者も記者だよね。「その無礼な態度は何様のつもりだ!」くらいのことは言ってやりゃあいいのに、何のリアクションもないんだもの。それでまた増長するってわけだ。

 地方議員にもこんなのがいます。

【大炎上】自民党の高橋やすな市議が選挙妨害か!対抗の車両を妨害、ニヤニヤしながらスマホ撮影!地元の選対委員長

 自民党ってこんなのばっかなんだね。政治家以前に社会人として失格だと思うんだが、それでもこやつらに投票するひとがいるってところに、この国の闇がある。

 なんてったって、初老の小学生・ペテン総理が箸にも棒にもかからない虚けときてますからね。「魚は頭から腐る」の喩えを、これほど実感する時代がやって来るとはねえ。

 とは言うものの、嘆いているだけでは何も解決しない。こんな奴らをのさばらさないためにも、投票に行こう!!

1
クリックで拡大

【くろねこの競馬予想】

今年の桜花賞はレベルの高い混戦模様。人気はダノンファンタジー、グランアレグリアに集まっているが、それぞれ死角はある。ダノンファンタジーは7枠はとすがにきつい。グランアレグリアは休養明けに加えて、早熟の感も。

ということで、本命は、クロノジェネシス。去年秋のアイビーステークスではじき出した上がり32.5秒は大物感いっぱい。相手はグランアレグリア。穴に大外に回ったシゲルピンクダイヤ。後方一気があるかも。最内枠をひいた武豊のシェーングランツにも注意。
◎クロノジェネシス、○グランアレグリア、▲シゲルピンクダイヤ、△ダノンファンタジー、ビーチサンバ、シェーングランツ、アクアミラビリス

| | コメント (2)

2019年2月 6日 (水)

「政治主導の統計改革を実現」(山本幸三行革担当大臣・当時)・・・これが統計偽装の原点か!?&望月記者の口封じで新聞労連が官邸に抗議!&日大殺人タックルで警察が監督、コーチを無罪放免の愚!!

 「子どもを産まない方が問題だ」発言でひょっとこ麻生が謝罪したってんだが、「不快に思われた方がいるとすればおわび申し上げる」というのは謝罪ではありません。世間では、こういうのを居直りという。こやつは以前にも同じ発言をしていて、つまりはそうしたことを平気で口にする生まれながらの腐った人間てことなんだね。吉田茂の孫が聞いて呆れる。

麻生氏、不適切発言を謝罪 「産まない方が問題」

 そんなことより、統計偽装だ。やっぱり、「アベノミクス偽装」のための謀だったことがバレちゃいましたね。エポックとなったのは、2015年9月のことだそうで、「GDP600兆円」の目標設定がきっかけになっているとか。そして、2016年6月の経済財政諮問会議でペテン総理の手羽先の山本幸三が「政治主導の統計改革を実現しよう」と檄を飛ばして、それにビビった官僚どもが統計に手を入れ始めたそうだ。

 これは4日の予算委員会で明らかになったことなんだが、「政治主導の統計改革」とはよく言ったもので、ようするに自分たちの都合のいいように鉛筆なめなめ数字を操作するぞって宣言しているようなもんなんだね。こんな背景があるとしたら、そりゃあ統計偽装のキーマンである大西なんたらを国会招致するなんて墓穴を掘るようなものなんだから、頑なに拒否するわけだ。

 それにしても、こうした質疑が国会であったなんてことを、新聞・TVはどうしてスルーしてるのかねえ。何かって言やあ、野党がだらしないってなんとかのひとつ覚えを口にするくせに、自分たちはジャーナリズムとしての誇りや矜持はどこかに置いてきちゃって、ペテン政権への忖度ありきで記事作ってるんだからいい気なものなのだ。

・田中龍作ジャーナル
【アベノミクス偽装】 「統計」は安倍政権の成長戦略だった 

 そんなんだから、官邸から望月君の口封じをせっつかれたりするんだね。でも、さすがにこれを放置しておくのは自らのレーゾンデートルに関わると思ったか、新聞労連が官邸に抗議したそうだ。とは言え、いまひとつ迫力に欠けるんだよなあ。抗議は当たり前だけど、同時に鮨友の幹部連中をどうにかしなけりゃ、根本的には何も解決しないんじゃないのか。

新聞労連が首相官邸に抗議 「東京新聞記者の質問制限」

 最後に、日大アメアト部の殺人タックルで、監督とコーチにお咎めなしって警察が結論出したってね。「過熱した報道で、誤解がひとり歩きしていたのではないか」(警視庁捜査一課長)だとさ。これじゃあ、まるで告白した学生ひとりの責任てことじゃないか。

 警察は日大OBの巣窟ですからね。これもまた身内の捜査だったんじゃないの・・・妄想だけどさ。

日大悪質タックル 前監督ら「嫌疑なし」 警視庁、第三者委報告と正反対

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

少子高齢化は「子どもを産まなかった方が問題」(麻生太郎)。ますます馬鹿さに磨きがかかってるな・・・それとも、誰かさんへのあてつけか(爆)

 「アベノミクス」は「安倍のみクズ」・・・こんな洒脱な言葉をネットで見つけて思わずニヤリの月曜の朝である。

 でもって、もうひとりのクズ、ひょっとこ麻生が性懲りもなくど阿呆ぶりをさらけ出してくれたってね。なんでも、地元・福岡での会合で、少子高齢化についてこんなクズ発言したそうだ。

「いかにも年寄りが悪いという変な野郎がいっぱいいるけど、間違っていますよ。子どもを産まなかった方が問題なんだから」

 確か、こやつは以前に「90になって老後が心配とか、訳の分からないことを言っている人がテレビに出ていたけど、『お前いつまで生きているつもりだ』と思いながら見ていました」ってぬかして、「老人はとっとと死ねってことか」と顰蹙買ったことがあった。

 ようするに、こやつの発言ってのは、いつだって銀座のクラブでネーチャン相手にオダ上げている類のものなんだね。金持ちの老人のたわ言ならまだしも、こんな下衆な男が総理大臣だ、財務大臣だってでかい面していることにこの国の悲劇がある。

麻生氏、少子高齢化問題で「子ども産まなかった方が問題」

 子供を産む産まないは個人の自由だし、なによりも産みたくても産めないひとだっているんだよね。そうしたひとたちへの最低限の配慮ができないほどに愚鈍だってことだ。どうせな阿呆なら、いっそのことペテン総理に言ってやれ。「子どもを産まなかった方が問題なんだから」ってさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

息のかかった特別監察委員会を解散できない安倍晋三のどんづまり!&厚労省が賃金構造基本統計の隠蔽を認める!&年金14兆円をギャンブルですったくせに知らん振り!!

 デリヘルの女性に乱暴した容疑で役者が逮捕されたそうだが、厚労省の統計偽装ですったもんだしているこのタイミングってのもねえ。というわけで、竹村健一の言葉を改めて噛みしめてみるのであった。

「マスコミが、芸能ネタなりスキャンダル事件を連日連夜、執拗に報道している時は注意しなさい。国民に知られたくない事が必ず裏で起きている。そういう時こそ、新聞の隅から隅まで目を凝らし小さな小さな記事の中から真実を探り出しなさい」

 でもって、その統計偽装なんだが、初老の小学生・ペテン総理は頑なに新たな第三者委員会や検証委員会を設置することを拒んでるんだね。年金問題の時とは大違いだ。それもそのはず、年金問題は役所の杜撰なミスが原因だったから、真相究明にも積極的になれたんだね。ところが、統計偽装はそうはいかない。ひょっとこ麻生が指図して絵図を描いたなんて噂もあるし、なによりも特別監察委員会の委員長は厚労省所管の独立行政法人の理事長ってんだから、そもそもからして「身内の調査」を企んでいたってことだ。

 つまり、へたに第三者委員会や検証委員会を設置したら、統計偽装の構図がすべて明らかになっちゃう可能性があるってことだ。だからこそ、頑なに野党の要求を拒んでるってことなのだろう・・・ま、いつもの妄想ですけど。 

 毎月勤労統計の後を追うようにして発覚した賃金構造基本統計の不正については、どうやら厚労省は隠蔽の事実を認めた。てことは、毎月勤労統計の偽装も意図的な隠蔽があったのは容易に想像がつくことで、だからこそたった6日間の調査で幕引きを図ろうとしたのだろう。ペテン総とひょっとこ麻生にすればとんだ見込み違いだったことになる。

 さあ、この決着をどうつけるか。年金問題の時の長妻君のような猛者が、いまの野党にいるかどうか。その長妻君は厚労大臣だったんだよね。へたに真相究明しちゃうと、自らにも火の粉が降りかかる・・・なんてことをよもや考えてはいないでしょうねえ。

監察委、中立性見えぬまま 勤労統計不正 政府は見直し消極的 

隠蔽、勤労統計も疑い濃く 不正、賃金統計と同じ構図

・田中龍作ジャーナル
【アベノミクス偽装】麻生大臣の鶴の一声後 「検討会」開かれず「議事録」公表されず

 長妻君の名前が出たところで、話変わって年金問題です。なんと、GPIF(年金積立金官吏運用独立行政法人)が株による年金運用で14兆円もすっちまいましたとさ。借りた金でギャンブルやってスッテンテンになるのと同じで、責任者を出せ、ってなもんです。

 ていうより、カジノで106億円溶かした大王製紙の元会長のように、民間だったら逮捕されちまうんだから、他人の金(年金)だからってハイリスクな株運用で14兆円もすっちまったGPIFには市中引き回しくらいの処分は課してほしいものだ。でなけりゃ、これからもやりたい放題しますぜ、こやつらは。

公的年金運用損、最悪の14.8兆円 昨年10~12月

 こんなんで、年金70歳支給なんてことを画策してるんだから、そろそろ一般大衆労働者諸君も飼いならされた羊の皮を脱いで、暴動のひとつも起こしたらどうだ・・・てなことを我が家のドラ猫にオルグかけてみる冬の朝であった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年1月26日 (土)

毎月勤労統計不正は再調査。ならば、特別監察委員会の人選もやり直せ!!&「日本という国の信頼が小さなことから崩れることを避けないといけない」(麻生太郎)。口が曲がるわけだ!&総務省がインターネット家電を利用して監視社会の実験スタート・・・!?

 違法な毎月勤労統計は、どうやら再調査するそうだ。とは言うものの、特別監察委員会の人選を一からやり直して、名実ともに第三者(そんなのがいればの話だけど)による委員会を発足させなければ、おそらく同じ轍を踏むことになりますよ。

政府、幕引き急ぎ裏目 統計不正 聴取やり直し 

 なんてったって、この違法な調査ってのは、役人だけでできることではありませんからね。年末の今年度予算の閣議決定だって、ひょっとしたらペテン政権はこの違法調査を知った上でのことかもしれないんだよね。そうなれば、福島みずほたんの言うように「アベノミクス偽装」の疑惑が濃厚になるし、当然「刑事訴追」だって視野に入ってくるだろうし、捜査の手は初老の学生・ペテン総理にも伸びることだってないわけじゃない。

安倍首相に「勤労統計」不正知りながら予算閣議決定していた可能性が…真相隠ぺい、根本厚労相に責任押し付けか

・田中龍作ジャーナル
【アベノミクス偽装】実質賃金はマイナスだった 安倍首相が世界に大ウソ

 そんな不法で不適切な統計数字の操作は厚労省だけでなくほとんどの省庁でも発覚して、顔も頭も貧相な官房長官のガースーは「甚だ遺憾」なんて間抜けなコメントしているんだが、その白眉はひょっとこ麻生だ。なんと、「日本という国の信頼が小さなことから崩れることを避けないといけない」たとさ。いえいえ、もっと大きなところから、既に日本は崩れてますから。アンタの存在もそのひとつだ・・・なんて毒づきたくもなろうというものだ。

不適切処理で閣僚陳謝 22基幹統計

 とにかく、政治家も官僚も、特に福島第一原発事故以後ってもの「いまさえよければ、後は野となれ山となれ」できちゃってますからね。この底抜けの日本を立て直すには、そうたやすいことじゃありませんよ、ったく。

 野党だって、国民・自由VS立憲・社民なんて内輪もめやってる場合じゃないんだよね。ああ、いやだいやだ。

 最後に、こんなニュースがさりげなく流れてるんだけど、これって監視社会のための実験なんじゃないか。Tカードの個人情報提供よりも、もっと怖い話だと思うけどねえ。

総務省 IoT機器に無差別侵入し調査へ 前例ない調査に懸念も

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

改変ソフトまで作成して勤労統計を偽装工作した厚労省の犯罪!!&性差別発言のネット投票で麻生太郎がダントツ1位!!

 厚労省の勤労統計偽装工作は、データを正しく装うための改変ソフトまで作成していたってね。改変ソフト作成していたってことは、偽装することが前提なわけで、これはもうどう言い訳しようと、官僚の犯罪だろう。

 森友学園疑獄における公文書改竄や働き方改革のデータ捏造が誰も責任取らずにうやむやになったことを考えれば、今回の厚労省の犯罪も誰一人としてお咎めなしで終わっちまうんだろうか。へたすれば、スケープゴートでノンキャリの職員の命が犠牲になることだってないとは言えない。

 ようするに、霞ヶ関はエリートの皮を被った犯罪者の巣窟なんだね。いやはや、とんでもない国になったものだ。

勤労統計、改変ソフトで偽装 失業給付過少 数十億円

 ところで、昨年1年間における政治家の性差別発言のワーストコンテストがインターネットで実施されて、ひょっとこ麻生の「「(セクハラ発言されて)嫌ならその場から帰ればいい」がワースト1位に輝いたってね。

 それに続くのが、杉田汚水脈の「LGBTは生産性がない」、加藤寛治の「必ず3人以上の子供を産み育てていただきたい」なんだとか。

性差別発言ワーストは麻生氏 政治家対象に学者ら主催のネット投票

 これは「公的発言におけるジェンダー差別を許さない会」が主催したものなんだが、本来なら新聞・TVがしっかりと検証すべきことだ。ところが権力の犬に成り下がったメディアには、そんな気概はまったく期待できませんからね。

 ジャーナリズムが自らの責務を放棄した国というのは哀れなものだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

福島第一原発事故の反省もなく「新小型原発」の開発を検討!!&麻生太郎、税金で飲み食いの実態!!&水道民営化にフランスの水メジャー企業の関係者が関与!?

 東京新聞朝刊の1面に踊る「新小型原発開発へ」の見出しに、一瞬ドキっとしちまった。なんとなれば、初老の小学生・ペテン総理のかつての不埒な発言を思い浮かべてしまったからだ。

「憲法上は原子爆弾だって問題ではないですからね、小型であればですね」

 つまり、「小型原発」から「小型原爆」を連想しちゃったという、おそまつな妄想なのでありました。

 とは言うものの、経産省が「新小型原発開発」の検討に入ったというのは穏やかではない。再生エネルギーが世界の潮流になりつつあるいま、明らかに時代に逆行している。そもそも、世界が再生ネルギーに舵を取り始めたきっかけは、福島第一原発事故にある。その当事者である日本が、なんの反省もなしに小型原発の開発に乗り出すなんて、こんな倒錯した話はない。

 ゲッペルス気取りの経産相・世耕君は国会で「新設、建て替えは全く考えていない」と答弁している。その答弁との整合性はどうとりやがるんだろう。まさか、「憲法上は原発だって問題ではないですからね、小型であればですね」とでも言い訳するのか、クソっ!!

新小型原発、開発へ 温暖化対策を名目に経産省 

 ところで、ひょっとこ麻生が会合の名目で2000万円も浪費してたってね。高級料亭や高級クラブで飲み食いしてたそうで、もちろん何かと噂の六本木の会員制サロンもしっかり入ってます。

 ひょっとこ麻生には政党助成金の一部が自民党から渡っているんだから、税金で飲み食いしているといっても過言ではない。ああそれなのに、高級店で会合開く理由について、「それが必要な政治活動をしているから」とひょっとこの事務所は言ってるってさ。どんな政治活動やねんと突っ込みたくもなろうというものだ。

 老人医療費に難癖つけときながら、テメーは税金で飲み食いしてるんだから、そりゃあ口も曲ろうというものだ。

税金使うのと本質同じなのに 麻生氏団体 年2000万円「会合費」

Photo

 でもって、ひょっとこ麻生の娘婿がフランスの水メジャー企業の幹部だってことは11月28日のエントリーで紹介した。ところが、なんとその水メジャー企業である「ヴェオリア・エンバイロメント社」の関係者が内閣府民間資金等活用事業推進室で出向職員として勤務してるんだってね。

 福島みずほたんが暴露したんだが、この事実を新聞・TVはまったくスルーしている。ひょっとこ麻生の利権に「忖度」したか。

 これはもう出来レースでしょう。おそらく、水道民営化法案が成立したら、ヴェオリア・エンバイロメント社が乗り出してくるのは間違いない。ルノーと一緒で国営企業みたいなものだから、ひょっとしたら日産クーデターとのバーターなんてことも画策してたりして。

 マクロンがペテン総理と面談したがっているのも、そのあたりのことも踏まえた上でのことじゃないのか・・・妄想だけど。

水道民営化、推進部署に利害関係者? 出向職員巡り議論

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

「人の税金を使って学校に行った」(麻生太郎)と東大出身の北九州市長を口撃・・・税金で飲み食いしているスットコドッコイに言われる筋合いはない!!

 昨日からナベツネ死亡説がネットを駆け巡っているようで、初老の小学生・ペテン総理が外遊から帰国するまで読売は発表を先伸ばししているとか。果たして、真相やいかに。

 そんなことより、またしてもひょっとこ麻生が他人の悪口を言って顰蹙買ってるってね。なんでも、福岡市長選の応援演説で北九州市の市長が東大出身ってことをあげつらって「人の税金を使って学校に行った」って批判したんだとか。税金使って飲み食いしたり、愛人に貢いだりしているスットコドッコイに言われたかない、っなもんです。

麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

 それにしても、福岡市長選とは何の関係もない北九州市長を槍玉に上げるってはどんな了見なんだろうね。この男、ほとんどビョーキなんじゃないのか。少なくともまともな神経ではないことは確かだ。他人を貶めることで自らの正当性をアピールしようという卑劣な手口は、ペテン政権になってからというもの政治屋どもの常套手段になってるんだね。

 銀座のクラブでホステス前にしてオダ上げてるのと同じ感覚で政治ごっこやられちゃたまったもんじゃありませんよ、ったく。

 そもそも、朝鮮人労働者から搾取し続けた一族の末裔に「人の税金を使って学校に行った」なんてことを言われる筋合いはありません。私学にだって多額の助成金が出てるわけで、ちなみにこやつの出身校である学習院は補助金の多い私立大学ベスト50にランクインしているんだよね。

 それはともかく、ひょっとこ麻生の品性下劣さは、もはや看過できないレベルまできているのは間違いない。ゴルゴ13はどこぞにいないものだろうか。

Gif

【くろねこの競馬予想】

 マイル路線を引っ張る主役が不在だけに、どの馬にもチャンスはありそう。というわけで、モズアスコットの連覇を阻むのは、ようやく充実の秋を迎えたロジクライ。相手はアエロリット。天皇賞・秋では先行して4着に粘ったアルアインの一発に注意。
◎ロジクライ、○アエロリット、▲アルアイン、△モズアスコット、ステルヴィオ、ペルシアンナイト、ジャンダルム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

諦めムード演出のための辺野古工事再開!&「CM規制容認なら改憲議論に応じる」(玉木雄一郎)。それこそ自民党の思う壺だろう!&徴用工問題に深く関わる麻生財閥!!

 公明党の国交相・石井君が辺野古埋め立て再開にゴーサインを出したと思ったら、なんと今日にも工事を始めるんだとか。初老の小学生・ペテン総理は所信表明で「沖縄の皆さんの心に寄り添い、安倍内閣は、基地負担の軽減に、一つひとつ、結果を出してまいります」って言ってたその舌の根も乾かないうちにこれだ。

 ここまで工事再開を急いだのは、おそらく新基地建設に反対するひとたちに、徒労感を抱かせるためなのだろう。どこまでやっても最後はこれだ、という諦念に火をつけることで、オール沖縄の勢いを削ごうってことに違いない。まさに圧政そのもですね。

辺野古きょうにも工事再開 海上にフロート再設置

 ところで、国民民主の腰抜け・玉木君が「CM規制容認なら改憲議論に応じる」って言ってるそうだ。こういうバーターは自民党にすれば渡りに船なんだよね。とにかく、改憲議論という舞台に引きずり出せばこっちのもの、ってのが自民党の腹の内なんだから、腰抜け・玉木君の発言は飛んで火に入る夏の虫ってことだ。

 改憲議論をする前に、「なぜいま改憲なのか」をちゃんと検証することが重要で、それにはまずペテン総理の「憲法は国の理想の姿を示すもの」という認識そのものを問わなくちゃいけない。そこをねぐっての改憲議論なんて、みすみす敵に塩を送るようなもので、国民民主ってのはしょせんは自民党の補完勢力ってことだ。

国民民主・玉木氏“CM規制”議論進めば改憲議論“拒否せず”

 最後に、徴用工問題が日韓関係にとって新たな火種になりつつあるようだけど、そこに一枚噛んでいるのが麻生財閥なんだね。麻生炭鉱における朝鮮人那強制労働について、ちょいとお勉強したみるのも面白い。

麻生炭鉱での朝鮮人強制労働

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三宝会 上杉隆 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 橋下知事 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 茨城空港 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM