麻生太郎

2021年3月21日 (日)

海外だけでなく国内も無観客の可能性!?・・・コロナに負けた証でオリンピック中止だろう!!&「マスクはいつまでやることになってるの」とチンピラまがいの麻生太郎の悪態!!&カス総理、散髪中に地震も、まっすぐご帰宅あらせられましたとさ!

 予想通りにオリンピックの海外客受け入れは見送りになった。IOC会長のバッカじゃなかったバッハがどんなにゴリ押ししようと、コロナの脅威には勝てないってことだ。こうなると、「新型コロナウイルスに打ち勝った証しとして完全な形で開催する」(ペテン師・シンゾー)って喚いていたのはどうなるんだろうねえ。海外客受け入れ見送りって、コロナに負けましたって言ってるのと同じなんだから、いっそのことオリンピック中止にするのが筋ってものだ。

 「東京五輪・パラリンピック開催の是非を海外5カ国で尋ねた世論調査結果」ってのがあるんだが、それによれば「『中止すべきだ』『延期すべきだ』との回答の合計が全ての国で70%を超え」たそうだ。世界も中止を願ってるってことなんだね。

 これで国内の観客も観戦中止なんてことになって、完全無観客になったら、そんなもののために無理して日本までやってくるアスリートがどれほどいるだろうか。早いところオリンピック中止を決断して、インバウンドを期待していた観光業の支援を真剣に考えないとこの国の経済はどん底になりますよ。

 で、どん底の経済の責任者とくればひょっとこ麻生だ。このところおなしくしていたと思ったら、やっぱりスポット浴びたいんだね。すじ者の家系丸出しで、記者に向かってこんな減らず口叩きやがりました。

「マスクなんて暑くなって口の周りがかゆくなって、最近えらい皮膚科がはやっているそうだけど、いつまでやるんだね。まじめに聞いているんだよ。あんたら新聞社だから、それぐらい知ってるだろ。いつまでやるの、これ。マスクはいつまでやることになってるの」

 それを考えるのがお前の役目だろう・・・くらいのことを言ってやりゃあいいのに、こんな口汚い爺さんを前にエヘラエヘラしている記者ってのもなんだかなあ。公職選挙法違反の総務大臣・武田君とひょっとこ麻生は福岡が地盤で、その仲は最悪だそうだ。おそらくすじ者の似た者同士だからなのだろう。そう言えば武田君のチンピラまがいの物言いってのはどこかひょっとこ麻生に通じるものがある。どちらも、「三つ子の魂百まで」ってことか。

 最後に、昨日の宮城沖地震の最中に、特高顔のカス総理は散髪中だったってね。でもって、すぐにも官邸に駆け付けるかと思ったら、なんと帰宅しちゃいましたとさ。赤坂自民亭を彷彿とさせる無責任ぶりに、たただただ呆れる日曜の朝である。

| | コメント (1)

2021年2月 2日 (火)

銀座クラブ活動で公明は議員辞職、自民は離党・・・1回の虚偽声明で離党なんだから、118回も虚偽答弁したあの男は切腹じゃすまないな!!

 謝罪ですますつもりが、おそらく公明党の遠山デマ彦の議員辞職に慌てたのだろう。同じく銀座でクラブ活動していた自民党のひょっとこ麻生の子分・マツジュンが離党した。おまけに、「1人で行った」はずのクラブ活動に同行者がいたことがバレちゃいました。田野瀬、大塚とかいう自民党の議員で、こやつらも離党することになりましたとさ。

自民・松本氏ら3議員、離党届を提出 銀座のクラブ訪問

嘘がバレて離党した自民党の松本純衆院議員に“献金”疑惑も 摘発企業から献金84万円

「銀座のクラブ」「キャバクラ代に政治資金」の公明・遠山氏、幹事長代理を辞任

 緊急事態宣言中の銀座クラブ活動は到底許されるものではないけど、それ以上に問題なのは、遠山デマ彦の政治資金によるキャバクラ代流用とマツジュンの「1人で行った」という虚偽説明なんだね。

 政治資金による夜遊びとくれば、これはもうひょっとこ麻生の右に出るものはいないわけで、遠山デマ彦の「キャバクラやスナック4軒での飲食代計約11万円」なんかそれに比べれば可愛いもんなんだね。なんてったって、ひょっと麻生の場合は、数千万円という噂もありますからね。10万円ちょっとで議員辞職なんだから、ひょっとこ麻生は切腹したっていいくらいなものだ。

 その子分のマツジュンの虚偽説明は、これはもう第二次安倍政権になってからの自民党の宿痾みたいなもので、魚は頭から腐るとはよく言ったものです。離党で済む問題じゃないけど、118回も虚偽答弁したペテン師・シンゾーが野放しなんだから、1回の虚偽説明くらは屁でもないってことなのだろう。

 それにしても、国会議員の「嘘」がここまで日常茶飯になっちまうとは・・・ペテン師・シンゾーのその罪、まさに「万死に値する」ってなもんです。

・植草一秀の『知られざる真実』
ウソをつく日本政治の末期症状

| | コメント (2)

2021年2月 1日 (月)

麻生太郎のお膝元、北九州市議選で自民大敗!!&愛県知事リコール署名8割以上に不正発覚で刑事告発も・・・高須院長「陰謀だ!」

 北九州市とくれば言わずと知れたひょっとこ麻生の勢力圏で、北九州市議選は衆院選や都議選の前哨戦だと昔から言われてるんだとか。その市議選が昨日投開票され、なんと、自民党が現有22議席を大きく減らして16議席に、公明党も全員当選したものの得票数が大幅減となりましたとさ。

 でもって、立憲民主党は7名全員が当選で、日本共産党は現有維持の8議席を獲得したってね。自民低迷の隙間をつくように維新が3議席ってのはなんだかなあではあるものの、ひょっとこ麻生のお膝元でもある北九州市での自民党大敗は、ペテンからカスへと繋がるクズみたいな政権の現状をよく表している。

 これが来る衆議院選挙にどう繋がるかはさだかでないけれど、組織票を持つ自民有利とされる40%そこそこの低投票率でこの結果は、ひょっとしたらひっょとするかも・・・なんて妄想したくもなろうというものだ。

・北九州市議選、自民6減 立憲民主、公明は全員当選

 ところで、大村愛知県知事リコール署名で8割以上に不正が発覚したってね。リコールを主導したイエス高須君は「陰謀だ!」と喚いているようだが、「住民の意思で地方自治体の首長などを解職できる直接民主制を揺るがす重大な問題」として県は刑事告発も視野に入れてるそうで、いやあ愉快な展開になってきた。

そう言えば、イエス高須君の尻馬に乗ったエビフリャー河村君は、滝善逃亡で国政に鞍替えなんて噂もあったりして、こちらもまた右往左往か・・・ざまあないやね。

愛知県知事リコール署名、刑事告発を調整へ 名古屋市でも8割超不正の疑い


| | コメント (1)

2021年1月30日 (土)

大阪維新と竹中平蔵、麻生太郎がタッグを組んで貪りつくす生活保護利権!

 生活保護申請の妨げのひとつとなっている「扶養照会」について、共産党のとっちゃん坊や・小池君が特高顔のカス総理に鋭く迫ったことは昨日のエントリーで紹介した。と思ったら、その生活保護について、しんぶん赤旗が、大阪維新とパソナ・ヘイゾー、ひょっと麻生がタッグを組んだ悪巧みをスクープしている。

 なんでも、大阪市には民間企業に委託する「総合就職サポート事業」があり、その特約条項に次のような記載があるんだとか。

「▽受給者が就職し、生活保護廃止になった場合▽保護申請中の人が就職し、受給に至らなかった場合―に1人当たり6万1111円が委託料に加算されます。また、職場に定着した場合は、さらなる加算も。逆に、支援を受けた人の就職率が50%未満であれば、基本委託料から割合に応じた減額があります。」

 つまり、「委託料とは別に生活保護打ち切りに結びつけば、成功報酬1件6万円まで払っていた」(宮本岳志全衆議院議員)ってことだ。でもって、業務委託を受けていた民間3社ってのが、パソナ、アソウ・ヒューマニーセンター、パーソナルテンプスタッフだとさ。何か匂うようね。そう、パソナは言わずと知れた竹中平蔵の会社で、アソウ・ヒューマニーセンターはひょっとこ麻生の弟が会長をつとめる麻生グループの人材派遣会社のひとつでしたとさ。

 総額約6億円の業務委託料のうち、パソナとアソウ・ヒューマニーセンターで5億円をほぼ折半してたというから、さぞかし美味しい利権なんでしょうね。

 「最終的には生活保護」(カス総理)なんてかましておいて、結局はお仲間でその利権を貪ってるんだから、思わず我が家のドラ猫に「起て同胞よ 行け戦いに」とくちずさんでしまう土曜の朝であった。

生活保護 1人廃止なら6万円余 委託企業へ報酬 大阪市が受給抑制 民間職員、就労を“違法指導”

1_20210130085601

2_20210130085601


| | コメント (1)

2021年1月20日 (水)

「国民に一律10万円再支給するつもりはない」麻生太郎)・・・税金はお前の金じゃない!!&「(政府に対して)いちいちケチをつけるもんじゃない」(二階自民党幹事長)・・・殴るぞ!!

 歩く暴言野郎、ひょっとこ麻生がまたやってくれた。なんとまあ、特定給付金について「国民に一律10万円の支給をするつもりはない」とさ。さらに、コロナ禍で生活困窮に陥ったひとたちへの給付も否定したそうで、オザワンが「食べ物にも事欠く方々は確実に増え、炊き出しも目立つ。政治が寄り添うべき時に、財政庁の都合により全ての可能性を簡単に否定するのはあまりに残酷な物言い」とツイートするのもむべなるかなってものです。

 そもそも、「支給をするつもりはない」って、まるで自分の金で施しするようなこと言ってるけど、原資は税金ですからね。国民の金なんだよね。税金はひょっとこの財布じゃありませんよ、ったく。

 コロナ禍を乗り切るには、まずは手厚い補償が基本なのだ。補償があればこその外出自粛、営業自粛ってことだ。それが理解できない限り、この政権がコロナ禍に打ち勝つことは絶対にできません。

一律10万円の再給付「するつもりはない」 麻生財務相

 社会性の欠如した発言ってのは、何もひょっとこ麻生ではないようで、土建政治の二階のおっさんもNHK『クローズアップ現代+』のインタビューに、政府のやり方について「いちいちケチをつけるもんじゃない」って言い放ったってね。

 論評するのも馬鹿馬鹿しいほどのクソ発言ですね。老害って言うよりも、人間としての品性の問題だろう。自民党には衆議院比例区では「72歳定年制」ってのがあるんだから、選挙区でもその規定を適用して、ひょっとこ麻生や土建政治の二階のような薄汚れた爺さんを排除したらどうだ・・・ま、世襲議員だらけの自民党に自浄作用を期待しても無理だろうけど。

| | コメント (2)

2020年10月25日 (日)

「カネに困っている方の数は少ない」「特定給付金10万円で貯金が増えた」(麻生太郎)!!&批准国が50に達し、「核兵器を非人道兵器とする国際規範」である核兵器禁止条約が来年1月に発効!!

 雀の涙もかくやの10万円の特定給付金について、ひょっとこ麻生がまたぞろ銀座のクラブでお姉ちゃん相手の戯言まがいのことをくっちゃべってくれたってね。曰く、

「(個人の)現金がなくなって大変だというのでこの夏、1人10万(円給付)というのがコロナ対策の一環としてなされた」
「当然、貯金が減るのかと思ったらとんでもない。その分だけ貯金が増えました」
「カネに困っている方の数は少ない。ゼロじゃありませんよ。困っておられる方もいらっしゃいますから。しかし、預金・貯金は増えた」

 とさ。まるでテメーの金を施してやったような言い草だよね。そもそも、貯金に回ったなんていう根拠はどこにあるんだ。10万円を右から左に散財できるくらいなら、特定給付金なんか必要ないんだよね。特定給付金が必要なひとたちってのは、生活費そのものがいかんともしがたい状況にあるわけで、たとえば家賃や光熱費で消えてっちゃってるのが実情だ。

麻生氏「10万円給付分だけ貯金増えた」 効果を疑問視

 考えてみれば、特定給付金って、「カネに困っている」ひとを一時的に救済することが目的で、消費喚起とは別問題だったと思うけどねえ。

 このところ存在感が薄れちゃったもんだから、身内ばかりのパーティでちょいとウケ狙いでくっちゃべったんだろうが、こんなのがいまだに財務大臣ってのがこの国にとっては大いなる悲劇なんでしょうね。

 そんなことより、核兵器禁止条約だ。ホンジュラスが新たに批准して、ついに批准国の数が発効に必要な50に達したってね。これで来年の1月には「核兵器の開発や保有、使用だけでなく、核兵器による威嚇、他国の核兵器を自国内に配備することなどを全面的に禁じる」という核兵器禁止条約が発効されることになる。この条約を批准していない国への拘束力はないものの、「核兵器を非人道兵器とする国際規範」ができたことの意味は大きい。

核兵器禁止条約発効へ ホンジュラス批准し50カ国・地域達成 「核なき世界」へ一歩

 唯一の被爆国である日本が、この条約に無関心を装い続けていることは、なんとも恥ずかしい今日この頃なのだ。

【くろねこの競馬予想】

 秋華賞のデアリングダクトに続いて無冠の3冠馬誕生・・・今年の菊花賞は、コントレイルの本命は揺るがない。秋華賞と同じく、ここも相手探し。筆頭はダービー3着のヴェルトライゼンデ。とは言え、神戸新聞杯でもコントレイルの_後塵を拝したように、勝負付けはすんでいるか。となれば、初対戦となる馬に期待ということで、九十九里特別を快勝したダノングロワールに注目。コントレイルの父であるディープインパクトに唯一先着したハーツクライ産駒というのも何かの因縁か。
◎コントレイル。〇ダノングロワール、▲ヴェルトライゼンデ、△バビット、サトノフラッグ、ガロアクリーク、アリストテレス

| | コメント (4)

2020年8月28日 (金)

ペテン総理が「続投」で肩透かし!?&麻生太郎の誹謗中傷にテレビ朝日はなぜ抗議しない!!

 どうやら、初老の小学生・ペテン総理は、今日の会見で「進退」には全く触れずに肩透かしをくらわすようだ。昨日のエントリーで書いた「いやあ、検査の結果、健康には何の問題もありませんでした」が当たっちまったってことか。てことは、「体調不良」説は取り巻きや御用メディアを総動員しての茶番劇ってことになるわけで、独裁国家の首領様もかくやの宮廷政治がいまこの国では横行してるってことなんだね。

 「続投」となった場合、メディアがどんな報道の仕方をするか、けだし見ものではある。「元気なら国会開け」と迫るような気概は・・・ないだろうなあ。

安倍首相、健康状態説明へ PCR検査拡充を発表―28日に記者会見

 ところで、ひょっとこ麻生が、性懲りもなくまたやらかしてくれたってね。なんでも、25日の記者会見でテレビ朝日の記者からペテン総理の体調を聞かれ、

「テレビ朝日?おたく?あっそう。各社同じ情報を流してるんですか?あの画像の映りの悪いテレビ朝日でも顔色よく映ってたもんね、あれ。だろ?無理して顔色よくして流したわけじゃないだろ?ねぇそんな技術もないだろうし」

 って暴言吐いたそうだ。このところのアメリカ大統領選の罵り合いにウンザリしていたんだが、いやいやそれに輪をかけたチンピラまがいの下品な政治屋がこの国にはいたことを改めて痛感したのであった。知性や慎み、奥床しさ、そして気の利いたユーモアが政治の世界から消えてから久しいが、ひょっとこ麻生ってのはそうしたお下劣な政治状況を体現するシンボリックな存在なんだね。

 こうしたゲスがのさばるようになったのは、これもまたひとえにメディアの責任なんだよね。テレビ朝日云々の発言なんか、何の根拠もない誹謗中傷そのものなんだから、テレビ朝日は抗議してしかるべきなのだ。それとも、これもまた「麻生節」として聞き逃すつもりか。

 口だけの進次郎がペテン総理の体調をとやかく報道するメディアに対して、「根掘り葉掘り、さまざまな憶測が出て、尾ひれがついていろいろなことが出る状況を私は醜いと思う」ってコメントしたそうだが、ひょっとこ麻生の暴言・妄言・虚言の「醜さ」こそ直々に諫言してみやがれ・・・ってなもんです。


| | コメント (2)

2020年8月19日 (水)

「147日間休まず連続で働いたら、普通だったら体調おかしくなるんじゃないの」と麻生太郎がペテン総理の“勤勉ぶり”を演出する大嘘ついて大炎上!

 あっせん利得疑惑の布袋頭・甘利の背筋が寒くなるお追従をきっかけに、メディアが初老の小学生・ペテン総理の「お疲れモード」をこれみよがしに後押ししする中、今度はひょっとこ麻生が「勤勉総理」を演出する大嘘こいてくれました。曰く、

「147日間休まず連続で働いたら、普通だったら体調おかしくなるんじゃないの。あなたも147日間、休まず働いてみたことあるか?ないだろうね、だったら意味わかるでしょ?140日働いたこともない人が、働いた人のこと言ったって分かんないわけですよ」

 首相動静を見ていれば、この発言がどんなにふざけたものかわかろうというもので、早速、ネットではいかにペテン総理が仕事をしていないかの検証が始まる大騒ぎ。この1週間のペテン総理の動きはこんな具合です。

10日月 休み
11日火 朝10時から夕方6時半まで
12日水 午後1時過ぎから5時頃←半ドン
13日木 午後1時過ぎから6時半←半ドン
14日金 午後2時過ぎから6時半←半ドン
15日土 戦没者追悼式等1時間半程度
16日日 休み
17日月 休み

麻生氏「休む必要あると言った」 首相の日帰り検診巡り

安倍首相“健康不安”説に乗じて側近と応援団が「147日休んでない」「首相は働きすぎ」…ならば「147日」の中身を検証、これが働きすぎか

安倍首相の問題点は「十分休んでいるか否か」ではない

 いつもの記者を小馬鹿にしたような物言いに、誰も首相動静を持ちだして反論しないってのもどうかと思うんだが、こうした政治家の大嘘ってのはいまやグローバルスタンダードになっちまったようで、その総元締めがトランプなんだね。ところが、さすがに海外のメディアは気合が違う。なんと、トランプに面と向かって「3年半が経ちますが、アメリカ国民についてきたすべての嘘を悪かったと思っていますか?」と切り込みましたとさ。

 これに対して、トランプは一瞬何を言われているかわからなかったようで、口ごもりながらもその質問の真意を理解すると、「『アー』と声を漏らしながら目が泳ぐような表情を浮かべ」たまま無視したそうだ。この質問をした記者は「5年間、彼にこれを尋ねるのを待っていた」とツイッターでその意気込みをつぶやいていたとか。

記者「国民についてきた嘘を悪いと思ってますか?」トランプ氏硬直

 持ちつ持たれつの記者クラブでは、こうはいきません。ひょっとこに麻生に「あなたも140日休まないで働いたことはないだろ?」と突っ込まれて、「ハイ」って答えちゃうんだから何をかいわんやなのだ。

 それにしても、ちょっと裏取りすればわかる政治家の嘘を無批判に垂れ流すメディア、特にテレビ朝日『報道ステーション』はもう終わってますね。

| | コメント (3)

2020年7月19日 (日)

メディアがまともに報道しない、麻生太郎の政治資金パーティにおける、「緊急事態条項」を念頭に置いた改憲発言!!

 「Go To トラベル」に対して差し止め請求が起きたってね。東京除外でキャンセルも相次いでいるそうだし、そもそもが観光業界への依怙贔屓から始まったキャンペーンなんだから、これからも予測のつかない問題が持ち上ってきますよ。

強行「Go To」に早くも差し止め請求 政府が訴えられる日

 そんなことより、16日に開かれた麻生派の政治資金パーティで、ひょっとこ麻生がコロナ禍に便乗して改憲を喚いたってね。こんな具合です。

「今の憲法が緊急事態に対応できるのか。我々は責任政党、政権与党として憲法改正に向けた議論もしっかり行っていくべきではないか」

 この発言だけでなく、麻生派のパーティそのものもほとんどニュースになっていないのが、ホント、不思議でならない。コロナから身を守るためには、とにもかくにも「密」を避けることってのが世界の常識になっている中、1000人超の参加者を集めてのパーティってのが恐れ入り谷の鬼子母神なのだ。

 しかも、会費は1人2万円で、ひとりで複数枚購入した者も多くいたようで、およそ5000万円近くの政治資金がひょっとこ麻生の懐に入った計算になるんだとか。こんなご時世だから、飲食は控えたとも言われているから、濡れ手で粟ってのはこういうことだ。

 初老の小学生・ペテン総理もビデオで挨拶したというから、ペテンとひょっとこの間では秋にもあると囁かれるか解散総選挙に向けての意思一致ができてるんじゃないのかねえ。だからこその改憲発言で、ここを争点にしようという魂胆なことは間違いないだろう。

麻生派が1000人越えの“密”政治資金パーティー。ネットは怒りの声

自民党麻生派 他派閥に先がけ「コロナ対応」パーティー

コロナ禍で強行 麻生派「飲食なし」2万円パーティーの中身

 それにしても、メディアはこうしたタイミングでの政治資金パーティ、そしてそこでの改憲発言ってのを、なぜまともに報道しないのかねえ。「夜の街」を徘徊する一般大衆労働者諸君をコロナの「運び屋」なんて揶揄するくせに、元総理大臣で現職の財務大臣で自民党副総裁でもあるひょっとこ麻生のこれみよがしの政治資金パーティは生暖かく見守ってるってわけか。

 こんなんだもの、日本の「報道の自由度ランキング」がどんどん後退していくのもむべなるかなの今日この頃なのだ。

| | コメント (1)

2020年6月 7日 (日)

「休業要請に従わない事業者への罰則適用などを検討」(全国知事会)・・・だったら、「補償」を充実させるのが先だろう!!

 時事通信の世論調査で、内閣支持率が38.1%だったとか。ところが、信濃毎日新聞の世論調査では内閣支持率18.6%という数字が出ているんだね。おそらく、こちらの方が実数に近いのだろうけど、どうしてこうした地方紙などの世論調査ってのを大手メディアは無視するのかねえ。いっそのこと、時事通信や共同通信と並列で、全国紙も含めて内閣支持率一覧ってのを公表したらどうだろう。朝読毎+日経だけを見ていても、世の中のことは何もわかりませんからね。

新型コロナ 県民意識調査 家庭の収入「減った、減りそう」39%

 そんなことより、ひょっとこ麻生の「民度」発言なんだが、実はその発言が飛び出した前振りに気になるころがあるんだね。こんな具合です。

「『自由』って言うけど、憲法上できなかったから結果としてなっただけであって、そういった見識を持って、これに臨んだのかね」
「憲法上の制約があったからこれ(強制力のない要請)が最大限だったというように理解して、それでも効果があったというのがミソですかね」

 おそらく、この発言は自民党改憲草案にある「緊急事態条項」が頭にあって出た発言なのだと思う。斜めに深読みすれば、「『強制力のある要請』が可能なら、もっと効果が上がった」って言いたかったんじゃなかろうか。

 今後、コロナの2波、3波が襲った時には、こうした声が必ず上がってくるに違いない。すでに、全国知事会では、「休業要請に関しては、従わない事業者への罰則適用などを検討」すべきと息巻いてますからね。

知事会、人口の地方分散を訴える コロナ防止で、休業要請に罰則も

 こうした知事会の動きは、ほとんどニュースになっていないんだけど、とても危険な兆候なんだよね。「自粛警察」まがいの見回りを東京都が歌舞伎町でやらかし始めたように、「ナチスの手口に学べ」が現実のものになりかねないと恐れおののく今日この頃なのだ。

【くろねこの競馬予想】

 10頭のG1馬が勢揃いした今年の安田記念。とは言え、現実はアーモンドアイが1枚も2枚も抜けている。しかも、牡馬に比べて斤量が2kgも軽いとくれば、ここは不動の本命。相手もインディチャンプで仕方ないところだが、ここはひと捻りしてダノンキングリーに期待したい。1800mのG1があれば、今頃は押しも押されぬG1馬のはず。東京のマイル戦なら、距離不足の不安も払拭できる。
◎アーモンドアイ、〇ダノンキングリー、▲インディチャンプ、△アドマイヤマーズ、グランアレグリア、ダノンプレミアム、ミスターメロディ

| | コメント (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新型コロナウイルス 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 西村康稔 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 議員年金 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 香港 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 ACTA DHC FMラジオ IR汚職 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM