全日本柔道連盟

2013年6月26日 (水)

ソーリ、ソーリ、予算委員会欠席するってのは憲法違反ですよ&柔道界を支配する嘉納家の呪縛

 政治家センセイの頭の中にあるのは参議院選挙ばかりで、国会なんかどうでもいいようです。レレレのシンゾーは参議院予算委員会の出席要請にもかわらず、参議院議長の民主党・石井一の不信任決議案なんてのを提出して、こっちを優先して処理しないから欠席だそうです。さすがに審議もせずグータラしてた参議院の野党もこれには切れたようで、生活、社民、みどりの風がレレレのシンゾーの問責決議案を出すらしい。

 だからどうなるってもんでもないだろうが、憲法63条に違反してるっていう理由には一理ある。確かに、憲法63条では、「内閣総理大臣その他の国務大臣は、両議院の一に議席を有すると有しないとにかかはらず、何時でも議案について発言するため議院に出席することができる。又、答弁又は説明のため出席を求められたときは、出席しなければならない。」って定められてますからね。どんなに屁理屈こねたって、「答弁又は説明のため出席を求められたときは、出席しなければならない」わけです。

首相問責決議案:参院委欠席巡り提出…生活・社民・みどり

 ま、そもそもが憲法違反の選挙で選ばれた違憲総理で、「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」っていう憲法99条もご存知ないほどの無教養でしょうから、「63条?んなもの知ったこっちゃないわい」ってなもんなんでしょう。レレレのシンゾーの本音は、「ここで予算委員会に出た日にゃ、歴史認識だ、高市のアホ発言だ、なんだと攻撃されちまうからな。参議選挙終わるまでは、どうにかボロ出さずに乗り切るんだもん、ボクちゃん」ってなところに決まってます。国会で議論するよりも、毎日のようにメディアや芸NO界の人間と飯食ってるほうがそりゃあ楽しいでしょうよ。

 ところで、全柔連がまたメチャクチャなことやってる。それにしても、柔道界における嘉納家のご意向ってのは凄まじいものがあるんだね。プロ野球のナベツネと同じで、ここをどうにかしない限り柔道の未来は暗いです。で、谷亮子、北田典子なんかが理事になるようだけど、何で断らなかったかね。いっそのこと、山下泰裕を筆頭にして、「こんなクソな全柔連なんかでやってられっか」ってケツまくっちゃった方が手っ取り早い気がするんだが、どんなもんなんでしょう。女三四郎・山口香がバレーボール協会の理事になったってのも、なんか柔道界の不思議さを見るようで、全柔連に深く関わっているひとたちってのは、結局のところ嘉納家の呪縛から逃れられないってことなんでしょうか。

・Daily NOBORDER
NPBコミッショナーと全柔連会長は影の権力者に操られる傀儡である(玉木正之)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

一部の貴族的な特権階級がスポーツを支配し続けていると、第二の「トラテロルコの虐殺」が起きないとも限らない。

 「左翼のクズども」発言で、俺様・水野に30日の停職処分。不祥事起こした公務員の処分ってのは、免職、停職、減給、戒告の4段階があって、停職はかなり重い処分って言うんだが、とんでもないね。停職中は給与はもらえないとはいえ、たかが1ケ月じゃ、どうってことないでしょ。ま、ストレスたまってたって言うから、ちょっとした休暇気分なんじゃないの。ところで、USJではしゃぎまわって顰蹙買ったお馬鹿な神戸大学生は停学3ケ月だってさ。停職30日と停学3ケ月。ま、どちらが甘いかはお天道様にはお見通しってことです。

 で、大甘なのは全柔連も人後に落ちません。第三者委員会の中間報告に文句つけてたってんだから、脳筋にも程があろうというものです。さすがに、第三者委員会も切れちゃったんだろうね、記者会見で怒るまいことか。それにしても、ここまで腐った全柔連に公益法人の資格なんてありませんね。相撲協会と一緒に、雑巾がけから修行して、出直してこいって文科省は教育的指導すべきでしょう。イスタンブールの反政府運動のおかでオリンピックは東京が有利なんて不謹慎な声も出てるけど、全柔連の脳筋ぶりだって世界から見れば相当なマイナスで、こうなったら東京もイスタンブールもオリンピック招致合戦から下りたほうがいいんじゃないんでしょうか。

 反政府運動とくれば、ブラジルも大変なことになっている。ワールドカップ開催への抗議は100万人規模に膨れ上がって、バス代値上げが火をつけた貧困層の不満はどんどん広がってるから、リオのオリンピックにだって影響が出てこないはずがない。さらに大掛かりな反政府運動にまでエスカレートしていったら、ちょっと怖いことになりそうだ。

 それで思い出すのが、1968年のメキシコ・オリンピック直前に起きた「トラテロルコの虐殺」だ。メキシコシティのトラテロルコ広場に集まった学生たちに軍と警察が発砲して、公式には数十人の犠牲者が出たことになっているが、一説には300人以上の犠牲者が出たとも言われている。そして、その10日後に、何事もなかったようにメキシコ・オリンピックの開会式が行われた。メキシコ・オリンピックでは、黒人差別に抗議してアメリカの選手が表彰台で黒い手袋を突き上げた姿が語り継がれているけど、実はもっと凄まじい国家による虐殺が起きてたんですね。その事実は、いまではほとんど語られることもない。

10・2トラテロルコの虐殺!40周年

 世界中が格差社会になって、一部の階級に富が集中するといういびつな状況に対する不満は、おそらくこれからも大規模なスポーツ・イベントに向けられていくことになるんじゃなかろうか。IOCを見るまでもなく、貴族的な特権階級があらゆるポーツを牛耳っているのが現状ですから。トルコやブラジルで起きていることは、けっして対岸の火事ではなくて、逆にそうした声が日本から出てこないことが不思議なくらいなのだ・・・と、とりともなく思いめぐらす土曜の朝であった。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2013年6月12日 (水)

統一球の嘘の裏にはあの新聞社が・・・いるね&上村続投で柔道沈没

 今シーズンはやけにホームランが多い・・・なんてことは開幕以来、誰もが気づいてたんですね。だから、いまさらのように「飛びやすいボールに変えてました」って告白されても、別に驚きはありません。それよりも、これまで指摘されていながら、「ボールは変えていない」って嘘ついてたことが大きな問題なんですね。なんで嘘つくかね、こんなことで。しかも、事務局長のコメントが凄い。「知らせて混乱を招いてはいけないと思ったが、知らせないことで混乱を招いたと言われればそうかもしれない」だと。アホくさっ。

・プロ野球統一球、飛びやすくなっていた NPB認める

 こっそりとやらなくちゃいけない理由ってのがあったんじゃないの、と勘繰りたくもなるというものだ。ていうか、あったんだろうね、こっそりとやらなくちゃいけない理由が。それが何なのかはわかんないけど、どうせ読売が絡んでるんじゃないの、とついつい妄想したくなるのが人情というもの。おそらく、これだけではおさまらないんじゃないのかなあ、この問題は。メーカーのミズノにも箝口令を敷いていたっていうから、けっこう根深い闇があったりして。ああ、興味津々だ。

 スポーツの世界のドロドロさ加減ってのは、世間から隔絶されているだけにひとたび腐りだすとトコトン行っちゃうもんなんですね。柔道がその典型です。あれだけの騒ぎがありながら、上村会長続投表明だと。国際柔道連盟会長が「100%指示する」ってエールを送ったこともあったんだろうけど、身内のかばい合いってのはなんともみっともない。こうなると、日本だけでなく世界の柔道が腐ってるってことになっちゃいますよ。上村続投が決定したら、日本の柔道はもう復活することはないかもね。っていうくらいの危機的状況だってことを、どのくらいの柔道家が自覚してるだろうか。

柔道連・上村会長続投、強く支持 国際柔道連盟のビゼール会長

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年5月25日 (土)

中学の必修武道から柔道はずした方がいいんじゃないの&マイナンバー利権の分捕り合戦の始まりです。

 柔道界にまたしても激震。酔っぱらった幹部が選手に猥褻行為ってんだが、ひと昔前の東南アジア買春ツアーに群がったオヤジ並みのレベルですね。こうなると、全柔連の幹部たちってのは、どいつもこいつも同じ穴のムジナのような気がしてくるね。内芝問題で揺れている最中に、埼玉の小さな町道場でちびっこ柔道を取材したことがあったけど、その時も道場を主宰する若者は頭抱えてたからね。今回の一連のスキャンダルにはそれどころじゃないだろうな。

 強制猥褻オヤジは、「柔道界に迷惑をかけた」ってなことをTVの取材に答えていたけど、そりゃあ違うだろう。まずは被害を受けた女性に謝罪すべきなんじゃないの。こうなったら、もう中学校の必修武道から柔道はずした方がいいんじゃないのでしょうか。

 そんなこんなしているうちに、とうとうマイナンバー法案が成立しちゃいました。これで、IT業界はウハウハですね。なんてったって、システム開発のための予算は5000億規模ってんだからベラボーな話だ。楽天の三木谷君なんか笑いが止まらないだろうね。産業競争力会議のメンバーになった甲斐があったというものです。さあ、これからは、マイナンバー利権の分捕り合戦が始まりますよ。ホリエモンなんかも、どこかで絡んでたりするんじゃないのかなあ・・・って、土曜の朝の単なる妄想ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

発送電分離は単なる「努力目標」に格下げだそうな&全柔連は金にも汚い。スポーツ助成金の不正徴収って、公金横領の類なんじゃないの。

 夏の参議院選挙は親の敵を討つようなものなんだそうだ。ボキャブラリーの貧困なレレレのシンゾーらしい表現ではあるが、そっか、6年前に煮え湯を飲まされた有権者は親の敵ってわけか。でもって、「勝たなければ死んでも死にきれない」とさ。ま、勝手にやてくれ。

 そんなことより、福島第一原発の停電の方が、よほど心配だ。原因もわからず、復旧のめども立っていないっていうから、楽観してると大変なことになるかも。とにかく、予測のつかないことが起きるのが原発なんであって、それをコントロールできるなんてのは人間の思いあがりなんだよね。スリーマイル島、チェルノブイリ、そして福島で起きた事故は、そういうことにそろそろ気づけよっていう警鐘にすぎないんだってことです。ここで立ち止まらないと、それこそ地球規模の破滅的な事故が、近い将来に起きるかもしれない・・・と思うと、夜もおちおち寝てられない今日この頃なのだ。それにしても、こんな状況で、オリンピック招致してる場合か。

 ああ、それなのに、原発維持・推進に邁進する原子力村のご意向を汲んでのことなんでしょう、電力改革の肝である発送電分離の雲行きがどうも怪しくなってきた。これまでは、「18~20年をめどに実施し、関連法案を15年通常国会に提出する方針」だったのが、「目標年限は残しつつ、法案提出や改革の実施については『目指す』との表現を加える方向」で調整に入ったんだとか。つまり、発送電分離は明確な方針じゃなくて、単なる「努力目標」ってことに格下げされちゃうわけですね。しかしまあ、なんとも露骨までの先祖がえりです。レレレのシンゾーが言うところの「日本を取り戻す」ってのは、つまるところ「自民党時代の日本を取り戻す」ってことなんだね。

・毎日jp
電力制度改革:発送電分離、骨抜きの危機 政府・自民、「努力目標」に修正検討

 反省のないひとたちが跋扈する永田町に負けず劣らずなのが、全日本柔道連盟だ。昨日の理事会で上村会長以下幹部は全員辞任だとばかり思っていたら、誰も辞めない、責任とらないんだってね。告発した15人の選手の相談役でもある女三四郎・山口香さんが、「このメンバーに入っていなくてよかった」「この組織は何があっても変わらない」と怒っとります。ごもっとなことです。

 監督やコーチによる暴力やパワハラの数々が曝露されているけど、「教えられてやるのは家畜以下」なんて暴言は、確か西宮高校の暴力顧問も吐いてたっけ。暴力振るう輩ってのは、共通のメンタリティーがあるんだね。さらに、コーチが寝技の指導で口を塞いだり、虫の死骸で嫌がらせしたり、やってることが子供の「いじめ」と同じってのも、彼らのオツムの中がいかに幼稚かってことを証明しています。

 で、全柔連の腐敗ぶりってのは、指導に名を借りた暴力だけでなく、スポーツ助成金の不正流用の疑いまで出てきちゃいました。なんでも、コーチに支給されている助成金のうちから上納金を掠め取って、それを幹部個人の口座に振り込まさせて、その残金が2000万円もあるそうな。これは公金横領の類でしょ。文部科学省はなぜ調査に乗り出さないんでしょう。

【柔道】全柔連、今度は裏金疑惑!助成金の一部を不正徴収

 日本では柔道で年間4人が亡くなっているという統計だってあるみたいだし、「柔道死」なんて言葉まで語られ出している。日本が世界の柔道から取り残されていっている現状ってのは、なにも外国人にしてやられたっていうんじゃなくて、全柔連そのものが組織として機能していなくて、世界から見放されているってことなんじゃないんでしょうか。嘉納治五郎先生の柔らの教えは、フランスでこそ花開いているのかもしれないね、悔しいけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 稲田朋美 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM