オリンピック

2015年5月19日 (火)

オスプレイの一時飛行停止すら要求できないで、集団的自衛権で戦争に参加しろってねじ込まれたら断れるわけがない。

 昨夜のレレレのシンゾーの酒食のお相手は、渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長、橋本五郎読売新聞東京本社特別編集委員、清原武彦産経新聞社会長、芹川洋一日本経済新聞社論説委員長、今井環NHKエンタープライズ社長、評論家の屋山太郎のお歴々。なんと、読売新聞東京本社ビルまで違憲総理が直々にお出ましっていうから恐れ入ります。お子ちゃま市長橋↓君が脱落して、改憲に向けての前後策でも練っていたか。もっとも、2万パーセント男のことだから、「状況が変わった」ってことで、来年の参議院選挙にシャシャリ出てくるかもしれないけどね・・・。

首相動静

 そんなことより、オスプレイだ。ハワイで訓練中に落ちちゃいました。MV22型ってやつで、普天間に配備されているのと同じです。で、横田基地へ配備予定のオスプレイはCV22型で、実はこちらの方がMV22型よりも事故を起こす確率が高いって言われてるんだね。

 こんな事故を目の当たりにしながらも、貧相顔の官房長官・菅君は、「安全面に最大の配慮をしてほしい」って要請するだけで、お茶濁そうとしてます。こういう場合は、事故原因が解明されるまでは、一時的に飛行停止を要求するのが全うな独立国家のすることじゃないのかねえ。ただでさえ民家に囲まれた普天間は危険な基地なんだから、そのくらいの筋の通し方もできないようじゃ、集団的自衛権行使して戦争に参加しろってアメリカから要請がきたらとてもじゃないけど断れませんよ、ったく。

・オスプレイ着陸失敗 「やはり尋常でない」「住宅地に墜落不安」

 でもって、レレレのシンゾーときたら、もう戦争やる気満々です。昨日の国会でも、「生活物資の不足や電力不足によるライフラインの途絶が起こるなど、国民生活に死活的な影響が生じる場合は、重大な被害が及ぶ可能性がある」、だから「存立危機事態に該当するかどうかは(中略)合理的に判断する。わが国が襲撃の対象になるような場合に限られない」なんてぶっそうなこと口走ってます。一言で言えば、「電力不足だって戦争する理由にはなるんだぜ」ってことです。確か、ナンミョー公明党は、「経済的理由でも集団的自衛権行使可能」ってことには拒否反応示してたはずなんだが、こんな発言許していいんだろうか。

 さらに、前回選挙ではアベノミクスが争点で、安保法制についてはその他の政策のひとつにすぎなかったんじゃないのっていう質問には、「平和安全法制を速やかに整備すると公約に掲げ、党首討論会で非常に活発な議論が行われた。選挙戦の重要な論点のひとつであり、国民から強い支持をいただいた」ってほざいてます。このペテン野郎め。何が「選挙戦の重要な論点のひとつ」だ。逆だろ。御用評論家使って新聞・TVでひたすら争点ぼかしに励んだんじゃなかったか。党首討論で活発な議論なんてのも、「大嘘」もいいとこだ。

集団的自衛権 「電力不足も該当」

 そもそも、「国民から強い支持をいただいた」って言うけど、去年の選挙における自民党の絶対得票率は、比例代表選挙で16・99%、 小選挙区で24・49%に過ぎないんだよね。こんなんで、「絶対の支持」ってんだから、有権者も安っぽく見られたもんだ。選挙に勝ったら何やってもいいい。そんな野蛮な政治状況をどうにかしない限り、日本沈没は避けられませんね。

今回総選挙の自民党の絶対得票率は、比例代表選挙で16・99%、 小選挙区で24・49%に過ぎない!

 最後に、屋根付きの新国立競技場なんだが、屋根まで手が回らないので、屋根の建設はオリンピック後になるそうだ。しかも、都民の税金を回してくれとも言ってるらしい。馬鹿じゃないの・・・と悪態ついたところで、お後がよろしいようで。

新国立競技場、屋根が間に合わないことが判明【東京オリンピック】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

「即時原発ゼロならオリンピック返上しかない」(森喜朗)そうです。やってもらおうじゃない。東京オリンピック組織委員会会長の発言ですから、よもやブラフってことはないでしょうね。その前に、この発言って、オリンピック憲章違反なのでは・・・。

 昨夜は、歌舞伎町の魔窟で上海ガニに舌鼓。かつての香港・九龍に紛れ込んだ記憶が甦り、しばしアドベンチャーな夜を堪能したのであった。

 ところで、サメの脳みそ・シンキロ森君が、「6年先の五輪のためにはもっと電気が必要だ。今から(原発)ゼロなら、五輪を返上ーするしかなくなる。世界に対して迷惑をかける」ってほざいたってね。ははは、ならば是非ともオリンピック返上していただきたいもんだが、この発言さってオリンピック組織委員会会長という立場を考えたら噴飯物ですね。また馬鹿言ってらあ、では済みません。

 こうした極めて政治的なマターについて、組織委員会会長の職にあるものが発言するってことは、明らかにオリンピック憲章違反でしょう。政治とスポーツをごっちゃにした発言ってのはIOCが最も嫌うもので、オリンピズムの冒瀆と言っても過言ではありません。

「原発即ゼロ」なら五輪返上しかない…森元首相

 このオッサンは、浮世離れのお殿様・細川君がご隠居ソーり・小泉君とのツーショットでお披露目した時にも、「五輪を人質に取って原発をやめさせるかどうかを迫るのはひきょうなやり方だ」なんてほざいて、さすがサメの脳みその面目躍如な低脳ぶりを発揮してくれた。事程左様に、定年退職オヤジの床屋政談でさえ笑われちまうような思考回路ですからね、まともに相手するのも馬鹿馬鹿しいのだが、悲しいことにオリンピック組織委員会会長というのは厳然たる事実なんだね。

「細川氏は卑怯だ」森元首相が批判 「五輪を人質にしている」

 つまり、世界中がその発言のひとつひとつに注目してるんであって、単にサメの脳みそ男が恥かいたでは済みません。いっそのこと、オリンピックと一緒に、会長も返上してくれたらどんなに心穏やかになることか。なんてないものねだりをしちまう名護市長選の朝である。

 さあ、決戦の名護市長選の結果やいかに。固唾を飲んで見守るしかない歯がゆさに、我が家のドラ猫に八つ当たりする小心者なのであった。

  

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2013年9月21日 (土)

「今は必ずしもアンダーコントロールではない」(猪瀬都知事)。だったら、IOC総会やり直しだね。オリンピック返上だあ!

 重装備に身を固めての福島視察は、世界中から奇異な目で見られたようで、どうやら逆効果だったようですね。で、レレレのシンゾーとともにIOC総会で「東京の放射能汚染は風評だ」って息巻いていた獅子頭・猪瀬君は、何を思ったか汚染水問題について「今は必ずしもアンダーコントロールではない」って発言したそうだ。

汚染水「制御されていない」=猪瀬都知事

 当然、記者からはレレレのシンゾーの「完全にコントロールされている」発言との整合性を問う声が上がったそうで、これに対して「アンダーコントロールする、なるんたと(首相が)意思表明したことが大事。本当の解決にこれから向かわないといけない」って答えたそうだ。なんだ、すべては希望的観測だったったことか。

 16日のエントリーで、自民党のオニギリ顔の副総裁・高村君の「これから政府が全面に出て完全にコントロールする。完全にブロックする」って発言を紹介したけど、獅子頭・猪瀬君の発言はこれと同じ主旨なんだね。つまり、レレレのシンゾーは嘘をついてわけではなく、決意表明がああいう言葉になったんだってことが言いたいわけです。「息を吐くように嘘を吐く」って言葉あるけど、どいつもこいつも嘘つき病に汚染されてるんだね。

 しかし、こういう誤魔化しって、世界に向けて「私たちは大嘘つきですよ」って発信しているようなもんで、国民のひとりといたしましてははなはだ迷惑なんだね。国内向けの発言と海外向けの発言の使い分けってのは、グローバルな感覚とはほど遠いもんで、これじゃあ、日本はますます信用をなくしていくことになりますよ。

 レレレのシンゾーはもとより、こうした嘘に嘘の上塗りをする発言を繰り返す政治家センセイを野放しにしているマスメディアも、ここらでフンドシを締め直さないと取り返しのつかいないことになりますよ・・・って、なんて虚しいこと書いてしまったんだろうと、気が重くなる秋の朝であった。

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2013年9月11日 (水)

「総理の嘘」を取り繕うために、汚染水問題はそのうち「特定秘密」になるかもしれない&葛西臨海公園の自然が、カヌー競技場建設で破壊されようとしている。

 東京オリンピック決定でテンション上がりまくりのレレレのシンゾーは、帰国して早速にナベツネと会食。このところ現時点での消費税増税反対へと立ち位置を微妙に変化させている読売新聞を懐柔するつもりだったのかも。オリンピック絡みで何がしかのバーターがあったかもね、なんて妄想しちまう雨の水曜日である。

 ところで、「総理の嘘」が世界中を駆け巡るという恥ずかしい状況の中で、どうにか体裁だけは取り繕わなくちゃいけないからってんで、汚染水対策で予備費250億円の支出を決めたり、閣僚会議を開いたり、泥縄の動きを見せているが、どうやったって汚染水問題は手がつけられないってのが現実なんだね。 

 おそらく、国際公約になっちまった汚染水問題は、レレレのシンゾーのアキレス腱になることは間違いないところで、こうなると汚染水に関する情報ってのは国家機密扱いされていくんじゃなかろうか。で、そこで浮上するのが秘密保護法ですね。これ成立したら、汚染水問題を特定秘密ってことにして隠しちまえばいいわけで、ちょっとでも情報漏らしたら厳罰が待っているって寸法です。

 そのあたりをいち早く、ブログ「街の弁護士日記」さんが指摘している。この指摘は、かなり現実味を帯びているんじゃなかろうか。「嘘」が通用しなくなったら、汚染水問題という「事実」そのものを隠しちゃえばいいんですから。原子力マフィアにとっても、その方が都合がいいわけで、彼らの息がかかったIOC委員も赤っ恥かかなくてすみますから。ひょっとして、東京オリンピックは、原子力マアフィアの世界戦略のひとつなのかも・・・なんてのは考えすぎでしょうか。

・街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋
汚染水もれが「特定秘密」となる日 今日の中日新聞から

 ところで、水辺の生き物のオアシス、葛西臨界公園が、カヌー競技場建設で破壊されようとしているようだ。総理大臣が「嘘」をつき、「復興」や「子供」をダシにしたあげくがこれかい。環境破壊につながるオリンピックのどこに「子供の夢」があるんだろう。詳しくは、↓のブログをご一読ください。

・佐藤栄記の自然観察日記
25年かけて取り戻したもの、今、一瞬に

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

オリンピックが決まったとたんに株価がどうしたとか「金」の話ばかり。下品だなあ&「完全にコントロールされている」なんてことは聞いてないよ~って東電が泣き入れてます。

 オリンピック招致が決まったとたんに、経済効果がどうしたこうしたと、金の話ばかり。建設株が上がって予想通りとニンマリの投資家にインタビューしてみたり、観光業界の浮かれぶりを面白おかしく報じてみたり、なんか下品だよね。

 で、早速にも経済効果は3兆円なんてブチ上げてるけど、7年間で3兆円なんだから1年あたりに換算すればたった4500億円程度なんだね。発展途上国ならともかく、成熟しきった都市でのオリンピックがいかほど経済高効果をもたらすものなのかってのは、案外心許ないものなんです。

 被災地の復興の後押しにもなるなんてことも聞こえてくるけど、そんなことはないんじゃないかなあ。なぜなら、これまで復興が遅々として進まないってのは、政治や行政の怠慢もあるけど、もうひとつには人手不足、資材不足、重機不足ってのがあるんですね。自民党が復活して以来、公共事業が活発化してそちらに人手をとられてるとも言われてるからね。そこにオリンピック特需だもん、すべては東京に集中して、被災地まではこれまで以上に手が回らないってことも十分に考えられる。被災地にとってはけっして薔薇色の話じゃありません。

 ところで、レレレのシンゾーの大嘘に、早くもほころびがでてきたようだ。「完全にコントロールされている」とか「港湾内にブロックされている」なんて与太に対して、そんなこと聞いてないよ~って東電の泣きが入ってます。経産省の役人ですら、「何をコントロールというかは難しいが、技術的に『完全にブロック』とは言えないのは確かだ」なんてかましてくれてるんだから、何をかいわんやです。

安倍首相:汚染水「完全にブロック」発言、東電と食い違い

 さらに、国際原子力機関(IAEA)が、汚染水調査団を派遣することになったとか。ま、IAEAは原子力村の一員だから、どんな調査になるのかは疑問だが、少なくとも見逃してはおけないってスタンスであることは間違いない。ってことは、レレレのシンゾーの「完全にコントロールしている」発言を信用してないってことなんだね。

IAEA、汚染水漏れは緊急課題 廃炉作業検証で今秋に調査団

 ドイツのフランクフルター・アルゲマイネ紙は、「安倍首相が招致演説で恥ずかしげもなく問題ないと述べたことに、IOC委員は納得するより怒っていいはずだ」と酷評したそうだが、これが世界の常識ってもんだろうと、少しは溜飲が下がる火曜日の朝であった。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

総理大臣が「嘘」ついて決まったオリンピック。どう贔屓目にみたって、それだけは恥ずかしい&首都直下型地震は「4年以内に50%以下の確率で発生する」(東大地震研)って予想は、もう忘れちゃったの?

 さすがに福島の漁業関係者のひとたちがレレレのシンゾーの「完全にコントロールされている」発言に呆れかえってます。というより、心の中では怒り心頭だろうことは容易に察しがつく。もし「完全にコントロールされている」なら、レレレのシンゾーは、「漁師の皆さん、安心して漁に出てください。そして、原発近くの海で獲れた魚は真っ先に官邸に送ってください。私が責任を持って安心・安全を証明すべく、食してみせます」って宣言すべきでしょう。それでこそ、自らの言動に責任をとったってことになるんじゃないの。

汚染水めぐる首相発言に批判の声 福島の漁業者ら「あきれた」

 それにしても、「完全にコントロールされている」って発言は、猪八戒・枝野君の「直ちに健康に影響はない」とノダメの「事故収束宣言」に並んで、特筆すべき暴言・暴論ですね。しかも、世界が注視する中で、IOC総会のプレゼンテーションという場での「大嘘」だから、それこそ教育に悪いよな。お国のためなら見え透いた「嘘」ついても世間は認めてくれる、ってのをソーリ大臣が笑顔で示してくれたんだからね。新聞・TVも、そんな「嘘」を批判することなく、それどころか大いに加担してサポートしてくれるんだから、こんなにおめでたいことはない。「子供に夢を」なんてこと抜かしてるけど、「子供に嘘を」の間違いじゃないのか。

 で、汚染水ばかりがクローズアップされているけど、首都直下型地震のことはもうみんな忘れちゃったとでも言うんだろうか。東大地震研が「4年以内に50%以下の確率で発生する」、政府の地震調査委員会が「南関東で30年以内に70%の高い確率で発生」って予想したのは、つい去年のことなんだよね。地球が地震活動期に入ったってことはどうやら間違いのないところのようだから、首都直下型地震が今日起きたって何の不思議もないんだね。つまり、東京は、それだけ危険な都市ってこと。選手村が予定されているお台場周辺なんて、ひとたび地震が起きたら液状化で悲惨なことになりますよ。

M7級の首都直下地震、神奈川・茨城が危ない! 平均値より1.5倍の高確率

 それにしても、このところの日本の7月、8月ときたら、亜熱帯地方の都市よりも過酷な暑さなんだから、こんなところでオリンピッやった日にゃ、熱中症で選手がバタバタ倒れるんじゃなかろうか。マラソンなんかやっちゃいかんだろう。

 総理大臣が「嘘」ついてまでオリンピック招致に成功したことが、そんなにうれいしいのかとヘソの曲った月曜の朝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2013年9月 8日 (日)

「抜本解決に向けたプログラムを私が責任をもって決定し、すでに着手している」なんて嘘を世界に向けて発信する違憲総理&「一億総白痴化」でオリンピックに浮かれてると、改憲も秘密保護法も原発再稼働も勝手に決められちゃいますよ。

 最悪の日曜日。オリンピックは東京に決定。

 「汚染水による影響は、第一原発の港湾内の0.3平方km範囲内の中で、完全にブロックされています」なんてレレレのシンゾーのたわ言をIOC委員が丸ごと信じてるわきゃないから、つまるところはみんなグルってことなんじゃないの。原子力マフィアの息がかかってる委員だっていたっておかしくないし、そう考えればちょいとした出来レースだったことにもなるかもね。

 それにしても、「状況はコントロールされている。東京にダメージを与えることは許さない」なんて発言は、福島を差別する以外のなにものでもないと思うんだが、なんか肝要なんだね、こうした物言いにマスメディアは。そもそも、オリンピックのために汚染水対策に取り組むっていうそのスタンスが倒錯してます。じゃ、なにかい、オリンピックがなければ汚染水問題はほったらかしとでも言うのか。事実、これまではほったらかしだったんだからね。世界中が汚染水問題に厳しい目を向け始めたもんだから、これではオリンピック招致に影響が出るというので泥縄式に汚染水対策に乗り出すポーズとったってのが本当のところなんだから、多くを期待することはできません。

 「抜本解決に向けたプログラムを私が責任をもって決定し、すでに着手している」なんて嘘もぬけぬけと言ってるね。「抜本解決に向けたプログラム」なんてあるわきゃないでしょう。もしそんなものがあれば、こんなに大量の汚染水が日々漏れ出すなんてことにはならなかったんだから、嘘も嘘、世界に向かって大嘘こいたってことです。ま、これで汚染水対策は、レレレのシンゾー一派がお好きな「国際公約」になったわけだから、トコトンやってもらおうじゃありませんか。

 しかし、東京オリンピックが決まったからって浮かれていると、改憲、TPP、消費税増税、秘密保護法、さらには原発再稼働なんてことが、知らず知らずのうちに進められていくことになるから、そちらの方がよっほど怖ろしい。なんでもかんでもオリンピックにかこつけて、新聞・TVは大キャンペーンを張るだろうから、ただでさえメディアの報道に引きづられがちな一般大衆労働者諸君は思考力を失っていくだろうからね。

 早くも、コンビニの雑誌コーナーから成人雑誌を排除しようなんて動きもあるらしい。東京を視察したIOC委員がコンビニの成人雑誌に目をひそめたのがその理由とか言ってるけど、こんな具合にオリンピックの名の元に規制が強化されていくだろうことは十分に考えられる。かつて、TVに踊らされる大衆を大宅壮一は「一億総白痴化」って喝破したが、オリンピックに狂乱するあまり、オリンピック以外のことは何も見えなくなったとしたら、それこそ21世紀の「一億総白痴化」の始まりとなるでしょう。

 2020年までの7年間に、汚染水問題はますます手がつけられなくなって、各国のボイコットが始まり、哀れシンゾーは前回のごとく腹くだして遁走・・・なんて妄想をしてみたくなる暗い日曜日であった。

9/8IOC総会・安倍総理大臣原発事故発言のすべて文字起こし

| | コメント (3) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 夫婦別姓 | 安倍晋三 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 資金管理団体 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TPP | TVCM