武器輸出三原則

2024年3月27日 (水)

国会に諮ることなく次期戦闘機輸出解禁を閣議決定・・・支持率最低のオンボロ内閣による「平和主義」破壊宣言!

 違法賭博騒動を隠れ蓑にするかのように、次期戦闘機の第三国への輸出解禁を閣議決定しやがりました。

 どなたものが指摘しているように、これって明らかに「憲法違反」であり、それこそ国のカタチを変えてしまうような政策変更を国会にも諮らずに決めてしまうとは、まさに自民党の独裁政権の様相を呈してきたってことだ。

次期戦闘機「輸出解禁」を政府が決定 「平和国家」を変質させる重大な政策変更を、岸田政権はまた国会抜きで

 それにしても、安倍政権以来、閣議決定が水戸黄門の印籠のような力を発揮しているが、何でかんでもこれが通用するってことは、国会はいらないってことなんじゃないのか。

 次期戦闘機輸出解禁は集団的自衛権行使容認に続く憲法解釈の変更だと思うんだが、そもそも支持率がメディアよっては10%台というオンボロ政権による「閣議決定」にどれほどの正当性があると言うのだろう。

 メディアも軽々しく「閣議決定」なんて垂れ流さないで、そこをなぜ問わないのか。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

犯罪遺族の痛み「同性・異性で異なるものではない」 最高裁、同性パートナーも給付金対象の「事実婚」と判断

自民党、二階元幹事長の処分見送りへ…次期衆院選への不出馬表明を踏まえて判断

旧統一教会に過料10万円、宗教法人で初 質問権に応じず 東京地裁

小林製薬「紅麹」 厚生労働省が2人目の死亡発表 入院は106人に


【お知らせ】

これまで「今日の気になるX」で気になるツイートをご紹介してきましたが、今後は「くろねこの短語」の「X」に掲載していきますので、フォローしていただけたら幸いです。
https://twitter.com/Kuronekono28802

| | コメント (2)

2024年3月14日 (木)

「戦闘機輸出」で案件ごとに「二重の閣議決定」の歯止め策・・・そんなことより、これを争点に解散総選挙が筋だろう!!&裏金事件の最中にメディア幹部がヘタレ総理と会食!!

 ヘタレ政権が国民に何の説明もなく進めている「戦闘機輸出」なんだが、どうやら案件ごとに「閣議決定」するんだとか。ヘタレ総理は、「二重の閣議決定でより厳格なプロセス」とドヤ顔で答弁しているが、そこに国会はまったく関与できないんだから、そりゃあ「厳格なプロセスはお手盛りだ」と撮り鉄・山添君が批判するのも無理はない。

「二重の閣議決定」は武器輸出の歯止めになるのか 岸田首相は強調したが…国会は関与できない

 公明党はここでも当初は反対の素振りを見せながら、最後はヘタレ総理の言う「三つの限定(次期戦闘機に限定、「防衛装備品・技術移転協定」締結国に限定、戦闘当事国への移転禁止)があたかも自分たちの成果であるかのようにして賛成しちゃうんだから、しょせんは下駄の雪であることに変わりはない。

 「戦闘機輸出」なんてのは、それこそ国是である「平和憲法」にも関わってくることなんだから、これを争点に解散総選挙してもいいくらいのテーマなんだよね。ああ、それなのに、なんでもかんでも「閣議決定」で決まって行っちゃうのって、この国は本当に民主国家なのか。

 そんな疑いがふつふつと湧いてくる中、なんとまあメディアの幹部連中がヘタレ総理とフレンチレストランで会食しましたとさ。去年7月の会食とまったく同じメンバーで、場所も同じなんだとか。

 政治とカネ、政治家のモラルの低下、政権与党の驕りetc、ジャーナリズムが追及すべきテーマが山積している時に、そのトップがこれだもの、そりゃあ「忖度」だらけの報道になるのもむべなるかなってことだ。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

自民過激ダンスショー、男性参加者が女性の尻2度たたく 動画で確認 歓声や笑い声も

陸上自衛隊と在日米軍のオスプレイ 14日以降飛行再開へ 防衛省が発表 沖縄・玉城知事「到底納得出来ず、認められない」

生活保護「水際作戦」は桐生市だけじゃなかった…関係者が明かした「申請書を渡さない」手口の実態

「クソ野郎」は名誉毀損になる?ならない? れいわ大石氏が逆転勝訴

【お知らせ】

これまで「今日の気になるX」で気になるツイートをご紹介してきましたが、今後は「くろねこの短語」の「X」に掲載していきますので、フォローしていただけたら幸いです。
https://twitter.com/Kuronekono28802

| | コメント (3)

2023年12月23日 (土)

「国民健康保険廃止」「殺傷武器輸出解禁」を閣議決定・・・国会で議論することなく、ヘタレ政権のやりたい放題!!

 パー券裏金疑獄の捜査が核心へと近づている真っ最中に、そんなの関係ねえとばかりにヘタレ政権が重要政策を閣議決定している。そのひとつが、マイナ保険証に伴う国民健康保険証の廃止だ。なんと、来年の12月2日がその記念すべき(?)日となるってさ。

 普及率がわずか4.49%のマイナ保険証のために、なんのトラブルも起きていない国民健康保険証を廃止するってんだから、その行き着く先はなし崩し的なマインナバーカードの義務化ってことなんでしょうね。

 マイナンバーカードにまつわる利権が囁かれているように、おそらくパー券裏金と似たようなシステムで関連企業から自民党の政治家どもへの金の流れが決まっているってことなのだろう。妄想だけど。

健康保険証 来年12月2日に廃止を正式決定 猶予期間は最長1年間

 さらに、憲法違反との批判がある殺傷能力のある武器輸出の解禁まで閣議決定しやがりました。国民健康保険証廃止もそうだが、国会での議論をすることなく憲法違反と批判のある政策転換を閣議決定するって、いつからこの国は独裁国家になったんだ。

 この閣議決定の裏にはアメリカの意向が働いているわけで、ようは日本がアメリカの下請けとなって国際紛争の片棒を担ぐことになったっていうことなのだ。

「殺傷能力ある武器」輸出解禁、自衛隊「パトリオット」を早速アメリカに 国会で議論ないまま「三原則」改定

 閣議決定はペテン師・シンゾーが残した負の遺産のひとつで、おかげで国会での喧々諤々の議論というのがついぞ見られなくなってしまった。これは相当にまずいことで、そうした状況にメディアも危機感を覚えないと、いずれ政権の放送への介入を容易にする閣議決定なんてのが現実になるかもしれませんよ。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

安倍派幹部、裏金還流把握か 22年、廃止決定後に撤回 パー券事件

「大臣になりたい時はワンワンと…」 二階氏激怒、自見氏の退会拒否

使途追えないはずの予備費、管理簿が出てきて…省庁「個人メモです」

首相、特捜部の捜査着手後も会食やめず、連日飲食店へ 党務の「官邸持ち込み」に批判も

【速報】大阪・関西万博の費用さらに約265億円上乗せし計1378億円に これまでは府市で1113億円を計上

【お知らせ】

これまで「今日の気になるX」で気になるツイートをご紹介してきましたが、今後は「くろねこの短語」の「X」に掲載していきますので、フォローしていただけたら幸いです。
https://twitter.com/Kuronekono28802

| | コメント (2)

2023年6月22日 (木)

議員特権の文書交通費は議論もないまま悪法だけが成立して国会閉幕・・・それを待っていたかのように統一教会が多摩市内の土地の工事着工を申請!!

 入管法改悪法案、LGBT差別助長法案、改悪マイナンバー法、防衛産業強化法、防衛財源確保法など、数々の悪法を成立させて国会が閉幕。結局、国会議員の第2の財布である調査研究広報滞在費(旧文書通信交通滞在費)については、議論もされないまま終わっちまいました。

旧文通費改革、進展なし 自民、「成果」の約束果たさず 国会

 そして、国会閉幕を待っていたかのように、自民と公明が殺傷能力のある武器の輸出解禁について議論を始めましたとさ。輸出対象国は、いわゆる「同志国」に加えて「国際法に違反する侵略を受けている国」に拡大することも検討するとか。ウクライナへのロシア侵略を意識してるってことね。

 この意味するところは、「武力で紛争を解決」するってことだろう。これは明らかに憲法9条「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」に違反しています。

日本製の武器で死者出る可能性も…輸出解禁に前のめり自民、慎重な公明 防衛装備移転三原則緩和へ論点整理

 こんな国のあり様を180度転換するようなことを、国会閉幕を待っていたかのように始めるとは、つまりは国民を舐め切ってるってことなんだね。

 国会閉幕を待っていたのは,どうやら自公だけでなく、統一教会(現世界平和統一家庭連合)もまた同じタイミングを狙っていたようだ。統一教会が東京都多摩市内に広大な土地を取得していたことは以前のエントリーでも紹介した。統一教会はその土地にある既存の建物の解体工事を市に通知してきたってね。

 市は「少なくとも解散命令が出ないことが確定するまでは、敷地内の既存の建物の解体工事を着工しないよう、申し入れた」ってんだが、「容認できないが、動きを止める法的根拠はない」のが苦しいところなんだね。

 それにしても、統一教会も分かりやすい動きをしてくるものだ。解散命令請求も、このままだと立ち消えになる可能性もゼロではないんじゃなかろうか・・・なんてことを我が家のドラ猫に愚痴ってみる雨模様の朝である。

旧統一教会、多摩市に「研修施設」建設の方針を伝達 市長は「着工見送りを」申し入れ

【まだまだあるぞ気になるニュース】

ジェンダーギャップ指数、日本は146カ国中125位―世界経済フォーラム : 政治分野は138位に低迷

【速報】「コロナ対応並みの臨戦態勢で」 岸田総理が「マイナンバー情報総点検本部」初会合で指示

若手刑務官に支援不十分、改善を 名古屋刑務所暴行問題で提言

神奈川 横須賀市長 市議会での発言を謝罪“配慮欠いた表現”


 

| | コメント (2)

2023年4月26日 (水)

G7前にLGBT理解増進法案の骨抜き修正を画策!?&「殺傷能力のある武器の輸出解禁」に向けて自公が協議開始!!

 ヘタレ政権がG7前にどうにかしてLGBT理解増進法案を成立させようとして、なんとも姑息なことを仕掛けてきた。なんでも、「差別は許されない」を「不当な差別は許されない」に手直ししようとしてるんだってね。

 さらに、「許されない」って表現を「あってはならない」に置き換えようという意見も出ているんだとか。つまり、「場合によっては差別もあり」って言ってるようなもので、これってりLGBT理解増進法案に反対しているカルト政治家にとっては美味しい話なんじゃないのか。

 もっと穿った見方をすれば、ヘタレ政権はG7を利用してLGBT理解増進法案の骨抜きを狙っているとも考えられる。G7にも党内のカルト政治家にもいい顔できて、一石二鳥ってことだ。

LGBT法案、対象狭める方向で調整 「差別は許されない」→「不当な差別は許されない」に 自民・保守派の異論で理念後退

 維新や国民はこの修正案に乗っかってくる可能性大だから、へたするとLGBT理解増進法案は換骨奪胎されて成立しちゃうかもね。フランケン岡田君が「国民民主党とは協力や調整ができるはず」って馬鹿をさらけ出しているようだけど、ひょっとすると野党共闘を意識するあまりこの修正案に立憲も乗っかったりして・・・ああ、いやだいやだ。

立民 岡田幹事長 衆議院 千葉5区補選「大反省すべきだ」

 ところで、自民と公明が「防衛装備移転三原則」の見直しを検討し始めたってね。どういうことかと言うと、「殺傷能力のある武器の輸出解禁」がテーマなんだとか。

 これって 、「武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」という憲法9条に明らかに抵触している。これほどの政策転換を自民と公明で閣議決定しようなんて、国会を何だと思ってるんだ。

殺傷武器輸出、解禁を議論 自民、公明が非公開の場で進める「平和主義」の分かれ道

 これからひと揉めもふた揉めもあるだろうけど、何だか「新しい戦前」に向かって着実に歩を進めているようで、なんとも落着かない雨模様の朝である。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

在留資格ない子どもに特別許可 入管難民法改正案、政府・与党が検討

有田芳生氏「熟考します」国生さゆりの批判ツイートに訴訟検討 旧統一教会問題巡りSNSで論争

首相襲撃後も「うな丼食べた」 谷国家公安委員長が失言

立憲・原口一博氏が悪性リンパ腫を公表 ウィッグ外して国会で質問

知人を車に監禁容疑、武藤貴也・元衆院議員を逮捕 金銭トラブルか

| | コメント (2)

2022年4月20日 (水)

ウクライナヘの追加支援でドローンを提供・・・「攻撃転用を想定しない」から「防衛装備移転3原則」の対象外とは、なんてお花畑なんだろう!!

 ウクライナへの追加支援で、自衛隊が保有するドローンと化学兵器対応の防護マスクや防護服を供与するってね。ドローンについては監視用の市販品だから、「防衛装備移転3原則」の対象にはならないってさ。

 おいおい、ドローンに民生用も軍事用もないんじゃないのか。現実に、ウクライナではロシア軍のの位置特定のために市販のドローンを活用している。日本が送ったドローンをウクライナがどう使うかは確認できないんだから、「防衛装備移転3原則」の対象外と日本政府が判断したって、そんなのは何の担保にもなりません。

 おそらく、田中龍作氏が指摘するように、防衛省がそれを知らないはずはない。そこをちゃんと説明しないのは、このままなし崩し的に武器供与へと持っていこうという魂胆があるからじゃないのか。

 緊急事態だから何をやってもいい、という雰囲気がロシアによるウクライナ侵略後、またたくまにこの国に広がっているけど、きっと中国侵略それに続く真珠湾攻撃のあの時代もこんなムードだったんじゃないだろうか。

ウクライナに自衛隊ドローン供与へ 武器輸出「3原則」対象外と政府説明 識者懸念「容易に武器にもなる」 

・田中龍作ジャーナル
【キーウ発】ドローンに民生用も軍事用もない

 「時代なんかパッと変わる。」ってコピーがバブル時代にあったけど、まさかこんな時代がやって来るとは・・・てなことを我が家のドラ猫に愚痴ってみる雨模様の水曜の朝である。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

吉野家、女性蔑視発言の常務解任 社長は報酬減額処分

和歌山県議会特別委、IR申請を否決 計画提出、不透明に

自民「文通費の寄付」は“申合せに反する”と野党4党反発 茂木氏への説明要求で一致


| | コメント (2)

2022年3月 9日 (水)

「武器装備移転三原則」を勝手に改定して、ウクライナへ防弾チョッキ・・・またひとつ歯止めがなくなった!!

 ウクライナへの支援の輪が広がっている。支援の方法はその国やひとによって物資や金銭と様々だが、なんとまあよりにもよって日本は自衛隊保有の防弾チョッキを送るってさ。

 でも、防弾チョッキは防衛装備品でもあるわけで、当然、紛争当事国への防衛装備品の輸出を禁止している「防衛装備移転三原則」にひっかかる。それではってんで、「ウクライナは国連安全保障理事会による対応が講じられていない」から紛争当事国ではないって解釈することにしたんだとさ。

 「防衛装備移転三原則」の改定には閣議決定や国会審議の必要がないのをいいことに、勝手に決めやがったってことだ。おそらく、今後はどんどん歯止めが利かなくなっていくのだろう。「台湾有事が起きれば、弾薬も送るべきだ」なんてことをほざく調子こいた自民党議員もいるそうで、そうなったらもはや参戦したことと同じなんだよね。

 いま現実に起きている戦争の惨状をどういう思いでこ奴らは見てるんだろう。そこから戦争の愚かさを少しでも感じ取れる政治家が、この国にはいったい何人いるのだろう。

ウクライナは紛争当事国じゃない? 自衛隊の防弾チョッキ特例で提供 防衛装備移転三原則の歯止めどうなる

| | コメント (2)

2016年1月 1日 (金)

明けましておめでとうございます。

 2匹のドラ猫と戯れているうちに2016年もあっという間に明けて、なんとも穏やかな朝日のあたる我が家である。

Photo

 ところがどっこい、元旦の新聞開けば、「中古武器輸出を検討」の文字が1面を飾り、ああ、この国はいま重大な局面を迎えているのだなあとつくづく思うのであった。原発と武器のセールスマンが権力を握っている限りは、どんどん憲法の破壊は続いていく。

防衛装備庁、中古武器輸出を検討 「無償・低価格」特例法で

 とにもかくにも、決戦は金曜日じゃなかった決戦は今年の夏。ここが正念場になることは間違いない。

 というわけで、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

セクハラ野次を笑って聞き流していた都知事もロクなもんじゃない&武器展示会で銃口をひとに向けて手で払われた武田防衛副大臣。いやはや。

 日本VSギリシャは、前半終って0-0。ギリシャはひとり退場で10人になって、さあ、後半戦はどうなる。

 というわけで、都議会のセクハラ野次オヤジですが、都議会に抗議殺到だってね。くろねこもFBで抗議に賛同したのであった。で、ヘイトスピーチとも言える汚い野次飛ばしたセクハラ野次オヤジは言語道断、問答無用、蟄居謹慎、獄門磔、百叩きのうえ、名前晒して、5年間の公民権停止がよろしいかと・・・。

 このオヤジの処罰は当然としても、この野次を笑って聞き流してた知事のマキゾエや質問を中断して汚い野次に対して断固とした対応をしなかった議長、さらには「野次は歌舞伎の掛け声と同じだ」なんてことを平然とのたまっちまう自民党と議会幹事長ってのもロクなもんではありません。周りで、笑ってた奴らも同罪ですね。

女性議員に対して「早く結婚しろ!」「子どもは産めないのかっ!」と野次を飛ばす、最低最悪の議会へ

自民党都議会議員名簿

<

p>   

 それにしても、下衆な奴らだね、どいつもこいつも。ノビテルの「金目でしょ」発言も、こうした汚い野次と基本的には同じメンタリティーなんだろうね。ようするに、傲慢、不遜、無教養、のなせるワザってわけです。

 都議会がこんなんだから、国政を預かるセンセイもロクなもんではありません。武田とかいう防衛副大臣が、バリで開催されている武器の国際展示会「ユーロサトリ」で、訓練用のゴム銃の引き金に指をかけたまま銃口をひとに向けて手で払われたそうだ。展示会の銃器は訓練用のゴム銃とはいえ、あくまでも武器なんだからね。銃口をひとに向けるなんて、これまた言語道断、問答無用、蟄居謹慎、獄門磔、百叩きに値する行為です。

武器展示会での武田防衛副大臣の行動が物議を醸す 引き金に指をかけ銃口を人に向ける

 こんなのが防衛大臣だもん、一朝事が起きれば、それこそパニックっちゃって何しでかすかわかったもんじゃない。そのトツプがレレレのシンゾーですからね。へたすりゃ、核のボタンだって押しかねない。ま、核があったらの話だけど。

 集団的自衛権に関しては、国連の武力行使にも参加するって言い出してるようだけど、こんな輩に集団的自衛権行使の権限与えちゃったら、それこそ○○に刃物というものです。おそらく、世界中がそんな目で日本を見てるはずで、オバマがレレレのシンゾーをまったく信用していないってのもおそらくそんな危機感があるからなんだろう・・・と妄想しつつ、日本のサッカーが気になる金曜の朝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

ネーチャンひとりに責任押し付けてトンズラ図る理研のトンチキ野郎ども&消費税増税に浮かれるすきに、チャッカリと武器輸出三原則見直しを閣議決定。

 「たった1人の行為がNHKに対する信頼のすべてを崩壊させる」。昨日の入局式におけるNHK会長の訓示です。お前が言うな、って突っ込みたくなるところですが、4月馬鹿の発言だとしたらこの会長侮れん・・・んなわけないか。

NHK会長「1人の行為で信頼全て崩壊」 入局式で訓示

 話かわって、他人に厳しく、自分には甘いアジェンダ渡辺君は、すっかり雲隠れしちゃってます。国会はもちろん、党の役員会も「声が出ないので欠席すると電話をいただいた」(浅尾慶一郎みんなの党幹事長)そうだが、声が出ないのにどうやって電話してきたんだろうと首を傾げたくなるちょいと肌寒い朝である。

 で、肌寒いどころか鳥肌立つほどお寒いのが理化学研究所の学者センセイたちで、STAP細胞のドタバダ劇のすべての責任をドクター小保方ひとりに押しつけてトンズラしようとしてます。チームで研究していたくせに、ユニットリーダーに仕立てた若手の研究者がやったことだから、知らぬ存ぜぬっていうのは、いくらなんでも通用しません。五百万歩くらい譲って、仮にドクター小保方のひとり相撲だったとしても、それを見抜けなかったんだから、それはそれで相当なトンチキ野郎どもです。

 ドクター小保方は「とうてい容認できない」って切れてるようだけど、理研のトンチキ野郎どもととことん戦うべきですね。世界的権威なんてでっかい顔してても、一皮むけばただのスケベなオヤジなんだから、おそれながらと裁判所に訴え出て、化けの皮をひん剥いてやるのもひとつの手ではないでしょうか。

 それにしても、共著者であるセンセイたちってのは、うすらみっともないひとたちなんだね。ネーチャンひとりに責任おっつけて、恥ずかしくないのでしょうか。学者としては優秀かもしれないけど、人としていかがなもんかの今日この頃なのだ。

「小保方氏が捏造、改ざん」 STAP論文 理研最終報告

 ところで、消費税増税があたかもイベントであるかのようにTVがはしゃぎ回るその裏側で、チャッカリと武器輸出三原則の見直しを閣議決定しちゃいました。今度の呼び名は、防衛装備移転三原則だそうだ。ようするに、日本は武器商人として、世界に打って出ようってことです。で、その先には集団的自衛権行使容認が控えているって寸法です。

 解釈改憲にも匹敵するような政策転換だってのに、新聞・TVの静かなこと。STAP細胞スキャンダルにかまけるばかりで、そしらぬふりしてます。特に、TVはジャーナリズムとして、物事の優先順位がどこか狂ってるんだね。「笑っていいとも」のフィナーレを延々垂れ流す馬鹿っぷりなんか、実に象徴的です。大宅壮一の「一億総白痴化」は、けだし卓見だったてことか・・・いやはや。

武器輸出 実質解禁 平和国家が紛争助長も

| | コメント (1) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

Dappi Dappi疑惑 NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト こども家庭庁 たちあがれ日本 つばさの党 でっち上げ みんなの党 ゆとり教育 れいわ新選組 アカデミー賞 アニメ・コミック アベノミクス イラク戦争 インターネット インポイス制度 ウェブログ・ココログ関連 ウクライナ侵略 オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム コンピュータ監視法 ジャニーズ事務所 ジャニーズ問題 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ ゼレンスキー タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 デジタル田園都市国家構想 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ トリガー条項 ニュース ネット工作 ハーグ条約 バイデン バタフライ バンクーバー・オリンピック パソコン・インターネット パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 ファッション・アクセサリ フィギュアスケート フジテレビ フッ素 プーチン ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ボランティア ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア ライドシェア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワクチンパスポート ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 三浦瑠璃 上川陽子 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住まい・インテリア 住民基本台帳ネットワーク 体罰 侮辱罪 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 児童手当 党首討論 入国管理局 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 八代英輝 公文書改竄 公明党 共同親権 共産党 共謀罪 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣改造 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北側一雄 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉川赳 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 同性婚 名護市長選 国民健康保険 国民新党 国民民主党 国立大学法人法改正案 国葬 土地規制法案 地デジ 地方分権 地方創生 地方自治法改正案 地球温暖化  地震 堀井学 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大津綾香 大相撲 大石あきこ 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宝塚歌劇団 宮台真司 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 寺田稔 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 小渕優子 小西洋之 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 山際大志郎 岡田克也 岸信千世 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平井卓也 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 志位和夫 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 成田悠輔 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 放送法 政党助成金 政治とカネ 政治家女子48党 政治献金 政治資金収支報告書 政治資金規正法 政界再編 教育再生会議 教育勅語 敵基地攻撃 敵基地攻撃能力 文通費 斎藤健 斎藤元彦 新しい資本主義 新党 新型コロナウイルス 新藤義孝 新資本主義 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米地位協定 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 明治の日を実現するための議員連盟 映画・テレビ 書籍・雑誌 有田芳生 朝日新聞 朝青龍 朝鮮人虐殺 木原稔 木原誠二 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 松川るい 松本人志 松野博一 林芳正 枝野幸男 柴山昌彦 柿沢未途 核共有 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 梅村みずほ 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 機能性表示食品 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河村たかし 河瀬直美 河野太郎 河野談話 泉健太 泉房穂 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 牧島かれん 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田崎史郎 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 盛山正仁 相撲 石丸伸二 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 神道政治連盟 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秋葉賢也 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細田博之 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 経済安保情報保護法案 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 能登半島地震 自己責任 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芳野友子 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茂木敏充 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 葉梨康弘 蓮舫 藤田文武 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 袴田事件 裁判員裁判 裁量労働制 裏金疑惑 西村康稔 西田昌司 親学 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察 警察不祥事 議員年金 議員特権 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 赤木ファイル 足立康史 辛坊治郎 辺野古 辻元清美 連合 週刊朝日 選択的夫婦別姓 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野党共闘 野田佳彦 野田聖子 鈴木宗男 鈴木馨祐 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 防衛省 防衛費 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音喜多駿 音楽 飯島秘書官 香港 馬場伸幸 馳浩 高市早苗 高木毅 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 鹿児島県警 麻生太郎 黒田日銀総裁 10万円給付 ACTA BPO(放送倫理・番組向上機構) DHC FMラジオ IR汚職 LGBT LGBT法案 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM