東京オリンピック

2018年10月18日 (木)

「国民が行政に不服申し立て」するのが行政不服審査法。国が法の濫用してどうする!!&片山さつきにあっせん利得疑惑!!&「最初から(五輪経費算定の)計画に無理があった」(森喜朗)。死んでも治らない莫迦もいる!!

 行政不服審査請求でペテン政権が沖縄の民意に果たし状を突きつけた。行政不服審査請求ってのは、2015年に埋め立て承認を沖縄県が取り消した時にも出されてるんだね。で、その際にも問題になったんだが、そもそも行政不服審査請求というのは「国民の権利を救済」することが目的なんであって、政府広報のホームページにはこんなモデルケースが紹介されている。

「確定申告した額が請求に正確に反映されていない」
「建設予定のビルによって自宅の生活環境が悪影響を受ける」

 つまり、国民が行政に不満がある時に不服申し立てをするというのが法の主旨なのだ。

 行政不服審査請求法の第1条第1項「目的」にはこうある。

この法律は、行政庁の違法又は不当な処分に関し、国民が簡易迅速かつ公正な手続の下で広く行政庁に対する不服申立てをすることができるための制度を定めることにより、
○ 国民の権利利益の救済を図るとともに、
○ 行政の適正な運営を確保すること
を目的としています。

 国が法の濫用するんだから、法治国家なんて言葉はもはや死語ですね。

政府、沖縄県に対抗措置 玉城氏「民意踏みにじる」

 ところで、生活保護叩きの鬼嫁・片山さつき君にあっせん利得疑惑だと。なんでも、青色申告取り消されそうになった業者から100万円を頂戴して国税庁に口利きしたとか。さあ、どうする、どうする!!

片山さつき氏の口利き疑惑報道

 最後に、サメの脳みそ・シンキロー森君が、東京オリ・パラの大会経費が3兆円超なんて声があることについて「最初から(経費算定の)計画に無理があった」ってのたまったてくれたってね。こういう莫迦は死んでも治らんな!!

森喜朗氏、東京五輪予算は「最初から無理があった」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

東京五輪経費は3兆円!!&「国会答弁は棒読みでいい」と注文つけられたボンクラ大臣&米軍からのクレームで羽田新飛行ルート絶望。東京に日本の空はない!!

 凄いなんてものじゃない。なんと東京オリンピックの経費が3兆円だとさ。そもそもは3000億円程度のコンパクトな大会というのが売り文句だったんじゃないのか。それがどこをどうしたらこんなベラボーな金額になるんだろうねえ。

五輪経費 膨らむ恐れ 国すでに8011億円支出

・オリンピックの運営費はなぜ当初予算の何十倍にもなるのか

 でもって、安倍ポンコツ内閣のオリンピック担当大臣ってのが、これまた札付きのボンクラときてんだからたまったもんじゃありません。「放射能汚染されたごみの焼却灰を『人の住めなくなった福島に置けばいい』」って暴言吐いてイエローカード突きつけられたというスネにキズ持つ御仁で、失言を怖れた官邸から「国会答弁は棒読みでもいい」って注文つけられたっていうくらいだから、そのボンクラさは国が認めてるってわけだ。

 だからってことなんだろう、オリンピック担当大臣が任されているサイバーセキュリティ基本法改正案について、「桜田氏の国会での答弁はない方がいい」って声が上がって別の閣僚への変更を検討してるってさ。だったら、ハナっから大臣にしなけりゃいいだけの話で、いかにポンコツ内閣が箸にも棒にもかからない輩の掃き溜めかってのがよくわかるというものだ。

 大臣就任の記者会見では原稿すらロクな読めないんだから、「教育勅語を現代風にアレンジ」の文科大臣に続いて失言・暴言で顰蹙買うのはこやつで決まりです。

桜田五輪相の答弁、官邸が不安視 法案担当の変更を検討

 ところで、何をいまさらって感がなきにしもあらずなんだが、東京上空の制空権はアメリカが握っているっことが改めてバレちゃいました。なんでも、「東京オリンピック・パラリンピックに向けて、羽田空港の国際便の発着便を増やすための新たな飛行ルートをめぐって、日本とアメリカの間の調整が難航し、運用できないおそれが生じていることがわかりました」とさ。

 ようするに、オスプレイ配備したばかりの横田基地上空をちょっとでもかすめて民間航空機が飛ぶんじゃねえ、ってアメリカがクレームつけたってわけだ。それに文句のひとつも言えないペテン政権なんだから、なにが「日本を取り戻す」だ。「戦後レジームからの脱却」が聞いて呆れますよ。 「東京には空が無い」と智恵子は言ったそうだが、洒落にもなりませんよ、ったく!!

羽田空港 新飛行ルート 日米の調整難航で運用できないおそれ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

福島第一原発の処理汚染水の8割が基準値超え。「アンダーコントロール」どころか、さらに悪化している。もうオリンピックは返上するしかない!!

 台風一過の沖縄は天候回復しただろうか。凄まじい暴風雨で投票率は前回の64.13%を下回るのではという見方もあるそうだ。自公陣営からは60%切ったらこっちのもの・・・なんて声まであるとか。台風が間近に迫る嵐の前の静けの中、東京からオール沖縄の勝利を期してエールを送る日曜の朝である。

・田中龍作ジャーナル
【沖縄県知事選挙】「デニーが負けたらヤマトに踏みつぶされるぞ」本土支配恐れる戦前世代

 ところで、福島第一原発事故による放射能汚染水について、「8割以上の75万トンで放射性物質の濃度が環境中に放出する際の基準を上回っていたという推定結果」が出たそうだ。「放射性物質を処理する設備の不具合で基準の2万倍近くに達しているとみられる放射性物質もある」というから、これは大変なことですよ。

福島第一原発の処理汚染水 8割以上が基準超の放射性物質

 こんなんで海洋放出なんてしてごらんなさい、海は世界につながっているんだから、地球そのものの環境汚染が起きることになる。と同時に、初老の小学生・ペテン総理の「嘘」が全世界に暴露されるということでもある。こやつは東京オリ・パラ招致のプレゼンテーションで、

「私が安全を保証します。状況はコントロールされています」
「汚染水は福島第一原発の0.3平方キロメートルの港湾内に完全にブロックされている」
「福島近海でのモニタリング数値は、最大でもWHO(世界保健機関)の飲料水の水質ガイドラインの500分の1だ」
「健康に対する問題はない。今までも、現在も、これからもない」 

 って大見得切ったんだよね。「アンダーコントロール」は世界に流布されたわけで、それがとんだ「嘘つき野郎」だったとなったら、それこそ東京オリ・パラ不参加って国が出てきたって不思議じゃない。

 ようするに、福島第一原発は収束どころか、どんどん状況が悪くなっているってことなんだね。それを考えれば、このところの伊方原発再稼働容認がいかに驚天動地、無知蒙昧、現実逃避の判決かわかろうというものだ。

 噂では、オリンピック返上の違約金は1000億円程度とか。3兆円に達するかもと言われる開催費用に比べれば安いものだ。汚染水処理のお先真っ暗はいいきっかけなんだから、そろそろマジでオリンピック返上を考える時期なのは間違いない。

【くろねこの競馬予想】

 秋のG1初戦は、スプリンターズステークス。昨日からの雨で重くなった馬場への対応が鍵となる。ということで、穴で狙っていたキャンベルジュニアにはちょいと不利な状況か。本命は、勝ちきれないまでも安定感抜群のナックビーナス。けっして重い馬場は得意ではないだろうが、緩いペースでタフなレースになれば勝機はある。
◎ナックビーナス、○アレスバローズ、▲ファインニードル、△レッツゴードンキ、ダイメイプリンセス、ラッキーバブルズ、ワンスインナムーン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

「日米物品貿易協定(TAG)の交渉を開始」。次に来るのは日米FTA!!&東海第二原発に安全のお墨付き!!&都市が開催する五輪のボランティアを全国に呼びかける不思議!!

 やっぱりやっちまった。初老の小学生・ペテン総理が「日米物品貿易協定(TAG)の交渉を開始することで合意」したってね。多国間協定であるTPPと違って、アメリカとの2国間協定となると、日本はまずアメリカの要求をはねつけるなんてことはできませんからね。へたすると、TPP以上の譲歩をせざるを得ないことになるかもね。

 その代わり、北のカリアゲ君との会談をセットしとてもらうってことで、裏取引きしてるんじゃないのかねえ。「適切な時期に日本と対話し、関係改善を模索している用意がある」って韓国大統領の寅さんを通じて北のカリアゲ君のメッセージがあったばかりなんだから、ここでトランプからもう一押ししてもらえれば日朝首脳会談も夢ではなくなる、ってのがペテン総理の描いている絵図なんじゃなかろうか。そのためなら、TAGどころか日米FTPも辞さない腹積もりだったりして。

 いずれにしろ、今回の訪米は「売国の旅」だったことがハッキリしたってわけだ。

日米、貿易交渉開始で合意 トランプ大統領、安倍首相と会談

・天木直人のブログ
二国間協議を飲まされるだけで終わる日米首脳会談

 ところで、原発だ。広島高裁の伊方原発再稼働容認に続いて、原子力規制委員会が東海第二原発の新規制基準適合を決定した。東電から資金援助まで募っていた破綻寸前カの経営状態だってのに、万が一のことがあったら賠償費用や収束費用はどうするつもりなのかねえ。

 しかも、再稼動に当たってはパブリックコメントで多くの批判的な声が寄せられていたんだね。そうした世論はまったく無視してるんだから、しょせんパブリックコメントってのはアリバイ作りでしかないってことだ。

 新規制基準がどんどん形骸化していく中、不謹慎だけど、「もう一度事故が起きればいい」という悪魔のつぶやきが聞こえてくる今日この頃なのだ。

東海第二「適合」 批判意見認めず 規制委、審査書を決定

 最後に、昨日から東京オリ・パラのボランティア募集が始まったんだが、そもそもオリンピックってのはオリンピック憲章にあるように「五輪を開く責任は都市にある」んだよね。そのボランティア募集がなんで全国への呼びかけとなるんだ。

 元オリンピック選手は「一緒に大会をつくっていくという気持ちで、勇気をもって応募してほしい」なんてPR活動してるけど、なんかこの言い方ってピントずれてるなあ。「一緒に大会をつくっていく気持ち」になるように啓蒙することこそ組織委の仕事じゃないのか。レイシスト石原の思いつきで始まったことで、オリンピック開催のコンセンサスをとる努力なんか一度もしてこなかったことを自覚しやがれ!!

五輪ボランティア9分野 組織委、参加呼び掛け

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

「石破を応援するなら閣僚を辞任しろ」発言の張本人は麻生太郎・・・だったりして!?&「物価上昇2%は無理だと思ってた」(麻生太郎)。口が曲がるわけ!&東京五輪ボランティアで「授業日程変更」を要請!!

 自分の金をどう使おうと勝手なんだが、このご時勢に月旅行で散財とは・・・なんだかなあのゾゾタウンである。

 そんなことより、「石破を応援するなら辞任しろ」と現職閣僚が脅された件について、ひょっとこ麻生がこんなこと口走ってます。

「現職がいなくなった後の総裁選と、現職がいるときの総裁選では意味が違う」
「今回は(現総裁が)いてやるわけだから、どういうことになるかという話を根底に据えておかないといけない」

 つまり、現職閣僚が反対候補を支援するのは不適切だと言ってるわけで、「辞任しろ」って圧力を擁護したってことだ。これって、「現職がいるのに総裁選に出るというのは、現職に辞めろと迫るのと同じだ」とほざいた初老の小学生・ペテン総理と同じ発想なんだね。

 ひょっとしたらひょっとこ麻生がその圧力をかけた張本人じゃないのか。だからこそ、ペテン総理も強気に「名前を言え」って脅しかけてるんじゃないのか。「麻生の名前は出せないだろう」ってタカくくっているんじゃないのか・・・・妄想だけど。

「辞表出せ」発言 麻生氏、圧力の議員擁護 石破氏反発「パワハラだ」

 でもって、その麻生なんだが、日銀が金科玉条のごとく旗振りしている「2年で物価上昇率2%」ってスローガンを「2年では無理だと思っていた」とのたまってくれちゃいました。今頃言うか、ってなもんです。いつだってこやつらの言うことは「口先」だけの「出まかせ」ってことです。

“物価2%上昇”政府も日銀も「2年では無理」 麻生財務相「お互い認識」

 ところで、東京オリ・パラのボランティアに交通費として1日1000円支給だとさ。ははは、子供のお駄賃じゃあるまいし、大会幹部の年収2000万円以上に比べたら雀の涙にもなりません。しかも、都内の移動のみで、地方からのボランティアは東京までの交通費や宿泊費は自己負担のままだそうで、大会幹部だけが濡れ手に粟ってわけだ。

東京五輪ボランティアに1日千円 交通費相当、組織委

 ボランティアについては、スポーツドクターを無償で募集したり、企業への動員を催促したり、さらには学生の単位も優遇なんてことが槍玉に上がっているんだが、なんと今度は「授業日程の変更」まで要請したってね。

「まるで動員」ボランティア促す通知、学事暦にまで言及

富士通は300人 「五輪ボランティア」企業からも“徴兵”開始

東京五輪スポーツドクターまで無償依頼、医師が苦言 「資格持って責任持ってする仕事」

 東京オリ・パラのためなら何でもありってわけで、学徒出陣どころかまさに国家総動員の様相を呈する今日この頃なのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

「総裁選は党員や党所属議員ら限られた人にしか投票権がない。一般人にも届くような討論会をしても仕方ない」(自民党関係者)。自民党ってのは底抜けの阿呆集団ってことだ!!&オリンピックのために金属供出しろだとさ・・・まるで国家総動員の戦時体制だね!!

 とにかくアンポンタン石破君との公開討論は避けたい。ただそれだけのために総裁選出馬表明を先延ばしする初老の小学生・アベシの周辺からは、こんな言葉も洩れ聞こえてきているそうな。

「総裁選は党員や党所属議員ら限られた人にしか投票権がない。一般人にも届くような討論会をしても仕方ない」

 馬鹿だね。自民党総裁ってのはイコール総理大臣なんだから、「一般人にも届くような討論会をしても仕方ない」ではなくて「一般人にも届くような討論会をしなくてはいけない」なんだよね。ようするに、ペテン総理もその不愉快な仲間たちも底抜けの阿呆で、知恵遅れ集団ってことだ。

丁寧な…説明…?安倍首相周辺から「投票権のない一般人にも届くような討論会をしても仕方ない」の声

 ところで、東京オリ・パラのメダル用の銀が足りないから「原材料になる廃家電などのリサイクル貴金属の回収を強化する」んだとか。でもって、「秋から小中学校で使用済み携帯電話やパソコンなどの回収ボックスを設置するよう協力を呼びかける」とさ。ボランティアの強制といい、これじゃあ国家総動員の戦時体制ですね。なんか凄いことになってきた。

東京五輪メダル「銀」まだ足りない、小中学校でも回収へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年8月14日 (火)

「個人の心構えにより、多くは解消されるはずだ」(船田元)。サマータイムは精神論で乗り切れるらしい!!&「踊る阿呆は政治権力に屈しない」(阿波おどり振興協会理事長)。お見事!!&翁長氏の告別式の日に安倍晋三はかき氷にご満悦!

 オリンピックの暑さ対策ということで、皇居外苑で「打ち水」の実証実験やったってね。「路面温度は気温と比べ最大5.3度下げる」ことができたってんだが、これって典型的なお役所仕事です。実際、家の前で「打ち水」してみればわかるけど、一瞬涼しげにはなるんだが、その後に路面から立ち上る湿気は半端じゃありませんから。涼しいどころか、まるでサウナです。

 そんな中でマラソンなかんかやってごらんなさい、こういうのを有難迷惑って言うんでしょうね。「焼け石に水」ってのはこのことか。止めたほうがいいと思うよ。

「打ち水」で足元5度涼しく=皇居外苑で五輪猛暑対策-東京都

 暑さ対策とくれば、サメの脳みそ・シンキロー森君が思いつきでぶち上げた「サマータイム」だ。戦後すぐにトライして大失敗しているのに何をいまさらってんで、反対意見が澎湃として湧き起こっている。そんな中、なんと政界の失楽園・船田君が賛成の声を上げたってね。

 ところが、そのご意見とやらが、単なる精神論だってんで炎上してます。たとえば、こんな具合です。

「コンピュータなどの時間設定の変更は、律儀で真面目な国民ならば十分乗り切れるはずだ」
「睡眠不足などによる健康障害問題は、むしろ個人の心構えにより、多くは解消されるはずだ」

 なんの数字的根拠も示していないだけでなく、すべて「はずだ」っていう希望的観測なんだから、これでよくもまあ憲法審議会なんてのをやってこられたものだ。って、関係ないか。

・サマータイム制度の導入について

・サマータイム実施は不可能である

 それにしても、このところのオリンピックならなんでもありっていう風潮はほとんど国民総動員みたいなもんですね。それをまた新聞・TVが煽りまくるんだから暑苦しいことこの上ない。それもこれも、メディアがオリンピックのスポンサーになってるからなんだね。そんなんだもの、批判的な記事なんか書けるわけがない。夏の甲子園がどんなに球児にとって過酷であっても、主催している朝日新聞が省みることがないとのと同じです。

 ところで、阿波おどりがなにやら揉めているようで、どうやら徳島新聞が利権を抱え込んでいるのが原因らしいとか。そんな騒動の中、中止命令も意に返さず総踊りが決行されたんだが、「踊る阿呆は政治権力に屈しない」(阿波おどり振興協会理事長)とはお見事!

徳島市長が中止を命じた阿波おどり「総踊り」を13日夜に決行へ 「踊る阿呆は政治権力に屈しない」と協会理事長

中止求めた実行委に反発 阿波踊り「総踊り」場外で強行

 最後に、昨日は亡くなった翁長沖縄県知事の告別式が行われ、鳩山ポッポや在日米海兵隊トップのエリック・スミス中将など、敵も味方も関係なく多くの弔問客が訪れた。沖縄が悲しみに包まれている時に、初老の小学生・アベシは何をしていかというと、かき氷を食べながらご満悦。それをツイッターでお披露目するという無神経さだ。こういう時くらいは、故人を偲んで哀悼の意を示すのが、政治家というより人としての謹みだろうに・・・。

【那覇発】 敵も味方も翁長知事惜しむ きょう告別式、鳩山元首相の姿も

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

改憲は「自衛隊明記」のためならず。本丸は「緊急事態条項」の声明文!!&マラソンコースの店は冷房の効いた1階を解放しろだとさ。発想のお粗末さに開いた口が塞がらない!!

 「みっともない憲法」と口にして憚らない、存在自体が憲法違反のペテン総理が画策する「改憲」は「自衛隊明記」というのがこのところの大義名分だったはずなんだが、どうやらそれはかなり手の込んだまやかしだったようだ。

 なんでも、今年の憲法記念日に開催された日本会議系の改憲集会で、

「緊急事態条項の新設は国家の危機に際して、憲法秩序を維持して、国民の生命財産を守るために必要不可欠であり、最優先で解決されなければならない!国家の責任を果たすために憲法改正の発議を強く要請する!」

 って声明文が読み上げられていたとか。その集会には、もちろんペテン総理がビデオメッセージで登場。「緊急事態条項最優先」は、おそらくペテン総理にも伝わっているはずで、なぜならペテン総理の戦前回帰の政策ってのは日本会議が主導していると囁かれていますからね。「神輿は軽い方がいい」ってやつです。

【物議】改憲集会で「緊急事態条項を最優先」との声明文!自衛隊明記は理由付けか 独裁化に懸念も

 おそらく、秋の総裁選では安倍3選が確実だろうから、そうなると一気に改憲発議に向かって政局は動き出す。3分2の議席を確保しているうちに、何が何でも発議に持っていければ、後は豊富な資金力に物を言わせて、大手広告代理店による「改憲キャンペーン」が繰り広げられて・・・なんていうグランドデザインを描いているんじゃないのか。

 このところTV各局がやたらにオリンピックではしゃぎまわっているのも、そうした改憲の目論見から目を逸らさせるためのスピン報道なのかもね・・・ま、いつもの妄想だけどさ。

 オリンピックと言えば、「クールシェア」なんてことを言い出している。暑さ対策のために、「陸上のマラソンコースとなる東京・日本橋で、冷房の効いた店舗を開放」して少しでも涼しくしようってんだが、なんかもう発想がお粗末で情けなくなってくる。早朝からわざわざ1階を開放する店舗にとっては、それだけの人件費や光熱費がかかるわけで、それもボランティアってか。

五輪対策クールシェアの意識調査

東京五輪「ブラックボランティア」中身をみたらこんなにヒドかった

 そんなことより、いまからでも遅くないから、開催時期を10月にスライドすることをIOCと話し合った方がいいんじゃないのか。でないと、マジでアスリートからも観客からも犠牲者が出ることになりますよ。一番手っ取り早いのは、オリンピック中止にしちゃうことなんだが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

京産大の獣医学部新設申請に「今ごろ遅い」といちゃもんつけた「総理のご意向」発言のあの官僚&東京オリ・バラのボランティアを大学に強要!? 国家総動員法の予行演習か!!

 東京新聞で今日から「権力の内幕 検証・加計疑惑」の連載が始まった。森友・加計学園疑獄については、ほとんどのメディアがそんなものはなかったかの如くに無視する中、東京新聞の執念には拍手を送りたい。

 昨日の朝刊でも1面トップで、「特区申請『今ごろ遅い』」と見出しを打って、当時の内閣府地方創生推進室次長である「総理のご意向」発言の藤原君が京産大の獣医学部設置申請にいちゃもんをつけた事実を報じていた。

 森友・加計学園疑獄では、メディアは野党の力不足ぱかりを強調するが、そんなことより自ら独自取材をして真相解明に立ち上がのがジャーナリズムってもんなんだよね。その意味では、東京新聞のこうした執念というか、執着というか、しつこさは賞賛に値する。ちょっと大げさか・・・。

特区申請前「今ごろ遅い」 内閣府幹部が京産大批判

1_3
クリックで拡大

 メディアの粘り強さってのが世論を喚起し、それが野党を後押しするバワーへと繋がっていくものなのだ。ところが、政権批判を装いつつ、最後には野党を貶めるといういまのメディアのやり口がペテン政権を裏で支えているのが現状なんだから、何をかいわんやなのだ。

 ところで、スポーツ庁と文科省が「東京五輪・パラリンピックの期間中にボランティアに参加しやすいように全国の大学と高等専門学校に授業や試験期間を繰り上げるなど柔軟な対応を求める通知を出した」ってね。

<東京五輪・パラ>「授業避けて」国通知、ボランティア促す

 ボランティアという名目で、国家総動員法の予行演習でもしようってのか。それにまた無批判に乗っかる新聞・TVもどうかしてます。もう駄目かもわからんね、この国は。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

「考えてみると五輪も豊洲も、石原元知事からの出発点が多い」(小池百合子)。もうね、すべての元凶は石原慎太郎なんだから、一刻も早く百条委員会設置して、説明責任とってもらおうじゃないか。

 来年度の予算案が97兆円だと。そのうち、防衛費は1.4%増の5兆円突破で、社会保障費は1400億円の圧縮。トランプでさえ「計画も費用も制御不能だ」と批判的な最新鋭ステルス戦闘機F35を6機も購入する予定で、ちなみにそのお値段は880億円。「高額であることは間違いない」って防衛省幹部も言ってるそうだから、アメリカから相当ふっかけられたんだろうね。将来的には100機は購入する計画があるらしいが、オスプレイと同じく欠陥戦闘機が日本の空を飛んだら、怖ろしくておちおち寝てもいられませんよ、ったく。

安倍カラー 暮らしにツケ 17年度予算案 閣議決定

 でもって、こちらも金の話なんだが、東京オリンピックにかかる1.8兆円の分担をめぐって都、組織委、国が責任のなすりあいをしているところへもってきて、一部の競技を開催する千葉、埼玉、神奈川が参戦してきた。なんとなれば、競技施設にかかる費用を自治体にも負担してもらおうという動きが出てきたからなんだね。

五輪費用負担「話が違う」、東京以外の開催自治体から不満続出

 「聞いてないよォ~」って自治体が言い出すのもわからいわけではない。でも、どうなんだろう。レイシスト石原が東京オリンピック招致をぶち上げて、それにまたシンキロー森が乗っかって事が進んでいくその過程で、招致が実現した暁にお世話になるだろう周辺の自治体にまったく話を通していないなんてことがあるだろうか。

 ひょっとしたら、何らかの利権供与みたいな話があったんじゃないのか。ところがぼったくりバーのチーママ・小池君が夜叉の如くに引っ掻き回し始めたので、これでは旨味がないじゃないか・・・となったんじゃないのかねえ。って、妄想だけど。

 シンキロー森はいまになって「都が言い出したんだから」って責任転嫁しているが、とんでもありません。「仮設施設は組織委が負担する」というのがそもそもの取り決めで、オリンピックは組織委員会が仕切るってシンキロー森も豪語してたんじゃなかったか。

 五輪担当大臣のルーピー丸川もいろいろゴタクを並べているようだが、そんなに都の責任を追及するなら、そもそも「アベ・マリオ」なんて恥ずかしいことするんじゃない。もっと言えば、オリンピック招致のプレゼンで「アンダーコントロール」なんて大嘘こいたのはどこのどいつだってことだ。

 都市が主催するなんてのはとっくのとうにお伽噺になってるんであって、オリンピックは国家プロジェクトなんだね。だからこそ、ペテン総理が政治利用の絶好のチャンスと出張っていったんだろう。だったら、国がリーダーシップをとるのが当然なんだね。

 東京オリンピックの運営方法がここまでこんがらがってしまったってことは、おそらく表には出せない利権にまつわる裏交渉があったからなのだろう。そこに光を当てるには、レイシスト石原、獅子頭・猪瀬、そしてマキゾエの歴代知事をお白洲に引き出して、説明責任をとらせることだ。

 チーママ小池君は、昨日の今年最後の定例会見で、豊洲問題について「考えてみると五輪も豊洲も、石原元知事からの出発点が多い。東京なんだからどーんと任せろよとか、国には一切お世話にならんよとかおっしゃったのかどうか。とても言いそうなことだけれども。そのへんは、ちょっと確認させていただきたいぐらいだ」って嫌味言ってんだから、年明け早々に百条委員会設置して、レイシスト石原を頭領とする「三ばか大将」を締め上げて、もつれた糸を解いてみろ、ってなもんです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | セクハラ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ヘイトスピーチ | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | リニア新幹線不正入札 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 二階俊博 | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 働き方改革 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 公文書改竄 | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 国民民主党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大相撲 | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 学問・資格 | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 小泉進次郎 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山口那津男 | 山本一太 | 山本太郎 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 岸田文雄 | 川口悠子 | 希望の党 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 放送制度改革 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 教育勅語 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 杉田水脈 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 松井一郎 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 水道民営化 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 沖縄県知事選 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 産経新聞 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 百田尚樹 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 税金 | 稲田朋美 | 立憲民主党 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 緊急事態条項 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 船田元 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 裁量労働制 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 豊洲市場 | 財務省 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 足立康史 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 野田聖子 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM