集団的自衛権

2016年11月 2日 (水)

TPPで自民党と民進党が合意。腐ってるなあ、どいつもこいつも&豊洲の盛り土問題の重要参考人である元知事3悪人の責任はどうする、どうする!

 アメリカ大統領選がどうしたこうしたとか、韓国大統領の機密漏洩がどうしたこうしたとか、新聞・TVはTPPそっちのけで大騒ぎ。そうこうしているうちに、民進党の腰が砕けてTPP法案は今日にも衆院通過で、4日には採決で手仕舞いとか。でもって、会期延長して参議院ではカタチばかりの国会質疑をやる振りをして、12月3日には自然成立なんだとか。

TPP、4日衆院通過へ 自・民合意、国会会期延長論も

 TPPってのは単に農業や漁業だけの問題ではなくて、国家主権に関わることなんだよね。つまり、金、物、人の流通のルールをTPPが決めることになるわけで、そこに個々の国の事情なんてのは入り込む余地はない。で、そのルールの基本は多国籍企業が牛耳る米国流というわけなんだから、そもそもこんなものに参加すること自体が間違っている。

 ペテン総理が一時よく使っていた「国柄」に大きな影響を与えるわけで、それをわずか60時間にも満たないところで議論に蓋をするってのは、それこそ「亡国」ってもんだろう。自民、公明はもちろん、民進党もこの国の主権が奈辺にあるか改めて思いをめぐらせるべきなのに、どいつもこいつもアメリカの方を向いて政治ごっこしているだけなんだから、これじゃあ一般大衆労働者諸君は救われない。

 でもって、TPP強行採決に軽口叩いて顰蹙買った農林水産大臣の山本有二が、またしてもやらかしてくれた。「TPPで冗談言ったら閣僚を首になりそうになった」だとさ。舐めてるねえ、このオッサン。こうまで舐められて、民進党はよくもまあ衆議院採決で手を打ったりするもんだ。TPP採決を人質にこやつの首ひとつも取れないようじゃあ、もう民進党は政党の体をなしていないと後ろ指差されても文句は言えない。

山本農相 冗談で首になりそうに…野党反発、TPP遅れも

 それにしたって、新聞・TVのTPPに関しての無言の行は、いったい何を意味してるんだろう。それこそ、大本営発表に加担した戦前・戦中のメディアの姿の再現ってことなんじゃないのか。ひょっとしたら、メディアの体たらくこそが、この国にとって一番の問題で、TPP以上にその罪は重いのかもしれない。

 ところで、豊洲の謎の地下空間について、小役人の8悪人が判明した。さあ、レイシスト石原、獅子頭・猪瀬、そしてマキゾエの元知事3悪人についてはどうする、どうするってなもんです。オリンピックの会場見直しではIOCにいいようにやられて、4者会談も非公開なんてことになっちゃいましたからね。豊洲の問題も小役人だけを罰して幕引きなんてことになれば、ぼったくりバーのチーママ・小池君の立場は微妙なものになっていくだろうから、しばらくは高見の見物てことでお後がよろしいようで。

豊洲盛り土なし「知り得た」 元市場長ら8人の責任認定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

いよいよ安保法制=戦争法による本格的な軍事訓練開始。網タイツの防衛大臣に戦争行かされちゃたまらんな。

 安保法制=戦争法に基づく本科的な軍事訓練が始まるそうで、早ければ11月には南スーダンに新たな自衛隊の部隊が派遣されるとか。駆け付け警護も主要な任務のひとつとなるわけで、へたすりゃ自衛隊員に戦死者が出ることだって十分に考えられる。

 安保法制=戦争法については憲法学者の多くが違憲と指摘したにもかかわらず、ペテン総理は強行採決。その時に、こやつは「丁寧な説明をする」って約束してたんだが、それっきり丁寧に説明されたことなんか一度もない。「丁寧な説明」というのは「善処する」っていうお役所言葉と同じで、「何もしない」ってことなんだね。

 それにしても、ほんの数ヶ月の訓練で駆け付け警護なんかできるものなんだろうか。なんてったって、駆け付け警護ってのは最悪の場合は交戦状態になるんだから、これはもう戦争なんだよね。「こんな短期間の訓練で、武器使用手順を身に付けたり、海外で任務に就く腹を決めたりできるのか」って現場の隊員からは懐疑的な声が上がっているそうだが、もっともなことだ。

 ああ、それなのに、貧相顔の官房長官・菅君は「適切な武器使用が行われるよう徹底した訓練を行ってから派遣する。隊員の安全確保に万全を尽くす」なんて能天気なことのたまっている。そりゃあ、自分が最前線に行くわけじゃないから、しょせんは他人事なんだよね。戦争に行かない奴が一番勇ましい言葉を喚くのと、その真情においては同じです。そもそも、戦闘状態の中で、「適切な武器使用」なんて悠長なこと言ってる暇なんかありませんよ、ったく。

安保法 本格運用へ 海外で武力行使の訓練解禁

 こんな具合に、集団的自衛権だなんだでアメリカの戦争に自衛隊が駆り出されるのが現実のものになってくると、必然的に自衛隊入隊するのは命がけってことになって、入隊者は減少していくことになるのだろう。そのためになんだろうね、「自衛隊入隊を前提にした奨学金」なんてのを画策してるのは。ようするに、高額な学費を払えない学生を奨学金というエサで釣って自衛隊に入隊させようってことで、これはまぎれもない「経済的徴兵制」の一環ってことだ。

防衛省 “経済的徴兵制”を検討 自衛隊入隊前提に奨学金

 この秋は、蝉の声にまざって軍靴の響きがうっすらと聞こえてくるかもしれない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

三宅洋平君とペテン総理夫人の沖縄・高江への道行き。政治的意図があろうとなかろうと、その無神経さにはただただ鼻白む&駆け付け警護がいよいよ本格化!?

 イチロー、大リーグ通算3000本安打達成。日米通算案打数なんより、これは凄い数字だ。ホームランよりもヒットこそ野球の真髄と評価されていた時代を、改めて認識させたその功績は大きい。アッパレ!

 アッパレなアスリートがもうひとり。ウォイトリフティングの三宅宏美だ。スナッチを2回続けて失敗した時には万事休すと思ったけど、3回目に見事にクリア。ジャークの3回目で腰を落としながらもこらえて107kgを成功しての銅メダル。4回のオリンピックを経験し、2大会連続でメダル獲得には、日本の女子アスリートとして最高のアッパレを捧げたい。

 それに引き換え、同じ三宅でも洋平はいかさない。ペテン総理のカミさん連れて沖縄・高江のヘリパッド建設反対の現場にお出まし。賛否両論あるようだけど、ハッキリ言って、こういう無神経さにはちょいと神経を逆撫でされちまった。ペテン総理のカミさんはツイッターで、夢見る乙女風のポエティックなつぶやきをしている。この無神経さにもまた、輪をかけて神経逆撫でされちまった。

Cpqw84tuiaa0tzg_2

 「彼女も三宅氏も、ただ無知というだけでなく、何らかの意図があると思います」と木下黄太氏はブログで書いている。おそらくその通りだろう。でなければただの物見遊山だし、こういうパフォーマンスに踊る三宅洋平君のセンスにはただただ鼻白むばかりだ。

・木下黄太のブログ
上杉隆氏とMXテレビを巡るおかしな話。安倍総理夫人と三宅洋平氏を巡るおかしな話。

 ところで、自衛隊の賭け付け警護がいよいよ動き出しそうだ。今月中にも訓練を開始して、11月に南スーダンに派遣される部隊にその任務を負わせる手筈とか。参議院選挙終わるまではダンマリ決め込んで、勝てば何でもありでこの始末だ。ネトウヨのナンチャッテアイドル・稲田君を防衛大臣に抜擢したのは、つまりはダミーってことなんだろう。何でも言いなりになる稲田君を防衛大臣に据えることで、実際はペテン総理が自らの判断で自衛隊を動かそうって寸法なのだろう。

11月から 安保法新任務、南スーダン派遣

 おそらく、これからは失言、放言、暴言が稲田君の口から飛び出してくるはずだ。で、それはすべてペテン総理がの本音ってやつで、稲田君をスケープゴートにして世論の反応を確かめつつ、徐々に戦争のできる軍隊へと自衛隊を変えていこうってことなのだろう。

 気分は軍人の中谷君が大臣交代のセレモニーで見せた涙は、ひょっとしてペテン総理の意のままにならないということで鋼鉄された、そのくやしさの表れだったかもしれない・・・なんて、あるわきゃないか。

 でも、そんな妄想のひとつもしたくなる仰天人事だったことは間違いない。戦々恐々としているのは、実は自衛隊の幹部たちだったりして。「おい、へたすると本気で戦争に引きずり出されるぜ」なんて腹では思っているんじゃなかろうか。

 最後に、天皇が生前退位に関して“お気持ち”を表明するとか。それに対して、ペテン総理は「受け止めるコメント」を出すそうだ。天皇の“お気持ち”の表明は、主権者たる国民に向けて発せられるものだ。なんでペテン総理が反応する必要があろうか。天皇の発言を歪曲化して、政治的に利用しようって腹か・・・って、いつもの妄想ですけどね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

参議院選挙目前のタイミングで中国軍艦登場。新聞・TVが煽る、煽る&「晋三は『宿命の子』です」(安倍ママ)。それを言うなら、「宿痾の子」だろう。

 参議院選挙を目前にして、中国の軍艦が尖閣周辺海域を航行。北朝鮮のミサイルもそうだけど、なんとまあタイミングがいいんでしょうねえ。貧相顔の官房長官・菅君なんか、「領土、領空、領海を断固として守る」なんて、まるでいますぐにも戦争が始まるみたいに血相変えてます。しかし、安保法制=戦争法成立で日米同盟は強固になって、中国にも睨みがきかせられるはずだったんじゃなかったっけ。こうもたやすく尖閣周辺に中国軍艦が姿を見せるってのは、日米同盟って屁のツッパリにもなってないってことなんじゃないの。

対中国、米と連携し厳重警戒 軍艦の尖閣沖航行で

 そもそも、アメリカが日本を守るなんてのは幻想で、いわんや中国と戦争する気なんかサラサラありませんからね。なんてったって、アメリカにとって中国は手放すことのできない広大な市場で、多くの企業が進出している。経済的には切っても切れない関係にある。もし中国と何らかの衝突が起きるとすれば、それは日本が肩代わりするというのがアメリカの思惑であることは間違いない。だからこそ、レイシスト石原なんかが突然尖閣買収なんてことを喚きだして、寝た子を起こしに違いないとくろねこは妄想している。

 ペテン総理が中国を挑発し続けているのも、そうしたアメリカの対中国政策に従順に従っているからで、だからこそ歴史修正主義者であることには多少は目をつぶっても総理大臣の座に居座ることを容認しているんだね。ま、典型的な傀儡政権ってわけです。もし参議院選後に改憲勢力が3分の2を占めるようなことがあれば、中国との関係はいっそう悪化して、最悪の事態だって起きないとも限らない。中国軍艦の尖閣周辺海域航行を新聞・TVが煽りたて、ペテン総理の思惑通りの提灯報道を臆面もなく続けているけど、そんなことに乗せられていると大変なことになりますよ。

 ところで、ペテン総理のママが息子のことを「宿命の子」って呼ばわって親バカチャンリンしてるってね。なんでも、文藝春秋誌上で、ペテン総理シンパのNHKの岩田明子君のロングインタビューにそう答えたそうだ。岩田明子とくれば、「安倍母子の追っかけ」((C)天木直人)としてつとに名高いNHKの解説委員で、ま、身内のヨイショ記事だからその内容にはまったく意味がありません。それよりも、「宿命の子」にはまいっちまうんだよね。総理大臣の母親がメディアのインタビューにテメーの息子を「宿命の子」っていくらなんでも乳離れ、子離れしなさすぎだろう、この母子は。それを言うなら、「宿痾の子」ってのが世間の常識ってなもんです。

・天木直人のBLOG
岩田明子NHK政治部記者の正体見たり

前田敦子の『毒島ゆり子』よりエグい、NHK女性記者の安倍首相“籠絡”の手口! 安倍の近所にマンション購入

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年3月31日 (木)

安保法廃止法案の審議をしないのは国民に対する背信行為だ&子宮頸がんワクチン副作用に集団訴訟。三原じゅん子と松あきらの責任は重大だ。

 野党5党が共同で提案していた安保法廃止法案は、審議もせずにお蔵入りにするそうだ。ペテン総理にしてみれば、参議院選前に安保法制=戦争法の違憲性を蒸し返されてはたまらんてことなんだろうが、国会というのは国民の負託を受けた国会議員がその意の基に法案を審議する場所なんだよね。安保法制=戦争法については「評価しない」という声が6割近くある。つまり、審議しないというのは職務放棄、国民に対する背信行為ってことだ。

 ペテン総理は何かにつけて「丁寧に説明する」ってほざいていはずだ。でも、安保法制=戦争法を強行採決したら、国会開催の要求も無視してほったらかしのまま。「対案が~」って野党を挑発してたくせに、安保法廃止法案という対案が出てきたとたんに審議に応じないってんだから話になりません。国会の会期はまだ2ケ月もあるんだから、審議する時間はたっぷりある。審議しないってんなら、その間の歳費はすべて返上しやがれって、ってなもんです。

・東京新聞社説
安保法廃止法案 まだ決着はついてない

 ところで、子宮頸がんワクチンの副作用に悩む女性たちが国と製薬会社を相手に集団訴訟を起こすそうだ。子宮頸がんワクチンについてはその危険性が早くから訴えられていたのに、国はまったく耳を貸しませんでしたからね。

 それどころか、自民党の三原じゅん子や公明党の松あきらのように積極的に普及活動に手を貸す議員までいた。製薬会社との利権があるんじゃないかとも噂されてたほとで、それなのにいまとなってはこの二人は子宮頸がんワクチンについてはまったく口を閉ざして、知らん顔してます。

 医学的な因果関係は確立していないという意見もあるが、子宮頸がんワクチンの接種をきっかけに日常生活にも支障をきたす全身の痛みやしびれに悩まされている患者がいることは事実なんだよね。その事実と向き合ったら、普及活動した責任について何らかの見解を述べるのは国会議員としての義務だろうに・・・。

子宮頸がんワクチン副作用提訴へ 「薬害」、国と製薬2社に

 いずれにしても、副作用に悩まされる多くの女性が立ち上がったことには万雷の拍手を送りたい。そして、三原と松の両シェンシェイには怒りの鉄槌を!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2016年3月30日 (水)

「安保法廃止なら日米同盟損なう」(安倍晋三)。はて面妖な。だったら、アメリカから戦争参加の要請あったら断れなくなっちまいますぜ。おい、どうなんだよ、どうするんだよ!

 このところペテン総理が安保法制=戦争法について語る時、「安保法制を廃止すれば、日米同盟の絆は大きく毀損される」ってしつこいほどにのたまってくれる。法案が施行された昨日の記者会見でもシレッと口にしていたんだが、はて面妖な。安保法制=戦争法ってのは、「国民の生命と財産を守る」ことがそもそもの目的だったはずだ。そのために、紙芝居まがいのイラストボードを持ち出して、「まさに紛争国から逃れようとしている、お父さんやお母さんやお爺さんやお婆さん、子どもたちかもしれない、彼らが乗っている米国の船を、今、私たちは守ることができない」って喚いていんだじゃなかったっけ。

 でも、それだって日本を防衛する米艦の防護は個別自衛権の範囲できるというのこれまでの政府見解だったんだね。もっとも、ペテン総理が喚いたような米艦による邦人保護なんてことは絵空事なんだが・・・それはさておくとして、集団的自衛権は存立危機事態を政府が認定した時に初めて行使でき、仮にアメリカから「一緒に戦争しようぜ」ってお誘いを受けても、「日本は独自に判断する」ってのがペテン政権の見解だったはずだ。

 でも、「法廃止なら日米同盟損なう」ってんなら、そもそも「日本独自の判断」なんかそこでは何の意味も持たないんじゃないのか。安保法制のまやかしを追求し続ける元内閣官房副長官の柳沢協二氏は、「安保法でできる活動を米国に要請され、政策判断で断れば、もっと『同盟を毀損」するだろう。首相の説明は『対米追随』という安保法の本質を物語っている」と今朝の東京新聞に書いていたが、それが真っ当な意見というものだ。

「安保法廃止なら日米同盟毀損」 参院予算委で首相が反論

 「北朝鮮のミサイルなどを考えると安保法も仕方ない」なんて街の声をTVは性懲りもなく流しているが、こんなのは個別的自衛権の範囲内のことで集団的自衛権とはまったく関係ない。「危険なお隣の国もあることだし」なんて意味のことを口走って、室井佑月に「それって個人的自衛権の問題じゃん」って軽くいなされ大恥かいた元相撲取りがいたが、集団的自衛権と個別的自衛権の違いもわからないような一般大衆労働者諸君がいまだに存在し、そしてそうしたひとたちがペテン総理の「法廃止なら日米同盟損なう」って呪文にまんまと引っかかるのがなんとも歯がゆい今日この頃なのだ。

・田中龍作ジャーナル
戦争法制施行 国会前の怒気再び

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年3月29日 (火)

安保法制=戦争法施行。今日を境に日本はとんでもなく危険な時代へと一歩踏みだしたことは間違いない。

 少女行方不明事件の容疑者の卒業取り消しを千葉大が検討するそうだ。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いってわけか。ひとつの過ちですべてを否定するってのはどうなんだろう。

 ところで、今日から安保法制=戦争法が施行される。これからは、いつ何時他国の戦争に巻き込まれるかわかったもんじゃないって世の中になるわけです。ペテン総理の本音では、もう今日からでも駆けつけ警護で自衛隊を南スーダンあたりに送り込みたいところなんだろうね。でも、万が一戦闘にでもなって自衛隊員に死傷者が出ようもんなら、夏の参議院選挙は非難囂々なのは目に見えている。ようするに、安保法制=戦争法も政争の具にしかすぎないってわけです。とどのつまり、ペテン総理にとっては国民の命すら政争の具なんだね。

安保法制下の日本に 関連法が施行

安保法が施行 集団的自衛権容認、専守防衛を大きく転換

 政治評論家の森田実君がたまたまペテン総理と会食した時に、「首相として何をやりたいのか」と質問したら、「とにかく、長くやりたい」って間抜けな答えが返ってきたそうだ。一日も長く権力を掌握すること以外、こやつの頭の中はスッカラカンってことが良く分かるエピソードだ。

 権力を握り続けることが自己目的化しているから、そのためには嘘だってなんだってつきます。前言翻すことなんか屁でもない。「税率引き上げを再延期することはないとみなさんにはっきりと断言します」って息巻いて選挙したくせに、いまではノーベル賞学者の口を借りてでも「消費税増税先送り」を匂わせるという節操のなさには呆れるばかりだ。

 こんな男が勝手に憲法解釈を変えたあげくの安保法制=戦争法が、この国をいずれ泥沼の戦争へと駆り立てる時代はもう目の前に来ている。アメリカではトランプがやたら吠えまくっているけど、ペテン総理にとってはそれもまた追い風としたいところなんだろうね。なんてったって、「在日米軍撤退」だの「日本の核保有認める」だの、軍事国家としての日本を取り戻したくて仕方がないペテン総理には願ってもない応援演説なんだから。

 いずれにしても、今日を境に日本はとんでもなく危険な時代へと一歩踏みだしたことは間違いない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年3月27日 (日)

安保法制=戦争法施行目前に、ジンワリと広がる自衛官家族への締め付け。

 代々木公園で開催された反原発を訴える集会に3万を超える市民が結集。地道に一歩づつ前進することが、ペテン総理にはイッチャンの脅威なんだから、とにかくひるまずに歩き続けることだ。こうした集会をメディアが取り上げるようになったのも、「継続は力なり」の結果ってことです。

東京・代々木公園に3万5000人

 ところで、29日の戦争法の施行を前に、日本労働弁護団が東京都北海道で自衛官やその家族を対象とした緊急電話相談を実施したってね。これまでも何度か実施されているんだが、今回の相談の中でちょいと気になったのが夫が事務官という女性の相談だ。

「私がデモに参加したり選挙運動したりした場合、夫に何か不利益があるのか知りたい。今回の相談の情報が外に漏れないかとても心配している」

 この相談からもわかるように、自衛官はもとより、その家族への締め付けってのはかなりのものがあるんだろうね。代々木公園の反原発集会に妻が参加したなんてことが発覚したら、その夫たる自衛官は駆けつけ警護で即、海外派兵ってことになるかもしれない。お隣の国ではちょいと権力者から睨まれたら、一族郎党皆殺しなんてことが噂されているけど、それに似たようなことが日本でも起きる危険性があるってことだ。そうやって、暗黙のうちに言論弾圧がジンワリと広がっていく。

 ペテン総理は防衛大の卒業式で、「『事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に努め、もって国民の負託に応える』。この宣誓の重さを、私は、最高指揮官として、常に、心に刻んでいます。(中略)諸君は、この困難な任務に就く道へと、自らの意志で進んでくれました。諸君は、私の誇りであり、日本の誇りであります」なんてことを得意満面で訓示したそうだが、自衛官をまるで「私兵」のように扱う総理大臣のもとでは、「銃後の守り」であるその家族への締め付けを強化していくだろうことは容易に想像がつく。

安倍首相が防衛大卒業式で自衛隊を「私兵」扱い…裏では任官拒否者の隠蔽工作や自衛隊“皇軍化”も進行中

 ペテン総理ごときの「誇り」のために他国の戦争に駆り出されてはたまりませんよ・・・ってのが、多くの自衛官やその家族の思いなんじゃないのかねえ。ペテン政権を倒すためには、現役の自衛官、それも防衛大出身の幹部の中から「アベ政治を許さない」って声が上がったら面白いんだけど。もっとも、そうなったらクーデターか。ペテン総理のような悪逆非道な政治ってのは、そんな危険性すらも孕んでいるってことなんだね。いろんな意味で恐ろしい政権に国を委ねてしまったものだ。

【くろねこの競馬予想】

 大混戦の高松宮記念。先に行きたい馬がかなりいるから、相当流れは速くなるはず。となれば、差し馬に有利なレース展開か。というわけで、中心はスノードラゴン。相手はビッグアーサーとアルビアーノ。前残りで怖いのがミッキーアイル。一発大駆けならローレルベローチェか。
◎スノードラゴン、○ビッグアーサー、▲アルビアーノ、△ミッキーアイル、ローレルベローチェ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2016年3月19日 (土)

「核使用も憲法は禁止していない」(内閣法制局長官)・・・「法の番人」が「権力の犬」になっちまった&古館降板を前に『報ステ』の気合いが凄まじい!

 内閣法制局が「法の番人」と呼ばれた時代は遠くなりにけりのようで、とうとうペテン総理の肝いり長官が参議院予算委員会で、「核兵器の使用は憲法違反に当たるのかとの質問に対し『わが国を防衛するための必要最小限度のものに限られるが、憲法上あらゆる種類の核兵器の使用がおよそ禁止されているとは考えてない』との見解を表明した」ってさ。

 でもって、「海外での武力行使は必要最小限度を一般的に超えると解している」とも同時に答弁している。てことは、有事の際には他国の攻撃を迎撃するために国内で核兵器を使用する可能性があるってことじゃないのか。いやあ、なんかこういう細かい文脈をちゃんと突っ込んでほしいんだが、みんな聞き逃しちゃってるんだよね。

核使用は憲法禁止せず 内閣法制局長官が見解

 「日本も小型であれば原子爆弾を保有することに何も問題はない」ってすっとこどっこいなことほざく総理大臣のお気に入りだけのことはある、ってなもんだが、確か、日本は非核三原則「持たず、作らず、持ち込まず」が国是だったんじゃなかったっけ。内閣法制局ってのはそうした国のあり様を政治家が恣意的に解釈変更したりしないように釘を刺すのが役目のはずだ。それを、為政者が野望を実現するためのお墨付きを与えるような発言をするってのは、もはや内閣法制局ってのは権力の意向を補完するための「権力の犬」に組織に成り下がっちまったということなんだね。

 「消費税増税先送り」が現実味を帯びて、衆参ダブル選挙が噂されるいま、こういう発言を内閣法制局長官にさせることで、「改憲」もちゃんと議論したよという姑息なアリバイ作りをしているのかもしれない。

 こういう発言が飛び出したからではないだろうけど、昨夜のテレビ朝日『報道ステーション』は気合い入ってましたね。コメンテーターに集団的自衛権行使容認に「違憲」を突きつけた長谷部恭男教授を呼んでの特集が「ワイマール憲法」。ペテン総理が企む「緊急事態条項」に絡めて、いかにワイマール憲法が換骨奪胎されヒトラーの独裁が確立していったかを完結にまとめめ上げていたのには拍手を送りたい。

報道ステーション 03-18 ワイマール (Dailymotion動画)

 こういう報道こそがジャーナリズムの本来の姿んだよなあと、つくづく思う春の一夜となったのであった。

 最後に、参議院選挙の新潟選挙区の野党統一候補が森裕子君でどうやら決着がつきそうだ。長崎でも統一候補が実現しそうで、これは朗報でしょう。とにかく地道に統一候補を立てること。参議院選挙を勝利に導くにはこれしかないんだからね。

参院選新潟は森裕子氏が統一候補に 民共、擁立せず

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2015年12月24日 (木)

シリアで拘束されている安田純平さんの情報に動きが・・・ペテン総理は、また自国民を見殺しにする気か。

 6月下旬からシリアでゲリラに拘束されたとされるフリージャーナリストの安田純平さんの安否については過去のエントリーで何度か書いたんだが、ここにきて「国境なき記者団」が「シリアで武装勢力に拘束されているとして、早急な解放を求める声明をホームページに掲載」したそうだ。身代金を要求していて、それに応じなければ殺害するって脅迫もしているってんだが、身代金の要求はしていないって情報もあって、いまひとつその信憑性には疑問が残る。

<国境なき記者団>「安田純平さん、シリアで拘束」声明掲載

 いずれにしても、安田さん拘束されていることは間違いないことで、これまで日本政府は何をしてきたんだろう。その方が、よっぽど問題だ。海外にいる邦人保護、ってのが集団的自衛権行使容認の理由のひとつにもなっていたはずで、ペテン総理は稚拙なイラストボード使ってさんざん喚いていたんだよね。ああ、それなのに、後藤さんと湯川さんがISISに拘束された時には、いたずらに相手を挑発するばかりで、結局見殺しにしちまった。

 今回の安田さんだって、とっくのとうに拘束された事実は伝わっていたはずなのに、ここまでなんのリアクションも起こした様子はない。新聞・TVもまるで他人事で、危険地域に指定されているシリアに潜入したのは自己責任だなんて空気なんだろうね。

 そもそも、「国境なき記者団」の声明がなければ、安田さんの存在そのものがこの国ではなかったことになってたかもしれない。現に、どのメディも真剣に安田さん拘束を報道してませんからね。報道しないってことは、そんな事実はないって言ってるようなもんだ。

 理由はどうあれ、半年もの間、海外で理不尽な拘束にあっている自国民の消息すら掴めない、そればかりか何の手立ても講じた様子もないんだから、安倍ペテン政権が喚き続ける安全保障ってのはけっして「国民の生命、財産を守る」ためのものではないってことです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 稲田朋美 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 美容・コスメ | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 趣味 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM