甘利明

2020年10月13日 (火)

【日本学術会議問題】任命拒否に元公安トップの官邸官僚が関与・・・警察国家へまっしぐらのカス政権!!&自民・甘利が「日本学術会議が中国千人計画に協力」のデマを流したブログをこっそり書き換え!!

 日本学術会議会員候補6名の任命拒否の背景について、前川喜平氏がその経緯を推測したツイートを10日のエントリーで紹介したが、どうやら氏の予想通りに元公安のドンでカス政権の事務方トップである杉田和博官房副長官が関与してたってね。

菅首相、「6人排除」事前に把握 杉田副長官が判断関与―学術会議問題

 でもって、「105人の推薦名簿を詳しくは見ていないものの、決裁までの間には首相に今回の任命の考え方の説明も行われている」ってジャパンライフの広告塔・下等官房長官が言い訳しているんだが、てことは6名の任命拒否を決めたのは元公安の官邸官僚で、特高顔の自称苦労人・カス総理は事後承諾したってことになる。つまり、「日本学術会議の推薦に基づいて首相が任命する」という規定に明らかに抵触しているってことだ。

 どうやら、警察官僚による官邸支配ってのが、カス政権の本質ってことのようだ。運転免許とマイナンバーカードの一体化なんてのも、警察官僚がバックについているからこそで、昨日のTBS『Nスタ』なんか臆面もなくそうした報道をしてましたからね。

 日本学術会議問題は「学問の自由」に手を突っ込んだわけだけど、カス総理が必死こいている携帯電話の料金値下げってのは行きつくところは「表現の自由」への弾圧につながりかねないんだよね。なんとなれば、携帯電話料金ってのは電波の許認可に関わってくる問題で、許認可権を利用すれば放送局への規制も容易にできちゃうんだから。

 日本学術会議問題は警察国家への手始めで、メディアや一般大衆労働者諸君がどんな反応をするか試してるんじゃないのかねえ。

 ところで、あっせん利得疑惑の布袋頭・甘利君が、「日本学術会議は中国の『千人計画』に協力している」ってデマを流したブログをこっそりと書き換えてたってね。睡眠障害とやらで国会から逃亡したように、なんとも姑息な野郎だこと。

学術会議が「中国の千人計画に積極的に協力」とした自民・甘利議員、ブログをひっそり修正

| | コメント (2)

2020年10月11日 (日)

【日本学術会議】悪質な“デマ”を垂れ流す疑惑まみれの下村や甘利は名誉棄損罪で逮捕しろ!!

 加計学園不正献金疑惑の下村君が、「日本学術会議から政府に対する『答申』が2007年以降、出されていない。活動が見えていない」って息巻いたら、すかさず日本学術会議元会長から「6名の任命を拒否して一体何をなさるつもりなんですかと。 答申がないというのは、あなた方(政府)が諮問しなかったからですよ」とカウンターパンチを食らって返り討ちにあっちまいました。

 実際、日本学術会議のホームページには、様々な提言が掲載されていて、それをほったらかしにしているのは政府の方なんだよね。SNS上では日本学術会議をめぐるデマが横行しているんだが、それに類することを政治家が白昼堂々と公言して、日本学術会議問題の論点すり替えを煽っちゃいかんだろう。

「答申ないのは諮問ないから」 学術会議元会長、自民の批判に反論

 日本学術会議をめぐる政治家の虚言の最たるものが、あっせん利得疑惑の布袋頭・甘利君が拡散した不埒なデマだ。なんと、ブログで「日本学術会議は中国の『千人計画』に協力している」ってデマを喚いていたってね。このネトウヨも顔負けのデマはSNS上ではかなり拡散されていて、日本学術会議批判の格好のネタになっている。

 もちろん、これが事実無根であることはすでに指摘されているんだけど、問題はこうした事実無根のデマをメディア、特にテレビがしっかりとファクトチェックしないことなんだね。トランプの嘘には敏感に反応して揶揄したりしてるくせに、この国で起きている政治家による流言飛語にはとんと無頓着なんだから、そりゃあ特高顔の自称苦労人・カス総理もノリノリで嘘つき放題になるわけだ。

日本学術会議問題は、「菅首相の任命決裁」、「甘利氏ブログ発言」で、“重大局面”に

 グループインタビューなんていう総理大臣による謁見を唯々諾々と受け入れていること自体、ジャーナリズムとしての矜持や誇りを自ら捨てているようなものなのだ。考えてみれば、ノイホイ菅野君のハンストだって、まともに取り上げたメディアはありませんからね。見殺しにするつもりか。

・田中龍作ジャーナル
【学術会議】菅野完「安倍晋三じゃないんだから明確な病名の書かれた診断書が出るまで俺はハンストを続ける」


| | コメント (1)

2020年8月17日 (月)

自民・甘利明税調会長が、ペテン総理に鳥肌立つお追従・・・「ちょっと休んでもらいたい。責任感が強く、自分が休むことは罪だとの意識まで持っている」!そんなに「責任感が強い」なら、責任取って辞めるのが筋ってものだ!!

 あっせん利得疑惑の布袋頭・甘利君が、フジテレビの番組で初老の小学生・ペテン総理に歯を浮くようなお追従を口にしたってね。曰く、

「ちょっと休んでもらいたい。責任感が強く、自分が休むことは罪だとの意識まで持っている」
「数日でもいいから強制的に休ませなければならない」

 おそらく、臨時国会召集を拒否していることへの批判をかわすという意味もあるんだろうね。それにしても、「責任感が強く、自分が休むことは罪だとの意識まで持っている」とはねえ。なんか、背筋が寒くなるような気色悪さに眩暈がしてきますよ、ったく。

 そう言えば、布袋頭・甘利君もあっせん利得疑惑で大臣辞任した時に、「睡眠障害」とかで国会さぼりまくってたっけね。都合が悪くなったら休む・・・つまりそういうことだ。

 そこまで言うなら、誰も止めやしないから、永遠に休みやがれ。「責任感が強い」ってんなら、責任取って辞めるのが筋ってものだ。

甘利氏、安倍首相を「休ませて」 コロナ対応で疲労蓄積を心配

| | コメント (2)

2020年6月21日 (日)

「たわいも無い昔話で大盛り上がり」(甘利明)・・・コロナ・パニックほったらかしで無神経な野郎どもだ!!&毎日新聞が全国世論調査で小池をヨイショ。公選法違反では!?&都知事選に群がる珍奇な候補者が酷すぎる!!

 週末の夜の会食について、あっせん利得疑惑の布袋頭・甘利君が「たわいも無い昔話で大盛り上がり」とツイートして、その無神経さに呆れられてるってね。コロナ・パニックは第一波どころか、これから本格的なパンデミックが起きるのではないかという恐れさえ囁かれているというのに、なんとも能天気なことで。上級国民なんて言葉は使いたくないんだが、こういう人でなしを前にするとそれもまたむべなるかなって気がしてくる日曜の朝である。

 ところで、都知事選だ。毎日新聞が全国世論調査で「都知事にふさわしいのは誰」という質問をして、その結果が「小池51%」だったてね。ほら、始まった。こうやって世論操作を仕掛けてくるのはこの国のメディアの常なんだが、告示の後にこんな世論調査を大々的に報じるのは選挙違反じゃないのか。

 そもそも、都民への調査ならまだしも、なんで東京以外の地域のひとにまで都知事選について質問するんだ。これじゃあ、ただの人気投票みたいなもので、明らかに「人気投票の公表の禁止」という公選法に違反してますね。

 こんな世論誘導するような与太記事を書く前に、ぼったくりバーのチーママ小池君の4年間をしっかれと検証してみやがれ。

「都知事にふさわしいのは」小池氏51%、宇都宮氏10% 毎日新聞全国世論調査

 都知事選とくれば、毎回、愉快犯のような珍奇なひとたちが出馬してくるんだが、今回はこれまで以上にいかれポンチが多いようだ。ヘイトスピーチまがいの演説する者、「コロナはただの風邪」なんて叫ぶ者・・・誰にでも被選挙権はあるとはいえ、ここまでレベルが低いとさすがに辟易してくる今日この頃なのだ。

都知事選が大荒れ、N国がホリエモン宣伝戦術!桜井誠氏は中国大使館前で街宣 「コロナはただの風邪」と叫ぶ候補者も

| | コメント (1)

2019年6月 2日 (日)

「もうすぐ70歳ですが、SNS始めます」(甘利明)・・・だったら、あっせん利得疑惑の説明をよろしく!&消費税増税実施を自民党に要請する労働貴族「連合」!!

 自民党の議員が戦艦「大和」の引き揚げを計画してるってね。もっと他に税金の使い道があるだろうに。いやあ、能天気なことで。

戦艦大和引き揚げ検討 自民議員有志、政府に提言へ

 能天気とくれば、布袋頭の甘利君だ。なななんと、「もうすぐ70歳ですが、SNS始めました」とさ。「六十の手習い」って言葉があるけど、炎上してヤケドするんじゃないのか。ていうか、SNSやるなら、あっせん利得疑惑の説明を真っ先におねげえしますだ。そこんとこよろしく。

 さらに能天気が続きます。なんとまあ、連合が「消費税増税の着実な実施と軽減税率制度の廃止」を自民党に要請しましたとさ。連合ってのは曲がりなりにも一般大衆労働者諸君のための組織なんだよね。それがこれだもの。

 立憲も国民も、もう連合とは手を切った方がいい。大手企業のための労働貴族組織に成り下がった連合の顔色を伺っている限りは、いつまでたっても単なる批判勢力の立場からは抜け出せない。太田薫が草葉の陰で泣いてるぞ・・・って誰もわかんないか。

消費増税の着実実施を=連合が自民に要請

【くろねこの競馬予想】

 アーモンドアイとダノンプレミアムの一騎打ちとなった今年の安田記念。はたして、この2頭をまとめて負かす馬がいるだろうか。いるとすれば、先週のダービーのように、2頭の前を行くスピード馬ってことになるんだろうが、どうもイメージが湧かない。

 敢えて重箱の隅をつつけば、アーモンドアイの出遅れ癖が気になるところ。マイルで出遅れは致命的というわけで、本命はダノンプレミアム。おそらくスタートから番手でレースをすることになるだろうから、レコードが出るような高速馬場なら、直線に入ってすんなり先頭に立って押し切れるのでは。相手はもちろんアーモンドアイ。ただし、この2頭以外は大混戦ならぬ大混乱なので、3連複やワイドに馬券の妙味はあるかも。
◎ダノンプレミアム、○アーモンドアイ、▲インディチャンプ、△フィアーノロマーノ、グァンチャーレ、ステルヴィオ、アエロリット、ロジクライ

| | コメント (2)

2018年10月 4日 (木)

甘利起用に抗議書!!&日米共同声明でバレちゃったFTAをTAGと言いくるめるポンコツ政権の虚言体質!!

 夜中の電話ならぬ、夜中の地震警報にはビックリしたなあ、もう! 一瞬、ベッドの中で身構えたら、これかいってな程度の揺れで肩透かし。警報出せばいいってものではないだろうに・・・プンプン。

 そんなことより、ヘッポコ内閣と犯罪者優遇の党内人事にクレームの嵐。なかでも、ひょっとこ麻生とあっせん利得の布袋頭・甘利君に批難が殺到しているようで、なんと選対委員長としての甘利起用については地元の市民団体から自民党本部に抗議書が出された。「(党として)最低限の矜持を持たないことを示した」という指摘はごもっとも。検察が不起訴にしたからって金銭授受があったのは事実だし、何より説明するって大見得切ってたんだから、早いとこ説明責任果たしやがれ。

自民党あて抗議書

 ところで、トランプに「『交渉しようとしないならあなたの国からの車にものすごい関税をかける』と言った。そうしたら日本は『すぐに交渉を始めたい』と言ってきた」とバラされちゃったあげくのTAG(物品貿易協定)なんたが、日米共同声明には「TAG」なんて表記がないどころか、「物品、またサービスを含むその他重要分野における日米貿易協定」(在日米国大使館訳)となってるってね。

つまり、これってアッパレなほどの日米FTAってことの証明なんだね。それを初老の小学生・ペ゛テン総理はわざわさ「TAG」なんて造語までして「包括的なFTAではない」って喚いてるんだから、どこまで往生際が悪いんだか。

貿易共同声明 日米で食い違い鮮明

 こういう言葉による誤魔化しってのはペテン政権では常態化しているわけで、言葉では誤魔化しきれないものにはデータ改竄もお手の物なんだから、こんなのが正当な政権って言えるのだろうか。

 こういう事実をTVのニュースってのはまったくスルーしちゃうんだよね。沖縄知事選のことはほったらかしで、脱走犯がどこで何してたとか相撲取りの内ゲバは面白おかしくリポートしてるのと同じで、ようするにペテン政権にとってまずい「事実」は徹底的に隠蔽しようってことなんだね。

 メディアとしての「最低限の矜持」すら持ち合わせてないんだもの、そりゃあ自民党という「国難」を糾弾するなんてことは出来ようはずもありません・・・なんてこったいの今日この頃なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

あっせん利得と加計学園不正献金疑惑の真っ黒クロスケが、選対委員長と憲法推進本部長に就任!! もはや、自民党そのものが「国難」だろう!!&靖国神社宮司が露骨な「天皇批判」!!

 沖縄知事選で教育勅語マンセーの佐喜真君が敗北したのはネトウヨがフェイクニュースやデマを流して足を引っ張ったからだという意見があるようだ。おいおい、それは違うだろう。足を引っ張るどころか、別働隊として積極的に利用したのが本当のところなんしゃないのか。

 そんなことより、初老の小学生・ペテン総理が内閣改造と党内人事に着手だそうで、そこで名前が上がっているシェンシェイ方の顔ぶれが凄い。まるで在庫一掃セールみたいな面子で、生活保護叩きの鬼嫁・片山さつきの入閣や網タイツのゴスロリ・稲田の筆頭副幹事長就任が取り沙汰されたりして、これのどこが適材適所なんだろうね。

 さらに、党内人事はあっせん利得の布袋頭・甘利君と加計学園不正献金疑惑の下村君が、それぞれ選対委員長と憲法推進本部長とくるんだから、国民を舐めるのもいい加減にしやがれ、ってなもんです。

 あっせん利得の甘利君については、昨夜のBS-TBSの番組で政治部キャップとやらが「選挙があったので」なんてまるで禊が済んだかのような発言をしていた。これには驚き桃の木ですね。選挙で通れば疑惑はチャラになるんだったら、永田町は犯罪王国になっちまいますよ。

 議員会館で金を受け取ったことは事実で、だからこそ大臣を辞任したんじゃなかったか。しかも、その後は不眠症を理由に国会さぼりやがって、結局説明責任はまたく果たさず仕舞いだ。説明責任ってことでは、加計学園不正献金疑惑の下村君もまったく同罪なんだね。

 生活保護受給者をdisりまくったシェンシェイや刑務所の塀を歩いているような真っ黒クロスケが要職に就いてデカイ顔するペテン政権ってのは、それこそが「国難」ってことだろう!!

片山さつき氏の入閣、甘利氏の党選対委員長起用が固まる

<内閣改造>半数以上が初入閣 総裁選で首相支持派閥に配慮

 最後に、靖国神社の宮司が今上天皇を「陛下は靖国を潰そうとしてる」って批判したってね。何様のつもりだ。日本会議とつるんだ神社庁の右翼体質がとうとう露骨になってきたってことか。これは要注意!!

「陛下は靖国を潰そうとしてる」靖国神社トップが「皇室批判」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

セコさ丸出しの「カツカレーの乱」は実は金がらみ!?&あっせん利得罪をお目こぼしされたあの男が党の要職にシャシャリ出る!&全国紙が報道しない沖縄で起きた米兵不法侵入事件!!

 3500円のカツカレーを食い逃げしたのは誰だ、ってんでペテン総理陣営が犯人探しをしているとか。なんともセコい話だが、どうやらカツカレーには現ナマの意味もあるんだそうな。ようするに総裁選でばら撒いた買収金というなんともクズなオチかついた「カツカレーの乱」((C)東京新聞)なのであった。

 ところで、初老の小学生・ペテン総理3選の論功行賞なのだろう、布袋頭の甘利君が党の要職に就任するらしい。でも、これってとんでもない話で、こやつの犯したあっせん利得罪は検察が不起訴にしたとはいえ、政治の表舞台にシャシャリ出てこれるような甘い犯罪じゃないんだよね。郷原弁護士が怒髪天を衝くお怒りもさもありなんなのだ。

<首相検討>甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式

42266866_10217399659924947_40409938

 ところで、TVや全国紙はまったくスルーを決め込んでいるようなんだが、沖縄で米兵が民家に押し入って、女子高生が小さな妹を抱いて逃げ出したという事件が起きてんだね。そして、不法侵入した米兵は不起訴処分になりましたとさ。

 一歩間違えれば、女子高生の命だって危険にさらされたかもしれないってのに、相も変わらずの日米地位協定ってやつですか、くそっ!! 奇しくも県知事選真っ最中の沖縄で、堂々米兵の事件が揉み消されるとは・・・。やっぱり、自民党が応援する教育勅語マンセーの佐喜真君には退場してもらうしかありませんね。

不法侵入疑いの米兵不起訴 読谷村長「明確な犯罪だ」と憤り

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

「善戦ではない」とムキになって石破をdisる麻生と甘利。なんとかの遠吠えみたなものか。見苦しい!!&新潮社社長の空疎なコメントでさらなる炎上!!

 自民党総裁選の結果は、初老の小学生・ペテン総理はもちろんのこと、ひょっとこ麻生や布袋頭の甘利君の心胆も寒からしめているようで、二人してムキになってアンポンタン石破君をdisっている。曰く、

「(国会)議員の方がよく見ているからね、本人(石破氏)を。(石破氏が)善戦とは思っていないから、他の人もそう思っている人、多いと思う。政権運営への影響はあまりないんじゃないでしょうかね」(麻生太郎)
「近くで専門家として石破さんを評価できるのは国会議員です。国会議員が見ていると政策論でも、もうちょっとこうやればいいのに、と思う事がたくさんあるわけです。例えば地方が大事ですと言うが、じゃあ、どうやるんですか。地方が大事だったら、石破さん、あなたは鳴り物入りで地方創生担当相を2年やりましたよね。やったとしたら、地方がまだ駄目なんですよ、駄目なんですよ、だけで終わっちゃうとあなたが担当相だったでしょ、と言われちゃう訳ですよ」(甘利明)

 2人ともまるで事前に打ち合わせたかのように似たようなことのたまってるんだが、ようするに圧勝の思惑が見事にはずれて、総裁選に勝った側なのに負け惜しみ言ってるわけですね。見苦しいというか、なんともケツの穴の小さい、了見の狭い発想だ。そんなに国会議員の意見が重要なら、党員の投票なんか意味ないじゃん。こういう発言を党員の皆さんはどんな思いで受け止めてるんだろうねえ。後学のために、お聞きしたものだ。

 それはともかく、ひょっとこと布袋頭の発言はそれだけ焦っているって証拠でもあるわけで、来年の参議院選挙はけっこう面白い結果になるかもね・・・なんて淡い期待しちまうお彼岸の朝である。

麻生大臣「石破氏は善戦ではない」 地方票45%でも

自民党・甘利明氏が石破元幹事長に苦言を呈す

自民党総裁選 石破茂元幹事長、麻生太郎氏に反論「善戦でないというのは党員の気持ちとずれている」

自民党総裁選、満面の笑みの石破氏、顔面蒼白の甘利氏、無表情の進次郎氏

 最後に、杉田汚水脈の寄稿をきっかけとした新潮45のLGBT差別騒動について、新潮社の社長がコメントを発表した。これがなんとも無味乾燥な言葉の羅列で、行間から何の熱意も感じられないという代物なんだね。これって単なる「お知らせ」みたいなもので、とりあえず何か言っておかないとまずい、ってなものなのだろう。もうちょっと新潮に、じゃなかった慎重に言葉を選んで事を運ばないと「良心に背く出版は、殺されてもせぬ事」という創業の理念が泣くというものだ。

「新潮45」2018年10月号特別企画について

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

「豊洲の土地代578億円は石原に責任あり」」。小池百合子が石原慎太郎に強烈なボディブロー。

 予見不可能な迷走トランプ台風で世界中がてんやわんやの大騒ぎ。笑っちゃうのが、あっせん利得疑惑の布袋頭・甘利君で、トランプ゚のTPP離脱宣言を受けて「TPP不参加は米国にとって大損失」「一番うれしいのは中国」なんてことを愚痴ったそうだ。いまさらおめえごときが何を言いやがる、ってなもんです。

「TPP不参加は米国にとって大損失」「一番うれしいのは中国」甘利明前経済再生担当相

 そんなことより、ぼったくりバーのチーママ・小池君が、レイシスト石原にズシンと響くボディブローを見舞ってくれた。これまで、東京都は「都が豊洲の土地を578億円で取得したのは違法だ」としてレイシスト石原に購入金額全額を請求するよう住民訴訟を起こされていて、都はレイシスト石原には責任はないという立場をとってきていたんだね。

 ところが、チーママ・小池君は、そんな都のスタンスを180度転換して、レイシスト石原に責任があるのは当然ってことでこれからの裁判に取り組んでいく意向を示したそうだ。弁護チームも再編成して具体的な検討に入るそうだから、レイシスト石原もさぞや寝つきが悪いに違いない。ていうより、ひょっとしたら近いうちに入院なんてことになるかもね。こういう時は、病院に逃げ込むのが政治屋の常套手段ですから。

小池百合子知事「石原慎太郎氏に責任なし」対応を見直しへ 豊洲移転巡る訴訟

 そもそも、豊洲に関しては、単に土地絡みの利権だけでなく、都心の一等地である築地周辺の再開発というもっとスケールの大きな利権が絡んでますからね。レイシスト石原だって、そんな利権を取り巻く駒のひとつにしか過ぎないんであって、掘り起こせば掘り起こすほど豊洲移転=築地再開発の闇は深くなるばかりってことだ。それをどこまで掘り進めることができるかは、レイシスト石原をどこまで追い詰められるかにかかっている。

 ひょっとしたら、とんでもない疑獄事件にまで発展するかもしれない。チーママが単なる政治的な駆け引きで豊洲問題を捉えているようだと、こちらもまた大怪我する可能性がある。自分が消されないために、都議選直前に豊洲移転を宣言して、それを選挙の争点することで、築地再開発にまでつながる利権の闇と戦う覚悟をしているとしたら拍手喝采なんだが・・・果たして、女は度胸といくかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新型コロナウイルス 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 議員年金 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 香港 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 ACTA DHC FMラジオ IR汚職 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM