政治とカネ

2016年11月29日 (火)

無意味なTPP承認のために国会会期延長で40億円以上の税金無駄使い&美濃加茂市長逆転有罪。甘利は野放しで、証言デッチ上げの疑惑もある裁判がこれかい。

 TPP承認と年金カット法案成立のために、臨時国会の会期を延長するんだと。TPPなんかトランプが離脱宣言したんだから、発効の見込みは限りなくゼロに近いわけで、そんなことのために国会延長するってのは単なる税金の無駄使いだろう。なんてったって、国会運営費は1日当たり3億円とも言われる。14日間延長するというから、ざっと40億円以上の税金が露と消える計算だ。

 そうまでしてTPP承認を急ぐ理由は何か? 「安倍政権は発効すらしないTPPを承認するばかりか関連法案も成立させ、予算措置も講じるという。これでは、真の目的は各省庁による予算枠の獲得であり、TPPはそのだしに使われただけなのかと、うたぐりたくもなる」と東京新聞社説は書いているが、おそらく真相はそのあたりにあるのだろう。

・東京新聞社説
国会会期 何のための延長なのか

 実際、TPPを当て込んで、これまでに約1兆1900億円の関連予算を組んで皮算用してたわけで、TPPがパーでんねんになっちゃったら、根本から見直しを迫られますからね。既に動き出している利権だってあるだろうし、どうにか辻褄合わせしないとえらいことになりまっせ・・・というのが議員シェンシェイや役人どもの正直なところだろう。とにかく、税金をどう分配するかではなく、どうやって自分たちの懐に還流させるか、そのための方便をひねりだすのがこやつらの仕事ですからね。

日本の予算1兆1900億円 米、TPP離脱を表明

 ところで、受託収賄罪に問われた美濃加茂市長の控訴審で、逆転有罪が言い渡された。う~ん、何か釈然としないなあ。一審では市長に金を渡したという業者の証言は、「余罪の追起訴を免れるため虚偽供述した疑いがある」ということで無罪判決だったんだよね。この業者は巨額融資詐欺で取り調べ中で、言ってみれば司法取引があったんじゃないのかというわけだ。

 でもって、不思議なのは、控訴審では業者の証人尋問は実施されたのに、美濃加茂市長にはまったく発言の機会が与えられなかったことだ。証言以外に具体的な証拠は何もないんだから、金を渡した側だけに発言を許可するというのはいかがなものなのだろう。

 そもそも、業者の証言は警察とグルになってのデッチ上げという噂もあったわけで、刑事訴訟法改定で司法取引が当たり前になったら、冤罪が増える可能性もあるんだよね。美濃加茂市長の裁判は、そうした観点からも注目すべきものなのだ。

 それにしても、大臣室で金受け取った布袋頭の甘利はお咎めなしなのに、美濃加茂市長が市議時代に受け取ったという30万円にはやる気満々の検察ってのもなんだかなあの火曜の朝であった。

「逆転有罪」市民に衝撃 美濃加茂市長、控訴審判決

・東京新聞社説
市長逆転有罪 迷走のつけは市民に

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

プーチンを称賛するトランプの登場で、安倍の利用価値は失墜。北方領土返還は夢のまた夢&「土人」発言擁護の何様大臣にパーティ券疑惑!

 マイルチャンピオンシップは、勝ったミッキーアイルのゴール間際の斜行で後味の悪いものになった。ちょいと前なら降着だっただろう。一瞬前を塞がれ立ち上がったディサイファにとってはなんともやるせないG1であった。もっとも、期待したヤングマンパワーがあれじゃあ馬券的にはどうしようもなかったのだか゜゛・・・。

 そんなことより、ペテン総理が秘かに期待していた北方領土問題の雲行きがあやしくなってきたようで、プーチンとの会談後にいろいろ言い訳始めてます。そりゃあそうだ。ペテン総理はプーチンとの個人的な関係を強調するけど、外交はそんな単純なものではありませんからね。対ロシア強行策のオバマから親ロシアを打ち出しているプーチンに変わって、アメリカの対ロシア戦略はこれまでとは真逆な方向に動き出すことは十分に考えられる。そんな時に、北方領土という国内的にも微妙なテーマでペテン総理と手を打つなんて愚の骨頂ですから。

 ひょっとしたら、クリミア併合後のアメリカ主導による対ロ経済政策だって緩和の方向に向かうかもしれない。そうなれば、ペテン総理の利用価値なんかなくなりますからね。ざま~みろ、ってなもんです。

<日露首脳会談>領土「簡単ではない」 首相、記者団に

 ざま~みろといえば、何様のつもり沖縄・北方担当大臣の鶴保君に、バー券疑惑が持ち上がったようだ。なんでも、何様大臣・鶴保君の資金管理団体が開いた政治資金パーティで、「観光振興を目的とする山梨県のNPO法人副代表の男性が、法令の上限を超える200万円分のパーティー券を、破産手続き中のホテルなど自分以外の名義で購入していたことが分かった」とさ。

 でもって、「(パーティ券)購入直後に当時副国土交通相だった鶴保氏と面会。後にNPOは国交省が所管する観光庁の補助事業に選ばれた」というから、典型系的な口利きってやつですね。布袋頭の甘利君が大臣室でおかしな金を受け取ったのと、似たような手口です。

<NPO副代表>鶴保氏のパーティー券、上限超え購入

 何様大臣・鶴保君をめぐっては、大阪府警機動隊員の「こらボケ、土人が」発言を擁護して顰蹙勝ったんだけど、どうやら謝罪や答弁の必要なしって閣議決定が出されたとか。こうなったらパー券疑惑で徹底的に追い込んで欲しいんだが、寿司友ばかりでトランプとの会談をヨイショしまくっているような新聞・TVには無理な話なんでしょうね。かくして、悪は世にはびこっていくのであります。

鶴保氏の「土人」関連発言、謝罪や答弁撤回必要なし 政府答弁

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

競馬の騎手が馬券買えないのと同じで、防衛大臣が防衛関連株大量保有はまずいだろう&「老後が心配だったから」。政活費不正の元富山市議会議長の呆れた言い訳。

 安保法制=戦争法成立から1年。ペテン総理が偉そうにのたまっていた「丁寧な説明」とやらはどこ吹く風。結局、何の説明もないまま、いまや南スーダンのPKO派遣部隊に駆け付け警護の新任務が課せられようとしている。

 そのため、防衛装備庁は対迫撃砲や自爆テロに対応するための兵器開発に着手するらしい。宿営地に撃たれた迫撃砲を迎撃する機関砲なんて、果たしてどれほどの効果があるものなのか。ま、いずれにしても、それだけの重武装化ということになれば、明らかに「戦えるPKO」に変貌するわけで、戦闘による犠牲者が出る危険性は否が応でも高まろうというものだ。

自衛隊PKO重武装化 防衛装備庁 中長期方針 活動中の攻撃想定

 そんな自衛隊の大元締めである網タイツの防衛大臣・稲田君はマラリヤ予防薬の副作用とやらで南スーダン視察を中止するという、前線の自衛隊員にすれば「バカ言ってんじゃないよ」の体たらく。そのくせ蓄財だけは夫婦揃ってご熱心で、その総資産額は1億8178万円と、ペテン内閣の新閣僚ではトップの金満家だ。

 稲田君とくれば、株による資産運用がつとに有名なんだが、今回の閣僚資産公開で防衛関連株を大量に保有していることも発覚。川崎重工6000株、三菱重工3000株、IHI8000株、三菱電機2000株、日立製作所3000株というから、いやあ防衛大臣としてさすがに鼻が利くことで。

安倍内閣、新閣僚の資産公開 最多は稲田防衛相

新閣僚で資産トップ 稲田大臣「防衛関連株」を大量保有

 もちろん、防衛大臣が防衛関連株を保有していたからって、法的にはなんの問題もない。でもなあ、南スーダンに駐留しているPKO部隊の立場になってみれば、なんか釈然としないんじゃないのかねえ。隊員が命を張ってPKO活動にまい進しているってのに、大臣が防衛関連株(平たく言えば武器商人の株だ)の取り引きに地道をあげてるんだからね。

 これは、政治家としての倫理の問題なのだ。いま流行の「法的には問題ないが不適切」ってやつだ。競馬関係者は馬券が買えないのに、所管大臣は関連企業の株で大儲けってのは、やっぱりどこか狂ってる。

 ところで、富山市議による政治活動費不正の発端となった自民会派前会長が、「議員年金の廃止で「老後の心配があった」のがきっかけと言い訳したそうだ。おいおい、そのほとんどを飲み食いの遊興費に使ったくせに、よく言うよってなもんです。議員だったら、テメーの老後の心配する前に有権者の老後の心配をするのが筋だろう。ひと晩で何万円も大盤振る舞いしておて何言うか。しかも、それは税金ですか。やっぱり刑事告発して、しばらく別荘送りにするしかないんじゃないの、ったく。

「老後の生活が心配で」富山市議会の不正、元議長が証言

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

税金使って贅沢外遊。そんな暇があったら、沖縄でも九州でも東北でも、現場研修に汗流すのが国会議員の務めというものだ&落選島尻を沖縄担当補佐官に起用。沖縄の民意に喧嘩売ろうって腹か!?

 今日は「山の日」なんだとか。夏季休暇とくっつければ8月もにちょっとした連休が楽しめるってことらしい。でも、給料は何年も据え置きで、連休だからって豪勢に家族旅行なんてそう簡単でないのが一般大衆労働者諸君っていうものだ。

 それに比べれば、国会議員ってのはなんとも能天気なもんです。外遊という名の物見遊山に、なんと衆参あわせて80人を超す国会議員のシェンシェイ方がお出ましなんだと。しかもその費用は税金を使うわけだから、まったく自分たちの懐は痛まない。自分の金じゃないとなると太っ腹になるのが世の常で、国会議員のシェンシェイの外遊に使われる税金は、およそ1.5億円にもなるんだとか。

国会議員80人超が豪華外遊…欧州へゾロゾロ、費用1.5億円

 九州はいまだ地震の被害から立ち直れず、沖縄・高江では機動隊が米軍ヘリパッド建設反対の住民を蹂躙し、福島第一原発ではいつ終わるとも知れない放射能まみれの過酷な作業が続いている。そこに思いを馳せれば税金無駄遣いの外遊なんかしている暇はないはずなんだよね。これから勉強しますの今井君なんか、真っ先に沖縄・高江にはせ参じて現場研修しなくちゃいけない。

 ペテン総理は何かにつけて「思いを寄せる」と口にするが、だったら国会が休みのいまこそ議員シェンシェイはそれぞれの「思い」で九州や東北の被災地や基地問題で蹂躙されている沖縄に足を運ぶべきなのだ。ところが、言ってることとやってることは大違い。それどころか、なんとまあ、参議院選挙で議員失格の民意により落選した、裏切り者・島尻君を内閣府の大臣補佐官に起用するらしい。

 沖縄振興の分野を担当するってんだが、これって沖縄の民意を無視しているなんて生易しいものじゃなくて、明らかに喧嘩売ってますね。亭主のやることがこんなんだもの、選挙中に裏切り者・島尻君の応援演説でがなり立てていたくせに、シレっと沖縄・高江に姿を現したカミさんの無神経ぶりもむべなるかなってもんです。

落選した島尻前沖縄相を大臣補佐官に起用へ 政府検討

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

秘書給与ピンハネ告発直後に練炭自殺?? 謎が謎呼ぶ、元議員秘書不審死事件。

 ネットでちょっと嫌な噂が流れている。なんでも、兵庫県選出の自民党衆議院議員の元秘書が、給与ピンハネを告発した後に練炭自殺したんだとか。新聞記事によれぱ、「後部座席に七輪が置かれ、運転席で男性が死亡」「外傷はなく、練炭自殺を図った可能性が高い」「遺体の損傷が激しく」ということなんだが、練炭自殺で遺体の損傷が激しいってのもなんかおかしな話で、ひょっしたらひょっとするかもって憶測が飛んでるるってわけだ。

【怖すぎ】自民・山田賢司議員の元秘書が練炭自殺!自殺前に山田賢司氏のピンハネ疑惑を暴露!直前にブログ更新も・・・

安倍チルドレンにまた疑惑! ネトウヨ発言連発の衆院議員の金銭疑惑を告発した元公設秘書が“不審死”

 う~ん、確かに給与ピンハネを告発した直後の自殺ってのは匂うよね。秘書給与のピンハネってけっこう罪が重く、ピースボートの辻元君は有罪判決受けてるくらいだ。へたすりゃ、政治生命すら脅かされかねない重大なスキャンダルなんだね。

 こういうケースって多くの場合、秘書が自ら給与の一部を議員に寄付したって体裁をとるらしいんだが、んなことを秘書がするわけはありません。どこに自分の給与を寄付してまで秘書やろうなんて人間がいるもんですか。すべては政治家が秘書給与を巻き上げているってことなんだね。

 でもって、自殺したとされる元秘書から「強要罪」と「政治資金規制法違反」の容疑で告発されたシェンシェイってのは、去年の2月の本会議で共産党に向けて「テロ政党」なんて野次を飛ばして謝罪に追い込まれていたそうだ。ま、ゲス不倫・宮崎君や未成年男性買春の武藤君なんかと同じような、ゴロツキ議員のひとりってことか。

 元秘書の自殺が口封じの結果かどうかは定かではないが、尋常でないことは確かですね。練炭自殺なのに「遺体の損傷が激しい」のは何故なのか。いやあ、謎が謎呼ぶ不審死事件に週明け早々、気もそぞろな朝なのであった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

甘利ワイロ事件に新たに900万円が浮上。ところで、金だけ貰って口利きはしなかったとしたら、それって「詐欺罪」にならないのだろうか?

 早速、世論調査だそうで。甘利ワイロ事件は、ペテン総理の支持率に影響なしだとさ。しかも、支持率アップまでしてるっていうんだから、皆さん、何を考えてるんだか。こんな具合に、金まみれの政治屋に寛容なのは、おそらく戦前も同じで、そうした政治に対する無気力さが泥沼の戦争へと日本を引きずり込んでいったのに違いない。このままだと、本当に同じ轍を踏むことになるのだろう。

 で、その甘利ワイロ事件なんだが、布袋頭のTPP甘利君は、自分がポッポに入れた50万円と秘書が受け取った500万円の計600万円の授受は認めていたんだったよね。ところが、朝日新聞によれば、それ以外にも900万円を超える金銭を渡していたって建設会社の総務担当者が証言したそうだ。ここでちょいと疑問なんだけど、総務担当者は週刊文春が囲い込んでたんじゃなかったのかねえ。朝日新聞はどうやってその御仁とコンタクトとったんだろう。

甘利氏会見と食い違い、「告発者」が証言 現金授受問題

 それはともかく、この証言が事実とすれば、布袋頭の釈明会見に早くも綻びってことになるわけで、さあ、その他のメディアはこれを後追いするんだろうか。それとも、閣僚辞任で幕引きってことで、そのままスルーして何事もなかったような顔をして、株価がどうしたとか、中国がどうしたとか、官製報道を続けるつもりなんだろうか。

 さすがに地検特捜部はそうもいかないってことなんだろう。郵便不正事件で地に落ちた検察への信頼を少しでも回復させるためには、どうにか立件したいって気持ちが現場にはあるんだろうね。近々、UR(年再生機構)の職員から事情聴取するようだ。おっつけ市民団体からの告発ってのがあるはずだから、それから動いたんじゃ面子丸つぶれですからね。

 もっとも、地検特捜部の幹部連中にすれば、それも痛し痒しってところなんだと思う。なぜなら、盗聴の強化や司法取引などが盛り込まれた刑事訴訟法改正案を次の国会では是が非でも成立させたいっていう思惑がありますからね。甘利ワイロ事件を追求するあまり、妙に政権を刺激するようなことにでもなれば、法案成立は先送りなんてこともにもなりかねない。現場の検察官がどこまで意地を見せられるか・・・ははは、期待なんかしてませんけどね。

 ところで、建設会社側が言うように、実際に口利きを布袋頭のTPP甘利君が了解していたとして、釈明会見でも述べていたように口利きはしてません、金だけ貰いましたってことになったら、それ詐欺罪にあたるんじゃないか・・・てなことを元外務省のラスプーチン・佐藤優君がラジオでくっちゃべっていた。おお、そういう視点って、確かにあるかもね。だからこそ、会見では、政治資金として適切な処理を指示したって言い募ってたのかも。

 いずれにせよ、大臣室に怪しげな人物を招き入れて金を貰ったって事実は覆らないわけで、そこに「政治家の美学や矜持」になんてものはカケラもありませんよ、ったく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月23日 (土)

秘書も建設会社社員も胸騒ぎの行方不明。コワっ!&自画自賛と野党への敵意剥き出しが満載の施政方針演説。まともじゃないな。

 今日もまた、布袋頭・TTP甘利君の「あっせん利得」疑惑なんだが、1週間後に記憶を整理して説明するそうだ。アホかいなであります。ま、時間稼ぎの言い訳なんてのはみえみえで、これが本当に1週間もかけなくちゃ記憶の整理もつかないとしたら、そうとうに寝ぼけた野郎ってわけで、とてもじゃないけど大臣なんて要職はまかせられません。

 でもって、案の定なんだが、建設会社にいろいろオネダリしていた布袋頭の秘書ってのが行方不明になってるとか。ワイロを渡した建設会社の総務担当ってのも姿をくらましているようで、最悪の事態ってのがつい頭をよぎる。政治家と秘書の関係ってのは命がけなところがああって、古くはリクルート事件に絡んで、当時の首相だった竹下登が退陣表明したその夜に、懐刀と噂された青木秘書の自殺なんてのもあったからね。

甘利大臣を窮地に追い込み…姿を消したタカリ秘書の素性

【怖すぎ】甘利大臣金銭授受疑惑:現金を渡した建設会社社員⇒所在不明:甘利氏の秘書清島氏⇒所在不明

 というわけで、ちょいと胸騒ぎがする今日この頃なんだが、このスキャンダルはもはや国会で追及するだけでなく、警察、検察が乗り出す案件だろう。ああ、それなのに、文化放送のニュース聴いてたら、与党の議員の中には、「きちんと説明すれば国民の理解が得られる」なんて能天気な奴もいるらしい。こういうコメントは是非とも匿名ではなく、実名報道して欲しいものだ。

 ところで、「あっせん利得」のおかげで、衆議院における布袋頭・TPP甘利君の経済演説を野党が退席したのは当たり前としても、自画自賛と野党への敵意剥き出しが満載のペテン総理の施政方針演説ってのはひどいもんだった。

 施政方針演説ってのは、「政府の長が議会に対して向こう一年間の基本的政策や政治方針を示すために行う演説」なんだからさ、絵空事ばかりじゃ困るんだよね。自らの政治姿勢を堂々と論じるものなんだから、野党がどうしたこうしたなんてのはもってのほかだ。国会での噓八百並べ立てた国会答弁と同じで、どんな卑劣な手を使っても相手を言い負かすことが政治だと勘違いしているベテン総理には、ま、そんな批判も糠に釘でしょうがね。

 施政方針演説の締めの「おわりに」の項なんか、読んでて反吐がでますよ。是非、ご一読を。ついでに、国会答弁のインチキぶりもどうぞ。

施政方針演説

・マスコミは全然報じないが、安倍首相のウソと詐術のトンデモ答弁がますますヒドいことになっている!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月22日 (金)

TPP甘利を嵌めたのは誰か・・・スキャンダル発覚の夜に、ペテン総理は読売本社で御用ジャーナリスト集めて鳩首会議か!?。

 一昨日のエントリーで、食えないおばさん・中山恭子君が蓮池透さんを「北朝鮮工作員」呼ばわりしたことを書いたんだけど、その夜からブログへのアクセスが殺到。あまりの凄さに何事かと思ってたら、なんと蓮池さんがツイッターでリンクを貼ってくれていました。感謝です!

 それはさておき、布袋頭のTPP甘利君なんだが、もはや、絶体絶命だね。「秘書が、秘書が」を連発して、自分のこととなると「記憶が曖昧」ときちゃうんだもの。そのくせ、「罪に問われる事実は一切ないと言えるか」って詰問されて、「一切ない」って答えとります。おいおい、「記憶が曖昧」なんだから、そんな風に言い切れるわけないじゃんか。ていうのが、世間の見方というものだ。

金銭授受疑惑の甘利氏「記憶と一部違う」 辞任は否定

 建設会社側の言い分が正しいとすれば、これはもう明らかに「あっせん利得」であって、小沢狂想曲でさんざんバッシングされたオザワンの記載漏れとは天と地ほどの差がるってもんだ。こうなったら、新聞・TVは布袋頭を徹底的に叩きのめして、小沢狂想曲を仕組んだ自らの罪を懺悔するこった。でなけりゃ、法の下の平等をジャーナリズム自らが踏みにじることになりますよ。

甘利大臣、「絵に描いたようなあっせん利得」をどう説明するのか

 でもって、昔の名前でしゃしゃり出てきた山東昭子なんてのが、「告発した事業者のあり方も『ゲスの極み』。まさに『両成敗』という感じでたださなければならない」なんてことをほざいてる。てことは布袋頭をはめた建設会社の裏には誰がいるのか鋭意探索中ってことなんでしょう。札の番号まで控えるような周到さだから、もうこれはその筋のプロの仕事ですね。そうなると、ペテン総理も貧相顔の官房長官も強権発動して藪から蛇が出てきたら今度は自分の首が危うくなりますからね。ここは布袋頭に引導渡して、急場を凌いでくるんじゃなかろうか・・・って、いつもの妄想ですよ。

甘利氏疑惑 「まさに『ゲスの極み』。」業者と「両成敗」を 自民・山東氏

 しかしなんですね、昔の名前でしゃしゃり出たタレント崩れのシェンシェイは、「ゲスの極み」だの「両成敗」だの、トレンディなワード使っちゃって気を引こうってんだから、これが「三つ子の魂百まで」ってやつなんでしょうか。

 最後に、昨夜のペテン総理は、読売新聞本社で、「渡辺恒雄・読売新聞グループ本社会長、橋本五郎・読売新聞東京本社特別編集委員、今井環・NHKエンタープライズ社長、清原武彦・産経新聞相談役、ジャーナリスト・後藤謙次氏、芹川洋一・日本経済新聞論説委員長、早野透・桜美林大教授、評論家・屋山太郎氏と食事」だそうで、メディアコントロールのための鳩首会議ってわけか・・・ははは、わかりやすいこっちゃ。ちなみに、桜美林大学教授とある早野透は元朝日新聞論説委員です。小沢叩きの急先鋒のひとりだったとはいえ、読売新聞にノコノコ足を向けるとは節操のないやっちゃ。それとも、朝日新聞の意を汲んでのことだったりして・・・。

首相動静

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年1月21日 (木)

メモや録音の証拠もバッチリで、TPP甘利、万事休すか!?

 国会ではペテン総理の数字いじりや言葉遊びで、小学校の学級会以下のレベルの低い議論が続いている。おかげで、問題の核心がモヤに包まれちゃって、雲をつかむような話ってのはこのことか。

 軽減税率をめぐる数字のマジックなんてのはその最たるもので、まずは試算の前提となるデータを明らかにしてうえで議論しなくちゃいけないのに、自分たちの都合のいいデータだけをピックアップしておいて、そのことは隠しちゃうんだからまともな議論になるわけがない。検察が都合のいい証拠だけを開示して、容疑者を有罪にもっていく手口と同じです。

国民負担 なぜ倍増 軽減税率「1兆円」と矛盾 財務省後出し試算

 さて、そんな国会に激震です。あの布袋頭の甘利君に贈収賄疑惑。週刊文春のスクープなんだが、口利きの見返りとして金を渡したという建設会社側はメモや録音までしてたっていうから、これが本当なら布袋頭は万事休す。さすがに秘書のせいにして逃げおおすわけにはいかないだろう。

 なんでも、布袋頭・甘利君に渡ったワイロってのは、すべて札の番号がわかるように写真に撮っていたって噂もあるようだから、贈賄側の建設会社もかなりのタマであることは間違いない。ということは、叩けばホコリが出てくる可能性が高いわけで、そのあたりを今頃は必至になって甘利陣営は探ってるんじゃなかろうか。

衝撃告発「私は甘利大臣に賄賂を渡した!」

甘利氏に100万円授受疑惑 建設会社側が「手渡す」 週刊誌報道

 ドリル小渕、不道徳な元文科相・下村、小口領収書疑惑のパンティー高木、補助金疑惑の体罰大臣・馳・・・こういったシェンシェイたちも、布袋頭・甘利君のスキャンダルのおかげで、首筋に冷たいものが走ったんじゃなかろうか。おそらく、これをきっかけに国会では「政治とカネ」がクローズアップされるだろうからね。

 それにしても、布袋頭・甘利君がねえ。こうなると、TPPだってどうなるかわかりませんよ。ひょっとして、ペテン総理にとっては致命傷になるかもしれない・・・なんてことを妄想すると、なぜか心ウキウキする冬の朝であった。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2015年10月21日 (水)

ドリル小渕の醜いほどに厚いツラの皮&TPPで95%関税撤廃。輸入品がこうなんだから、保険、金融、医療でどんな譲歩したかわったもんじゃない。

 ドリル小渕が記者会見。小渕家代々の大番頭の会計責任者が有罪判決で、本人は何のお咎めなしってのも釈然としない話だ。ヤメ検弁護士を中心とするお手盛りの検証委員会なんてのがどんな結論出そうと、そんなことは法的に何の意味もないもので、新聞・TVはなんでそこんところを突かないのかねえ。検証委員会に誰が金払ってるのかもさだかでないし、そもそもどこのどいつがこういうメンバーを集めたのかもハッキリしないんだよね。

 ドリル小渕は、「政治とカネの問題で国民に不信感を持たせた。多くの皆さんに心配とご迷惑を掛けたことをおわびもうしあげる」って頭下げてたけど、法的に責任は追及されないにしたって、「政治とカネの問題」で側近が逮捕されたってことはそれだけで議員辞職ってのが政治家の矜持ってもんじゃないの・・・なんて正論吐くだけ虚しくなっちまう今日この頃なのだ。

小渕優子氏「心からおわび」 政治資金問題、関与は否定

 そんなことより、TPPです。大筋合意してからというもの、関税95%撤廃だとか、消費者利益がどうしたとか、まるでもうTPPが批准されちゃって、巨大経済圏が実現したかのような報道が続いている。でも、それでいいのか。国会で決議した「聖域」なんてのはどこかへ吹っ飛んじゃって、布袋頭の甘利君なんか「コアは守った」なんてわけわかんないこと抜かしてる。「コア」ってなんだ。こういう抽象的な物言いする時ってのは、その裏にはとてつもない陥穽が大きく口を開けているもんなんだね。

TPP:輸入品の95%関税撤廃 輸出工業品は87%即時

 農産物がこうですからね。国のシステムそのものに関わる保険、金融、医療なんかは、いったいどんな譲歩したのかわかったもんじゃない。アメリカ流の医療システムが導入されたら盲腸の手術で700万円もかかるって関西のTVがぶち上げたのがちょいと話題になっていたけど、こういう社会制度の崩壊を招くのがTPPの本質だって議論を、なんで事ここに至っても新聞・TVはスルーするんだろう。ペテン総理の鼻薬が効いちゃってるんだろうね。

・【目指せ!100万いいね!】東野・ほんこん・薬丸が激怒!「TPPは日本の法律よりは上だがアメリカの法律よりは下」「TPPで盲腸の手術が700万に」関西ローカル番組”教えて!ニュースライブ正義のミカタ”(20分)

 でもって、新聞・TVの手助けもあって、ペテン総理は国会開かずに海外逃亡を画策する始末だ。TPP、戦争法、さらには大臣の下着ドロや疑惑献金を追求されるのは目に見えてますからね。「丁寧な説明」もへったくれもありません。憲法53条適用しないと国会も開かない総理大臣って、それだけで「国民の敵」ってことなんだよね。

 安倍ペテン政権になってからというもの、選挙監視団派遣されちゃうような発展途上国なみの政治状況が続くこの国は、「もう駄目かもわからんね」・・・トホホです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 稲田朋美 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM