古賀茂明

2017年12月13日 (水)

スパコン補助金詐欺は経産省では「麻生案件か甘利案件」という噂。政界の魑魅魍魎とペジー社をつないだのはアベ友で準強姦疑惑のあの男!?

 今年の漢字は「北」だとさ。ペテン総理が国難指定した北のミサイルを清水寺が忖度したってわけか。その他の理由に取ってつけたように日ハム・大谷の大リーグ入団とキタサンブラックの活躍ってのがあるのんだが、なんで大谷って思ったら本拠地が北海道だからだと・・・馬鹿馬鹿しくてお話になりません。

 そんなことより、新たなアベ友案件であるスパコン補助金詐欺だ。逮捕されたペジー社の社長と準強姦疑惑の山口ノリマキとの親密さをさらに深める事実が発覚。なんと、二人つるんで財団法人「日本シンギュラリティ財団」なるものを立ち上げていたってね。しかも、その所在地が山口ノリマキの実家なんだと。いったいこの財団を何に使おうとしていたのか・・・謎が謎呼ぶ詐欺詐欺事件というわけだ。

 で、「I am not ABE」の古賀茂明氏によれば、「経産省内では、齊藤(容疑者)のペジー社と言えば麻生案件か甘利案件と言われている」んだとか。昨日エントリーにも書いたように、ひょっとこ麻生は早い時期からペジー社を持ち上げる発言してたからさもありなんなんだが、布袋頭の甘利君も関与していたとはねえ。

 こうした政界の魑魅魍魎とペジー社を繋いだのが山口ノリマキで、そのバックには総理がくっついているってことなんだろうね。どなたかがツイートしてたけど、森友学園の籠池、加計の加計、リニアの葛西、そしてスパコンの齊藤・山口といった人物相関図の中心に、いつも総理が鎮座ましましているってわけか。

・田中龍作ジャーナル
【スパコン社長逮捕】実態なきAI財団は山口敬之の実家

古賀茂明「東京地検のスパコン詐欺事件は安倍政権に飛び火するか、忖度で終わるか?」

ま、いつもの妄想だど、事実は小説よりも奇なりって言葉もあるから、くろねこの妄想もあながち間違いとは言えないかも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

古賀茂明に冷笑されているのにも気づかないTV局のレポーターという名の「無能の人」たち。

 昨日の東京新聞の夕刊一面にはぶったまげてしまった。ていうか、絶句ですね。なんとまあ、「桐生、9秒代の潜在力」って大見出。おそらく、100nを9秒代で走る最初の日本人は桐生であろうことは、高校時代になんちゃって陸上部だったくろねこにもよくわかる。でもですね、だからといって、辺野古も安保法制も、そしてなにより検閲を強化しようという自民党の露骨な動きがある今、それらを押しのけてのこの一面はないだろう。

 新聞の一面にかける記者魂をブラック・ユーモアで味付けしたビリー・ワイルダーの『フロント・ページ』という映画があったけど、もはやそんな話は夢の彼方なんだね、この国では。ちなみに、この映画の主演はジャック・レモン。テレビの吹き替えは、あのキンキンでした。

 というわけで、いかにメディアとそこに携わる人々が劣化しているか、古賀の反乱のそのひとを囲むTV局の「無能の人」の映像をご紹介して、今日のところはお後がよろしいようで。

【くろねこの競馬予想】

 ひそかに期待していたグァンチャーレが出走回避で、ちょいと波乱含みの皐月賞。というわけで、本命は素直にリアルスティール。スローペースのスプリングステークスではキタサンブラックの逃げがまんまとはまったが、それでも上がり33.6秒の脚で首差まで追い詰めたのはさすが。パンパンの良馬場で、なおかつハイペースが予想される皐月賞なら、ディープインパクト産駒ならではの切れ味で差し切る。相手には、ドゥラメンテとサトノクラウン。前残りの穴で、キタサンブラック。
◎リアルスティール、○ドゥラメンテ、▲サトノクラウン、△ブライトエンブレム、ダノンプラチナ、キタサンブラック

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

テレビ朝日会長が「圧力はありません」ってさ。しょせんは、違憲総理の「めし友」で、会長自身が圧力かける側の人間ですから。

 この週末が花見の盛りかと思ってたんだが、なにやらあやしげな天気予報に変わったようで、我が地元の「さくら祭り」はどうなることやら。

 でもって、どうにもならないのがこの国のマスメディアですね。最後っ屁・古賀君に名指しで批判されたテレビ朝日の会長が、「私にも社長にも報道局長にも圧力めいたものは一切ない」って、逃げちまいました。だめだ、こりゃ。本来なら、権力に屈したんじゃないかと告発されたんだから、ちゃんとその経緯について検証するのがジャーナリズムの責務であり、視聴者に対する礼儀というものだろう。それなのに、「圧力は一切ない」なんて権力におもねっちゃって、これでもうテレビ朝日は終わりです。かつて、オウム事件に絡んで、「TBSは死にました」と筑紫哲也は言ったけど、2015年3月31日は、「テレビ朝日が死んだ日」として長く記憶に残ることになるでしょう。

 ついでに、「ニュースと関係ない発言を止められなくてごめんなさい」なんて平謝りの古館なんてのは、自身が言うようにただの「請負業者」のひとりにすぎないってことで、これからは何言っても「出入りの業者さんでしょ」で終わりですね。

・テレビ朝日の早河会長「遺憾」 報道ステーションの古賀氏発言

 圧力をかけたと噂されている貧相顔の官房長官の菅君なんかは、「放送法という法律があるので、まずテレビ局がどう対応されるかを見守りたい」なんて、これこそ圧力だろうってことをのたまっているんだから、メディアとしてここはしっかりと反論しなくちゃいけなていところだろうに、こちらには「へへ~、オデーカンさま、オラが悪うございました」って平伏しちゃってるんだからどうしようもありません。もっとも、レレレのシンゾーの息のかかったのがテレビ朝日放送番組審議会にはいますからね。ま、それだけでも、このTV局がどこを向いて報道しているかということはわかろうというものです。

 それでも、貧相顔の官房長官が圧力をかけたんじゃないのと思われるオフレコのメモなんかが飛び出してきたりしてるから、そう簡単に事がおさまるとは思えません。ていうか、おさめちゃいけないんだよね。だからこそ、ジャーナリストだけでなく、メディアに関わるひとたちはもっとこの件に関して発言すべきなんだね。なかでも、古賀君と共に「翼賛体制の構築に抗する言論人、報道人、表現者の声明・宣言」の参道人のひとたちは、もっと積極的に発言すべきなにんだね。ここで沈黙してちゃ、「翼賛体制の構築に抗する言論人、報道人、表現者」の名がすたるというものだ。

事実無根じゃない! 菅官房長官が古賀茂明を攻撃していた「オフレコメモ」を入手

古賀茂明氏だけじゃない TVから一掃された“反政権”言論陣

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

楽屋でのやり取りを録音しなくちゃいけないという状況そのものがそもそも異様だ。「そっちが出すならこっちも出すぞ」って、古舘君にそう言わしめたその裏に何があるのだろう?

 ジャーマンウイングス機の墜落は、副操縦士の精神疾患が原因・・・なんて筋書きが出来上がりつつあるようだけど、本当にそうなのかなあ。陰謀論に与するつもりはないけれど、それってあまりにも分かりやすくて、ちょいと違和感があるんだよね。タイミングよく医師の診断書が出てきたり、何か事を起こしそうという最近の言動がクローズアップされたり、あまりにも都合よすぎのような気がする今日この頃なのだ。

 でもって、古賀君の反乱劇なんだけど、こちらもなんだか妙な具合で、「古舘VS古賀」という図式に矮小化して、ワイドショー・ネタ的にさばこうという動きがなんとなく感じられて、明日のTVはどんな扱いになるんでしょう。

 にしても、古賀君の突然の反乱劇に、古舘君が、「古賀さん、ちょっと待って下さい。ちょっと待って下さい、古賀さん、待って下さい。いまのお話は、私としては承服できません」って血相変えて反論したのはいただけない。むしろ、古舘君は沈黙すべきでしたね。こんなにも慌てふためいた対応するから、「古舘VS古賀」って図式になっちゃって、これを「してやったり」とする勢力にとっては好都合な状況を作っちゃったってわけなんだね。

 で、つぶさに二人のやり取りを見てみると、とても興味深い箇所があって、こんな具合です。

(これより引用)

古舘:古賀さんが、これで、すべて、なにかテレビ側から降ろされるっていうことは、ちょっと古賀さんそれは、違うと思いますよ。

古賀:いや、でも、古舘さん言われましたよね、「わたしがこういう風になるということについて自分は何もできなかった、本当に申し訳ない」と。

古舘:もちろんそれは、この前お話したのは、楽屋で、古賀さんにいろいろ教えていただいている中で、古賀さんの思うような意向に沿って流れができてないんであるとしたら大変申し訳ないとわたしは思っている、今でも…。しかしさっきのはちょっと極端過ぎる。

古賀:録音させていただきましたので、もしそういう風に言われるんだったら、全部出させていただきますけれども。

古舘:いや、こちらもそれを出させていただくってことになっちゃいます、古賀さん。

古賀:いいですよ。

(引用終わり)

 こうしたくだりなんだけど、つまりは、「なんだかんだ言うとばらすぞ。録音してんだから」「ああ、いいですよ、だったらこちらもそれなりのことさせていただきますから」ってことなんだね。まず、録音しなくちゃならない状況ってのが異様です。楽屋での会話を録音しなくちゃいけないってことは、それ以前に何か不穏な空気が漂っていたってことだよね。

 でもって、それに対しての古舘君の「いや、こちらもそれを出させていただくってことになっちゃいます、古賀さん」ってのは、さらに謎が謎呼ぶ言い様だ。「そっちがそうならこっちもやるぞ」ってのは、なんかのっぴきならない事情が二人の間にあったってことを示唆してるよね。古賀君の「いいですよ」って突き放したような発言に、古舘君は、「だから、ちょっとじゃあそれは置いて、これはわたしは違うと思っていますが、じゃあ、イエメンのお話、アメリカのことを聞かせていただけますか」って軌道修正するんだが、これはどう見たって「逃げたな」ってことですね。

 古舘君をして、「そちらがその気ならこちらも」なんて喧嘩腰にさせるだけのインパクトが、古賀君の反乱には会ったってことで、どんな弱みを古舘君とその背後にいるであろうテレ朝幹部や古館プロの会長は握られてるんだろう。それを考えると、夜も眠れないから、昼寝してしまう雨予報はどうしたの日曜なのであった。

「これで自由に発言していける」〜古賀茂明氏が報道ステーションの放送終了後にネット生出演

【くろねこの競馬予想】

電撃の6ハロン、高松宮記念は、なんとも難解なメンバーになった。というわけで、ここは悩んでも始まらないので、5歳、6歳の差し馬+香港馬ということで、ローブティサージュ、エアロヴェロシティ、ダイワマッジョーレ、コパノリチャード、ストレイトガールに注目。
◎エアロヴェロシティ、○ストレイトガール、▲コパノリチャード、△ローブティサージュ、ダイワマッジョーレ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 茨城空港 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM