日本会議

2017年6月23日 (金)

「魔の2回生」問題まで発覚して、臨時国会召集する気なんてさらさらありません&「広域的に学部のない地域」と「国に要請したことはない」(日本獣医師会)&日本会議所属都議候補一覧&自民党には「あんな男の代議士はいっぱいいる」(河村元官房長官)ってさ!

 野党の臨時国会召集要求に公明党が「必要なことがあれば適切な処置を」と前向きな姿勢を見せているってんだが、いえいえ、都議選意識したポーズなのはミエミエだ。自民党にすれば、安倍晋三記念小学校疑獄も加計学園疑獄も闇の中のままほったらかしにしたいところへ持ってきて、「この女代議士、凶暴につき」と週刊新潮に暴露されちゃった「魔の2回生」スキャンダルがありますからね。臨時国会なんてとんでもありません。公明党はそこのところをしっかりと分かった上で、野党の臨時国会召集要求にエールを送る振りしてるってわけです。

 安保法制=戦争法強行採決の時に臨時国会召集要求をはねつけたのと同じで、「いつまでに召集しなければいけないと定められていないから」ってのが理由なんだね。そのくせ、自民党改憲草案では「要求があってから20日以内」と期限を定めてるってんだから、身勝手なもんです。

「加計」問題で臨時国会召集要求 解明迫る野党 渋る自民

説明責任を果たそうとしない安倍総理夫妻と加計学... 投稿者 gomizeromirai

 身勝手と言えば、加計学園の獣医学部新設を認可した理由ってのもそうなんだね。「学芸員はがん」発言の地方創生大臣・山本君は、「獣医師会の意見に配慮した」から「広域的に獣医学部のない地域に限り新設を認める」と条件をつけたって国会で説明していたはずなのに、日本獣医師会は昨日、改めて「国に要請したことはない」って否定したってね。

 この獣医師会の発言はとても重いもので、獣医学部新設の根拠が揺らぐほどのものなのに、なんで多くのメディアはここにスポットを当てないのだろう。なんてったって、獣医師会は当事者ですからね。当事者の発言を捏造するなんて、それだけでこの案件がいかに胡散臭いものかわかろうというものだ。

加計問題「広域的に学部ない地域」 獣医師会は要請を否定

 臨時国会召集させるためにはメディアのプレッシャーも重要なファクターになるはずなのに、首都圏の新聞・TVは今日告示される都議選一色になるんでしょうね。

 でもって、その都議選に立候補する日本会議メンバー一覧ってやつがあるので、都民の皆さんは是非、投票前にご確認のほどを。

Photo

 最後に、冒頭でも触れた「その女代議士、凶暴につき」のスキャンダルなんだが、官房機密費持ち逃げ疑惑の元官房長官・河村君がこんな発言してます。

「いくらパワハラがあったと言っても、選挙を戦う者とすれば、あのようなことは起こる。たまたま彼女が女性だからこうしたことになっているが、あんな男の代議士はいっぱいいる」

 これが自民党のシェンシェイのメンタリティーなのだ。自民党はパワハラ集団って言ってるようなもんで、こんな党に投票するってことは有権者の人間性も疑われるってもんじゃないのだろうか。

自民 豊田真由子衆院議員が離党届を提出

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

総裁任期延長でまたぞろ「改憲」喚くペテン総理&森友学園理事長切りに動き出した日本会議&「私も真実を知りたい」(安倍昭恵)。まるで他人事、いい気なもんだ&提携否定した中高一貫校の理事長はJR東海名誉会長で校長はNHK経営委員。なんだ、こんなお仲間じゃん。

 自民党総裁任期が3期9年に延長なって、ペテン総理は「改憲」をまたぞろ喚き始めたようだ。自民党総裁であると同時に内閣総理大臣でもありながら「改憲」の旗振るとは、この男の存在そのものが「憲法遵守義務」違反ですね。

 でもって、任期延長に自民党の中かからほとんど異論が聞かれず、土建政治の幹事長・二階君なんか「安倍の次は安倍」なんてかましてくれるんだから、なんとも不健全な政党に成り下がったものだ。

 ま、いい気になっているのも今のうちで、「安倍晋三記念小学校」疑獄の進展いかんでは、ペテン政権が崩壊する可能性は大いにありますからね。今日からの集中審議で、共産党がどんな爆弾投下してくれるか、興味津々の月曜の朝である。

首相、改憲発議に意欲 自民「総裁任期3期9年」決定 

 ところで、日本会議が「安倍晋三記念小学校」疑獄の火の粉振り払うのに必死のようで、「日本会議大阪はこのたびの土地取得に関して、全く関与していないことを表明します」って抗議文出したってね。同時に、小学校認可で便宜を図った維新の会やこれまで森友学園の教育にエール送ってた皆さんが一斉に「名前を使われた」「面識はない」「しつこい」なんてdisり始める始末だ。なかには、「講演料が安い」なんて言い掛かりつける輩までいるんだから、何をかいわんやなのだ。

森友学園に保守団体から「迷惑」の声 「中国人嫌い」と園児が言う教育の実態

 そうした無責任体質の白眉が「安倍晋三記念小学校」疑獄の主役であるペテン総理の嫁だ。NHKにケツまくったジャーナリスト・堀潤君によれば、「籠池夫妻には何度も会っているし、名誉校長にもなった。ただし、私はそれ以上のことは、やっていないんです。なので、私も、真実を知りたい」って言ってるそうだ。なんともお気楽なものだ。こういうのがいちばん迷惑なんだよね。思慮が足りない振りしてるけど、記者会見で呆けた振りしたレイシスト石原と同じで、計算づくに決まってます。

安倍昭恵氏「私も真実を知りたい」 森友学園めぐるやり取り、堀潤氏が明かす

 それはともかく、ペテン総理を守るために籠池切りに大きく舵が切られたのは間違いない。たとえば、小学校の定員確保のために提携していると報告していた愛知県の中高一貫校「海陽学園」が、「そんなことは聞いてない」って言い出してるんだが、この学校の理事長はペテン総理の応援団のJR東海名誉会長・葛西敬之、校長はこれまたお仲間のNHK経営委員・中島尚正君なんだね。 「聞いていない」わけがない。

森友学園の「連携合意」報告、相手法人は「事実無根」

 本名不詳の理事長・籠池君を悪者にして、すべてをチャラにしてまおうってのが、ペテン総理一派の目論見で、そのためなら「お騒がせゆるふや総理夫人」の称号も甘んじて受けましょうというところなのだろう。勝手にしやがれ、ってなもんです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2017年2月15日 (水)

国有地払い下げ疑惑の愛国小学校が「安倍晋三記念小学校」の名目で寄付を募っていた!?&やっぱり日米FTA強要されてたようだ&保育所でも国旗に国歌!!

 金正男が北朝鮮女性工作員(?)に毒針で刺されて死亡。本当だとしたら、なんともベタな暗殺仕掛けてくるもんだ。おお、コワっ!

そんなことより、日本会議役員が理事長でペテン総理の嫁が名誉校長の国有地払い下げ疑惑の小学校なんだが、なんとまあ、「安部晋三記念小学校」という名目で寄付を集めていたってね。2日程前からその払込取扱票がネットで出回っていて、その信憑性がいまひとつだったので成り行きを見守っていたところ、どうやら本物らしいとなってきたようだ。

1
クリックすると拡大します。

 てことは、ペテン総理は夫婦揃って「忠君愛国」を校是とする小学校の新設に深く関わっているってことだ。そうなると、国有地払い下げ疑惑にも一枚噛んでいるだろうことは容易に想像がつくことで、場合によっては「あっせん利得」の疑いだって出てくるかもしれない。

 さらに言えば、こんなガチガチの戦前回帰教育を目指す小学校が「安部晋三記念小学校」と謳われていることについて、ペテン総理には説明責任があるだろう。これって、ナチス教育を旗印にする学校にドイツの首相が名前貸すようなもんで、ああそうですかで済む問題ではありません。メディアはタレントが幸福の科学に出家したなんてことで大騒ぎしてる場合じゃないと思うけどねえ。

国有地を7分の1の値段で取得“愛国カルト小学校”の名前は「安倍晋三記念小学校」だった! 保護者にヘイト攻撃も

 ところで、日米共同声明に「日米自由貿易協定(FTA)の締結を目指す」という文言を入れるようにアメリカから要請されていたってね。ほらきた、ってなもんです。やっばり、ゴルフ会談では日米FTAだけでなく相当に突っ込んだ脅しをかけられたんじゃないのか。そう言えば、TPPはどうしたどうしただね。訪米前には「今後もTPPの重要性を訴えていく」って喚いていたくせに、いまやTPPのTの字も口にしなくなっちゃいましたからね。おそらく、日米FTAの言質を取られちゃったに決まってます。

米、FTA締結を共同声明に要求 日本は難色、表現修正

 最後に、保育所でも3歳以上の幼児を対象に「国旗と国歌に親しむ」ように指導していくんだとさ。厚労省の役人は「国旗掲揚や国歌斉唱を強制するものではない」とエクスキューズしているが、「国旗国歌法」の時も同じように言ってたんだよね。それがいつのまにか教育現場で強制されてますからね。「安部晋三記念小学校」と同じで、このニュースは相当にきな臭いと思ったほうがいい。

<厚労省>保育所 3歳以上に国旗や国歌の文言

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2017年2月12日 (日)

「尖閣に安保適用」って、辺野古基地建設工事再開を手土産にして見返りはそれだけか。阿呆くさっ!&国有地払い下げ疑惑と同時に、総理大臣の嫁が「日本で初めてで唯一の神道の小学校」の名誉校長に何の躊躇いもなく就任しているという節度のなさも大いに問題だ。

 いやはや、ペテン総理のキンキラキンのネクテタイには笑っちまった。そこまでおべっか使うか、日本の総理大臣が、ってなもんです。あろうことか、共同記者会見では、「ネバーアップ、ネバーイン(届かなければ入らない)」なんて有名なゴルフの格言まで口にして、歓心を買う始末だ。ちなみに、東京新聞「筆洗」によれば、球聖と賞賛されるボビー・ジョーンズはこの格言が嫌いで、「あれは強く打ち過ぎて失敗した時の言い訳だ」とにべなかったとか。ペテン総理のトランプへのおべっかも、「過ぎたるは及ばざるごとし」になる危険性が大いにあるってことだ。

異論なし褒めちぎって日米蜜月 米メディア「おべっか」

 でもって、おべっかのおかげなんだろう。「尖閣は安保適用」なんてリップサービスを引き出して悦に入っているんだからどうしようもない。尖閣に安保適用なんてのはオバマの時から変わらない方針で、そのために安保5条「日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する。 」があるんだね。

 しかし、ここ問題になるのは、ひとつが「施政権」ってところで、実は尖閣に関しては日本は領有権を主張している。でも、アメリカは領有権に関しては日中で話し合えってスタンスで、そこは今回の日米会談でもまったく変わっていない。だから、改めて「尖閣に安保適用」なんてことをアピールされてもねえ。

 さらに言えば、尖閣で何かあったって、トランプの号令一下、米軍が賭け付けてくれるわけではない。安保5条の後段にある「自国の憲法上の規定及び手続に従つて」というところがミソなんだね。アメリカが海外に軍隊派遣するには議会の承認が必要なんであって、それが「自国の憲法上の規定及び手続」にあたるって寸法だ。

 ようするに、辺野古基地建設工事再開という手土産持って行ってその程度の見返りかい、ってなもんです。

 ところで、10日のエントリーで紹介した、日本会議役員が理事長でペテン総理の女房が名誉会長の「愛国教育」小学校への国有地払い下げ疑惑なんだが、なんでもゴミ処理代が8億円かかったからその分控除したって財務局が言い訳している。でも、別の学校法人からはゴミ処理代考慮しても約5億8千万円でオファーがあったというから、やっぱり何らかの政治的配慮があったと疑われても不思議じゃない。

 ちなみに、別の学校法人が見積もったゴミ処理費用は2億5千万円だったとか。これは、ほぼ相場に近い額で、財務局が「愛国教育」小学校に控除したという8億円がいかにベラボーな金額かわろうというものだ。

国有地売却額、一転公表 「ごみ処理費8億円控除」

 不透明な国有地払い下げもそうだが、同時に総理大臣の嫁が「日本で初めてで唯一の神道の小学校」の名誉校長に何の躊躇いもなく就任しているという節度のなさに暗澹たる思いにとらわれる今日この頃なのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2017年2月10日 (金)

大阪に開校予定の「日本で初めてで唯一の神道の小学校」が国有地を適正価格の1割で購入。理事長は日本会議役員、名誉校長はあの首相夫人。匂うなあ!!

 大阪に「森友学園」という学校法人がありまして、毎朝教育勅語の朗唱や君が代を斉唱するという塚本幼稚園を経営しているのは海外でもつとに有名なんだね。ペテン総理の女房であるアッキーがここを訪れて挨拶したりしているんだが、ここの園長も兼ねる学校法人「森友学園」の理事長は日本会議大阪の役員でもある。ま、どんな教育方針の下に設立されているかは、この事実ひとつとっても想像がつこうというものだ。

 その森友学園が「日本で初めてで唯一の神道の小学校」を開校予定で、その校名は「瑞穂の國記念小學院」ってんだから、おいおい、いつの時代のことだ、ってなもんです。でもって、この小学校の名誉校長がなんとまあペテン総理の女房であるアッキーっていうから驚き桃の木。でも、これだけで驚くのはまだ早い。

 な、なんと、この小学校を建設するために、学校法人「森友学園」が「大阪の国有地を近隣の適正価格の1割で購入していた」とさ。国有地の売却は原則公開のルールがあるのに、「学園側から非公表を強く申し入れられた」ことを理由に、財務局は売却価格の公開を拒否してるっていうから穏やかではない。

 そもそも、なぜ学校法人「森友学園」がベラボーな低価格で国有地を手に入れることができたのか。そりゃあもう、子供にだって想像がつこうというものだ。日本会議とペテン総理の女房の存在があればこそ・・・なんて妄想も当たらずといえども遠からずってところだろう。

学校法人に大阪の国有地売却 価格非公表、近隣の1割か

「愛国心」と「天皇国日本」が教育理念 9割引で国有地を買った小学校、名誉校長はあの人 

 ペテン総理もトランプとゴルフに現を抜かしている場合じゃないんじゃないの。なんてったって、アッキーが絡んでますからね。なんらかの便宜が図られた可能性は大いにあるわけで、さすがにダンマリでスルーできる問題じゃないだろう。週明けからは、朝日新聞以外の各社も後追いするだろうから、さあ、どうするどうする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

「日本会議の研究」が出版差し止めなら「ニュース女子」(東京MXテレビ)は放送禁止だろう。

 「日本会議の研究」(菅野完、扶桑社)に出版差し止めの判決。同書に登場する元「生長の家」幹部の男性についての記述のうち、6ケ所について真実ではないとして仮処分の申立がされていたんだが、1ケ所の記述が真実とは言えず、取材もしていなかったというのがその理由とか。

・ベストセラー「日本会議の研究」 異例の出版差し止め決定

 出版差し止めという点ばかりがセンセーショナルに報道されているが、判決内容を見れば1ケ所の訂正をすれば出版OKということなんだね。著者の菅野氏もツイートで、

拙著『日本会議の研究』に対する仮処分申請について説明します。
原告側が修正を求めてきたのは、第6章に登場する特定個人に対する記述のうち6箇所。そのうち5箇所は裁判所が事実認定し、1箇所だけ「その書き方はない」と裁判所が否定したと言うのが経緯です。つまり、こちら側は5/6勝ってる。

 とつぶやいている。とはいえ、出版差し止めの決定に政治的な判断が爪の先ほどもないかというと、そうは問屋が卸さないってところか。なんてったって、日本会議はペテン総理の思想的なバックボーンでもあるし、その実体を暴露したとあっちゃあ、そりゃあほったらかしにしておくわけにはいきません。「焚書」ってのは独裁者が独裁を確固たるものにするための常道ですから。ナチス・ドイツだって、ゲッペルスの主導でナチズムの思想に合わないとされた書物を焼き払ってますからね。

 露骨な言論弾圧とは言わないまでも、日本会議にイチャモンつけるその流れに圧力をかけたかったことは間違いないところだろう。この程度の記述の誤り(?)で出版差し止めするなら、巷に溢れている嫌韓本やヘイト本なんかはどうするの、ってなもんです。

 さらに言えば、東京MXテレビ『ニュース女子』における、沖縄の米軍基地反対運動に対する根拠のない攻撃なんか、出版差し止めどころか放送法違反で免許停止になってもおかしくないほどの悪意あるものだった。

 「反対派は日当を貰っている」「何らかの組織に雇われている」というお決まりの悪態はもちろん、「韓国人はいるわ。中国人はいるわ。何でこんな奴らが反対運動やってるんだと地元の人は怒り心頭」「実は沖縄のひとはみんなアメリカが好き」、さらにはヘイトスピーチやレイシズムに反対する団体「のりこえねっと」の代表である辛淑玉氏を「在日韓国人の差別と戦ってきたカリスマでお金がガンガン集まる」とまで言い放った輩(経済ジャーナリストの須藤慎一郎)までいたってんだから、これはもう報道ではなくあからさまな誹謗中傷を垂れ流しただけの偏向放送だろう。

2
クリックすると拡大します。

TOKYO MX「ニュース女子」が沖縄ヘイトデマを垂れ流すなどひどかった模様

 「日本会議の研究」の出版差し止めから話が飛躍してしまったようだが、さにあらず。どちらにも共通しているのは、「お上には逆らうな」というシグナルが込められているってことなんだね。NHK『ニュースウォッチ9』のトツプニュースが「いきものがかり活動休止」という現実が、「お上に逆らえない」この国を象徴しているってわけか・・・・やれやれ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

櫻井よしこ、渡辺昇一、百地章・・・「生前退位」を議論する有識者会議のヒアリングメンバーがとんでもないことになっている。

 大麻騒動があったと思ったら、三笠宮さんが亡くなって、このどさくさはTPP強行採決派にとっては絶好のチャンスってところか。

 でもって、三笠宮さんなんだが、戦時中から極めてリベラルな宮様だった。その三笠宮さんが、戦後の皇室典制定時に天皇の「生前退位」について言及していたってね。「必要最小限の基本的人権としての譲位を考えたほうがよいと思っている」とかなり踏み込んだ発言をしている。さらに、「『死』以外に譲位の道を開かないことは新憲法第十八條の『何人も、いかなる奴隷的拘束を受けない』といふ精神に反しないか?」とまで言及している。

三笠宮さま逝去 「戦争は罪悪」平和を希求

生前退位容認の意見=皇室典範制定時に-三笠宮さま

 そんなリベラルな宮様が亡くなったその日に今上天皇の「生前退位」について議論している有識者会議が、意見聴取する16人のメンバーを決めた。メンバーの中には、櫻井よしこ、渡辺昇一、百地章なんて名前が見える。ペテン総理と極めて近く、日本会議とも密接なつながりがあるお歴々だ。

 もちろん、「生前退位」には反対で、皇室典範に手をつけるなんてもってのほかというスタンスを日頃から口にしている連中だ。皇室典範が俎上に上がると、必然的に女系天皇の問題まで議論することになりかねませんからね。女系天皇を是が非でも阻止したい日本会議にしてみれば、ここはどうしても彼らをメンバーに送り込みたかったはずだ。ペテン総理はそうした意を汲んだってことです。

 つまり、「生前退位」を議論する有識者会議そのものも含めて、結論ありきで事が進んでるってことだ。今上天皇がビデオメッセージで伝えたかった「象徴天皇とは?」という問いかけなんかまったく無視して、「ご公務の軽減」なんてことに話を矮小化してるんだね。

 これって極めて「不敬」なことで、つむじが右に曲ったひとたちにとって、天皇はあくまでも利用価値のある「装置」にしかすぎないわけで、そこに畏敬の念なんてのはサラサラありません。

 それにしても、ここまでわかりやすいヒアリングの人選するとはねえ。いかに世の中すべてをペテン総理が舐めているかってことの証みたいなもんですね。天に召された三笠宮さんもさぞかし無念なことだろう。

生前退位の有識者会議、石原氏・櫻井氏らヒアリングへ

石原信雄(元内閣官房副長官)
今谷明(帝京大特任教授)
岩井克己(ジャーナリスト)
大石眞(京都大大学院教授)
大原康男(国学院大名誉教授)
笠原英彦(慶応大教授)
櫻井よしこ(ジャーナリスト)
園部逸夫(元最高裁判事)
高橋和之(東大名誉教授)
所功(京都産業大名誉教授)
平川祐弘(東大名誉教授)
古川隆久(日大教授)
保阪正康(ノンフィクション作家)
百地章(国士舘大大学院客員教授)
八木秀次(麗沢大教授)
渡部昇一(上智大名誉教授)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

「安倍晋三首相の政治姿勢に対して明確な『反対』の意思を表明するために、与党とその候補者を支持しない」(生長の家)。「日本会議は時代錯誤」とも・・・。宗教界から「アベ政治を許さない」の声!

 都恥事・マキゾエ君のセコイ税金ドロボーについての集中審議が13日から始まるそうだが、そんなセレモニーまがいの出来レースなんかしないで、百条委員会を開いて徹底的に追求すればそれで終わりだろう。裏ではシンキロー森あたりがいろんな根回しして、とにかく9月までどうにか引っ張ろうという腹に決まってる。そうすりゃあ、参議院選挙前にワイロ甘利、TPP、パナマ文書、さらには改憲といった都合の悪いことはスルーすることができますからね。このところの一連の芸NO人の不倫騒動なんてのも、そうしたことをカモフラージュするにはうってつけってことです。

 そんな中、「生長の家」がペテン総理批判を宣言したというのはちょいと驚き。『日本会議の研究』で日本会議に谷口雅春の思想を受け継ぐ「生長の家原理主義」が深く関わっていると看破されたことと関係があるんでしょう。この際自らの立ち位置を鮮明にしておこうという教団の思惑があったことは間違いないだろう。

 その宣言はかなり過激だ。実に小気味いい思いもする。こんな具合です。

(これより引用)

来る7月の参議院選挙を目前に控え、当教団は、安倍晋三首相の政治姿勢に対して明確な「反対」の意思を表明するために、「与党とその候補者を支持しない」ことを6月8日、本部の方針として決定し、全国の会員・信徒に周知することにしました。その理由は、安倍政権は民主政治の根幹をなす立憲主義を軽視し、福島第一原発事故の惨禍を省みずに原発再稼働を強行し、海外に向かっては緊張を高め、原発の技術輸出に注力するなど、私たちの信仰や信念と相容れない政策や政治運営を行ってきたからです。

(引用終わり)

 さらに、「日本会議」にも言及し、「元生長の家信者たちが、冷戦後の現代でも、冷戦時代に創始者によって説かれ、すでに歴史的役割を終わった主張に固執して、同書(『日本会議の研究』)にあるような隠密的活動をおこなっていることに対し、誠に慚愧に耐えない思いを抱くものです」「日本会議の主張する政治路線は、生長の家の現在の信念と方法とはまったく異質のものであり、はっきり言えば時代錯誤的です」と断じているのはなんとも痛快だ。

今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針「与党とその候補者を支持しない」

「生長の家」、参院選で与党を支持せず 安倍政権を批判

 いまでは権力の走狗となっている公明党だって、本来なら「福祉と平和の党」ってのが党是だったんだね。いまではすっかり色褪せちゃったけど・・・。母体である創価学会も「生長の家」を見習ったらよさそうなもんなんだが、あえて公約に「改憲」を明記しないなんて姑息なことしてるんだから、そのうち仏罰があたりますよ。

公明党が公約発表 憲法改正には触れず 「争点として成熟していない」

 初詣の参拝者に「改憲署名」をおねだりしている神社庁には、お膝もとの神社からも批判の声が聞こえてきてるっていうし、宗教界からペテン総理一派の目論みに対して「NON」の声が上がるというのは極めて重要な意味がある。なんてったって、宗教票というのは自民党にとって大きな財産ですからね。

 「国家神道復活」「明治憲法復活」がペテン総理のというより「日本会議」の究極の目的でもあるんだから、これからは宗教界からさらなる「アベ政治を許さない」の声が上がることを切に期待する土曜の朝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2016年6月 4日 (土)

「緊急事態」という言葉ほど権力側にとって都合のいいものはない。

 認可保育所の建設計画をめぐって杉並区と周辺住民との間で議論が続いている。公園をつぶすなという住民の声も一理あるとは思うのだが、ちょっと気になっているのが杉並区長の「緊急事態」という発言だ。「緊急事態」と言わざるを得ない危機的状況になるまで保育所新設をほったらかしにしてきた行政の怠慢に対する反省がないんだね。これじゃあ住民だっていい気はしない。なによりも、「緊急事態」ってのは脅しに聞こえてしまうのはうがち過ぎというものだろうか。

 区長のこの言葉を聞いて思い起こすのが、このところ改憲を喚くひとたちがよく口にする「緊急事態条項」だ。「大災害の緊急事態に対処する」ってのを口実に、広く人権を規制し、総理大臣による権限を大幅に強化する「緊急事態条項」は、いまや改憲派のお試し改憲の目玉になっている。なんでこんなのが突然出てたきたんだろうとない頭をひねっていたら、その答を『日本会議の研究』(菅野完、扶桑新書)が教えてくれた。

 同書によれば、「日本会議」の源流は谷口雅春時代の「生長の家」にあり、その思想を受け継ぐ、いわば「生長の家原理主義」にのっとった「生長の家政治運動」に行き着くと言う。そして、彼らが目指すのが、「緊急事態条項の追加」「家族保護条項の追加」「自衛隊の国軍化」で、ペテン政権はこの「改憲アジェンダ」(『日本会議の研究』より)にそって動いてるとか。とてもわかりやすい図式で、「緊急事態条項」が飛び出した経緯がストンと胸に落ちる。(ちなみに、現在の「生長の家」は「生長の家原理主義」」とはまったく関係がない)

 古舘伊知郎の最後の一刺しでもあるテレビ朝日『報道ステーション』の「特集・独ワイマール憲法の“教訓”」がギャラクシー賞を受賞したが、ヒトラーの「国家緊急権」とペテン総理一派が企む「緊急事態条項」の酷似性を指摘したこの特集は、ある意味「日本会議」の目指す「改憲アジェンダ」への警鐘でもあったということが、『日本会議の研究』を読了してみてよくわかる。

『報ステ』古舘伊知郎“最後の一刺し”がギャラクシー賞を受賞! 安倍とヒトラーの類似性をドイツ取材で証明

 杉並の保育所問題から「日本会議」へと話が飛躍してしまったが、「国民を戦争に参加させるのは簡単なことだ。国民には攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると主張すればいい」というヘルマン・ゲーリングの発言に見られるように、「緊急事態」という言葉が権力側にとっていかに都合のいものか、ということは抑えておきたい初夏の日差しの土曜の朝である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年1月18日 (月)

宜野湾市長選告示。幼稚園児が「教育勅語」を唱和するような異様な大会で挨拶するような政治屋を市長にしちゃいかんだろう。

 いやはや、朝起きたら一面の銀世界。一昨年の大雪を思い出しちまった。今日は終日、東京の交通機関は大混乱なんだろう。通勤、通学の皆さん、ご苦労様です。

 そんなことより、沖縄の宜野湾市長選が告示された。辺野古新基地建設をめぐって、ペテン総理の薫陶を受けた現職と、翁長沖縄県知事とタッグを組んだ新人との一騎打ちで、ま、政権VS県知事の「代理戦争」ってことです。

辺野古争点に一騎打ち 沖縄・宜野湾市長選が告示

 ところで、2年前に開催された「沖縄県祖国復帰42周年記念大会」で「地元保育園の園児が日の丸のワッペンをつけた体操着姿で登場」して、北朝鮮もかくやのマスゲームが展開され、最後になんと「教育勅語」を一斉に唱和したそうだ。

 で、続いて、「『日本会議』の中地昌平・沖縄県本部会長が開会宣言し、宮崎政久衆院議員といった面々が『日本人の誇り』について熱弁を奮」ったてね。でもって、トリは佐喜真宜野湾市長が務めたってんだが、この御仁が今回の市長選にも立候補している現職というわけです。

園児が教育勅語を唱和…宜野湾市長が出席した大会の異様

 さてさて、教育勅語と言えば、大阪の愛国幼稚園「塚本幼稚園幼児教育学園」が有名なんだが、ペテン総理の女房がここを訪れ、「『安倍首相ってどんな人ですか?』と問いかけられた園児らが『日本を守ってくれる人』と答える姿を見て、涙を浮かべ、言葉を詰まらせながら、言葉を詰まらせながらこう話したという。『ありがとう。(安倍首相に)ちゃんと伝えます』」。ははは、お見事な夫唱婦随振りでごわす。あのペテン総理にしてこの妻ありってことです。

【安倍昭恵夫人】塚本幼稚園に感涙!園長「安倍首相ってどんな人?」⇒ 園児「日本を守ってくれる人!」

 閑話休題。日刊ゲンダイの記事では、佐喜真宜野湾市長が日本会議のメンバーであるかどうかはわからないとなっているが、辺野古新基地建設以前に、こんなのを市長にしちゃいかんだろう。にしても、教育勅語を唱和させられる幼稚園児って・・・はあ、嫌な時代にもなったものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 稲田朋美 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM