菅官房長官

2019年3月18日 (月)

【官房長官傲慢記者会見】「どっちもどっち」論を憲法学者の木村草太氏が一喝!!&防衛大の陰湿いじめの実態・・・首謀者たちはいまや自衛隊幹部!!

 東京新聞・望月記者への締め付けはまったく改善されないままの官房長官記者会見なんだが、このバトルに対して「どっちもどっち」と揶揄するジャーナリストがいるんだね。誰とは言わないけど。でも、そうした突き放した態度ってのは、結局のところ官邸に与することに繋がっている・・・なんとことをつらつら思ってたんだが、憲法学者の木村草太氏がそうした疑問にズバリと切り込んでくれた。

 顔も頭も貧相な官房長官・ガースの「あなたに答える必要はありません」という答弁に注目した氏はこう喝破する。

「今回の官房長官の発言は、『あなたに』答える必要がないと、記者の人格を攻撃する性質を持っていた。記者会見は、記者の『質問に』答える場であって、『記者を』論評する場ではない。記者の質問が虚偽事実に基づいているなら、「その質問は事実に反する」と回答すればよく、同じことを何度も聞かれたのなら、『その質問には先ほど答えました』などと対応すればよかったはずだ。人格攻撃をするのは、平等な対応とは言えない。」

「今回の『あなた』発言は、平等原則に反するし、差別感情をあおり、扇動する行為でもあるというべきだろう。」

 そして、こう続ける。

「だとすれば、『長官発言をきっかけに』、ことさらに望月記者の言動の欠点を指摘して『どっちもどっち』と論評するのは、長官の発言に扇動された恥ずべき行為というべきだろう。」

「結局のところ、今回の事態は、到底『どっちもどっち』と言えるものではない。批判されるべきは、不当に人格非難をして差別を誘発した長官のみではないか。」

 そうなんだよね。「どっちもどっち」なんて冷笑しているってのは、つまるところ「敵」に塩を送っているようなもんなんだね。ジャーナリストって当事者であって評論家じゃないんだから、「戦うべき時」を見誤っちゃいけない。

木村草太の憲法の新手(100)批判されるべきは菅官房長官 定例記者会見「あなた」発言

 ところで、防衛大学校の卒業式で、初老の小学生・ペテン総理は「政治も責任を果たさなければならない。次は私たちが、自衛官が強い誇りを持って職務を全うできるよう、環境を整えるため全力を尽くす決意だ」って訓示したそうだ。

安倍首相、憲法9条改正に改めて意欲 防衛大卒業式で訓示

 だから改憲ってわけなんだろうが、そんな訓示を嘲笑うかのよう防衛大学校の「いじめ」が福岡地裁に認定されてたってね。かなり陰湿ないじめがあったようなんだが、いじめをした学生はいまでは自衛隊幹部になってるんだとさ。

防衛大、下級生いじめがまん延 宿舎生活、地裁が認定

 旧日本軍とその体質は何も変わっていないってことだ。ていうか、これが軍隊ってもんなんだよね。それは日本だけに限らない。できれば、いまはのうのうと幹部になっている奴らの名前を公表して欲しいものだ。こんなのが、ヒゲの隊長みたいに永田町に現われてちょっかい出されちゃたまりませんからね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年3月16日 (土)

逮捕が恐くて海外出張できないJOC会長がとうとう辞任か!!&「事実に基づかない質問は絶対に許されない」(菅官房長官)。まだ言うか!!&「原発の運用期間中に巨大噴火が起きる可能性は小さい」(山口地裁)から伊方原発運転容認!!

 皇族気取りのJOC会長・竹田君が、とうとう年貢を収める時が来たようだ。なんてったって、国外に出たらフランス当局から逮捕の可能性もあるから海外出張もできないそうで、そんな人物がのほほんと権力の座に居座っていられたことが不思議なんだからね。

JOC竹田会長が辞意、続投一転19日にも意向表明

 盟友のkappamanさんがfacebookで「退任後は『あの息子』と一緒にゆっくり海外旅行でもすればいいよ」とコメントしたけど、ははは、おっしゃる通り。ついでにサメの脳みそも道連れにしてくれたらなおいいのだけれど。

 騒動が持ち上がった時のこやつの釈明記者会見における傲慢な態度がいまだに頭から離れないんだが、傲慢記者会見とくれば顔も頭も貧相な官房長官・ガースだ。なんと、東京新聞・望月記者の質問妨害をしている広報室長の司会は「適切」って答弁書を閣議決定したってね。

 でもって、当のガースは「事実に基づかない質問を平気で言い放つことは絶対に許されないことだ」と改めて望月記者の質問に答えたそうだ。まだ言うか。ここまでくると頭の薄い子供がだだこねているようなもので、なんとも大人げない。論理的に突っ込まれて、それに答えられないものだから執拗にいじめを続けてるんだろうね。哀れなものだ。

政府、報道室長の司会「適切」 長官会見で答弁書

事実に基づかない質問「許されない」 菅長官、東京新聞記者に

 最後に、伊方原発3号機の運転差し止めを山口地裁が却下した。その理由が凄い。「原発の運用期間中に巨大噴火が起きる可能性は小さい」ときたもんだ。さらに、避難計画が策定されていないことにつても「放射性物質が周辺に放出される具体的危険性はない」とまで裁判長は断言している。お前は神か!

 仮に原発事故が起きて自治体が対応できない場合は、「政府を挙げて警察や自衛隊などによる支援が実施される」ってんだから、なんともお気楽なものだ。福島第一原発事故の検証・反省はどこかへ吹っ飛んじゃってるんだね。

 こういう判断をした裁判官には、万が一の原発事故の際に、しっかりと責任取らせるシステムにしないと、これからもこうした原子力村と手を組んだ判決が出てくることになりますよ。

伊方3号の運転容認 仮処分、住民申し立て退ける

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年3月12日 (火)

「感情的な反対をする人たちと議論をしても意味がない」(中西経団連会長)。「議論が必要」ってほざいてたくせに、いざとなったら公開討論から逃亡!!&裁判権放棄の密約はアメリカだけではなかった・・・イギリス、オーストラリア、カナダなどにも!!

 東日本大震災追悼式における初老の小学生・ペテン総理の式辞は、案の定、白々しいものだった。でもって、顔も頭も貧相な官房長官・ガースは開会の辞で「追悼式」を「記念式典」と読み間違え(?)て陳謝するオチまでついちゃって、なんともはやなのだ。

菅氏が大震災追悼式で言い間違い 開式の辞で「きねん式典」

 そんな春の嵐が吹きすさぶ鎮魂の3.11にあって、なんとも残念なボンクラ振りで顰蹙を買っているのが原発メーカーのドンでもある経団連会長・中西君だ。こやつはこれまでにも「原発と原子力爆弾が頭の中で結びついている人に『違う』ということは難しい」なんてことを口走って、その頭の軽さに冷たい笑いを投げつけられたりしていたんだね。そんな頭の軽さに拍車をかけるように、なんと3.11という日にわざわざ「エモーショナル(感情的)な反対をする人たちと議論をしても意味がない。絶対いやだという方を説得する力はない」って言いやがりました。

原発「絶対ダメという方と議論しても…」経団連会長

経団連会長「感情的な人と議論意味ない」原発巡る議論に

 そもそも、この男は「原発再稼動には議論の場が必要」って言ってたんだよね。ならばってんで、原発ゼロを求める民間団体から公開討論を求められてたんだが、その返答が「エモーショナル(感情的)な反対をする人たちと議論をしても意味がない」云々ってことなんだとさ。勇ましいこと言ってたくせに敵前逃亡したってことだ。

 ようするに、議論になったらとてもじゃないけど勝ち目がないってことなんだね。福島第一原発事故直後に「プルトニウムは飲んでも平気」とセセラ笑っていた東大教授もいまやどこかに雲隠れしているように、原子力村ってのはオワコンの代表的なものなんだね。それでもそこにすがり付いていないとこれまでのキャリアのすべてがパーになるという、なんとも哀れなひとたちってことだ。

 ところで、1953年の日米密約とその後の日米地位協定により、日本に駐留する米軍人らの刑事事件については「重要な事件以外、日本は裁判権を行使しない」ってことになっているのは周知の事実。ところが、なんとまあ、「米国主体の朝鮮国連軍との地位協定交渉で英国やオーストラリアなど英連邦の四カ国にも密約を適用していた」ことがわかりましたとさ。ちなみに、英連邦4カ国にはカナダ、ニュージーランも含まれているとか。

裁判権放棄 米以外とも密約 53年に政府、英・豪などに適用

 ここまで裁判権放棄した国って、果たして独立国と言えるんだろうか。「みっともない憲法」って喚く前に、おそらく爺さんも何らかの形で関与したであろうこうした戦後処理のあり方をしっかりと勉強するこった、ってなもんです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

「これでは単なるいじめと変わらない。もう見ていられない」・・・官房長官による望月記者への恫喝にひとり立ち上がった少女の熱き心に乾杯!!

 東京新聞VS官邸のバトルを、ほとんどのメディアが他人事のように高見の見物している中で、中学の女子生徒が「これでは単なるいじめと変わらない。もう見ていられない」と立ち上がった。署名活動サイト「Change.org」で「スタートした「特定の記者の質問を制限する言論統制をしないで下さい」と銘打ったキャンペーンは、わずか1ケ月も経たないうちに17,130人の賛同者を集めて大成功。

 もちろん、こうした事実を報道する新聞・TVはどこにも見当たらず、はしなくもこの国のジャーナリズムの劣化ぶりが改めて確認されちまいました。ま、恥ずかしくて、報道できやしないよね。自分たちの腰抜けぶりがさらけ出されちゃいますから。

 しかし、この少女のような素朴な感覚ってのが、イッチャン権力にとっては厄介なことなのだ。理屈でとやかく攻められても、初老の小学生・ペテン総理一派は「ご飯論法」や「信号無視話法」で誤魔化すのが得意ですからね。

東京新聞の望月衣塑子記者を助けたい。中2の女子生徒がたった1人で署名活動に取り組んだ理由とは

菅長官、「政府に都合が悪い意見」を言う東京新聞望月記者だけを無視、妨害。質疑可視化で明らかに

 キャンペーンのページには、少女のこんなメッセージが載っている。全文引用します。若き熱き心に乾杯!!

Change.org

(これより引用)

特定の記者の質問を制限しないでください、記者会見での妨害やいじめをやめてくださいというキャンペーンに17,000人を超える賛同を頂きました。キャンペーンを始めた時は、1万人が目標でしたが、大きく上回りました。

賛同下さった皆さんありがとうございます。
たくさんのコメントも感謝申し上げます。

内閣記者会、官邸に皆さんの声を届けます。

大人がいじめをしていることを許していたら学校や社会からいじめはなくなりません。

特定の記者の排除を許してしまったら、
報道の自由は守れないし、
一般の人の知る権利や言論の自由も奪われてしまいます。

今、たくさんの大人の皆さんがこの問題に声を上げて来ています。

中学生の私は、キャンペーンの賛同を内閣記者会と官邸に届けて活動を終え、
これからも新聞を読んで国会中継をみて、
自分がやるべきことを考えて行きます。

子どもたちの未来を守るために、
心ある皆さん、この問題を一緒に考えていきましょう。

大人の皆さんもよろしくお願いします。

(引用終わり)

 最後に、「ご飯論法」「信号無視は話法」でバカタレをさらすペテン総理の一幕をご紹介して、お後がよろしいようで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年3月 2日 (土)

官房長官による恫喝に日本ペンクラブが抗議の声明文!!

 お決まりの強行採決で予算案が衆議院を通過した。統計偽装は棚上げしたままで、モリカケ疑獄と同じくこのまま世間の興味が薄れていくのを待とうってことなんだろうね。野党をdisするばかりで、自らの腰抜け振りにはほっかむりのメディアの存在もそうした政権の意向を後押ししてるんだから呆れちまうのだ。

 そんな中、日本ペンクラブが顔も頭も貧相な官房長官・ガースの高飛車な記者会見について「国民の知る権利を背負った記者の質問に意を尽くした説明をする」よう求める声明を出した。声明文の最後はこう締めくくられている。

「私たちは官房長官と官邸報道室が、先の申し入れ書を撤回し、国民の知る権利を背負った記者の質問に意を尽くした説明をするよう求めるとともに、報道各社の記者がジャーナリストとしての役割と矜持に基づき、ともに連携し、粘り強い活動をつづけることを期待する」

 「報道各社の記者が・・・」のくだりはとても重要なことだ。官邸が排除しようとしている望月記者を冷ややかに論じるジャーナリストもいるけれど、それって戦う相手を絶対に間違えていると思うのだが、声明文の最後の一文にちょっぴり救われる土曜の朝である。

日本ペンクラブ声明 「首相官邸記者会見の質問制限と回答拒否問題について」

官房長官の会見をめぐる東京新聞・望月記者排斥問題で何が問われているのか

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年2月27日 (水)

「あなたに答える必要はない」(菅官房長官)。問答無用ってことか・・・言論統制へ一線を越えたな!!

 東京新聞VS官邸のバトルがヒートアップしている中、とうとう顔も頭も貧相な官房長官・ガースが一線を越えた。なんと、東京新聞の望月記者の「会見は国民の知る権利に応えるためにあると思うが、何のための場だと思うか」との質問に「あなたに答える必要はない」と言い放ったってね。「あなたに」ってところがミソで、これって個人攻撃であると同時に、望月記者に賛同するすべての人々に向けられた言葉であることも忘れてはいけない。

 寅さんじゃないけど「それを言っちゃあ、おしまいよ」ってなもんです。ていうか、質問に答えないってのはこのバトルにガースが負けを認めたようなものだ。たとえれば、戦いの前に刀の鞘を捨てた佐々木小次郎みたいなもんですね。「ガース、敗れたり」・・・って違うか?

菅官房長官「あなたに答える必要ない」=東京新聞記者の質問に

 それはともかく、こういう発言があった時に、回りの記者どもは何してたのかねえ。我関せずでパソコン叩いてたりしてたんだろうなあ。なんてったって、共同通信によれば「望月さんが知る権利を行使すれば、クラブ側の知る権利が阻害される。官邸側が機嫌を損ね、取材に応じる機会が減っている」なんてたわけたこと言ってる記者もいるそうですからね。

 もっとも、この記者の発言は、一度配信された後に削除されている。おそらく、共同通信が何らかの「忖度」をした結果なんだろうけど、こうした報道“自主”規制こそが、初老の小学生・ペテン総理の望むところなのだ。顔も頭も貧相な官房長官・ガースによる記者会見での強権ぶりは、記者連中を萎縮させるために十分な効果をあらわしているってことなんだね。

 そういう現実がイッチャン恐いんであって、だからこそメディアは東京新聞VS官邸のバトルを傍観していてはいけない。ああ、それなのに、モンチッチ批判する輩も少なからずいるんだから、なんともお寒い限りなのだ。

安倍官邸の“望月衣塑子記者排除”をめぐり共同通信が忖度記事修正! 官邸記者クラブの癒着ぶりがあらためて露呈

 ペテン総理は東京新聞の抗議について、「知る権利は当然大切で、民主主義を機能させる重要な柱だ。会見が内閣記者会によって、この趣旨にのっとって運営されることに期待している」とさ。運営しているのが内閣記者会ってんなら、上村とかいう報道室長の妨害発言をいますぐ止めるべきだ。そして、内閣記者会もまた、自らの手で記者会見を仕切るべきだろう。

 いつか、このバトルが日本のジャーナリズムが劣化・衰退・消滅する分水嶺だったと記される日が来るかもしれない。それを考えると一晩中眠れなくなる今日この頃なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月23日 (土)

統計偽装の経緯は官邸も知っていた・・・ことをうかがわせるメールが発覚。偽装の裏にペテンあり!?&官邸が「国民の代表とは選挙で選ばれた国会議員」だから「記者が国民の代表とする根拠を示せ」と東京新聞を恫喝!!

 統計偽装は、とうとう「官邸関係者に説明」なんてことが書かれたメールが発覚。一連の流れから、「官邸関係者」とは首相秘書官を指していることは想像に難くない。首相秘書官ってのは文字通り総理大臣の手足となって情報収集するのが職務のひとつ。てことは、当然、調査方法の変更の動きについて初老の小学生・ペテン総理は知っていただろうし、首相秘書官の言葉ってのは「総理のご意向」そのものって厚労省の役人には聞こえたことだろう。もちろん、妄想だけど、おそらく限りなく事実に近い妄想に違いない。

労省「官邸関係者に説明」 勤労統計 15年9月4日メール 

 図式としては、森友・加計学園疑獄とまったく同じで、首相秘書官の裏にはペテンありってわけだ。こまでくると、「大統領の陰謀」を暴露したワシントン・ポストの記者が日本にも必要ってことになってくる。そういえば、映画『大統領の陰謀』には、大統領府からの圧力を恐れて、取材を続けるウッドワードとバーンスタインを降ろそうとする幹部連中が出てくる。その会議の席で編集長が幹部連中を制して「我々は2人を守る」と宣言するシーンがあって、いたく感動したのを覚えている。そんな編集長が今の新聞にいるだろうか。上層部に鮨友が跋扈するくらいだから、絶望的ではあるんだろうなあ。

 でもって、そんな絶望的なジャーナリズムの現状を示唆するような言葉が、顔も頭も貧相な官房長官・ガースから飛び出した。東京新聞の「記者は国民の代表として質問に臨んでいる」という主張に対して、官邸側がこんな高圧的な要求を突きつけていたそうだ。

「記者が国民の代表とする根拠を示せ」

 凄いね。さらに、こんな反論もしているんだとか。

「国民の代表とは選挙で選ばれた国会議員。貴社は民間企業であり、会見に出る記者は貴社内の人事で定められている」

 馬鹿丸出しとはこのことか。国民の「知る権利」を担保しているのがジャーナリズムで、それは民主主義の基本原則のひとつでもある。ジャーナリズムが「権力の監視機構」という役割を担っている理由もそこにある。だからこそ、「記者は国民の代表として質問に臨んでいる」のだ。

 ああ、それなのに、こんな舐めた態度を官邸側がとってくるってのは、メディアの幹部連中がペテン総理の鮨友という驕りがあるからに違いない。だからこそ、現場の記者連中なんかにはタカをくくって木で鼻をくくるような答えしかしないんだね。

「記者が国民の代表とする根拠を示せ」官邸側が東京新聞に要求

 こうした官邸の態度に、さすがに朝日新聞も社説で噛み付いている。ま、遅きに失した感なきにしもあらずだが、何も発言しないよりはマシってものか。

・朝日新聞社説
官房長官会見 「質問」は何のためか

 それにしても、東京新聞VS官邸のガチな戦いに、ほとんどのメディアが他人事のような傍観者面しているのが、なんとも理解できない今日この頃なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

偽装統計で首相秘書官が厚労省に「問題意識」をチラつかせて圧力!?&「事実に基づかない質問を繰り返している」(菅官房長官)。事実かどうかを確認するのが記者会見という場だろう!!&五輪憲章も読んでいない五輪担当大臣のポンコツ!

 ゴーンの弁護人だったヤメ検の大鶴君が辞任したってね。辞任というのは表向きで、あまりに使えからクビになったんじゃないのか。妄想だけど。後任には無罪請負人の弘中弁護士が就くそうで、ハナっからそうしてれば長期拘留もどうにかなったかもしれませんね。

「無罪請負人」弘中弁護士がゴーン被告の担当に、大鶴氏は辞任

 そんなことより、国会だ。自衛隊をめぐる一連の幼稚な発言で、初老の小学生・ペテン総理は右往左往。おかげで、統計偽装はどこかへ行っちゃったんじゃないのと錯覚するくらい、TVはほとんど触れもせでなんだね。NHKは国会中継すらサボってますからね。

 とは言え、新たな事実ってのがポロポロと出てきてもいるわけで、なんと首相秘書官が「実態を適切に表すための改善の可能性について、問題意識を伝え」ていたってね。つまり、統計をどうにかしろって圧力かけたってことだ。

 ペテン総理は「私が指示したことはない」っていつものようにシラ切ってるけど、統計のあり方を話し合う検討委員会のなかには「官邸か菅官房長官かがそれまでの調査方法に怒っている、と厚生省職員が強く意識していた」と証言してるんだね。

 ペテン、ひょっとこ、貧相の3悪人が、統計偽装に深く関わっていることは、状況証拠からはほぼ間違いないんじゃないのかねえ。でなけりゃ、厚労省の役人が何の得にもならない統計偽装に手を染めるわけがありません。

首相秘書官が問題意識伝達 勤労統計 厚労省へ調査法変更前

 ところで、官邸による東京新聞の望月記者の口封じ工作なんだが、「事実に基づかない質問を繰り返している」という言い掛かりについて、顔も頭も貧相な官房長官・ガースーが改めて「事実に基づかない発言は控えてほしいという依頼をした。それに尽きる」とドヤ顔したってね。

 バカ言ってらあ。事実かどうかを確認するための質問じゃないか。それが官邸の広報マンである官房長官の会見というものだ。こんな言い草が罷り通るようになっちゃ、世も末ってもんだ。

質問批判で正当性を主張=菅官房長官

 最後に、「がっかり」発言のカーペンター桜田君だ。なんと、オリンピック担当でありながら五輪憲章を読んでないってね。「話には聞いているが、自分では読んでいない」って答弁したそうで、「話には聞いているが」ってバカじゃないの。

桜田五輪相、五輪憲章「読んでない」 目的も答えられず

 そう言えば、こやつはサイバーセキュリティ担当でありながら、「USBって何ですか?」と発言して、世界中が目ン玉飛び出るほど驚いたんだよね。こんなポンコツが適材適所ってんだから、そんなのを任命したペテン総理もまた度し難いポンコツってことだ。

世界が失笑。桜田「USBって何?」大臣が加速させる日本の衰退

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

官邸が望月記者(東京新聞)の口封じを記者クラブに要求!! いわゆるひとつの言論封殺ってやつだ!!

 キャッシュレス化を宣伝するために、初老の小学生・ペテン総理がカードで買物したなんてことがニュースになるんだから、なんとまあお気楽ニッポンであることよ。

 そんなことより、顔も頭も貧相な官房長官・ガースーだ。記者会見における東京新聞の望月記者の突っ込みに、冷笑を浮かべながら木で鼻をくくったような答えしかしないのはつとに有名な話。でも、実際は相当痛いところを突かれていたとみえ、いつだったかは東京新聞宛てに彼女の質問内容について抗議文を送ってイチャモンつけていたほどだ。

 ところが、それでもめげない望月記者に辟易したのだろう。もうお手上げってことで、今度はなんと記者クラブに文書を送りつけて因縁つけましたとさ。こんな具合だそうで・・・。

「文書では『東京新聞の特定の記者』による質問内容が事実誤認であると指摘。そして会見がネット配信されているため、『正確でない質問に起因するやりとり』は『内外の幅広い層の視聴者に誤った事実認識を拡散』させ、『記者会見の意義が損なわれる』と訴える」

 つまり、記者クラブに圧力かけて、東京新聞のモンチッチを黙らせろって言ってるんだね。記者クラブがこれにどう対応する見物なんだが、これまでだって記者クラブはけっして望月記者に好意的ではありませんでしたからね。誰ひとりとして彼女の質問をフォローせず、ガースーの逃げの答弁を糾弾しようとしないんだから、こんな文書送りつけられるのもむべなるかなってことだ。ようするに、記者クラブが舐められちゃってるってわけだ。

 でもって、この脅迫まがいの文書は、総理大臣官邸報道室長の上村秀紀の名前で送られているんだね。先の東京新聞への抗議文もこの男の仕業で、記者会見では「簡潔にお願いします」なんて茶々入れて望月記者の質問をどうにかなきものにしようといつも汗かいている御仁だ。

首相官邸が東京新聞・望月記者を牽制  記者クラブに異様な「申し入れ書」

東京新聞にイチャモン送った”あの”報道室長が、今度は記者クラブにイチャモン送ってた!

 それはともかく、いち記者の質問を規制しろと言わんばかりの文書を記者クラブに送りつけるってことは、いわゆるひとつの言論封殺と言っても過言ではない。この文書が送りつけられたのは昨年末のことだそうだが、いまだに記者クラブから抗議の声が聞こえてこないってことに、この国のメディアがいまどんな悲惨な状況に置かれているかわかろうというものだ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

「全力で埋め立てを進めていく」(菅官房長官)、「一度承認された埋め立て許可が撤回されるなどの変遷があった」(岩屋防衛相)・・・恫喝と責任転嫁! こいつらどこまでもイカれてる!!

 ジュゴンが暮らす辺野古の海に容赦なく投入される土砂・・・反対する声に顔も頭も貧相な官房長官のガースーがこう言い放った。

「全力で埋め立てを進めていく」

 イカレた野郎だ。頭も心も狂ってますね。そして所管大臣であるところのギョロ目の岩屋君は沖縄に責任転嫁する始末だ。

「一度承認された埋め立て許可が撤回されるなどの変遷があった」

 これは、2022年度とされる普天間飛行場返還が辺野古新基地建設工事遅延で遅れる可能性について問われて答えたものだ。普天間の危険性がいまだに解消しないのは沖縄のせいだとさ。もはや狂気の沙汰です。

政府「奇策」連発 普天間22年返還困難 辺野古土砂投入

全力で埋め立て進めると官房長官

・沖縄タイムス
「ぶれることなく、県民の思いに応えたい」 玉城デニー知事のコメント全文

 そもそも、普天間返還と辺野古新基地建設とはリンクしていないんだよね。そんなんだから、「辺野古移設が唯一の解決策」という理屈が成り立つ根拠について、ペテン政権これまで避けてきているんだね。よく口にする「丁寧な説明」ってのをやっちまうと、ボロが出ることがわかってるってことだ。

 だからこその土砂強行投入なんだろうが、そうはうまくいきませんよ。海底の地盤がマヨネーズ並みに軟弱だってことが判明しているんだから、工事を進めるには地盤の改良が必要になってくる。これがけっこう大掛かりな工事なところにもってきて、沖縄県の許可が必要になってるとか。

 そうなれば、また工事は中断して振り出しに戻ることになりますからね。ようするに、普天間の危険性だけが永久に解消されずに放置されるってわけだ。新基地建設利権に群がったシェンシェイたちだけがほくそ笑むって寸法だ。

 そして、沖縄への国家によるレイプは、けっして他人事ではないということ。日本全国、どこでも同じことが起こり得るってことを肝に銘じたほうがいい。土砂強行投入は、それを教えてくれている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三宝会 上杉隆 下村博文 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 橋下知事 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 茨城空港 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 長谷川幸洋 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM