稲田朋美

2017年3月17日 (金)

「総理に対する侮辱」だから証人喚問。民間人でも総理大臣を侮辱したらしょっぴくぞって脅しか&南スーダンPKO日報隠蔽で蚊帳の外。稲田、「お前はクビだ(You're Fired!)!」(by Trump)

 いやあ、昨日の国会議員による森友学園視察中継は凄かった。何が凄いって、TVクルーに向かって「森友学園ガンバレーっ!」って叫び続けていたつむじが右に曲ったのオネーさんだ。なんでも、その世界ではけっこう有名人なようで、全国に雄叫びが流れたんだからさぞかしご満足なことでしょう。

 でもって、森友学園の本名不詳の理事長が、「我々がこの学園を作り上げようとしたのは、皆さん方のご意志があってこそ。しかも、そのご意志の中には、誠に恐縮ですが、安倍内閣総理大臣の寄付金が入っておりますことを伝達いたします」ってのたまってくれちゃいました。ペテン総理の嫁が塚本幼稚園で講演したときに、「主人からです」って100万円いただいたそうだ。

籠池理事長が卒園式でも「安倍首相から小学校設立に100万円の寄付があった」「かなり仲良かったのに裏切られた」

 とうとうペテン総理の名前を本名不詳の理事長が口にしたもんだから、さあ、大変。おそらく、自民党は上を下への大騒ぎだったんじゃなかろうか。早速、顔も頭も貧相な官房長官が、「首相に確認したところ『自分では寄付はしていない。昭恵夫人、事務所など第三者を通じても寄付していない』ということだ」と火消しに走ったものの、「自分では寄付はしていない」ってところが意味深だなんて突っ込まれる始末だ。

 100万円寄付の真偽のほどは現時点ではさだかではないが、菅野完氏が籠池側には付いてますからね。さすがに裏付けのないことは口にしないと思うのだが、果てして結末やいかに。

 というわけで、参考人招致を吹っ飛ばして、いきなり証人喚問と相成ったんだろうが、その理由ってのがなんとも呆れるんだね。なんとまあ、「総理に対する侮辱。たださなきゃいけない」から、証人喚問なんだと。ていうことは、「総理に対する侮辱」があれば民間人の国会招致をするべきだという新しい判断をした、ってことなんだね。つまり、「首領様の批判は許さないぞ」ってわけだ。

自民・国対委員長、籠池氏の招致検討 「総理への侮辱」

 証人喚問となったからには、野党も安閑としてはいられませんよ。籠池発言の裏付けとなるような独自調査がどこまでできるか。まさか、菅野氏頼みじゃないだろうねえ。

証人喚問は籠池理事長だけじゃ意味がない、迫田理財局長、松井知事、昭恵夫人も証人喚問せよ

 ところで、南スーダンPKOの日報の非公表を統合幕僚監部の幹部が指示していたってね。網タイツの防衛大臣・稲田君はまったくの蚊帳の外だったようで、つまりはシビリアンコントロールが無視されてたってことなんだね。ようするに、網タイツのおばさん大臣が舐められてるってことです。国の危機管理を司る大臣自身が国を危うくする原因そのものなんだから、これは洒落にもなりません。「お前はクビだ(You're Fired!)!」(by Trump)

PKO日報 揺らぐ文民統制 統幕幹部が非公表指示

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

「大変失礼なことされたので関係を切った」(稲田朋美)。ここまで言われたら籠池君も黙っちゃいないだろう。さあ、反撃開始!&「小学校認可で国からの要請あった」(松井大阪府知事)。やっぱりな&「首相夫人は私人」を閣議決定。阿呆だろ!&共謀罪強行採決近し!?

 「記憶になかったたげで嘘をついたわけではない」って、物は言い様とはいうものの、こんな言い訳が罷り通ったら何でもありってことだ。もうねえ、網タイツの防衛大臣は詰んでるんだから悪あがきはおやめ、ってなもんです。で、顔も頭も貧相な官房長官・菅君がまたぞろ「まったく問題ない」ってぬかしてるってね。このなんとかのひとつ覚え発言を、毎日新聞社説がくそみそににくさしてくれいます。

(これより引用)

 菅義偉官房長官は稲田氏の責任について「全く問題ない」と早々と語り、安倍晋三首相も擁護する構えだ。

 菅氏は務台俊介・前内閣府政務官が岩手県の台風被害視察を巡り「長靴業界はだいぶもうかった」と軽口をたたいて辞任した際には「不謹慎極まりない」と強く批判していた。虚偽答弁の方が責任はより重大だ。この政権の対応も理解に苦しむ。

(引用終わり)

・毎日新聞社説
稲田防衛相 虚偽答弁の責任は重い

 それにしても、なんでここまですぐばれる嘘をつき通す必要があったんだろう。「安倍晋三記念小学校」疑獄に何らかの関わりがなければ、別に森友学園の本名不詳の理事長との関係を隠す理由ってないと思うけどねえ。

 しかも、裁判に関わってたことがばれてからも、「大変失礼なことされたので関係を切った」なんて口をすべらしている。ここまで言われたら、本名不詳の理事長だって黙っちゃいられないだろう。日本会議から除名されたという噂もあるし、自分の身を守るためにも反撃してきますよ。攻撃は最大の防御なりとも言いますからね。今日、外国特派員協会で記者会見するってのも、その一環に違いない。どんな反撃が飛び出すか。ペテン総理を筆頭に、森友学園と昵懇の皆さんは、さぞかし戦々恐々としていることだろう。

森友問題で答弁ぶれる稲田氏 発言しては修正

稲田朋美と籠池理事長の過去 「大変失礼なことをされた」

 ところで、大阪のチンピラ知事・松井君がゲロっちゃいました。なんでも、「国からは国有地の売り渡しを審議会にはかるため、小学校の認可の見込みを発表してくれと言われた」「国の担当者が大阪府教育庁の私学課に何度も足を運んでいた」そうだ。親分のお子ちゃま弁護士・橋↓君も「近畿財務局から『条件付きでもいいから認可を出してくれ』と言ってきた」って口にしてるようで、とにかく「安倍晋三記念小学校」疑獄から逃げ出そうと必死です。

大阪 松井知事 森友学園の小学校 認可答申の背景に国の要請

 こうなってくると、ペテン総理は、いつ自分と嫁の悪事がバレるか、さぞかし気が気じゃないことだろう。「首相夫人は私人」なんて閣議決定してる場合じゃありませんぜ、ったく。

首相夫人・昭恵氏は「私人」 政府が答弁書を閣議決定

 「安倍晋三記念小学校」疑獄とそれに続く「加計学園」疑惑はペテン総理のアキレス腱になることは間違いないんだが、その間にも共謀罪・種子法・水道法・家庭教育支援法といった重要法案にしっかり目を向けておかないと、とんだけたぐりくらうことにもなりかねないから、そこんところもよろしくの今日この頃なのだ。

「共謀罪」法案、自民の党内手続き終了

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

「根拠あるんですか?そんな質問しないで下さい」(安倍晋三)。加計学園問題で急所突かれてしどろもどろで悪態つく虚け者&稲田防衛大臣は夫婦揃って森友学園の弁護士だった。虚偽答弁で逮捕しろ!!

 いやあ、森友学園に加えて加計学園スキャンダルまで出てきちゃって、国会におけるペテン総理の狼狽ぶりが凄まじい。よっぽど痛いところ突かれてるからなんだろうね。まったく心当たりのないことなら、あれほどブチ切れる必要もないし、ましてや野党の質問に対して、

「特定の人物や特定の学校の名前を出している以上、確証が無ければ極めて失礼ですよ!」
「何か政治的な力を加えたかのごとく質問の仕方。責任を取れるのですか?」
「何か確証を掴んでいるのですか!週刊誌以外に!私人の名前を出すな」
「根拠あるんですか?そんな質問しないで下さい」

 なんて狂ったように喚き散らすこともないだろう。さすがに、質問した社民党のみずほタンも呆れ顔で、「政府の政策が合理的なのか正すのが国会です。政府の審査をするのが国会なのに、なんで総理はその質問に対して恫喝するのですか!」とカウターパンチを放っていた。

 ここまで感情丸出しって、どれだけペテン総理と加計学園の間柄が深いかわかろうというものだ。「安倍晋三記念小学校」疑獄の比ではないほどの金も動いているようだから、ペテン総理の命取りになる大スキャンダルに発展するかもしれない。というわけで、ペテン総理の慌てふためく様をとくとご覧ください。これが日本の総理手大臣かと思うと情けなくなってきますよ。


加計学園で安倍晋三が大興奮3/13福島みずほ:参院・予算委員会   


加計学園!安倍晋三3/13 福島みずほ:参院・予算委員会   

 ところで、森友学園問題では、網タイツの防衛大臣・稲田君が絶対絶命の崖っぷちに立たされたようだ。これまで、森友学園の本名不詳の理事長との関係について「顧問弁護士なんかしたことない」「10年も会っていない」なんて言い訳してたんだが、どれも嘘だったことが暴露されちゃいました。

 森友学園が起こした民事訴訟の第1回口頭弁論に、原告側代理人弁護士として出廷したことを示す裁判所作成記録が出てきちゃったんだから、これはもう国会で虚偽答弁したってことなんだね。さらに、「10年も会っていない」というのも本名不詳の理事長本人に「2年くらい前に会っている」って証言されちゃって、もう辞任するしか道はありません。こんな嘘つきが口にする「道義国家」なんてちゃんちゃらおかしい、ってなもんです。

稲田朋美防衛相、森友学園の訴訟に出廷記録 国会答弁に矛盾

Photo

【HBO】籠池泰典氏緊急独占インタビューby菅野完   

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2017年3月 9日 (木)

森友学園の弁護士だったのは防衛大臣の夫。やっぱり、ズブズブか&「教育勅語の精神は取り戻すべき」(稲田防衛大臣)。頭が糠みそしてますね&森友学園の土搬出業者が自殺!?

 網タイツの防衛大臣・稲田君が森友学園の顧問弁護士していたというのは事実ではないってんで、デマを流した張本人が「反日左翼の皆さん、残念でした」なんてマッチポンプしてたんだが、なんのことはない網タイツの旦那がどうやら顧問弁護士だったってね。デマ流したおかげでやぶ蛇になっちまいました。ようするに、ずっと前から昵懇の間柄ってわけだ。

稲田防衛相の夫は森友学園の弁護士だった

 で、その網タイツの防衛大臣・稲田君なんだが、昨日の国会で教育勅語について、

「日本が道義国家を目指すというその精神は今も取り戻すべきだと考えている」

「教育勅語の精神である日本が道義国家を目指すべきであること、そして親孝行だとか友達を大切にするとか、そういう核の部分は今も大切なものとして維持をしているところだ」

 って答弁したってね。

 頭が糠みそしてますね。そもそも、教育勅語の核ってのは、12の徳目の最後にある「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」ってところにあるわけで、「国に危機が迫ったなら国のため力を尽くし、それにより永遠の皇国を支えましょう」とうことで戦争に駆り立てるための道具として使われていたんだね。だからこそ、1948年には衆参両議院で廃止決議されたってわけだ。

稲田防衛相「教育勅語の核の部分は取り戻すべき」

 個人としてどんな思想を持とうと自由だが、防衛大臣が「教育勅語の精神を取り戻すべきだ」なんて発言するのは、ちょいと前ならそれだけで大臣の首が飛んでます。戦前・戦中の日本の行為に対して「赦すけれど、忘れない」ってのがアジアの近隣諸国の本音なんであって、教育勅語を美化するってのはそうした国の人々にかつての忌まわしい記憶を呼び起こさせることになりますよ、ったく。

 ところで、「安倍晋三記念小学校」のゴミだらけの土の搬出を請け負った土木業者が自殺したって噂が流れている。疑獄事件というと決まって自殺者が出るんだが、果たして真相は?

・田中龍作ジャーナル
【アベ友疑獄】土木業者が自殺 8億円の土、搬出に関係か

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2017年2月 9日 (木)

「私は馬鹿です」って国会で認めちゃう法務大臣&「国会答弁する場合には、憲法9条上の問題になる言葉は使うべきではない」から「戦闘」を「武力衝突」に言い換える防衛大臣

 学歴だけは優秀だが実は地頭が悪い・・・永田町のシェンシェイってのは大方そんな輩ばかりの今日この頃。とうとう、国会で答弁に詰まったあげくに「私は馬鹿です」って認めちゃったシェンシェイが登場した。かつて、言語明瞭意味不明の竹下登に「遅れて出る優良在庫品」と評された法務大臣の金田君だ。

 共謀罪をめぐる質疑で、これまでもトンチンカンな答弁繰り広げて顰蹙を買ってたんだが、ついに感極まったんだろうね。「私の頭脳が対応できなくて、申し訳ありません」って白旗揚げちゃいました。質問した方だって、これじゃあひっくり返りますよ、ったく。こんな当事者能力に欠けた法務大臣が、共謀罪というかつての治安維持法にも匹敵する重要法案の質疑をまかされているってことがどれほど怖ろしいことか。

 これで元大蔵官僚ってんだから、「遅れて出る優良在庫」どころかそもそもからして欠陥品なんだろう。こういうのは、即刻返品するっきゃないでしょう。

 でもって、地頭の悪さとくれば、網タイツの防衛大臣・稲田君だって負けてはいません。南スーダンにPKOで派遣されている自衛隊が日報で「戦闘」があったって報告していたことが発覚したんだが、これまで「武力衝突」ということでお茶を濁していたんだね。そこをつつかれて、網タイツが言うことにゃ、「国会答弁する場合には、憲法9条上の問題になる言葉は使うべきではない」から「戦闘」を「武力衝突」に言い換えたんだとさ。

 まるで、落語の「長屋の花見」の世界ですね。気分だけでも盛り上がろうってんで、「沢庵」は「玉子焼き」、「大根の漬物」は「蒲鉾」ということにしてのドンチャン騒ぎ、ってなもんです。

 それにしても、「国会答弁する場合には、憲法9条上の問題になる言葉は使うべきではない」ってのは、言いも言ったりですね。まさに、「撤退」を「転進」、「全滅」を「玉砕」と言い換えた大本営そのままってことだ。

9条問題、言葉で操る 「戦闘」は問題になるから「武力衝突」に

稲田防衛相答弁全文書き起こし

 これって、ただの言い換えではすまないだろう。事は、憲法の恣意的解釈にも関わってくることだ。ただでさえ、ペテン政権ってのはこういう言い換えを多用してますかね。「共謀罪」が「テロ等準備罪」なんてのもその典型で、そういえばオスプレイの「墜落」もいつのまにか「不時着」になっていたっけ。

 こういう危険な言葉遊びは、それをまったく放置しているメディアにも大きな責任がある。言葉をないがしろにしていると、そのうち「自由」がとてつもなく恋しくなる不幸な時代がやってきますよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

網タイツの靖国参拝、オスプレイの空中給油訓練再開・・・どちらも真珠湾訪問のバーターなのだろう。裏取引だらけの政治ショーで支持率上がっちゃうんだから、国民もいかれてるってことか。

「靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、『祖国に何かあれば後に続きます』と誓うところでないといけないんです」

 これは、網タイツの防衛大臣・稲田君が、かつて雑誌『WILL』のインタビューに応えたものだ。その網タイツは、昨日の靖国神社参拝なついて、「未来志向に立って日本と世界の平和を築いていきたいという思いで参拝した」とほざいているが、さすが親分のペテン総理と同じで息を吐くように嘘をつくことが習い性になっているってことなのだろう。

稲田防衛相が靖国神社参拝、就任後初「未来志向に立ち」

 でもって、おそらくこの靖国参拝は、ペテン総理の真珠湾訪問とのバーターでもあったに違いない、大スポンサーである日本会議の顔も立てなくちゃいけませんからね。網タイツの靖国参拝をオバマに懇願しただろうことは容易に想像つこうというものだ。

 そういえば、去年の暮れの日韓合意の時にも、コッソリとペテン総理の女房が靖国参拝してたっけ。あれも、日本会議の思惑を気にしてのことだったっけね。

 さらに、オスプレイの空中給油訓練再開も、おそらくバーターのひとつだったのだろう。靖国参拝のためなら沖縄を売るのも厭わないってことだ。

・オスプレイ、空中給油訓練を再開へ 米軍、来月から

 こんなバーターだらけの真珠湾訪問で支持率がまた上がったそうだが、もうねえ、こういうあからさまな政治ショーにコロリといかれるのはヨシコさんなんだが、選挙のたびに自民党に投票するひとたちってのは、どこかネジが外れちゃってるんでしょうね。

 でも、こういうひとたちが、先の戦争でもわかるように、自分の不勉強を棚に上げて「自分たちは騙されていた」っていずれ口にするようになるんだよね。なんだか救いのない年末になっちまったもんだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

豊洲から基準値の7倍の水銀。「直ちに人体に影響はない」(専門家会議)からって移転しちゃいかんだろう&「戦闘が起きた」って自衛隊員に説明受ける防衛大臣。ん?「衝突」じゃなかたのね(爆)

 豊洲新市場の謎の地下空間の空気中から国が定める基準値の7倍の水銀が検出された。もうなんでもありの汚染状況なんだが、それでも専門家会議のシェンシェイ方は「直ちに人体に影響がない」とかつて聞いたことのあるコメントしとります。

 でもって、地下水から環境基準を上回るベンゼンやヒ素が検出された問題にいては、「これから二年間安定するまで、地下水監視を継続する必要がある」ってさ。市場関係者からは早くも風評被害がどうしたこうしたって意見が出てきているようだけど、汚染されているのは事実なんだから、まずはそのことを直視すべきなんだね。となれば、これから2年間も地下水のモニタリングを続ける必要があるような場所に移転なんかしてはいけません。移転を強行したら、風評被害どころか、現実に汚染による事故だって起きかねませんからね。

豊洲地下の水銀「直ちに影響ない」 専門家会議、発生源調査へ

 何度も書くけど、そもそも汚染された土地に魚市場を移転させようっていう計画そのものが馬鹿げているわけで、誰がいつ何のために移転を決めたのかを一刻も早く解明することです。そのためには、レイシスト石原君をお白洲に引きずりだすことだ。

 このところ、ぼったくりバーのチーママ・小池君は、何かにつけて「総合的な判断」って言葉を口にするけど、いまのところはいろんなひとの意見を聞きましたってパフォーマンスをしているようにしか見えないんだよね。「総合的な判断」するためには、物事の核心をしっかりと認識しておく必要がある。「なぜ豊洲なのか?」という原点に食い込む勇気と覚悟が、チーママにはいま問われている。

 最後に、南スーダンについてのTBS『報道特集』の貴重なルポを紹介して、今日のところはお後がよろしいようで。網タイツの防衛大臣に自衛隊員が「ここで戦闘がありました」って説明しているから、そこのところよろしくです。

南ス―ダンPKOの現実20161015houdoutokusyu 投稿者 gomizeromirai

【くろねこの競馬予想】

 シンハライトが戦線離脱して、今年の秋華賞は大混戦というより大混乱。今年から重賞に格上げされた紫苑ステークス組が人気だが、ビッシャ、ヴィブロス共に小柄な馬だけに馬体重が気になるところ。ここは素直に秋華賞に直結するトライアル、ローズステークス組から狙ってみたい。

 シンハライトの強さだけが目立ったローズステークスだが、大敗したとはいえジュエラーは桜花賞馬。骨折明けということを考えれば巻き返しは十分。本命はこの馬。相手にはローズステークス3着のカイザーバル。紫苑ステークス組からはレース中不利があったヴィブロスが面白い。前残りの大穴にクロスコミアか。
◎ジュエラー、○カイザーバル、▲ヴィブロス、△ビッシュ、レッドアヴァンセ、デンコウアンジュ、パーシスベスト、クロスコミア

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

「TPPバスの終着点は日本文明の墓場」(稲田朋美)VS「TPP反対なら、信念貫きなさいよ!」(福島みずほ)。国会で叱られてやんの。おお、恥ずかしい。

 ボブ・ディランにノーベル文学賞! 1978年、ディランの初来日コンサートは武道館だった。純白のスーツとショールをまとったディランが黒人のバックヴォーカルを引き連れて登場。そのステージは、熱く、そしてソウルフルだった。ジョンが生きていたら、ノーベル賞受賞にどんなコメントしただろうか。

 それはともかく、TPPが審議入りするそうだ。維新は協力を表明して、すっかり連立与党になった気分。これからは野党とは言わせない。それにしても、なんでこうもTPP批准を急ぐんだろうね。アメリカは、クリントンになろうが、トランプになろうが、少なくとも現状のTPPは批准するつもりはありませんからね。だいたい、こういう重要な政策の成立をロク審議することなく進めようという時には、いつだって裏があると思った方がいい。

TPP承認案と関連法案、きょう審議入り

 TPPは農業はもちろんだけど、水産業にだって多大な影響がある。築地の豊洲移転を急いだのも、実はTPPと関係があるとも噂されている。豊洲移転に伴って、大卸し7社を3社に絞り込もうとしているそうで、そのうちの1社はゴールドマンサックスが大株主なのだとか。セリを廃止して電子商取引を導入することで、魚食文化を支えてきた仲卸業者の目利きをすべて排除しようという、ここでも効率こそが正義というアメリカ資本が席巻しようってわけだ。

・田中龍作ジャーナル
築地移転の核心 TPPとセリの廃止

 でもって、口は災いの元で攻め立てられている網タイツの防衛大臣・稲田君が、自民党が野党時代に「TPPバスの終着点は日本文明の墓場」って新聞のコラムに書いていたってね。さらに、月刊誌の対談では、「農業だけの問題じゃない。日本の文明、国柄の問題」「TPPは日本をアメリカの価値観で染めること」とも語っていたそうだ。その認識は正しい・・・のだが、自民党が政権に復帰したとたんに「TPP賛成」ってんだから、そりゃあ社民のみずほたんに「TPP反対なら、信念貫きなさいよ!」と叱られちゃうわけだ。おお、恥ずかしい。

社民党の福島瑞穂氏が稲田防衛相に声荒らげる「信念貫きなさいよ!」

 それにしたって、資料出せと言えば黒塗りののり弁状態で、さらに誤訳まであったというTPP関連文書でどうやって審議しろってんだろうね。6000ページはあろうというTPPの資料をまともに読んだ議員だって、果たして何人いるかわかったもんじゃない。最後は強行採決ってことなんだろうが、解散の風が吹いているいま、事はそう単純にいかないだろうから、どうなることやら。

 最後に、ドタキャンの泉田元新潟知事が退任の挨拶でペテン総理と面会したそうだ。土建政治の二階君も同席だそうで、泉田君は知事選を戦っている米田君の後継指名はしないってね。なんだかいやな感じだなあ。泉田君、ちょっとおかしい。

自民幹事長、新潟県知事選で泉田氏に支援要請

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

「南スーダンは戦闘ではなく衝突」(稲田防衛大臣)って言うなら、銃撃戦で犠牲者が出ても「事故死」ってことか&いまどき「旧姓使用認めない」って、東京地裁はいつの時代のつもりだ。

 たった7時間の南スーダン視察で「駆け付け警護」のアリハイ工作をした網タイツの防衛大臣・稲田君が、国会で野党の集中砲火を浴びて連日の火達磨。昨日は南スーダンで7月に起きた大規模な戦闘について質問されて、「戦闘行為ではなく衝突だ」ってアホ抜かしてました。でもって、ペテン総理も「武器をつかって殺傷、あるいはモノを破壊する行為はあった。我々はいわば勢力と勢力がぶつかったという表現を使っている」って間抜けな答弁で火に油を注ぐ始末だ。

 国会審議している最中にも南スーダンの首都ジュバ近郊で市民21人が反政府勢力の襲撃を受けて死亡したというニュースが流れている。これこそ網タイツの防衛大臣が言うところの「戦闘行為とは、国際的な武力紛争の一環として行われる人を殺傷しまたはモノを破壊する行為」なんじゃないのか。

・・安倍首相「戦闘ではなく衝突」 ジュバの大規模戦闘

自衛隊PKO活動の南スーダン 襲撃で市民21人死亡

 「戦闘ではなく衝突」という言葉のすり替えは、「自衛隊のいるところが非戦闘地域だ」ってのたまったワンフレーズ小泉君の詭弁と同じなんだね。こんな言葉遊びで「駆け付け警護」という新任務を自衛隊員に課すとはねえ。ひとの命を弄ぶって意味では、この国の政治は北朝鮮のそれと同じくらい野蛮ってことです。

 このままだと、万が一「駆け付け警護」で戦闘に巻き込まれて亡くなったとしても、「衝突」なんだから「事故死」ってことになるね。自衛隊員はもちろん、家族はやりきれませんよ、ったく。

 ところで、東京地裁が女性教諭の旧姓使用を認めないって判決を出した。いまどきすさまじい判決だ。夫婦同性を合憲とした最高裁だって「改正した側の不利益は女性が受ける場合が多いが、旧姓の通称使用が広まることで一定程度緩和できる」って言ってるんだよね。それなのに、東京地裁は「戸籍姓は婚姻前の姓より高い個人の識別機能がある」「旧姓使用は戸籍姓と同じように使うことが根付いているとまでは求められない」っってんだから話になりません。

旧姓使用 東京地裁、認めず 女性教諭の訴え棄却

 このズボラな判決を出した東京地裁の判事は全員男だったそうで、つまりはペテン総理一派がたくらむ戦前の「家族制度」を頭に浮かべての判決なんだろうね。妄想だけど。ハッキリ言って、こういう時代の流れに逆行する、社会常識の欠如した裁判官の存在ってのが、ペテン総理一派による司法の取り込みを許しているんだね。

 この判決を受けて、訴えられていた日大三中・高の理事は「主張が裁判所に理解されたと評価している」ってコメントしているようだけど、もう甲子園に出場しても応援してやらんからね。って、生徒に責任はないか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

「駆け付け警護」にゴーサイン出すためのアリバイ作りの視察なんて自衛隊員にはさぞかし迷惑なことだろう&「通常『白紙領収書に後で記入』などという事は税法上・会計法上認められません」(税務署の回答)。さあ、どうする、どうする、国税庁!

 マラリヤの予防接種でアレルギーが出たとかでドタキャンした南スーダン視察に、今回ばかりは仕方なく出かけた網タイツの防衛大臣・稲田君なんだが、ようするに駆け付け警護にゴーサイン出すためのアリバイ作りみたいなもんで、迎えた自衛隊員もさぞや迷惑なことだろう。

南スーダン現地の支援関係者は、PKOの「駈け付け警護」に誰も期待していない!?

 で、その網タイツの防衛大臣も連座している白紙領収書問題について、この連休中にTVはどんな報道をするのか興味津々だったんだが、ほとんどの局がスルーしていたような・・・。こうなったら、連休明けに国税庁がコメント出すかどうかがポイントだろう。

 民進党がこの問題にあまり積極的でないのは、おそらく自分たちにもやましいところがあるからなんだね。だから、政党助成金を拒否している共産党の独壇場になるのは当たり前の話で、もし国税庁がこの問題を無視するようだったら、そこのところもとっちゃん坊や・小池君には突っ込んで欲しいものだ。

白紙領収書“問題ない”の強弁 自民の常識は国民の非常識

 「政治資金規正法上、政治団体が徴収する領収書に際して、発行者側の作成法についての規定はなく、問題ない」(菅官房長官)とか「互いに面識のある主催者と参加者の間では、主催者側の了解のもと、参加者側が記載することが、しばしば行われていることだ」とか稲田防衛大臣)、さらには「発行者側の領収書作成方法の法律上の規定はない」(高市総務大臣)とか、ペテン師どもの神をも恐れぬ発言は、明らかに法律違反なんだら、国税庁は役所の威信を賭けてでも政治屋どものたわ言を糾弾するのが筋ってもんだ。

 「健康になるためのブログ」さんの記事に税務署に白紙領収書について確認したひとの報告が載っていたが、「国会の事は分りませんが、通常『白紙領収書に後で記入』などという事は税法上・会計法上認められません」という回答だったとか。これが世間の常識ってもんだ。

【だよね~】税務署・国税庁に電話した人によると「白紙領収書は認められない・問題がある」という回答とのこと

 どなたかが「箸をペンに持ち替えろ」とジャーナリズムに檄を飛ばしていたが、ペテン総理の奢りに腹膨れた奴らには糠に釘なんだろうなあ。ひょっとしたら、新聞・TVも白紙領収書が飛び交ってるんじゃないのか・・・いつもの妄想だけどさ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 稲田朋美 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM