稲田朋美

2017年8月11日 (金)

自白強要しても「注意処分」でチャラ。日報隠蔽しても大臣辞職で幕引き、内部文書破棄しても官僚は大出世、あげくに「ここは質問に答える場所ではない」と記者会見で発狂する官房長官・・・ああ、日本が壊れていく!!

 万引きの疑いで事情聴取された中学生が、警官からヤクザまがいに脅されて自白を強要されていたってね。中学生の父親がICレコーダーを持たせて録音していたおかげで発覚したってんだが、録音していなかったらそのままウヤムヤにされていたんだろう。結局、中学生の万引きへの関与は認められなかったってんだが、取り調べた警官は注意処分でお咎めなしだと。警官の取調室における恫喝ってのは常態化しているわけで、当事者への厳罰はもちろん、取り調べの全面的可視化をしない限り、こうした下衆な警官は後を絶たないことでしょう。

取調官少年に暴言 弁護士会警告

 人権無視とも言える暴言吐いても「注意処分」でシャンシャンとはなんとも手ぬるいもんだが、手ぬるいとくれば国会議員のシェンシェイほどその恩恵に浴している人種はいない。閉会中審査への出席を拒否した網タイツ・稲田君なんかその最たるもので、日報隠蔽容疑をかけられているってのに、大臣辞職したからそれですべてチャラだとさ。

日報問題 防衛相、再調査を拒否

 こうした手ぬるさは森友学園疑獄、加計学園疑獄も同じで、だからこそ官僚どもは平然と議事録などの文書を破棄しちまうんだね。自分たちには司直の手は伸びない、ってタカをくくっているわけだ。なんてったって、日本の国会は独自調査の権限が極めて脆弱ですからね。政治家や官僚の疑惑は、与野党一体となった委員会を設置して徹底的に追求するアメリカとは雲泥の差だ。

 こんなんだから、財務省と森友学園との国有地買収にまつわる録音テープが出てきたりしても、「何それ?」で終わっちまう。加計学園疑獄では、今治市の職員と首相秘書官が面会していた事実が発覚したってのに、これまた「だから何?」でスルーされちまう。

学部新設、面会後に動く 首相秘書官、加計幹部に応対

 本来なら、新聞・TVがここを先途とキャンペーン張らなくちゃいけないんだよね。近頃は、「メディアにも責任はある」って口にするコメンテーターなんかもいるんだが、結局は口先だけのアリバイ作りなんだから、さらに罪深い。

 顔も頭も貧相な官房長官・菅君は、東京新聞の望月記者の粘り強い質問攻勢についに白旗上げて、「ここは質問に答える場所では私はないと思います」って思わず口にした。これですよ。こうやって執拗に質問を繰り返す。それで相手が根負けすれば、本音のひとつもポロリと出てくるんだね。

菅官房長官が壊れ始めた! 会見で「ここは質問に答える場所じゃない」、自分の著書のことを「知らない」

 森友学園疑獄、加計学園疑獄、日報隠蔽問題の3セットを幕引きさせないためには、メディアの粘り強い調査報道こそが必要なんだが、いまの日本にはそれがない。それこそが、この国が抱える最大の悲劇なのだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

参考人招致拒否ってことは、やましいことがあればこそ&補助金返還してるし、逃亡の恐れもない籠池夫妻を逮捕する理由ってあるのだろうか?

 頭が「空」の網タイツ・稲田君が、閉会中審査への参考人招致を拒否したってね。出席すれば袋叩きにあうのは目に見えているから、どんなそしりを受けようとここは忍の一字ってことなのだろう。しかしまあ、辞任さえすればそれですべてチャラとは、政治家シェンシェイってのはなんて美味しい商売なんだろう。

 いちご鼻の竹下君なんか「(辞任という)一番重い責任の取り方をした。辞任した閣僚を国会に呼び出すことはやってはいけない」だとさ。「首相を侮辱した」って喚いて民間人の籠池君を証人喚問で国会に引っ張り出したくせに何言ってやがる。そもそも、網タイツは辞任でなくて更迭だろう。

自民、稲田氏招致を拒否 閉会中審査

 網タイツが辞任せざるを得なくなったのは、日報隠蔽という安全保障に深く関与する案件なんだよね。さらに、都議選での「防衛省、自衛隊、防衛大臣としてもお願い」発言もある。これなんか、明らかな公職選挙法違反で、失言や暴言どころか法律違反を犯してるってことなんだね。

 だからこそ、辞任したからって問題がチャラなになったわけではない。「ごめん」ですむなら警察はいりませんよ、ったく。

 でもって、これは余談なんだけど、参考人拒否でやたら強気のいちご鼻の竹下君の一族が経営する建設会社が加計学園の工事を受注してるんだとか。ふ~ん、こいつもやっぱり加計学園に一枚噛んでいたのか。どいつもこいつも、ロクなもんじゃありません。

加計学園問題で前川氏の証人喚問を拒否していた竹下自民国対委員長、やっぱり利害関係者でした

 ところで、籠池夫妻が2度目の事情聴取で逮捕された。逮捕そのものは予定調和みたいなもんだから驚きはしないが、搾取したとされる補助金はすでに返還されているわけだし、逃亡の恐れだってないし、もちろん家宅捜査で証拠の数々は押収したんだから証拠隠滅の恐れだってない。てことは、本来なら逮捕する理由ってないんだよね。逮捕するなら、それこそ1回目の事情聴取の時にすればよかったんであって、このいまさら感は何なんだろう。

 逮捕ということで、これまでオフレコになっていた籠池君の証言なんてのがポツポツと出てきているようだし、結果としてペテン総理と私人の嫁は枕を高くして眠れない夜が続くんじゃなかろうか。そう思えば、なんとも愉快な今日この頃なのだ。

「逮捕後公開」を条件に籠池氏が明かしたこと

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

日報隠蔽問題は「かねてより首相に相談していた」(稲田朋美)。「一切、報告を受けていない」(安倍晋三)って言ってたのは、やっぱり嘘だったか!&「政治生命を懸けた冒険しないか」(田原総一朗)ってペテン総理に持ちかけたとか。思わせぶりなその態度は何だ!!

 何なんだろうね。特別防衛監察ってのは。結局、何がなんだかわっからないのよ、って言ってるようなもんなんだね。シンプルに考えれば、廃棄したとされていた南スーダンPKO日報が、実は陸自のPCにデータとして残っていて、そんなこといまさら言えますかいな、ってんで会議を開いて隠蔽することにしようって協議したってことなんだね。

 で、その会議には、網タイツの防衛大臣・稲田君をはじめ、背広組トップの事務次官、制服組の幹部が勢揃いしていたわけで、いくらなんでも網タイツの防衛大臣が日報隠蔽について「トモチン、知らなかった」では通りません。だからなんだろう。昨日の辞任会見では、「報告を受けたという“認識”はない」(“”はくろねこ)って言葉を繰り返してたんだね。

 監察結果でも「文書としての報告はなかった」って意味のことが書かれていて、ここって肝です。つまり、「文書はない」けど「口頭での報告はあった」かもしれない・・・ってことを匂わせているわけだ。「口頭での報告」だったら、稲田君の言うところの「認識がない」ってのも成立しなくもない。ようするに、「言った言わない」の世界ですからね。

日報隠蔽 閉会中審査へ 稲田氏関与の可能性残る

特別防衛監察結果要旨

 でもって、辞任会見で最も注目すべき発言が、 これです。

「日報問題で世間を騒がせ、責任を免れないと思っていた。私の正直な気持ちについて、かねてより首相に相談していた」

 そうかい、そうかい。でも、ペテン総理は国会答弁で、「一切、報告を受けていない」って言い募ってたんじゃなかったか。もし、「かねてより」相談されていたとしたら、国会で虚偽答弁したってことになりますね。これって、大臣規範に抵触するんじゃないかと突っ込まれるのを恐れるあまり、「今年は1月20日に知った」と口走っちまった加計学園疑獄と同じゃないのか。

 つまり、南スーダンOKO日報隠蔽を自衛隊の最高指揮官たる総理大臣が、問題発覚前から知っていたってことになったら、これは総理大臣自ら隠蔽に関わっていたってことになるわけで、ペテン総理としては口が裂けても「報告を受けていた」なんてことは言えるわけがない。

 ひとつの嘘を正当化するために、嘘の上塗りをし続けるという負のスパイラルに、ここでも陥っているわけだ。ざまあ~みろ。

稲田防衛相 「かねてより…」繰り返す 記者会見の要旨

 どうやら、南スーダPKO日報隠蔽問題についての閉会中審査が8月7日の週にも開かれるそうだが、網タイツの元防衛大臣の参考人招致はどんなことがあっても引き出さなくてはいけない。それにしても、ペテン総理の欠席を早々と受け入れちまった民進党ってのは、とことん一般大衆労働者諸君の心理ってのがわかってないんだね。

 最後に、電波芸者の田原総一朗君がペテン総理とランチして、「政治生命を懸けた冒険をしないか」と提案したんだとさ。「(衆院)解散ではない。そんな細かい問題ではない。そのうち分かる。そんな遠くない」って記者を煙に巻いたってんだが、こういう思わせぶりするところが電波芸者たる由縁なんだね。ホント、迷惑な御老体だ。ペテン総理ごときに「政治生命を懸けた冒険」されてたまりますか、ケッ!

「政治生命懸け冒険を」=安倍首相に田原氏提案

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

稲田防衛大臣、命運尽きて辞任も、南スーダン日報隠蔽問題隠しが本音か!?&民進党も蓮舫代表辞任。次が誰になっても、立憲主義、脱原発を鮮明にしない限りは民進党に明日はない&「ほぼ黙秘」の籠池夫妻を逮捕できなかった(?)大阪地検特捜部。

 南スーダンPKO日報隠蔽問題で、ようやく網タイツの防衛大臣・稲田君の命運が尽きました。とは言え、日報隠蔽問題が解決したわけではなく、とりあえず事務次官と陸幕長が辞任したことを受けて、その監督責任をとってのことってんだから、うがった見方をすれば日報隠蔽問題をこれ以上ほじくってほしくないってことなんじゃなかろうか。

 それを裏付けるかのように、日報隠蔽問題についての閉会中審査に稲田君の出席を拒否する方針なんて声も上がっている。これじゃあ、閉会中審査を開く意味がない。

稲田防衛相が辞任へ 日報隠蔽の混乱で引責 首相、問われる任命責任

 本来なら、ここを先途と野党は一斉攻撃かけなくちゃいけないってのに、そのリーダーシップを取るべき民進党がお家騒動で代表のクラリオン蓮舫君が突然の辞任ってんだから間が抜けている。でもって、次の代表として上がってるのが、二枚舌の猪八戒・枝野君や湯上りの口先番長・前原君とくるんだから民進党も人材難なんだね。

 期待されていたアニー山尾君は、今週末投開票の横浜市長選で自公推薦でカジノ推進の現職の応援演説して顰蹙を買っている。せっかく「カジノか中学給食か」を争点にして民進、共産推薦の候補が追い上げてるってのに、自主投票で民進党が割れているとはいえ、これはないぜ、山尾君! 仙台市長選の勝利に続いて、自民党を叩きのめす最大のチャンスだろうに。何やってんだか。

 9月にも民進党の代表選があるそうだが、誰が代表になろうと、立憲主義、脱原発を鮮明に打ち出さない限りはけっして明日はやってこない。それには、改憲&原発推進を金科玉条としている輩を党から一掃しなくてはいけない。それには、湯上りの口先番長・前原君が偽メールでしくじった時に、その後を継いで豪腕を発揮したオザワンのような老獪な人材が必要なんだが、果たしてそんな人物がいるかだろうか?。

孤立の蓮舫氏、突然の辞任 混迷民進「幹事長受け手なし」

 最後に、「籠池夫妻、今日にも逮捕か」と昨日の朝刊で煽った読売新聞が赤っ恥かいちゃいました。なんと、5時間の事情聴取が終わって、籠池夫妻は元気に帰宅。大阪地検特捜部は、これからも立件に向けて事情聴取してくってんだが、逮捕するなら確かに昨日なんだよね。それが、森友学園疑獄のように世間を騒がせた案件の通常のやり方なんだから。

 ひょっとして、逮捕しちゃって裁判になったら、ペテン総理の私人の嫁まで捜査の手が及ぶ可能性があるから、一応世間向けのパフォーマンスで籠池夫妻の事情聴取したんじゃないのかねえ。妄想だけど。

 籠池前理事長は「ほぼ黙秘した」って言ってるから、それだけで通常は逮捕なんだけどなあ。大阪地検特捜部に何があったんだろ? NHKが財務省と森友学園との事前交渉をスクープしたことと関係あるんだろうか・・・う~ん、謎が謎呼ぶ疑獄事件なのだ。

大阪地検特捜部 聴取に籠池氏ほぼ黙秘

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

加計学園理事長のいない集中審査なんてアリバイ作りみたいなもんだろう&防衛大臣が特別監察に事情聴取されるって、シビリアンコントロールの崩壊なんじゃないのか!?

 加計学園疑獄に関する集中審査で、「腹心の友」の加計学園理事長とペテン総理の私人の嫁の参考人招致を自民党が拒否したってね。そりゃあ認めるわけにはいかないだろう。なんてったってこの二人とペテン総理をあわせた三人組が主犯なんだから、へたすればすべてバレちゃいますからね。

 おそらく、「学芸員はがん」発言の地方創生大臣・山本君が、身を粉にしてペテン総理に累が及ばないように嘘を突き通すんでしょう。こうなったら、是非とも銃医師会幹部も参考人招致して、とことん「学芸員はがん」発言の山本君の嘘を追及してほしいのだが、獣医師会はどんな判断をするのだろう。加計学園疑獄に関してはいろいろ含むところのある獣医師会顧問の北村直人君が国会に参上したら面白いことになるんだが。

陸自「非公開了承」 稲田大臣は全面否定_山本大臣「京都だって追加であり得る... 投稿者 gomizeromirai

 ところで、南スーダン日報隠蔽問題で網タイツの防衛大臣・稲田君が特別防衛監察の聴取を受けた。特別防衛監察を指揮する立場の防衛大臣自らが聴取されるってのは、シビリアンコントロールという観点からも由々しき事態じゃないのか。辞任がどうしたこうしたなんて生易しいこと言ってる場合じゃないだろう。即刻、罷免だ。

PKO日報 特別監察 稲田氏を聴取

 こやつは、かつて野党だった時に、当時の民主党の防衛大臣に「あなたの役目はこの国を守ることであって、あなたの身の保身を守ることじゃありませんよ。いいかげんにしてくださいよ」って発言したことがあるんだが、まさにその言葉がブーメランになって降りかかってきているわけだ。

 こんなのをいまだに大臣のまま置いておくってのは、やっぱり日本会議のご意向ってのが背景にはあるのかもね。日本会議にとってはペテン総理なんか実はどうでもよくて、網タイツの防衛大臣こそが重要ってことだ。だから、ペテン総理に稲田は切れない・・・なんて巷の噂も楽しい土曜の朝てある。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2017年7月19日 (水)

南スーダンPKO日報隠蔽に稲田防衛大臣が関与! 加計学園疑獄に加えてのスキャンダルで、こうなると時間配分を理由に、集中審議中止ってことも十分考えられる。

 頭上で雷がゴロゴロと鳴るも、我が家の周辺では雨も雹も降らず、なんとも肩透かしの昨日の午後であった。

 肩透かしとくれば、24日で調整されている集中審議だ。この期に及んでも、まだ自民党が半々の質問時間に固執するもんだから、ちょいと雲行きが怪しくなってきた。そもそも、自民2:野党8という質問時間の配分がこれまでのルールで、さらに言えば今回の集中審議ってのはペテン総理への疑惑が引き金になってるんだから、そもそも自民党がゴネる権利なんてないはずなんだね。

 で、不思議なことに、そうした自民党の言い掛かりについて、新聞・TVは積極的な批判をしないんだね。加計学園の集中審議を決定した直後に、似非ジャーナリストの鮨友と企んだ悪巧みってのがこうした報道管制だったりして。

【最悪最低】閉会中審査出席でも安倍総理は逃げ回る!

総理出席の集中審議めぐり与野党が攻防_民進党・蓮... 投稿者 gomizeromirai

 そんなところにもってきて、網タイツの防衛大臣・稲田君が南スーダンPKO部隊の日報隠蔽を容認していたことが発覚。日報隠蔽が問題になっていた時、網タイツの防衛大臣は「報告はない」「改める隠蔽体質があれば私の責任で改善したいきたい」って国会では答弁していたんだね。これがすべて嘘だったというわけだ。

 つまり、大臣と自衛隊がグルになってよからぬ企みをしていたわけで、これってシビリアンコントロールがきかなくなっていることの証じゃないだろうか。もっと怖いのは、自衛隊の意のままに防衛大臣が動かされていたんじゃないかってことだ。

稲田防衛相、組織的隠蔽を容認 陸自にPKO日報、国会で虚偽答弁

 PKO日報の隠蔽会議に本当に網タイツの防衛大臣・稲田君が出席していたとしたら、ペテン総理の任命責任も当然のごとく問われることになる。こうなると、集中審議はいっそうやりたくないんじゃないのかねえ。となると、質問時間の配分で自民党が折れることはないかもね。

 結局、野党が強行に拒否していることを理由にして、集中審議の開催中止ってことで逃げ切ろうとするんじゃなかろうか。ここまで支持率下がれば、へたに集中審議で醜態さらすよりはキズは浅くてすむかもって計算が働いても不思議じゃない。

 おそらく、今日当たりから、集中審議をめぐる野党の対応を鮨友たちがいっせいにdisり始めるんじゃなかろうか。TBS『ひるおび』の田崎スシローがどんな提灯コメントするか、興味津々の梅雨明け間近の朝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

AKB48総選挙に2800万円の国費投入!&「台風来てるの? 知らなかったー!!」(稲田防衛大臣)&「安倍辞めろコールはプロの活動家の妨害」に総理の私人の嫁が「いいね」!!

 AKB総選挙に2800万円の国費が使われていたってね。「沖縄観光の発展に資するという名目で、会場設営費等が助成の対象になった」からなんだと。網タイツの防衛大臣・稲田君が沖縄の小中学校へのクーラー設置のための空調費の廃止を発表したばかりだってのに、なんか世の中狂ってきてるなあ。

OKN48

 で、その網タイツの防衛大臣は、九州豪雨の真っ最中に支援者との会合に出席していたことが発覚して顰蹙買ったと思ったら、なんと「えーーー? 台風が来てるの? 知らなかったーーっ! ニュースになってなかったよね」ってお付きの秘書官に言ったって噂になっている。「戦争は人間の霊魂進化にとって最高の宗教的行事」と信じて疑わない大馬鹿者だけに、そうしたことも平然と言ってのけても不思議ではないんだろうが、やっぱりこの国は狂ってる。

稲田防衛相、九州豪雨災害時に「台風来てるの?知らなかったーっ!」と秘書官に発言し波紋

 狂ってるとくれば、もうこの御仁の右に出るものは見当たりません。ペテン総理の私人の嫁です。なんでも、秋葉原における「安倍辞めろコール」を「プロの妨害」と決め付けたfacebookの投稿に、「いいね」ボタンを押してたってね。「割れ鍋に綴じ蓋」というか、「似たもの夫婦」というか、いずれにしても近来希に見るバカップルであることは間違いない。問題は、それが総理大臣夫妻ってところで、ホント、洒落にならなくなってきた今日この頃なのだ。

「やめろコールは活動家の妨害」 昭恵氏が「いいね!」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

九州豪雨の真っ最中に、防衛大臣が1時間以上も外出で不在。「いまそこにある危機」より優先することってあるか!?&「(ミサイルは)原子炉に落とすなら東京都のど真ん中に落としたほうがよっぽどいい」(田中俊一原子力規制委員会委員長)。正気の沙汰ではありません。

 記録的な豪雨で九州がとてつもない被害を受けている真っ最中に、網タイツの防衛大臣・稲田君が防衛省を1時間以上も不在にしてたってね。しかも、その理由が「民間の方々との防衛政策に関する勉強会に出席していた」というんだから、何をかいわんやなのだ。「いまそこにある危機」より、民間との会合を優先するとはねえ。

 都議選で「防衛省・自衛隊、防衛大臣、自民党として応援する」って喚いて罷免を要求されていることについて、田崎スシローは「北朝鮮がミサイルを打ち上げている時に防衛相交代なんて、無理でしょ」って言い放って呆れられていたが、北朝鮮のミサイルが飛んでくる時だからこそ首にしなくちゃいけないんだよね。そこに加えて、今回の九州を襲った豪雨だもん。防衛大臣が安全保障上最大のネックってのは、洒落にもなりませんよ。

 ちなみに、副大臣と二人の政務次官も外出していたそうで、こうした実態に顔も頭も貧相な官房長官・菅君は「対応に問題があったとは考えていない」だとさ。だったら、どこがどう問題じゃないのか、ちゃんと説明責任を果たしやがれ。説明責任というのは、単に言い訳するだけでなくて、ちゃんと相手を納得させられるものでなくてはいけないんだからね。そこんところよろしく。

九州豪雨で特別警報中 稲田氏ら防衛政務三役が一時不在

 洒落にもならないのがもうひとつ。なんと、原子力規制委員会の田中委員長が北朝鮮ミサイルの原発攻撃対応を問われて、「北朝鮮の技術がどの程度か分からないが、小さな原子炉に落とすなら東京都のど真ん中に落としたほうがよっぽどいい」って冗談めかして言い放ったそうだ。世の中にはたとえ冗談だとしても言っていいことと悪いことがある。なんか、そういう当たり前のことに、公人とされるひとたちがあまりにも無頓着になっているんだね。

「ミサイル、私なら原発より東京に」 規制委員長が発言

 ペテン総理なんてのはその代表選手みたいなもんだけど、こういう公人という立場のシェンシェイたちの精神的な劣化、感性の鈍磨ってのが、おそらくそう遠くない将来にこの国を滅ぼすことになりますよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

東電3悪人が「無罪主張」&「誤解」連発で立ち往生。こんなのが「保守の論客」「次期総理」って片腹痛い&「落とすなら落としてみろ。マスコミが選挙を左右すると思ったら大間違いだ」(二階自民党幹事長)&不正献金疑惑の元文科相の嫁が証拠隠滅工作!?

 東電3悪人の公判が始まった。のっけから「所管部署に任せていた」(勝俣元会長)、「報告受けた記憶はない」(武黒元副社長)、「対策先送りしたとの評価は誤り」(武藤元副社長)と責任逃れに大わらわ。福島第一原発事故直後に「想定外」だの「予測はできなかった」だのと喚いていた時と、その認識においてまったく変わってないんだね。

 なかでも、カエルの面にションベンの勝俣君の「所管部署に任せていた」から「刑事責任は私に摘要されない」って無罪を主張した姿ってのは、いまでも避難生活している被災者にとっては憤懣やる方ないものだったに違いない。

 おそらく、この裁判は長期かするんだろうが、果たして司法は歴史の検証に耐えられる判決を出すことができるだろうか。

「15メートル津波08年に認識」検察役 「長期予測信頼性ない」弁護側 福島事故 東電元会長ら無罪主張

 無責任振りに関して東電3悪人に勝るとも劣らないのが、網タイツの防衛大臣・稲田君だ。「防衛省・自衛隊、防衛大臣、自民党としてお願いします」発言に対する釈明会見開いたのはよかったが、「それは誤解です」を連発したあげく、記者から「どこが誤解なんだ」と突っ込まれて立ち往生。

 たまに見せる「まったく。朋ちゃん悪くないもん」とでも言いたげな表情からは、反省なんかサラサラしてません。それどころか、自分の発言のどこがどう問題なのか、それすらも分かっていなようなんだね。

 こんなのが、「保守の論客」とか「次期総理」とかヨイショされてたのかと思うと、鳥肌立つような悪寒に襲われる、ってなもんです。というわけで、そんな朋ちゃんの醜態をとくとご覧下さい。

「誤解」受け手が悪いのか 食い下がる記者に稲田氏は…

稲田大臣「誤解」繰り返し…会見大荒れ_総理の「獣医学部の全国展開... 投稿者 gomizeromirai

 でもって、都議選の投票を前にして、土建政治の幹事長・二階君が口すべらせてくれたようだ。

「どういうつもりで書いているか知らないが、我々はお金を払って(新聞などを)買っている。そのことを忘れてはだめだ」

「落とすなら落としてみろ。マスコミが選挙を左右すると思ったら大間違いだ」

「万一のこと(落選)になった場合はしょうがない。おれもルンペン、あなた方もルンペンだ。だから頑張る以外にない」

 てな具合です。「おれもルンペン、あなた方もルンペン」ってのには笑っちまった。いまどき、「ルンペン」なんて言葉使うかねえ。

 それはともかく、「お金を払って(新聞などを)買っている。そのことを忘れてはだめだ」なんて発言を、よくもまあ記者たちは聞き流せるものだ。政治家とジャーナリズムの関係を、企業と消費者という構図に置き換えているわけで、言ってみれば「お客様は神様」ってことなんだね。ジャーナリズムは「権力の監視」こそがその役割なんだから、その視点で反論のひとつもてきない記者ってのは存在価値ないんじゃないの。政治家の暴言や失言を垂れ流すだけじゃなくて、その場で食ってかかるくらいでなくちゃ、「社会の木鐸」なんてとても言えたもんじゃありませんよ。

<自民>二階氏「落とすなら落としてみろ」 メディアを批判

 最後に、不正献金疑惑の下村君の嫁が、自身のfacebookから加計学園関連の投稿を削除したってね。都議選が終わった週明けには、加計学園疑獄は大きく動く可能性があるから、いまのうちに証拠隠滅ってわけですか。これまでさんざん夫婦揃って美味しい思いしてきたんだから、今度は夫婦揃って臭い飯食っていただきたいものだ。

下村博文氏の妻・下村今日子氏がフェイスブックを削除!加計学園関連の投稿が消える!

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

「これで辞任となったら続けられる人は、誰もいなくなるんじゃないか」(下村博文)。こんな不埒なこと口走るから、加計学園からの献金バレちゃいました&あの佐川理財局長が国税庁長官に・・・国会で嘘ついた甲斐があったというものだ、クソッ!

 大崎事件再審決定! 自白偏重の捜査による冤罪の可能性が濃厚で、さあ、検察は即時抗告するのかどうか。それこそ見識が問われますね。

38年前「大崎事件」の再審決定 90歳原口さん請求

 見識が問われるとくれば、網タイツの防衛大臣・稲田君の口は災いのもとだ。なんとまあ、不正献金疑惑の下村君なんか、「これで辞任となったら続けられる人は、誰もいなくなるんじゃないか」って頓珍漢なこと口走る始末だ。「これで辞任にならないなら、政治家は何言っても許される」ことになっちゃうのが問題だろうに、熟の経営者ってだけで文部科学大臣にまで成り上がっちまった政治屋に倫理や道徳を求めることがそもそも間違いってことか。

防衛相発言を4野党批判 罷免要求に首相応じず

稲田氏発言「イメージで言われたんだと」 自民・下村

稲田氏『自衛隊としてお願い』波紋広がる20170628h... 投稿者 gomizeromirai

 で、このオッサン、夫婦揃って加計学園とのズブズブの関係が取り沙汰されてたんだが、とうとうおかしな献金をいただいていたことが発覚しちゃいました。文部科学大臣在任中にも、支援団体である「博友会」の不正献金疑惑が持ち上がったのは記憶に新しい。今回も、その「博友会」の政治資金収支報告書に加計学園絡みの記載のない献金があったそうだ。

 今日にも釈明会見をするそうだが、ペテン総理一派はどいつもこいつも加計学園からおこぼれちょうだいしてたんだね。こんなんだもの、獣医学部新設なんてのはお安い御用だったに違いない。

下村博文元文科相 加計学園から200万円違法献金の疑い - 「週刊文春」編集部

 ところで、安倍晋三記念小学校疑獄でペテン総理を徹底してガードした理財局長の不貞腐れ佐川君が、国税庁長官に出世するってさ。国会で嘘つき通してた甲斐があったというものだ。こんなにわかりやすい論功行賞って、貰うほうも恥ずかしくないのかねえ。もっとも、恥じいる心があったら、そもそもあんな国民舐めきった答弁できやしないか。ああ、親の顔が見てみたい。

佐川理財局長が国税庁長官に 「森友」問題で適正と答弁

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 稲田朋美 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM