カジノ法案

2023年9月 2日 (土)

農水大臣の「汚染水」発言を束になって非難する政治家やメディアの“言葉狩り”・・・正直者が馬鹿を見る!!

 中国の禁輸政策を「想定外」とのたまって呆れられた農水大臣、野村君が、さらに「処理水」発言で非難囂々の憂き目にあっている。海洋放出された汚染水を「処理水」と言い換えてきたヘタレ総理にすれば、身内から出たとんでも発言に地団太踏む思いだったに違いない。

 そんな空気を察知したか、想定外の野村君は早速、「言い間違えたことを全面的に謝罪したい。福島県をはじめ関係者の皆さまに不快な思いをさせて申し訳なかった」って頭下げちゃいました。

野村農相 “汚染水”発言 謝罪し撤回 野党側は追及の構え

 いやいや、アンタは正直に言ったまでのことなんだから、謝る必要なんてありませんて。謝るなら、「汚染水」を「処理水」と言い換えて平然としているヘタレ総理の方だろう。

 それにしても、この「汚染水」発言に、野党もメディアも一緒になって責め立てているけど、これって「言葉狩り」なんじゃないのか。「処理水」って言うことで、海洋放出を正当化しようとする思惑がそこにはある。

 NHKは「中国が使う『汚染水』」って表現をしたそうだが、デブリに触れた冷却水は「汚染水」以外の何物でもない。それなのに、敢えて「中国が使う」という枕詞を付けるNHKの政権へのすり寄り具合は、公共放送局としてなんとも不気味なものがある。

 「処理水」と呼ぼうが「汚染水」と呼ぼうが、その実態に変わりがないわけで、BS-TBS『報道1930』では原発推進派の中からもこんな発言が出ているくらいで、海洋放出の危険性に右も左もないってことなのだ。

「アルプスというのは導入された当初からずっと『トリチウム以外の60種以上の放射線物質を全部取り除くんだ』と言ってきたにも関わらず、残念ながら処理された水の7割で基準値を上回ってますのでアルプスの性能が問われている。2次処理で本当にどの程度取れるのか?ということを専門家が入った第三者機関がきちんと検証して国際社会に発信して、それで海洋放出ということにすれば、アルプス処理水の海洋放出がここまで他国から、あ~だ、こ~だと言われるような問題にならない」(笹川平和財団・小林祐喜)

2_20230902074901

| | コメント (1)

2023年4月15日 (土)

カジノ関連の取材文書をMBS記者が市職員に提供・・・さすが維新ベッタリの放送局のやることだ!!&夢洲イメージ図に作者に無断でデザインやキャラクターを使用!!

(昨日はブログを下書きのままアップし忘れていました。改めてアップしましたので、そちらもよろしくです)

 大阪のカジノ誘致を政府が正式に認定した。横浜では、ハマのドンが体を張ってカジノ誘致を阻止したんだが、大阪では反対の声が多数にも関わらず維新とヘタレ政権のもたれあいで国公認の賭場の建設が進むことになる。

政府 大阪府・市のIR整備計画を認定

 そんなカジノ誘致に関して、なんとあの維新ベッタリのMBS(毎日放送)の記者が「カジノ候補地の賃料を算定した不動産鑑定業者4社が取材に回答した文書を市職員に提供」していましたとさ。(読売新聞が真っ先にこのニュースを流したんだが、それを毎日新聞が後追いしてるのは、身内をかばおうという気満々だからなのかもね)

 こんなんだもの、正月特番で、維新の三ばか大将に言いたい放題させるわけです。大阪でなぜ維新が強いかの一端はこうしたメディアとの癒着があるからなのだ。

MBS記者、取材文書を大阪市に提供 IR賃料巡り市職員が依頼

 カジノについては、夢洲のイメージ図に作者に無断でデザインやキャラクターを使用しているそうで、アレヤコレヤとこれからも問題が噴出してくる気配濃厚なんだね。口から出まかせ出放題のイソジン吉村君が、それにどこまで耐えられるか・・・けだし見物ということでお後がよろいようで。

奈良美智さんや村上隆さんの作品を流用? 大阪府市のIRイメージ図

【またまだあるぞ気になるニュース】

原子炉容器土台の全周で内壁が損傷、鉄筋むき出し 東電がパノラマ画像を公開 福島第一原発1号機

不明陸自ヘリの部品、広範囲に漂着 フライトレコーダーは海底か

逆転敗訴の受給者ら「悔しさに満ちて言葉もない」判決に憤り…生活保護費訴訟 国の「減額処分」認め1審覆る 大阪高裁

維新の猪瀬氏、ガムかみ厳重注意 参院憲法審「禁止知らなかった」


| | コメント (0)

2023年4月13日 (木)

政府が大阪のIR整備計画を認定へ・・・大阪ダブル選挙勝利の維新に秋波ってことか!!&「参議院は障害者のためにスロープをつけて介護者も許可したのに感謝がない}(西田昌司)・・・議員辞職でも飽き足らないヘイト発言をなぜメディアはスルーするのか!!

 ヘタレ政権は維新をどうにかして手なずけようと必死なようで、イソジン吉村君の「カジノ誘致は一定の民意が得られた」発言に応えるように「大阪府と大阪市が提出したカジノを中心とした統合型リゾート施設(IR)の整備計画について、認定する方向で最終調整」に入りましたとさ。

大阪の「カジノ含むIR」計画 認定の方向で調整 政府

 とは言うものの、カジノ誘致をめぐっては、カジノ賃料に関する民事訴訟が進行中で、もし大阪市が敗訴すれば認定取り消しの可能性もあるというから、まだまだ二転三転はありそうなんだね。カジノ誘致には市民の反対も多いし、選挙には勝ったけど「大阪都構想」は住民投票で否定されたように、カジノだってどうなることやら。

 イソジン吉村君の言動から、維新の化けの皮が剥がれるのもそう遠くないような気がするんだが、問題は維新ベッタリの大阪のテレビ局なんだよね。もはや、ジャーナリズムの誇りも矜持もカケラすらありません。東京では政治的発言を控えているタレントが、大阪ローカルの番組ではネトウヨ丸出しでブイブイ言わせてるのも頷けます。

 ところで、ブイブイ言わせるとくれば、国民主権なんかくそくらえの西田君だ。なんとまあ、事もあろうにれいわ新選組の木村英子さんを引き合いにして、ビデオレターでこんな具合にdisってくれましたとさ。

 もはや、政治家としてと言うよりも人としてどうなのよってレベルなんだよね。これに比べたらコニタンの「サル発言」なんか可愛いものです。この発言こそ、議員辞職ものなんじゃないのかねえ。

 この発言について、れいわ新選組の天畠大輔さんが11日の国会で糺したんだが、「個別の言動についてお答えする立場にございません」(自見厚労大臣政務官)だとさ。コニタンの「サル発言」を叩きまくったメディアも、この件に関してはダンマリしたまま。こんなんだもの、政官財+マスコミに差別主義者が蔓延るわけです。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

旧統一教会系団体が学術会議を「反体制的」「解散せよ」と痛烈批判 その背景とは

後期高齢者の保険料上限額引き上げ 改正案が衆院厚労委で可決

法務大臣の「勝手に編集し提供」発言、野党側が“撤回”求める 入管施設で死亡のウィシュマさん収容中映像めぐり

百田尚樹氏に30万円賠償命令、ツイッターで津田大介氏侮辱 東京地裁

ミャンマー国軍、民主派の集まりに空爆 50人以上が死亡か

| | コメント (3)

2022年5月 1日 (日)

「ギャンブルは庶民の楽しみ」(松井一郎大阪市長)・・・カジノ誘致で庶民の懐からなけなしの金をかすめ取ろうという根性が卑しい!!

 昨日エントリーで、29日に連合が開催したメーデー大会に対人恐怖症まがいの官房長官・松野君が出席したって紹介したんだが、メーデーとは本来は「5月1日に世界各地で行われる労働者の祭典」のことを言うんだね。そんな歴史をも捻じ曲げるのが連合って組織ってことだ。

 そんなことより、大阪市長のチンピラ松井君が、「ギャンブルは庶民の楽しみでもある」だとさ。競馬、競輪、競艇などの公営ギャンプルが存在するとはいえ、それはあくまでも特例であって、刑法第185条・第186条で賭博は禁止されているってことを、カジノ誘致に嬉々として奔走するシェンシェイたちってのは忘れちゃってるんだね。

 しかも、維新によるカジノ誘致については、様々な疑惑が取り沙汰されている。たとえば、カジノ候補地である夢洲の地盤問題だ。なんと、「公費負担はない」というのが維新の建前だったはずなのに、夢洲の土壌汚染や液状化対策の必要性に迫られて、790億円もの税金投入が決まっている。

維新・松井代表が語る「自民と組むことはない。ただ、菅さんは…」

大阪カジノ、維新「セコセコ行政」でも土壌対策費790億円の経緯は不明

 土壌汚染とくれば豊洲への築地市場移転騒動を思い出すけど、大阪のカジノ誘致もおそらくは涎が出るほどの利権が絡んでいるのは間違いない。でなけりゃ、政治屋シェンシェイがこんなにも躍起になってカジノ誘致に邁進しやしませんて。

 経済効果がどうしたこうしたってよく言われるが、庶民の懐からなけなしの金をかすめ取ろうという根性が卑しい。「ギャンブルは庶民の楽しみ」なんて言ってるうちに、ギャンブル依存症が巷に溢れて、ニチもサッチもいかないことになりますよ。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

自己破産や返済困難が5000人 コロナ特例貸付金は20億円

オートバックス展開の会社社長 酒気帯び容疑で逮捕 兵庫県警

桂田社長、沈没は「クジラの可能性」 知床の観光船事故

【くろねこの競馬予想】

 今年の天皇賞は、G1馬がタイトルホルダーの1頭というちょいと手薄なメンバー。それだけに、昨年の天皇賞2着馬、ディープボンドとタイトルホルダーの2頭に人気が集中するのは仕方ない。とはいえ、どの馬にもチャンスがあるのもまた事実。なかでも、ダイヤモンドステークスを快勝したテーオーローヤルに穴っぽい雰囲気が漂っているんだが、斤量が一気に4kg増というのが気になるところ。実際、ダイヤモンドステークスの勝ち馬は、この10年天皇賞では2着に1頭きただけ。
 というわけで、ここは人気とはいえ、連軸としてのディーブボンドに期待。相手は、前走の阪神大賞典でディープボンドの2着だったアイアンバローズ。「長距離は騎手の手腕がモノを言う」に倣って、人気薄のルメールのハーツイストワールと武のハヤヤッコから、攘夷3頭へのワイドも面白いかも。
◎ディープボンド、〇アイアンバローズ、▲タイトルホルダー、△テーオーロイヤル、シルヴァーソニック、マカオンドール、シルヴァーソニック、タガノディアマンテ、ハーツイストワール

| | コメント (1)

2020年8月21日 (金)

IR疑惑の秋元衆議院議員が保釈中に偽証買収で再逮捕!!&検察の違法な司法取引で河井バカッブルの逆襲!!&伊藤詩織さんが杉田水脈らを提訴!!

 保釈中にも関わらず、贈賄側に証人の際の偽証を依頼したとして、カジノ汚職・秋元君が再逮捕された。本人は事実無根と容疑を否定しているけど、これが事実としたら凄い話なんだね。

 世界中から中世のような司法システムと揶揄される日本の人質司法がいまだに改善されないのは、「証拠隠滅の恐れ」という保釈条件を検察や裁判所が錦の御旗のように振りかざすことにその理由のひとつがある。そこをかいくぐって保釈されるには、弁護士の努力は並大抵のものではなくて、それで保釈されたってのに裁判の証人を偽証で買収しようなんてのは、長期の拘留で容疑者を拘束して取り調べしたい検察にとってはそれみたことかってことになる。

 郷原弁護士が辞任したと思ったら、無罪請負人の弘中弁護士がカジノ汚職・秋元君の弁護人を引き受けたばかりで、さあ、どんな法廷闘争が繰り広げられていくのか、けだし見ものではあります。

公判控える現職衆院議員が買収工作関与か 秋元容疑者逮捕 前代未聞の事態に

 法廷闘争とくれば、河井バカップルの公職選挙法違反もちょいと雲行きが怪しくなってきた。河井バカップルに買収された地元の政治家たちが刑事処分されず、違法な司法取引があったんじゃないかと河井バカップル側が主張し始めてるんだね。

 検察は100人にものぼる地元議員をお咎めなしとしたままで、このままだと河井バカップルの主張も説得力を持ってくるんじゃないのかねえ。検察は、どうする、どうする。

「被買収」側、続々出廷へ 議員らの証言が鍵 河井夫妻買収事件公判

 最後に、伊藤詩織さんが、自民党の杉田汚水脈と大澤昇平元東京大学大学院特任准教授を提訴した。同じように提訴されたはすみとしこが見苦しい言い訳をツイッターで喚き散らしているけど、こちらの2人はどんな屁理屈をこねてくるか、これもまたけだし見ものな今日この頃なのだ。

伊藤詩織さんが杉田水脈衆院議員と大澤昇平さんを提訴 「ツイッターの投稿で名誉を傷つけられた」

| | コメント (2)

2020年1月 7日 (火)

記者も馴れ合うスッカスッカのペテン総理年頭記者会見!&カジノ疑惑で維新の下地議員が100万円受領認める!!

 昨日の初老の小学生・ペテン総理の年頭記者会見ってのはスッカスッカの中身ゼロで、役人の作った原稿を読み下すだけなんだから、こんなにお気楽なことはない。さらに、記者の質問もこれまた温いもので、サクラ疑惑、カジノ汚職、中東問題etcとビシバシ攻めるテーマがあるだろうに、上っ面を撫でるだけの予定調和の質疑応答があるだけなんだから、どうしようもありません。

 で、何かと言っちゃあ「今後も丁寧に対応していく」で終わっちゃうんだから、なんのための年頭記者会見なんだか。こんなんだもの、今年も「忖度」報道のオンパレードになるんでしょうね。

安倍首相が年頭記者会見でIR汚職をスルー、米国、イランの名も口にせず、自衛隊の中東派遣強行だけは明言!

自衛隊の中東派遣、心配は「していない」 菅官房長官

 でもって、カジノ疑惑なんだが、沖縄基地利権王の下地君が中国企業から100万円貰ってたことを白状したってね。相手が受け取りを固辞したので領収書は発行してないから政治資金収支報告書には記載していなかった、なんて言い訳してるけど、理由がどうあれ政治資金規正法違反は決定です。

 当初は否定していたのにここにきて白状したということは、おそらくこのまま辞職して逮捕だけは免れようという魂胆じゃないのかねえ。ひょっとして、辞職でチャラってことで特捜と話がついてたりして。妄想だけど。

下地議員、100万円受領認める IR疑惑 選挙中、収支記載なく

 下地君が白状したってことは、特捜の裏付け捜査が相当に進んでいるってことを意味しているんだろうから、いまは口をつぐんでいる名前の上がったシェンシェイたちはさぞかし眠れぬ夜を過ごしているに違いない。さあ、次にゲロするのは誰だ!?

| | コメント (3)

2020年1月 4日 (土)

アメリカとイランが事実上の戦争状態に突入!!&カジノ汚職で100万円を懐に入れた5人の議員の名前が判明!!

 あ~あ、やっちまったか。何がって、アメリカがイラン革命防衛隊幹部のソレイマニ司令官を空爆して、殺害しちまいました。アメリカは「ソレイマニ氏は多数の米国人殺害を計画していた」ことを理由にしているけど、これってイランにしてみればテロそのものなんじゃないのか。

 しかも、トランプはツイッターで司令官殺害を星条旗を掲げて誇らしげに宣言するんだから、ツイッターで第三次世界大戦を意味する「WW3」や「WorldWar3」が世界トレンドの上位に浮上しているのもむべなるかなってもんだ。

 イランは報復を宣言しているから、アメリカとイランは事実上の戦争状態に突入したってことになるのだろう。こんなタイミングで海上自衛隊を中東に派遣してごらんなさい、不測の事態で戦争に巻き込まれる可能性だって否定はできませんよ。

 アメリカとイランの仲介役を喚いていた初老の小学生・ペテン総理は、おそらく米軍による攻撃についてはまったく蚊帳の外だったに違いない。今頃は、さぞかしお腹が痛くなっていることだろう。

イラン革命防衛隊の司令官、米軍の空爆で死亡 バグダッド到着後

米軍、イラン革命防衛隊幹部を空爆で殺害 高まる緊張感

 ところで、カジノ汚職で中国企業から100万円を送られた自民と維新の5人の議員の名前が判明したってね。北海道、大分。沖縄という選挙区を見れば、さもありなんてことだ。元防衛大臣のギョロ目の岩屋君の名前もあるから、カジノ汚職は政権中枢にまで広がる可能性がまたひとつ高まったってことなのかもね。

IR汚職、国会議員5人を任意聴取

| | コメント (1)

2020年1月 2日 (木)

自民4人、維新1人に中国企業が現金100万円。「カジノ汚職」は政権中枢を揺るがす「カジノ疑獄」へ!!

 青天の霹靂のとも言えるゴーンの海外脱出劇にすっかり年明けの話題を持っていかれてしまったんだが、実は朝日新聞がカジノ汚職に関して新たな事実をスクープしてるんだね。なんと、

「衆院議員の秋元司容疑者(48)に現金を渡したとされる中国企業側が東京地検特捜部の調べに対し、自民党などに所属する他の国会議員5人の名前を挙げ、『それぞれに100万円前後の現金を配った』と供述している」

 んだとさ。さらに、

「5人の内訳は自民党4人、日本維新の会1人。北海道を含むIR誘致を検討していた自治体出身の議員や超党派でつくる『国際観光産業振興議員連盟(IR議連)』の幹部らで、閣僚経験者や現職の政務官も含まれる」

 というから、ひょっとしたら「カジノ疑獄」になる可能性もありますね。なんてったって、IR議連には、会長の細田をはじめ茂木、下村、萩生田、柴山といった閣僚経験者なんかかがワンサカ参加してるから、リクルートなみの疑獄事件に発展するかも・・・なんて妄想に心躍らせる正月なのであった。

「国会議員5人に現金」中国企業側が供述 IR汚職巡り

| | コメント (1)

2019年12月27日 (金)

京都不倫旅行の首相補佐官がヘリパッド建設に非協力的な民間企業に圧力!&「桜を見る会」の招待者名簿、決済なし!&カジノ汚職の元IR担当副大臣の公務記録提出を拒否!!

 辺野古の米軍基地建設は、軟弱地盤のせいで工期が大幅に伸び、さらに建設費も1兆円を超す可能性すらあることが発覚。このままだと、新基地建設は10年かかっても完成は覚束ないなんてニュースが流れたと思ったら、なんと、沖縄のヘリパッド建設に絡んで、京都不倫旅行のゲシュタポ補佐官・和泉君が、民間企業に脅しをかけてたってね。

首相補佐官、米軍ヘリパッド建設で便宜打診か 「海外案件は何でも協力」内部メモを本紙が入手【メモ全文あり】

辺野古の工事費、9000億円に肥大 当初想定の約3倍に 工期も長期化、13年

 県民との関係を悪化させたくない民間企業に無理矢理ヘリパッド建設に協力させるため、「海外案件は何でも協力する」とバーターを持ちかけ、さらに反対する住民については「反対は活動家だけ。中立とか言うのは勘弁して」とまで発言していたそうだ。

 これが事実なら、「政権中枢の高官が民間企業に便宜供与を打診し、行政をゆがめた」(沖縄タイムス)ことになるんだね。初老の小学生・ペテン総理が口にする「沖縄に寄り添う」ってのは、つまるところ金で横ツラはたいて脅しをかけるってことを意味してるってわけだ。

 ところで、「桜を見る会」の名簿について、新たな事実が浮上。なんとまあ、第2次ペテン政権が誕生した2013年から、名簿の決済が廃止になっていましたとさ。決済なしってことは、政権が勝手に招待者を決めてたってことになるのかねえ。当然、責任の所在も明らかではないってことだ。

 ようするに、「桜を見る会」を私物化して、税金使ってペテン総理の後援者を接待するためのシステム作りには、名簿の決済ってのが邪魔だっんじゃないのか。これって、公金横領みたいなもんだと思うけど、いったいどこまで腐ってるんだか。

桜見る会招待、大臣判断なく決定 名簿の決裁、第2次安倍政権以降ではゼロ

 最後に、カジノ汚職で逮捕された秋元なんたらの内閣府副大臣時代の面会・出張の記録提出を、政府が拒否したってね。「捜査中のため」ってのがその理由だそうで、つまりは政権中枢も関わっている可能性があるから隠蔽しようって魂胆なのだろう。秋元なんたらは単なる入り口で、その先に本丸があるってことか。

秋元司容疑者の記録提出拒む 出張・面会、政府「捜査に関係」

 ペテン総理の弟の名前もチラホラ聞こえてくるし、心当たりのある政治屋はこの年の瀬に眠れぬ夜を過ごしているに違いない。

| | コメント (3)

2019年12月26日 (木)

サクラ疑惑、IR汚職、かんぽ生命詐欺etc・・・年末に上がった打ち上げ花火で、年明けの国会は大炎上!!

 師も走る年の瀬の慌しい中、東京地検特捜部がでっかい打ち上げ花火を上げた。遂に、内閣府副大臣でIR担当だった秋元なんたらが逮捕された。10年ぶりの政治家逮捕なんてメディアは騒いでるけど、これまでだって逮捕されないのが不思議なくらいの政治家の金にまつわる犯罪はあったんだよね。甘利、ドリル小渕の件はどうだったんだってこった。

収賄容疑で逮捕の秋元議員 「一切身に覚えがない」

Photo_20191226081001
クリックで拡大

 それはともかく、秋元なんたらは否認しているから、事件の成り行きはしばし静観する他はない。でも、この事件に絡んだとされる中国の企業って、ちょっとスケールが小さいんだよね。裏にはもっと大きな組織があるんじゃないかと妄想してみたりするんだが、どうなることやら。

 どうなることやらとくれば、秋元なんたらを突破口に、どこまで政界に手を突っ込めるかってのも大いに興味のあるところだ。なんてったって、秋元なんたらの親分は土建政治の自民党幹事長・二階君ですからね。とりあえず、2名ほど自民党の陣笠議員の名前が上がっているようだけど、それで終わりじゃ世間が黙ってませんよ。

IR汚職、秋元議員逮捕に続き安倍直系議員にも強制捜査…中国企業から接待受けた「政治家12人リスト」も流出

 事はカジノがらみの案件ですからね。これまでだって利権の噂は絶えなかったわけで、こんなのは氷山の一角なのだろう。この収賄事件が、裏に潜む巨悪を隠すためのガス抜きでないことを願うばかりだ。

秋元司衆院議員逮捕に元地検特捜部検事「かなり驚き」 事件の争点は「本当に本人が直接受け取ったのか」

青木理氏、秋元司衆院議員を捜査の東京地検特捜部に「本当にやるべきことって他にもあるんじゃないですか?今回の桜を見る会だって…」

 ところで、口だけの進次郎に裏金疑惑だとか。ようするに、政党交付金を使って、印刷ブローカーに高値で発注してキックバック受けてたんじゃないかってんだが、これは十分に考えられますね。くろねこもバブル全盛の頃に印刷所を持たないブローカーと付き合ったことがあるけど、キックパックを平然と提案されましたからね。(もちろんお断りしたのは言うまでもない)口だの進次郎はお互い持ちつ持たれつってことで、かなり美味しいお付き合いしてたんじゃないのかねえ・・・妄想だけど。

小泉進次郎環境相 “幽霊会社”に高額発注で政治資金4300万円を支出

 桜を見る会、IR汚職、かんぽ保険詐欺、小物だけど口だけの進次郎の裏金疑惑・・・いやあ、年明けの国会が楽しみだ!


| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Dappi Dappi疑惑 NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト こども家庭庁 たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 ゆとり教育 れいわ新選組 アカデミー賞 アニメ・コミック アベノミクス イラク戦争 インターネット インポイス制度 ウェブログ・ココログ関連 ウクライナ侵略 オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム コンピュータ監視法 ジャニーズ事務所 ジャニーズ問題 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ ゼレンスキー タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 デジタル田園都市国家構想 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ トリガー条項 ニュース ネット工作 ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パソコン・インターネット パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 ファッション・アクセサリ フィギュアスケート フジテレビ フッ素 プーチン ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ボランティア ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア ライドシェア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワクチンパスポート ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 三浦瑠璃 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住まい・インテリア 住民基本台帳ネットワーク 体罰 侮辱罪 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 児童手当 党首討論 入国管理局 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 八代英輝 公文書改竄 公明党 共同親権 共産党 共謀罪 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣改造 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北側一雄 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉川赳 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 同性婚 名護市長選 国民新党 国民民主党 国立大学法人法改正案 国葬 土地規制法案 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大津綾香 大相撲 大石あきこ 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宝塚歌劇団 宮台真司 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 寺田稔 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 小渕優子 小西洋之 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 山際大志郎 岡田克也 岸信千世 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平井卓也 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 志位和夫 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 成田悠輔 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 放送法 政党助成金 政治とカネ 政治家女子48党 政治献金 政治資金収支報告書 政界再編 教育再生会議 教育勅語 敵基地攻撃 敵基地攻撃能力 文通費 斎藤健 新しい資本主義 新党 新型コロナウイルス 新藤義孝 新資本主義 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米地位協定 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 明治の日を実現するための議員連盟 映画・テレビ 書籍・雑誌 有田芳生 朝日新聞 朝青龍 朝鮮人虐殺 木原稔 木原誠二 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 松川るい 松本人志 松野博一 林芳正 枝野幸男 柴山昌彦 柿沢未途 核共有 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 梅村みずほ 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 機能性表示食品 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河村たかし 河瀬直美 河野太郎 河野談話 泉健太 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 牧島かれん 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田崎史郎 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 盛山正仁 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 神道政治連盟 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秋葉賢也 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細田博之 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 経済安保情報保護法案 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 能登半島地震 自己責任 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茂木敏充 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 葉梨康弘 藤田文武 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 袴田事件 裁判員裁判 裁量労働制 裏金疑惑 西村康稔 西田昌司 親学 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察 警察不祥事 議員年金 議員特権 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 赤木ファイル 足立康史 辛坊治郎 辺野古 辻元清美 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野党共闘 野田佳彦 野田聖子 鈴木宗男 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 防衛省 防衛費 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音喜多駿 音楽 飯島秘書官 香港 馬場伸幸 馳浩 高市早苗 高木毅 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 黒田日銀総裁 10万円給付 ACTA BPO(放送倫理・番組向上機構) DHC FMラジオ IR汚職 LGBT LGBT法案 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM