安倍晋三記念小学校

2018年1月20日 (土)

官房機密費なんか「いっそ廃止にしては?」(東京新聞)&国有地売却交渉記録文書開示。嘘つき国税庁長官にはキッチリ落とし前つけてもらおう&フランスで徴兵制復活だと!!

 使途不明が罷り通る謎の金、官房機密費の一部開示を最高裁が認めた。これまでの完全なブラックボックス状態に比べれば大きな一歩ではあるものの、支払先や具体的な使い道についてはこれまで通りに非開示ということだから、どこまで謎の金の真相に迫れるのかは疑問だ。

 東京新聞社説は「いっそ廃止にしては?」と書いていたが、おっしゃる通りなんだね。本当に必要な金ならちゃんと予算組んでやればいいだけのことだ。とにかく、一般大衆労働者諸君のあずかり知らないところで、政治家が勝手に動かせる金が存在すること自体が不埒な話なんであって、税金で野党対策なんかやられちゃたまりませんよ、ったく。

官房機密費文書、一部開示認める 最高裁初判断

・東京新聞社説
官房機密費 いっそ廃止にしては?

 不埒な話とくれば森友学園疑獄なんだが、国有地売却の交渉にからむ文書が開示された。シュレッダー佐川君が「廃棄した」って言い募っていた文書が出てきたわけで、はいそうですかだけではすみませんね。まずは、シュレッダー佐川君に虚偽答弁の責任をとらせること。すべてはそれからだ。

<近畿財務局>森友交渉の文書開示 内部で検討の詳細な記録

 最後に、フランスで徴兵制が復活するってね。スウェーデンでは「国民に戦争の準備をさせている」なんてニュースも飛び交っているようだし、どいつもこいつも戦争やる気満々ってことか? なんて時代になっちまったんだろう。

徴兵制復活へ 仏大統領表明 18~21歳の男女対象

【北欧:速報】スウェーデンは、国民に戦争の準備をさせている

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

森友学園疑獄で廃棄したはずの文書を一部開示。あの男の嘘を認めたってことか!&「北朝鮮は今や(エストニアの首都)タリンを射程に入れる弾道ミサイルを発射するなど、欧州にとって重大な脅威であります」(安倍晋三)。海外にまで行って北朝鮮の危機を煽る愚か者!!

 森友学園疑獄で、シュレッダー佐川君が「廃棄した」と国会答弁していた文書の一部が開示されることになった。てことは、シュレッダー佐川君が嘘つてたことを認めたようなもんなんだから、当然こやつの処遇も問題にならなくちゃおかしい。こうなったら、大阪地検は近畿理財局に1日も早くガサ入れするこった。通常国会前にそんなことになったら、こりゃあ面白いことになるんだが、ま、ペテン政権の飼い犬に落ちぶれちまった検察にそんなたいそれたことはできるわきゃないか。

近畿財務局、森友文書一部開示へ 過去の請求に「廃棄」

 ところで。「国難」を置き去りにして優雅に大名旅行中のペテン総理が、エストニアにまで行って北朝鮮の危機を煽ってるようだ。

「北朝鮮は今や(エストニアの首都)タリンを射程に入れる弾道ミサイルを発射するなど、欧州にとって重大な脅威であります。ITやサイバー分野をはじめとする幅広い分野での協力を一層強化していきたい」

 今回訪問している6カ国の中で、エストニアだけが北朝鮮と国交がないんだね。そこを見越しての発言なんだろうが、エストニアにしてみりゃいい迷惑なんじゃないか。そもそも、北朝鮮のミサイルはエストニアをターゲットにしてないし。

 特に北朝鮮との関係が悪化しているわけでもない国に行って北朝鮮の危機を煽る。こんな愚かな総理大臣を野放しにしていていいのだろうか。

 ああ、それなのに、これを伝えるTBSのニュースは「これまで深い交流のなかった国にも足をのばすことで、北朝鮮包囲網をより一層、広げたい狙いがあります」だとさ。これは明らかに恣意的なミスリードですね。ペテン総理がいたずらに北朝鮮の危機を煽っている間にも、韓国と北朝鮮は話し合いのテーブルにつき、アメリカだってその推移を見守っている。つまり、日本だけが勝手に危機を喚き散らして孤立しつつあるってことだ。

安倍首相、ヨーロッパ6か国歴訪の狙いは

 「海外にまで行って北朝鮮の危機を煽るんじゃない」って意見するメディアが存在しないこの国に、輝かしい未来なんかがあるわきゃない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

「佐川宣寿国税庁長官の辞任を求める。確定申告前にしっかりとけじめをつけないといけない」(枝野幸男)&ネトウヨ出身の経済評論家、三橋貴明がDVで逮捕!

 NHK『日曜討論』で、立憲民主のエダノンが「佐川宣寿国税庁長官の辞任を求める。確定申告前にしっかりとけじめをつけないといけない」と啖呵切ったってね。その意気や良し。

 さらに、「憲法と言うのは何なのか、安倍さんは大きな勘違いしている。憲法は国民の皆さんが、国会議員が権力を乱用しないように国民が国家権力を縛るもの。 安倍さんにはこの理解が全くない」とペテン総理の急所を突いたそうで、こうした単刀直入の切り込みをこれからも大いに期待したい。

NHK日曜討論、枝野代表「佐川宣寿国税庁長官の辞任を求める」「憲法、安倍さんは勘違いをしている」

 とにかく、すべてにおいて責任の所在を明らかにしないという「けじめのなさ」が、ペテン総理をいまだに政権の座につけているひとつの要因でもある。森友・加計学園機極なんてその典型で、政治家も官僚も平気で嘘をついてるってのに、何のお咎めもなしなんだからね。それどころか、恥をさらしてでも嘘をつきまくれば出世が待っているとくるんだから、そりゃあ官僚も必死こいてペテン総理の支援に回ろうというものだ。

 エダノンがシュレッダー佐川君を名指しで俎上に上げたということは、そうした「けじめのなさ」を当たり前のようにしてきた政治家や官僚にとっては脅威なんじゃないのかねえ。もうねえ、気取っている場合じゃないんだから、どんどん個人攻撃すべきなんだね。

 ペテン総理の私人の嫁も関わっているんじゃないかとされるマルチ商法のジャパンライフ問題では、不正献金疑惑の下村君なんかの名前もチラホラ聞こえてきますからね。国会が始まれば、当然この問題も追求されることになるだろうから、疑惑がもたれている政治家の名前はとことん実名で追い込むこと。スネにキズ持つ身にすれば、名前が公になることくらい嫌なことはありませんからね。

 ところで、ネトウヨ出身の経済評論家の三橋貴明君がDVで逮捕された。相手が10代の幼妻ってんで2度ビックリ。ペテン総理の経済政策にはけっこう批判的だったけど、去年の暮れに会食して手打ちしたと思ってたんだが、やっぱり邪魔な存在だったか・・・なんて陰謀論も楽しい月曜の朝である。

経済評論家の三橋貴明容疑者を逮捕 妻殴るなどした疑い

安倍首相と会食したネトウヨ経済評論家・三橋貴明が10代妻へのDVで逮捕! 会食が税金による接待だったことも発覚

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月28日 (木)

メルトダウン隠蔽を民主党のせいにしていた東電の嘘が認定されたタイミングで、柏崎刈羽原発に「新規制基準に適合」のお墨付き。嘘つきが跳梁跋扈する「美しい国」ってわけか!&いつまで続く籠池夫妻の不当拘留!!

 この年の瀬に、原子力規制委員会が柏崎刈羽原発6、7号機に対して新規制基準に適合のお墨付き。その理由が「福島事故の収束をやり遂げ、柏崎刈羽を安全第一で運営する」って一筆取ったからってんだから、国民舐めとんのかってなもんです。

意見募集「東電に資格ない」 柏崎刈羽「適合」決定 

 それにしても、適合を決定したタイミングがまた凄い。なんてったって、「炉心溶融という言葉の使用について官邸からの指示はなく、使わないよう社内に指示したのは清水正孝社長(当時)の判断だった」って調査結果が出た直後ですからね。この結果は、福島第一原発事故直後の炉心溶融という事実の隠蔽を民主党のせいにしていたってことを意味しているわけで、つまり東電は嘘ついてたってことだ。

炉心溶融公表遅れ「官邸の指示なかった」 検証委が結論

 こんな会社が「安全第一で運営する」って言っるからって再稼働にGOサイン出しちゃう原子力規制委員会ってのは、とことん腐ってますね。

 そもそも、東電は潰しておくべきだったんだね。それが、税金投入してどうにか倒産を免れているってのに、黒字決算だってんだからまさに盗人に追い銭とはこのことだ。

 もっとも、実際に再稼働するには地元の了承が必要だし、新潟県知事は「県独自の検証がなされない限り、再稼働の議論は始められない」という立場を崩していないから、すぐに何かが動き出すということはないというのが救いか。

 とにかく、この国はまだ原子力緊急事態宣言が解除されてはいないってことを忘れないことだ。そして、その責任は東電にあるということもしっかりと胸に刻んでおこう。

 最後に、籠池夫妻の不当拘留はどうやら年を越しそうだ。法曹界はなんで沈黙を続けているのか。どう考えたって「総理のご意向」を忖度した不当拘留だってのに、何やってんだか。

森友学園は今?拘留中の籠池夫妻、長男、長女が語る

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

「森友・加計学園疑獄はデッチ上げだ」と喚き散らす御用評論家を提訴した朝日新聞の逆襲!!

 政治家や御用評論家、御用コメンテーターによる朝日新聞に対するバッシングは、ちょいと常軌を逸している。そもそも、総理大臣が旗振り役やってるんだから、なんとも「みっともない国」になったものなのだ。

 そんな目に余る状況にさすがに朝日新聞も業を煮やしたか、提訴という反撃に出たのは喜ばしいことだ。ターゲットになったのが、「森友・加計学園疑獄はデッチ上げだ」と喚き散らす御用評論家の小川栄太郎だ。問題となったのが小川君の著作である「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」で、もうタイトルからして為にする批判本であることが一目瞭然なんだね。

 提訴する前に、朝日新聞は小川君に対して抗議文を送りつけているんだが、それに対して「申入項目は、殆(ほとん)どが私の『表現』か『意見言明』への苦情に過ぎません」って逃げをうってきていたんだとか。ははは、何が「表現」なものか。こういうのは質の悪いアジテーションみたなもんで、何の根拠もないんだから相当に悪質だ。そんなものが「意見言明」って理由で許されるなら、人種差別などのヘイトだってお咎めなしってことになっちまう。どんな理由があるにせよ、他人を貶めるための言説に「表現の自由」なんてありません。

森友・加計問題の著書巡り文芸評論家らを提訴 朝日新聞

 こうなったら、朝日批判を喚き散らしている史上最低の議員・足立君にもアクション起こしたらどうだろう。もちろん、「私は朝日新聞に勝った」とトランプに自慢したペテン総理も、ほっておくって手はない。

 朝日新聞だけでなく、異論を唱えるメディアは徹底的に叩くというペテン政権のやり口に、そろそろ新聞・TVは堪忍袋の緒を切る時期に来ているんだね。いまならギリギリ間に合う。ここで踏ん張らないと、非国民、売国奴、鬼畜米英を煽り続けた戦前のジャーナリズムに堕することになりますよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

森友学園疑獄で「9mまでの範囲でゴミが混在」と工事業者に強要する財務省。これは官主導による不正値引きで、立派な背任だろう&「いくらなんでもバノンはまずい」(長島昭久)と呆れられた前原誠司。終わってるね&噂のウーマンラッシュアワー漫才一挙公開!!

 北海道東部沖で超巨大地震勃発の切迫したリスク。下北半島周辺の東通原発、使用済み核燃料再処理工場、さらには建設中の大間原発はどうなる。起きてからでは遅い、ということは東日本大震災+福島第一原発事故で学習したはずなのに・・・だめだな。

道東沖でM9級 30年内に最大40% 地震調査委公表

 ところで、リニア新幹線工事の不正入札は森友・加計学園疑獄から目を逸らさせるためのダミーなんて声が一部にはあるようなんだが、なんとその森友学園疑獄でゴミ処理をめぐって新事実が発覚。これまで工事業者と財務省との間で口裏合わせがあったことをうかがわせる音声タープがあったんだが、今度は国側が「9mまでゴミが混在している」ことを工事業者に認めさせるために必死に説得していことが暴露されちゃいました。

 工事業者が「3mより下から(ゴミが)出てきたかどうかは分からない。断言できない。確定した情報として伝えることはできない」と主張しているのに、財務省の役人は「言い方としては『混在』と、『9mまでの範囲で』」「虚偽にならないように、混在していると。ある程度、3m超もある。全部じゃないこと」と説得してるのがバッチリ、音声データで残されていましたとさ。

 これって、口裏合わせというよりは、明らかに官僚の側が「値引きの条件とするために9mまでゴミがあることにしてくれ」って嘘の報告を強要してますね。官主導による不正値引きってことです。こりゃあもう、立派な背任だろう。

 役人がそんな危険を冒してまで値引き交渉に精出したってことは、安倍晋三記念小学校の名誉校長に就任していたペテン総理の私人の嫁の存在が大きく影響しているだろうことは、シロートにだって容易に察しがつこうというものだ。

 ああ、それなのに、私人の嫁は公邸にお友だち集めて忘年会でドンチャン騒ぎをしているって噂があるんだから、世の中狂ってます。

「森友」国有地 売却協議の詳細判明 「9メートルまでごみ混在、虚偽にならぬ」

Photo

 狂っているとくれば、党を売った口先番長のユダ前原君だ。来日中のスティーブン・バノンの夕食会に出席して、馬鹿なツイートしてます。

 これにはさすがに隠れ自民党の長島君も呆れ顔で、「いくらなんでもパノンはまずい」だとさ。こいつら、もう終わってますね。

Photo_2

 気分の悪いニュースが続く今日この頃。お口直しに、ただいまネットで大絶賛中のウーマンラッシュアワーの漫才をご紹介してお後がよろしいようで。(にしても、よくこのネタを放送できたものだ。その意味ではまだTVも捨てたものではないのかもしれない)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

沖縄で保育園に米軍ヘリの一部が落下。日本の空は誰のものなのか!&「つらい1年だった」(安倍昭恵)。殴るぞ!森友学園、ごみ撤去費用10倍に!&獣医学部新設審査で「圧力を感じた」(設置審委員)&スパコン補助金詐欺もアベ友案件か!?

 普天間基地に近い保育園に米軍のヘリコプターの一部が落下。園児などに被害がなかったからいいってもんではない。問題なのは、日本の空は誰のものなのかってことだ。沖縄だけではない、東京もまたしかり。

 さらに危惧すべきは、この事件を口実に「いわんこっちゃない。だから辺野古移転を急がなくちゃいけない」って声がどこからともなく上がってくることだ。普天間返還と辺野古新基地建設はリンクなんてしていない。そこには基地利権をめぐる土建屋や政治屋の思惑が絡んでいることを忘れてはいけない。

保育園、米軍大型ヘリの落下物か=衝撃音、園児けがなし-近くに普天間飛行場・沖縄

 ところで、ペテン総理の私人の嫁が「今年は本当にいろいろなことがあり、つらい1年だった。最後に立派な勲章を頂き、頑張って良かった」ってベルギー勲章授賞式でのたまったそうだ。ホント、食えない野郎だ。

昭恵首相夫人「つらい1年」 ベルギー勲章授与式であいさつ

 でもって、私人の嫁の関与が色濃い森友学園疑獄で、異常な低価格で売却された土地のごみ撤去費用について別の学校法人には約8430万円と見積もっていたことが発覚しちゃいました。なんと、森友学園との交渉ではごみ撤去費用は10倍に跳ね上がっているんだから、財務省は再調査しないなんて居丈高にのたまっている場合じゃないだろう。

「加計審査で圧力」証言 座長に訴訟リスクあると言われた

 加計学園疑獄についても、大学設置審議会の委員が「主査の委員(設置審の座長)から訴訟リスクがあると告げられ、圧力を感じた」と証言したってね。「設置審にかかったことで認可への道筋は付いていた」とも語っているそうだから、改めて「加計ありき」ってことが明確になってきたってわけだ。

「森友」ごみ撤去費10倍に 別見積もりでは8000万円

 これだけの状況証拠や関係書類が出てきているってのに、国会は明日で閉会。本来なら、こうした疑獄を徹底して追求しなくてはいけないメディアは相撲取りの喧嘩でドンチャン騒ぎ。しかも、富岡八幡宮の内紛で殺人まで起きちゃいましたから、今日からは神社スキャンダルで舞い上がるに決まってます。

 さらに、準強姦疑惑の元TBS社員の山口ノリマキとの関係が徐々に浮き彫りになってきたスパコン補助金詐欺だってある。ひょっとしたら森友・加計学園疑獄と同じ構図があるかもしれないというほどなんだが、ま、新聞・TVはその点はスルーし続けるんでしょうね。

自民激震 逮捕のスパコン社長は“アベ友記者のスポンサー”

・田中龍作ジャーナル
逮捕のスパコン社長 諮問会議メンバー入りもアベ友案件か

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

森友学園疑獄に新たな音声データ&「詩織さん」準強姦事件でホテルに連れ込む様子が防犯カメラに・・・&受信料合憲は「公平、公正」な番組作りが前提ってことだ!

 トランプがエルサレムをイスラエルの首都に認定して、中東に戦争の火種を植えつけちまった。それをまた日本は「動向を注視する」(菅官房長官)なんてアメポチ丸出しの主体性のない発言してるんだから呑気なもんです。

・トランプ米大統領、エルサレムをイスラエルの首都に認定

 でもって、国内に眼を向ければ、TVのワイドショーを中心に相撲取りの喧嘩に上を下への大騒ぎ。森友・加計学園疑獄では新たな音声テープが発覚し、元TBS社員の山口ノリマキの準強姦疑惑だって連日のように法務委員会で追求されてるってのに、日本のメディアってのはなんともお下劣なもんだ。

叱る籠池氏、財務局がお詫び 森友学園問題で新たな音声データ

・田中龍作ジャーナル
「意識混濁の詩織さんホテルに引きずる山口」録画公開の可能性

 こういうお下劣さが権力に付け入る隙を与えているわけで、ペテン政権によるNHKへの干渉なんてのはその最たるものなんだね。なんてったって、「右と言われりゃ右向いて、とても幸せ」ってのたまっちゃう会長がいたくらいですからね。受信料不払いってのも、そんな権力に取り込まれたNHKへのレジスタンスの意味もあるに違いない。

 ところがどっこい、最高裁大法廷は、NHK受信料は合憲の判断を下しちまいました。もっとも、こういう何の意味も持たない判決になるだろうっことは予想がついていたことではあるんだが、それにしたっていくらなんでも時代遅れな最高裁だこと。

NHK受信契約訴訟 契約義務づけ規定は合憲 最高裁大法廷 

・東京新聞社説
NHK受信料 強制は時代に合うか

 しかし、この最高裁判決の中で、NHKの存在理由となるべき「そもそも論」が展開されいるのには注目したい。ちょっと長いがこんな具合です。

放送は、憲法の表現の自由の保障の下、知る権利を実質的に充足し、健全な民主主義の発達に寄与する。この意義を反映し、放送法は公共放送と民間放送の2本立て体制を採用し、公共放送事業者としてNHKを設立。特定の個人や団体、国家機関から財政面で支配や影響が及ばないよう、受信設備を設置して放送を受信できる者に、広く公平に負担を求めることで支えられる事業体とした。受信設備設置者とNHKとの受信契約を定めた放送法64条1項は、NHKの財政基盤を確保するため法的に実効性のある手段として設けられた。

 これは放送法64条1項の意義について触れたもので、つまりは「NHKが公共のもので公平、公正な番組を制作するために国民から受信料を取るべきだ」って言ってるんだね。となれば、いまのNHKが「特定の個人や団体、国家機関」の介在を許さず、「公平、公正な番組作り」をしているかってことが、これからは重要なテーマになってくるはずだ。

 そのためには、「金は出すけど口も出す」「モノ言う視聴者」。これこそが正しい視聴者のあり方になってくる。NHKを監視するのは国民ってことだ。「みなさまのNHK」ってのは、それでこそ成立する。NHKは受信料が合憲ってんで浮かれている場合じゃありませんよ。ある意味、放送法の精神を遵守するからこその「受信料」ってことが判決で浮き彫りになったとも言えるんだからね。

 最後に、元NHKの堀潤氏がfacebookでこんなコメントしている。

「はやくやろう!NHKアーカイブスの無料開放、24時間地上波ニュースチャンネル、そして公共物としての電波と公共施設としてNHKのスタジオや機材を人々が使えるようにするパブリックアクセスを。受信料を払った分、使えるNHKに。」

 「受信料を払った分、使えるNHKに。」ってのはそれこそ「モノ言う視聴者」のあるべき姿なのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

佐川国税庁長官の抜擢人事は「適材適所」(安倍晋三)。それを言うなら「論功行賞」だろう&「ヘイトスピーチは表現の自由」が17%。愚民化する日本を象徴する数字だね。

 参議院本会議の場で、ペテン総理はシュレッダー佐川君の国税庁長官人事について「それぞれのポストに最もふさわしい人材を適材適所で配置する、という考え方に基づいて行った」ってシレっと口にしたってね。会計検査院が指摘したように、森友学園疑獄ではさんざん「不適切」な答弁してきた役人の昇格人事が「適材適所」って、そりゃあないわ。それを言うなら「論功行賞」こそがふさわしい。

 こういう言い換えってのはペテン総理やその不愉快な仲間たちにとっては常套手段で、「戦闘」を「衝突」と強弁した網タイツの稲田君や「金額の提示はあったが価格交渉ではない」と言い募った茶坊主・太田君なんてのがいたっけ。

 それはともかく、不適切な値引きをした人物が「適材適所」って言うなら、なんで国税庁長官就任会見を開かないのか。いつまでたっても会見できないってことは、それだけやましいことがあるからで、そうやって逃げ回っているうちに世間は忘れてくれるとタカくくってるんだろうね。東大出身の財務官僚の成れの果てがこれだ。なんか哀れだよなあ。

国税庁長官は「適材適所」=安倍首相、森友答弁めぐり-参院本会議

 ところで、内閣府の調査によると、「在日コリアンなどに対するヘイトスピーチについての複数回答では『日本の印象が悪くなる』(47.4%)、『不愉快で許せない』(45.5%)など問題視する意見が上位を占めた」そうだ。この調査の中でちょいと気になるのが、「表現の自由の範囲内だ」が17%、「ヘイトスピーチをされる側にも問題がある」が10.6%という結果だ。

 「表現の自由」ってのはヘイトスピーチ擁護論でよく使われるが、「自由」ってのはけっして野放図なものではないんだね。だから、「表現の自由」にも一定の制約があるわけで、「人権の行使は他人の人間としての尊厳を傷つけるものであってはならない」ってのが原理原則ってことを忘れてはいけない。

 「ヘイトスピーチをされる側にも問題がある」ってのは、このところ話題の相撲取りの喧嘩がいい例で、「スマホいじってたから」殴られるのも当然という意見が飛び交っているのがその典型だ。でも、「スマホいじっている」ことはマナー違反ではあっても、だからって殴っていいわけではない。しかも弱い立場の人間に対して、暴力を振るうなんてのはどんな理由があろうと犯罪なんだよね。

 それと同じで、どんな理由があろうとヘイトスピーチされていい人間なんてこの世に存在しませんから。そこんところよろしく・・・というわけで、お後がよろしいようで。

日本人の17%が「ヘイトスピーチは表現の自由だ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

立憲民主、党綱領で「立憲主義と民主主義を『最高の価値』として守ると宣言」&「国家の記録を残すということは、国家の歴史を残すということじゃないですか」(福田康夫元総理)。森友・加計学園疑獄における杜撰な文書管理を一刀両断!

 土曜日に中学時代の仲間と居酒屋で忘年会だったんだが、開始時間の7時にはもう満杯の客で、さすがに年末と思ってたら、なんと9時になったら潮が引くように客の姿が消えてしまった。その後はガラガラの店内に、居酒屋の大将と思わず顔を見合わせ、ついため息ついちまった。アベノミクスもトリクルダウンもあったもんじゃありません。景気がいいなんてのはフェイクニュースの最たるもので、ひとつ間違うとバブル崩壊の時とは比較にならない株価大暴落ってことになりますよ。

 そんなことより、立憲民主が党綱領で「立憲主義と民主主義を『最高の価値』として守ると宣言」するそうだ。これまでの民進党時代の綱領とおさらばして新たな独自路線を掲げることは、フランケン岡田君なんかが唱える「野党再編」と一線を画すことになるわけで、自民党との対立軸もハッキリしていくだろうから喜ばしいことだ。

立憲民主「最高の価値」と宣言

 喜ばしてと言えば、あなたとは違うんですの福田元総理が、昨日のTBS『サンデーモーニング』のインタビューで、

「大事な記録を残さなかった役人、良心があったのかどうかという問題にもなる」
「国家の記録を残すということは、国家の歴史を残すということじゃないですか」

と森友・加計学園疑獄における杜撰な文書管理を批判したってね。官房長官や総理大臣在任中はいろいろあったけど、政治家としての根幹はまっとうなんだと改めて感心したのであった。これこそがまっとうな「保守」というものなんでしょうね。

 いまの自民党にはもうそんな政治家はいなくなりつつありますからね。あなたとは違うんですの福田君の意見というのは、考えてみれば当たり前のことなんだよね。そんな当たり前のことが、いまでは極めてリベラルな立ち位置に思えてくるんだから、いまの政治状況がどれだけ貧困なのかよってことだ。

【まっとう】福田元総理「大事な記録を残さなかった役人、良心があったのかどうかという問題にもなる」#サンデーモーニング

 ペテン総理の父親である安倍晋太郎は「晋三だけは政治家にしてはいけない。あいつには情がない」と言ったそうだが、カミソリ後藤田も「安倍晋三君だけは総理にしてはいけない」って警鐘を鳴らしていたという話もある。そうした先人の意を継いで、「打倒安倍」に立ち上がる自民党議員っていないもんなのかねえ・・・なんてないものねだりしてしまう月曜の朝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ヘイトスピーチ | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | リニア新幹線不正入札 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 二階俊博 | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大相撲 | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山口那津男 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 希望の党 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 百田尚樹 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 税金 | 稲田朋美 | 立憲民主党 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 緊急事態条項 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 足立康史 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM