安倍晋三記念小学校

2018年10月12日 (金)

ペテン総理の嘘がまたひとつ。カジノ法案はトランプの働きかけ・・・!!&森友のゴミに虚偽か・・・みんなで口裏合わせ!?&麻生太郎追放運動開始!!

 上がったものはいずれは下がる。これが自然の摂理というもので、株価大暴落でいよいよインチキ相場も終焉の兆しか。それにしても、新聞・TVは株価暴落をアメリカのせいにしているようだけど、これって官製相場と出口を失ったアホノミクスがそもそもの元凶じゃないのか・・・って経済オンチなもので真相の程はさだかじゃないけど。

 ところで、初老の小学生・ペテン総理の嘘がまたひとつ暴露されちゃいました。なんでも、カジノ法案について、やっぱりトランプからの働きかけがあったってね。ペテン総理は国会で、

「トランプ氏との間で(カジノを巡る)やり取りは一切なかった」
「外国首脳の推薦に従って、事業者を採用することはあり得ない」

 って答弁してるんだが、これって虚偽答弁ってことになるよね。カジノ法案にはトランプのスポンサーであるカジノ王が求めていた「面積規制撤廃」を受け入れるようにして、「面積上限」が明記されていない。それだけでも「働きかけ」はあったってことだ。

米カジノ参入 働き掛けか トランプ氏、日米会談で昨年

 嘘と言えば、森友学園疑獄でも新たな「嘘」が発覚。約8億円の値引きの根拠となった「試掘で地下3.8mにゴミ確認」という資料が、実は誤りだったとさ。試掘した業者は「経験の浅い従業員が誤った」なんて都合のいいこと言ってるけど、それを真に受けるほどこちとら間抜けじゃありませかんらね。森友・国交省・業者の口裏合わせがあったんじゃないのか・・・妄想だけど。

 野党から追加説明を要求された国交省は、「適切に資料に基づいて判断した」ってこれを拒否したそうだ。どこまで根性腐ってるんだか。

 根性腐ってるとくれば自民党だ。森友学園疑獄で公文書改竄したシュレッダー佐川君の国会答弁における偽証罪の告発を、自民党の参議院予算委員長が見送りにしたってね。総裁3選後の記者会見でペテン総理は「丁寧な説明」ってなんとかのひとつ覚えを繰り返していたけど、それをするなら今でしょ。

 いずれにしても、森友も加計もこのままではすみませんよ、ったく。

<参院予算委>ゴミ写真、深さ「誤表示」 業者が資料提出

 最後に、ひょっとこ麻生の追放運動が始まったとか。デモでも署名でも、とにかくこの下衆野郎を追い詰めるためなら何でもやらねば・・・黙ってるととことん舐められますよ!!

署名運動も始まった 麻生財務相の“追放運動”は拡大の一途

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月31日 (金)

「政治家の発言は記録残すな」(経産省)。もはや、霞ヶ関は犯罪者集団だ!!&玉城デニー出馬表明で、オール沖縄でひとつに!!&公聴会はトリチウム海洋放出のアリバイ作り!?

 昨夜のテレビ朝日『報道ステーション』における宮嶋泰子の塚原飛び夫婦擁護はひどかったなあ。かつての塚原飛び夫婦に不満を抱いた選手のボイコット事件には触れもせず、あれじゃあまるで塚原夫婦のスポークスマンじゃないかと思ってたら、なんとテレ朝は秋の世界体操の放映権持ってるんだってさ。そりゃあ塚原擁護に回るわけだ。

宮嶋泰子の塚原擁護と宮川批判がヤバイ!

 そんなことより、公文書管理で、経産省が「政治家の発言は記録残すな」って指示してたってね。森友・加計学園疑獄をきっかけにした公文書管理のガイドライン改定なんだが、これでは検察改革が最終的に「盗聴の拡大」など検察に有利な制度改定につながったのと同じで、焼け太りみたいなものだ。

 経産省で発覚したというのも象徴的で、ここはゲッペルス気取りの世耕君が大臣ですからね。さもありなんてことか。

 ようするに、「公文書は国民の財産」という視点がまったく抜け落ちているから、こういう民主主義の根幹を揺るがすようなお手盛りに手を染めることになるんだね。

 アンポンタン石破君が森友・加計学園疑獄を蒸し返そうとしているという自民党内の批判があるけど、何言ってやんでえ。蒸し返すところか、いまだに真相解明にはほど遠いのが現実だ。こうなったら、アンポンタン石破君は、総裁選でとことん森友・加計学園疑獄を“蒸し返し”てやればいい。そうすれば、公文書問題も蒸し返されて、再び改竄問題にもスポットが当てられるだろうから、ちったあ総裁選の意味も出てくるというものだ。

「政治家発言 記録残すな」 経産省、公文書管理で指示

 ところで、沖縄県知事選は、ようやくオール沖縄がデニー君支持でひとつになれそうなところまでこぎつけた。今日にも辺野古埋め立て承認撤回を県が宣言するようだし、いよいよ教育勅語大好きな佐喜真君と一騎打ち。見守るしかないのがなんとも歯がゆい。

・田中龍作ジャーナル
【沖縄県知事選】玉城デニー氏出馬会見、翁長知事の遺志継ぎ 「万策尽きたら夫婦で座り込む」
【沖縄県知事選】基地問題で「政府との対立も辞さない」とぶち上げる自公候補に騙されるな

 最後に、福島第一原発事故によるトリチウムを含む汚染水の海洋放出についての公聴会があったんだが、こうやってご意見は拝聴しましたよというアリバイ作って、何が何でも海に流しちまおうって魂胆じゃないのか。「結論ありき」っぽいんだよねえ。

・トリチウム水放出反対「漁業に打撃」 福島原発めぐり公聴会

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

「加害と反省」を無視したその夜に、森・小泉・麻生・岸田らと別荘で悪巧み!?&「戦後のサマータイム廃止は朝日新聞の責任」(麻生太郎)&東京地検特捜部が偽計業務妨害で佐川元国税庁長官を捜査+下村博文のパーティ券疑惑は不起訴!

 「反省」と「不戦の誓い」・・・敗戦の日に語るべき言葉はこれしかない。ああ、それなのに、今年も初老の小学生・アベシは「不戦の誓い」は言葉を濁し、「加害と反省」には触れようともしなかった。「過去を否定する人は、過去を繰り返す危険を冒している」というワインゼッカー元ドイツ大統領の言葉を改めて噛み締める、すっかり秋めいた風の吹く朝である。

陛下、等身大の願い次代へ 平成最後の終戦の日

首相「加害と反省」触れず 戦没者追悼式で6年連続

 そんな敗戦の夜に、初老の小学生・アベシは、シンキロー森、ご隠居・小泉、ひょっとこ麻生、昼間の幽霊・岸田、さらにはきつね目・茂木、女体盛り・西村、加計学園とズフズブの萩生田といった一族郎党を集めて会食したってね。

 総裁選後のアレコレについてよからぬことを話し合ったに違いないんだが、ご隠居・小泉ってのはよくもまあこういう席にノコノコ顔出せるもんだ。脱原発の掛け声も、しょせんはポーズなんだろうね。

首相動静(8月15日)

 ところで、ひょっとこ麻生が、また馬鹿言って呆れられてます。戦後すぐのサマータイムが失敗したのは「朝日新聞の責任だ」って喚いたってね。「(止めるべきと)書いた最大の理由は、新聞記者が明るい最中だと夜に飲みに行きにくいから。それが事実だろ?」とも記者に向かって言い放ったそうだが、「根拠はどこにある」ってなんで記者連中は詰め寄らないのかねえ。こういう馬鹿者がのさばるのは、記者にも責任があるってことだ。

昭和のサマータイム廃止「朝日新聞の責任」、麻生氏「記者が飲みに行きにくくなるからだろ?」

 でもって、すっかり忘れられていた森友・加計学園疑獄に動きがあった。ひとつは、シュレッダー佐川君の国会証言をめぐって東京地検特捜部が偽計業務妨害の刑事告発を受けて捜査を開始したってね。

 公文書改竄では不起訴にしちゃって批判されたから、ちょっとは捜査しているフリしておこうってことなんじゃないのか。果たして、どんな結論になることやら。

森友文書改ざん 佐川元局長を捜査 東京地検 偽計業務妨害容疑

 もうひとつは、不正献金疑惑の下村君が加計学園にパーティ券を購入してもらっていた件で、東京地検特捜部は不起訴にしたそうだ。理由は明らかにしていないんだが、特捜には説明責任はあるんじゃないのか。

 説明責任とくれば、不正献金疑惑の下村君だって、都知事選が終わったら説明するって言っておきながら、知らぬ顔の半兵衛を決め込んでいるんだからロクなもんじゃありません。

・・下村氏を不起訴=加計学園パーティー券問題―東京地検

 最後に、行方不明だった男児を救出したボランティアおじさんはお見事でした。警察は男児を寄越せっておじさんに迫ったらしいが、これって手柄を横取りしようとしたってことだ。おじさんは断固として拒否して、自らの手で男児を家族の元に連れ帰ったそうで、その反骨精神に拍手!

「子どもは上に上がると思った」 2歳児発見のスゴ腕捜索ボランティア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

栃木女児殺害で一審破棄して改めて無期懲役。なんとも珍妙な!&佐川元国税庁長官の偽証告発を自公が拒否!!&「成松は二重人格、三重人格、仮面を被っている」(山根明終身会長)。明らかな名誉毀損だな!!

 栃木で起きた小学生殺人事件の控訴審は、一審判決を破棄した上で改めて無期懲役というなんとも珍妙なものとなった。一審破棄の理由となった「取り調べの録音録画を元にした有罪認定は違法」というのはそうだとしても、その代わり訴因変更を検察に促して、「起訴内容の幅が広がった点を考慮すれば被告が犯人と認められる」ってのは乱暴だろう。

 さらに、被告が母親に出した手紙の内容から「本件殺人を指すと読むのが合理的」と言ってるんだが、これってただの推認にしか過ぎないわけで、結局は状況証拠の積み重ねという点では一審と何ら変わらないんだよね。

 冤罪かどうかは「神のみぞ知る」なんだろけど、一審破棄したなら差し戻しして、再度裁判員裁判ってのが妥当だったんじゃなかろうか。

自白映像で有罪」認めず 栃木女児殺害 高裁も無期

 ところで、シュレッダー佐川君の森友学園疑獄をめぐる一連の国会証言についての偽証告発は自民と公明が反対したってね。その理由ってのが「記憶に忠実である限り、客観的に誤っていたとしても虚偽の陳述に当たらない」ってんだから笑わせる。

 だったら、「記憶にある限り」って頭に振っちゃえば嘘つこうが何しようがお咎めなしってことになる。「『記憶の限り』という枕ことばを付ければ、あらゆることが偽証にならなくなり、国会の議論は成り立たない」(立憲民主・逢坂誠二)という指摘ももっともなことだ。

 政治家も官僚も嘘つくことが当たり前で、その嘘は政権に寄与するものならすべてお咎めなし・・・日一日と凄いことになっていく、なんとも「美しい国」であることよ。

佐川氏偽証の告発、自公の同意なく実現せず 野党は反発 

 凄いことになっているときたら日本ボクシング連盟だ。山根組長がTV各局でインタビューに答えてるんだが、さもありなんという風情で、ヤクザまがいというよりはもうホンチャンの反社だね(個人の感想です)。

 テレビ朝日『スーパーJチャンネル』における「やんちゃしてたけど盃はもらってない」って発言には目ン玉飛び出るところでしたよ。いろいろ突っ込みどころ満載なんだけど、なかでも許せなかったのは成松選手に対して「あの子は、二重人格、三重人格。仮面を被っている」って誹謗中傷したことだ。これは明らかに、名誉毀損、人権蹂躙だろう。

疑惑・渦中の山根会長が猛反発「僕は立派に生きてきました」初めてカメラ取材に応じ

・ボクシング連盟・山根会長、スッキリ生出演に遅刻の挙げ句「村田は生意気」「成松には騙された」選手らを猛批判

「恐怖に屈し不正判定」 ボクシング現役審判証言 

 日大の田中組長もホームページで都合のいい言い訳しているが、わかったことはどちらもホンチャンの筋者ってことだ。方や大学、方やアマチュアスポーツのトップだってのにこの様だ。文科省もスポーツ庁もそれを放置してきた責任は重い。

田中英寿理事長が大学HPに謝罪文掲載 学生ファースト見失った指摘「心に突き刺さった」 理事長辞任は否定 日大アメフト

 最後に、成松選手から80万円を譲り受けた選手はなぜ沈黙してるのか。いまだに返金してないわけだから、そのこと自体がルール違反だろう。危険タックルを証言した日大の選手のように、覚悟をもって名乗り出るべきじゃないのかねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月31日 (火)

「憲法教という新興宗教に毒されず安倍総理応援に感謝!」(稲田朋美)。憲法遵守義務違反で逮捕!!&「そろそろ潔く辞めましょう、悪しき古き人間達、もうそういう時代じゃありません」(WBA世界ミドル級王者・村田諒太)。まんま世襲政治屋にも突きつけたい!!

 諫早湾開門無効判決だとさ。漁業権が消滅しているのがその理由ってんだが、なんとも結論ありきの判決で、そりゃあ漁師は納得いくわけない。そもそも、諫早湾の干潟を埋め立てようなんて発想が神をも恐れぬ所業で、これって自民党の責任だよね。

諫早開門判決は「無効」 漁業権消滅 漁業者側、逆転敗訴

 ところで、網タイツの稲田君が、ツイッター始めたとたんに炎上。ツイート削除するハメになりました。そのツイートってってのがこれ↓です。

「支部長は大先輩の内野経一郎弁護士。法曹界にありながら憲法教という新興宗教に毒されず安倍総理を応援してくださっていることに感謝!」

 これは、日本会議の東京都中野支部で開催された「安倍総理を勝手に応援する草の根の会」に応援弁士として参加した時のことをツイートしたものなんだが、明らかに現行憲法を否定する意図を持った言い草だ。憲法遵守義務違反だって声が上がるのも当然のことで、「こういう認識の人が防衛大臣をやっていたことに改めて震撼する」って指摘もむべなるかなってことだ。

・・稲田朋美、「憲法教という新興宗教」とツイートし炎上 国会議員の「憲法尊重擁護義務」に違反か 

Photo

 それにしても、ペテン総理の「みっともない憲法ですよ」発言を筆頭に、どうしてこうも憲法をないがしろにする政治家の発言が続くのかねえ。そして、どうしてそうした発言にメディアは寛容なんだろう。政治家もメディアも劣化しているって言ってしまえばそれまでだけど、そうした紋切り型の批判で自己満足していると大変なことになりますよ。

 でもって、網タイツの稲田君はツイートを削除した理由を「ツイッターに書くにはあまりにも誤解を招きやすい(表現だった)なと思う」からだとさ。暴言・妄言を吐くたびに「誤解だ」って言い訳するのが昨今の政治屋の常套手段なんだが、ホント、国民を舐めてます。

<稲田元防衛相>“憲法教”ツイートを削除 「誤解招く」

 話変わって、ノイホイ菅野君にとてつもないスキャンダル。留学中にアメリカで女性に対する暴力行為を犯して逮捕状が出てるってね。事件を起こした自覚はあるようで、ノイホイ菅野君自身が反省の弁を述べている。森友学園疑獄の立役者がこれだ。さぞやペイン総理はほくそ笑んでいることだろう。

森友追及のジャーナリスト・菅野完氏に米警察から逮捕状が出ていた

7月30日(月)発売「週刊現代」に掲載された菅野完に関する記事につきまして

 最後に、日本ボクシング連盟が第2の日大騒動になりそうですね。300人超の選手の告発に対して、連盟はファイティングポーズとっているようだけど、選手たちを甘くみてると明日のジョーなみのクロス・カウンターでノックアウトされますよ。

「そろそろ潔く辞めましょう、悪しき古き人間達、もうそういう時代じゃありません」
「新しい世代に交代して、これ以上、自分達の顔に泥を塗り続けることは避けるべきです」

 WBA世界ミドル級王者・村田諒太は、連盟幹部をこのように批判しているが、これってまんま旧態依然とした政治屋どもににも突きつけてやりたいものだ。

村田諒太 助成金不正、ピンハネ疑惑のボクシング連盟を批判「悪しき古き人間達」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

「法務省に巻きを入れる」文書について「ご指摘のものがどのようなものであるか承知していない。答えようがない」(安倍晋三)。総理大臣は気楽な稼業ときたもんだ!&佐川前理財局長不起訴処分の大阪地検特捜部長が函館地検検事正に栄転!!

 延長国会が始まって、共産党が暴露した国交省と財務省とのやりとりの記録文書について取り上げられたんだが、

「ご指摘のものがどのようなものであるか承知していない。答えようがない」

 とペテン総理は逃げの一手。ていうか、ようするに記録文書についてまったく調べる気なんてないってことなんてだね。

 この記録文書については、既に公明党の国交大臣が「公表しない」って居直ってるんだが、森友学園疑獄はちょいと深堀りすると公明党の幹部に行き着いたりする可能性もあるからむべなるかなってところか。

参院予算委 首相、疑惑一掃至らず 加計氏会見と矛盾

国交大臣「公表しない」 “賃料引き下げメモ”巡り

 さらに、財務省の理財局と近畿財務局が森友学園関連文書を「最高裁まで争う覚悟で非公表とする」という記載や、シュレッダー佐川君ご一党の刑事処分について「官邸も早くということで、法務省に何度も巻きを入れている」なんて記述については、官僚による国家反逆罪、官邸による検察への介入が疑われるわけで、法務大臣が「作成の経緯や記載内容の趣旨を把握していない」なんて呑気なこと言ってる場合じゃないんだよね。

「法務省に何度も巻き」共産が新文書 佐川氏刑事処分で

財務省の公開文書には最も重要な部分が欠けている。これで幕引きを図らせてはいけない

 でもって、それだけの危険を冒してまでシュレッダー佐川君ご一党を不起訴処分にした大阪地検特捜部の山本真千子君は見事、函館地検検事正にご栄転あらせられました。分かりやすいというか、舐めているというか、もうこの国の権力者には倫理観や道徳観、さらには恥じ入るという感性がまったく欠如しているということだ。

Photo

 そんな国会の状況を、メディアはアリバイ程度にしか報道してませんからね。本田のシュートに手の平返しするくらいだったら、ペテン総理に乾坤一擲の手の平返しをしてみやがれ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

【森友・加計学園疑獄】内閣府のおとぼけ答弁と官邸の検察介入・・・政権支配下の警察・検察とそれを見て見ぬ振りする腐ったメディアがこの国を滅ぼそうとしている!!

 加計学園疑獄に深く関わっていると噂される「政府のご意向」発言の藤原君が、愛媛出張の際に加計学園から車の便宜を図ってもらった問題で、内閣府は「加計学園は利害関係者にあたらない解釈も」なんて見解を示したそうだ。おいおい、「無償で利害関係者から車の送迎を受けてはならない」って国家公務員倫理規程で定められているんだから、明らかにそれに違反しているじゃないのか。

内閣府「加計学園は利害関係者にあたらない解釈も」

1_2

 こういう規範や法律の文言を公務員自らが勝手に解釈して事実を歪曲することは、明らかに国民への裏切りであり、犯罪と言ってもけっして過言ではない。

 財務省による公文書改竄はその最たるもので、なぜこの国ではこうした公務員の犯罪的行為に肝要なのだろう。本来は、それを糾弾するのがメディアのはずなんだよね。

 ああ、それなのに御用コメンテーターや御用政治ジャーナリストは、たとえば森友・加計学園疑獄について嘆いてみせるが、同時に「野党の力不足」をことさらのように付け加える。バランス報道ってやなんだろうが、こうした発言がどれほどペテン総理に有利に働いているかなんて考えたことあるのだろうか。おそらく、わかっててたやってんだろうね。

 で、結局のところ、すべてがウヤムヤになって、モヤモヤしたフラストレーションだけが一般大衆労働者諸君の心に残り、ついには政治に無関心になっていくってわけだ。

 話を加計学園からの車問題に戻せば、なぜ報告書に「官用車利用」と虚偽の記載をしたかってことについて、内閣府は「交通費がかからなかったから」ってシュールな説明してくれちゃってます。これは、社民党のミズホタンの質問への答弁なんだが、ハッキリ言って、舐めてるよなあ。

 さらに、もうひとつメディアがなぜかソッポ向いている案件がある。それは共産党が入手した国土省の内部文書で、そこには「調査報告書をいつ出すかは、刑事処分がいつになるかに依存している。官邸も早くということで、法務省に何度も巻きを入れているが、刑事処分が5/25 夜という話はなくなりそうで、翌週と思われる」と書かれている。

 これについては19日のエントリーでも紹介したんだが、明らかに官邸による検察への介入なんだよね。これってもの凄いことで、時の政権が警察・検察を勢力下に置いているってことで、まさにやりたい放題ができる仕組みになっている。こんなんだもの、準強姦罪のお友だちの逮捕状を取り消すことくらいはわけないってことだ。

・田中龍作ジャーナル
【森友改ざん】 内部文書「官邸が法務省に巻きを入れている」 検察への介入明らかに

 こうした事実を、まったく報道しないメディアってのは、もはや存在価値ないんじゃないのか。政権支配下の警察・検察とそれを見て見ぬ振りする腐敗したメディアがこの国を滅ぼそうとしている・・・なんてことを我が家のドラ猫に囁いてみる土曜の朝であった。

加計氏発言、首相と矛盾 会見でほころび新たに

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

「変態コレクターは私へのほめ言葉。変わり者と付き合うな、と言われても、バカだと思われても、そこは本当に譲れない」(安倍昭恵)。亭主の顔が見てみたい(爆)&姑息な会見で逃げ切るつもりなら、愛媛県知事は補助金ストップを突きつけるべきだろう。

 「世間を憚る」って言葉はこの夫婦には通用しないことはわかっていたものの、このタイミングで私人の嫁がトークショーでさながら独演会のごとく言いたい放題だったっ話を聞くと、一瞬の殺意が襲うのもむべなるかなってことか。

「私もいろんな事があって、たくさん批判をされて、その批判を糧にしたいなと思っています」
「変態コレクターは私へのほめ言葉。変わり者と付き合うな、と言われても、バカだと思われても、そこは本当に譲れない」

 なんとかにつける薬はない、とは言うものの、この夫婦を見ていると「馬鹿夫婦春画を真似て手をくじき」なんてバレ句が脳裏を掠めるのであった。

安倍昭恵夫人“独演会” 森友「無反省音声」公開!

 そんな夫婦の犯罪のひとつである加計学園疑獄なんだが、愛媛県知事が雲隠れ孝太郎の会見の感想を聞かれて、

「確証がないなら(本当かどうか)どっちにも取る人がずっと存在する。もやもやした感じが残る。(証拠を)探す努力をされるべきでは」
「既に謝罪を受けており、最優先はしっかりと説明責任を果たすこと」

 って突き放したってね。「記憶にも記録にもない」ってんなら、裏付けとなる証拠を示せってことだ。愛媛県文書には面談の事実が書かれているわけだから、それが「嘘」だったというならそれを立証するのは加計学園側にあるのは自明のこと。

 「私学助成金を受け取る立場を踏まえて、しっかりやることが学校のためにもなる」ともコメントしているけど、ここまできたら返答次第では県費も私学助成金もストップするって突きつけるべきだろう。

愛媛知事、加計氏の会見に納得せず「最優先は説明責任」

安倍政権に“96億円カツアゲ”された今治市、地元住民の声【加計学園問題】

 なんったって、加計学園は学校経営を補助金ビジネスとしか思ってませんから。へたすると、加計学園系列の千葉科学大学を誘致したおかげで財政危機に陥っている銚子市の二の舞になることは目に見えてますからね。

【加計学園】銚子市の千葉科学大学、300億円近い負債と判明

 96億円とも言われる補助金をストップされたら加計学園の経営は立ち行かなくなるんだから、そこまで追い詰めてこそ「戦う知事」の面目が立とうと言うというものだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

「森友が国有地に絡み10億円借り入れ」は政治家に金を還流するためのマネーロンダリングの疑い!?&「良い土地ですから、前に進めて下さい」(安倍昭恵)発言を近畿財務局職員が確認していた!!

 ひょっとして朝鮮半島の平和を誰も望んでないんじゃないの、と思いたくなるほど新聞・TVでは米朝首脳会談に否定的な意見が飛び交っている。そもそも、即行で非核化しろなんてのは無理な話で、そんなこというならアメリカも同じことしてみやがれってなもんです。段階的にせよ、非核化に進んで行くならけっこうなことだと思うのはシロートの僻目というものでしょうか。

 それよりも、森友学園疑獄だ。米朝首脳会談をいいことに、新聞・TVはすっかり総理夫妻の犯罪を葬り去ろうとしているようで、昨日のエントリーで紹介した「8億円値引きの国有地で10億円の借り入れ」というニュースなんかほとんどスルーされちゃってます。

 共産党が入手した文書によれば、籠池前理事長が提出した「質権設定承認申請書」には当時の大阪航空局長の承認印があったそうだ。てことは、森友学園への融資について、国交省が裏書したようなものなんだね。

 この融資はりそな銀行によるもので、そこには公明党幹部の息子が絡んでいるってことは長らく噂になっていた。ペテン総理が大阪にTV出演のために行った際に、その幹部の経営する料理屋で秘密の会合があったのではなんて憶測もいまだに囁かれている。

 妄想を逞しくすれば、8億円値引きの国有地を担保にして借り入れた10億円の一部が政治家に流れたんじゃないのかってことに行き着く。値引きした国有地に高額な融資。これって、政治家に金を還流するための典型的なマネーロンダリングの手法じゃないのか。

8億円値引きの国有地で10億円まで借り入れ承認 森友問題 宮本岳志氏が新文書示す

【みんなグル】国有地1億円購入の森友学園に対し、りそな銀が同土地に10億円の価値と融資を認め、国交省も承認の印鑑!ネット「マネーロンダリング」「もう悪事やり放題」

 さらに、「昭恵夫人から『良い土地ですから、前に進めて下さい』とのお言葉を頂いた」という籠池前理事長の主張を裏付けるように、「昭恵夫人の名前を交渉記録に記載した」と近畿財務局職員が証言していたことが発覚した。この交渉記録を記載した書類は見当たらないというのが財務局の言い分だけど、実際に記載したという証言があるということは、やはりそこにやましさがあるから隠しているんじゃないかってことになるんだね、世間の常識では。

森友文書問題、交渉記録に昭恵夫人の発言!職員が証言!「前に進めて下さい」

 森友だけじゃなくて加計学園疑獄もまだ終わったわけじゃない。これからも、ペテン総理およびその私人の嫁の関与を示唆する新たな事実が発覚する可能性は極めて高い。新聞・TVはそれでもダンマリを決め込むつもりなのだろうか。

最後に、くろねこも参加するところの「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」は、「佐川宣寿前国税庁長官らを不起訴としたのを不服として、大阪第1検察審査会に審査を申し立て」をしました。逃げ得は許しませんよ!

佐川氏らの不起訴不服、市民団体 検察審査会に申し立て

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

拉致問題でトランプと電話会談。「詳細は言えない」(安倍晋三)。「後は自分でやれ」って言われたんじゃないのか!?&森友学園が「8億円値引きした豊中の土地を取得後、質権設定13億円の鑑定評価で融資を受けた」!?

 評価が相半ばする米朝首脳会談だが、見かけだけでも「平和」に向けて話し合いがもたれたという事実は揺るがない。それにしても、「体制保証」ってのはなんか違和感あるなあ。北朝鮮の人権問題ってのは非核化が実現しようがしまいが極めて重要なテーマなんだよね。そこには拉致問題も関わってくるわけで、そこをねぐって「体制保証」されても北の人民にとっては迷惑以外の何物でもないだろう。

北、完全非核化署名 具体策示されず 米「体制保証」 初の首脳会談

米朝共同声明の全文

 で、その拉致問題なんだが、どうやら「ちょいと話しておいたよ」って程度で、ペテン総理はあしらわれちゃったようだ。会談後の電話会談で北の反応ってのは伝わっているはずなのに、「詳細は言えない。私の考えはトランプ氏から金委員長に明確に伝えていただいた」ってペテン総理は木で鼻をくくったようなコメントしてますからね。コラムニストの小田嶋隆氏のツイートがすべてを語っています。

 日朝会談を実現したいなら、まずはペテン総理にお引き取り願うことだ。おそらく、北のカリアゲ君は腹の中ではそう思っているに違いない・・・妄想だけど。

日本政府クギ刺し、トランプ氏に利かず 落胆の声も

 ところで、森友学園疑獄で、森友学園が「8億円値引きした豊中の土地を取得後、質権設定13億円の鑑定評価で融資を受けた」っという事実が発覚したようだ。これはずっと噂になっていたことで、そこには公明党幹部の親族も絡んでいるなんてことも囁かれていたんだね。ああ、やっぱり、ってなもんです。

 今後の展開に乞うご期待というところで、お後がよろしいようで。


宮本岳志 議員 国土交通委員会 質疑(2018.6.12)   

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | セクハラ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ヘイトスピーチ | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | リニア新幹線不正入札 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 二階俊博 | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 働き方改革 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 公文書改竄 | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 国民民主党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大相撲 | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 学問・資格 | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 小泉進次郎 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山口那津男 | 山本一太 | 山本太郎 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 岸田文雄 | 川口悠子 | 希望の党 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 放送制度改革 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 教育勅語 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 杉田水脈 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 松井一郎 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 水道民営化 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 沖縄県知事選 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 産経新聞 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 百田尚樹 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 税金 | 稲田朋美 | 立憲民主党 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 緊急事態条項 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 船田元 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 裁量労働制 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 豊洲市場 | 財務省 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 足立康史 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 野田聖子 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM