加計学園

2018年8月16日 (木)

「加害と反省」を無視したその夜に、森・小泉・麻生・岸田らと別荘で悪巧み!?&「戦後のサマータイム廃止は朝日新聞の責任」(麻生太郎)&東京地検特捜部が偽計業務妨害で佐川元国税庁長官を捜査+下村博文のパーティ券疑惑は不起訴!

 「反省」と「不戦の誓い」・・・敗戦の日に語るべき言葉はこれしかない。ああ、それなのに、今年も初老の小学生・アベシは「不戦の誓い」は言葉を濁し、「加害と反省」には触れようともしなかった。「過去を否定する人は、過去を繰り返す危険を冒している」というワインゼッカー元ドイツ大統領の言葉を改めて噛み締める、すっかり秋めいた風の吹く朝である。

陛下、等身大の願い次代へ 平成最後の終戦の日

首相「加害と反省」触れず 戦没者追悼式で6年連続

 そんな敗戦の夜に、初老の小学生・アベシは、シンキロー森、ご隠居・小泉、ひょっとこ麻生、昼間の幽霊・岸田、さらにはきつね目・茂木、女体盛り・西村、加計学園とズフズブの萩生田といった一族郎党を集めて会食したってね。

 総裁選後のアレコレについてよからぬことを話し合ったに違いないんだが、ご隠居・小泉ってのはよくもまあこういう席にノコノコ顔出せるもんだ。脱原発の掛け声も、しょせんはポーズなんだろうね。

首相動静(8月15日)

 ところで、ひょっとこ麻生が、また馬鹿言って呆れられてます。戦後すぐのサマータイムが失敗したのは「朝日新聞の責任だ」って喚いたってね。「(止めるべきと)書いた最大の理由は、新聞記者が明るい最中だと夜に飲みに行きにくいから。それが事実だろ?」とも記者に向かって言い放ったそうだが、「根拠はどこにある」ってなんで記者連中は詰め寄らないのかねえ。こういう馬鹿者がのさばるのは、記者にも責任があるってことだ。

昭和のサマータイム廃止「朝日新聞の責任」、麻生氏「記者が飲みに行きにくくなるからだろ?」

 でもって、すっかり忘れられていた森友・加計学園疑獄に動きがあった。ひとつは、シュレッダー佐川君の国会証言をめぐって東京地検特捜部が偽計業務妨害の刑事告発を受けて捜査を開始したってね。

 公文書改竄では不起訴にしちゃって批判されたから、ちょっとは捜査しているフリしておこうってことなんじゃないのか。果たして、どんな結論になることやら。

森友文書改ざん 佐川元局長を捜査 東京地検 偽計業務妨害容疑

 もうひとつは、不正献金疑惑の下村君が加計学園にパーティ券を購入してもらっていた件で、東京地検特捜部は不起訴にしたそうだ。理由は明らかにしていないんだが、特捜には説明責任はあるんじゃないのか。

 説明責任とくれば、不正献金疑惑の下村君だって、都知事選が終わったら説明するって言っておきながら、知らぬ顔の半兵衛を決め込んでいるんだからロクなもんじゃありません。

・・下村氏を不起訴=加計学園パーティー券問題―東京地検

 最後に、行方不明だった男児を救出したボランティアおじさんはお見事でした。警察は男児を寄越せっておじさんに迫ったらしいが、これって手柄を横取りしようとしたってことだ。おじさんは断固として拒否して、自らの手で男児を家族の元に連れ帰ったそうで、その反骨精神に拍手!

「子どもは上に上がると思った」 2歳児発見のスゴ腕捜索ボランティア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

「吉村、君は私より若いようですから、応えなさい」・・・夜回り先生、大阪市長に怒る!!&加計学園疑獄が自民党総裁選の争点に!?

 広島原爆の日・・・合掌!

 その広島を訪問したペテン総理と広島が地元の昼間の幽霊・チキン岸田君が会食。総裁選後の人事のおねだりしたのか。

 そんなことより、お子ちゃま・橋↓の子分の大阪市長が「小6と中3が受ける全国学力調査の結果について、校長や教員の評価やボーナスの額に反映させる」と喚いている。ようするに、教師はすべからく成果主義になるってことで、ま、維新の考えそうなことです。

大阪市意向に校長「むちゃくちゃ」 賞与に学力調査反映

 そもそも、学力には家庭の経済環境が大きく影響しているわけで、まずはそうした格差をなくすことが市長の役目なんだね。それをすべて教師の責任にして「給料下げるぞ」って脅すんだから、「大阪で生まれた女な」も裸足で逃げ出しますよ、ったく。

 そんな大阪市長に、「夜回り先生」こと水谷修氏が怒りの鉄槌です。

「大阪市の子どもたちの学力テストの結果が思わしくないのは、教員の責任なのでしょうか。大阪は、生活保護や少年犯罪の数では、全国で最悪の自治体です。そんな状況を変えることのできない、大阪市長の責任なのではないでしょうか。」
「子どもたちは、その環境が整えばきちんと勉強します。そんな環境をつくることもできない市長が、それを他人のせいとする。許されないことです。」

そして、最後に、

「大阪市長吉村に言います。ここで書いた私のことばに異論があるならば、どうぞ、私と戦いましょう。かつて、君のつまらない先輩である橋下が私と無駄な戦いをして無知故に汚れたように。」
「吉村、君は私より若いようですから、応えなさい。」

 でもって、三下市長は「大阪市は、来年の学テで万年最下位を脱する。その結果を出せなければ、僕の来夏のボーナスを全額返上する」ってツイートしてるんだが、そういう問題じゃないだろうと馬鹿にされる始末だ。

 学力テストの結果でいかんでは給料下げるってのは、ようするに「学力テストの結果のでない教師は生産姓がない」って言ってるようなもので、その根っこは杉田汚水脈と同じってことですからね。三下市長は、夜回り先生の果たし状を、さあ、どうするどうする!!

・夜回り先生からの近況報告
大阪市長吉村について

 ところで、加計学園疑獄が自民党総裁選の争点になりそうな気配とか。考えてみれば、「石破4条件」をクリアのが獣医学部新設の条件だったわけで、それを無視した結果が加計学園なんだから、そうなれば実に面白いことになるのだが・・・!?

・天木直人のブログ
石破茂氏が総裁選で加計疑惑を追及すれば拍手喝さいだ

 最後に、下の看板には間違いがあります。さてどこでしょう? ちなみに、この看板は最後は金目のノビテル作という噂があるんだが、本当か?

1

答えはこちら↓
2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

京産大の獣医学部新設申請に「今ごろ遅い」といちゃもんつけた「総理のご意向」発言のあの官僚&東京オリ・バラのボランティアを大学に強要!? 国家総動員法の予行演習か!!

 東京新聞で今日から「権力の内幕 検証・加計疑惑」の連載が始まった。森友・加計学園疑獄については、ほとんどのメディアがそんなものはなかったかの如くに無視する中、東京新聞の執念には拍手を送りたい。

 昨日の朝刊でも1面トップで、「特区申請『今ごろ遅い』」と見出しを打って、当時の内閣府地方創生推進室次長である「総理のご意向」発言の藤原君が京産大の獣医学部設置申請にいちゃもんをつけた事実を報じていた。

 森友・加計学園疑獄では、メディアは野党の力不足ぱかりを強調するが、そんなことより自ら独自取材をして真相解明に立ち上がのがジャーナリズムってもんなんだよね。その意味では、東京新聞のこうした執念というか、執着というか、しつこさは賞賛に値する。ちょっと大げさか・・・。

特区申請前「今ごろ遅い」 内閣府幹部が京産大批判

1_3
クリックで拡大

 メディアの粘り強さってのが世論を喚起し、それが野党を後押しするバワーへと繋がっていくものなのだ。ところが、政権批判を装いつつ、最後には野党を貶めるといういまのメディアのやり口がペテン政権を裏で支えているのが現状なんだから、何をかいわんやなのだ。

 ところで、スポーツ庁と文科省が「東京五輪・パラリンピックの期間中にボランティアに参加しやすいように全国の大学と高等専門学校に授業や試験期間を繰り上げるなど柔軟な対応を求める通知を出した」ってね。

<東京五輪・パラ>「授業避けて」国通知、ボランティア促す

 ボランティアという名目で、国家総動員法の予行演習でもしようってのか。それにまた無批判に乗っかる新聞・TVもどうかしてます。もう駄目かもわからんね、この国は。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

総理の椅子の禅譲期待して戦意喪失のへなちょこ野郎。終わったな、この腰抜けは!!&「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観、考えがある」とLGBT差別に理解を示す自民党幹事長のおぞましさ!&柳瀬審議官が退任。ほとぼり冷めたらしかるべき企業に天下りか・・・!?

 昼間の幽霊・岸田君が自民党総裁選不出馬だとかで、一夜明けたら安倍三選ムード一色。もう決まったかのような雰囲気ってんだから、一般大衆労働者諸君は○ん○桟敷に置かれたまま。国民主権はどこ行っちまったんだろうね。

 それにしても、情けないのが昼間の幽霊・岸田君だ。禅譲期待しての戦意喪失なんだから、根性なしというか、腰抜けというか、なんともへなちょこな野郎だ。戦わない男って烙印が押されちゃって、おそらくこの男は総理大臣になることはネバーないだろう。そもそも、禅譲なんてのは単なる口約束で、これまで実際にその約束が守られたことはありません。

「北朝鮮問題をはじめとする外交や西日本を中心とした豪雨災害への対応など山積する課題に安倍総理大臣を中心に対応していく必要がある」

 こんな言い訳してるってことは、確固とした政治信条や理念というものがないんでしょうね。おそらく、このへなちょこは、総理大臣を政治家としての上がりのポストくらいにしか考えてないんだろうなあ。でなけりゃ、戦いますよ。仮に敗北したとしても、そこで存在感を示すことが将来に繋がるんだから、確固とした政治信条や理念があれば、戦うのが政治家というものだ。終わったね、このへなちょこ野郎は。

岸田氏不出馬、3選支持 総裁選安倍氏VS石破氏の構図 

 ところで、土建政治の幹事長・二階君が、杉田汚水脈のLGBT差別発言を擁護したってね。

「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観、考えがある」

 杉田汚水脈のLGBT差別ってのは、「いろんな人生観」の問題ではない。明らかな、「人権問題」なんだよね。「人生いろいろ」とおちょくってくれた総理大臣がいたけど、だからといって何を言ってもいいってことにはならない。ましてや、政治家であれば、その発言には一般大衆労働者諸君以上に倫理観・道徳観・社会性などが要求される。けっして、「いろんな人生観」で済むことではない。

 もっとも、「子供を産まない方が幸せじゃないかと勝手なことを考える人がいる」なんてことを口にするような昭和なオヤジですからね。杉田汚水脈と根は一緒ってことだ。

杉田水脈氏の寄稿、二階幹事長「人それぞれ人生観ある」

 大阪のチンピラ知事も「オカマ」なんてことをツイートして炎上しているようで、なんともみっともない政治屋ばかりが幅を利かす国なっちまったものだ。

 最後に、記憶喪失の柳瀬君が経済産業審議官を退任するってさ。ゲッペルス気取りの経産相・世耕君は、「加計学園問題とは関係ない」ってとってつけたような言い訳しているけど、誰がそんなこと信用するもんですか。おそらく、ほとぼりが冷めた頃に、しかるべき企業に天下りするんでしょう。

柳瀬審議官、退任 経産相「加計」影響を否定

 でも、民間人になったからって、逃がしはしませんよ。ちゃんと落とし前はつけてもらわないとね。それまで、震えて眠っていやがれ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

「安倍首相、世界ばかりに目を向けず、国内にも目を向けて」と被災者に諭され、薄ら笑いで応えるうすらとんかち!&カジノ法案審議をスルーするメディアの愚&加計獣医学部図書館には本がない!?

 「やってる感」を演出するために被災地にメディアを引き連れて大名旅行したペン総理が、被災者から痛烈なカウンターパンチをくらったってね。

「世界ばかりに目を向けるのではなく、我々国内にも目を向けてください」

 この被災者の訴えに、ペテン総理はヘラヘラ笑いながら「国内もちゃんと・・・やってます」とお追従するのが精一杯。おそらく、メディアが回りにいなかったら、逆切れしたんじゃないのか。かつて、東海道の列車の中で座席をめぐって苦言を呈した一般の乗客に対して「だから、すみませんって言ってるじゃないか!」と逆切れした前科がありますからね。

安倍晋三首相、被災者から怒られる!「世界ばかりではなく、国内にも目を向けて」 


被災者「安倍首相、世界ばかりに目を向けてないで」

 さらに、5日の宴会を知った被災者からは「ちょっとどうかしてるわな!」って声も聞こえてきたとか。この宴会については、新聞・TVもさすがに無視するわけにいかなくなっているようだけど、ネットで騒ぎにならなければスルーしていたであろうメディアも「ちょっとどうかしてるわな!」ってなもんです。

安倍首相に被災者から非難の声が「ちょっとどうかしてるわな❗」 

 「ちょっとどうかしてるわな!」とくれば、昨日のカジノ法案審議だ。TVのニュースはどの局も西日本豪雨のオンパレードで、「カジノ」の「カ」の字もありません。アメリカのカジノ業者が国会議員のパーティ券を購入している、とノイホイ菅野君が暴露しているように、カジノ法案成立を急ぐ裏にはトランプのスポンサーである大物カジノ王の存在があるってのに、この体たらくだ。

 しかも、カジノ業者が客に掛け金を貸し付ける「特定金融業務」が可能になるという、まるでギャンブル依存症を後押しするようなシステムがくっついてる法案だってのに、災害報道にかまけて(ていうか利用して)まったく報道しないというのは、ひょっとしてメディアも一枚噛んでるんじゃないかと疑いたくもなろうというものだ。

・カジノ法案 リスク山積 運営業者が賭け金融資 入場規制上限に抜け穴 

西村官房副長官 米カジノ関係者にパーティー券

【特別寄稿】嘘八百の『売国的』安倍政権が強行のカジノ法案が参院で審議入り!(ジャーナリスト・横田一) 

 森友・加計学園疑獄だって、もう新聞・TVではないものになってますからね。愛媛県議会は、加計学園の虚偽報告について「説明を尽くせ」と決議したそうだが、そんなことも新聞・TVはまったく無視。そのくせ、二言目には「野党の追及不足」とくるんだから、このひとたちはどこ向いてジャーナリストでございってほざいてるんでしょう。もっとも、ジャーナリストとしての誇りや矜持があれば、ペテン総理と鮨食ったりはしないか、クソっ!

加計学園は虚偽報告の「説明尽くせ」 愛媛県議会が決議 

加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

文科省局長逮捕は森友・加計学園疑獄のガス抜き!?&「大飯原発の危険性は社会通念上、無視しうる程度にまで管理・統制されている」(名古屋高裁金沢支部)。何様のつもりだ!!&「今後は会見に応じない」(加計学園)。盗人猛々しい!!

 東京医科大学不正入学に絡んで次官候補と言われる文科省の高級官僚が逮捕だそうで、東京地検特捜部はドヤ顔しとります。てもねえ、なんか違和感あるんだよなあ。現職の官僚の逮捕ってのはインパクトあるから、これでしばらくはTVのワイドショーはこの話題で持ちきりになるだろうことは容易に想像がつく。

 てことは、森友・加計学園疑獄への関心は当然のように薄れるわけで、財務省官僚へのストレスは文科省の官僚逮捕に向けられることになる。ようするに、隠れ蓑ってことなんじゃないのかねえ。これで少しは、大阪地検特捜部が出したシュレッダー佐川君ご一党への不起訴処分への不満もかわすことができるって腹に違いない・・・妄想だけど。

文科省局長を逮捕 受託収賄容疑 子の大学合格見返り 

 そんなことより、原発だ。な、なんと、名古屋高裁金沢支部が、大飯原発の運転差し止めを取り消しやがりました。その理由ってのがほとんど司法の責任放棄なんだね。

「原子力規制委員会の判断に、不合理な点は認められない」
「大飯原発の危険性は社会通念上、無視しうる程度にまで管理・統制されている」

 そして、最後には、

「福島原発事故の深刻な被害に照らし、原発を廃止することは大いに可能であろうが、その当否の判断はもはや司法の役割を超え、国民世論として幅広く議論され、立法府や行政府による政治的な判断に委ねられるべきだ」

 とさ。原発事故の危険性を「社会通念上、無視しうる程度にまで管理・統制されている」とまで言い切ってるけど、万が一事故が起きたらその責任はこの裁判官が取ってくれるとでも言うのだろうか。ようするに、原発の危険性はたいしたことない、って言ってるようなものですからね。

 でもって、最後には「政治的な判断に委ねられるべきだ」って逃げちゃうんだから、これじゃあ裁判所の存在理由なんかありません。そもそも、「国民世論として幅広く議論され」た結果、ラチがあかないから司法の判断を求めたわけで、それを「その当否の判断はもはや司法の役割を超え」なんて言われちゃったら、一般大衆労働者諸君の立つ瀬がありませんよ、ったく。

 こうやってなんでもかんでも「政治的判断」で司法が逃げちまったら、それこそ三権分立の根幹を揺るがしかねない事態に陥りますよ。上級審になればなるほど国よりの判決ばかりで、森友学園疑獄で「最高裁まで争う覚悟で非公表とする」と財務省が文書隠蔽したのもむべなるかなってことだ。

飯差し止め 取り消し 高裁金沢支部「危険性無視しうる」 

 ところで、加計学園が「今後は会見に応じない」って文書を報道機関に送りつけたってね。盗人猛々しいとはこのことか。丑の時参りで呪い殺したくもなろうというものだ・・・妄想ですよ、妄想!

「以後 会見に応じない」加計学園が報道機関にFAX 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

「法務省に巻きを入れる」文書について「ご指摘のものがどのようなものであるか承知していない。答えようがない」(安倍晋三)。総理大臣は気楽な稼業ときたもんだ!&佐川前理財局長不起訴処分の大阪地検特捜部長が函館地検検事正に栄転!!

 延長国会が始まって、共産党が暴露した国交省と財務省とのやりとりの記録文書について取り上げられたんだが、

「ご指摘のものがどのようなものであるか承知していない。答えようがない」

 とペテン総理は逃げの一手。ていうか、ようするに記録文書についてまったく調べる気なんてないってことなんてだね。

 この記録文書については、既に公明党の国交大臣が「公表しない」って居直ってるんだが、森友学園疑獄はちょいと深堀りすると公明党の幹部に行き着いたりする可能性もあるからむべなるかなってところか。

参院予算委 首相、疑惑一掃至らず 加計氏会見と矛盾

国交大臣「公表しない」 “賃料引き下げメモ”巡り

 さらに、財務省の理財局と近畿財務局が森友学園関連文書を「最高裁まで争う覚悟で非公表とする」という記載や、シュレッダー佐川君ご一党の刑事処分について「官邸も早くということで、法務省に何度も巻きを入れている」なんて記述については、官僚による国家反逆罪、官邸による検察への介入が疑われるわけで、法務大臣が「作成の経緯や記載内容の趣旨を把握していない」なんて呑気なこと言ってる場合じゃないんだよね。

「法務省に何度も巻き」共産が新文書 佐川氏刑事処分で

財務省の公開文書には最も重要な部分が欠けている。これで幕引きを図らせてはいけない

 でもって、それだけの危険を冒してまでシュレッダー佐川君ご一党を不起訴処分にした大阪地検特捜部の山本真千子君は見事、函館地検検事正にご栄転あらせられました。分かりやすいというか、舐めているというか、もうこの国の権力者には倫理観や道徳観、さらには恥じ入るという感性がまったく欠如しているということだ。

Photo

 そんな国会の状況を、メディアはアリバイ程度にしか報道してませんからね。本田のシュートに手の平返しするくらいだったら、ペテン総理に乾坤一擲の手の平返しをしてみやがれ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

【森友・加計学園疑獄】内閣府のおとぼけ答弁と官邸の検察介入・・・政権支配下の警察・検察とそれを見て見ぬ振りする腐ったメディアがこの国を滅ぼそうとしている!!

 加計学園疑獄に深く関わっていると噂される「政府のご意向」発言の藤原君が、愛媛出張の際に加計学園から車の便宜を図ってもらった問題で、内閣府は「加計学園は利害関係者にあたらない解釈も」なんて見解を示したそうだ。おいおい、「無償で利害関係者から車の送迎を受けてはならない」って国家公務員倫理規程で定められているんだから、明らかにそれに違反しているじゃないのか。

内閣府「加計学園は利害関係者にあたらない解釈も」

1_2

 こういう規範や法律の文言を公務員自らが勝手に解釈して事実を歪曲することは、明らかに国民への裏切りであり、犯罪と言ってもけっして過言ではない。

 財務省による公文書改竄はその最たるもので、なぜこの国ではこうした公務員の犯罪的行為に肝要なのだろう。本来は、それを糾弾するのがメディアのはずなんだよね。

 ああ、それなのに御用コメンテーターや御用政治ジャーナリストは、たとえば森友・加計学園疑獄について嘆いてみせるが、同時に「野党の力不足」をことさらのように付け加える。バランス報道ってやなんだろうが、こうした発言がどれほどペテン総理に有利に働いているかなんて考えたことあるのだろうか。おそらく、わかっててたやってんだろうね。

 で、結局のところ、すべてがウヤムヤになって、モヤモヤしたフラストレーションだけが一般大衆労働者諸君の心に残り、ついには政治に無関心になっていくってわけだ。

 話を加計学園からの車問題に戻せば、なぜ報告書に「官用車利用」と虚偽の記載をしたかってことについて、内閣府は「交通費がかからなかったから」ってシュールな説明してくれちゃってます。これは、社民党のミズホタンの質問への答弁なんだが、ハッキリ言って、舐めてるよなあ。

 さらに、もうひとつメディアがなぜかソッポ向いている案件がある。それは共産党が入手した国土省の内部文書で、そこには「調査報告書をいつ出すかは、刑事処分がいつになるかに依存している。官邸も早くということで、法務省に何度も巻きを入れているが、刑事処分が5/25 夜という話はなくなりそうで、翌週と思われる」と書かれている。

 これについては19日のエントリーでも紹介したんだが、明らかに官邸による検察への介入なんだよね。これってもの凄いことで、時の政権が警察・検察を勢力下に置いているってことで、まさにやりたい放題ができる仕組みになっている。こんなんだもの、準強姦罪のお友だちの逮捕状を取り消すことくらいはわけないってことだ。

・田中龍作ジャーナル
【森友改ざん】 内部文書「官邸が法務省に巻きを入れている」 検察への介入明らかに

 こうした事実を、まったく報道しないメディアってのは、もはや存在価値ないんじゃないのか。政権支配下の警察・検察とそれを見て見ぬ振りする腐敗したメディアがこの国を滅ぼそうとしている・・・なんてことを我が家のドラ猫に囁いてみる土曜の朝であった。

加計氏発言、首相と矛盾 会見でほころび新たに

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

「変態コレクターは私へのほめ言葉。変わり者と付き合うな、と言われても、バカだと思われても、そこは本当に譲れない」(安倍昭恵)。亭主の顔が見てみたい(爆)&姑息な会見で逃げ切るつもりなら、愛媛県知事は補助金ストップを突きつけるべきだろう。

 「世間を憚る」って言葉はこの夫婦には通用しないことはわかっていたものの、このタイミングで私人の嫁がトークショーでさながら独演会のごとく言いたい放題だったっ話を聞くと、一瞬の殺意が襲うのもむべなるかなってことか。

「私もいろんな事があって、たくさん批判をされて、その批判を糧にしたいなと思っています」
「変態コレクターは私へのほめ言葉。変わり者と付き合うな、と言われても、バカだと思われても、そこは本当に譲れない」

 なんとかにつける薬はない、とは言うものの、この夫婦を見ていると「馬鹿夫婦春画を真似て手をくじき」なんてバレ句が脳裏を掠めるのであった。

安倍昭恵夫人“独演会” 森友「無反省音声」公開!

 そんな夫婦の犯罪のひとつである加計学園疑獄なんだが、愛媛県知事が雲隠れ孝太郎の会見の感想を聞かれて、

「確証がないなら(本当かどうか)どっちにも取る人がずっと存在する。もやもやした感じが残る。(証拠を)探す努力をされるべきでは」
「既に謝罪を受けており、最優先はしっかりと説明責任を果たすこと」

 って突き放したってね。「記憶にも記録にもない」ってんなら、裏付けとなる証拠を示せってことだ。愛媛県文書には面談の事実が書かれているわけだから、それが「嘘」だったというならそれを立証するのは加計学園側にあるのは自明のこと。

 「私学助成金を受け取る立場を踏まえて、しっかりやることが学校のためにもなる」ともコメントしているけど、ここまできたら返答次第では県費も私学助成金もストップするって突きつけるべきだろう。

愛媛知事、加計氏の会見に納得せず「最優先は説明責任」

安倍政権に“96億円カツアゲ”された今治市、地元住民の声【加計学園問題】

 なんったって、加計学園は学校経営を補助金ビジネスとしか思ってませんから。へたすると、加計学園系列の千葉科学大学を誘致したおかげで財政危機に陥っている銚子市の二の舞になることは目に見えてますからね。

【加計学園】銚子市の千葉科学大学、300億円近い負債と判明

 96億円とも言われる補助金をストップされたら加計学園の経営は立ち行かなくなるんだから、そこまで追い詰めてこそ「戦う知事」の面目が立とうと言うというものだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

地震のドサクサにまぎれて緊急会見! 「虚偽の発言と言えば虚偽の発言ですが、物事を前に進めるためにやった」(加計孝太郎)。「嘘ついて物事を進める」ことを世間では「詐欺」と言う! 語るに落ちたな!!

 日本の勝利は素直に喜ばしい。でも、一発退場になったコロンビアのハンドは、ちょっと厳しすぎだったんじゃないのかなあ。これで1次リーグ敗退なんてことになったら、ハンドした選手の命が心配だ。

 そんなことより、加計学園疑獄です。大阪北部地震の翌日の午前中に突然の記者会見。どうにか駆けつけた地元以外の記者は、すべて会見場にすら入れないという俺様記者会見という状況に、さすがにTV各局もカチンときたようで、「地震とサツカーのドサクサにまぎれて姑息なことやりやがって」と非難ごうごう。露骨な子供だましが通用すると思っちゃうところが、なんとも下衆なんだね。

疑惑1年、加計氏初会見 首相と面会「記憶も記録もない」

 でもって、記者会見の中味も、なんとも世間を舐めたもので、雲隠れ孝太郎と薄ら笑いの事務局長の減給処分でチャラにしようってんだから、逆に火に油を注いじゃいましたね。

 記者との傲慢なやり取りを見ていると、雲隠れ孝太郎の人となりってのがヒシヒシと伝わってきて、ペテン総理と同類なのがよくわかる。

 「嘘ついた責任は」って質問に、「虚偽の発言と言えば虚偽の発言ですが、物事を前に進めるためにやった」って答えつつ、その言外に「それが何か?」ってニュアンスがチラつく有様だ。

 さすがに、記者からは「前に進めるためなら虚偽でもいいのか」って声が上がったが、ここは重要なポイント。仮に薄ら笑いの事務局長が本当に嘘ついてたとしたら、詐欺罪にだって引っ掛かる可能性があるんだね。

 雲隠れ孝太郎にすれば、おそらくペテン総理とも打ち合わせの上での会見だったんだろうが、奢れる者は久しからずで、このツケはいずれ回ってくるから覚悟しやがれ、ってなもんです。

<疑惑の張本人>加計学園・加計孝太郎理事長 緊急会見 2018-6-19   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | セクハラ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ヘイトスピーチ | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | リニア新幹線不正入札 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 二階俊博 | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 働き方改革 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 公文書改竄 | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 国民民主党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大相撲 | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 学問・資格 | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 小泉進次郎 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山口那津男 | 山本一太 | 山本太郎 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 岸田文雄 | 川口悠子 | 希望の党 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 放送制度改革 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 杉田水脈 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 水道民営化 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 産経新聞 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 百田尚樹 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 税金 | 稲田朋美 | 立憲民主党 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 緊急事態条項 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 船田元 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 裁量労働制 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 財務省 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 足立康史 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 野田聖子 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM