加計学園

2017年8月20日 (日)

「核兵器禁止条約」に触れられちゃ困るから高校生平和大使演説中止!!姑息なことを!&加計学園獣医学部の最上階にワインセラー完備のパーティルームとはこれいかに。

 毎年8月に開催されるジュネーブ軍縮会議で、これまで日本の高校生平和大使による演説ってのが恒例となっていたそうだ。ところが、今年は日本政府代表部の「高校生平和大使の演説は毎年必ずやると決まっているわけではない」から「軍縮会議の議事上、適当でないと判断した」」という理由で中止になったそうだ。

 しかし、この中止の理由ってのはどうやら建前で、「核兵器禁止条約への共感」を示している平和大使が、日本が批准を拒否しているこの条約に言及するんじゃないかと危惧したからってのが本当の理由らしい。事実としたら、姑息なことやるもんだ。恥ずかしいったらありゃあしない。

高校生平和大使演説見送り 核禁止条約への言及懸念か

 恥ずかしいと言えば、加計学園だ。昨日のエントリーで、どうやら売りである「バイオ施設」に重大な欠陥があるってことを紹介したんだが、その最上階にワインセラーやビールサーバーを完備したパーティルームらしきものがあるってのには腹を抱えちまった。「バイオ施設」の手抜きも問題だけど、パーティルームの方が加計学園の正体を見事に言い当てていて、週明けのTVのワイドショーはこの話題で盛り上がってくれるんじゃないだろうか。

 「バイオ施設」がどうたらこうたらよりも、パーティルームのネタはワイドショー的には美味しいですからね。加計学園が教育理念からどれだけ乖離した組織であるか、これだけで一目瞭然ですから。獣医学部完成の暁には、日刊ゲンダイが書くように、ここから今治市外を見下ろしつつ、「腹心の友」であるペテン総理と乾杯するつもりだったんじゃないのかねえ。

加計獣医学部の図面で発覚 最上階に“豪華パーティー会場”

 こんなんだもの、文科相が認可を渋ったわけだ。岩盤規制打破とは、国家戦略特区に巣食ったペテン総理と不愉快な仲間たちの利権確保のための口実ってことを、文科相は肌で感じていたのかもしれない。だからこその前川前事務次官の告発だったのかも。

 いずれにしても、こんな美味しいネタを野党が食い損なうようだと、森友と加計の両疑獄はこのまま闇に葬られることになりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

流出した加計学園獣医学部設計図が語る新事実・・・補助金水増しの手抜き工事で「バイオ施設」に重大な欠陥!!

 認可保留もなんのこそ、加計学園が着々と建設を進めている獣医学部の設計図が流出したということは今週月曜日のエントリーにも書いた。でもって、そこからわかったことは坪単価の水増し請求という森友学園疑獄と同じ補助金詐欺の疑いだった。

 ところが、設計図流出のニュースをどの新聞・TVも後追いすることがなく、不思議に思っていたところ、NHK『クローズアップ現代』が来週にも放送するという話が出てきた。ところ、どうやら圧力がかかったらしく放送はお蔵入りという噂が飛び交い、こうなったらネットで設計図を公開するんじゃないかとも囁かれ出した矢先、週刊朝日が「設計関連文書」全文をスクープしてくれちゃいました。

 それによれば、坪単価水増しもさることながら、獣医学部新設の重要なポイントである「バイオ施設」に重大な欠陥があることが判明したというから穏やかじゃない。

 加計学園の計画では「これまでの獣医学部にはない、最先端のライフサイエンス研究のために『バイオセーフティーレベル3』の施設をつくる」ことになっているんだが、専門家の見立てによると「隔離性が低く、危害性の高い病原微生物等を取り扱う教育、研究、病性鑑定には不向き。これでは高病原性鳥インフルエンザの検査、診断、実験、研究は難しいと思う。施設全体でみても、動物実験を理解していない人が設計しているんじゃないか」というから恐ろしい。へたすると「バイオハザード」の世界が現実になりますよ。

安倍政権さらに窮地 加計学園の獣医学部新設「設計関連文書」全文を入手

・田中龍作ジャーナル
【加計疑惑】これが設計図だ 「水増し請求詐欺」裏付ける安普請

 さあ、週明けの新聞・TVはこれにどう対処するんだろう。万が一にもスルーするようなことがあれば、それはもう日本のジャーナリズムの死を意味することになるだろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

「国民には国を守る義務がある」(田原総一朗)「絶対に戦争に行くことのない年寄りに言われても」(ウーマンラッシュアワー村本)&加計園獣医学部設計図が流出。坪単価の水増しで補助金詐欺か!?

 テレビ朝日『朝まで生テレビ』で、元祖電波芸人、田原君が「国民にはやっぱり国を守る義務があると思う!」と発言ところ、ウーマンラッシュアワーの村本に「それを、絶対に戦争に行くことのない年寄りに言われても、何もピンとこないわけですよ」と切り返されたってね。
 
 おそらく、芸人ににべもなく突き放されたことにいたくプライドを傷つけられたのだうろう。田原君は色をなして「だったらなんだよ!? 自衛隊って何だよ? 好きで(戦いを)やってんのか!?」って詰め寄ったとさ。ところが、村本の弟が自衛隊員隊員だとかで、「自衛隊は自分たちで志願しているわけじゃないですか!」とこれも軽くいなされてしまって、元祖電波芸人も顔色なしだったとネット雀がピーチクパーチクしています。

 確かに、「戦争に行かない年寄りに言われてもなあ」ってのはその通り。「年寄り」を「政治家」や「官僚」に言い換えることもできる。「国を守る」とか「愛国心」がどうたらこうたらいう奴に限って、戦争に行くこともなく安全な場所で勇ましいこと言ってるるだけですから。

 それにしても、「国民には国を守る義務がある」とは、田原総一朗の正体見たりだね。「国民が国を守る」んじゃなくて「国が国民を守る」ものだろう。

・ウーマン村本大輔 田原総一朗氏の国防論に反論「年寄りに言われても」

 そんなことより、加計学園疑獄だ。認可もされていないってのに獣医学部建設が着々と進んでいるんだが、その建設費に水増し疑惑があるんじゃないかという噂はこれまでもあった。つまり、水増し請求して、補助金をガッポリいただこうという、森友学園と同じ補助金詐欺って構図だ。

 でもって、ここにきて、獣医学部棟の設計図が流出。それを建築専門家が分析したところ、「坪80万円、高くても100万円」という結果になったそうだ。ところがどっこい。加計学園の見積りでは「坪単価は約150万円」というベラボーな額になっていたというからただごとじゃない。坪単価をエンピツなめなめしたんじゃないかと言われてはいたものの、設計図が流出したことで、それが事実だったことが判明したってことだ。

・田中龍作ジャーナル
【加計獣医学部】 設計図流出「建設補助金・水増し請求詐欺事件」に発展か

 さらに、国家戦略特区のメンバーも、特区申請に関するコンサルティング会社を設立して、ボロ儲けしているとも言われている。

加計学園獣医学部の擁護派が国家戦略特区申請コンサルティング会社で荒稼ぎ、諮問会議メンバーも兼ねる最悪の事態に

 森友、加計の両疑獄から見えてくるのは、国家戦略特区とは利権集団が国の政策を私物化することで私腹を肥やすという錬金術を実現するための装置、ということだ。けっしてチンケなオヤジが画策した詐欺事件ではなく、総理大臣を頂点とする利権集団による公金横領に限りなく近いということを見逃してはいけない・・・って妄想してみた月曜の朝である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

自白強要しても「注意処分」でチャラ。日報隠蔽しても大臣辞職で幕引き、内部文書破棄しても官僚は大出世、あげくに「ここは質問に答える場所ではない」と記者会見で発狂する官房長官・・・ああ、日本が壊れていく!!

 万引きの疑いで事情聴取された中学生が、警官からヤクザまがいに脅されて自白を強要されていたってね。中学生の父親がICレコーダーを持たせて録音していたおかげで発覚したってんだが、録音していなかったらそのままウヤムヤにされていたんだろう。結局、中学生の万引きへの関与は認められなかったってんだが、取り調べた警官は注意処分でお咎めなしだと。警官の取調室における恫喝ってのは常態化しているわけで、当事者への厳罰はもちろん、取り調べの全面的可視化をしない限り、こうした下衆な警官は後を絶たないことでしょう。

取調官少年に暴言 弁護士会警告

 人権無視とも言える暴言吐いても「注意処分」でシャンシャンとはなんとも手ぬるいもんだが、手ぬるいとくれば国会議員のシェンシェイほどその恩恵に浴している人種はいない。閉会中審査への出席を拒否した網タイツ・稲田君なんかその最たるもので、日報隠蔽容疑をかけられているってのに、大臣辞職したからそれですべてチャラだとさ。

日報問題 防衛相、再調査を拒否

 こうした手ぬるさは森友学園疑獄、加計学園疑獄も同じで、だからこそ官僚どもは平然と議事録などの文書を破棄しちまうんだね。自分たちには司直の手は伸びない、ってタカをくくっているわけだ。なんてったって、日本の国会は独自調査の権限が極めて脆弱ですからね。政治家や官僚の疑惑は、与野党一体となった委員会を設置して徹底的に追求するアメリカとは雲泥の差だ。

 こんなんだから、財務省と森友学園との国有地買収にまつわる録音テープが出てきたりしても、「何それ?」で終わっちまう。加計学園疑獄では、今治市の職員と首相秘書官が面会していた事実が発覚したってのに、これまた「だから何?」でスルーされちまう。

学部新設、面会後に動く 首相秘書官、加計幹部に応対

 本来なら、新聞・TVがここを先途とキャンペーン張らなくちゃいけないんだよね。近頃は、「メディアにも責任はある」って口にするコメンテーターなんかもいるんだが、結局は口先だけのアリバイ作りなんだから、さらに罪深い。

 顔も頭も貧相な官房長官・菅君は、東京新聞の望月記者の粘り強い質問攻勢についに白旗上げて、「ここは質問に答える場所では私はないと思います」って思わず口にした。これですよ。こうやって執拗に質問を繰り返す。それで相手が根負けすれば、本音のひとつもポロリと出てくるんだね。

菅官房長官が壊れ始めた! 会見で「ここは質問に答える場所じゃない」、自分の著書のことを「知らない」

 森友学園疑獄、加計学園疑獄、日報隠蔽問題の3セットを幕引きさせないためには、メディアの粘り強い調査報道こそが必要なんだが、いまの日本にはそれがない。それこそが、この国が抱える最大の悲劇なのだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

国家戦略特区議事要旨を改竄か!?&「日本ファーストの会」設立。「お国が第一」のアナクロニズム&河野外務大臣、中国に「アメポチか!」と嫌味言われてタジタジ。

 国家戦略特区ワーキンググループの議事要旨に「加計学園」の名前が記載されていなかったことは昨日のエントリーで紹介した。そこにもってきて、さらに発言内容が改竄されているのではないかという疑惑が持ち上がった。なんでも、議事内容を公開するかどうか聞かれた愛媛県が「非公開を希望する」と発言したそうなんだが、なんとこの発言がザックリ削除されていたってね。そして、「提案したこと事態については公開していいか」という質問には「はい」と答えていて、そこだけが議事録に記載されている。つまり、体裁として、愛媛県が議事内容公開に賛成したことになってるってわけだ。

 これが事実とするなら、「情報公開の徹底を図り、透明性を十分に確保すること」という国家戦略特区の基本方針はまったく建前だけで、その実は恣意的に議事内容を操作していたことになるんだね。それでも、ワーキンググループ座長のワンマン八田君は「一点の曇りもない」ってほざいてるんだから、神経疑っちゃいますよ。

特区WG、発言内容を書き換え 「公開」巡り趣旨正反対に

加計側提案 記載せず 特区WG議事要旨「獣医学部設置を」

 法律家からもそうした国家戦略特区のあり方に異議申し立てが出てきたようで、「加計学園問題追及法律家ネットワーク」が「計画を国家戦略特区に認定したプロセスに問題がある」として、ペテン総理ご一統に質問状を突きつけたそうだから、このまま逃げ切り図ろうたってそうはいきません。

加計の学部新設、首相らに質問状 弁護士などのグループ

 ところで、ヤメ検のエロ髭・若狭君が政治団体「日本ファーストの会」を設立した。なんで「国民ファースト」じゃないんだ・・・と一瞬思ったんだけど、どうやら「国民ファースト」ってのは既に政治団体として登録されていたそうな。だからといって「日本ファーストの会」とはねえ。「お国が第一」なんてネーミングは、それだけでお里が知れようというものだ。

 民進党離党表明したのはいいけどまったく見向きもされないモナ細野君や本籍は自民の長島君あたりが参加して年内にも新党結成なんだとか。これで湯上りの口先番長・前原君が民進党代表になってごらんなさい、与野党揃って「改憲」勢力だらけの国会になっちまいますよ。

 森友、加計、日報隠蔽のトリブルパンチに年内解散なんて声もあるようだけど、政界再編の動きは予断を許さない状況になってきたことは間違いない。

「日本ファースト」設立 若狭氏、年内に新党目指す

 最後に、外交デビューなんて浮かれていたごまめの歯ぎしり・河野君が、中国のギョロ目の外務大臣・王毅に一喝されちゃいました。南シナ海問題で、米軍支持の考えを口にしたことに対して、「アメポチするんじゃねえ」なんて意味のことを言われたそうで、ざまあかんかんです。

 内閣改造で河野支持が50%超えているそうだけど、そもそもごまめの歯ぎしりはリベラルでもなんでもありませんから。意味じくも、政界の失楽園・船田君がこんなこと言ってます。「太郎氏はリベラルと言うより、歴史観は安倍首相に近い。期待が失望に変わると、ショックは増幅する」。そんな日も、そう遠くはないことでしょう。

王外相、河野氏に「あなたの発言に失望」 父親に言及後

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

国家戦略特区のヒアリングに出席しているのに、議事要旨には「加計学園」の記載なし・・・「議事をすべて公開するオープンな形で議論している」(安倍晋三)は大嘘だった!!

 世界陸上のマラソンは、ロンドン市街を駆け巡るかなりトリッキーなコースで、スピードとスタミナな要求されるタフなレースとなった。男女とも入賞なしという結果にはなったが、20キロ過ぎまでは先頭集団でレースというこれまでに比べれば積極的な姿勢と、これが日本代表最後となる川内の脅威の粘りに拍手。

 トリッキーとくれば、森友、加計の両疑獄と日報隠蔽問題における関係閣僚や役人、さらには学園関係者のなにやら怪しげな一連の動きもそうなんだね。どこか常識にかからないというか、そんなこと普通はあるかってことの連続。「あったものをなかったことに。いた人をいなかったことに――このところ問題になった3件に相通じる現象」と江川紹子氏がつぶやいていたが、まさにさの通りなんだね。

 でもって、加計学園疑獄で新たなトリックが発覚。これまで「特区の運営は、議事をすべて公開するオープンな形で議論している」ってペテン総理は国会で答弁していたってのに、なんとまあ、2015年6月に愛媛県と今治市からヒアリングした際に、加計学園の幹部が同席していことを議事要旨に記載していなかったとさ。

 ヒアリングをしたワーキンググループの座長で、パソナ会長の平蔵とともに独裁をふるう八田君は、加計学園は説明補助者として参加していたから、「通常、説明補助者名を議事要旨に記載していない。特区の制度にかなう運営だった」と強弁している。ところがどっこい、京都産業大学は京都府との共同提案者ということで、去年10月のヒアリングの議事要旨にはちゃんと名前や発言が記載されている。

 てことはこんな推理が成り立つ。「加計学園ありき」で事が進んでいることを隠すために、ヒアリングに加計学園が参加していたことを隠す必要があったんじゃないのかってことだ。だから説明補助者なんてことを持ち出したんじゃないのか。そうしないと、「議事をすべて公開するオープンな形で議論している」なんてのは大嘘ってことになっちゃいますから。

 さらに言えば、議事要旨に加計学園の名前が載っていたら、「今年1月20日に知った」というペテン総理の答弁との整合性がとれなくなっちまう。なんてったって、ペテン総理は国家戦略特区の最高責任者なんだから、ヒアリングの議事要旨を読んでいないなんてことはあり得ませんから。

特区会議に加計幹部 議事要旨に出席・発言の記載なし

 加計学園内部からも批判の声が上がってきてますからね。内閣改造のおためごかしで、すべてにら幕引きしようたって、そうはいきませんよ、ったく。

1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

近畿財務局と森友学園の国有地払い下げ交渉の音声データが発覚。「あらかじめ価格について申し上げることはございません」(佐川理財局長・当時)は嘘だった!!

 梅雨が戻ってきたような不順な天候に、夏休みを楽しみにしていた子供たちは、さぞかしうらめしい思いをしていることだろう。

 うらめしい言えば、「文書は廃棄した」の論功行賞で国税庁長官に栄転したシュレッダー佐川君だ。なんと、国有地の格安払い下げについて、森友学園と近畿財務局との交渉の様子を録音した音声データが出てきちゃいました。

(これより引用)

池田国有財産統括官(当時)「理事長がおっしゃられる『0円に近い』というのが、どういうふうにお考えになられているのか、売り払い価格が0円ということなのかなとは思いますけど、私ども、以前からちょっと申し上げているのは、『有益費』の1億3,000万円という数字を国費として払っているので」
諄子容疑者(60)「それは当たり前やん」
池田国有財産統括官(当時)「その分の金額ぐらいは、少なくとも、売り払い価格は出てくると。そこは何とかご理解いただきたい」

籠池泰典容疑者「(池田氏が)言っているような、『1億3,000万円がうんぬん』というものよりも、ぐーんと下げていかなあかんよ」
池田国有財産統括官(当時)「理事長がおっしゃる0円に近い金額まで、わたしは、できるだけ努力する作業を今やってます。だけど1億3,000万円を下回る金額にはなりません」

(引用終わり)

 こうやって、最終的には1億3400万円で話がついたってわけだ。でもって、この売却額の妥当性を捏造するためにゴミの撤去費用を8億2000万円と算出したってことなんだね。ここまで近畿財務局が一介の学校経営者にすぎない籠池前理事長に便宜を図ったってことは、それなりの「忖度」をしなくてはいけない理由があったっんだろうってことだ。

 その際に、水戸黄門の印籠代わりになったのが、ペテン総理の私人の嫁で、それこそ「総理のご意向」がチラついたに決まってます。

「森友」新事実 「土地価格」音声データ入手

近畿財務局との値引き交渉の音声データが示すもの201... 投稿者 gomizeromirai

 こうなったら、大阪地検特捜部は、背任の疑いで財務省に手をつけないわけにはいかないだろう。ていうか、そうしないなら籠池夫妻逮捕はそれこそ国策捜査のそしりを免れません。

 さあ、どうする、どうする、ってなもんだが、悪者になっても嘘をつき通すことで国税庁長官に上り詰めたシュレッダー佐川君にとって、籠池夫妻逮捕はさぞかしうらめい出来事に違いない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

「今年1月20日に知った」(安倍晋三)は、明らかに大臣規範に抵触しているからこその「嘘」。ようするに、「倫理観の欠如」がペテン政権の習い性ってことだ。

 横浜市長選は、自公推薦の現職が圧勝。投票率37.21%というのもどうかと思うが、やっぱり野党共闘でガッチリとスクラム組まなきゃだめってことだ。その意味でも、野党共闘に否定的な輩を代表になんかしたら、それこそ民進党に明日なんかありません。

 市長選は残念な結果ではあったけど、横浜市議補選では、民進党推薦の候補が自民党公認の候補者に勝利。ペテン総理への逆風は、そんじょそこらのことじゃ止まらないってことの証しですね。

 ところで、ペテン総理の「加計学園の獣医学部新設は今年1月20日に知った」って発言なんだが、大臣規範に抵触することを恐れての「嘘」だったってのが定説になりつつある。だからなんだろう、顔も頭も貧相な官房長官・菅君が「(首相は国会答弁で)互いにおごったり、おごられたりしていると言っていた。通常の交際まで大臣規範は禁止していない」って先週末にわざわざ記者会見でのたまったりしている。

「加計知ったのは1月20日」 首相 「大臣規範」意識か 関係者の供応禁止

<加計学園>理事長との安倍首相会食「大臣規範に抵触せず」

 土曜日のTBS『報道特集』では、ペテン総理と加計学園理事長とが会食していた河口湖畔の焼肉店の店主が「安倍さんがゴールドカードで払った」なんてことをペラペラしゃべっていたのがなんとも印象的だった。個人情報をTVのインタビューでしゃべっていいのかということはひとまず置くとして、やっぱり国家戦略特区のトップであるペテン総理と、そこに直接関与する事業者である加計学園理事長が、酒食を共にするってのは、「通常の交際」であるわけがない。ペテン総理の言葉を借りるなら「知っていようが知っていまいが」、明らかに「公務員は利害のある相手と食事することも禁止」している大臣規範に抵触している。

国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範

 大臣規範は罰則があるわけではなく、言ってみれば倫理規定みたいなものだ。しかし、公職にある者だからこそ、その職に関しての「倫理観」というのは厳密に問われなくてはいけない。「法に触れないから」なんてのは、ガキの屁理屈で、それを言っちゃおしまいよ、ってなもんです。

 ようするに、ペテン総理の罪は、すべて「倫理観」の欠如から始まってるんだね。加計学園しかり、森友学園しかりです。批判的な聴衆に向けて「こんなひとたち」って言ってのけたのも、またしかりだ。

 今週には内閣改造があるそうだが、果たしてどんな薄汚れたシェンシェイたちがペテン総理のもとに蝟集してくるか。けだし見物な月曜の朝である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

「加計氏が会いにきた時、安倍さんときちんと詰めて北村を説得して来いと言われてきているなと感じた」(北村直人日本獣医師会顧問)。この御仁こそ、加計学園疑獄のキーパーソン!?&佐川国税庁長官、いまだ会見開けず。いまさらお天道様の下を歩けるわけがない!

 網タイツの防衛大臣が辞任して、外務大臣が防衛大臣を兼務するという異例の状況の中、絶妙のタイミングて北朝鮮がミサイル発射。ペテン総理は、「国際社会への現実の脅威だ」っていつものコメントでお茶を濁している。しかし、そもそも外務大臣と防衛大臣を兼務させて平然としていること自体、危機感なんか持っていない証拠なんだね。それをまた意見することもなくアッサリと受けてしまう昼間の幽霊・岸田君もロクなもんじゃありません。

 そんなことより、加計学園疑獄を取り上げた昨日のTBS『報道特集』はなかなか興味深いものがあった。なかでも、閉会中審査をドタキャンした日本獣医師会顧問の北村直人君へのインタビューは、ひょっとしたらこの男こそキーパーソンじゃないのと思いたくなるほどだった。

「2007年に加計氏と面会。そこで安倍総理(第1次政権時)の名前を出されて『獣医の大学を作りたい』と言われた」から始まり、「加計氏が会いにきた時私の脳裏には安倍さんときちんと詰めて北村を説得して来いと言われてきているなと感じた」「獣医の大学作るのにいくらかかるか。教育理念の話はなく事業家だと感じた」なんてことまで、実に生々しい証言なんだね。なんで閉会中審査をドタキャンしたのか、いまでも惜しまれる。

 これに対して、加計学園側は、「北村氏の発言は信憑性は極めて疑わしい」とコメントしている。だったら、証人喚問に出てこいや、ってなもんです。


報道特集 加計に日報~正念場の安倍政権  0110 201... 投稿者 YKami
北村氏インタビューは6分35秒過ぎあたりから

・ツイ速まとめ
報道特集2017年7月29日

 それにしても、ここまで生々しい証言していながら、顔出しのインタビューでないってところが、何か引っ掛かる。北村君は何かを恐れているんだろうか。それとも、裏でペテン総理と手打ちがすんでいて、そうしたことに配慮してのことなのだろうか。

 多くの新聞・TVは、北村君の存在についてスルーしているようなんだが、それにも違和感を抱かざるを得ない。国会閉会直後にペテン総理が鮨友集めて3時間も高級和食で鳩首会談開いたこととも関係あるのかも・・・なんて妄想もしたくなろうというものだ。

 ところで、理財局長から国税庁長官に論功行賞として栄転したシュレッダー佐川君の会見がいまだ開けずだってね。そりゃそうだ。会見なんかしたら、森友学園疑獄でサウンドバックみたいになっちゃいますからね。大阪地検特捜が財務省を背任で捜査するって噂もあるし、会見どころか自分の首が危ないってところなんじないのか。ざまあ味噌漬けとはこのことだ。

沈黙の佐川新長官 国税庁就任1カ月 異例の会見なし

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

「いろいろ言われているが、そんなことに耳を貸さない」で「くだらないことは常識外れだから切り捨て」るって二階自民党幹事長がほざいてる!!&国有地払い下げをめぐる財務省と森友学園の交渉経過をNHKがスクープ。論功行賞の佐川国税庁長官、絶体絶命か!?。

 閉会中審査が終わって自民党が本音丸出しです。なんとまあ、土建政治の自民党幹事長・I二階君が、「いろいろ言われていることは知っているが、そんなことに耳を貸さないで、正々堂々自信を持って、頑張らなくてはいけない」「話題に乗せられたことがたくさんあるが、くだらないことは常識外れだから切り捨てて、もっと前を向いて、世界に目を開いて、頑張っていかなくてはならない」ってほさいたそうだ。

 ようするに、「国民がなんと言おうとそんなものは常識外のことなんだから耳なんか貸さずに切り捨てちまえ」ってことだ。これって、ペテン総理の「こんなひとたち」ってのと同じメンタリティが言わしめてるんだね。

 メディアに対しても、「いいかげんなことばかり喜んで書く人がいる。われわれも料金を払って購読している。責任を持ってやってほしい」って暗に脅しかけたようで、ホント、救いようのない奴らだ。改憲についても、政界の失楽園・船田君は「支持率がこんな状況だが、変わりなく着々とやっていく必要がある」とけっこう強気な発言をしている。今週末には各社とも世論調査が一斉に出るんだろうが、その時に内閣支持率がどうなっているか。吠え面かくなよ、ってなもんです。

自民批判に「耳貸さず」=二階氏が研修会で発言

 そんなことより、森友学園に絡む国有地の格安売却に関して、NHKがスクープです。なんでも、「財務局は学園側にいくらまでなら支払えるのか尋ね、学園側は上限としておよそ1億6000万円という金額を提示」していたそうだ。ようするに、「いくらまでなら出せるの?→1億6000万円です→じゃあ、それで手を打ちましょう」ってな図式だったってことだ。

近畿財務局と森友学園 売却価格めぐる協議内容判明

 さらに、「近畿財務局が異例の分割払いでの契約を学園側に提案」していたことも発覚したようで、森友学園に対する財務省の至れり尽くせりは、加計学園に対する内閣府や文科省のそれとさも似たりです。

森友学園への国有地売却 財務局が異例の分割払い提案

 国有地の払い下げについては、国税庁長官に栄転したシュレッダー佐川君は「記録は廃棄した」とか「事前の打ち合わせはしていない」とか、さんざん舐めた答弁してたんだよね。NHKの報道が事実なら、明らかな虚偽答弁したわけで、当然責任問題までに波及する。そうなったら、国税庁長官の地位もどうなるかわかりませんよ・・・ま、いつもの妄想だけど、是非ともそうなってほしいものだ。

 どうやら、今日にも大阪地検特捜部は籠池夫妻の事情聴取に乗り出すようだが、補助金詐欺だけで森友学園疑獄を終わらせようなんて不埒な考えはまさかないでしょうね。もし籠池君もをスケープゴートにして森友学園疑獄に蓋をしたら、それこそ検察は権力の犬ですって自ら白状したことになりますよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 稲田朋美 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM