加計学園

2018年6月23日 (土)

【森友・加計学園疑獄】内閣府のおとぼけ答弁と官邸の検察介入・・・政権支配下の警察・検察とそれを見て見ぬ振りする腐ったメディアがこの国を滅ぼそうとしている!!

 加計学園疑獄に深く関わっていると噂される「政府のご意向」発言の藤原君が、愛媛出張の際に加計学園から車の便宜を図ってもらった問題で、内閣府は「加計学園は利害関係者にあたらない解釈も」なんて見解を示したそうだ。おいおい、「無償で利害関係者から車の送迎を受けてはならない」って国家公務員倫理規程で定められているんだから、明らかにそれに違反しているじゃないのか。

内閣府「加計学園は利害関係者にあたらない解釈も」

1_2

 こういう規範や法律の文言を公務員自らが勝手に解釈して事実を歪曲することは、明らかに国民への裏切りであり、犯罪と言ってもけっして過言ではない。

 財務省による公文書改竄はその最たるもので、なぜこの国ではこうした公務員の犯罪的行為に肝要なのだろう。本来は、それを糾弾するのがメディアのはずなんだよね。

 ああ、それなのに御用コメンテーターや御用政治ジャーナリストは、たとえば森友・加計学園疑獄について嘆いてみせるが、同時に「野党の力不足」をことさらのように付け加える。バランス報道ってやなんだろうが、こうした発言がどれほどペテン総理に有利に働いているかなんて考えたことあるのだろうか。おそらく、わかっててたやってんだろうね。

 で、結局のところ、すべてがウヤムヤになって、モヤモヤしたフラストレーションだけが一般大衆労働者諸君の心に残り、ついには政治に無関心になっていくってわけだ。

 話を加計学園からの車問題に戻せば、なぜ報告書に「官用車利用」と虚偽の記載をしたかってことについて、内閣府は「交通費がかからなかったから」ってシュールな説明してくれちゃってます。これは、社民党のミズホタンの質問への答弁なんだが、ハッキリ言って、舐めてるよなあ。

 さらに、もうひとつメディアがなぜかソッポ向いている案件がある。それは共産党が入手した国土省の内部文書で、そこには「調査報告書をいつ出すかは、刑事処分がいつになるかに依存している。官邸も早くということで、法務省に何度も巻きを入れているが、刑事処分が5/25 夜という話はなくなりそうで、翌週と思われる」と書かれている。

 これについては19日のエントリーでも紹介したんだが、明らかに官邸による検察への介入なんだよね。これってもの凄いことで、時の政権が警察・検察を勢力下に置いているってことで、まさにやりたい放題ができる仕組みになっている。こんなんだもの、準強姦罪のお友だちの逮捕状を取り消すことくらいはわけないってことだ。

・田中龍作ジャーナル
【森友改ざん】 内部文書「官邸が法務省に巻きを入れている」 検察への介入明らかに

 こうした事実を、まったく報道しないメディアってのは、もはや存在価値ないんじゃないのか。政権支配下の警察・検察とそれを見て見ぬ振りする腐敗したメディアがこの国を滅ぼそうとしている・・・なんてことを我が家のドラ猫に囁いてみる土曜の朝であった。

加計氏発言、首相と矛盾 会見でほころび新たに

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

「変態コレクターは私へのほめ言葉。変わり者と付き合うな、と言われても、バカだと思われても、そこは本当に譲れない」(安倍昭恵)。亭主の顔が見てみたい(爆)&姑息な会見で逃げ切るつもりなら、愛媛県知事は補助金ストップを突きつけるべきだろう。

 「世間を憚る」って言葉はこの夫婦には通用しないことはわかっていたものの、このタイミングで私人の嫁がトークショーでさながら独演会のごとく言いたい放題だったっ話を聞くと、一瞬の殺意が襲うのもむべなるかなってことか。

「私もいろんな事があって、たくさん批判をされて、その批判を糧にしたいなと思っています」
「変態コレクターは私へのほめ言葉。変わり者と付き合うな、と言われても、バカだと思われても、そこは本当に譲れない」

 なんとかにつける薬はない、とは言うものの、この夫婦を見ていると「馬鹿夫婦春画を真似て手をくじき」なんてバレ句が脳裏を掠めるのであった。

安倍昭恵夫人“独演会” 森友「無反省音声」公開!

 そんな夫婦の犯罪のひとつである加計学園疑獄なんだが、愛媛県知事が雲隠れ孝太郎の会見の感想を聞かれて、

「確証がないなら(本当かどうか)どっちにも取る人がずっと存在する。もやもやした感じが残る。(証拠を)探す努力をされるべきでは」
「既に謝罪を受けており、最優先はしっかりと説明責任を果たすこと」

 って突き放したってね。「記憶にも記録にもない」ってんなら、裏付けとなる証拠を示せってことだ。愛媛県文書には面談の事実が書かれているわけだから、それが「嘘」だったというならそれを立証するのは加計学園側にあるのは自明のこと。

 「私学助成金を受け取る立場を踏まえて、しっかりやることが学校のためにもなる」ともコメントしているけど、ここまできたら返答次第では県費も私学助成金もストップするって突きつけるべきだろう。

愛媛知事、加計氏の会見に納得せず「最優先は説明責任」

安倍政権に“96億円カツアゲ”された今治市、地元住民の声【加計学園問題】

 なんったって、加計学園は学校経営を補助金ビジネスとしか思ってませんから。へたすると、加計学園系列の千葉科学大学を誘致したおかげで財政危機に陥っている銚子市の二の舞になることは目に見えてますからね。

【加計学園】銚子市の千葉科学大学、300億円近い負債と判明

 96億円とも言われる補助金をストップされたら加計学園の経営は立ち行かなくなるんだから、そこまで追い詰めてこそ「戦う知事」の面目が立とうと言うというものだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

地震のドサクサにまぎれて緊急会見! 「虚偽の発言と言えば虚偽の発言ですが、物事を前に進めるためにやった」(加計孝太郎)。「嘘ついて物事を進める」ことを世間では「詐欺」と言う! 語るに落ちたな!!

 日本の勝利は素直に喜ばしい。でも、一発退場になったコロンビアのハンドは、ちょっと厳しすぎだったんじゃないのかなあ。これで1次リーグ敗退なんてことになったら、ハンドした選手の命が心配だ。

 そんなことより、加計学園疑獄です。大阪北部地震の翌日の午前中に突然の記者会見。どうにか駆けつけた地元以外の記者は、すべて会見場にすら入れないという俺様記者会見という状況に、さすがにTV各局もカチンときたようで、「地震とサツカーのドサクサにまぎれて姑息なことやりやがって」と非難ごうごう。露骨な子供だましが通用すると思っちゃうところが、なんとも下衆なんだね。

疑惑1年、加計氏初会見 首相と面会「記憶も記録もない」

 でもって、記者会見の中味も、なんとも世間を舐めたもので、雲隠れ孝太郎と薄ら笑いの事務局長の減給処分でチャラにしようってんだから、逆に火に油を注いじゃいましたね。

 記者との傲慢なやり取りを見ていると、雲隠れ孝太郎の人となりってのがヒシヒシと伝わってきて、ペテン総理と同類なのがよくわかる。

 「嘘ついた責任は」って質問に、「虚偽の発言と言えば虚偽の発言ですが、物事を前に進めるためにやった」って答えつつ、その言外に「それが何か?」ってニュアンスがチラつく有様だ。

 さすがに、記者からは「前に進めるためなら虚偽でもいいのか」って声が上がったが、ここは重要なポイント。仮に薄ら笑いの事務局長が本当に嘘ついてたとしたら、詐欺罪にだって引っ掛かる可能性があるんだね。

 雲隠れ孝太郎にすれば、おそらくペテン総理とも打ち合わせの上での会見だったんだろうが、奢れる者は久しからずで、このツケはいずれ回ってくるから覚悟しやがれ、ってなもんです。

<疑惑の張本人>加計学園・加計孝太郎理事長 緊急会見 2018-6-19   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

「安倍・加計面談」を明らかにした愛媛県文書を裏付ける今治市長の出張記録が発覚!! 拉致問題を政治利用して3選なんて息巻いているのも今のうちだ!

 楽天の梨田監督が「借金20は責任を取るレベル」と辞任を表明。とっくのとうに「責任を取るレベル」にまで疲弊しているくせにいまだ居坐るペテン総理とひょっとこ麻生に、こうした潔さを期待してもそれはないものネダリというものか。

 でもって、案の定、サッカーWカップが始まったら、新聞・TVはロナウドがハットトリックだの、メッシがPKはずしただの、にわかサッカーファンとなって大騒ぎ。おいおい、森友・加計学園疑獄よりも大事なことがあるって喚いていたのはどこのどいつだったっけね。あれはただの総理の犯罪隠しの方便だったのかい。

 とはいっても、森友・加計学園疑獄は現在進行中なんであって、なんと「安倍・加計面談」があっと書かれた愛媛県の文書の信憑性を裏付ける今治市の文書が発覚しちゃいました。この文書は2015年12月に今治市長が文科省を訪れた出張記録で、「17時15分に文科省2階ロビーで愛媛県と待ち合わせ」という記載があるってね。「安倍・加計面談」を明らかにした愛媛県の文書には、

(2)柳瀬首相秘書官への提出資料について
 (市)県・市作成資料(25年12月副知事と市長の文科省訪問時の資料)と学園作成の大学構想資料とを区分して提出願いたい。

 とあり、「25年12月副知事と市長の文科省訪問時」という記載は今治市文書と見事に符合している。つまり、ペテン総理が「伝聞の伝聞」だから信用できないとした愛媛県文書の信憑性がさらに高まったということだ。

・田中龍作ジャーナル
【加計疑惑】 「今治市長・出張記録」が裏付ける愛媛文書の信ぴょう性

 ペテン総理は「拉致解決は私の責任」と臆面もなく拉致問題を政治利用して3選を表明したそうだが、森友・加計学園疑獄が総理の犯罪ってことは北のカリアゲ君だって先刻承知のことだ。へたすると、日朝会談で森友・加計学園疑獄隠しを手伝ってやるから、それなりの落とし前はつけてもらうよ、なんてことになるかもね・・・いつもの妄想だけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

新潟県知事選は残念! でも、得票数を見れば「自民に安堵感」と言うよりヒヤヒヤものだろう&「安倍・加計面談」を裏付ける新たな資料が発覚!!

 新潟県知事選は残念な結果となった。これで、どこかのタイミングで原発再稼働となるのだろう。それもわかったうえでの投票なら、それは地元の選択ということで、致し方がない。

新潟知事選   自公支持の花角英世氏が初当選

 この結果を受けて、「自民に安堵感」「安倍3選に弾み」「野党共闘に暗雲」なんて慣用句を使ってメディアは報道している。でも、こうしたメディアの紋切り型の論調って、恣意的なミスリードって気がしないでもない。

 たとえば、得票数を見ると、自公推薦候補よりも、野党共闘+その他の候補の得票数の合計の方が上回っている。

Photo_2

 さらに、去年の衆議院選の新潟県比例代表党派別得票数と今回知事選結果を比べると、

自民+公明 54.3万→54.6万票 
立憲+共産+社民40.5万→50.9万票 

 となり、自公が横ばいなのに野党共闘は10万票上乗せしているんだね。けっして、野党共闘がボロ負けしたわけではなく、この結果に土建政治の二階君あたりはヒヤヒヤなんじゃないだろうか。

 これはシロートの判断にすぎないけど、でもこういう分析をなぜ新聞・TVはスルーして、決まり文句を並べた情緒的な報道をするんだろう。

 ま、G7の報道なんかも、上っ面の印象報道ですからね。まるで、トランプがペテン総理にアドバイスを求めたかのような記事まであったけど、実際はこんな具合(↓)に仲間はずれが現実なのにね。

Photo

 それはともかく、加計学園疑獄で、また新たな事実が判明。愛媛県文書に「文部科学省が『新しい教育戦略』という資料を使い獣医学の専門家に『意見照会を実施している』」と記載されていたんだが、それが事実であることを文科省が認めたってね。「新しい教育戦略」ってのは、「安倍・加計面談」で雲隠れ孝太郎がペテン総理に提案したとされるもので、それが実際に存在していたってことは、面談そのものも事実だったということを示唆していることになる。

 共産党の調査能力ってのはなかなかのものがあるんだね。G7でさんざんだったペテン総理にとって、さらなるダメージになってくれることを願う台風襲来の月曜の朝である。

加計氏と首相 面会時の同名資料が 存在文科省が認める 愛媛県文書 信ぴょう性さらに

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

高プロ制度(残業代ゼロ)のヒアリングでアリバイ作り。労働大臣は虚偽答弁の疑い!&「3年も前のことだから関係書類は破棄したかも」(加計学園)。愛媛県と今治市は詐欺罪で告発しろ!!

 目的を達するためなら、嘘はつくわ、公文書は改竄するわ、あげくには責任感じて自ら命を絶つ人までいるってのに、なりふりかまわず猪突猛進するペテン政権。またひとつ嘘がバレちゃいました。

 なんと、高度プロフェッショナル制度(=残業代ゼロ制度)の根拠のひとつとなったヒアリングで、対象となった12名のうち9名について法案の概要がほぼ固まったタイミングで行っていたってね。つまりは法案にハクをつけるための「アリバイ作り」みたいなもので、データ改竄・捏造をしていたくせに、まだ懲りていなかったってことだ。

 ここまでくると政治家と官僚がグルになった詐欺みたいなものだろう。森友・加計学園疑獄が暴露されてからというもの、この国はグチャグチャっていうか、社会正義とか社会規範とか、本来法律で縛らなくても守るべきものがどんどん壊れていっちゃってるんだね。

厚労省の高プロ是非 聞き取り 大半が法案概要決定後

高プロのニーズ聞き取りについて、加藤厚生労働大臣が1月31日に虚偽答弁を行っていたことが判明

 でもって、嘘つきのシンボルにもなっている加計学園が、「安倍・加計面談」がなかったってことを改めて文書で回答した。国会からは証拠となる資料を出すように要請されてたのに、「3年も前のことだから関係書類は破棄したかも」って木で鼻をくくったようなことのたまってるんだとか。

 この話は、ペテン総理の「ばくしんの友」である雲隠れ孝太郎が国会で証言するのがまず国民に対す礼儀ってものだ。90億円という補助金が投入されるんだから、「思わず嘘ついちゃいました」で誤魔化そうたってそうはいかない。

 仮にそれが事実だとすれば、それは明らかに学園ぐるみの詐欺行為だ。自民党は証人喚問を頑なに拒否する理由はどこにもない。なんてったって、一介の事業者である加計学園が行政を騙して、自分たちの都合のいいように事が進むように画策してたってことなんだから、ここで国政調査権を発揮しないでどうするよ、おい!

加計、面会否定根拠示さず 参院委回答「資料破棄の可能性」

 新聞・TVだって、ドン・ファン殺人事件にかまけてるんじゃありませんよ、ったく。今日なんかは、おそらくジャニーズでワイドショーはてんやわんやになることだろう。いいかげんにしやがれ、ってなもんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

会計検査院が森友学園のゴミ撤去報告書について国交省と事前協議。「独立した機関」が聞いて呆れる!&「加計学園への補助金見直しは考えていない」(中村愛媛県知事)。戦う振りしてただけか!?

 データ改竄で神戸製鋼に強制捜査。その理由は「悪質で大規模だから」だとさ。シュレッダー佐川君を筆頭に20人が連座した公文書改竄は大規模じゃないのかねえ・・・なんてため息もつきたくなろうというものだ。

 ところで、会計検査院までが、森友学園のごみ撤去費用報告書の内容について事前に国交省にお伺いたててたってね。そのおかげでごみ撤去費用の試算額が報告書から削除されたんだと。

 会計検査院ってのは、憲法90条に基づいて、内閣から独立した機関なんだよね。それがこれだもんね。財務省の役人を不起訴にした検察と同じで、独立どころか政権のご意向にペッタリなんだから、この世に正義なんてものは存在しないってことだ。

森友ごみ撤去費報告書 検査院が事前提示か

 でもって、愛媛県知事の中村君なんだが、「加計学園への補助金見直しは考えていない」とさ。「極端な話、会っていようがいまいが、国が正しく認可を下ろしたら(県は)それに基づいてやるという立場。あまり意識していない」ともコメントしてるようで、ああ、そうですか。しょせんは、獣医学部新設推進派ですからね。戦う振りして、結局は落としどころ探ってたってことか!? だとしたら、罪な話だ!

愛媛知事、補助金見直し「考えず」 加計学園の謝罪問題

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

「最大限の圧力はもう使わない」(トランプ大統領)。安倍晋三、またしても蚊帳の外&自民党世論調査で内閣支持率20.6%&「補助金の見直しあり得る」(中村愛媛県知事)。加計学園の補助金ビジネス、風前の灯か!?

 どうやら、米朝会談が12日に本決まりとなりそうだ。会談前に徒にきたのカリアゲ君を刺激しないようにってんで、「最大限の圧力という言葉はもう使わない」ってトランプが名言したってね。追加制裁も控えるというから、「圧力だ、圧力だ」ってひとり拳を振り上げていたペテン総理はさぞかしバツが悪いことだろう。

米朝12日首脳会談明言 「最大限の圧力、もう言わない」

 いや、待てよ、あの男のことだから何の痛痒も感じていないかもね。なんてったって、子供でもわかるような嘘ついても平然としていられる御仁ですからね。でなけりゃ、とっくのとうに恥ずかしく辞任てるでしょうから。

 そんなペテン総理には自民党支持者もどうやら愛想をつかしているようで、自民党が実施した世論調査では内閣支持率はなんと20.6%まで低下しているんだとか。メディア比べて、自民党の世論調査は選挙に直結するだけにシビアなものなんだね。てことは、メディアの言う「下げ止まり」ってはあまりにも実体からかけ離れているってことだ。

 これには、おそらくペテン総理も心中穏やかではないだろう。そんなんだから、やらなくてもいい日米会談で日本を留守にしようとしているのかもね。主犯がいなければ、モリ・カケ疑獄は小休止にならざるを得ませんから。

・フライデー入手?自民党世論調査内閣支持、5月は20.6%

 ところで、

「私は嘘は申しません」という嘘は有名だが
「私は嘘を言ってました」という嘘は初めて聞いた

 なんてツイートが話題になっているけど、それ程に加計学園事務局長とやらの謝罪会見(?)は世間を舐めくさったものだったってことだ。

 しかも知事不在のタイミングを狙っての謝罪だから、そりゃあ中村愛媛県知事だって補助金について言及したくもなろうというものだ。これまで支出した14億円についても、

「おかしなことになれば、返還を求める権利は担保されている」

 と言ってるし、これからの予定されている補助金の見直しについても、

「行方次第では、一般的にあり得る」

 とコメントしている。県議からも、

「学園への信頼が損なわれた。6月議会で支出の是非を問いたい」

 という声も上がっているそうだから、ひょっとしたら加計学園の補助金による自転車操業は「ひとつの嘘」で崩壊するかもしれない。

加計問題   「面会」否定ぶり突出 「学園」の不自然さ露呈

加計巡る財政支援の見直し「ありうる」 愛媛知事が言及

日米会談なんて言ってられるのもいまのうちで、そのうちメディアをあげて、ペテン総理に「道義的責任」を突きつけることになるかもね。でもって、行き着く先は、嘘やごまかしの刀折れ矢尽きたあげくの辞職・・・なんて妄想をしてみた日曜の朝である。

【くろねこの競馬予想】

 左回りの鬼、スワーヴリチャードが断然の1番人気の安田記念。確かに東京コースは5回走って1着3回の2着2回とパーフゥクト。しかし、初のマイルで勝ちきれるかどうか。アッサリという場面もあるだろうが、一抹の不安はある。

 ならば、マイル路線からサングレーザーに期待。相手はサトノアレス。キャンベルジュニアとモズアスコットに注意。
◎サングレーザー、○サトノアレス、▲スワーヴリチャード、△ペルシアンナイト、リスグラシュー、ウエスタンエクスプレス

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

公文書改竄不起訴! 自らの存在意義を否定した大阪地検!&薄笑い浮かべて謝罪する加計学園事務局長の胡散臭い経歴!?&メディアはいつまでモリカケ疑獄に傍観者を決め込むつもりなんだろう?

 シュレッダー佐川君を筆頭とする極悪財務省官僚の不起訴、嘘つき加計学園の薄ら笑い浮かべた似非謝罪、そして働かせ方改革法案の衆院通過と、すべてを一緒くたにしたところにもってきて、延々と続く日大アメフト問題に加えてサッカーWカップのメンバー発表が重なり、なんかお腹いっぱいの朝である。

 とは言え、満腹感に横になっているわけにもいかないわけで、まずはシュレッダー佐川君たちの不起訴処分だ。いやはや、これで大阪地検は自らの存在意義を否定しちゃいました。記者会見までしたくせに、大阪地検は不起訴にした理由については「捜査の内容に関わるので答えられない」ときたもんだ。「政権への忖度があったんじゃないか」という記者の質問にもけんもほろろで、何のための記者会見だったのかねえ。

 大阪地検の不起訴処分を受けて自民党は「これで幕引き」ってなこと言ってるようだが、おいおい、官僚が虚偽の文書を国会に提出したってことはそれだけで犯罪的な行為なんであって、それはとりもなおさず国会を愚弄したってことなんだよね。それもわからないなら、政治家なんか辞めちまえってことだ。

 それにしても、凄い国になったものだ。役人が公文書を300ケ所も改竄してたというのに、なんのお咎めも受けないんだものね。そして、そのトップである大臣が「悪質な改竄ではない」って居直ってるんだから、何をかいわんやなのだ。

 これで舞台は検察審査会に移るわけで、まだ勝負は終わってませんから、そこんとろよろしく。

森友改ざん・背任容疑、佐川氏ら全員を不起訴 大阪地検

 お次は、加計学園のとんでも謝罪会見だ。なんとまあ、薄ら笑い浮かべて、

「その場の雰囲気で、ふと思ったことを言った」
「うそというか、そういう思いをもって説明したんだと思う」

 だとさ。ひと目でこいつは嘘ついてるってわかる猿芝居をニヤつきながら演じてくれちゃって、渡辺良人とかいう加計学園事務局長がかなり胡散臭い人物ということは確認できた。

 と思ってたら、想像以上に裏がありそうな人物で、とかく噂のある加計系列のSDI創建の社長をしてたとか。そこんところを「ネッドケリラ」さんが暴露しているので、興味のある方をそちらをどうぞ。

・ネットゲリラ
嘘つくならもっと上手いストーリー考えろや

 それはともかく、知事の留守中を狙っての謝罪訪問ってのも、なかなかに手が込んでいる。ていうか、舐めたことしてくれるもんです。総理大臣の名をかたって、「獣医学部いいね」という発言まで捏造ってのは、それが事実なら胡散臭いオッサンひとりの思いつきでできるものじゃありません。ずいぶんキャラの立ったオッサンが出てきたことで、加計学園疑獄に新たな展開があるかも。

加計事務局長、首相との面会発言「その場の雰囲気で」

2018年5月31日 報道ステーション

 それにしても、議論は平行線だの決め手欠く野党だの、新聞・TVはいつまでモリカケ疑獄に傍観者を決め込むつもりなんだろう。司法が動かないなら、いまこそ「権力の監視者」としてのメディアの出番だろうに、ジャーナリズムとしての矜持や誇りはどこ行っちまったんでしょうね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

「書き換えられた文書の内容を見るかぎり、黒を白にしたとかいう改ざんのような悪質なものではない」(麻生太郎)・・・「クレージーだ」(又市社民党党首)&「勢い余ったのかな。加計学園を信じる」(今治市長)。補助金詐欺に加担するってわけか!?

 日大アメフト部の監督とコーチは除名処分で永久追放。ペテン総理もひょっとこ麻生も除名できたらと思う水曜の朝である。

日大前監督・コーチ除名 アメフット関東学連、反則指示と判断

 で、そのひょっとこ麻生なんだが、ひん曲がった口でまたしてもやらかしてくれました。「書き換えられた文書の内容を見るかぎり、バツをマルにしたとか、黒を白にしたとかいう改ざんのような悪質なものではないのではないか」だとさ。つまり、悪質でないから改竄したってどうってことないよ、ってこと言いたいんだろう。

 さすがに、社民党のカマキリ又市君が「クレージー」と苦笑いしてたが、ここまでくると政治家っていうより社会人としてどうよってレベルですね。にしても、公文書改竄ってのはそれだけで犯罪なんだから、悪質かどうかなんてのはまったく関係ないことなんだね。こういう言い草ってのは、オッパイ福田君のセクハラ問題への対応にさも似たりで、ようするに事の本質がまったくわかっていないポンコツ野郎ってことです。

 こんなのが野放しにされているってのは、新聞・TVにも大きな責任がある。昨日のエントリーでも書いたけど、オザワンを期ズレでいじめぬいたくせに、公文書改竄という官僚の犯罪には反応が鈍いんだよね。

森友問題 文書改ざん「悪質なものではない」麻生財務相

 鈍いのは加計学園疑獄も同じで、今治市長の「勢い余ったのかな。とにかく、学園としても一生懸命だったのかなと思う。めりはりのあるというところで、おっしゃったのかな」なんてとぼけた記者会見を無批判に垂れ流すんだから困ったものなのだ。「補助金について再考しないのか」という記者の質問に「見解の相違」と言い放つ市長の映像に、思わず唾吐きたくなっちまいましたよ。

 「見解の相違」「仮定の話にはお答えできない」ってことを最近の政治家どもはよく口にするけど、これって説明責任を放棄しているってことなんだよね。なんでそこをん新聞・TVはちゃんと切り込まないかねえ。

“架空面会” 今治市長「加計学園を信じている」

・郷原信郎が斬る
加計学園「自治体騙し」自認文書で、「安倍政権側ストーリー」崩壊の危険

1

 それはともかく、今治市長は「加計学園を信じている」そうだから、早いところ森友も加計も関係者全員を国会に呼んで、証人喚問するこった。世論を喚起するのも新聞・TVの仕事なんだから、野党の追求が甘いなんてくさしてないで、「権力の監視者」たる機能をいまこそ果してもらいたいものだ。

 同時に、日大アメフト部の選手たちが「監督やコーチに頼りきりになり、その指示に盲目的に従ってきて」しまった自らを悔い、「選手一人ひとりが自分自身に向き合って考え抜く」ことで自分で物事を考えるアスリートに生まれ変わろうとしているように、一般大衆労働者諸君も自らの頭でいまの政治状況を考える力を身につけなくてはいけない・・・と我が家のドラ猫に囁いてみるのであった。

【日大アメフト部声明文全文】指示に盲目的に従順 ふがいない姿勢が一因 深く反省 チーム改革実行に一丸

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | セクハラ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ヘイトスピーチ | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | リニア新幹線不正入札 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 二階俊博 | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 働き方改革 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 公文書改竄 | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 国民民主党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大相撲 | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 学問・資格 | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山口那津男 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 希望の党 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 放送制度改革 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 産経新聞 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 百田尚樹 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 税金 | 稲田朋美 | 立憲民主党 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 緊急事態条項 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 裁量労働制 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 財務省 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 足立康史 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM