山口敬之

2022年8月26日 (金)

「LGBTはお花畑」「実態を正確に理解しないまま発信や活動」(城内実・神政連国会議員懇談会事務局長)・・・統一教会とシンクロするわけだ!&アベ友の逮捕状握り潰した中村格警察庁長官が辞任・・・「アベとともに去りぬ」(郷原弁護士)!!

 「LGBTは生産性がない」(杉田汚水脈)とか「生物学上、種の保存に背く」(ホロコースト簗)とか、ヘタレ政権ってのは「個性と多様性を尊重する社会を目指す」のが基本政策だったはずなのに、実は安倍・菅政権と同じく性的少数者に対して極めて差別意識の強い政権なんだね。

 そんな中、ペテン師・シゾーの息のかかった陣笠が自民党の「性的マイノリティに関する特命委員会」という会合で、めまいがするような差別臭芬々のトイレの落書きみたいな発言してくれたってね。

「LGBTの実態を正確に理解しないまま発信や活動をしている人がいる」
「純粋まっすぐお花畑の人は、『差別されている人を助けなきゃ』みたいな話(となっている)」
「美しいポリコレ(政治的な正しさ)みたいなものでストーリーをつくって、それを疑問視する人をひたすらたたくお花畑正義感の人たち」
「多様な価値観、多様な市民を、ステレオタイプでやっているんじゃないか」

 いやはや、これが自民党です。統一教会(世界平和統一家庭連合)といろんなところでシンクロするわけだ。ちなみにこのクソ発言した城内実という男は元環境副大臣で、「(同性愛は)後天的な精神の障害、または依存症」」と書かれたLGBT差別冊子を配布した神道政治連盟国会議員懇談会の「事務局長」を務めている。さもありなんってわけだ。

 こういう差別感を臆面もなく公言して憚らない輩がヘタレ政権になってから、やたら目立つんだね。それも、ほとんどがペテン師・シンゾーの息のかかったような連中だ。ペテン師・シンゾーの葬儀で、私人の嫁が「政治家としてやり残したことはたくさんあったと思うが、本人なりの春夏秋冬を過ごし種をいっぱいまいた。それが芽吹くことでしょう」って挨拶したのは、こういうことだったのね・・・と妙に納得する今日この頃なのだ。

城内氏、LGBT活動「お花畑」 自民党会合で差別解消巡り

自民・城内氏「お花畑正義感の人たち」 性的少数者の差別めぐり発言

 最後に、伊藤詩織さんに対する準強姦事件で、元TBSの山口ノリマキへの逮捕状を握り潰した中村格警察庁長官が、安倍銃撃事件における警備体制の不備の責任をとって辞任しましたとさ。いずれ、どこぞに雨下りするんだろうが、郷原弁護士じゃないけど「アベとともに去りぬ」というお粗末でありました。

警察庁長官が辞任、どうなる要人警護 事前審査導入で「満足」も再発防げるかは不透明 

「中村警察庁長官」が辞職 「准強姦逮捕状」握り潰しで注目され、戦後最長の安倍政権を支えた最後の官邸官僚

【またまだあるぞ気になるニュース】

旧統一教会関連イベントへの参加 断言せずとも認めた形の山際大臣

旧統一教会との接点、自民が所属の全国会議員に調査…アンケート形式で回答集約し公表

奈良県警本部長が辞職の意向伝える 安倍氏警護計画を最終決裁


| | コメント (2)

2022年1月26日 (水)

伊藤詩織さん、2審も勝訴!! 東京高裁が「性被害」を認定・・・改めて問われる逮捕状失効停止の経緯!!

 元TBSの山口ノリマキによる伊藤詩織さんへの準強姦事件に絡む賠償請求裁判は、2審も山口ノリマキによる性暴力を認定。1審の330万円の賠償金を332万円に増額する判決が出た。これで山口ノリマキによる性犯罪があったことが揺るぎない事実となったわけで、逮捕状が出ているにも関わらず直前で失効となったのは何だったのかってことが改めて問われるんだね。

 しかし、2審は、「デートレイプドラッグに関する言及が名誉毀損とプライバシー侵害にあたるとして、慰謝料など55万円の支払い」を伊藤さんに命じてるのがちょいと気にかかる。おそらく、山口ノリマキは、この2審の判断を金科玉条のごとく振りかざして、伊藤詩織さんへの新たな攻撃を仕掛けてくるんじゃないのか。

 そうさせないためにも、逮捕状が失効した経緯について、しっかり検証すべきなんだが、果たしていまの新聞・TVにそこまでの根性があるだろうか・・・ないだろうなあ。

伊藤詩織さんの訴え再び認める 「性行為の合意なかった」 山口敬之さんに330万円支払い命じる 東京高裁 伊藤さんにも55万円支払い命令

| | コメント (2)

2021年9月23日 (木)

「河井夫妻の買収事件、1億5千万円は買収資金ではない」(自民党)・・・なぜなら、本人がそう言ったから!!&逮捕状握り潰した男が警察庁長官就任会見の恥知らず!!

 自民党総裁選のドサクサに、自民党が河井バカップルの買収事件について、「1億5千万円からは買収資金を出していない」って発表した。でも、これって河井バカップル本人からの報告をそのままを鵜吞みにしたもので、第三者委員会を設置して調査したものではないんだね。つまり、ドロボーが「私やってません」って言ってるようなものです。

 こんな報告書をあたかも説明責任を果たしたかのように記者会見して発表するんだから、記者クラブも舐められたものだ。それをまたメディアは無批判に垂れ流すだけなんだから、これではただの自民党の広報だろう。

 記者会見では、「だったら1憶5千万円は何に使ったのか」って誰も質問しなかったのかねえ。そのあたりのやりとりが報道からはまったく伝わってこない。おそらく、しなかったんだろうね。ボコボコにされる可能性があったら、記者会見なんてやりはしません。

 そもそも、1憶5千万円のうち1億2千万円は税金からの政党助成金なんだよね。納税者を爪はじきにして、こんな報告書で1件落着を図ろうなんて、そりゃあ、お天道様が許しませんよ、ったく。

河井案里氏への1億5000万円“買収に使われず”自民 報告受ける

 お天道様が許さないとくれば、逮捕状握り潰した中村格の警察庁長官会見もロクなものではなかった。伊藤詩織さんへの準強姦容疑で元TBS社員の山口ノリマキに執行されるはずの逮捕状を寸前で執行停止にした張本人ですからね。どんな言い訳するかと思ったら、「法と証拠に基づき組織として捜査を尽くした。捜査指揮では常に法と証拠に基づいて適切に判断してきたと考えている。法と証拠以外の他事を考慮し、何らかの捜査上の判断をしたことは一度もない」だとさ。

 直接話が聞きたいと迫る伊藤詩織さんから脱兎のごとく逃げ出したのは、どこのどいつだったけねえ。奇しくも、一昨日、山口ノリマキを相手取った民事訴訟の控訴審があったんだが、伊藤詩織さんの決意が心に響く。

「私は警察に届け出た段階で、刑事司法で裁いてもらうことを望んでいましたが、逮捕は直前に取り消しとなり、それはかないませんでした。刑事司法の不透明な対応に左右され、確かに存在していた性被害がなかったことにされてしまうことに危機感を抱き、自分の顔を出し、そして名前を出して発信することを決意しました」

 そもそも、裁判所が許可した逮捕状をどんな理由があるにせよ、逮捕寸前で執行停止にできるなら、恣意的な逮捕だって可能になっちまうんだね。だからこそ、逮捕状を握り潰した理由を、納得のいく形で説明する責任が新警察庁長官にはある。それができないなら、警察のトップに就く資格はありません。

【動画】中村格警察庁長官が就任会見 伊藤詩織さん巡る対応問われ「法と証拠に基づき」と繰り返す

| | コメント (1)

2021年9月16日 (木)

八代発言で、TBS『ひるおび』からスポンサー降板の動き!!&レイプ犯への逮捕状を握り潰した「官邸の守護神」が警察庁長官に異例の出世!!

 しかしまあ、いつもタイミングよく北朝鮮からミサイルが飛んで来るものだ。

 そんなことより、自称国際弁護士・ヤシローの共産党と野党共闘に対する虚偽発言&誹謗中傷だ。TBSはこのまま嵐が過ぎ去るのをじっと待つつもりのようだけど、番組スポンサーに動きが出てきたってね。キユーピーが14、15日のCMを見合わせ、それについて

「いろんなご意見をいただいており、社内で検討した結果、14日のCMは見合わせました。代わりにACのCMが流れています」
「今後については、どうするか検討中です。広告代理店を通じて進めていきます」

 ってさ。スポンサーへの不買運動なんて動きもあったみたいだから、それに敏感に反応したってことなのだろう。消費者を怒らせるのが企業にとっては一番避けたいところですからね。

 自称国際弁護士・ヤシローのデマ発言はそう簡単に終わらせてたまりますか。それにしても、この1件について、メディアはまったくスルーしまくって、自民党総裁選で大はしゃぎしてるんだから、馬鹿につける薬はありません。

八代弁護士デマ正当化 各界から批判広がる

「ひるおび」スポンサーがCM見合わせ キユーピーが対応「社内で検討した結果」...今後は未定

 ところで、伊藤詩織さんへの準強姦容疑で山口ノリマキに出ていた逮捕状を握り潰した中村格警察庁次長が警察庁長官に就任するってね。ポンコツ総理の秘書官で、「官邸の守護神」と言われた男が警察庁のトップに就いたってことは、これからも安倍・菅ラインによる警察支配が続くってことか。

 誰が総裁になってもモリカケ・サクラには手を付けさせないっていう、いわば意思表示って意味もあるのだろう。こんな人事が罷り通るんだから、いかに「権力への忖度」が官僚にとって重要かということだ。

 おっと、そう言えば、山口ノリマキは元TBS社員だった。だからどうだってわけではありませんがね。

菅首相の置き土産 ついに長官に上り詰めた「官邸の守護神」 “逮捕状を握り潰した”警察庁の中村格氏

| | コメント (2)

2020年1月18日 (土)

桜名簿改竄の歴代人事課長の白塗り6人集に「厳重注意」の大甘処分!!&広島高裁が伊方原発再稼働認めず!!&逮捕状握り潰し男の警察庁次長人事は「適材適所」(菅官房長官)!

 「桜を見る会」の名簿に手を入れて改竄したとされる歴代の内閣府人事課長6人(現職を含む)に処分が下った。なんとまあ、「厳重注意処分」で夏のボーナス減額でシャンシャンだとさ。こんなの官僚にすれば痛くも痒くもないだろう。

 それよりも、政治家の身代りとして恩を売ったことのほうが大きいに違いない。現職の人事課長なんか、ひょっとすると森友学園疑獄のシュレッダー佐川君のように大出世につながるかもね。ちなみに、この人事課長は吉岡秀弥という名前だそうで、これからは白塗り・吉岡君と呼ぶことにしよう。

歴代人事課長6人を厳重注意 「桜」文書の不適切管理 内閣府

 ところで、伊方原発の再稼働について画期的な判決を広島高裁が出した。なんと、原子力規制委員会や四国出力の地震や火山の被害想定を不十分と切り捨てたってね。さらに、こんなことも判決文で述べている。

「福島原発事故のような事故を絶対に起こさないという理念にのっとった解釈が必要なことは否定できない」

 これってかなり踏み込んだ判決で、「福島原発事故のような事故を絶対に起こさないという理念」こそが原発裁判では基本となるべきなんだね。考えてもみよう。この国はいまだに原子力緊急事態宣言は解除されてないんだよね。原発事故はまだ親交ちゅょうってことなのだ。

 さらに、ほとんどの原発が停止した状況で、原子力村が喧伝する電力不足だって起きてませんからね。ようするに、原発が不要だってことは、9年という時の流れが証明している。

 判決を出した裁判長は定年間近だそうで、だからこそ国や電力会社に忖度する必要がなかったんだろう。でも、独立した司法の存在感を示したことには、万雷の拍手を送りたい。

伊方原発3号機 運転再び認めず 「地震、火山の想定不十分」 広島高裁、仮処分決定

 最後に、「昏睡レイプ魔逮捕状握り潰し」の中村格が警察庁次長に昇進したことについて、顔も頭も貧相な官房長官・ガースは、「適材適所」ってのたまったってね。これは、「総理やマスコミへの配慮や忖度があったのではないかと国内外の世論の批判があるが、なぜ栄転させたのか」という記者の質問に答えたものなんだが、こういう質問が出るようになった官房長官の定例記者会見を少しは評価したい。ジャーナリストなら当たり前のことが、これまでないがしろにされてきたのがおかしい話なんだからね。

 それにしても、「適材適所」とはねえ。お仲間の不祥事のたびになんとかのひとつ覚えで同じ言葉を吐いてるけど、つまりはポンコツな人材しかいないってことなんだね。言ってろ!!

1_20200118091501
クリックで拡大

| | コメント (3)

2020年1月16日 (木)

「昏睡レイプ魔逮捕状握り潰し」の警察高官が、ペテン総理の覚えめでたく警察庁次長に大出世!!&公選法違反疑惑のトンズラ夫婦が家宅捜索くらった万事休す!!

 元TBSワシントン支局長の山口ノリマキへの逮捕状を執行寸前で握り潰した当時の警視庁刑事部長・中村格が警察庁次長に出世なさいましたとさ。裁判所が発行した逮捕状を逮捕直前にストップするってのは異例中の異例で、当然説明責任があるはずなんだが、やっぱり初老の小学生・ペテン総理の覚えめでたくってことなんだろうね。

 警察庁次長という地位についたということは、次なるステップアップは警察庁長官しかないわけで、「昏睡レイブ魔逮捕状握り潰し」の張本人が警察官のトップなる日が来るかもしれないってんだから、まさに盗人に追い銭ってことか。

警察庁長官に松本次長 警視総監は斉藤副総監

山口敬之逮捕を握り潰した中村格が警察庁ナンバー2に!『報ステ』に圧力、安倍秘書の息子の喧嘩にまで介入した“官邸の忠犬”

 にしても、なんで野党は警察の高官による逮捕状握り潰しの事実を国会で追及しないのかねえ。本人が逮捕状停止したって言ってるんだから、そのまま放置プレイしている意味がわからん。裏にペテン総理の影がチラついてるんだから、ここは攻めどころだと思うけどねえ。ひょっとして、野党は警察に何か弱みを握られているのか・・・なんて妄想もしたくなろうというものだ。

 ところで、公選法違反疑惑の河井夫妻が広島地検から家宅捜索をくらって、万事休すと思ったのか、2ケ月ぶりにその姿を現した。「捜査中」を理由に説明責任は放棄したままなんだが、おそらく雲隠れしていた2ケ月の間は証拠隠滅に腐心してたんじゃないのか。妄想だけど。

河井前法相夫妻、辞職否定 公選法違反疑い説明せず

 この夫婦の逮捕は時間の問題ってことで、菅原一秀の公選法違反も忘れてもらっちゃ困るのよ・・・ということでお後がよろしいようで。

| | コメント (2)

2019年12月20日 (金)

「桜を見る会前夜祭」で会費払わず、領収書もなし・・・ペテン総理虚偽答弁と公選法違反の疑い!!&伊藤詩織さんの「法的措置」宣言に怖気づく山口敬之応援団!! 

 IR推進に絡んで元副大臣が中国企業と手を組んだ不正資金疑惑が勃発。これを隠れ蓑にして初老の小学生・ペテン総理は、「桜を見る会」疑惑から「逃げ切り」を図ろうとしているが、そうは問屋が卸さない。

 なんと、「桜を見る会前夜祭」の出席者の中に会費を払わなかった支援者がいたってね。さらに、聞き取り調査した出席者40人のうちで領収書を貰った記憶のある人は1人もいませんでしたとさ。これが事実なら、政治資金規正法&公職選挙法違反は明らかなわけで、さあ、年も押し詰まったところでペテン総理のお腹はさぞやキューキューと悲鳴をあげていることでしょう。

「桜懇親会費払わず」 出席者聞き取り 下関市議が報告

 悲鳴をあげるとくれば、山口ノリマキの応援団として伊藤詩織さんにセカンドレイプまがいの誹謗中傷を仕掛けていた連中だ。沈没船から逃げ出すネズミのように、早速逃亡を図る輩が出てきた。上念司と有本香がその筆頭で、みっともないったらありゃあしない。

山口敬之さんが会見、「官邸の働きかけがあったか?」海外記者からの質問に何と答えたのか

 笑っちゃったのが、小川榮太郎だ。記者会見後の記者とのやりとりに割って入ったのはいいけど、詩織さんに「私はあなたから一切、取材を受けていないです。その中で、あなたがジャーナリストとして一方的に書かれるのはどうなのかと問いたい」と一喝されて沈没しちゃいました。ざまあみろです。

伊藤詩織さんが「この際ですから」と苦言。質問者に「私の下着を公開するな」

 伊藤詩織さんは、裁判で一定程度の区切りがついたら、これまで受けてきた中傷やセカンドレイプに「法的措置をとる」と名言している。おそらく、彼女の断固とした戦う姿勢に、山口ノリマキの応援団は怖気づいてることだろう。杉田汚水脈やはすみとしこも、首を洗って待ってるこった。

伊藤詩織さん、中傷やセカンドレイプに「法的措置をとる」

伊藤詩織さん、月刊Hanadaやはすみとしこなどに法的措置へ


【ノーカット】ジャーナリストの伊藤詩織氏が日本外国特派員協会で会見

| | コメント (1)

2019年12月19日 (木)

伊藤詩織さん、全面勝訴! 東京地裁は「信用性には重大な疑念がある」と山口敬之(元TBS社員)を断罪!!

 元TBS社員の山口ノリマキによる伊藤詩織さんへの準強姦事件(ドラッグレイプ)の民事裁判で、東京地裁が詩織さんの主張を全面的に認め、山口ノリマキに330万円の支払いを命じる判決を出した。しかも、山口ノリマキによる詩織さんへの反訴は棄却。さらに、山口ノリマキの「信用性には重大な疑念がある」「酩酊状態で意識のない伊藤氏に対し、合意がないまま性行為に及んだ」とし、詩織さんの全面勝訴となったのでありました。いやあ、めでたい。

伊藤詩織氏が勝訴 「合意のないまま性行為」認める

伊藤詩織さん「自分が潰れてしまったら…」と耐えた日々 「被害を話せるような社会」を目指すために

伊藤詩織さん「有意義なこと」 山口敬之さん「 納得できない」。判決後の記者会見で、それぞれが語ったこと(詳報)

 とはいえ、山口ノリマキは即刻控訴ってんだから、どこまで恥知らずなんだか。しかも、小川榮太郎、花田紀凱を引き連れた記者会見では、「伊藤詩織容疑者と呼べ!」と息巻いたってんだから、どこまで腐ってるのか。こんな姿を家族はどんな思いで見ていたのだろう。そう考えるとまったくやりきれない。

敗訴の山口敬之さん「納得いかない。すぐに控訴します」 伊藤詩織さんとの訴訟

 しかしなんですね、詩織さん勝訴のニュースをTBSは真摯に報道すべきなんだよね。「誠に遺憾」なんてコメント出してるけど、誰に対して遺憾なんだ。まさか、詩織さん勝訴が遺憾ってんじゃないだろうね。

 それはともかく、この判決で、逮捕状を執行停止にした中村格の責任ってのが、改めてクローズアップされるんだね。山口ノリマキと同じように、この男も断罪されてしかるべきなのだから。それと、どいつもこいつも初老の小学生・ペテン総理のお仲間ってことだ。つまり、性犯罪であると同時に、時の政権トツプが関わっているかもしれない政治問題でもあるって事を忘れちゃいけない。

山口敬之の性暴力認定で擁護していた上念司や足立康史議員が速攻逃亡、なお伊藤詩織さんへの謝罪はなし

 控訴審では、ペテン総理が手を回す可能性も否定できないから、この勝利に安心はしていられないのだが、とりあえずは祝杯を上げて、詩織さんへのエールとしたい!!

伊藤詩織さん「勝訴」 連れ込む山口記者の姿を目撃…控訴審でカギを握る「ドアマンの供述調書」

 最後に、詩織さんのお母さんのコメントを山口ノリマキは何と聞く!!

「娘の勇気を誇らしく思っています。心配もありましたけど、よく頑張ったとほめてあげたいと思います。山口氏には『あなたにもし娘がいたら』と想像してほしい。わが子に性被害が降りかかったら、親なら胸が張り裂ける思いなんです」


【報ステ】“性暴力被害”伊藤詩織さん勝訴(19/12/18)


| | コメント (2)

2019年7月 9日 (火)

世論操作するような世論調査は垂れ流すけど、ガチな選挙報道はあまりに少ないTVの無作為の作為!!&伊藤詩織さんが損害賠償を求めた裁判の口頭弁論開始!!

 参議院選公示からかれこれ1週間経とうとしているのに、TVの選挙報道がまったく盛り上がっていない。この現象は前回も同じで、かつてのような各局競っての党首討論がいまとなっては懐かしい。

 2014年の衆議院選挙の時に、TV報道をめぐって「自民党が出演者の選定や街頭インタビューなど具体的な項目を挙げ、選挙期間中の報道の公平性を確保するよう求める文書」を在京各局に配付していたなんてことがあったが、おそらくそうしたペテン政権の締め付けに「忖度」した結果なんじゃなかろうか。

 そのくせ、公示直後に与党に与するような世論調査は垂れ流すんだから始末におえない。SNS上ではダントツに注目されている突貫小僧・山本太郎君率いるれいわ新選組だって、マスメディアではその存在すら無視され続けている。これのどこが「公平・公正」な報道なんでしょうねえ。

・田中龍作ジャーナル
【れいわ那覇発】野原がつなぐ東京と沖縄 主婦「政府の近くにいてくれた方がいい」

 ガチで党首討論やたら面白いんだけどなあ。初老の小学生・ペテン総理の無能さはもちろん、維新のチンピラぶりもあらわになって、へたなTVドラマ観るより面白いと思うんだが・・・妄想だけど。

 とにもかくにも、マスメディアの報道には惑わされないこと。5日のエントリーで紹介した、「無条件による日朝首脳会談について、北のカリアゲ君が留意している」というニュースについて、NHKのフェイクなんじゃないかという話もある。権力ってのは、一般大衆労働者諸君の大好きな陰謀論のさらに上をいくようなギミックを仕掛けてきますからね。

日朝会談を「金正恩が留意」のNHK報道 北の国営通信が否定

 でもって、フェイクニュース(?)を流す一方で、たとえばTBS『上田晋也ジャーナル』のように山本太郎の特集組もうとしたら、突然番組が終了なんて姑息なこともしてきますから、もうTVはジャーナリズムの看板下ろした方が身のためというものだ。

山本太郎にテレビが触れない理由!『上田晋也のサタデーJ』も終了直前、山本太郎現象の特集がボツに

 最後に、伊藤詩織さんが山口ノリマキへの損害賠償を求めた裁判の口頭弁論が開かれた。司法はその独立性を示せるか。注目したい!!

伊藤詩織さんが、法廷で争う男性と4年ぶりに対面 直接話を聞けたのは「良かった」

東京選挙区は、「野原ヨシマサ」
比例区は、「れいわ」または「山本太郎」

| | コメント (2)

2019年3月28日 (木)

あの元TBS記者の薬物レイプ疑惑男が伊藤詩織さんを反訴の無知蒙昧!! 

 世の中にはサイテーの野郎というのがいるもので、さしずめ初老の小学生・ペテン総理はその代表選手というところか。類は友を呼ぶという言葉があるように、そんな下衆野郎の仲間ってのはもっとサイテーだったりする。元TBS社員で準強姦疑惑の山口ノリマキもそのひとりだ。

 この男、なんと伊藤詩織さんを反訴したってさ。「『性行為は同意があった』『被害証言は妄想・虚構』『性被害ビジネスのカリスマ的地位確立の目的で貶められた』などとして、1億3千万円の賠償を求めている」んだとか。

 アレの周辺ってのは、どいつもこいつも常軌を逸してるというか、狂ってますね。アレの大学時代の教授が「無知と無恥」と評したそうだが、準強姦疑惑のこの下衆もペテン総理に勝るとも劣らない「無学者、論に負けず」ってことか。

 ちなみに、カルバン・クラインが伊藤詩織さんをキャンペーンに起用したそうだ。世界がどんなスタンスで詩織さんに注目しているかわかろうというものだ。

薬物レイプ・山口敬之氏が伊藤詩織さんを1億3千万円で反訴!一方、「カルバン・クライン」は詩織さんをキャンペーンに起用し、世界から高評価!

 

| | コメント (3)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Dappi Dappi疑惑 NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト こども家庭庁 たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット ウクライナ侵略 オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ ゼレンスキー タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 デジタル田園都市国家構想 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ トリガー条項 ニュース ネット工作 ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 プーチン ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワクチンパスポート ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 侮辱罪 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入国管理局 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 八代英輝 公文書改竄 公明党 共産党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉川赳 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 国葬 土地規制法案 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大石あきこ 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 山際大志郎 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平井卓也 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 志位和夫 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政党助成金 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 敵基地攻撃 敵基地攻撃能力 文通費 新しい資本主義 新党 新型コロナウイルス 新資本主義 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米地位協定 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核共有 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河瀬直美 河野太郎 河野談話 泉健太 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 牧島かれん 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細田博之 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 自己責任 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茂木敏充 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 西村康稔 西田昌司 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 議員年金 議員特権 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 赤木ファイル 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野党共闘 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音喜多駿 音楽 飯島秘書官 香港 馬場伸幸 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 黒田日銀総裁 10万円給付 ACTA BPO(放送倫理・番組向上機構) DHC FMラジオ IR汚職 LGBT法案 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM