山口敬之

2017年12月13日 (水)

スパコン補助金詐欺は経産省では「麻生案件か甘利案件」という噂。政界の魑魅魍魎とペジー社をつないだのはアベ友で準強姦疑惑のあの男!?

 今年の漢字は「北」だとさ。ペテン総理が国難指定した北のミサイルを清水寺が忖度したってわけか。その他の理由に取ってつけたように日ハム・大谷の大リーグ入団とキタサンブラックの活躍ってのがあるのんだが、なんで大谷って思ったら本拠地が北海道だからだと・・・馬鹿馬鹿しくてお話になりません。

 そんなことより、新たなアベ友案件であるスパコン補助金詐欺だ。逮捕されたペジー社の社長と準強姦疑惑の山口ノリマキとの親密さをさらに深める事実が発覚。なんと、二人つるんで財団法人「日本シンギュラリティ財団」なるものを立ち上げていたってね。しかも、その所在地が山口ノリマキの実家なんだと。いったいこの財団を何に使おうとしていたのか・・・謎が謎呼ぶ詐欺詐欺事件というわけだ。

 で、「I am not ABE」の古賀茂明氏によれば、「経産省内では、齊藤(容疑者)のペジー社と言えば麻生案件か甘利案件と言われている」んだとか。昨日エントリーにも書いたように、ひょっとこ麻生は早い時期からペジー社を持ち上げる発言してたからさもありなんなんだが、布袋頭の甘利君も関与していたとはねえ。

 こうした政界の魑魅魍魎とペジー社を繋いだのが山口ノリマキで、そのバックには総理がくっついているってことなんだろうね。どなたかがツイートしてたけど、森友学園の籠池、加計の加計、リニアの葛西、そしてスパコンの齊藤・山口といった人物相関図の中心に、いつも総理が鎮座ましましているってわけか。

・田中龍作ジャーナル
【スパコン社長逮捕】実態なきAI財団は山口敬之の実家

古賀茂明「東京地検のスパコン詐欺事件は安倍政権に飛び火するか、忖度で終わるか?」

ま、いつもの妄想だど、事実は小説よりも奇なりって言葉もあるから、くろねこの妄想もあながち間違いとは言えないかも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

沖縄で保育園に米軍ヘリの一部が落下。日本の空は誰のものなのか!&「つらい1年だった」(安倍昭恵)。殴るぞ!森友学園、ごみ撤去費用10倍に!&獣医学部新設審査で「圧力を感じた」(設置審委員)&スパコン補助金詐欺もアベ友案件か!?

 普天間基地に近い保育園に米軍のヘリコプターの一部が落下。園児などに被害がなかったからいいってもんではない。問題なのは、日本の空は誰のものなのかってことだ。沖縄だけではない、東京もまたしかり。

 さらに危惧すべきは、この事件を口実に「いわんこっちゃない。だから辺野古移転を急がなくちゃいけない」って声がどこからともなく上がってくることだ。普天間返還と辺野古新基地建設はリンクなんてしていない。そこには基地利権をめぐる土建屋や政治屋の思惑が絡んでいることを忘れてはいけない。

保育園、米軍大型ヘリの落下物か=衝撃音、園児けがなし-近くに普天間飛行場・沖縄

 ところで、ペテン総理の私人の嫁が「今年は本当にいろいろなことがあり、つらい1年だった。最後に立派な勲章を頂き、頑張って良かった」ってベルギー勲章授賞式でのたまったそうだ。ホント、食えない野郎だ。

昭恵首相夫人「つらい1年」 ベルギー勲章授与式であいさつ

 でもって、私人の嫁の関与が色濃い森友学園疑獄で、異常な低価格で売却された土地のごみ撤去費用について別の学校法人には約8430万円と見積もっていたことが発覚しちゃいました。なんと、森友学園との交渉ではごみ撤去費用は10倍に跳ね上がっているんだから、財務省は再調査しないなんて居丈高にのたまっている場合じゃないだろう。

「加計審査で圧力」証言 座長に訴訟リスクあると言われた

 加計学園疑獄についても、大学設置審議会の委員が「主査の委員(設置審の座長)から訴訟リスクがあると告げられ、圧力を感じた」と証言したってね。「設置審にかかったことで認可への道筋は付いていた」とも語っているそうだから、改めて「加計ありき」ってことが明確になってきたってわけだ。

「森友」ごみ撤去費10倍に 別見積もりでは8000万円

 これだけの状況証拠や関係書類が出てきているってのに、国会は明日で閉会。本来なら、こうした疑獄を徹底して追求しなくてはいけないメディアは相撲取りの喧嘩でドンチャン騒ぎ。しかも、富岡八幡宮の内紛で殺人まで起きちゃいましたから、今日からは神社スキャンダルで舞い上がるに決まってます。

 さらに、準強姦疑惑の元TBS社員の山口ノリマキとの関係が徐々に浮き彫りになってきたスパコン補助金詐欺だってある。ひょっとしたら森友・加計学園疑獄と同じ構図があるかもしれないというほどなんだが、ま、新聞・TVはその点はスルーし続けるんでしょうね。

自民激震 逮捕のスパコン社長は“アベ友記者のスポンサー”

・田中龍作ジャーナル
逮捕のスパコン社長 諮問会議メンバー入りもアベ友案件か

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

森友学園疑獄に新たな音声データ&「詩織さん」準強姦事件でホテルに連れ込む様子が防犯カメラに・・・&受信料合憲は「公平、公正」な番組作りが前提ってことだ!

 トランプがエルサレムをイスラエルの首都に認定して、中東に戦争の火種を植えつけちまった。それをまた日本は「動向を注視する」(菅官房長官)なんてアメポチ丸出しの主体性のない発言してるんだから呑気なもんです。

・トランプ米大統領、エルサレムをイスラエルの首都に認定

 でもって、国内に眼を向ければ、TVのワイドショーを中心に相撲取りの喧嘩に上を下への大騒ぎ。森友・加計学園疑獄では新たな音声テープが発覚し、元TBS社員の山口ノリマキの準強姦疑惑だって連日のように法務委員会で追求されてるってのに、日本のメディアってのはなんともお下劣なもんだ。

叱る籠池氏、財務局がお詫び 森友学園問題で新たな音声データ

・田中龍作ジャーナル
「意識混濁の詩織さんホテルに引きずる山口」録画公開の可能性

 こういうお下劣さが権力に付け入る隙を与えているわけで、ペテン政権によるNHKへの干渉なんてのはその最たるものなんだね。なんてったって、「右と言われりゃ右向いて、とても幸せ」ってのたまっちゃう会長がいたくらいですからね。受信料不払いってのも、そんな権力に取り込まれたNHKへのレジスタンスの意味もあるに違いない。

 ところがどっこい、最高裁大法廷は、NHK受信料は合憲の判断を下しちまいました。もっとも、こういう何の意味も持たない判決になるだろうっことは予想がついていたことではあるんだが、それにしたっていくらなんでも時代遅れな最高裁だこと。

NHK受信契約訴訟 契約義務づけ規定は合憲 最高裁大法廷 

・東京新聞社説
NHK受信料 強制は時代に合うか

 しかし、この最高裁判決の中で、NHKの存在理由となるべき「そもそも論」が展開されいるのには注目したい。ちょっと長いがこんな具合です。

放送は、憲法の表現の自由の保障の下、知る権利を実質的に充足し、健全な民主主義の発達に寄与する。この意義を反映し、放送法は公共放送と民間放送の2本立て体制を採用し、公共放送事業者としてNHKを設立。特定の個人や団体、国家機関から財政面で支配や影響が及ばないよう、受信設備を設置して放送を受信できる者に、広く公平に負担を求めることで支えられる事業体とした。受信設備設置者とNHKとの受信契約を定めた放送法64条1項は、NHKの財政基盤を確保するため法的に実効性のある手段として設けられた。

 これは放送法64条1項の意義について触れたもので、つまりは「NHKが公共のもので公平、公正な番組を制作するために国民から受信料を取るべきだ」って言ってるんだね。となれば、いまのNHKが「特定の個人や団体、国家機関」の介在を許さず、「公平、公正な番組作り」をしているかってことが、これからは重要なテーマになってくるはずだ。

 そのためには、「金は出すけど口も出す」「モノ言う視聴者」。これこそが正しい視聴者のあり方になってくる。NHKを監視するのは国民ってことだ。「みなさまのNHK」ってのは、それでこそ成立する。NHKは受信料が合憲ってんで浮かれている場合じゃありませんよ。ある意味、放送法の精神を遵守するからこその「受信料」ってことが判決で浮き彫りになったとも言えるんだからね。

 最後に、元NHKの堀潤氏がfacebookでこんなコメントしている。

「はやくやろう!NHKアーカイブスの無料開放、24時間地上波ニュースチャンネル、そして公共物としての電波と公共施設としてNHKのスタジオや機材を人々が使えるようにするパブリックアクセスを。受信料を払った分、使えるNHKに。」

 「受信料を払った分、使えるNHKに。」ってのはそれこそ「モノ言う視聴者」のあるべき姿なのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

スパコン補助金詐欺のベンチャー企業の陰で蠢く怪しげな人間関係・・・!! 準強姦疑惑のあの人物の名前も・・・!?

 TVのワイドショーは相撲取りの喧嘩をさも重大事件であるかのようにいまだに乱痴気騒ぎを続けている。でも、独自の調査能力なんてからっきしなもんだから、そのほとんどが伝聞や想像の域を出ない。江川紹子氏がツイッターで苦言を呈しているのもむべなるかな、ってなもんです。

 「根拠のない想像でストーリー作る」のはTVの得意とするところで、見てきたような嘘をつく講釈師もさぞかし呆れているんじゃなかろうか。そのくせ、森友・加計学園疑獄のペテン総理をめぐる怪しい人間関係については「想像」をまったく働かせることがないんだから、よくもまあお天道様の下を歩けたものだ。

 で、そのペテン総理の怪しい人間関係がチラホラという事件が新たに発覚。なんと、世界有数のスーパーコンピューター開発をめぐってベンチャー企業が約4億3100万円の補助金を騙し取ったそうだ。逮捕された社長ってのがなかなかに香ばしい人物なんだが、どうやらあの山口ノリマキがペテン総理との間を取り持ったらしいという噂がある。

「スパコン」ベンチャー企業社長を逮捕 助成金詐欺の疑い

準強姦疑惑ジャーナリスト、山口敬之氏が、安倍首相の名を使ってスパコンの補助金行政に介入

助成金詐欺で逮捕のスパコン業者・ペジー社は安倍御用記者・山口敬之氏のスポンサーだった! 巨額助成金に官邸の関与は?

 いやあ、これが事実とするなら、森友・加計学園疑獄と同じ構図の補助金詐欺ってことになりますね。森友学園疑獄ではペテン総理との橋渡し役としてのキーパーソンが私人の嫁で、今回のベンチャー企業による補助金詐欺では山口ノリマキがその橋渡し役を担ったんじゃないのかねえ。でもって、加計学園疑獄ではペテン総理自身がキーパーソンだったという・・・「根拠のない想像でストーリー作る」とすればこんな具合なんじゃないのかねえ。

 だいたい、海のものとも山のものともつかないベンチャービジネスに補助金を出すってのはかなりリスクを伴うものですからね。そりゃあ、政治家、なかでも総理のお墨付きってのは黄門の印籠よりもを威力を発揮する、ってなもんです。

 この補助金詐欺事件には東京地検特捜部が出張ってきてるんだが、裏で蠢く怪しげな人間関係にまで手を突っ込もうという壮大な絵図を描いていたら面白いことになるんだが、ま、そんなものは期待するだけ無駄だからやめておこう。というわけで、今日もまたお後がよろしいようで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

「詩織さん」準強姦事件で逮捕状執行停止を命じた元刑事部長が法務委員会出席を拒否。やましくなかったら出てきやがれ!&麻生太郎、政治資金で1日200万円超の豪遊!!

 森友・加計学園疑獄とならんでペテン総理のアキレス腱のひとつである「詩織さんの準強姦罪事件問題」なんだが、30日にはみずほたんが参議院の予算委員会で取り上げたところ、議場が一時騒然となったってね。「『総理』という本を書いたジャーナリストを総理はご存知でしょうか。面識はあるでしょうか。ご存じでしょうか」と迫ったんだから、さもありなんてことだ。

 なんてったって逮捕寸前までいった元TBSの山口ノリマキとペテン総理は昵懇の間柄だし、逮捕状執行停止を命じた中村格刑事部長(当時)は顔も頭も貧相な官房長官・菅君の秘書官だったんからね。だからこそ、検察審査会でも不起訴相当の御託宣がくだったわけで、ま、この案件はタブーなんでしょう。

<議事中断>国会で伊藤詩織さんのレイプ被害が取り上げられた

 ところがどっこい。そうはいかのなんとかで、昨日の法務委員会では希望の党の柚木君がこの問題を取り上げたからさあ大変。出席を要請していた中村元刑事部長の姿が見えないことを追求された委員長は、シドロモドロでもうグタグダ。逮捕状執行停止命令にやましいところがなければ、国会で説明すればいいだけの話なのに、それができないってのはいかにやましいかって自ら証明しているようなもんなんだね。

 柚木君は不起訴相当とした検察審査会のあり方にも言及して、「起訴するだけの事由」とは何かを説明しろと迫るんだが、これまた検審の事務局が欠席で、お話になりません。

(前半)

(後半)

 昨日の法務委員会でわかったことは、この国の司法がいかにブラックボックス化してるかってことだ。ペテン総理のレイプ疑惑のお友だちを守るためなら、ひとりの乙女をこの社会から抹殺することも厭わないという邪悪な野郎どもの悪だくみを糾弾することができないとしたら、もはやこの国はアノミーそのものってことだ。

 最後に、政治資金収支報告書で明らかになったひょっとこ麻生の豪遊振りが凄まじい。なんと、

「16年の1年間で『会合』代として約160回、計約1947万円を支出」
「2月8日だけで銀座の天ぷら店や上野のフグ料理店など8、計約204万円を計上」
「12月28日も銀座のすし店やフランス料理店など9件、計約255万円に及んだ」                                 (東京新聞より)

 ってさ。ひょっとこ麻生の事務所は「法令にのっとり報告している」ってシレっとしてるってんだから、いい気なもんです。こんなのが国の預かる財務大臣だもんなあ。そりゃあ役人天国と言われるわけだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

森友学園疑獄でごみ撤去費用の過大申告が決定!&不当拘留中の籠池夫妻が保釈申請&「詩織さん」事件の逮捕状失効停止について超党派の議連が警察庁からヒアリング!

 東海第二原発が20年延長を申請するそうだ。40年経過した原発は廃炉のはずだったのに、ノダメが例外規定なんか設けちゃったからこの様だ。福島第一原発からまだ6年でこれだもんなあ。忘れっぽいにも程があるというものだ。

東海第二延長 24日申請 原電が県に方針伝達

 ペテン総理にしてみれば、こちらも忘れてもらいたいんだろうけど、そうはいきません。森友学園疑獄に新たな動きで、国有地の異常な払い下げについて会計検査院の検知報告書が今日、発表されるとか。それによれば、実際のごみ撤去費用は値引き価格の3~7割の可能性があり、「値引き価格の根拠が不十分で、算定の際に慎重な検討を欠いていた」ってことになるそうだ。

 財務省と森友学園とのやり取りの記録は破棄されたことになっているとはいえ、検査結果については財務省と国交省が挙証責任を負うわけだから、シュレッダー佐川君の知らぬ存ぜぬは通用しなくなる可能性が出てきたってことだ。

森友用地「ごみ推計過大」 検査院、きょう報告

 でもって、籠池夫妻は森友学園疑獄のスケープゴートとして逮捕され、いまだに接見禁止付きの不当拘留が続いていることを忘れてはいけない。これこそ典型的な代用監獄で、人質司法もここに極まれりってことなんだね。そんな中、籠池夫妻が保釈申請をした。果たして裁判所の判断やいかに・・・相撲取りによる傷害事件の数百倍も意味のあるニュースなんだから、新聞・TVはちったあ仕事しろ!

補助金詐欺事件、籠池夫妻が保釈請求

 ところで、山口ノリマキがこのところネットTVで復帰してるんだが、そうはさせてたまるかってんで、超党派による「『詩織さん事件』を追及する議連」が、逮捕状失効停止について警察庁と法務省からヒアリングをした。警察庁は「よくある話」と逃げをうったようだが、だったらこれまでにそんなケースが何件あったのか報告しろって詰め寄ったってね。

伊藤詩織さんの訴え、捜査を検証する「超党派の会」発足

・田中龍作ジャーナル
【詩織さん事件】 総理守り抜く警察官僚 森ゆうこ議員「官邸と相談してください」

 森友も加計もノリマキも、ビシバシ追求することだ。敵は一般大衆労働者諸君の「忘れっぽさ」を利用しようとしているんだから、追求する側はとにかく手を緩めることなく、新たな情報を流し続けること。新聞・TVがアテにならなくったって、いまの時代は情報拡散の手段はいくらでもあるんだからね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

「全員を受け入れることはさらさらない」(小池百合子)ってんなら、むしろ排除されたことを「誇り」とするのが政治家の矜持というものだろう&山口敬之氏(元TBS社員)の「準強姦罪」疑惑に対する検察審査会の不起訴相当議決に情報開示請求

 「過ぎたるは猶及ばざるが如し」とはよく言ったもので、調子こいてやり過ぎると、その揺れ戻しは凄まじいブーメランとなって我が身に降りかかってくる。ペテン総理のアキレス腱となって、とうとうリセットするために解散に打って出ざるを得なくなった森友・加計学園疑獄なんてのは、その典型みたいなもんだろう。

 でもって、ぼったくりバーのチーママ・小池君のいけいけどんどん振りがけっこう鼻についてきているんだね。昨日も、民進党のノダメやスッカラカン君の処遇をめぐって「全員を受け入れることはさらさない」ってぬかしやがりました。そこまで言われりゃ、てやんでえってなるのが人情というもの。ノダメもさすがにカチンときたんだろう。「先に離党していった人の股をくぐる気はまったくない」って、排除の論理を最初に口にしたモナ細野にカウンターを浴びせている。

 「安保法制と改憲」という踏み絵をチラつかせるというチーママ小池君のお調子振りに、さすがに敢然と立ち向かう動きが出てきたようで、逢坂誠二君が「希望の党とはどうしても肌が合わない」ってんで無所属での出馬を決めたそうだ。二枚舌の猪八戒・枝野君も無所属で立候補する検討に入ったとか。さらに、「考え方の近い前衆院議員らと新たな政党の結成も入れている」そうだ。

小池氏、憲法・安保で選別 枝野氏は無所属、新党視野 

民進内、合流拒否も 無所属出馬や残留の動き

 東京新聞「こちら特報部」で、かつて民主党結成時に「排除の論理」で入党拒否されたムーミンパパ・武村君が「排除された人はむしろそれを誇りに、新しい道を自ら切り開けるといい」とコメントしていたが、それが政治家の矜持というものだろう。維新とも提携しようという希望の党にシッポを振る、阿部知子や柚木道義なんて輩には、とうてい理解できない政治家の在り様だ。

22046179_807715646069804_2096457972
無節操、無定見の変節漢

 社民党との共闘を進める共産党は、希望の党に合流しなかった民進党議員とは共闘するとエールを送っている。今回の民進党解体騒動は、リベラル勢力がひとつにまとまって「反安保法制」「反改憲」で選挙を戦うチャンスと捉えたい今日この頃なのだ。

 最後に、山口ノリマキの準強姦疑惑を不起訴相当とした検察審査会の議決に対して、補助弁護人の名前と審査員の平均年齢の情報開示請求をしました。これでチャラにはさせませんよ。

健全な法治国家のために声をあげる市民の会

<詩織さん>真相究明求め民事訴訟へ 東京地裁に提訴

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

「北朝鮮からの難民は武装難民かもしれないから射殺か」(麻生太郎)。国際社会ではこれを虐殺と言う&不起訴相当の議決書に補助弁護人の記載なし。「準強姦罪」疑惑はまだ終わってはいない。

 いやはや、ひょっとこ麻生って、ペテン総理に負けず劣らず頭が悪いくて、イカれてる。なんとまあ、北朝鮮難民について「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」ってぬかしたそうだ。

 北朝鮮情勢が緊迫していることにひっかけて、いつもの銀座のクラブのネーチャンとの馬鹿話と同じ調子で口にしたんだろう。でも、北朝鮮難民なんていま日本のどこにも存在しないし、そもそも難民を射殺なんてことをしたらそれはもう虐殺です。「武装難民」なんてのは言い訳にもなりません。それが国際社会の常識というもので、へたすると「ナチスの手口」以上に悪質な発言だ。

 少なくとも、政治家に限らず、真っ当な人間だったら「射殺する」なんてことを平然と口にはしませんね。ひょっとこ麻生がどれだけ怪しい人間関係の中で暮らしいるか、これだけでも想像できるというものだ。

 出戻り聖子は旦那が元ヤクザだったとかで週刊文春にバッシングされているけど、ひょっとこ麻生の「射殺」発言はそれ自体がヤクザ体質そのもので、元ヤクザがダメならこちらも当然アウトだろう。

 北朝鮮をいたずらに挑発して、この国の安全保障をピンチに陥らせかねない発言を連発するペテン総理とひょっとこ麻生は、こまわり君ならずとも「死刑!」って言いたくなりますよ、ったく。

麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 武装難民対策

 ところで、山口ノリマキを不起訴相当にした検察審査会の議決書に補助弁護士の名前が記載されていないってさ。江川紹子氏がツイッターで「詩織さんの訴えに対して、検察審査会が不起訴相当の議決をしたと報じられていたので、どういう理由なのか見に行ったけど、議決書はペラ一枚で、理由らしい理由も書かれておらず……。審査補助員の弁護士も就かなかったみたいだ」とつぶやいている。

Photo

 山口ノリマキは告訴をチラつかせながら新聞・TVに報道自粛の脅しをかけているようだし、こうなったら補助弁護士名および審査員の性別と平均年齢の開示請求をした方がいいんじゃないのか。「この国は、意識がない女性を 犯しても 罪に問われないけど、合意の上の不倫は とことん追い詰める おかしくないか?」とどなたかがツイートしていたけど、逮捕状が出ていた案件なのに検察審査会が不起訴にしたというその一点だけでもけっしてまともではないのだから。

元TBS記者、一部報道に「法的措置検討」 不起訴相当

 最後に、作家の雨宮処凛さんのブログも必読です。

・雨宮処凛がゆく!
詩織さんの告発に思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

「巨大津波を予測できたが、対策を講じても事故を回避できなかった可能性がある」から国に原発事故の責任はないってさ&山口ノリマキ、「準強姦」疑惑は不起訴相当。だったら、逮捕状が出てるのに執行されなかった理由を説明してみろ!!&「希望の党」の大笑い!!

 しかしまあ、とんでもないい判決が出たものだ。「国は巨大津波を予測できたが、対策を講じても事故を回避できなかった可能性がある」から福島第一原発事故の責任は国にはないってさ。いやはや、こんなとぼけた理屈が通るなら、現在の技術では不可避な災害については、国が何の手立てを講じなくても問題ないってことになっちまいますよ。

 さらに、東電に対しても「巨大津波を予見できたが対策を放置したとまではいえず、重大な過失はなかった」そうだ。

 こうやって、誰も責任を問われることなく、いつの日か福島第一原発事故は風化していくのだろう。田中シェンシェイの後を継いだ原子力規制委員会委員長の更田シェンシェイが就任早々に「事故の反省を忘れないのが条件で、それが守られる限りは原発を運転する資格がある」って東電にお墨付きを与えたのもむべなるかなってことだ。反省したふりしてれば、責任取らなくてもいいんだから、こんな楽なことはない。

 原子力村の無責任体質が続く限り、この国が原発によって沈没する危険性はなくならない。その危険性は、北朝鮮のミサイルと同じように高いということを忘れちゃいけない。

津波対策、国の責任否定 「原発事故を回避できなかった可能性」

 ところで、山口ノリマキによる「準強姦罪」疑惑に対する「詩織」さんの訴えを、検察審査会は「不起訴相当」にしたってね。議決書によれば「不起訴記録や提出資料を慎重に審査したが、不起訴処分を覆すに事由がなかった」とさ。

 だったら、逮捕状が出ていながら、逮捕直前になって執行停止になった理由をまずはしやがれですね。このことがこの事件のすべてを物語っているわけで、ペテン総理に極めて近い警察幹部がそこには関与していたという事実はこれいかにってなもんです。

 これでまたぞろ、山口ノリマキの御用コメンテーターとしての復活があろうものなら、それこそ「テレビが死んだ日」になることだろう。

元TBS記者は「不起訴相当」 「性犯罪被害」で検審

 最後に、ヤメ検のエロ髭・若狭君とモナ細野の一族郎党が結集する新党の名前が「希望の党」になりそうなんだとか。郷原さんのツイートが言い得て妙で、それをご紹介してお後がよろしいようで。

「希望の党」??? なんか、「幸福実現党」という名の”政党”と、イメージがだぶる。「日本ファースト」が「希望」ということなのだろうか。小池氏の東京都での現状からすると、「希望」より「失望」の方がぴったりくる感じ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

週刊誌という褌で相撲取るお手軽TV報道&「もう一人の『しおり(詩織)』問題」を忘れてはいけない!

 とうとう夢の9秒台へ! ジェット桐生君、アッパレです!!

 でもって、アッパレでないのはアニー山尾君で、何度も書くけど自覚が足りな過ぎたね。それにしても、鬼の首を取ったようなTVによるバッシングの嵐ってのもいただけない。水に落ちた犬を叩くのにも限度ってものがあるだろうに。

 そんなTVの実態をノイホイ菅野氏がこんな具合に評している

「1)文春や新潮が膨大なコストと人手を使ってネタを何ヶ月も追いかけて記事をつくる。テレビはそれを読み上げる
2)騒ぎになったんでスキャンダルの当事者が会見する。それをテレビが撮影するって流ればっかりでしょ?
テレビ、コスト一切かけてないでしょ?w」

「週刊誌の不倫報道に腹が立たないけど、テレビの不倫報道に腹がたつのはこの点なのだ。文春にしろ新潮にしろ、ものすごい人手とコスト使ってネタを追いかけて写しかも、週刊紙がネットで流した動画をそのまま使用するというお手軽さだ。真とって記事書いてる。昔はテレビもそうやったんやろうけど、最近違うでしょ?「週刊誌がコストかけて作った記事」を読み上げてるだけでしょ」

 おっしゃる通りなのだ。スピード今井君の不倫騒動でもそうだったように、TVは他人の褌で相撲を取っているだけで、独自の調査報道にはまったく手をつけていない。だから、不倫が事実かどうかっていうことも、週刊誌ではこう書いているって言っているだけで、その記事に対する責任は週刊誌におっかぶせてるだけなんだよね。

 そのくせ、説明責任がどうしたこうしたってコメンテーターがしたり顔するんだから始末に終えない。そもそも、不倫の説明責任って何だ? 犯罪犯したわけではないんだから、お騒がせして申し訳ありませんとしか言い様がないんじゃないの。それとも、「したことはしたけど、いくまでにはいたりませんでした」って落語のフリみたいなことくっちゃべればいいとでも言うのか。

 そんなことより、同じ「しおり」でも「もう一人の『しおり(詩織)』問題」を忘れちゃいけない。元TBS記者にしてペテン総理のお抱えライター、山口ノリマキの「準強姦疑惑」だ。この事件については、前事務次官の前川氏もこんな発言をしている。

「彼女の方が私よりも100万倍、勇気があると思います。私が現職中に加計問題を告発したとしても、それよりもよほど勇気がいることだと思いますし、彼女が問題提起をした権力の闇の方がずっと根深い気がします。」

 「彼女」とは山口ノリマキを告発したあの「詩織」さんのことだ。アニー山尾君の不倫騒動なんか言ってみれば個人の問題だが、こちらはそうはいかない。ジャーナリストが地位を利用してレイプまがいの事件を起こした、いわば「犯罪」ですからね。週刊文春は、この件に関してはダンマリ決め込んでるけど、なんか「忖度」でもしてるんじゃないの。

【偏向報道】文春よ「もう一人の『しおり(詩織)』問題」はどうした?叩きやすい相手しか叩けないのか(オプエド)

"レイプは魂の殺人です" #詩織さん 現在の心境を語る。完全修正版+資料集 #JusticeForShiori #山口敬之

 逮捕状まで出てるってのに、官邸に深く関わる警察幹部が手を回して反故にしたという事実だけでも、この事件の闇は深いんだよね。アニー山尾君の不倫疑惑を面白おかしく報じるのもけっこうだけど、巨悪はもっと別の場所にいるってことにもっと自覚的にならないと、しょせんは週刊誌、ゴシツプ野郎のそしりをまぬがれませんよ、ったく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ヘイトスピーチ | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | リニア新幹線不正入札 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 二階俊博 | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山口那津男 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 希望の党 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 百田尚樹 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 税金 | 稲田朋美 | 立憲民主党 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 緊急事態条項 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 足立康史 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM