山口敬之

2018年10月 6日 (土)

「佐川元国税庁長官は極めて有能な行政官だった」(麻生太郎)。老醜!&「教育勅語にもいいものがある」(柴山文科相)なら、山口組の綱領だってなかなかに道徳を説いている&「性暴力撲滅」でノーベル平和賞に浮かれるメディア。詩織さん暴行事件にも沈黙するな!!

 性懲りもなく、ロクでもない方言をひょっとこ麻生がまたやらかしたってね。なんでも、シュレッダー佐川君を「極めて有能な行政官だった」と持ち上げたそうだ。公文書改竄で自ら命を絶った職員の家族が取材を受けたことが話題になっていることを、おそらくこやつは知っていながらの発言だろう。畳の上では死なせたくないものだ。

麻生財務相、改ざん問題の佐川氏は「極めて有能だった」と発言

 そんなことより、「教育勅語を現代風にアレンジ」の文科相・柴山君だ。大臣就任の記者会見で、初老の小学生・ペテン総理へのお追従で言っちまった教育勅語マンセーの一言に思いの他の批判が集中して、とうとう釈明せざを得なくなったようだ。その言い訳ってのが、これまたなんとも煮え切らないもので、こんな軽率な輩に文科大臣が務まるわれけがありません。

「国として検討するとか、積極的に推奨する準備を進めているとか、そういうことはみじんも申し上げていない」
「わが国の先人たちが世界から尊敬され驚嘆されるような道徳を育んできたというのは事実なので、一部の個人、団体がそういうことを踏まえて教育勅語をアレンジした形で教材として使ったり検討したりは十分理解できる」

 事の本質をまったく理解していないからこういう言い訳になっちまうんだね。教育勅語が説いている道徳観ってのは、すべて当時の天皇のためにということで収斂されているわけで、「わが国の先人たちが世界から尊敬され驚嘆されるような道徳を育んできた」結果ではない。

 そもそも、教育勅語にもいいものがあるってんなら、山口組の綱領だってなかなかに道徳を説いてるんだね。こんな具合です。

Photo

 昨日の東京新聞「こちら特報部」でもこの問題を取り上げていて、その中でお茶の水女子大の教育学教授がこんなコメントをしている。ちょいと長いけど、ご一読を。

「彼らは全部正しいとは言わない。どこがよくてどこが悪かったのかという質問には答えず、『いいところもある』という評価を発信する。一つ一つの徳目自体は悪くないから全体も活用できるはずだという言い方だ。しかし、カビの生えたパンのカビの生えていない部分を指して『ここはまだ食べられるでしょう』と売ることはできないのと同じで、教育勅語は全体としてダメなのだから現代道徳で使える部分はない。そのことをよく国民は再認識すべきだ」

柴山文科相、教育勅語を「国として検討とは言ってない」 

柴山昌彦文科相「教育勅語」復活は安倍政権の総意! 前川元次官も証言していた「教育勅語を使えるようにしろ」の圧力

 最後に、ノーベル平和賞は「戦時における性暴力撲滅」を訴える医師とIS拉致から生還した女性の2人に与えられた。メディアはこぞって賞賛しているが、元TBS社員の山口ノリマキによる詩織さん暴行事件はほったらかしでよくもまあ、ってなもんです。

戦時の性暴力 撲滅訴え 2人にノーベル平和賞

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

埼玉・所沢に何のことわりもなくオスプレイが飛来。日本の空は誰のもの!?&詩織さんの自宅に盗聴器!!

 芥川賞候補なっている小説の盗作問題で、講談社と新潮社がドンパチやっている。参考文献か剽窃かという、かなり根本的な問題なので成り行きに興味津々の今日この頃である。

芥川賞 講談社「盗用でない」 HPで無料公開へ

 そんなことより、オスプレイが所沢の米軍通信基地に、埼玉県に何のことわりもなく飛んできたってね。抗議を受けた防衛省は「米軍横田基地に確認している。分かり次第、情報提供する」って大慌て。ていうか、日米地位協定がある限りは、国内法は米軍に適用されないんだから、防衛省の「確認する」って答は文字通りそれだけのことなのだ。

 「着陸できる場所があれば、どこでも訓練対象地域になっている可能性すらある」「このままではなし崩しにどこまでも使われてしまう」という意見があるのはさもありなんってことだ。

 日本の空をオスプレイが我が物顔に飛び回る日が、遂にやってきたってわけか。日米地位協定で、米軍は日本の空でやりたい放題かい、クソっ!

所沢にオスプレイ飛来 事前説明なく県抗議

 ところで、BBC「Japan's Secret Shame(日本の秘められた恥)」がネットにアップされるたびに削除されまくってるようで、そんな状況に新聞・TVは知らぬ顔の半兵衛を決め込んでいる。詩織さんへの盗聴なんてのも暴露されてるってのに、なんとも恥ずかしいというか、悲しいというか、これが日本のジャーナリズムの哀れな姿ということで片付けてはいけない。

 というわけで、盗聴暴露と杉田水脈とそのグロテスク仲間たちのシーンを改めて確認したい。消される可能性もあるのでお早めに。(なお、IEで視聴できない場合は、Chromeなど他のブラウザーでご覧下さい)

【驚愕】伊藤詩織さんの自宅に盗聴器、BBCの取材で発覚!不審車両の存在も・・・ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

「国会改革」(小泉進次郎)の半端ない何をいまさら感&「北朝鮮の非核化が米国の最優先課題であり、人権問題は非核化実現後」(ポンペオ国務長官)&BBC「Japan's Secret Shame(日本の秘められた恥)」

 党内評論家の進次郎が、「国会改革」なんて小賢しいアドバルーン上げたってね。その提言ってのが、「森友・加計問題のような疑惑や不祥事が発覚した場合に真相究明に当たる特別調査会の設置や、党首討論の夜間開催など」だそうで、何をいまさら感は半端ありません。

 特別調査会は原発事故の際に設置されているんだが、発足当初はともかくとして、最近は自民党が開催に積極的じゃないもんだから、有名無実化してるんだよね。自民党が反対したら会議も開けない調査会なんて、ただのお飾りみたいなもんです。

 党内評論家が何言ったって、しょせんは自分を売り込むためのパフォーマンスてことは、世間は百も承知ってことです。

自民・小泉氏、国会改革掲げて動き活発=実績づくり、冷めた声も 

小泉進次郎の「国会改革」案は詐欺だ! 安倍政権と与党の暴挙をネグってモリカケ追及の機会を封じこめ 

 そんなことより、オバマ政権時代の国務長官次官補が、日本が大量に保有するプルトニウムについて、「国際安全保障上の懸念となっている。特に核不拡散を目指す北朝鮮に核兵器を所有する理由を与える心配がある」から核燃料サイクルから撤退すべきと指摘したってね。

 北朝鮮の非核化が一歩でも先に進めば進むほど、こうした声は当然上がってくるわけで、そのうち北のカリアゲ君も同じようなこと突きつけてくる可能性は高い。なんてったって、非核化にいちいち口はさむんじゃねえ、って北朝鮮に凄まれちゃって、日本は六カ国の枠組みでも孤立しちゃってますからね。

非核化に「悪影響」 大量プルトニウム 元米国務次官補が懸念 

 そこへもってきて、これはあまり話題にならなかったんだが、国務長官のポンペオが「北朝鮮の非核化が米国の最優先課題であり、人権問題に対処するのは非核化実現後になる」って発言してるんだね。つまり、拉致問題は後回しってこと。「国交正常化が先」って発言してこまめの歯ぎしり・河野君のオヤジであるところの河野洋平が批判されてたけど、けっして的外れなことではなかったってことだ。

 こうなると、ペテン総理の「拉致問題が解決しない限り」という建前は崩れちゃって、もう「安倍外交」はニッチもサッチもいかないってのが現状ってことだ。北の脅威をひたすら喚き続けているうちに、東アジア情勢は日本を置き去りにして凄まじい変化を起こしているわけで、ストレス解消に外遊を利用してきたツケは想像以上に大きいってことだ。

北の人権問題は非核化達成後に 米国務長官見通し

 最後に、BBC「Japan's Secret Shame(日本の秘められた恥)」の全篇をご紹介。「杉田水脈と不細工な仲間たちによる誹謗中傷」(33:20)、「不起訴処分となって乾杯する山口と醜い仲間たち」(39:45)、「杉田水脈のセカンドレイプ発言」(40:20)の醜悪さにご注意!!


RAPE: Japan's Secret Shame

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月30日 (土)

「多様な働かせ方を強要できる法制度」が成立&「レイプされることは女性の落ち度」(杉田水脈)と詩織さんを貶める女性議員の存在もまた「Japan's Secret Shame(日本の秘められた恥)」なのだ!!

 過労死遺族が見つめる中で、高度プロフェッショナル制度(=残業代ゼロ)を含む「働かせ方改悪」法案が成立。ペテン総理は、「多様な働き方を可能にする法制度」とうそぶくも、実際は「多様な働かせ方を可能にする法制度」なのは明らかだ。

 とりあえず年収規定があるとはいうものの、そんなものはは政令で引き下げが可能なんだから、いずれ運用範囲は拡大されていく。「小さく生んで大きく育てる」のがこうした国民に負担を課すのが狙いの法案の常套手段ですからね。

 こんな法案の採決に同意した国民民主は、どう取り繕うと維新と同じく自民党の補完勢力ってことだ。それにしても、支持率0%の政党が、なんの因果か参議院では野党第一党ってところに、とてつもない矛盾を感じる今日この頃なのだ。

残業代ゼロ「過労死増える恐れ」 「働き方」法成立

 ところで、元TBS社員・山口ノリマキによる準強姦事件について、BBC放送が詩織さんへのインタビーを含めたドキュメンタリー「Japan's Secret Shame(日本の秘められた恥)」を放送。

Photo

 なんと、この番組の中で、自民党のネトウヨ頭の杉田水脈シェンシェイが、詩織さんへのセカンドレイプまがいの発言を連発してくれちゃってます。

(これより引用)

番組の取材に対し杉田議員は、伊藤氏には「女として落ち度があった」と語った。

「男性の前でそれだけ(お酒を)飲んで、記憶をなくして」、「社会に出てきて女性として働いているのであれば、嫌な人からも声をかけられるし、それをきっちり断るのもスキルの一つ」と杉田議員は話している。議員はさらに、「男性は悪くないと司法判断が下っているのにそれを疑うのは、日本の司法への侮辱だ」と断言。伊藤氏が「嘘の主張をしたがために」、山口氏とその家族に誹謗中傷や脅迫のメールや電話が殺到したのだと強調し、「こういうのは男性のほうがひどい被害をこうむっているのではないかと思う」と述べた。

(引用終わり)

 まさに「女性の敵は女」ってことを教えてくれる発言だ。こういう政治屋の存在もまた、「Japan's Secret Shame(日本の秘められた恥)」なのだろう。

「日本の秘められた恥」  伊藤詩織氏のドキュメンタリーをBBCが放送

 TBSはこれでもかつての社員の犯罪に沈黙を続けるつもりか。「やってる感」だけで自己満足してないで、そろそろ泥もかぶってみませんか、金平さん!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

確定申告初日に、まるで指名手配犯のように逃げ回る国税庁長官の哀れ!&山口ノリマキへの逮捕状執行停止した警察官僚に国会出頭要請!!

 確定申告の初日に、シュレッダー佐川君の辞任を求めて納税者が国税局を包囲。野党議員も国税局に押しかけ、シュレッダー佐川君との面会を要求したようだが、なんと当の本人はトンズラしたようで、結局は姿を現わさなかったってね。

 「税務署を回っている」って言い訳したそうで、どこまで面の皮が厚いんだ、ってなもんです。

 それにしても、現場の税務署員はさぞかしやりづらいだろうね。署員に罪はないとしても、嫌味のひとつも言ってやりたいってのが人情と言うもので、ま、この1ケ月は署員にとっては針の筵でしょう。ざまあかんかんです。

雲隠れの佐川・国税庁長官を発見 まるで逃亡犯のような行動

・田中龍作ジャーナル
納税者一揆、国税庁を包囲 佐川長官は税務署回りで不在

 ところで、超党派の国会議員による「準強姦事件逮捕状執行停止問題を検証する会」が、山口ノリマキへの準強姦容疑による逮捕状を執行停止した中村格元官房長官秘書官に国会への出頭を要請したってね。

詩織さん準強姦疑惑 森議員が逮捕状止めた警察官僚に“出頭”要請

 で、このニュースをほとんどの新聞・TVがスルーする中、東京スポーツがきっちりと報道しているのはお見事。スポニチもそうだけど、このところスポーツ紙の頑張りってのが目立つのは、それだけ一般紙の報道姿勢が劣化しているからなんだね。

 その典型が山口ノリマキの準強姦疑惑で、元社員だってのにTBSはまるで他人事。それどころか、敢えてその一件には触れないという態度がミエミエだ。報道特集の金平君なんか、facebookの書き込み見ても、まるで高見の見物状態。自らコミットして、この問題の真相を追及しようなんて素振りも見せてませんからね。

 もっとも、新聞にいまだ期待していることこそ、大いなる誤謬なんだろうけど・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

山口ノリマキの結婚披露宴で来賓のスピーチをしていたペテン総理。こういうのを世間では親密な関係と言う!!&米韓合同軍事演習再開を口にして、「韓国の主権の問題であり、内政に関する問題だ」(文韓国大統領)と一喝されて、ペテン総理が赤っ恥!!

 昨日のエントリーで、「軍事アナリストの小川和久君がペテン総理が山口ノリマキの仲人をしていたとツイートした一件はその後どうなったんだろう」と書いたところ、常連の読者の方から「日刊ゲンダイがアベとノリマキの関係を後追い」しているとコメントいただきました。

 で、日刊ゲンダイによれば、なんとまあペテン総理は山口ノリマキの結婚式に出席して来賓の祝辞まで述べていたってね。記事の中で匿名の出席者がこんなコメントをしているんだが、これがとても興味深い。

「仲人だったかどうかは思い出せませんが、安倍さんは十数年前の山口氏の披露宴に間違いなく出席し、来賓の挨拶もしていたのを覚えています。他にも何人か政治家が来ていましたし、霞が関の官僚やメディア関係者などが大勢出席していましたね。とにかく、派手な披露宴でした」

 「私の番記者だったから取材を受けたことはある。それ以上でも以下でもない」というペテン総理の嘘がバレちゃったと同時に、「メディア関係者などが大勢出席」ってところがとても気になっちまうんだね。当時はTBSの社員だったんだから、当然局内の上司や部下も出席しただろうことは容易に想像がつく。その他、他局のジャーナリスト仲間やフリーのジャーナリストなんかも出席していたに違いない。

 てことは、皆さん、ペテン総理が披露宴に出席するくらい山口ノリマキと親密だったことを知っていたってことになるんだよね。ああ、それなのに、「それ以上でも以下でもない」というペテン総理の国会答弁に、誰一人として反応しないのはなんでだろ~なんでだろ~、ってなもんです。

 披露宴に参加して祝辞まで述べていたってことは、ペテン総理の国会答弁が虚偽だったってことの証明みたなもんなんだから、このままお咎めなしってわけにはいきませんよ、ったく。

 で、笑っちゃうのが、「ペテン総理は山口ノリマキの仲人」とツイートした当の本人が、ツイートを削除したことについて「安倍氏が山口氏の仲人を務めたか否かは、詳細は存じ上げません。人づてに聞いた話です」って逃げちゃってることだ。軍事アナリストとして、この言い訳はかなり恥ずかしいんじゃなかろうか。

安倍首相の大ウソ 疑惑の“元TBS記者”の披露宴で来賓挨拶

 ところで、日米韓+北朝鮮の皆さんが目いっぱい政治利用する平昌オリンピックなんだが、嘘つき野郎がここでも顰蹙を買ったってね。なんでも、韓国の大統領との会談で、「米韓合同軍事演習を冬季五輪後に予定通り実施するよう求め」たら、「韓国の主権の問題であり、内政に関する問題だ。首相がこの問題を直接取り上げるのは困る」って釘刺されたそうだ。

 これはもう韓国の大統領の言い分に軍配ですね。なんてったって、いまでも朝鮮半島は戦時下にあるわけで、軍事衝突が起きないのは休戦状態だからってだけなのだ。韓国にすれば一朝事が起きればソウルは一瞬にして火の海になるんだから、北との融和を図るのは政策上重要な選択肢のひとつなんだね。

 そこによその国の嘘つきがしゃしゃり出てきて、「アメリカも誘ってみんなで締めつけてやろうぜ」なんてほざかれたら迷惑もいいところだ。明日にも戦場になるかもしれない国にとって、ペテン総理はまさに疫病神ってところだろう。もっとも、国内では、とっくに疫病神になってるけどね。

韓国大統領、安倍首相に不快感 五輪後の米韓演習要請      

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

森友学園疑獄関連文書20件を公表。財務省の佐川切りが始まった!?&ペテン総理は山口ノリマキの仲人だった・・・軍事アナリストのツイートを新聞・TVは握りつぶすつもりか!!

オリンピックと相撲以外、この国には報道すべきニュースはなかのか・・・と嘆息せずにはいられない新聞・TVの能天気ぶりは、ホント、情けない。おかげで、森友学園疑獄関連の20件もの文書を財務省が公表したというのに、すっかりかすんじまいましたからね。

 とはいえ、またしても財務省から森友学園疑獄関連文書が出てきた意味は大きい。ひょっとしたら、財務省の反乱かと思えなくもない。でなけりゃ、これまでシユッレッダー佐川君が「廃棄した」と言い募ってきた文書を、ここにきてにわかに公表し出した説明がつきませんからね。もっとも、ガス抜きという見方もあるから、これしきのことで鬼の首を取ったかのように浮かれるのは禁物だろうけど・・・。

森友要求で何度も照会 財務省文書20件、経緯浮き彫り

 でも、文書が公表されたことで、シュレッダー佐川君が土俵際に追い詰められたことは確かだろう。もしかしたら、シュレッダー佐川君に責任を押し付けるのが目的で、ペテン総理お得意のトカゲの尻尾切りってことなのかもしれない。

 そうだとしても、昨日は中小企業経営者がひょっとこ麻生に国税庁長官罷免の申し入れをしたそうだし、16日には国税庁長官罷免を求める大規模なデモも予定されているから、シュレッダー佐川君の証人喚問はかなり現実味を帯びてきたことは間違いない。怖いのは追い詰められたあげくのアクシデントだ。これまでにもそうした悲劇は枚挙に暇がありませんからね。

・田中龍作ジャーナル
間もなく確定申告 中小企業経営者が「佐川国税庁長官辞めろ」

森友疑惑が再燃し2月16日に都内で大規模デモ 佐川国税庁長官の罷免を求める署名も

 ところで、軍事アナリストの小川和久君がペテン総理が山口ノリマキの仲人をしていたとツイートした一件はその後どうなったんだろう。このツイートは現在は削除されているが、どのメディアも後追いする気配がないってことは、かなり信憑性の高い、ヤバイ案件なのかもね。果たして真相やいかに、の土曜の朝である。

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

「私の番記者だったから取材を受けたことはある。それ以上でも以下でもない」(安倍晋三)。四の五の言ってないで、逮捕状執行停止した刑事部長を国会に呼べ!&スパコン補助金詐欺と麻生太郎の怪しい関係&公選法違反疑惑に居直る茂木経済再生担当大臣!

 昨日の衆議院予算委員会は、山口ノリマキによる準強姦疑惑の被害者である詩織さんが傍聴する中、希望の党のコーン頭・柚木君がペテン総理を追求。ああ、それなのに、NHKは国会中継をしなかったんだね。何かしらの意図を感じますね。

 それはともかく、なんでこの問題になると、当事者である山口ノリマキの名前がオフレコになっちまうんだろうねえ。昨日だって、実名がNGなものだから「元TBS記者」が連呼されて、考えようによっちゃTBSもいい面の皮ってわけで。で、笑っちゃうのがペテン総理の答弁で、「元TBS記者と親しい関係では」って質問されて、「私の番記者だったから取材を受けたことはある。それ以上でも以下でもない」とさ。

 ははは、籠池夫妻と同じで、ペテン総理は山口ノリマキ切りを開始したってわけだ。「それ以上でも以下でもない」って切り捨てられたんだから、いっそのこと山口ノリマキも洗いざらいしゃべっちまえば面白いんだが・・・。

 ペテン総理のオヤジの安倍晋太郎は「晋三には政治家としての情がない」って常々こぼしていたそうだが、さすがに親の目は確かだったんだね。

 この準強姦疑惑に関しては、山口ノリマキはもとより、逮捕状執行停止命令を出した当時の刑事部長の中村格を国会に呼ばないとお話にならないんだよね。それは、森友・加計学園疑獄も同じで、とにかく山口ノリマキ、中村格、シュレッダー佐川、ペテン総理の私人の嫁、さらには雲隠れ孝太郎まで、一日も早く国会に呼び出すこった。

首相、元TBS記者との交友否定

 で、山口ノリマキが橋渡ししたんじゃないかと囁かれているスパコン補助金詐欺なんだが、どうやらひょっとこ麻生が深く関わっていたような・・・この男も、そろそろ年貢納めてもらわないとね。

・スパコン助成「優遇疑い」 衆院予算委 野党が60億円追及

 最後に、キツネ目の茂木君に公選法違反の疑いです。政党支部の名前で線香なんかを有権者に配っていたそうだ。「自分の名前は書かれていないから問題ない」って居直っているようだが、公選法には「候補者の氏名を表示したり、氏名が類推されるような方法で選挙区内の者に寄付をしてはならない」ってあるんだね。政党支部長はキツネ目の茂木君なんだから、政党支部名で線香配ったりすれば、「氏名が類推されるような方法」に該当するんじゃないのかねえ。

 パソナ小野寺君は同じようなことで議員辞職。公民権停止もくらってるんだから、キツネの目の茂木君も往生際が悪いと、ペテン総理に「それ以上でも以下でもない」って捨てられますよ。

線香配布 茂木大臣は議員辞職すべきとの考え

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

元TBS記者の準強姦疑惑をニューヨークタイムズが1面で報道! 覚悟しやがれ!!

 風邪ひいて寝正月というのもまた一興。なんて強がってみたものの、いくらなんでもそろそろどうにかならんものかの年明け2日の朝である。

 そろそろどうにかならんものかとくれば、とうとう年明けまで引っ張ってしまった籠池夫妻の不当拘留とペテン総理お抱えの元TBS記者、山口ノリマキの準強姦疑惑なんかその最たるものだろう。

 で、山口ノリマキの準強姦疑惑については、海外メディアがとても精力的に報道しているのが心強い限りなのだ。BBCによる詩織さんへのインタビューがあったり、ニューヨークタイムズがフロントペーでこの問題を取り上げ、アメリカで最もつぶやかれている記事の第3位なんだとか。性差別に対する問題意識の高さがこうした事実に反映されているのだろう。

 この記事の中では、日本のメディアの及び腰についても言及されていて、「報道は性的暴行をまったくカバーしていない」という東京新聞のモンチッチのコメントを載せている。

日本でも「#MeToo(私も)」の声 伊藤詩織さんの話

山口敬之レイプ容疑もみ消し疑惑 (NYT全訳掲載)

Photo

 山口ノリマキの準強姦疑惑はうまく揉み消せたとふんぞり返っていると、そのうちペテン総理もメディアから寝首をかかれることになりますよ。

 最後に、去年の11月に産経グループのOBが産経新聞の実情を暴露したというニュースが即行削除されていたとか。でも、しっかり概要が残っていてこれがさもありなんでなかなか笑えます。新春初笑いということで、お後がよろしいようで。

  • ●産経グループOBらが産経新聞社の実情を暴露し、幹部は『商売右翼』と述べている
  • ●また、産経の記者は朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、NHKの試験を落ちた人がなるという
  • ●東京本社の記者はコンプレックスが強く、自分の紙面を恥じている人が多いらしい
  • 産経グループOBらが産経新聞社の実情を暴露 幹部は『商売右翼』で記者は強い劣等感か

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2017年12月13日 (水)

    スパコン補助金詐欺は経産省では「麻生案件か甘利案件」という噂。政界の魑魅魍魎とペジー社をつないだのはアベ友で準強姦疑惑のあの男!?

     今年の漢字は「北」だとさ。ペテン総理が国難指定した北のミサイルを清水寺が忖度したってわけか。その他の理由に取ってつけたように日ハム・大谷の大リーグ入団とキタサンブラックの活躍ってのがあるのんだが、なんで大谷って思ったら本拠地が北海道だからだと・・・馬鹿馬鹿しくてお話になりません。

     そんなことより、新たなアベ友案件であるスパコン補助金詐欺だ。逮捕されたペジー社の社長と準強姦疑惑の山口ノリマキとの親密さをさらに深める事実が発覚。なんと、二人つるんで財団法人「日本シンギュラリティ財団」なるものを立ち上げていたってね。しかも、その所在地が山口ノリマキの実家なんだと。いったいこの財団を何に使おうとしていたのか・・・謎が謎呼ぶ詐欺詐欺事件というわけだ。

     で、「I am not ABE」の古賀茂明氏によれば、「経産省内では、齊藤(容疑者)のペジー社と言えば麻生案件か甘利案件と言われている」んだとか。昨日エントリーにも書いたように、ひょっとこ麻生は早い時期からペジー社を持ち上げる発言してたからさもありなんなんだが、布袋頭の甘利君も関与していたとはねえ。

     こうした政界の魑魅魍魎とペジー社を繋いだのが山口ノリマキで、そのバックには総理がくっついているってことなんだろうね。どなたかがツイートしてたけど、森友学園の籠池、加計の加計、リニアの葛西、そしてスパコンの齊藤・山口といった人物相関図の中心に、いつも総理が鎮座ましましているってわけか。

    ・田中龍作ジャーナル
    【スパコン社長逮捕】実態なきAI財団は山口敬之の実家

    古賀茂明「東京地検のスパコン詐欺事件は安倍政権に飛び火するか、忖度で終わるか?」

    ま、いつもの妄想だど、事実は小説よりも奇なりって言葉もあるから、くろねこの妄想もあながち間違いとは言えないかも。

    | | コメント (3) | トラックバック (0)

    より以前の記事一覧

    その他のカテゴリー

    おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | セクハラ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ヘイトスピーチ | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | リニア新幹線不正入札 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 二階俊博 | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 働き方改革 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 公文書改竄 | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 国民民主党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大相撲 | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 学問・資格 | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 小泉進次郎 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山口那津男 | 山本一太 | 山本太郎 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 岸田文雄 | 川口悠子 | 希望の党 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 放送制度改革 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 教育勅語 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 杉田水脈 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 松井一郎 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 水道民営化 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 沖縄県知事選 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 産経新聞 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 百田尚樹 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 税金 | 稲田朋美 | 立憲民主党 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 緊急事態条項 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 船田元 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 裁量労働制 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 豊洲市場 | 財務省 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 足立康史 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 野田聖子 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM