山口敬之

2017年9月30日 (土)

「全員を受け入れることはさらさらない」(小池百合子)ってんなら、むしろ排除されたことを「誇り」とするのが政治家の矜持というものだろう&山口敬之氏(元TBS社員)の「準強姦罪」疑惑に対する検察審査会の不起訴相当議決に情報開示請求

 「過ぎたるは猶及ばざるが如し」とはよく言ったもので、調子こいてやり過ぎると、その揺れ戻しは凄まじいブーメランとなって我が身に降りかかってくる。ペテン総理のアキレス腱となって、とうとうリセットするために解散に打って出ざるを得なくなった森友・加計学園疑獄なんてのは、その典型みたいなもんだろう。

 でもって、ぼったくりバーのチーママ・小池君のいけいけどんどん振りがけっこう鼻についてきているんだね。昨日も、民進党のノダメやスッカラカン君の処遇をめぐって「全員を受け入れることはさらさない」ってぬかしやがりました。そこまで言われりゃ、てやんでえってなるのが人情というもの。ノダメもさすがにカチンときたんだろう。「先に離党していった人の股をくぐる気はまったくない」って、排除の論理を最初に口にしたモナ細野にカウンターを浴びせている。

 「安保法制と改憲」という踏み絵をチラつかせるというチーママ小池君のお調子振りに、さすがに敢然と立ち向かう動きが出てきたようで、逢坂誠二君が「希望の党とはどうしても肌が合わない」ってんで無所属での出馬を決めたそうだ。二枚舌の猪八戒・枝野君も無所属で立候補する検討に入ったとか。さらに、「考え方の近い前衆院議員らと新たな政党の結成も入れている」そうだ。

小池氏、憲法・安保で選別 枝野氏は無所属、新党視野 

民進内、合流拒否も 無所属出馬や残留の動き

 東京新聞「こちら特報部」で、かつて民主党結成時に「排除の論理」で入党拒否されたムーミンパパ・武村君が「排除された人はむしろそれを誇りに、新しい道を自ら切り開けるといい」とコメントしていたが、それが政治家の矜持というものだろう。維新とも提携しようという希望の党にシッポを振る、阿部知子や柚木道義なんて輩には、とうてい理解できない政治家の在り様だ。

22046179_807715646069804_2096457972
無節操、無定見の変節漢

 社民党との共闘を進める共産党は、希望の党に合流しなかった民進党議員とは共闘するとエールを送っている。今回の民進党解体騒動は、リベラル勢力がひとつにまとまって「反安保法制」「反改憲」で選挙を戦うチャンスと捉えたい今日この頃なのだ。

 最後に、山口ノリマキの準強姦疑惑を不起訴相当とした検察審査会の議決に対して、補助弁護人の名前と審査員の平均年齢の情報開示請求をしました。これでチャラにはさせませんよ。

健全な法治国家のために声をあげる市民の会

<詩織さん>真相究明求め民事訴訟へ 東京地裁に提訴

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

「北朝鮮からの難民は武装難民かもしれないから射殺か」(麻生太郎)。国際社会ではこれを虐殺と言う&不起訴相当の議決書に補助弁護人の記載なし。「準強姦罪」疑惑はまだ終わってはいない。

 いやはや、ひょっとこ麻生って、ペテン総理に負けず劣らず頭が悪いくて、イカれてる。なんとまあ、北朝鮮難民について「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」ってぬかしたそうだ。

 北朝鮮情勢が緊迫していることにひっかけて、いつもの銀座のクラブのネーチャンとの馬鹿話と同じ調子で口にしたんだろう。でも、北朝鮮難民なんていま日本のどこにも存在しないし、そもそも難民を射殺なんてことをしたらそれはもう虐殺です。「武装難民」なんてのは言い訳にもなりません。それが国際社会の常識というもので、へたすると「ナチスの手口」以上に悪質な発言だ。

 少なくとも、政治家に限らず、真っ当な人間だったら「射殺する」なんてことを平然と口にはしませんね。ひょっとこ麻生がどれだけ怪しい人間関係の中で暮らしいるか、これだけでも想像できるというものだ。

 出戻り聖子は旦那が元ヤクザだったとかで週刊文春にバッシングされているけど、ひょっとこ麻生の「射殺」発言はそれ自体がヤクザ体質そのもので、元ヤクザがダメならこちらも当然アウトだろう。

 北朝鮮をいたずらに挑発して、この国の安全保障をピンチに陥らせかねない発言を連発するペテン総理とひょっとこ麻生は、こまわり君ならずとも「死刑!」って言いたくなりますよ、ったく。

麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 武装難民対策

 ところで、山口ノリマキを不起訴相当にした検察審査会の議決書に補助弁護士の名前が記載されていないってさ。江川紹子氏がツイッターで「詩織さんの訴えに対して、検察審査会が不起訴相当の議決をしたと報じられていたので、どういう理由なのか見に行ったけど、議決書はペラ一枚で、理由らしい理由も書かれておらず……。審査補助員の弁護士も就かなかったみたいだ」とつぶやいている。

Photo

 山口ノリマキは告訴をチラつかせながら新聞・TVに報道自粛の脅しをかけているようだし、こうなったら補助弁護士名および審査員の性別と平均年齢の開示請求をした方がいいんじゃないのか。「この国は、意識がない女性を 犯しても 罪に問われないけど、合意の上の不倫は とことん追い詰める おかしくないか?」とどなたかがツイートしていたけど、逮捕状が出ていた案件なのに検察審査会が不起訴にしたというその一点だけでもけっしてまともではないのだから。

元TBS記者、一部報道に「法的措置検討」 不起訴相当

 最後に、作家の雨宮処凛さんのブログも必読です。

・雨宮処凛がゆく!
詩織さんの告発に思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

「巨大津波を予測できたが、対策を講じても事故を回避できなかった可能性がある」から国に原発事故の責任はないってさ&山口ノリマキ、「準強姦」疑惑は不起訴相当。だったら、逮捕状が出てるのに執行されなかった理由を説明してみろ!!&「希望の党」の大笑い!!

 しかしまあ、とんでもないい判決が出たものだ。「国は巨大津波を予測できたが、対策を講じても事故を回避できなかった可能性がある」から福島第一原発事故の責任は国にはないってさ。いやはや、こんなとぼけた理屈が通るなら、現在の技術では不可避な災害については、国が何の手立てを講じなくても問題ないってことになっちまいますよ。

 さらに、東電に対しても「巨大津波を予見できたが対策を放置したとまではいえず、重大な過失はなかった」そうだ。

 こうやって、誰も責任を問われることなく、いつの日か福島第一原発事故は風化していくのだろう。田中シェンシェイの後を継いだ原子力規制委員会委員長の更田シェンシェイが就任早々に「事故の反省を忘れないのが条件で、それが守られる限りは原発を運転する資格がある」って東電にお墨付きを与えたのもむべなるかなってことだ。反省したふりしてれば、責任取らなくてもいいんだから、こんな楽なことはない。

 原子力村の無責任体質が続く限り、この国が原発によって沈没する危険性はなくならない。その危険性は、北朝鮮のミサイルと同じように高いということを忘れちゃいけない。

津波対策、国の責任否定 「原発事故を回避できなかった可能性」

 ところで、山口ノリマキによる「準強姦罪」疑惑に対する「詩織」さんの訴えを、検察審査会は「不起訴相当」にしたってね。議決書によれば「不起訴記録や提出資料を慎重に審査したが、不起訴処分を覆すに事由がなかった」とさ。

 だったら、逮捕状が出ていながら、逮捕直前になって執行停止になった理由をまずはしやがれですね。このことがこの事件のすべてを物語っているわけで、ペテン総理に極めて近い警察幹部がそこには関与していたという事実はこれいかにってなもんです。

 これでまたぞろ、山口ノリマキの御用コメンテーターとしての復活があろうものなら、それこそ「テレビが死んだ日」になることだろう。

元TBS記者は「不起訴相当」 「性犯罪被害」で検審

 最後に、ヤメ検のエロ髭・若狭君とモナ細野の一族郎党が結集する新党の名前が「希望の党」になりそうなんだとか。郷原さんのツイートが言い得て妙で、それをご紹介してお後がよろしいようで。

「希望の党」??? なんか、「幸福実現党」という名の”政党”と、イメージがだぶる。「日本ファースト」が「希望」ということなのだろうか。小池氏の東京都での現状からすると、「希望」より「失望」の方がぴったりくる感じ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

週刊誌という褌で相撲取るお手軽TV報道&「もう一人の『しおり(詩織)』問題」を忘れてはいけない!

 とうとう夢の9秒台へ! ジェット桐生君、アッパレです!!

 でもって、アッパレでないのはアニー山尾君で、何度も書くけど自覚が足りな過ぎたね。それにしても、鬼の首を取ったようなTVによるバッシングの嵐ってのもいただけない。水に落ちた犬を叩くのにも限度ってものがあるだろうに。

 そんなTVの実態をノイホイ菅野氏がこんな具合に評している

「1)文春や新潮が膨大なコストと人手を使ってネタを何ヶ月も追いかけて記事をつくる。テレビはそれを読み上げる
2)騒ぎになったんでスキャンダルの当事者が会見する。それをテレビが撮影するって流ればっかりでしょ?
テレビ、コスト一切かけてないでしょ?w」

「週刊誌の不倫報道に腹が立たないけど、テレビの不倫報道に腹がたつのはこの点なのだ。文春にしろ新潮にしろ、ものすごい人手とコスト使ってネタを追いかけて写しかも、週刊紙がネットで流した動画をそのまま使用するというお手軽さだ。真とって記事書いてる。昔はテレビもそうやったんやろうけど、最近違うでしょ?「週刊誌がコストかけて作った記事」を読み上げてるだけでしょ」

 おっしゃる通りなのだ。スピード今井君の不倫騒動でもそうだったように、TVは他人の褌で相撲を取っているだけで、独自の調査報道にはまったく手をつけていない。だから、不倫が事実かどうかっていうことも、週刊誌ではこう書いているって言っているだけで、その記事に対する責任は週刊誌におっかぶせてるだけなんだよね。

 そのくせ、説明責任がどうしたこうしたってコメンテーターがしたり顔するんだから始末に終えない。そもそも、不倫の説明責任って何だ? 犯罪犯したわけではないんだから、お騒がせして申し訳ありませんとしか言い様がないんじゃないの。それとも、「したことはしたけど、いくまでにはいたりませんでした」って落語のフリみたいなことくっちゃべればいいとでも言うのか。

 そんなことより、同じ「しおり」でも「もう一人の『しおり(詩織)』問題」を忘れちゃいけない。元TBS記者にしてペテン総理のお抱えライター、山口ノリマキの「準強姦疑惑」だ。この事件については、前事務次官の前川氏もこんな発言をしている。

「彼女の方が私よりも100万倍、勇気があると思います。私が現職中に加計問題を告発したとしても、それよりもよほど勇気がいることだと思いますし、彼女が問題提起をした権力の闇の方がずっと根深い気がします。」

 「彼女」とは山口ノリマキを告発したあの「詩織」さんのことだ。アニー山尾君の不倫騒動なんか言ってみれば個人の問題だが、こちらはそうはいかない。ジャーナリストが地位を利用してレイプまがいの事件を起こした、いわば「犯罪」ですからね。週刊文春は、この件に関してはダンマリ決め込んでるけど、なんか「忖度」でもしてるんじゃないの。

【偏向報道】文春よ「もう一人の『しおり(詩織)』問題」はどうした?叩きやすい相手しか叩けないのか(オプエド)

"レイプは魂の殺人です" #詩織さん 現在の心境を語る。完全修正版+資料集 #JusticeForShiori #山口敬之

 逮捕状まで出てるってのに、官邸に深く関わる警察幹部が手を回して反故にしたという事実だけでも、この事件の闇は深いんだよね。アニー山尾君の不倫疑惑を面白おかしく報じるのもけっこうだけど、巨悪はもっと別の場所にいるってことにもっと自覚的にならないと、しょせんは週刊誌、ゴシツプ野郎のそしりをまぬがれませんよ、ったく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

逮捕状出たのに刑事部長がストップかける。ここが「準強姦」疑惑の重要なポイントだ&前川前事務次官を孤立させてはいけない。いまこそ、「喜平隊、前へ!」の時だろう。

 ペテン総理の提灯持ち・山口ノリマキの毒牙かかった被害者へのバッシングが凄いことになっている。ありとあらゆる偏見が飛び交い、セカンド・レイプなんて生易しいものではない。「ハニートラップだ」「男と二人で酒飲んで酔いつぶれる女性にも問題がある」なんてのは序の口で、なかには彼女の出自にまで言及して罵詈雑言浴びる輩もいる。そういう輩の中には少なからず女性も含まれていることに、心凍る思いがする。

 でもって、ちょいと気になるのが、どのメディアの報道も、一度は逮捕状が出て、空港で警察が待ち受けていたというのに寸前になって逮捕が見送られたことをねぐっていることだ。逮捕状が出たってことは、起訴に足るだけの証拠が揃っていたということを意味している。そけがなぜ逮捕寸前でストップしたのか。週刊新潮によれば、警視庁刑事部長(当時)の中村格氏の指令があったそうで、それは中村氏本人も認めている。ちなみに、この御仁は、現在、共謀罪摘発を統括する予定の警察庁組織犯罪対策部長で、顔も頭も貧相な官房長官・菅君の覚えもめでたいとか。

 それはともかく、逮捕状出たのに執行されず、ストップをかけたのが当時の刑事部長というのは、この事件の重要なポイントのはずだ。そこをねぐっての報道ってのは、何らかの「忖度」が働いてるんじゃないのか・・・なんて妄想もしたくなろうというものだ。

・アベ友記者の強姦もみ消し 被害女性「法律やメディアは何を守ろうとしているのか」

 ところで、ペテン総理がかつて監査という名目で加計学園から年間14万円の報酬を受け取っていたってんだが、なんともハンパな金額でちょいと笑えた。ま、こんなのはほんのご挨拶程度のもので、実際には加計学園グループからはかなりの金銭的援助受けてるんじゃないのかねえ。少なくとも、そうした疑いがもたれたとしても不思議でないほどペテン総理と加計学園との関係は「ズフズブ」なことは子どもでも知っていることですから。

安倍首相、過去に「加計学園」役員 年報酬14万円受ける

 そんな親密なお友だちのが15年にわたって申請しつつも門前払いされていた獣医各部新設が、ペテン総理の登場であれよあれよと言う間に認可されちゃうというのは、これはどう見たって怪しいってなるのが人情というもの。違うのであれば、その説明責任はペテン総理地震にあるんだね。とろがこの男は、昨日の国会でも「印象操作」だの「立証してくださいよ」だの居直りまくってるんだから始末に負えない。やましいことがなければ、前川前事務次官を筆頭に、関係者全員を証人喚問して誠心誠意説明すればいいだけの話だ。それができないってのは、やっぱりスネにいくつものキズがあるからだろうってのが世間の常識ってもんです。

「総理は言えないから私が言う」 獣医学部新設、首相補佐官から要請

 もうね、文科省の官僚の皆さんはいつまでもお行儀良くしていないで、前川喜平氏の告発の後に続く勇気ある者が名乗り出てこなくちゃいかんだろう。それでこそ、「全体の奉仕者」としての矜持ってもんじゃないの。女性宮家の付帯条件を付けることで自民党とシャンシャン合意しちまった民進党には、もう会期末のことしか頭になくって、審議拒否で体張る気なんかサラサラありませんからね。いまこそ、「喜平隊、前ヘ!」の時だろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山本一太 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 川口悠子 | 希望の党 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 稲田朋美 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM