二階俊博

2022年9月18日 (日)

「(国葬が)終わったら、反対していた人たちも必ずよかったと思うはず。日本人ならね」(二階俊博)・・・そもそも、「ジェンダーフリーナチズム}(安倍晋三)なんて無知で幼稚な発言するカルトの広告塔に国葬の資格はない!!

 土建政治の二階君がペテン師・シンゾーの国賊葬じゃなかった国葬について、馬鹿丸出しの発言をして顰蹙を買っている。曰く、

「長年務めた総理が亡くなったのだから、黙って手を合わせて見送ってあげたらいい。こんなときに議論すべきじゃない」
「(国葬が)終わったら、反対していた人たちも必ずよかったと思うはず。日本人ならね」

 これに対して、TBS『報道特集』の冒頭でキヤスターの金平君が、

「こんな時に議論すべきじゃないと。議論するためのテレビ番組に出てきて議論すべきじゃないと。この方は国会とか民主主義の意味をお分かりなのか。国葬予定日まであと十日。きちんと議論すべき」

 と一刀両断。おっしゃる通りです。

二階氏、国葬反対派に「黙って見送ったらいい。議論すべきではない」

 で、昨日のTBS『報道特集』は、「純潔教育」をめぐって統一教会(世界平和統一家庭連合)の信者が講師として教育現場に入り込んでいる実態を見事にリポートしとりました。統一教会は「ジェンダーフリー」という文言を使わないように、ペテン師・シンゾーや在特会のアイドル・山谷君に働きかけていたことが明らかになっているけど、「純潔教育」はその延長線上にあるんだね。

 ペテン師・シンゾーが座長で、山谷えり子が事務局長を務めるジェンダーフリー潰しのPT(プロジェクトチーム)が自民党にはかつてあって、その会合でペテン師・シンゾーは「これは本当に暴走してると思う。ジェンダーフリーナチズムみたいな」って発言している。

「ジェンダー」めぐり教団側が政治に関与?“内部資料”に自民党リストに無い議員名か

 これって、東京都議選の時の「「あんな人たちに負けるわけにはいかない」発言と並んで、ペテン師・シンゾーの人となりをよく表していると思うんだが、そもそもこんな発言をする世襲政治家を国葬にするってことになぜメディアは焦点を当てないのかねえ。

 法的根拠がないといった議論ももちろん重要だけど、有権者に向かって「あんなひと」とか、世界的なジォンダーフリーの動きに「ジェンダーフリーナチズム」なんて言い放っちまう無知・無能な世襲政治家って、それだけで政治家失格だし、ましてや国葬なんて、寝言は寝て言えってなもんです。

 「あんなひとたち」発言に比べて、「ジェンダーフリーナチズム」発言はほとんど知られていないけど、この発言こそが、統一教会とペテン師・シンゾーの関係がどれほど深いか如実に物語っている・・・なんてことを我が家のドラ猫に囁いてみる台風間近の日曜の朝である。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

拉致被害者2人の一時帰国拒否 安倍政権時、幕引き警戒

角川会長、賄賂と事前に認識か 社内から「支払いにはリスク」と報告

秋の臨時国会 来月3日に召集の方針 与党側に伝達 政府

| | コメント (1)

2022年8月25日 (木)

コロナ感染を口実に国会無視してリモートで原発新増設を口にするって、狂ってる!!&「国葬をやらなかったら馬鹿だ」(二階元自民党幹事長)・・・凄いなあ、政治家が「国民は馬鹿」だとさ!!

 コロナ感染を口実に国会を無視したまま、ヘタレ総理は言いたい放題で、とうとう原発再稼働だけでなく原発新増設まで口にしやがりました。原発新増設ってのは、180度の方針転換で、こんな重要な政策を国会閉じたまま、しかも珍妙なリモート会見とやらで公表するって、国民を舐め切ってますね。

 原発新増設って簡単に口にしてるけど、そこにはエネルギー政策におけるビジョンが必要なんだよね。ああ、それなのに、まるで新車に乗り換えるようなお気楽さなんだから、これはもう政治とは言えません。

 ロシアのウクライナ侵略で、安全保障の上からも原発の危険性が改めて問われているってのに、反省のカケラもない原子力村ってのはサルにも劣るってことか。狂ってますね。

原発「推進」に転換もくろむ政府…実現までにこれだけの難題 安全・安心の確保に疑問

 狂ってるとくれば、久しぶりに醜悪な面を晒した二階君だ。統一教会(現世界平和統一家庭連合)と自民党との関係について、こんな暴言吐いてくれました。

「電報を打ってくれって言われりゃ打つんですよ。『応援してやろう』と言ってくれたら『よろしくお願いします』っていうのは、もうこれは合言葉ですよ。モノ買いに来てくれたら『毎度ありがとうございます』って商売人が言うのと同じなんですよね。究明し修正をしてやっていくべきだと思いますが、自民党はビクともしないよ」

 さらに、国葬については、

「当たり前のことで、やらなかったら馬鹿だ」

 だとさ。てことは、国葬に反対している国民に向かって「馬鹿」って言ってるわけね。

 こんなことを言われて黙って聞き流しているメディアってのもどうなんだろうねえ。「誰に向かって口きいてるんだ」って言ってやればいいのに。そんなんだもの、統一教会から脅しかけらてダンマリ決め込むのも当然か。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

旧統一教会と自民の関係巡り、岸田首相「もう一段踏み込んだ方策を指示する」

まるで「連立政権」自民と旧統一教会

高橋治之元理事「AOKI側を森喜朗元総理に紹介」 東京五輪汚職事件

| | コメント (2)

2022年1月 4日 (火)

正月早々、政局話にかこつけて、自民党の広報まがいのニュースを垂れ流すテレビ朝日!!

 箱根駅伝は、青学が往路に続いて復路も制して、大会新記録のおまけ付きで6回目の総合優勝。思えば、6年前。青学が初優勝した時には、「こんな時代がやってくるとは」とOBとして感涙にむせんだものだが、それがいまや駅伝をリードするような存在になったのだから、いやあ長生きはするものだ。

 そんなことより、昨日のテレビ朝日『Jチャンネル』だ。新型コロナウイルスの感染者が増加のニュースに続いて、なんと「火種?ポスト岸田の〝うごめき〟」とテロップ流して自民党の政局話ときたものだ。

 次期総理候補にキツネ目の男・茂木君の名前を上げて煽ってみたり、ガースと土建政治・二階君が手を組んで最大派閥の誕生かと競馬の予想屋まがいにアジってみたり・・・・いかにも2022年の政治状況を先取りしましたと言うような体裁に仕上がってはいるものの、これが正月3日目に流れるという唐突感はいなめない。

 なんのことはない、政局話にかこつけた、自民党の宣伝なんだよね。こういう自民党の広報まがいのことを、さりげなくニュースに仕立てて流すのって、おそらくこれからもタイミングを見計らって仕掛けてくるんだろうね。

 いやあ、正月早々、やってくれるものだ。さすが、ペテン師・シンゾーの鮨友が会長を務めるテレビ局だけのことはある。

岸田政権にくすぶる火種 菅派結成?「3月ぐらいには形にしたい」

| | コメント (1)

2021年8月31日 (火)

衆議院選意識して二階自民党幹事長交代で“清新さ”をアピールか・・・その心は「二階院政」!!&デルタ株に新たな変異・・・「東京五輪株」か!?

 土建政治の自民党幹事長・二階君の周辺が騒がしくなってきたようだ。なんでも、「この局面を打開するのは人事しかない」と二階自身がポンコツ総理に交代を示唆したそうだ。その心は「衆院選が迫るタイミングで党の清新さを印象づける狙い」ってんだが、おそらく昼間の幽霊・岸田君が総裁選に向けて「総裁を除く党役員は1期1年、連続3期まで」と党改革案をブチ上げたことが影響しているのだろう。

首相、二階幹事長の交代検討…衆院選前に党役員刷新狙いか

 当初、土建政治の二階君は「就きたいと名乗り出た覚えは一回もない。長いと文句を言われる筋合いもない。失敬だ」とおかんむりだったはずなのに、ここにきて自らの進退について改めて発言したのは、けっこう昼間の幽霊・岸田君の党改革案はインパクトがあったということだ。自ら身を引くことでポンコツ政権に影響を残しつつ、岸田降ろしに乗り出したってことなのだろう。

二階氏、岸田氏党改革案に不快感 役員任期巡り「失敬だ」

 そもそも、「この局面を打開するのは人事しかない」と言うなら、ポンコツ総理自身が責任取るのが筋というものだ。ある意味、二階がポンコツに恩を打ったという構図か。

 ついでに、ポンコツに脅されて加計学園不正献金疑惑の下村君が総裁選立候補断念だとさ。受験ビジネスの成り上がりが、ざまあないや。

菅首相強気、下村氏抑え込む 苦戦予想で巻き返し―自民総裁選

 それにしても、「清新さを印象づける狙い」で、次期幹事長にあっせん利得疑惑の甘利君の名前が挙がっているところが、なんとも自民党らしいというか・・・勝手にしやがれ。

 最後に、デルタ株に新たな変異が確認されたってね。「国内で新たに変異を獲得した可能性が極めて高い」そうで、「東京五輪株」が現実になったか・・・おお、こわ!!

新たなデルタ株を初確認 アルファ株の類似変異も―東京医科歯科大

| | コメント (2)

2021年5月26日 (水)

オフィシャルパートナーの朝日が社説で「夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める」!!&「(1億五千万円の)決定をした責任者は党総裁および幹事長だ」(二階自民党幹事長)と安倍を名指し!!

 アメリカ国防総省による「日本への渡航禁止勧告」に対して、大会組織委員会は「オリンピック開催に影響はない」と火消しに躍起になっている。勧告についてはアメリカから事前に報告があったそうで、その際に「五輪とは関係ない」という言質をとっているとか。ルーピー丸川君が「いずれにしても安全、安心な環境を最優先に考える。特に影響が見込まれることはない」と赤い気炎をあげるのも、だからこそなのだろう。

米の渡航中止、丸川氏「影響ない」 政府内からは懸念も

 とは言え、海外メディアからは、「東京五輪はいっそうの困難に直面した」(CNNテレビ)、「選手の五輪参加への判断に影響が出かねない」(AP通信)といった悲観的な意見も飛び出している。そんな中、日本のメディアもようやく「オリンピック中止」に言及し始めたようで、信濃毎日新聞に続いてオフィシャルパートナーである朝日新聞がとうとう社説でカス総理に「中止の判断」を突きつけた。

 遅きに失したと言えなくもないが、かろうじてジャーナリズムとしての矜持と誇りを取り戻したことは評価したい。こうした流れが、同じオフィシャルパートナーである読売、毎日、日経の各紙にも波及することを切に願う水曜の朝である。

・朝日新聞社説
夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める

・信濃毎日新聞社説
東京五輪・パラ大会 政府は中止を決断せよ

 さて、話変わって、河井バカップルの買収事件で、原資となったとされる1億五千万円について「関与していない」と言い募っていた土建政治・二階君が前言を翻して、「決定をした責任者は党総裁および幹事長だ」って認めたってね。

 この発言で、ペテン師・シンゾーの説明責任を問う声が党内からも上がっているとか。「責任は認めるけど、責任は取らない」のがペテン師・シンゾーの得意技だから、昨日も国会後に「1億五千万円の8割が税金で賄われている。説明責任はどう考えるか」と記者に質問されて、そのまま無言で立ち去りましたとさ。

二階氏「(責任者は)総裁と幹事長」 1億5千万円問題

安倍前首相、関与を問われても…だんまり 河井氏への1.5億円提供

 土建政治・二階君の「決定をした責任者は党総裁および幹事長だ」という発言が何を意図したものなのかはさだかではないが、あわよくば復活を画策していたペテン師・シンゾーはさぞかし「余計なことを」とお腹が痛くなっていることだろう。


| | コメント (2)

2021年5月18日 (火)

大規模接種システムに「誰でも何度でも予約可能」の大欠陥が発覚・・・システム運営会社に竹中平蔵の名前が!&河井バカップル買収事件の1億五千万円に「関与せず」(二階自民党幹事長)「当時の選対委員長(甘利明)が広島を担当」(林幹事長代理)!!

 新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターの予約って、ネットかLINEでしか出来ないってことで、仏作って魂入れずとはこのことです。もっとも、大規模接種センターが仏かどうかはへ別問題だけど・・・。

 それはともかく、その予約システムに致命的な欠陥が発覚したそうだ。なんとまあ、市町村コード、接種券番号、生年月日のいずれもがでたらめな数字を入力しても予約できちゃうんだとさ。しかも、何度でもOKというから、やろうと思えばひとりで1万件の偽予約をすることも可能なんだね。てことは、悪意のある集団が一斉にアクセスすれば、予約テロも可能ってことだ。

 こんな欠陥システムを運営しているのが「マーソ株式会社」ってところで、あのパソナ・ヘイゾーが経営顧問を務めているというから、なんとも香ばしい。ああ、やっぱり、ってなもんです。

【独自】「誰でも何度でも予約可能」ワクチン大規模接種東京センターの予約システムに重大欠陥

 ところで、河井バカップルの買収事件の原資となったと疑われる自民党からの1億五千万円について、土建政治の自民党幹事長・二階君が「その支出について、私は関与していない」ってコメントしたってね。さらに、二階君の側近である幹事長代理が「実質的には当時の選対委員長が広島を担当していたので、よく分からない」だとさ。ちなみに、「当時の選対委員長」って、布袋頭・甘利君なんだね。

 土建政治・二階君は幹事長なんだから、資金の流れについて知らぬ存ぜぬは通じません。そこを敢えて否定して、なおかつ布袋頭の名前を匂わせてきたってことは、ひょっとして罪をなすりつけようって魂胆か。ここは是非とも、布袋頭・甘利君の見解を聞きたいところだが、また睡眠障害になって入院したりして。

二階自民幹事長、1.5億円支出「関与せず」 河井夫妻による買収事件

| | コメント (2)

2021年4月16日 (金)

「無理ならスパッとやめなきゃいけない」(二階自民党幹事長)・・・カス総理の訪米直前に五輪中止が視野に入っての予防線か!!&「東京には来ないで」(小池百合子)・・・「オリンピック中止」宣言ってことか(笑)!!

 土建政治の自民党幹事長・二階君が、「これ以上とても無理だということだったら、これはもうスパッとやめなきゃいけない」「五輪で感染を蔓延させたとなれば、何のための五輪か分からない。その時の判断だ」とオリンピック中止に言及したってね。

二階氏、東京五輪の開催中止も選択肢 「とても無理と言うならやめないと」

 この男にしては珍しく、至極もっともな発言なんだが、カス総理訪米直前というタイミングに妄想たくましくなっちゃうんだね。どういうことかと言えば、カス総理は今回の訪米でバイデンからオリンピック参加の言質を取りたかったんじゃないのかということだ。ところが、訪米を前にして、選手団派遣に難色を示されたことから、このままだと帰国後にオリンピック中止宣言をせざるを得なくなる可能性がでてきたので、だったらいまのうちにオリンビック中止を匂わせて、その反動を最低限に抑え込もうと画策したってことなんじゃないのかねえ。ま、いつもの妄想ですけどね。

 土建政治・二階君の発言を聞いてフリップ小池君は「それも『選択肢だ』という発言だと聞いている。叱咤激励、コロナを抑えていこうというメッセージだと受け止めている」と平静を装いつつも、コロナの凄まじい勢いの前に、「通勤含めて、都外に住む人はエッセンシャルワーカー以外の人は、東京へは来ないでいただきたい」だとさ。

 オリンピック開催都市のトップが「東京へは来ないで」と言ってるんだもの、これって「オリンピック中止」宣言みたいなもんじゃないのか・・・と我が家のドラ猫に囁いてい見る金曜の朝である。

| | コメント (2)

2021年4月 5日 (月)

「恐れとったら何もできない」(二階自民党幹事長)から「Go To トラベル」再開・・・自民党に殺される!!

 人が動けば感染は広がる・・・これが感染症の基本なんだね。だからこそ人の動きを一定程度止めるために「不要不急の外出」の自粛がある。ああ、それなのに、自民党の幹事長、土建政治の二階君が「Go To トラベル」による感染拡大の危険性について、こんな妄言を吐きまくりやがりました。

「それを恐れとったら何もできない。全員、家に引きこもって、表(玄関)閉めときなさいって。これじゃあ、日本経済が止まってしまう」
「(感染しても)隣近所に信頼できるお医者さんが、みんないてくれる」

 まるで戦時中の「打ちてし止まん」もかくやの精神論で、そこには科学的根拠のカケラもありません。そもそも、コロナに対しては「正しく恐れる」って専門家も言ってたはずなんだよね。「恐れとったら何もできない」なんて、もう終わってるね、この薄汚い爺さんは。

 この爺さんが「Go To トラベル」にここまで執着するのは、全国旅行業会会長という立場があればこそで、つまりは自らの利権が大事ってこと。国家の最大の責務は「国民の生命・財産を守る」ことで、すなわちそれは政治家の責務でもある。土建政治の二階君は、そんな基本中の基本も理解できていないんだね。

 宮城県で感染爆発が起きているのも、2月に再開した「Go To イート」が原因と言われている。人の動きを促すような政策は、極めて危険ということを証明しているようなものだ。そんな中での「Go To トラベル」再開、ってまともな神経してたらとてもじゃないけど口にはできません。このままだと、自民党に殺されることになりますよ。

| | コメント (2)

2021年2月17日 (水)

カス総理長男の接待疑惑で総務省幹部処分・・・はやっ!&「女性の役員登用が進んでいないのは女性側にも原因がないことはない」(経済同友会代表幹事)&愛知県知事リコール不正でアルバイト使った「署名偽造」が発覚!!

 特高顔のカス総理の長男からタクシー代とお土産付きの接待を受けた総務省幹部4人が処分されるとさ。利害関係者からの接待は公務員倫理規定違反なのは明らかだから処分は当然としても、問題はそれによって行政が歪められたかどうかなんだよね。

 そこを解明しないで処分だけさっさとしてしまおうというのは、まさしくトカゲの尻尾切りなんだね。その背景にはモリ・カケ疑獄と同じ構図があって、へたに突っ込むとカス総理自身の責任も問われかねないからに違いない。

菅首相の長男と会食の総務省幹部4人を処分へ 武田大臣が表明

 そして、この接待にはもうひとり重要人物が関わっているという噂があって、それがカス総理の記者会見を仕切っている山田真貴子内閣広報官だ。元総務省情報流通行政局長で、カス総理の長男との会食は「記憶にない」って言ってるとか。でも、官僚が「記憶にもない」ってのたまうのは、決まってそれが事実の時というのを忘れてはいけない。

 長男に便宜図った結果の内閣広報官・・・とは言いませんけど、いろいろ「忖度」しつつ出世街道をまっしぐらってことなんだろう。妄想だけど。

 ところで、経済同友会の桜田謙悟代表幹事が、

企業で女性の役員登用が進んでいない理由を問われ「女性側にも原因がないことはない」とし、「チャンスを積極的に取りにいこうとする女性がまだそれほど多くないのではないか」との認識を示した。

 ってね。積極的な女性を排除するシステムこそが問題なのに、「女性側にも原因がないことはない」とはねえ。

 土建政治の二階君が、「自民党の幹部会議に女性議員を発言権のないオブザーバーとして出席させてやる」って偉そうにのたまったそうだが、これも経済同友会代表幹事の発言とその根は同じなんだね。

自民、女性議員が幹部会議に出席案 ただし発言権はなし

 こんなひとたちの存在が日本のジェンダーギャップ指数を世界144か国中114位という情けないレベルに引き下げてるのは間違いない。

 最後に、愛知県知事リコール不正は、維新と日本会議の影がチラつくようで、イエス高須とエビフリャー河村の両君は、どうあがいてもお咎めなしではすみそうにありません。逮捕も十分にある展開で、どえりゃーことになってきましたとさ。

愛知リコール不正 事務局が関連会社に依頼しバイトに偽造署名させていた! 高須院長と河村市長は資金源と名簿入手先を説明せよ

【コラム】「時給950円で署名偽造」大村知事リコール運動でバイト動員が発覚、経緯と詳細まとめ


| | コメント (2)

2021年1月21日 (木)

野党の野次に議場を睨みつけて凄んで見せる二階のふざけた態度・・・地回りのヤクザか!!

 衆議院本会議の代表質問ってのは、どうやったって一方通行なものだから、丁々発止の議論なんてのが期待できるものでないのは重々承知の上なんだが、それにしても野党の疑問に正面から答えるつもりがさらさらない態度ってのは、行きつくところ国民を舐めてるってことなんだろうね。

 なんてったって、立憲民主のエダノンに「新型コロナ感染拡大は、政治に引き起こされた人災だ」って突っ込まれて、「人災という指摘は当たらない」って特高顔のカス総理は懐かしのフレーズ使いやがりましたからね。

「菅氏にキレがなくなった…」 疑問はぐらかし、言い間違いも…首相答弁力に与党不安 衆院代表質問


【国会中継】衆院本会議 各党が代表質問(2021年1月20日)

 国民舐めてるとくれば、土建政治の二階君のふざけた態度も噴飯ものでしたね。「Go To トラベル」の張本人のくせにその反省のカケラも見せず、あげくは「オリンピックが子供の笑顔につながる」なんてほざく始末だ。

 呂律の回らない口調で原稿読むだけの代表質問に野次が飛んだら、議場を睨みつけて凄んで見せたそうだ。そもそもは政界渡り鳥で、それほどの実績もないくせにいつの間にか黒幕のような地位を手に入れて、すっかり勘違いしちゃったんだろうね。

 しょせんは、年老いた地回りのヤクザまがいの爺さんに過ぎないと思うのだけど、こういうのが選挙に強いってんだから、この国の有権者のレベルもそれだけのものってことだ。

自民・二階幹事長、議場にらむ 野党に結集呼び掛けの場面でやじ

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Dappi Dappi疑惑 NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト こども家庭庁 たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット ウクライナ侵略 オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ ゼレンスキー タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 デジタル田園都市国家構想 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ トリガー条項 ニュース ネット工作 ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 プーチン ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワクチンパスポート ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 侮辱罪 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入国管理局 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 八代英輝 公文書改竄 公明党 共産党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉川赳 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 国葬 土地規制法案 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大石あきこ 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 山際大志郎 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平井卓也 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 志位和夫 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政党助成金 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 敵基地攻撃 敵基地攻撃能力 文通費 新しい資本主義 新党 新型コロナウイルス 新資本主義 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米地位協定 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核共有 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河瀬直美 河野太郎 河野談話 泉健太 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 牧島かれん 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細田博之 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 自己責任 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茂木敏充 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 西村康稔 西田昌司 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 議員年金 議員特権 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 赤木ファイル 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野党共闘 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音喜多駿 音楽 飯島秘書官 香港 馬場伸幸 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 黒田日銀総裁 10万円給付 ACTA BPO(放送倫理・番組向上機構) DHC FMラジオ IR汚職 LGBT法案 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM