二階俊博

2018年8月 3日 (金)

LGBT差別発言に教育的指導・・・その舌の根も乾かぬうちに「この程度の発言で大げさな」(二階自民党幹事長)&自衛隊が瓦礫そのままに被災地から撤収!&日大理事長と日本アマボク終身会長の「闇のアンガールズ」

 どうにか大事にならずにやり過ごそうとしていたんだろうが、さすがに海外メディアからも批難の声が聞こえてきて慌てたんだろう。杉田汚水脈のLGBT差別発言について、自民党が汚水脈本人に教育的指導しましとさ。

 党のホームページでも言い訳を並べてるんだが、そもそもがペテン総理の肝いりで比例1位にしゃしゃり出たんだから、一連の発言は確信犯であり、党内でも日頃からそうした御託を宴会なんかでみんなでワイワイしゃべくりあっていたに違いない。でなけりゃ、この騒動の最中に「同性愛は趣味」なんて口走る馬鹿議員が出てきたりしません。

・LGBTに冷たい自民 謝罪、撤回求めず口頭指導

 しかしまあ、教育的指導っていったって、口頭で注意しただけで、本人は発言の撤回も謝罪もしてませんからね。ましてや、「ひとの人生観はいろいろ」と擁護して顰蹙買った土建政治の二階君が、訪問先の韓国で改めて「こういうことはそんなに大げさに騒がないほうがいいんです。この程度の発言があったからと言って、帰国してからどうだってそんな話じゃありません」ってのたまってるんだから、つまりは杉田汚水脈のLGBT差別発言は自民党の体質そのものってことだ。

二階氏「大げさ、この程度の発言で」 杉田水脈氏ら巡り 

なぜ杉田水脈議員は過激発言を繰り返し“出世”したのか──女性が女性を叩く構図は誰が作ったか

 ところで、西日本豪雨水害による瓦礫撤去が終わらないうちに、自衛隊が岡山県真備町から撤退しちゃったってね。後始末はボランティアに頼らざるを得ないってことで、また新聞・TVは政府の意を受けて「ボランティア不足」を煽りまくるのだろう。「『助かる命も助からなかった』という反省は、安倍首相や小野寺防衛相にないのだろうか」(「田中龍作ジャーナル」より)

・田中龍作ジャーナル
【豪雨水害】 自衛隊、瓦礫の山残し真備町の撤去作業終了

 最後に、日本ボクシング連盟の山根組長と日大理事長の田中組長のツーショットが「闇のアンガールズ」と呼ばれてるってね。どちらもヤクザ顔負けのキャラとはいえ、こういうのってあまり笑えないんだよね。なんてったって、こいつらのトップに君臨しているのがペテン総理なんだから。

・アマボク問題で山根会長徹底抗戦に対して告発状の第二弾を準備!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

息子の会社乗っ取り疑惑に「知らねえよ」(二階自民党幹事長)&豊洲市場に安全宣言・・・百合子のお・ね・が・い!&オレンジの囚人服の安田純平氏が危ない!!

 安倍3選が既定路線となって、閣僚名簿まで出回るという異常な状況で、それをまた煽るメディアもなんだかなあなのだ。そんな中、土建政治の幹事長・二階君が「絶対の支持を表明する」と改めて安倍支持を叫んだってね。

 そんな土建政治の二階君に、自分の足元は大丈夫かって嫌味言ってやりたくなるスキャンダルが発覚。なんと、自慢の息子(次男)が「元山口系暴力団幹部と一緒になって会社乗っ取りに関与していた」とさ。

 週刊フラッシュのスクープだそうで、この次男というのは二階君が経産相の時に大臣秘書官もやっていたんだとか。お仲間とされる元暴力団幹部は逮捕・起訴されているそうだから、おそらく何らかの犯罪に手を染めていたのは明らかなのだろう。

 こうした事実を突きつけられた土建政治の二階君は「知らねえよ」「別人格だ、息子は」と言い放ったそうだ。う~ん、どこかで聞いたセリフだなあと思ってたら、そう、杉田汚水脈のLGBT差別発言を「人それぞれの人生観」と擁護してたのと同じなんだね。

 昏睡レイプ魔だってペテン総理のお友だちなら逮捕されない政権なんだから、幹事長の息子が何しようと関係ないってことか。それにしても、「知らねえよ」はないだろう。こんなのが政権与党の幹事長ですからね、後は推して知るべし、ってなもんです。

週刊フラッシュが報じた二階俊博自民党幹事長の次男の大醜聞

Photo

 ところで、ぼったくりバーのチーママ小池君が豊洲市場の安全宣言をぶち上げてくれた。なんだよ、さんざん気を持たせて最後はこれかい。それにしても、いまだに基準値の100倍超のベンゼンの検出が続いてるってのに、よくもまあヌケヌケと安全宣言なんかできるものだ。

 まるでペテン総理の「アンダーコントロール」と同じ屁理屈なんだね。いまだかつてない豪雨が襲って地下水位上昇して有害物質が流れ出したらどうするんだろう。おそらく、何も考えていないに違いない。しょせんは、経歴詐称するようなただの目立ちたがりですからね。

小池知事、豊洲市場の安全を宣言 農水相に認可申請へ

最後に、フリージャーナリストの安田純平さんの新たな映像が公開された。オレンジの囚人服を着せられていたってことは、かなり危険な状況なのではないだろうか。ああ、それなのに、ペテン総理は休暇中だとさ。「日本人に指一本触れさせない」と息巻いたのはどこのどいつだったけね。


オレンジ色の囚人服姿で・・・安田純平さんか 映像公開(18/07/31)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

総理の椅子の禅譲期待して戦意喪失のへなちょこ野郎。終わったな、この腰抜けは!!&「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観、考えがある」とLGBT差別に理解を示す自民党幹事長のおぞましさ!&柳瀬審議官が退任。ほとぼり冷めたらしかるべき企業に天下りか・・・!?

 昼間の幽霊・岸田君が自民党総裁選不出馬だとかで、一夜明けたら安倍三選ムード一色。もう決まったかのような雰囲気ってんだから、一般大衆労働者諸君は○ん○桟敷に置かれたまま。国民主権はどこ行っちまったんだろうね。

 それにしても、情けないのが昼間の幽霊・岸田君だ。禅譲期待しての戦意喪失なんだから、根性なしというか、腰抜けというか、なんともへなちょこな野郎だ。戦わない男って烙印が押されちゃって、おそらくこの男は総理大臣になることはネバーないだろう。そもそも、禅譲なんてのは単なる口約束で、これまで実際にその約束が守られたことはありません。

「北朝鮮問題をはじめとする外交や西日本を中心とした豪雨災害への対応など山積する課題に安倍総理大臣を中心に対応していく必要がある」

 こんな言い訳してるってことは、確固とした政治信条や理念というものがないんでしょうね。おそらく、このへなちょこは、総理大臣を政治家としての上がりのポストくらいにしか考えてないんだろうなあ。でなけりゃ、戦いますよ。仮に敗北したとしても、そこで存在感を示すことが将来に繋がるんだから、確固とした政治信条や理念があれば、戦うのが政治家というものだ。終わったね、このへなちょこ野郎は。

岸田氏不出馬、3選支持 総裁選安倍氏VS石破氏の構図 

 ところで、土建政治の幹事長・二階君が、杉田汚水脈のLGBT差別発言を擁護したってね。

「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観、考えがある」

 杉田汚水脈のLGBT差別ってのは、「いろんな人生観」の問題ではない。明らかな、「人権問題」なんだよね。「人生いろいろ」とおちょくってくれた総理大臣がいたけど、だからといって何を言ってもいいってことにはならない。ましてや、政治家であれば、その発言には一般大衆労働者諸君以上に倫理観・道徳観・社会性などが要求される。けっして、「いろんな人生観」で済むことではない。

 もっとも、「子供を産まない方が幸せじゃないかと勝手なことを考える人がいる」なんてことを口にするような昭和なオヤジですからね。杉田汚水脈と根は一緒ってことだ。

杉田水脈氏の寄稿、二階幹事長「人それぞれ人生観ある」

 大阪のチンピラ知事も「オカマ」なんてことをツイートして炎上しているようで、なんともみっともない政治屋ばかりが幅を利かす国なっちまったものだ。

 最後に、記憶喪失の柳瀬君が経済産業審議官を退任するってさ。ゲッペルス気取りの経産相・世耕君は、「加計学園問題とは関係ない」ってとってつけたような言い訳しているけど、誰がそんなこと信用するもんですか。おそらく、ほとぼりが冷めた頃に、しかるべき企業に天下りするんでしょう。

柳瀬審議官、退任 経産相「加計」影響を否定

 でも、民間人になったからって、逃がしはしませんよ。ちゃんと落とし前はつけてもらわないとね。それまで、震えて眠っていやがれ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

「子どもを産まない方が幸せは勝手な考え」(二階自民党幹事長)。子育てが困難な社会にしたのは自民党だろう!!&「経団連会長から高プロ制導入すべきとの意見をいただいた」(安倍晋三)。何をかいわんや!&安倍晋三に反社会勢力がらみの新たな疑惑!?

 耳を疑うような発言を近頃の政治屋は性懲りもなく繰り返してくれるんだが、土建政治の無能幹事長・二階君がやらかしてくれました。

「この頃、子どもを産まない方が幸せに(生活が)送れるのではないかと勝手なことを考えて(いる人がいる)」
「この国の一員として、みんなが幸せになるためには、子供もたくさん産んで、国も栄え、発展していく方向へ行くようにしようじゃないか」

 おい、大丈夫か。病院行くか・・・ってなもんです。まさに、「二人して 五人育てて 一人前」「生んで殖やして育てて皇楯」という戦前戦中の国策スローガンそのままなんだね。なんとも時代錯誤な政治感覚だよね。

 そもそも、誰もが子供を生み育てられる環境を整えるのが政治家の仕事だろう。子育てに不安を抱かざるを得ない社会にしたのは、自民党の戦後政治の結果じゃないのか。産まないんじゃない、産めないんだ! それを、「子育てしないのは非国民」みたいなことを口走るんだから、開いた口がふさがりませんよ、ったく。

 さらに、「今は食べるのに困る家はない。こんなに素晴らしい、幸せな国はない」なんてことも言ってくれちゃってるんだが、おい、子供貧困率が13.9%もあって、7人に1人の子供が貧困に喘いでいるのを分かって言ってるのか!ま、「政治=利権」の土建政治屋にいまさら何を言っても糠に釘だろうけどさ。

自民・二階氏  「『産まない幸せ』は勝手」 講演で発言

 ところで、国会だ。高度プロフェッショナル制度(=残業代ゼロ)がいかにいかがわしい法案かってことは、そもそも基本となるデータが改竄されていたことで証明されちゃってる。そこにもってきて、ペテン総理からこんな発言が飛び出した。これは、「この期に及んでなお、労働者のニーズがあると答弁するのか?」という野党議員の質問への答弁で、

「適用を望む企業や従業員が多いから導入するというものではなくて、多様で柔軟な働き方の選択肢として整備するものであります」
「経団連会長等の経営団体の代表からは高度プロフェッショナル制度の導入をすべきとのご意見を頂いておりまして、傘下の企業の要望がある事を前提にご意見を頂いたものと理解をしているところであります」

 だとさ。凄いよね。「経団連の要望があったから」って自白しちゃってます。もうこの一言で高プロ制度は働かせ改革ってことがバレちゃってます。

 「労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を推進するため」という法案提出の理由にも明らかに反しているんだね。

 ああ、それなのに、新聞・TVはサッカー、サツカー、またサッカー。大宅壮一の「一億総白痴化」はまだ生きているってことだ。

安倍首相「高プロは労働者のニーズではなく経団連らの要望」と白状、立法事実が完全消滅

 最後に、前々から噂になっていたペテン総理と反社会勢力との関係について、なかなか興味深い証拠が出てきているらしい。これが事実なら森友・加計学園疑獄どころじゃない、日本政治史最大のスキャンダルになるのだが・・・!?

・ポスト「モリカケ」か? 安倍首相に浮上したもう一つの「重大疑惑」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

森友・加計学園疑獄報道で朝日新聞がジャーナリズム大賞受賞。TVはなぜスルーするのか!?&改憲について「拙速は駄目だが、機運が大事。いま機運が半分ぐらい出てきており、これを加速すべきだ」(二階自民党幹事長)。クズだな!!

 森友・加計学園疑獄に関する一連の報道により、朝日新聞が新聞労連ジャーナリズム大賞を受賞した。ところが、新聞・TVはこのニュースをスルーしてるのは何故だろう。森友・加計学園疑獄は朝日新聞の捏造だって喚いている史上最低の議員・足立君みたいなチンピラだっているんだから、ジャーナリズム大賞受賞のニュースはそんな動きに対する痛烈なカウンターバンチでもあるはずなんだね。それを当事者でもあるメディアがほとんど報道しないというのは、それこそ「忖度」が働いているからじゃないのかと疑いの目を向けられても仕方ないだろう。情けない話だけどね。

「森友・加計」朝日報道にジャーナリズム大賞 新聞労連

 ところで、土建政治の自民党幹事長・二階君が改憲についてこんなクズ発言してます。

「拙速は駄目だが、機運が大事。いま機運が半分ぐらい出てきており、これを加速すべきだ」

 ははは、「いま機運が半分くらい出てきており」だとさ。おそらく、直近の世論調査で「九条に限らず、憲法を『改正する必要がある』『どちらかといえば改正する必要がある』と回答した改正派は55%」という数字がチラついてるんだろうが、そこにはペテン総理一派が画策する「9条改憲」とはかなり温度差があるんだよね。それが証拠に「安倍首相の下での改憲に53%が反対」しているわけで、ペテン総理一派の戦前回帰に対する危機感ってのは、かなりの国民が無意識のうちに感じているってことだ。

改憲発議「1年もあれば」 自民・二階氏が意向

 おそらく、「なんのための改憲」ということを議論し始めたら、「改憲必要」という声はかなり低くなるはずだ。なぜなら、いまペテン総理一派が目論んでいる改憲は、「自衛隊について」「 緊急事態について「「 合区解消・地方公共団体について 」「教育充実について」の4項目あるんだが、そのどれもが憲法ではなく法律改定でいかようにでもなるものだからだ。だからこそ、ペテン総理一派は、ひたすら北朝鮮がどうしたこうしたと対外的な危機を煽るだけで、ベーシックな改憲議論を避けてるんだね。

target="_blank"安倍政権が目指す憲法改正を徹底解説 「改憲4項目」ってなんだ

 土建政治の自民党幹事長・二階君が「拙速は駄目」と言いつつ、「一年もあればいいのではないか」とスケジュールありきの発言をしているのも、「なんのための改憲」という議論を暗に封じ込めようという姑息な手段に他ならない。

 「改憲ありき」で理屈は後からついてくるってのは、加計学園の獣医学部新設とまったく同じメンタリティーのなせる技ってことだ。

 にしても、どうしてこうまでゴーマンな政治屋どもが跋扈するようになったのか。そこのところを心理学的に分析した動画があるのでご紹介。当たっているだけに笑ってる場合じゃないんだが・・・やっぱり笑える。必見です!

【心理学的】安倍政権がゴーマンな理由   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

「消費税上げるな!」の声に「黙っておれ」(二階自民党幹事長)。都議選の時には「落とせるものなら落としてみろ」って凄んでいただけあって、立場もわきまえず相変わらず下品だなあ!!

 神戸製鋼のデータ改竄は、日本の製造業の信頼性を徹底的に失墜させちまったようで、世界中から袋叩きにあうのは当然だろう。そんな会社に腰掛け程度に勤めていたのがペテン総理で、新入社員時代のエピソードとしてかつてこんな話をしていたそうだ。

「神戸製鋼所の新入社員時代、数値の入力ミスで長さの足りないパイプを大量に製造してしまった」

「首になるかと思ったが、事なきを得た。多少の失敗にもめげずに、皆さんにも頑張ってもらいたい」

 ははは、自民党重鎮の安倍晋太郎の息子だもの、こんなことくらいで首にはできません。おかげで、名もない上司がどこかに飛ばされたりしてたんじゃないのか。そんな想像力はないだろうなあ。

安倍首相「神戸製鋼所の新入社員時代、入力ミスで長さの足りないパイプを大量に製造してしまった」

 そんなことより、土建政治の二階君が、街頭演説中の野次にブチ切れて「黙っておれ」って声を荒げたってね。「こっちが演説している時に、いらないことを言うことは許されない」とも言い放ったそうで、これって極論すれば言論封殺も辞さずってことか。

 かつて、カリフォルニア州知事選の最中に生卵をぶつけられたアーノルド・シュワルツェネッガーは、「ベーコンも一緒によこせよな!」とジョークを飛ばして喝采を浴び、これが州知事当選のきっかけともなったと言われている。

 聴衆の過激な挑発をどれだけユトリを持って切り返せるか。それが政治家の器量、度量のバロメーターになるってことだ。

 それに引き替え、この国では、与党の幹事長だけでなく、総理大臣だって野次にいたたまれずに「こんなひとたち」って喚いちゃうんですからね。へたすると、いつの日か「戦争だ!」って叫びかねませんよ。

二階氏、ヤジ続ける聴衆に「黙っておれ」 街頭演説中

 最後に、緑の狸の腰巾着に成り下ったエロ髭・若狭君君が苦戦しているってさ。「政治家としての能力以前に『人相が悪すぎる』という声も多く聞かれる」ってんだが、東京スポーツの記事だから話半分ってことで、お後がよろしいようで。

希望・若狭勝氏が急失速 頼みは同姓候補勢の無効票?

【くろねこの競馬予想】

3歳牝馬3冠の最終戦、秋華賞。デビュー以来、掲示板をはずさない安定度抜群のリスグラシューが連の軸として本命。相手は、ローズステークスを大外一気に駆け抜けたラビットワン。皐月賞に牝馬として果敢に挑戦したファンディーナに注意。
◎リスグラシュー、○ラビットワン、▲モズカッチャン、△ディアドラ、アエロリット、カワキタエンカ、注ファンディーナ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おおさか維新の会 | おすすめサイト | たちあがれ日本 | でっち上げ | みんなの党 | アカデミー賞 | アベノミクス | イラク戦争 | インターネット | オウム真理教 | オスプレイ | オリブ油 | オリンピック | カジノ法案 | ギャンブル | コンピュータ監視法 | スポーツ | セクハラ | タックスヘイブン | テロ | トヨタ | トラテロルコの虐殺 | トランプ | ニュース | ハーグ条約 | バタフライ | バンクーバー・オリンピック | パチンコ | パナマ文書 | ヒマラヤの氷河 | フィギュアスケート | フッ素 | ヘイトスピーチ | ペット | マイナンバー制 | マスゴミ | メディア | リニア新幹線 | リニア新幹線不正入札 | ロッキード事件 | ロック | ワールドカップ | 三宝会 | 上杉隆 | 与謝野馨 | 世論調査 | 中国 | 中谷元 | 亀井静香 | 事務所経費 | 事業仕分け | 二階俊博 | 介護 | 介護問題 | 仙石官房長官 | 住民基本台帳ネットワーク | 体罰 | 偏向報道 | 偽証 | 働き方改革 | 児童ポルノ禁止法改正案 | 党首討論 | 全日本柔道連盟 | 八ッ場ダム | 公文書改竄 | 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) | 再生可能エネルギー | 冤罪 | 初詣 | 前原誠司 | 創価学会 | 加計学園 | 労働者派遣法 | 北方領土 | 北朝鮮拉致問題 | 原子力規制委員会 | 原発 | 参議院選挙 | 口蹄疫 | 古本 | 古本くろねこ堂 | 古賀茂明 | 可視化法案 | 右翼 | 名護市長選 | 国民新党 | 国民民主党 | 地デジ | 地方分権 | 地方創生 | 地球温暖化  | 地震 | 報道ステーション | 墓参り | 外国人労働者 | 外国人献金 | 大口ひろし | 大相撲 | 大連立 | 大阪万博 | 天皇 | 夫婦別姓 | 子宮頸がんワクチン | 学問・資格 | 安倍晋三 | 安倍晋三記念小学校 | 宗教 | 官房機密費 | 宮里藍 | 家庭教育支援条例 | 密約 | 密約問題 | 小池百合子 | 小沢一郎 | 小沢不起訴 | 小泉進次郎 | 少子化 | 尖閣諸島 | 山口敬之 | 山口那津男 | 山本一太 | 山本太郎 | 山谷えり子 | 岡田克也 | 岸田文雄 | 川口悠子 | 希望の党 | 平野官房長官 | 年金問題 | 従軍慰安婦 | 復興予算 | 徴兵制 | 心と体 | 思いやり予算 | 性同一性障害 | 憲法改正 | 戦争 | 押尾事件 | 拉致問題 | 捜査一課長左遷 | 揺れる中東 | 放送制度改革 | 政治とカネ | 政治献金 | 政界再編 | 教育再生会議 | 新党 | 新銀行東京 | 日弁連 | 日本会議 | 日本振興銀行 | 日本未来の党 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝日新聞 | 朝青龍 | 杉田水脈 | 東京オリンピック | 東京新聞 | 東京都青少年の健全な育成に関する条例 | 東京電力 | 東日本大震災 | 東電OL殺人事件 | 枝野幸男 | 核軍縮 | 森喜朗 | 検察  | 検察審査会 | 検察裏金問題 | 橋下知事 | 武器輸出三原則 | 武藤貴也 | 死刑 | 残業代ゼロ | 民主党 | 民進党 | 水谷建設 | 水道民営化 | 沖縄基地問題 | 沖縄密約問題 | 河野太郎 | 河野談話 | 消費税 | 消費者金融 | 清和会 | 渡辺喜美 | 渡辺恒雄 | 渡部恒三 | 熊本地震 | 片山さつき | 猪瀬直樹 | 環境問題 | 甘利明 | 生前退位 | 生方解任 | 生活保護 | 産業競争力会議 | 産経新聞 | 田原総一朗 | 田母神 | 町村元官房長官 | 痴漢冤罪 | 白紙領収書 | 百田尚樹 | 相撲 | 石原伸晃 | 石原慎太郎 | 石川衆議院議員逮捕 | 石破茂 | 社会保障と税の一体改革 | 社民党 | 秘密保全法案 | 税金 | 稲田朋美 | 立憲民主党 | 立花隆 | 競馬 | 竹中平蔵 | 竹島 | 第三極 | 箱根駅伝 | 節電 | 築地市場移転 | 細野豪志 | 経団連 | 経済・政治・国際 | 維新の会 | 緊急事態条項 | 育児 | 自民党 | 舛添要一 | 芸人 | 芸能・アイドル | 英国式独立調査委員会 | 茨城空港 | 菅官房長官 | 菅直人 | 落語 | 血液型性格判断 | 衆議院選挙 | 裁判員裁判 | 裁量労働制 | 解決金制度 | 記者クラブ開放 | 証拠改竄 | 読売新聞 | 謎の市民団体 | 警察不祥事 | 谷垣禎一 | 財務省 | 貧困問題 | 資金管理団体 | 賭け付け警護 | 足立康史 | 辛坊治郎 | 辺野古 | 連合 | 週刊朝日 | 選挙制度改革 | 遺伝子組み換え食品 | 郵便不正事件 | 郵政民営化 | 都知事選 | 都議選 | 野田佳彦 | 野田聖子 | 長谷川幸洋 | 関西電力 | 阿久根市長 | 除染 | 陸山会事件 | 集団的自衛権 | 電力会社 | 電通 | 靖国 | 音楽 | 飯島秘書官 | 高市早苗 | 高村正彦 | 高校無償化 | 高速道路無料化 | 鳩山政権 | 鳩山邦夫 | 鳩山首相 | 麻生太郎 | ACTA | FMラジオ | NHK | PC遠隔操作事件 | STAP細胞 | TBS | TPP | TVCM