二階俊博

2021年1月 6日 (水)

「(特措法)罰則もあるという気合を掛ける」「(オリンピック)開催しないというお考えを聞いてみたいくらいだ」(二階自民党幹事長)・・・腐ってるな!!

 いやはや、凄い話だ。何がって、時短拒否した店は、店名を晒して罰金だそうだ。土建政治の二階君なんか「罰則が目的ではないが、罰則もあるという気合を掛ける」とさ。ヤクザ顔負けの言い草だ。んなことより、手厚い補償をちゃんと議論するのが筋だろう。

時短拒否の飲食店を公表へ 緊急事態で特措法の政令を改正

要請拒否の事業者への罰則 政府と与党は前向き、野党は慎重「まず補償」…特措法改正巡り溝<新型コロナ>

 罰則ってのは、すなわち私権の制限に繋がることなんだから、極めて慎重でなくてはいけない。なぜなら、権力ってのは、自らに都合のいいように法律を運用しかねないからだ。たとえば、国旗・国歌法なんかその典型なんだね。「強制はしない」って言っておきながら、いつのまにか教育の現場では国旗・国歌に楯突く教師は平気で処分されてますからね。

 飲食店にとっては「時短」や「休業要請」ってのは死活問題なんだよね。ラッシャー木村じゃないんだから「耐えて燃えろ」なんてことはできないのだ。耐えてるうちに野垂れ死にしちゃいますよ。これはもう、政治によるいじめですね。

 でもって、土建政治の二階君は、オリンピックについてもこんなクソ発言してます。

「開催しないということのお考えを聞いてみたいぐらいだ」
「自民党として開催促進の決議をしても良いくらいに思っている」

 ああ、いくらでも聞かせてやるから、ツラア出しやがれ、ってなもんです。こんな薄汚い老害政治屋に牛耳られているんだから、自民党も落ちたものだ。この爺さんのツラ見るたびに、腐臭が漂ってくる今日この頃なのだ。

二階氏、五輪「開催しないお考え聞いてみたいぐらいだ」

| | コメント (2)

2020年12月28日 (月)

「飯を食うために集まったんじゃない」「意見交換を考えてやっている」(二階自民党幹事長)・・・天に唾する老害政治屋!!

 自民党議員の忘年会が後を絶たない中、特高顔のカス総理が電波芸者の田原総一朗君と会って、「もう会食しない」「自身の責任問題になりかねない」って愚痴ったそうだ。「自身の責任問題になりかねない」って、既に「責任問題」になってることも理解できないノータリンってことか。

首相、年末年始「会食しない」 批判受け自粛

 でもって、その田原君のBSの番組に土建政治の二階君が出演して、ステーキ会食についてこれまた居丈高な物言いしてくれたってね。曰く、

「飲食店でやったというだけで飯を食うために集まったんじゃない」
「そこで出会って意見交換をすること、今の事態に対してどう対応するかということを考えてやってる」

 これまたノータリンだよね。誰も会食自体を批判してるんじゃなくて、国民に自粛をお願いしているというタイミングを問題にしてるんだよね。そもそも、野球選手や俳優を相手に、コロナ禍にあってどんな意見交換するのか、それもまた一般大衆労働者諸君にとっては論外なことなのだ。

 心が醜いと見かけも汚らしくなるもので、こういう不潔な爺さんの存在ってのは、まさに「老害」そのものってことだ。

自民党の二階幹事長、大人数会食批判に反論

| | コメント (2)

2020年12月 3日 (木)

二階派重鎮の元農水相の収賄疑惑で、森山自民党国対委員長、西川内閣官房参与、そして亀井静香の名前も浮上・・・ひょっとして大疑獄事件に発展か!!

 昨日のエントリーでちょこっと書いた、ペテン政権時代に農水相だった吉川なんたらの収疑惑って、なんと河井バカップルの買収事件の捜査の中で発覚したってね。でもって、この吉川なんたらって男は二階派の重鎮ってんだから、捜査の成り行き次第ではちょいと面白いことになりそうな気配だ。

 実際、自民党の大物議員の名前も囁かれていて、

「今回のアキタフーズから案里氏への献金を手配したのが、元金融相でいまだに地元広島で影響力を持つ亀井静香氏だという話が出ているほか、収賄した議員に農林族のドンの森山裕自民党国対委員長、西川公也内閣官房参与、宮腰光寛衆議も名前を取り沙汰されている」

 んだとか。なかなかに香ばしい面子なんだが、国会閉幕後に吉川なんたらの逮捕もありそうということで、名前の上がった皆さんはさぞやせわしない年の瀬となることだろう。

 それにしても、吉川なんたらは、瞬時に病気になって入院したってんだから笑っちまう。睡眠障害を言い訳にしてあっせん利得疑惑から雲隠れした布袋頭の甘利君にさも似たりってところで、お後がよろしいようで。

吉川元農相が500万円受領か…鶏卵大手から3回 東京地検捜査

特捜部、亀井静香氏と森山・国対委員長も捜査か…吉川元農相の収賄疑惑、自民党全体へ拡大

| | コメント (2)

2020年10月23日 (金)

自民・二階が「官僚の本来の職務に支障をきたしている」と野党合同ヒアリングにいちゃもん!!

 アンポンタン石破君が派閥の会長を辞任するとさ。表向きは総裁選敗北の責任を取ってということなんだが、実際は特高顔の自称苦労人・カス総理に白旗上げたってことだ。いまさら自民党を出たところで誰も相手にしないだろうから、今後は飼い殺しにされて終わりなんじゃないのかねえ。

石破氏、総裁選惨敗でけじめ 派内に不満、助言受け入れ―主流派志向に転換・自民

 そんなことより、土建政治・二階君が、各省庁に対する野党合同ヒアリングについて、「官僚の本来の職務に支障をきたしている」ことを理由に見直しが必要だってほざいてるってね。国会が閉まったままだからこそのヒアリングなんだから、だったらちゃんと国会を開いて議論を尽くすのが筋ってものだ。ていうか、それは国会議員としての義務だろう。


 野党合同ヒアリングでは日本学術会議がこのところ槍玉に上がっているけど、追及すればするほど官僚の答弁が怪しくなって、「法解釈変更はしていない」って言い訳が通じなくなってきているのもひとつの理由なんだろうね。

 さらに、モリ・カケ・サクラもまだ終わったわけではないし、野党合同ヒアリングで政権の尻ぬぐいをさせられることに嫌気が差した官僚がいつ反旗を翻すかわかりませんからね。

 議論の場をことごとく閉ざそうという動きは、警察国家へのいつか来た道につながっていくのは間違いないところで、いまのうちにその芽を摘んておかないと大変なことになりますよ。

 最後に、自らの著作でさえ改竄して平気な顔しているカス総理なんだが、同じ文言が掲載されたブログを削除するのを忘れているようで、お暇ならご一読を。

| | コメント (2)

2020年8月30日 (日)

二階と菅がタッグを組んだ「菅政権」で秋には解散総選挙!?・・・舐められたものだ!!&ペテン総理にエールを送るユーミン・・・「価値観を共有」のトホホ!!

 初老の小学生・ペテン総理の病気を理由にした「政権投げ出し」で、自民党内は後継選びに上を下への大騒ぎ。そんな中、顔も頭も貧相な官房長官・ガースの名前が浮上してきている。メディアは昨日あたりからこぞって「菅擁立論」を煽り始めたようで、その裏では土建政治・二階君が暗躍してるとか・・・。

菅氏が自民総裁選に立候補検討 各派、動き本格化 9月中旬に首相指名

「安倍・麻生」vs「二階・菅」 国家権力を私物化する総裁選の行方

 フルスペックの総裁選を回避して、両院議員総会でシャンシャンにしようという動きが決定的になったいま、ガースの芽はかなり濃厚なのかもね。小渕が病に倒れた時に、赤坂プリンスホテルに野中広務、森喜朗、亀井静香、村上正邦、青木幹雄の5人組が集まり、密室で森政権を誕生させたのと似た構図ですね。おそらく、水面下では議論はかなり煮詰まっているはずで、だからこそのメディア報道なんだね。誰がリークしているのやら。

 これって、明らかに石破潰しのための画策なんだろうに、メディアはそこのところにはまったく触れないんだね。密室政治の典型だってのに、権力側のリークを無批判に垂れ流すだけなんだから、こんなんじゃ誰が総理になろうと何も変わらない。

 つまるところは、政治家はもちんなんだが、ジャーナリズムそのもののあり方を立て直さない限り、この国の劣化は止まらないってことだ。

 最後に、ユーミンが自らのラジオ番組で、ペテン総理にエールを送ったってね。「私の中ではプライベートでは同じ価値観を共有できる、同い年だし、ロマンの在り方が同じ
だとさ。なんだかなあ。

芸能界にもアベノショック…松任谷由実、会見見て「泣いちゃった。切なくて」

| | コメント (1)

2020年7月22日 (水)

「Go To トラブル」の事業委託先関連団体から二階自民党幹事長などへ4200万円の献金・・・ああ、やっばりね!!&「トラベル」の次は「Go To イート」の安直さ!!&「夜の街」で高級フレンチに舌鼓打つペテン総理のお気楽!!

 ああ、やっぱりな・・・何がって、「Go To トラブル」の事業委託先である「ツーリズム産業共同提案体」とかいう団体があるんだが、ここに名を連ねる観光関連の団体から「自民党幹事長の二階俊博氏をはじめ自民党の議員37名に対し、少なくとも約4200万円の献金が行われている」ことが発覚しましたとさ。

 これ、またしても週刊文春のスクープで、この国に新聞は存在しないのかねえ。土建政治の二階君が「全国旅行業協会」の会長に鎮座ましましていることだって、新聞・TVはダンマリを決め込んでるんだからね。

 「ツーリズム産業共同提案体」は1895億円で「Go To トラベル」の事業を請け負っているから、4000万円くらいの献金なんか安いものだろう。こうやって、税金が政治家に還流していくという、なんともわかりやすい構図だ。

 でもって、コロナを利用してさらに税金を食い物にしようと、「Go To トラベル」の次は、「Go To イート」だとさ。事業委託先はこれから公募するそうで、おそらく電通をはじめとするペテン政権の息のかかった怪しげな団体がシャシャリ出てくることでしょう。

旅行の次は飲食店 「GoToイート」8月下旬にも開始

 それにしても、「Go To トラブル」といい、「Go To イート」といい、英語としてはあまりの稚拙さに中学生でも頭か抱えちゃうんじゃないか。

 そんな中、雲隠れ中の初老の小学生・ペテン総理は、説明責任放棄したまま「夜の街」にお出ましで、なんと高級フレンチに舌鼓を打ちましたとさ。これがニホンだ、僕らの国だ・・・クソっ!!

首相動静(7月21日)

| | コメント (2)

2020年7月14日 (火)

コロナ感染拡大で、菅と小池が責任のなすり合い!!&「Go To キャンペーン」は自民党幹事長・二階の利権・・・濡れ手で粟の1.7兆円!!

 顔も頭も貧相な官房長官・ガースとぼったくりバーのチーママ小池君が、責任のなすり合いでヒートアップしてるってね。事の発端は、12日のエントリーで紹介したコロナ感染者増加に関してのガースの「圧倒的に『東京問題』と言っても過言でない」発言だ。これに対して、チーママ小池君が「Go To キャンペーン」を引き合いに出して、こんな当てこすりしてます。

「冷房と暖房の両方をかけるよことにどう対応すればいいのか。整合性を取るのは国の問題だ」

つまり、感染防止と観光刺激策としての「Go To キャンペーン」は両立しないって言いたいんだろうが、しょせんは目クソ鼻クソ。その陰には本物のクソである初老の小学生・ペテン総理がいるわけで、臭いものは元から断たなきゃ駄目なんだよね。

コロナ東京問題、菅・小池氏舌戦 新規感染者の増加で

 そもそも、「感染に気をつけてGoToキャンペーンを活用してほしい」なんて呼びかけがアホみたいなもので、むつ市の市長が「GoToで感染したなら、政府による人災」って批判するのもむべなるかなってものです。

「GoToで感染なら人災」むつ市長憂慮

 感染者が日々増加する中で、なぜ観光キャンペーンなのか。そもそもの疑問はそこにある。おそらく利権だよな、って思ってたら、やっぱりです。なんと、「全国旅行業協会」の会長は、土建政治の二階君なんだってね。そっか、「Go To キャンペーン」は自民党幹事長の利権で、濡れ手で粟の1.7兆円ってことか。

 そりゃあどんなに批判されても、「Go To キャンペーン」延期しない、ていうかできないわけだ。分かりやすいって言えばそれまでだが、どいつもこいつも見かけだけでなく心根もとことん薄汚い野郎どもだ、クソッ!!

| | コメント (2)

2020年6月29日 (月)

「安倍総理や二階幹事長、菅官房長官も案里に期待している」(河井克行前法務大臣)と現金20万円・・・安倍・二階・菅に「交付罪」の疑いが浮上!!

 河井バカップル買収疑惑に初老の小学生・ペテン総理の名前が飛び出したと思ったら、今度は土建政治の二階君と顔も頭も貧相な官房長官・ガースの名前までが浮上してきた。証言したのは北広島町議会議長で、「安倍総理や二階幹事長、菅官房長官も案里に期待している」てなこと囁かれて無理やり現金を渡されたそうだ。

「安倍総理が期待」と現金 二階・菅両氏の名も、前法相

 そういえば、選挙活動費の使い道については監査でしっかり検証しているって土建政治の二階君は言ってたんだが、このところ「党は承知していない」って前言を翻してるんだね。自分の名前が出てくるのを事前に察知して、微妙に発言を修正してきたのかもね。

1億5千万円の使途「党は承知していない」 河井夫妻側への提供金で二階幹事長 従来の説明と食い違い

 河井バカップル買収疑惑については、検察が最終的に狙ってるのは自民党の交付罪だという指摘があるんだが、ペテン総理に続いて二階、菅の名前が具体的に上がってきたってことは、こやつらも刑事訴追の可能性が出てきたってことになるわけか。

 交付罪ってのは、「供与などの行為が行われるとの認識を持って、資金を交付すること」だそうで、夫・カツユキがやたら具体的な名前を出して金をばら撒いていたのは名前を出された本人が了承した上のことだとしたら、交付罪の対象になるのはシロートでも想像つこうというものだ。

検察の本命は「自民党の交付罪」立件だ 河井夫妻事件で専門家が指摘

 ペテン総理が土建政治・二階君と料亭で会食したのも、こうした成り行きを案じてのことなんじゃないのかねえ。秋に解散どころか、辞任もあるかも・・・なんて妄想してみる月曜の朝である。

| | コメント (1)

2020年1月24日 (金)

「桜はもう散った。マスコミが取り上げるから嬉しがってやっている」(二階自民党幹事長)。歩く「老醜」!!&「明細書公開を希望しないホテル側の意向を尊重すべき」(安倍晋三)。国会答弁でホテルに脅しかけるとは!!

 オリ・パラの公式服装とやらが決定ってんだが、ひと目見て非難ごうごうでストップがかかったボランティアのユニフォームを思い出しちまった。AOKIがデザインしたと聞いてなるほどなあとため息ついちゃいましたよ。

 それにしても、モデルになった選手の着こなしはどうにかならなかったのかねえ。スタイリストをつけてなかったのか。もしついてたとしたら、どれだけセンスのない奴なんだろう。水泳の瀬戸君のパンツの裾なんかダボダボで、あれじゃあ選手が可哀想だ。このセンスのなさが東京オリ・パラのすべてを物語っている。

東京五輪日本選手団AOKI製作の公式服装が披露、オリ・パラ同一デザインは初

 そんなことより、土建政治の自民党幹事長・二階君が「桜を見る会」について国民を舐めくさった発言してくれたってね。曰く、

「桜はもう散った。早くこの問題から次の建設的な議論に移していかないといけない」
「マスコミが取り上げてくれるから嬉しがってやっている。こんな程度でしょう」

 「桜を見る会」に関する疑惑ってのは、へたすると総理大臣による犯罪の可能性があるんだよね。それを追及することは国会議員の責務であり、これほど「建設的」なことはない。

もはや法治国家の崩壊。総裁選前に9千人近く招待も「桜はもう散った」と政権逆ギレ

 そもそも、前夜祭にまつわる初老の小学生・ペテン総理への政治資金規正法違反疑惑なんてのは、たとえば会場となったホテルニューオータニが資料を公開すれば、白か黒か一目瞭然のはずなんだよね。ああ、それなのに、ペテン総理は、昨日の国会でも「どのような形であれ、第三者への公開を希望しないホテル側の意向を尊重すべきだ」ってホテルの責任にしちゃってる。

 総理大臣にこうまで言われちゃ、ホテルにしたって資料公開するわけにはいきません。国会答弁で脅しかけてるようなものだろう。

夕食会の明細書、公開拒否 首相「ホテル側の意向尊重」

 土建政治の二階君が「桜はもう散った」と言いたいなら、ペテン総理に資料公開を進言してみることだ。「建設的」ってのは、そういうことを言うんだよ。

| | コメント (2)

2020年1月22日 (水)

廃棄したはずの「桜を見る会」文書・・・「確認せずにないものと考えていた」(酒田元洋内閣府総務課長)。嘘つき!!&「公文書の管理は役所の仕事。細かいことは政治家に分からない。だから処分はしない」(二階自民党幹事長)・・・人事責任放棄の世迷言!!

 「桜を見る会」疑惑で、これまで内閣府が廃棄したと強弁していた文書が、なんとありましたとさ。これは、2011年~13年の会場設営の契約書などに関する文書で、いつもヘラヘラと野党の質問に答えている酒田とかいう総務課長は「確認せずにないものと考えていた」と居直っているってね。

 どう抗弁しようと、ハッキリ言って、嘘ついてたってことなんだよね。「全体の奉仕者」であるべき公務員のこうした虚偽答弁が犯罪として摘発されないんだから、そりゃあ「役人天国」と揶揄されるわけです。

「桜を見る会」保存期間終了し“存在せず”と説明の文書が存在

 でもって、新たに見つかった資料がもうひとつあって、これには過去6年分の招待者数の内訳が記されていたとか。それによれば、直近の5年間で最大約2000人増えた招待客の大半が、初老の小学生・ペテン総理と自民党の推薦者で占められていたんだとさ。つまり、税金使って支援者の接待していたわけで、「桜を見る会」が政治利用されていたことは明白だ。卑しい奴らだこと。考えようによっちゃ、なんともセコイ。

首相・与党枠で膨張 「桜」招待客 内訳新資料 5年で2000人増の大半

 こんなセコイ犯罪の片棒担がされているのが内閣府の役人で、だからこそ「厳重注意」なんて大甘な処分でお茶濁そうとしているんだろうね。たとえば懲戒免職なんてことしてごらんなさい、役人だってそうなれば黙っていないだろうから、事は政治家にだって及んでくる。

 それがわかっているから、土建政治の自民党幹事長・二階君が「公文書の管理は役所の仕事であり、細かいことが政治家に分かるわけがない。分かるわけがないことで処分するというわけにはいかない」って逃げを打ってるんだね。

 でも、役人の監督責任は政治家にあるのは当たり前で、この言い草にはかなり無理がある。それでもゴリ押ししようとしているのは、つまりは「桜を見る会」の名簿に関する疑惑のすべては政治家の指示があればこそって言ってるようなものなのだ。だからと言って誰も処分しないわけにはいかないからの「厳重注意」だったってことだ。

公文書管理で“政務三役の処分不要” 自民 二階幹事長

 元通産官僚の『I am not ABE』の古賀君が「『世間体があるから処分するけど、気にするな』という感じ」(東京新聞より)とコメントしてるけど、それがすべてを物語っているのだろう。

 それにしても、たかがペテン総理ごときにひれ伏して、官僚ってのはどこまで腐れば気がすむのだろう。

| | コメント (3)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新型コロナウイルス 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 議員年金 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 香港 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 ACTA DHC FMラジオ IR汚職 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM