山本太郎

2019年8月 2日 (金)

アメリカが「米軍駐留費の日本負担5倍」を要求!?&新宿駅前でれいわ新選組が「街頭記者会見」!! 

 ごまめの歯ぎしり・河野君が韓国外相と会談したんだが、握手してもまったく笑顔なし。それどころか、韓国外相のきつい視線にちょいと怯んでいるようにも見えたのは勘ぐり過ぎか。それはともかく、駐日大使を呼びつけて、「無礼」なんて言葉を吐いたツケはかなり大きいようで、ひょっとしたら内閣改造では首が飛ぶかもね。

 そんなごまめも、先月末のアメリカのボルトンとの会談では満面笑みで、さぞかし尾っぽ振ってお追従したに違いない。そのあげくが、「米軍駐留費の日本負担5倍」を要求されてたってね。顔も頭も貧相な官房長官・ガースは否定しているようだが、日本の軍事的貢献はトランプが一貫して要求していることですからね。話くらいは出たことは間違いない。

米軍駐留費「日本は5倍負担を」 ボルトン氏が来日時に

 いずれにしても、交渉ベタというか、外交戦略がまったく欠けているとこにもってきて、アメリカのメディアから「トランペット」とからかわれる初老の小学生・ペテン総理では、「5倍」はともかく一定程度の負担増を受け入れることになるんだろうね。参議院のバリフアフリー化にイチャモンつける自民党議員がいるが、こっちの無駄遣いにはノンシャランなんだから何をかいわんやなのだ。

れいわ2議員非難の自民・小野田紀美議員、自らの「文通費の不適切流用」を明かしてしまう!ネット「これこそ特権だろ」「むしろ、れいわ上げの発言では?」

 そのバリアフリー化の主役である、れいわ新選組の木村、舩後両氏が参議院に初登院。院内のバリアフリー化を実現したってことは、もう既に仕事をしたってことで、それだけでも当選した意味があるってものだ。

・田中龍作ジャーナル
れいわ2議員、劇的参院デビュー 当事者による政治が始まった

 でもって、れいわ新選組代表の突貫小僧・山本太郎君は、新宿駅前で聴衆の質問に答える「街頭記者会見」を開催。いわば、現代の辻説法なわけで、これがれいわ新選組躍進の原動力でもあるんだね。当意即妙に質問と真摯に向き合う突貫小僧・山本太郎君の姿は、原稿がないと国会質問ですらまともに答えられないペテン総理にとってさぞかし眩しいに違いない。

れいわ山本代表「NHKをぶっ壊す」なんて言ってる場合じゃない 報道姿勢を問題視


山本太郎 れいわ新選組 代表 街頭記者会見 東京・新宿 2019年8月1日(木)

| | コメント (3)

2019年7月22日 (月)

れいわ新選組2議席獲得。政党要件もクリアの快挙!&自民党、改選議席に届かず敗北&岩手、秋田、宮城、山形、新潟、滋賀、大分で野党共闘競り勝つ&エンタメ化した間抜けな選挙特番で大はしゃぎのミーハーTV!!

 投票締め切りと同時にTV各局は選挙特番で大はしゃぎ。そんな中にあって世界水泳という間抜けぶりのテレビ朝日には笑っちまったんだが、しかしまあ選挙後に特番組んだって、それが何かってなもんです。こういうのは選挙前にやってこそ意味があるんであって、おかげで投票率は50%を割る始末だ。

 その特番にしたって、年々エンタメ化が進んで、知ったかぶりの池上君のテレビ東京『池上無双』も無残なものだった。何が悲しくて政治家の下手なカラオケ聴かなくちゃならないんだ。土建政治の自民党幹事長・二階君とのバトルはなかなか見応えかあったなんて声もあるようだけど、そろそろ限界でしょう。ひな壇のタレントもいりません。

「終わってから見せられてもどうしろと?」「池上無双も...」 デーブ&茂木健一郎つぶやいた「選挙特番」への疑問

池上無双 自民二階幹事長ガチ切れ「ほ~ぉ~って何」「そんなゲスなこと言ってない」

池上無双、対立憲・枝野代表に不発。「ゲスの勘ぐり」と反論受ける

 でもって、選挙結果なんだが、改憲勢力が3分の2に届かなかったのは良しとしよう。というか、メディアによってはまるで自民党が勝ったような報道してるけど、実際には改選議席の66に届かなかったんだから負けでしょう。もっとも、野党が勝ったわけではないけど。

<参院選>改憲勢力3分の2割る 自公、改選過半数は確保

 勝ったのは、突貫小僧・山本太郎君のれいわ新選組だ。2議席獲得しただけでなく、政党要件を満たすという快挙ですからね。これで党首討論にも堂々と参加できるから、議席は失ったものの突貫小僧・山本太郎君の存在感はいや増すことは間違いない。衆議院選挙に繋げたね。

・田中龍作ジャーナル
市民がコントロールできる政治始まる

 1人区の岩手、秋田、宮城、新潟、山形、滋賀、大分で野党共闘が競り勝ったのも心強い。なかでも、新潟の塚田ソンタ君がペテン総理が乗り込んだにも関わらず落選したのは象徴的だ。いろいろ問題抱えている地域では、ペテン総理への嫌悪感ってのはけっこう強いってことだ。

 それにしても、投票率が50%にも届かない選挙って・・・政治の劣化は国民にも責任があるということだ!!


| | コメント (4)

2019年7月 3日 (水)

れいわ新選組が沖縄の現役創価学会員を擁立!!&「エレベーターは大きなミス」は「遺憾」・・・スピーチライターはいま頃職探ししてるかも!&街頭演説の三原じゅん子に「恥を知れ!」とブーイングの嵐!!

 香港のデモが過激になっている。中国の傀儡である香港政府に弾圧の理由を与えかねない事態をちょいと憂慮する水曜の朝である。

 そんなことより、突貫小僧・山本太郎君のれいわ新選組の参議院選候補者に、なんと沖縄の現役の創価学会員である野原よしまさ氏の擁立が決まった。デニー知事誕生の立役者とされる野原氏のれいわ新選組からの立候補は、創価学界を支持母体とする公明党にとっては青天の霹靂に違いない。

「学会に詳しいジャーナリストによれば、学会本部が最も恐れているのは、沖縄の反乱が全国に広がることだ。」
「 沖縄の火付け役となった野原が、今度は山本太郎率いる れいわ新選組 から出馬する。火付け役同志が手を組んだのだ。大火となる可能性がある。」

 ブログ「田中龍作ジャーナル」の指摘はおっしゃる通り。れいわ新選組のこれまでの立候補予定者のリストを見ると、「出たい人より出したいひと」という言葉を改めて教えられるであった。

れいわ、参院選に創価学会員を擁立 玉城知事の支援者

 ところで、初老の小学生・ペテン総理が、「復元大阪城のエレベーターは大きなミス」というお寒いギャグでウケ狙ってスベったことを「遺憾」だとさ。それも、記者を前にして自分の口から言ったのではなく、加計学園とズブズブの萩生田君がそう聞いたってことなんだね。

 「(障害者や高齢者の)状況を軽視し、バリアフリー社会に異論を唱えるような発言ではない」ってんだが、だったら「ハンディのあるひとに優しい設備も設置した先進の技術」を称えさえすれ、「大きなミス」なんて言えるわけがない。こんな言い訳するくらいなら、「大きなミスと言ったのは私のミス」くらいのボケかましてくれた方がなんぼか気が利いてます。

大阪城エレベーター発言への批判に「遺憾」 首相が釈明

Photo_20190703081601
クリックで拡大

 最後に、国会で北朝鮮もかくやのカルト演説した八紘一宇の三原じゅん子センセイが、街頭演説で「恥を知れ!」とブーイングの嵐に晒されたってね。ざまあ~です。

街頭演説の三原じゅん子氏に「恥を知れ」ブーイング

| | コメント (3)

2018年7月20日 (金)

「災害に関してもロクな答弁しないのか!こころ込めて、仕事してくれよ!」(山本太郎)。災害対策より賭博場法案に地道をあげる永田町!!

 いまの国会見てると、もうこの国に議会はいらないんじゃないの、ってつい思ってしまう。どんなに一般大衆労働者諸君が異議を唱えても、最後は数で押し切られちゃったらまったく意味ないですから。

 残業代ゼロ法案、参院定数6増案、そして昨日のカジノ法案と、災害対策そっちのけでお手盛りの法案通すために永田町で汗かく政治屋ばかりなんだから、ホント、殺意を抱きたくなろうというものだ。国民民主とか維新とか、野党面しているけどその腹の中はペテン政権と同類という下衆な奴らの存在も、いっそ腹が立つ。

<カジノ法案付帯決議>野党足並み、再び乱れ 国民が賛成に

 そんな中、一人気を吐くのが突貫増・山本太郎君だ。昨日もやってくれました。国交相のナンミョー石井君を

「冷たいなぁ。やってほしくない、そんな人に災害担当。なんなんだよ、それ。災害に関してもろくな答弁しないのか。政府は確実に初動が遅かっただろ。嘘でもいいから安心させろよ、被災者を」

 と一喝。口だけ小僧・進次郎とは、政治家以前に人としての気迫、器量が違います。


山本太郎 豪雨災害対応 「災害に関してもロクな答弁しないのか!こころ込めて、仕事してくれよ!」:7/19 参院・内閣委

 それにしても、カジノ法案可決を報じる新聞・TVはお気楽なもんだ。何の論評もなく法案可決を淡々と伝えるだけで、その姿は政府広報そのもの。どいつもこいつも恥ずかしくないのかねえ・・・って、恥じ入る感覚があったら、いまの時代、政治家もジャーナリストもやってらんないか。ああ、情けないことになったもんだ。

世界に例がない"史上最悪"の選挙制度改革 「議員定数増」だけの問題ではない

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 茨城空港 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM