萩生田光一

2019年10月 9日 (水)

企画展再開に抗議して座り込みする名古屋市長。わずか数分の"アホーマンス"に失笑!!&「補助金を不交付にしたのは、申請者に不適当な行為が認められたから」(萩生田光一)。具体的に説明しやがれ!!&モンスター助役関連企業から世耕元経産相に献金!!

 「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由・その後」が再開したことがよほど気に食わないようで、名古屋市長のエビフリャー河村君が座り込みをしやがりました。しかも、報道陣を引き連れてわずか数分のことだったとか。

 市長という立場で、なおかつこの男は芸術祭実行委員会の会長代行のくせして、表現の内容にイチャモンつけてるんだから、公権力による暴力以外の何物でもない。こやつは座り込みの際に「陛下への侮辱を許すのか!」と書かれたプラカードを掲げていたんだが、皇室は戦後一貫して「自由」と「民主」の実践者としての地位を築いてきたんだよね。「表現」が気に入らないからってイチャモンつけるのに「陛下」を持ち出すことの方が、よっぽど「陛下への侮辱」なんじゃないか。

河村市長「やめてくれ」 不自由展再開に抗議の座り込み

 でもって、「あいちトリエンナーレ2019」への補助金交付を中止した張本人である加計学園のポチ公・萩生君は開き直ってこんなこと口走ってます。

「私から文化庁に何かを指示したりということはありません」
「補助金を不交付にしたのは、申請者に不適当な行為が認められたことによるもので、この度の展覧会の再開の有無とは関係がないと考えている」

 「不適当な行為」って具体的に説明しやがれ、ってなもんです。文化庁は補助金交付中止決定について議事録はないって言ってるんだよね。補助金交付を決めた有識者委員会の委員のひとりは、こうした不透明なプロセスに抗議して辞任もしている。再開ですべてチャラにはなりませんよ。

萩生田氏「私は指示してない」 文化庁の補助金不交付で

トリエンナーレ補助金不交付 文化庁有識者委員が辞意

 ところで、いまだに検察が動く気配を見せない原発マネー・キックバック事件なんだが、ネトウヨアイドル・稲田君に続いてゲッベルス気取りの世耕君もモンスター助役が関係していた原発工事会社から献金を受けていたってね。現時点では返金は考えていないって開き直っているけど、そのうちなんだかんだ理屈つけて返金することになるんじゃないか。

世耕氏側に600万円を献金 元助役雇用の原発工事会社社長

関電会長、辞任へ 金品受領問題で引責

 関電・モンスター助役・吉田開発という原発マネー・キックバックの図式は、おそらくすべての原発立地地域にもあてはまるんじゃないのかねえ。そして、最後には政治家に原発マネーが流れ込む、ってのが原子力村の描いた絵図なのだろう・・・妄想だけど。

| | コメント (3)

2019年10月 6日 (日)

「実刑にならない限り辞めない」(N国党党首)&N国党党首は幸福の科学の信者!&萩生田文科相が幸福の科学大学開学に奔走中!?

 昨日のラグビーWCのサモア戦は、前半はヒヤヒヤの連続。ラックからの球出しが遅く、サモアのプレッシャーに反則も多かったからどうなることかと思ったが、終わってみれば快勝。この勢いで、スコットランド戦も乗り切って、ベスト8入りを・・・!!

 それはともかく、相も変わらず薄汚くで反吐が出そうになるのが永田町に巣食う税金ジロボーの皆さんだ。そんな中でいま最もホットな注目を集めているのが、脅迫容疑で書類送検されたN国党のヒョーロク玉・立花君だ。書類送検された時には、「有罪になったら議員を辞める」って啖呵切ってたくせに、どうやら有罪濃厚を察したのか、前言翻して「実刑にならない限り辞めない」ってさ。

N国党首、有罪では議員辞めず

 この案件なら、おそらく略式命令で罰金というのが相場だから、つまりは「有罪」ってことになっちゃうんだね。そうなると「議員辞職」をせざるを得なくなるからの前言撤回なのだろう。国会議員という立場を考えれば、検察は略式ではなく本裁判に持ち込んで、脅迫の詳細を法廷で明らかにすべきだろう。

 でもって、ヒョーロク玉・立花君と幸福の科学との関係が取り沙汰されているんだが、なんと信者だったことが判明したってね。幸福の科学は安倍自民党の別働隊なんだから、図式からいけばN国党は幸福の科学の別働隊ってわけか。いやはや、魑魅魍魎が跋扈する永田町は、ますます化け物屋敷の観を呈してきましたねえ。

N国・立花孝志党首「俺、幸福の科学の信者やで」と自ら明かす

 幸福の科学とくれば、文部科学大臣であらせせれるところの加計学園のポチ公・萩生田君だ。その加計学園のポチ公が、一度は頓挫した「幸福の科学大学」の認可に向けて奔走してるってね。加計学園に続く大学利権の始まりってことか。

萩生田光一文科相は「幸福の科学」の大学設置再申請でまた動くのか? 5年前の申請時に幸福の科学側に立って文科省に働きかけ

 この男は骨の髄まで日本会議だから、前川喜平氏が指摘してきたように今後の文部行政は日本会議の理念が反映されたものになっていく危険は大ですよ。

1_20191006083901
クリックで拡大

 N国党→幸福の科学→萩生田・・・とんだ三題噺になっちまった。

| | コメント (1)

2019年9月30日 (月)

「あいちトリエンナーレ2019」への補助金交付中止撤回の署名!! 「トリエンナーレ」を「トリエンターレ」と口にして恥じない加計学園のポチに鉄槌を!!

 ポケベルのサービスが今日で終了とか。ていうより、まだポケベルがあったのかという驚きの月曜の朝である。

 驚きといえば、もう何度も書いているけど、TVニュースのエンタメ化の凄まじさだ。事件や事故へのスキャンダラスな興味ばかりで、政治なんかほんのおまけ。関電の腐れ外道による原発マネー還流が発覚した時も、テレビ朝日『スーパーJチャンネル』ではグルメ情報が優先してましたからね。

 そんな劣化したニュース番組にあって、どの局もなぜか深追いしないのが、「あいちトリエンナーレ」への補助金交付停止問題だ。加計学園とズブズブの文科大臣・萩生田君の「申請のあった内容通りの展示会が実現できていない」という屁理屈で交付がストップとなったんだけど、これって脅迫した側の理屈をそのままに受け入れて脅迫された側の「表現の自由」を侵害したってことなんだよね。

 この屁理屈が通るなら、これからはちょいと問題のありそうな展示については、主催者がハナっから「忖度」して展示そのものを自主的に中止することだってあり得るんだね。つまりは、事前の検閲が始まるってわけだ。

安倍政権の芸術検閲が始まった!「あいちトリエンナーレ」補助金取り消しを町山智浩、内田樹、平野啓一郎、想田和弘らが批判

文化庁による「あいちトリエンナーレ2019」への補助金不交付の撤回を求める会長声明

 こうした状況なのに、メディアの中でも特にTVはこの問題に腰が引けちゃって、ほとんどスルーしてるんだね。ここで沈黙しちゃうってことは、自分で自分の首を絞めることになるってのに、そうした危機感はまったく感じられない。

 そんなメディアを尻目に、補助金交付撤回を求めて既に8万人がネット署名をしている。「トリエンナーレ」を「トリエンターレ」なんて口にして恥じない下衆野郎にいまこそ鉄槌を!!

文化庁は「あいちトリエンナーレ2019」に対する補助金交付中止を撤回してください。(署名はこちらで)

あいちトリエンナーレ補助金不交付の撤回求めネット署名始まる「文化庁は文化を殺すな」

| | コメント (2)

2019年9月12日 (木)

悲報!! 加計学園とズブズブの萩生田が文科大臣。口だけの進次郎が環境大臣・・・最初の仕事は「放射能汚染水放出」か!?

 千葉県の惨状をほったらかしての内閣改造のお祭り騒ぎにはうんざり。お友だちがズラリと並ぶ顔ぶれのどこが大幅改造なのかねえ。突貫小僧・山本太郎君が喝破したように、まさに「でがらしお友達内閣」以外の何物でもない。

れいわ・山本太郎代表「でがらし内閣にコメントない」

 なかでも、ふざけてるのが、加計学園とズブズブの萩生田君を文部科学大臣に起用したことだ。それこそ放火犯が消防士になるようなもので、ここまで舐められたら一般大衆労働者諸君もそろそろ決起の準備をしなくちゃいかんだろう。野党のシェンシェイ方には、せいぜい国会で萩生田君を締め上げて欲しいものだ・・・って、できるかなあ??

1_20190912080401
クリックで拡大

萩生田氏「新時代に対応」 新文科相、加計問題再燃も

 女性スキャンダルで首根っこつかまれて軍門に下った・・・なんて噂があるとかないとかの口だけの進次郎は環境大臣に。原子力防災も担当するそうで、オヤジの脱原発イメージを利用しよという魂胆が、初老の小学生・ペテン総理にはあるのかもね。

小泉進次郎が安倍首相側に寝返った裏に女性スキャンダル? 今後は安倍家臣として改憲スポークスマンに

Photo_20190912082301

 改憲が実現できれば、その他のことはどうでもいいのがペテン総理の本音だから、原発については口だけの進次郎に脱原発イメージを振りまいてもらって、ガス抜きしようってんじゃないのか。「どうやったら残せるかではなく、どうやったらなくせるかを考えたい」と早速コメントしてるところなんか、どうも胡散臭い。

 ともあれ、昨日のエントリーで書いたように、こやつの最初の仕事は「放射能汚染水の海への放流」で決まりだね。おっと、妄想だけど。

 妄想とくれば、ペテン総理の「改憲」だ。組閣後の記者会見でも「必ずや成し遂げる」って喚いてたようだけど、そもそも内閣総理大臣が「改憲、改憲」と白昼堂々と口にすることは憲法違反ですから。そこんところよろしくなのだ。

改憲シフト鮮明 首相「必ず成し遂げる」 第4次安倍再改造内閣発足

史上最悪の極右内閣が誕生! 教育勅語を掛け軸にする文科相、バノン大好き法務相、日本会議のガチメンバーも入閣


| | コメント (3)

2019年7月28日 (日)

「憲法改正論議が停滞するのであれば、大島理森衆院議長を代える必要がある」(萩生田光一)。たかがペテン総理の腰巾着が衆議院議長人事に口出しするとは・・・何様のつもり!!

 初老の小学生・ペテン総理がゾンビのごとく政権に返り咲いてからというもの、この国の政治はタガがはずれまくっているんだが、なんとまあ、今度は加計学園とズブズブの萩生田くんが衆議院議長交代を示唆したってね。

 改憲議論が進まないのは大島衆議院議長が調整型だからで、「今のメンバーでなかなか動かないとすれば、有力な方を議長に置き、改憲シフトを国会が行うのは極めて大事だ」とさ。つまり、改憲強行派を衆議院議長に置いて、一気に改憲議論を盛り上げ、発議に持って行こうってことだ。

改憲論議停滞なら議長交代必要 自民・萩生田幹事長代行

 ペテン総理の腰巾着ごときが立法府の議長にいちゃもんつけるとは、下がりおろう、ってなもんです。おそらく、この発言には、改憲議論にスポットを当てるためのアドバルーンという側面もあるのだろうし、当然そこにはペテン総理の思惑も反映しているはずだ。でなけりゃ、衆議院議長の人事に一介の陣笠が言及するなんてのはあり得ませんからね。

 ここまで驕り高ぶったペテン政権にひれ伏す自民党議員ってのは、どうしようもない腰抜け揃いってことだ。世界からはアメポチどころか、「う○こ」扱いだってのに・・・。

| | コメント (3)

2019年4月20日 (土)

「新しい時代になったら、自民党は少しワイルドな憲法審査を進めていかないといけない」(萩生田光一)。阿呆なことほざいてないで、福島行って廃炉作業に汗を流せ!!

 「消費税増税延期」発言をした加計学園とズブズブの萩生田君が、「個人の見解」と釈明のポーズをとったってね。そんなこと誰も信じちゃいないんだが、それをまた麗々しく垂れ流すメディアってのも困ったものなのだ。笑っちゃうのがひょっとこ麻生で、萩生田君の「日銀短観次第」って発言に対して「萩生田が日銀短観知ってたか」って嫌味言ってやがんの。こんな時も呼び捨てってところに、ひょっとこの人間性が現われてますね。

自民・萩生田氏、増税延期言及は「個人の見解」-政府に異議唱えず

萩生田氏は「短観知っていたか」=消費増税延期発言で嫌み-麻生財務相

 そんなことより、「消費税増税延期」発言をしたネット番組の中で、萩生田君はもうひとつ聞捨てならない発言をしている。こんな具合いです。

「新しい時代になったら、自民党は少しワイルドな憲法審査を進めていかないといけない」

 「ワイルドな憲法審査」だとさ。こういうクソ発言を聞くと、国会議員ってのは議員になる時に「日本国憲法」に手を載せて「憲法遵守」の宣誓させるべきだとつくづく思う。

“憲法改正めぐる萩生田発言” 野党反発 協議見送り

“安倍最側近”萩生田光一が批判されるべきは消費税延期論でなく「ワイルド」改憲発言と『虎ノ門ニュース』の身内化だ

 でもって、こここでも「新しい時代」ってほざいてるんだが、新元号の政治利用にペテン政権は必死だね。有識者会議の議事概要を公開して、「首相一任で“令和”に決定」なんて報道が昨日から相次いでいるのもそのひとつ。

 そんなお祭り気分に浮かれまくったか、「アベ様」のNHKなんか、「皇室の祖先の『天照大神』がまつられる伊勢神宮の内宮」って報道して呆れられる始末だ。

NHKが「皇室の祖先は天照大神」と報道→「現人神宣言か」と批判の声

 新元号・新札→新天皇→超大型連休→祝賀ムード演出→消費税増税延期→衆参ダブル選挙→改憲・・・こんな図式が目に浮かぶ今日この頃なのだ。

 最後に、明日は統一地方選の投票日なんだが、大阪12区補選で自民党大苦戦ということで初老の小学生・ペテン総理が応援演説にお出ましになるんだとか。それを出迎えるのが籠池夫妻たそうで、どんな野次を飛ばしてくれるか、これは見ものですね。

籠池夫妻 あす安倍首相の街頭演説へ

| | コメント (3)

2019年4月19日 (金)

東電が福島第一原発事故の後始末を外国人に押しつけようとしている!!&「消費増税延期ありえる」(萩生田光一)。ほらほら、始まった、いつもの「やるやる詐欺」!!

 自分のケツは自分で拭け・・・のっけからお下品なことを言っちまったが、なんとまあ、東電が福島第一原発の廃炉作業に特定技能外国人をこき使うそうだ。これまでだって、技能実習生を騙して廃炉作業させていたくせに、あまりの労働者不足についには白昼堂々と外国人受入れを宣言したってわけだ。喜んでいるのは、ピンハネでボロ儲けの口入れ屋だけってか。

廃炉に特定技能外国人 東電方針、安全策に懸念

 そもそもは、福島第一原発事故の責任者が廃炉作業の現場で汗を流さなくてはいけない。東電の社員、元社員こそが福島に常駐して廃炉に当たる。そして、福島第一原発の電力の恩恵にあずかっていた東京を中心とした地域の住民がそれに続く。

 そこをねぐって、外国人を廃炉でこき使おうってんだから、世界から見ればなんと虫のいい奴らだってことになるだろう。廃炉に当たる労働者不足の要因のひとつに東京オリ・パラが上げられているようだが、「復興オリンピック」なんてそれこそ天に唾するようなものなのだ。

 ところで、加計学園とズフズブの萩生田君が消費税増税延期を口にしたってね。ほらほら始まった、ってなもんです。この発言が初老の小学生・ペテン総理の意を汲んだものであることは間違いないところで、参議院選前に観測気球を飛ばしてみたってことなんだろう。

萩生田氏“消費増税延期ありえる” 衆参同日選含め臆測も

 わかりやすいっちゃわかりやすいんだが、消費税増税を将棋の駒のように使って自らの保身を図ろうという魂胆がなんとも薄汚い。ていうか、国民も舐められたもんだ。これで、衆参同時選挙も視野に入ってきたから、野党は本気になって統一候補に取り組まないと、またしてもペテン政権にしてやられることになりますよ。

| | コメント (3)

2019年2月12日 (火)

官僚採用権まで手に入れようと画策するペテン政権。そうなったら、霞ヶ関は官邸の犬だらけ!!

 統計偽装のドサクサにまぎれて加計学園とズブズブの萩生田君がよからぬことを口走っている。なんでも、統計偽装を厚労省の役人にすべておっかぶせることで、あたかも霞ヶ関改革のように見せかけて内閣人事局の権力をさらに強化しようとているんだとか。曰く、

「(採用の)最終決定権は人事院や、せっかく内閣人事局をつくったんですから、“外の目”で最終決定したらいいと思う」

 つまり、幹部人事だけでなくすべての官僚の採用までも牛耳ろうというわけだ。そうなったら、採用された官僚は官邸が雇い主みたいなもんなんだから、そりゃ忖度しまくるのは目に見えている。ていうか、そうしなければ出世も覚束ない。統計偽装なんてのはお茶の子さいさい、官邸の言いなりに公文書改竄なんてのは当たり前になっちまうだろうことは容易に想像がつこうというものだ。

 内閣人事局に官僚の採用権なんか許したら、公僕なんて言葉はもうなくなりますね。権力の犬だらけの霞ヶ関となって、この国はひたすら滅亡への道を歩み続けることになるでしょう。

自民・萩生田氏ブチ上げ 内閣人事局が官僚採用権を握る日

 それにしても、こういう声が初老の小学生・ペテン総理の周辺から上がっていることに、なんで新聞・TVは鈍感なのかねえ。それとも鈍感の振りをしているのか。報道番組からは、政権への怒りはまったく感じられず、どいつもこいつも他人事のように評論家面しておざなりなこと言うばかり。そして、最後はお決まりの「野党がだらしないから」で終わるんだよね。

 ジャーナリストとしての矜持も誇りもないくせに、一般サラリーマンの平均給与をはるかに上回る高給を手にするんだからお気楽なことだ。きっと、戦前もこんなんだったんだろうなあ。「我々が歴史から学ぶことは、人間は決して歴史から学ばないということだ」・・・ヘーゲルの言葉が身に沁みる寒さもピークの冬の朝であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 茨城空港 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM