萩生田光一

2020年8月16日 (日)

戦没者追悼式で「歴史に向き合う」かわりに「積極的平和主義」を口にするペテン総理!&靖国参拝でしたり顔の進次郎に「そこじゃない。モーリシャスへ行け」の声!!

 昨日の戦没者追悼式で、初老の小学生・ペテン総理の挨拶から「歴史と向き合う」という文言が消えた。その代わりに持ち出してきたのが「積極的平和主義」だ。これって、なんのことはない2013年12月に閣議決定されたペテン政権の「国家安全保障戦略」の基本理念なんだね。

 「積極的平和主義」をペテン政権が言い出した時にも議論されたんだけど、そもそもこの言葉は平和学の研究家、ヨハン・ガルトゥング博士が提唱した理念で、「戦争がなく、かつ『構造的暴力』も排された真に人々が平和である状態を『積極的平和(Positive Peace)』と説いたものだ。

 それを、ペテン総理がパクったわけだけど、こやつの口にする「積極的平和主義」には、集団的自衛権の行使や武器輸出三原則の形骸化といった「戦争ノスタルジー」の色合いが濃いんだね。そんな文言を「歴史と向き合う」代わりに口にしたってことは、ひょっとしたら居直りやがったのかもね。オリンピックにかまけてコロナ対策に失敗し、あげくに体調不良まで噂され、「辞任」「退陣」の二文字がチラつく中、総理大臣としての「最後っ屁」だったりして・・・妄想ですけど。

安倍首相の式辞から「歴史と向き合う」消える 「積極的平和主義」に初めて言及 全国戦没者追悼式

 そんな中、4人の閣僚が靖国神社参拝をしたってね。その中には、口だけの進次郎、加計のポチ・みのたけ萩生田の顔もあって、いろんな野次が飛んでます。

安倍政権で最多の4閣僚 靖国参拝 終戦の日の閣僚参拝は4年ぶり

環境大臣でもある口だけの進次郎には、「そこじゃないだろう。モーリシャスへ行け」てな声があって、これは日本タンカー座礁による海洋汚染にまったくコメントしないヘタレぶりを揶揄してるわけですね。

 でもって、文科大臣でもある加計のポチ・みのたけ萩生田君には、元文部科学事務次官の前川喜平氏が痛烈な批判の礫を投げかけてます。曰く、

 これはもう、おっしゃる通り。政教分離原則という視点で見ると、戦没者追悼式の挨拶で「御霊(みたま)」という言葉がしょっちゅう使われるんだが、これだって元々は神道用語なんだね。国家神道の元、戦場に送られて悲惨な最期を遂げた戦没者に対して使うべき言葉ではありません・・・なんてことをツラツラ考えてみる日曜の朝である。

| | コメント (1)

2020年2月12日 (水)

桜を見る会前夜祭でマルチ商法と記念写真・・・マルチ商法の広告塔だったペテン総理と私人の嫁!!!!&感染症対策にまったく役立たずの加計獣医学部・・・なんのための100億円!?

 いつかは出ると思ってたけど、とうとう初老の小学生・ペテン総理とマルチ商法との記念写真が発見されたってね。2017年に業務停止命令を受けた仮想通過の「48(よつば)ホールディングス」の社長が桜を見る会に出席した際に撮られた写真だそうで、私人の嫁も鎮座ましましている。

マルチ商法勧誘に首相夫妻との桜写真 業務停止命令の会社 「効果絶大」と会員に拡散

Photo_20200212080401
48社の上位会員から下位会員へと送られ、クローバーコインの販売拡大に使われた淡路氏(後列左)と安倍首相夫妻(前列)の写真。2016年4月の「前夜祭」で撮影された=一部画像処理

 この写真は当然の如く会員獲得に「効果絶大」だったそうで、総理大臣夫妻がマルチ商法の宣材として利用されたのは間違いない。こんな人物が参加してたんだもの、そりゃあ招待者名簿はなかったことにするしかありません。ログの開示さえ頑なに拒んでいるのもわかろうというものだ。

 国会でのなりふり構わない馬鹿丸出しの答弁も、もうやるっきゃないというのが現実なんだろう。世界一のポンコツ大臣・北村君の右往左往ぶりも、大臣としての資質はもちろんだが、突き詰めれば桜疑獄を隠蔽するためのペテン総理の言い訳をどうにか補填しなくちゃいけないことにその原因があるんだね。

 マルチ商法に利用されたペテン総理と私人の嫁の写真ってのは、ひと昔前だったら新聞・TVが追及の急先鋒にたって、一発で総理大臣辞任になってたんじゃないのかねえ。それが新型コロナウイルスをいいことに、予算委員会の報道を意図的にスルーしてるんだから、まったく話になりません。

 でもって、新型コロナウイルス対策は後手後手で大混乱しているんだが、こうした感染症対策のために加計学園獣医学部ってのは認可されたんじゃなかったのか。ああ、それなのに、加計のポチ・みのたけ萩生田君は、「今般の事案(新型コロナウイルス)に対して、加計学園はどんな活動をしておられますでしょう?」(立憲民主・阿部知子)と質問されて、こんな答弁しやがりました。

「今般の新型コロナウイルスを踏まえた取り組みについては、岡山理科大学に確認したところ、今後の感染症、微生物学に関する講義のなかで取り扱うことや、今後、開催するシンポジウムにおいて情報発信・啓発をおこなうことを検討しているとの回答でした」

 おいおい、これって研究か。ようするに、前川喜平氏が言うように「加計学園の獣医学部が新型人獣共通感染症に対処できるようなしろものでないことは、初めから分かっていた」ことで、つぎ込まれた100億円という税金はすべて雲隠れ孝太郎一族に食いつぶされたんじゃないのか・・・妄想だけど。

新型コロナで安倍首相の「感染症対策のため加計学園に獣医学部」の嘘が明らかに! 対策研究できず萩生田大臣が「講義で扱う」と言い訳

 改めて、ペテン総理の存在こそが「国難」とつぶやいてみる水曜の朝であった。

| | コメント (3)

2019年12月 9日 (月)

萩生田文科相に公職選挙法違反疑惑!! 「身の丈」にあった「桜を見る会」のマイナーバージョンか!?

 いよいよ、今日で国会が閉じるんだが、このまま「逃げ切り」なんてことにさせるつもりか、マスコミは。ま、あまり期待はしていなんだけど、それでも少しはジャーナリズムの意地を見せて欲しいものだ・・・なんてことをつらつら思っていたら、週刊朝日がやってくれました。

 なんと、加計学園のポチであるところの身の丈・萩生田君が、地元の後援者たちを集めて、「桜を見る会」疑惑と同じような仕組みで公職選挙法違反の疑いのあるイベントを続けているってね。詳細は記事を読んでいただくとして、おそらく公選法に抵触する可能性があるなんてことは本人はともかくとしても優秀な秘書が付いていればわかることなんだね。

 そういう側近がいないなんてことは考えにくいし、「地元の有権者にお金、モノを渡したり、ごちそうしたりしたら公選法違反でお縄になりますよ。これは基本のき、どの国会議員でもわかっていること」と自民党議員も言ってるそうだから、確信犯ってことだって十分に妄想できる。

安倍首相最側近の萩生田文科相も公選法違反?!「桜を見る会」疑惑と同じ構造【スクープ】

 団扇で大臣辞職した歯の立派な議員もいたことを考えれば、身の丈・萩生田君の公選法違反疑惑は、即刻退場がふさわしい。ていうか、その前に初老の小学生・ペテン総理の追放が先か。いずれにしても、ペテン総理の稚児集団の番頭への疑惑ですからね。ただではすまない、いやすませてはいけない「文部科学大臣の犯罪」なのである。

 最後に、お口直しということで、ウーマンラッシュアワーのパンクな漫才で笑っていただいて、お後がよろしいようで。


ウーマンラッシュアワー THE MANZAI 2019 マスターズ 2019年12月8日

| | コメント (2)

2019年11月 2日 (土)

「温暖な気候」「アンダーコントロール」と嘘ついてオリンピック誘致した責任者、出てこい!!

 ニュージーランドとウェールズの3位決定戦、行ってきました。ゴールポストの斜め後方から俯瞰するシートだったんだけど、全体の動きが将棋の駒のように眼前に広がって、TVでは絶対に観られない角度からの観戦は実に刺激的なのだった。数字の上ではニュージーランド圧勝だけど、ウェールズの最後まで諦めない闘争心には万雷の拍手を送りたい!!

1_20191102084301

2_20191102084301

 話変わって、加計学園のポチ・萩生田君の身の程知らずな「身の丈」発言のおかげで、英語民間試験の実施が正式に延期となった。延期じゃなくて中止だろうと突っ込み入れたくなるところだけど、それにしても「何をいまさら」ってなもんです。

英語民間試験見送り 格差放置 急転

 「何をいまさら」とくれば、マラソンと競歩の札幌開催も同じですね。ぼったくりバーのチーママ・小池君が「やってる感」満々でごねてみせたのはあくまでもポーズなんだね。IOCの決定ってのは、それが最終なんだから、どうやったって覆ることがないのは誰もがわかってたんだからね。

 IOCの強権に対してどうだこうだってメディアは騒いでいるけど、そもそもは「温暖な気候」「アンダーコントロール」と大嘘こいてオリンピックを誘致したのが間違いだったんだよね。その責任は誰が取るのか。そこをしっかりと検証することこそが必要なのに、メディアはそうした責任に言及することはほとんどない。

札幌決着 都は負担なし 五輪マラソン・競歩開催費

マラソン・競歩 札幌決着 禍根残したワンチーム

 オリンピック後に東京でマラソン開催なんて子供だましなことを口走っているようだが、舐めるのもいいかげんにさらせ・・・と我が家のドラ猫に八つ当たりしてみる土曜の朝であった。


| | コメント (1)

2019年10月31日 (木)

「身の丈」発言で英語民間試験延期か・・・口は災いの元。ざまぁ~!!&参議院議員の嫁の公選法違反疑惑で法相が辞任!!&籠池夫妻に7年求刑!

 沖縄の首里城の正殿が全焼。火災はいまも続いているようで、北殿と南殿も延焼中とか。ケガ人はいないそうだが、心配だ。

首里城の正殿、北殿、南殿が全焼 沖縄

 ところで、「身の丈」発言がついに英語民間試験の延期に繋がりそうだ。「口は災いの元」とはよく言ったものだ。そもそも、この英語民間試験は、現場の教師や学生が強く反対の声を上げていたもので、その不公平・不平等が「身の丈」発言で一気に白日の元に晒されたというわけだ。

英語民間試験の延期検討 政府、格差批判を受け

萩生田文科相は「身の丈」発言に反省なし! 受験費用の問題なのに「入学したら給付型奨学金で補填できる」と国会答弁

 大体、民間に試験を丸投げしようという発想が歪んでいる。そこには当然、利権も生まれますからね。おそらく、文科省の中には、そんな文教族どもの暗躍を苦々しく思っていた役人もいたに違いない。ただでさえ、加計学園のポチ・萩生田君が大臣として送り込まれてきて、加計学園疑獄を知り尽くしているだろう文科省の役人にとっては、さぞかしやりずらかっただろうから、ちょっとは溜飲が下がったりして。

 ついでに、「姓・名」順というローマ字の書き換えも中止になればいいのにと思う今日この頃なのだ。

ローマ字、来年から「姓・名」順 文科相表明、民間に周知へ

 でもって、よくもまあ次から次へと呆れちまうんだが、なんと参議院議員で法務大臣の嫁が、夏の選挙で公職選挙法違反の疑いだとさ。なんでも、日当1万5千円と決められているウグイス嬢への報酬を3万円に上乗せしてたとか。しかも、領収書を2枚に分けたりして、明らかな確信犯ってんだから、事実なら当選無効で逮捕です。

河井克行法相 妻の参院選に公選法違反の疑い

 亭主の法務大臣とやらも、いろいろ噂が絶えないようなので、夫婦揃って沈没しちゃえばいいのに・・・ってここまで書いてきたところで、法務大臣辞任の速報が。これ以上大事になると嫁の火の粉が自分にも振りかかるから、早いところ店仕舞いって寸法か。そうはいくかい。

河井法相 辞任の意向固める

 最後に、籠池夫妻に懲役7年の求刑だそうで。シュレッダー佐川やペテン総理の私人の嫁への言及が一切ない報道ってのはいかがなもんなんでしょうねえ。

籠池夫妻に懲役7年求刑=森友学園補助金詐取-大阪地裁

| | コメント (2)

2019年10月29日 (火)

経産相、文科相に続いて、今度は防衛相が台風被害の住民感情を逆撫で・・・「人材」はいないけど「人罪」は豊富な自民党!!

 「身の丈」発言で、加計学園のポチ・萩生田君が謝罪したってね。「不安や不快な思いを与えかねない説明不足な発言だった」ってんだが、いやいや、「不安」とか「不快」とかって問題じゃないから。個々の出自による差別を容認したことこそが発言の核心なんだよね。こんなのが文部行政のトップに居座っていることに、メディアはもちろん一般大衆労働者諸君ももっと危機感を持たないと大変なことになりますよ。

菅氏「発言趣旨知らない」けど「適材適所」 「身の丈」発言の文科相擁護

 25歳以上は女じゃないの菅原君、加計学園のポチ・萩生田君とペテン内閣のポンコツ振りが続く中、ごまめの歯ぎしり・河野君もやらかしてくれました。政治資金パーティの挨拶で、こんなことかましてくれましたとさ。

「私はよく地元で雨男と言われた。私が防衛大臣になってから既に台風は三つ」

 ちょいとウケ狙った軽口のつもりなんだろうが、台風の被害で四苦八苦している地域の住民にしてみれば、「ざけんじゃねえ」ってなもんです。被災地の復旧活動に懸命な自衛隊のトップが、台風被害の住民感情逆撫でしてどうする。

「私は雨男。既に台風三つ」 河野防衛相 自衛隊派遣巡り

 菅原といい、萩生田といい、河野といい、自民党ってのは、「人材」はいないけど「人罪」は豊富なことで。

| | コメント (3)

2019年10月27日 (日)

経済的・地域的格差を受け入れて「身の丈に合わせて頑張ってもらえれば」と暴言吐いて、加計学園のポチ・萩生田文科相が炎上中!!

 イングランドの前に突き進むパワーと華麗なパスに翻弄され続け、ニュージーランドは自分たちのラクビーをまったくさせてもらえなかった。イングランドの完勝に万雷の拍手を!! 実は、3位決定戦のチケットがありまして、くろねこ的にはニュージーランドをライヴで観戦できるのはラッキー!!

 そんなことより、加計学園のポチ・萩生田君が、24日のBSフジの番組で文科大臣にあるまじき発言をして炎上しとります。来年度から採用される民間の「大学入学共通テスト」に絡んで、「民間の資格試験では、経済的・地理的な条件に恵まれてる人の受験回数が増えることで、不公平・公平性が生じるのでは」という疑問があるんだが、それに対してこの男はなんと教育基本法を否定しやがりました。こんな具合です。

「『あいつ予備校通っててずるいよな』って言うのと同じだと思うんですよね」
「裕福な家庭が回数受けて、ウォーミングアップできるみたいなことは、もしかしたらあるかもしれない」
「私は身の丈に合わせて、2回を選んできちんと勝負して頑張ってもらえば・・・」

 「身の丈に合わせて」ってことは、「貧乏人は自己責任でどうにかしろ。それができなければ一生苦しんでろ」って言ってるようなもんなんだね。この国の美徳(?)のひとつであった、「貧しい環境からの立身出世」なんてものはチャンチャラおかしいってことで、二宮尊徳翁も草葉の陰でさぞかし嘆いていることだろう。

都市在住の裕福な家庭が有利な「大学入学共通テスト」に批判、萩生田文科相は「身の丈にあった勝負をすればいい」と切り捨て

萩生田文科相が大学入試改革の格差助長を当然視、貧乏人は「身の丈に合わせろ」と暴言! これが安倍政権の本音だ

 前川喜平氏がツイートしているように、ズバリ、この暴言は教育基本法違反です。こういう発言がすんなり口をついて出てくるのは、生まれついての政治屋稼業で安穏とした人生を送ってきた世襲だらけの自民党の議員だからこそなんだろうね。

 そもそも、落選中に加計学園からお慈悲をいただいていたポチ公に、「身の丈に合った」なんてことは言われたかありませんよ。「こんな人にはなってはいけない」の見本が文部行政のトップにいるんだから、そりゃあ日本の教育が腐っていくわけだ!!

【くろねこの競馬予想】

 今年の天皇賞・秋は、アーモンドアイとサートゥルナーリアの2強の争い。ただし、アーモンドアイには出遅れ、サートゥルナーリアには入れ込みというリスクがあるから、そうスンナリとは決まらないのでは。さらに、アエロリットが引っ張る流れはけっして遅くはならないから、スピードのみならずスタミナも要求される。というわけで、穴で狙ってみたいのが、ユーキャンスマイルとスーヴリチャード。どちらも内枠に入ったのは、外枠不利の府中の2000mではもってこい。アエロリットの逃げ粘りにも要注意。
◎アーモンドアイ、ユーキャンスマイル、▲サートゥルナーリア、△スワーヴリチャード、ダノンプレミアム、アエロリット、ワグネリアン

| | コメント (2)

2019年10月 9日 (水)

企画展再開に抗議して座り込みする名古屋市長。わずか数分の"アホーマンス"に失笑!!&「補助金を不交付にしたのは、申請者に不適当な行為が認められたから」(萩生田光一)。具体的に説明しやがれ!!&モンスター助役関連企業から世耕元経産相に献金!!

 「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由・その後」が再開したことがよほど気に食わないようで、名古屋市長のエビフリャー河村君が座り込みをしやがりました。しかも、報道陣を引き連れてわずか数分のことだったとか。

 市長という立場で、なおかつこの男は芸術祭実行委員会の会長代行のくせして、表現の内容にイチャモンつけてるんだから、公権力による暴力以外の何物でもない。こやつは座り込みの際に「陛下への侮辱を許すのか!」と書かれたプラカードを掲げていたんだが、皇室は戦後一貫して「自由」と「民主」の実践者としての地位を築いてきたんだよね。「表現」が気に入らないからってイチャモンつけるのに「陛下」を持ち出すことの方が、よっぽど「陛下への侮辱」なんじゃないか。

河村市長「やめてくれ」 不自由展再開に抗議の座り込み

 でもって、「あいちトリエンナーレ2019」への補助金交付を中止した張本人である加計学園のポチ公・萩生君は開き直ってこんなこと口走ってます。

「私から文化庁に何かを指示したりということはありません」
「補助金を不交付にしたのは、申請者に不適当な行為が認められたことによるもので、この度の展覧会の再開の有無とは関係がないと考えている」

 「不適当な行為」って具体的に説明しやがれ、ってなもんです。文化庁は補助金交付中止決定について議事録はないって言ってるんだよね。補助金交付を決めた有識者委員会の委員のひとりは、こうした不透明なプロセスに抗議して辞任もしている。再開ですべてチャラにはなりませんよ。

萩生田氏「私は指示してない」 文化庁の補助金不交付で

トリエンナーレ補助金不交付 文化庁有識者委員が辞意

 ところで、いまだに検察が動く気配を見せない原発マネー・キックバック事件なんだが、ネトウヨアイドル・稲田君に続いてゲッベルス気取りの世耕君もモンスター助役が関係していた原発工事会社から献金を受けていたってね。現時点では返金は考えていないって開き直っているけど、そのうちなんだかんだ理屈つけて返金することになるんじゃないか。

世耕氏側に600万円を献金 元助役雇用の原発工事会社社長

関電会長、辞任へ 金品受領問題で引責

 関電・モンスター助役・吉田開発という原発マネー・キックバックの図式は、おそらくすべての原発立地地域にもあてはまるんじゃないのかねえ。そして、最後には政治家に原発マネーが流れ込む、ってのが原子力村の描いた絵図なのだろう・・・妄想だけど。

| | コメント (3)

2019年10月 6日 (日)

「実刑にならない限り辞めない」(N国党党首)&N国党党首は幸福の科学の信者!&萩生田文科相が幸福の科学大学開学に奔走中!?

 昨日のラグビーWCのサモア戦は、前半はヒヤヒヤの連続。ラックからの球出しが遅く、サモアのプレッシャーに反則も多かったからどうなることかと思ったが、終わってみれば快勝。この勢いで、スコットランド戦も乗り切って、ベスト8入りを・・・!!

 それはともかく、相も変わらず薄汚くで反吐が出そうになるのが永田町に巣食う税金ジロボーの皆さんだ。そんな中でいま最もホットな注目を集めているのが、脅迫容疑で書類送検されたN国党のヒョーロク玉・立花君だ。書類送検された時には、「有罪になったら議員を辞める」って啖呵切ってたくせに、どうやら有罪濃厚を察したのか、前言翻して「実刑にならない限り辞めない」ってさ。

N国党首、有罪では議員辞めず

 この案件なら、おそらく略式命令で罰金というのが相場だから、つまりは「有罪」ってことになっちゃうんだね。そうなると「議員辞職」をせざるを得なくなるからの前言撤回なのだろう。国会議員という立場を考えれば、検察は略式ではなく本裁判に持ち込んで、脅迫の詳細を法廷で明らかにすべきだろう。

 でもって、ヒョーロク玉・立花君と幸福の科学との関係が取り沙汰されているんだが、なんと信者だったことが判明したってね。幸福の科学は安倍自民党の別働隊なんだから、図式からいけばN国党は幸福の科学の別働隊ってわけか。いやはや、魑魅魍魎が跋扈する永田町は、ますます化け物屋敷の観を呈してきましたねえ。

N国・立花孝志党首「俺、幸福の科学の信者やで」と自ら明かす

 幸福の科学とくれば、文部科学大臣であらせせれるところの加計学園のポチ公・萩生田君だ。その加計学園のポチ公が、一度は頓挫した「幸福の科学大学」の認可に向けて奔走してるってね。加計学園に続く大学利権の始まりってことか。

萩生田光一文科相は「幸福の科学」の大学設置再申請でまた動くのか? 5年前の申請時に幸福の科学側に立って文科省に働きかけ

 この男は骨の髄まで日本会議だから、前川喜平氏が指摘してきたように今後の文部行政は日本会議の理念が反映されたものになっていく危険は大ですよ。

1_20191006083901
クリックで拡大

 N国党→幸福の科学→萩生田・・・とんだ三題噺になっちまった。

| | コメント (1)

2019年9月30日 (月)

「あいちトリエンナーレ2019」への補助金交付中止撤回の署名!! 「トリエンナーレ」を「トリエンターレ」と口にして恥じない加計学園のポチに鉄槌を!!

 ポケベルのサービスが今日で終了とか。ていうより、まだポケベルがあったのかという驚きの月曜の朝である。

 驚きといえば、もう何度も書いているけど、TVニュースのエンタメ化の凄まじさだ。事件や事故へのスキャンダラスな興味ばかりで、政治なんかほんのおまけ。関電の腐れ外道による原発マネー還流が発覚した時も、テレビ朝日『スーパーJチャンネル』ではグルメ情報が優先してましたからね。

 そんな劣化したニュース番組にあって、どの局もなぜか深追いしないのが、「あいちトリエンナーレ」への補助金交付停止問題だ。加計学園とズブズブの文科大臣・萩生田君の「申請のあった内容通りの展示会が実現できていない」という屁理屈で交付がストップとなったんだけど、これって脅迫した側の理屈をそのままに受け入れて脅迫された側の「表現の自由」を侵害したってことなんだよね。

 この屁理屈が通るなら、これからはちょいと問題のありそうな展示については、主催者がハナっから「忖度」して展示そのものを自主的に中止することだってあり得るんだね。つまりは、事前の検閲が始まるってわけだ。

安倍政権の芸術検閲が始まった!「あいちトリエンナーレ」補助金取り消しを町山智浩、内田樹、平野啓一郎、想田和弘らが批判

文化庁による「あいちトリエンナーレ2019」への補助金不交付の撤回を求める会長声明

 こうした状況なのに、メディアの中でも特にTVはこの問題に腰が引けちゃって、ほとんどスルーしてるんだね。ここで沈黙しちゃうってことは、自分で自分の首を絞めることになるってのに、そうした危機感はまったく感じられない。

 そんなメディアを尻目に、補助金交付撤回を求めて既に8万人がネット署名をしている。「トリエンナーレ」を「トリエンターレ」なんて口にして恥じない下衆野郎にいまこそ鉄槌を!!

文化庁は「あいちトリエンナーレ2019」に対する補助金交付中止を撤回してください。(署名はこちらで)

あいちトリエンナーレ補助金不交付の撤回求めネット署名始まる「文化庁は文化を殺すな」

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 吉村洋文 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新型コロナウイルス 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 香港 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ IR汚職 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM