自衛隊

2019年9月 2日 (月)

防衛省、「兵器ローン」で5.4兆円の借金地獄!!

 サラ金のローン地獄なんてのがバブルの頃にありまして、「闇金ウシジマくん」の世界ですね。一家離散は珍しくもなかっそのローン地獄に、どうやら防衛省がはまっているそうだ。

 なんでも、アメリカからの大量の兵器購入は、後払いの「兵器ローン」で支払っているってんだが、その残高が5.4兆円なにもなるんだとさ。でもって、年度ごとに新規の兵器購入が重なるものだから、ローン返済が追いつかずに補正予算で支払うという裏技が常態化しているんだとか。

 補正予算ってのは、そもそも災害時などに組まれるものなんだよね。それを、「兵器ローン」にも振り分けているわけで、防衛費そのものがブラックボックスのになってしまう可能性があるそうだ。

 「論理的に考える能力が著しく欠ける。バカほど恐ろしいことはない」と金子勝・立教大特任教授がペテン政権を喝破していたが、このまま行くといずれこの国はデフォルトして、サラ金地獄の一家離散のように国家崩壊なんてこともあるかもね。

1_20190902080401
クリックで拡大

| | コメント (3)

2019年8月31日 (土)

防衛省が5.3兆円の概算要求!&読売グループ会長がスイス大使のお友だち人事&口利き疑惑は「政府として調査はしない」(菅官房長官)

 2020年度の各省庁の概算要求が出揃って、なんとまあ、防衛省が5兆3000億円も要求しやがりました。欠陥だらけのF35B、役に立つかどうかもわからないイージス・アショア、そして米軍のための護衛か「いずも」の空母化etc・・・防衛費ってのはひとたび注ぎ込み始めると際限のないものなんだよね。空母化に必要な甲板の耐熱改修費が31億円なんて聞くと、ため息がでるばかり。これだけの税金を子供の貧困問題に振り分ければ、少なくとも「子ども食堂」なんてすぐにも解決すると思うんだが・・・。

 5兆3000億円にはトランプの言いなりに武器購入した多額の献上金が含まれているわけだから、何のための予算なのやら。初老の小学生・ペテン総理のお友だちばかりのための予算ってことなのね。

防衛費、米追随色濃く 20年度概算要求

 ペテン総理のお友だちとくれば、なんと、日本新聞協会会長も務めた読売新聞グループの会長が、スイス大使に起用されたってね。顔も頭も貧相な官房著長官・ガースはこの人事を「人事はすべて適材適所で行っている」だとさ。そういえば、カーペンター桜田君のオリンピック担当大臣も「適材適所」って言ったよね。ま、そんなもんです。

スイス大使に読売新聞グループ会長を起用へ

 でもって、そのガースは、外国人労働者口利き疑惑の上野君の辞任について、政府として調査はしないのかと記者に問われて、「法治国家なので(警察や検察など)そこで対応されるだろうと思う」ってほざいとります。警察も検察もお仲間なんだから、つまりは捜査はなしよってことなんだろうね。ここまで舐められるとは、特捜も地に落ちたものだ。

上野政務官辞任 政府は調査せず 官房長官

 最後に、昨日のエントリーで紹介したネトウヨ教授・武田君の暴言なんだが、『ゴゴスマ』の番組冒頭でMCのアナウンサーが謝罪したってね。謝罪したその舌の根も乾かないうちに、嫌韓煽りの特集が垂れ流されましたとさ。そもそも、謝罪するなら、張本人のネトウヨ教授がすべきことで、一介のアナウンサーに「不快に思った方々にお詫びします」と言わせるだけで事をおさめようという根性が情けない。

「ゴゴスマ」が、武田教授の「ヘイト&犯罪扇動発言」を一転して謝罪!「不快な思いをされた方々におわびいたします」→ネットでは「そうじゃない」との声相次ぐ!

 笑っちまうのが、ネトウヨ教授に続いて罵詈雑言を喚きまくった少女淫行のそのまんまだ。よわせばいのに、ディベートのルールがなんたらかんたらと言い訳して、さらに火に油を注ぐ結果となってるってさ。芸人としても中途半端だったんだから、もう一度たけし軍団に詫びいれて、大好きな殿の雑巾がけでもしていやがれ!!

| | コメント (4)

2019年4月 1日 (月)

防衛省が騙まし討ち。宮古島の「保管庫」は「弾薬庫」だった!!&ネトウヨまがいのMCと政権ベッタリの政治記者。テレビ朝日はもう死んだ!!

 今日は、いわゆるひとつの「四月馬鹿」である。そんな日に東京新聞の1面を飾ったのが、防衛省の大嘘ってんだから笑っちまう。それによれば、宮古島に新設された陸上自衛隊駐屯地にある「小銃などの保管庫」が実は「弾薬庫」だったことが発覚しましたとさ。

 この「弾薬庫」には中距離多目的誘導弾や迫撃砲が配備されているってんだが、そもそも防衛省は「弾薬庫ではない」と住民に説明していたんだね。図面にもちょいと手を加えて説得したそうで、ならばってんで反対していた住民も施設容認に転じたとか。

 ところがどっこい、それがいまになって防衛省が大嘘こいていたことがバレちゃって、「説明不足だった」なんて言い訳してます。いやいや、ハナっから騙すつもりで説明会開いていたのは間違いない。住民にすればとんだ騙まし討ちにあったとうわけだ。

防衛省、設計図と異なる説明 宮古島に弾薬庫

 でも、こういう省庁の「嘘の構図」って、森友・加計学園疑獄や不正統計、さらには働き方改革における数字の改ざんなどを見ればわかるように、もはや常套手段になってるんだね。それはすべて、初老の小学生・ペテン総理の息を吐くように嘘をつく体質が浸透しているゆえのことなのだ。

 そして、それをまたメディアがトリッキーな報道をすることで後押しをする。そんなメディアの典型に成り下がったのがテレビ朝日だ。これまで何度もテレ朝については書いてきたんだけど、このところの劣化ぶりはさすがに目に余る。なかでも、ネトウヨ体質で勇名を馳せている小松なんたらとかいうアナウンサーの「いっちゃってる感」は半端じゃありません。

【恐すぎ】テレ朝・小松靖アナの「嫌韓カルト」ぶりにドン引き!萩谷弁護士が諭すも何度も発言を遮り、「韓国非難」の論調に必死に誘導!(ワイドスクランブル)

 政治部にも中丸なんたらとかいうも露骨な政権よりコメントする記者がいて、今は亡き筑紫哲也の言を借りれば、「テレビ朝はもう死にました」・・・ってなもんです。

テレ朝のトリッキーな報道がひどい

 

| | コメント (2)

2019年3月18日 (月)

【官房長官傲慢記者会見】「どっちもどっち」論を憲法学者の木村草太氏が一喝!!&防衛大の陰湿いじめの実態・・・首謀者たちはいまや自衛隊幹部!!

 東京新聞・望月記者への締め付けはまったく改善されないままの官房長官記者会見なんだが、このバトルに対して「どっちもどっち」と揶揄するジャーナリストがいるんだね。誰とは言わないけど。でも、そうした突き放した態度ってのは、結局のところ官邸に与することに繋がっている・・・なんとことをつらつら思ってたんだが、憲法学者の木村草太氏がそうした疑問にズバリと切り込んでくれた。

 顔も頭も貧相な官房長官・ガースの「あなたに答える必要はありません」という答弁に注目した氏はこう喝破する。

「今回の官房長官の発言は、『あなたに』答える必要がないと、記者の人格を攻撃する性質を持っていた。記者会見は、記者の『質問に』答える場であって、『記者を』論評する場ではない。記者の質問が虚偽事実に基づいているなら、「その質問は事実に反する」と回答すればよく、同じことを何度も聞かれたのなら、『その質問には先ほど答えました』などと対応すればよかったはずだ。人格攻撃をするのは、平等な対応とは言えない。」

「今回の『あなた』発言は、平等原則に反するし、差別感情をあおり、扇動する行為でもあるというべきだろう。」

 そして、こう続ける。

「だとすれば、『長官発言をきっかけに』、ことさらに望月記者の言動の欠点を指摘して『どっちもどっち』と論評するのは、長官の発言に扇動された恥ずべき行為というべきだろう。」

「結局のところ、今回の事態は、到底『どっちもどっち』と言えるものではない。批判されるべきは、不当に人格非難をして差別を誘発した長官のみではないか。」

 そうなんだよね。「どっちもどっち」なんて冷笑しているってのは、つまるところ「敵」に塩を送っているようなもんなんだね。ジャーナリストって当事者であって評論家じゃないんだから、「戦うべき時」を見誤っちゃいけない。

木村草太の憲法の新手(100)批判されるべきは菅官房長官 定例記者会見「あなた」発言

 ところで、防衛大学校の卒業式で、初老の小学生・ペテン総理は「政治も責任を果たさなければならない。次は私たちが、自衛官が強い誇りを持って職務を全うできるよう、環境を整えるため全力を尽くす決意だ」って訓示したそうだ。

安倍首相、憲法9条改正に改めて意欲 防衛大卒業式で訓示

 だから改憲ってわけなんだろうが、そんな訓示を嘲笑うかのよう防衛大学校の「いじめ」が福岡地裁に認定されてたってね。かなり陰湿ないじめがあったようなんだが、いじめをした学生はいまでは自衛隊幹部になってるんだとさ。

防衛大、下級生いじめがまん延 宿舎生活、地裁が認定

 旧日本軍とその体質は何も変わっていないってことだ。ていうか、これが軍隊ってもんなんだよね。それは日本だけに限らない。できれば、いまはのうのうと幹部になっている奴らの名前を公表して欲しいものだ。こんなのが、ヒゲの隊長みたいに永田町に現われてちょっかい出されちゃたまりませんからね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 茨城空港 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM