丸山穂高

2019年6月 4日 (火)

後々証拠となるかもしれないペテン総理の面会記録はすべて廃棄!&「国会は裁判所ではない、ましてや人民法廷でもないはず」(丸山穂高)。四の五の言ってないで国会に出て来い!!

 加計学園疑獄では、首相動静がひとつのキーワードとなって、初老の小学生・ペテン総理が加計学園関係者と面会したのかどうかが争点のひとつとなった。結局は、ペテン総理の解散権濫用によって選挙に突入したことでうやむやになっちまったんだが、総理に限らず閣僚が誰と何時、何処で会ったかという面会記録は、政策決定の検証という観点からも極めて重要な「公文書」であることは間違いない。

 そんなことがあったからなんだろうか。なんと、ペテン総理が「官邸で官庁幹部と面談した際に、首相官邸が議事概要などの打ち合わせ記録を一切作成していない」ことが発覚しましたとさ。「官庁側の責任で作るべきものだ」と官邸は居直っているってんだが、ようするに後々まずいことが起こった時のために、すべての面会記録を闇の中に葬ってしまおうという魂胆なんだね。

首相官邸 打ち合わせ記録一切作らず 「作業責任は官庁側」 指示の検証不能

 これについて、昨日の記者会見で「総理が官邸で各省庁の幹部らと面会した際の打合せ記録を官邸側は一切作成してない事がわかった。現状の公文書作成、保存管理を文書としてしっかり残す事が出来てると思ってるのか」と毎日新聞の記者に突っ込まれた顔も頭も貧相な官房長官・ガースは「出来ている」とにべもないコメントを返している。ホント、いかれてるなあ。

安倍首相面会記録、官邸作成せず=菅官房長官

安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった! 森友・加計後に宣言した「公文書管理見直し」の正体

 記録がなければどんな言い逃れだってできちゃうわけで、「記録作成」を義務化する法律を作らないとペテン総理一派の密室政治によるやりたい放題は止まりませんよ、ったく!

 ところで、適応障害を理由に国会をサボっている戦争小僧・ホダカなんだが、衆議院の議院運営委員会に弁明書を提出しましたとさ。それによれば、「元島民の皆様への配慮を欠いていたことについて、重ねて謝罪申し上げます」とした上で、こんなことほざいてます。

「平和主義を掲げる憲法への違反行為は無理がある」
「国会は裁判所ではありませんし、ましてや人民法廷でもないはず」
「議員の出処進退は議員自身が判断すべきことであり、最終的には選挙での有権者のご判断による」

 ま、何でもいいから、言いたいことがあるなら、国会に出てきて自らの口で弁明しやがれ。政治家の説明責任というのはそういうことだ。

丸山氏弁明書「憲法違反は飛躍」、国会の動き批判


| | コメント (4)

2019年6月 1日 (土)

「れいわ新選組」から蓮池透氏が出馬表明!!&丸山穂高がロシア人少女に抱きつき、キスを繰り返す・・・これって犯罪だろう!!&川崎無差別殺傷事件の報道は憎悪を煽るのではなく、もっと「抑制的」であるべきだ!!

 このところ、初老の小学生・ペテン総理がやたら「解散風」について口にしているようなんだが、どうして「解散は総理の専権事項」ってまやかしをメディアは追及しないのかねえ。

 というわけで、選挙なんだが、突貫小僧・山本太郎君の「れいわ新選組」から蓮池透氏が出馬するってね。脱原発の論客でもあり、なによりも拉致問題では一貫して反安倍の立場で声を上げ続けているその姿勢はこれからも支持したい。

 既存の野党が「民意」を掴み損ねている今、「れいわ新選組」の草の根のパワーには大いに期待したい。「反安倍」が争点になったら面白いのだけれど・・・。

蓮池透氏、れいわ新選組から出馬表明 今夏の参院選念頭

 さて、話変わって、適応障害を理由に雲隠れしている戦争小僧・ホダカなんだが、どうやら国後島では犯罪まがいの乱暴狼藉を働いていたようですね。読売新聞によれば、

「飲酒したのは、交流先のロシア人家庭で、コニャックを10杯以上飲んだという。宿泊先に戻った際は泥酔状態で、『外に飲みに行きたい』などと外出することを強く求め、性的なサービスを提供する店に行きたいとの趣旨の発言も繰り返したという。」

 とのことなんだが、これってずいぶん抑えた記事のようなんだね。なんと、週刊新潮の記事では、「交流先のロシア人家族の娘さんに抱きつき、キスを繰り返した」っていうから、これはもう酔って暴言吐いたのとは次元が違う。事実とするなら、日本国内でこんなことしたら児童虐待で逮捕です。

 国会はどう始末つけてくれるんだろう。自民党が3ケ月も拒否し続けている予算委員会を一刻も早く開いて、集中審議するべきなんじゃないのか。

丸山穂高議員「性サービス店行く」市議ら辞職要求

【驚愕】丸山穂高議員、ロシア人少女に駆け寄り、抱きつき&キスしまくり!「戦争」「おっぱい」発言以外にも、犯罪レベルの問題行為が発覚!

 最後に、川崎無差別殺傷事件なんだが、TVのコメンテーターとやらが「感情論」でモノ言うのはいかがなものだろう。もっと抑制的にならないと、犯人に対する憎悪をひたすら煽ることに繋がりますよ。

 TVが近隣住民のインタビューを流すのはこのテの事件の常なんだけど、あまりにもステレオタイプの意見を垂れ流すのはどうなんだろう。なんな中で気になったのが、「居候と周りでは呼んでいた」という住民の声だ。夕方のニュースをたまたま観ていてこの発言を聞いたんだが、これが本当だとしたらなんてひとたちなんだろう。親戚に引き取られた少年を周囲のひとたちがそんな目で見ていたのだとしたら、そしてそんな雰囲気が少年の心に暗い影を落としていたとしたら・・・とても難しいことだけど、メディアの報道に踊らされないという自覚を持つことも必要なのだと思う今日この頃なのだ。

・一般社団法人ひきこもりUX会議
川崎殺傷事件の報道について(声明文)

| | コメント (1)

2019年5月25日 (土)

老後は金融投資で「自助努力」・・・株で年金溶かしたくせに、国がギャンブルのすすめ!!&丸山穂高が「適応障害」!? 診断書を書いた医師の顔が見てみたい!

 年金は「100年安心」って喚いていたのはどこのどいつだ!!・・・なんて怨嗟の声が巷に湧き起こりそうなとんでもはっぷんな政策をペテン政権が画策しているってね。なんとまあ、公的年金だけでは老後の生活は保障できないから、「自助努力」しろってさ。それも、「生活資金を預貯金で確保しつつ、長期・分散・積み立て投を呼びかけ」たってんだから、恐れ入谷の鬼子母神とはこのこった。

 老後の資金を投資で賄えってことは、ギャンブルでどうにかしろって言ってるようなもので、一般大衆労働者諸君の年金積み立て金を株(=ギャンブル)で溶かした政府がよく言うわ、ってなもんです。マネープランを持ちかけるのは金融機関のやることで、国がリスクのある投資を煽るなんてもってのほか。まずは年金制度の再構築などの政策の指針をこそ示すべきなのだ。

人生100年時代の蓄えは? 年代別心構え、国が指針案

 これって、「最後のおひとりまで」と喚いてあげくに「最後のおひとりまでお支払いするのは難しくなった」と居直った「消えた年金」問題の延長線上にあるわけで、ようするに国の年金制度が破綻しているってことを認めたってことなんだね。

 おそらくは大手広告代理店がひねり出したのだろう「人生100年時代」というキャッチフレーズが、「死ぬまで働け」と聞こえて仕方がない強この頃なのだ。

 最後に、戦争小僧・ホタカの衆院聴取欠席の言い訳が「適応障害」だとさ。あっせん利得疑惑で雲隠れした布袋頭。・甘利君の「睡眠障害」と同じで、おそらく仮病だね。それとも、政治家としての「適応障害」か・・・だったら早いところ辞めちまえ!!

 非正規がこんなんで2ケ月も休職したら、その間は無給ころかクビですよ。でも、戦争小僧は世界に冠たる高額歳費、つまりは税金で左団扇ってんだから、そりゃあ「上級国民」なんて呼び名が当たり前になってくるのもむべなるかなってことか。

丸山穂高氏、衆院の聴取を欠席 休養2カ月の診断書提出

 それにしても、こんな診断書を書いた医師の顔が見てみたい、そんな気がするトランプの物見遊山来日の朝である。

| | コメント (2)

2019年5月24日 (金)

日本原電が濡れ手で粟の1兆円!&戦争小僧・穂高が体調不良で衆議院の聴取を拒否!&「部落差別」発言の長谷川豊を公認停止。なんだそれ!?&当て逃げしたのに「眠っていて気づかなかった」(自民党・白須賀貴樹)。世間を舐めてるなあ!!

 「濡れ手に粟」という言葉があるが、日本原電が発電もしていないのに1兆円の収入ってのはまさにその典型ですね。東電、関電、中部、北陸、東北の電力5社から受け取っている「基本料金」というシステムのおかげだそうで、こういう持ちつ持たれつのカラクリがあるから原子力ムラは辞められないってことか。

発電ほぼゼロで収入1兆円 日本原電8年間分、本紙集計

 ところで、戦争小僧・穂高が体調不良を理由に衆議院の聴取を拒否したってね。勇ましいことを口走る輩ほどいざという時には腰が引けるもので、ゲスの極みとはこういう奴のことを言うのでしょう。ていうより、口ほどにもないって程度か。

戦争発言の丸山氏、衆院議運委の聴取欠席へ

 でもって、もうひとりのゲスの極みである「透析患者は死ね」の元フジテレビアナウンサー・長谷川豊の「部落差別」発言で、日本維新の会は公認停止の処分だとさ。なんだろうね、公認停止って。つまりは、ほとぼりが醒めるのを待とうって腹なんだろう。日本維新の会がいかに世間を舐めているかわかろうというものだ。

長谷川氏の公認停止 維新・松井代表「かばう余地なし」

 世間を舐めていると言えば、文部科学政務官の白須賀君だ。緊急事態に備えて東京に待機する「在京当番日」に選挙区に帰っていたことが発覚したばかりだというのに、なんとその時に当て逃げしてたとさ。

 なんでも、公設秘書が運転していた車が接触事故を起こしてそのまま走り去ったそうで、その車に同乗していた白須賀君が言い訳するには「眠っていて(事故に)気づいておりません」ときたもんだ。緊急事態にも気づかないくらい爆睡していたってんだから、なんとも緊張感のない能天気なシェンシェイであることよ。大丈夫か、ニッポン!!

眠っていて気づかず…白須賀議員、秘書「当て逃げ」に

| | コメント (2)

2019年5月23日 (木)

「俺は女を買いたいんだ」(丸山穂高)と喚いて暴れた国後島の夜!!&歴史的根拠もなしに嘘だらけの理屈で「部落差別」発言した長谷川豊の救いようのない心の闇!!

 6月19日に予定されている党首討論の場で、初老の小学生・ペテン総理が解散を宣言するんじゃないかという憶測が飛び交っている。それにしても不思議なのは、「解散は総理の専権事項」という与太に、ほとんどの新聞TVは疑問を投げかけないことだ。解散風がどうたらこうたら以前に、そういう風潮そのものが「解散の政治利用」だって誰か言ってやれ!!

党首討論 来月19日で調整 首相、解散言及?臆測

 話変わって、日本維新の会の鼻つまみ者、戦争小僧・穂高の新たな乱暴狼藉が発覚したってね。「戦争」発言以外にも、外出しようとして制止されたってことは早くから報道されていたんだが、ここにきてその際に「『俺は女を買いたいんだ!』と叫んで訪問団のスタッフらともみ合いに」なりましたとさ。

 さらに、「『女のいる店で飲ませろ!』と叫んだ上に『おっぱい』と何度も叫んでいたと同行した政府関係者が証言した」という話もあるってんだから、まあ、とんだゲス野郎ってことだ。

 こうなると、「戦争」発言はもちろんだが、国会議員としての“名誉”を傷つけたことにもなるんだから、譴責で誤魔化そうとした自民党は、さあ、どうするどうする!!

“戦争暴言”丸山穂高議員 国後島で「女を買いたい」と外出を試みる

 そして、もうひとりの鼻つまみ者、「透析患者は死ね」の元フジテレビアナウンサー・長谷川豊が、「部落差別」発言で部落解放同盟の抗議を受けて謝罪しましたとさ。その言い訳が凄い。こんな具合です。

「身分制度の話と暴漢に襲われる話が全くリンクしていません。皆さんが読んでも意味が分からないと思いますが、僕が今読んでも意味が分かりません」
「とんでもない差別発言であることは、まぎれもない事実であることに気づきました」
「江戸時代を含めた中世・近世の身分制度について、きちんとした知識を有しないにもかかわらず、安易に『一部の身分の被差別者を犯罪集団だった』と言及したことは、『差別の助長』『差別の再生産』を聴衆の皆さんにもたらす弁解の余地のない差別発言です」
「私自身の『潜在意識にある予断と偏見』『人権意識の欠如』『差別問題解決へ向けた自覚の欠如』に起因する、とんでもない発言です」

 ようするに、何の歴史的根拠もないくせに、嘘だらけの理屈で「部落差別」発言をしたってわけで、こんなのが参議院選挙の公認候補なんだから、日本維新の会もロクなもんじゃありません。処分を検討中ってんだが、ここまできたら公認取り消ししないとおさまりませんよ・・・ていうより、日本維新の会が解党するほうが手っ取り早いか!!

長谷川豊氏が差別発言で「全面的謝罪」 「批判に『切り取り』と反発」から一転

 最後に、久しぶりにアニー山尾君に文春砲が炸裂。なんでも、連休中に「国会に無届け海外旅行」をしていたとか。これが本当なら、脇が甘すぎる。また足元すくわれることになりますよ。

山尾志桜里衆院議員が倉持弁護士と「国会に無届け海外旅行」

| | コメント (2)

2019年5月16日 (木)

丸山穂高が「言論の自由」だとさ・・・笑止千万!! 恥の上塗りならぬ馬鹿の上塗りとはこのことだ!!

 鼻つまみ者の丸山穂高への辞職勧告が囁かれる中、なんとまあ当の本人がツイッターで反論したってね。曰く、

「憲政史上例を見ない、言論府が自らの首を絞める辞職勧告決議案かと。提出され審議されるなら、こちらも相応の反論や弁明を行います」

 だとさ。さらに、こんなことも口走っている。

「過去、可決は鈴木宗男氏など逮捕や起訴案件で3件あるが、発言等に関する提出など1例もなく、まさに言論府が自らの首を絞める行為に等しい。野党側の感情論で議案が出され、普段は冷静な与党まで含めて審議へ進むなら、まさにこのままではこの国の言論の自由が危ぶまれる話でもある」

 言論の自由だとさ・・・笑止千万!! 恥の上塗りならぬ馬鹿の上塗りとはこのことだ。

丸山議員「言論の自由危ぶまれる」 ツイッターで「辞職勧告決議案」に反論

 でもって、もうひとり馬鹿の上塗りしたのが、参議院選挙の維新公認候補の元アナウンサー・長谷川某だ。当初は「戦争」発言をメディアによる切り取りだと擁護してたんだが、鼻つまみ者の一方的な乱暴狼藉ということがわかると手の平返してdisりまくってるとか。

長谷川豊氏 丸山穂高擁護議員を擁護→メディア批判も撤回

 維新ってのはこんなのばっかなんだよね。ひょっとしたら、鼻つまみ者の「戦争」発言ってのは、党内では日常的に交わされている言葉だったりして・・・とすれば、維新の改憲ってのがどんなものかわかろうというものだ。

| | コメント (3)

2019年5月15日 (水)

丸山穂高、議員辞職せず、居直りの厚顔無恥!!&自民党が「失言防止マニュアル」を作成。こいつら小学生か!!

  「戦争しないと、どうしようもなくないですか」発言で、日本維新の会は鼻つまみ者・丸山穂高を除名にしたんだが、当初は代表のチンピラ松井は「言論の自由」なんてふざけたこと言ってたんだよね。この党にはヘイトスピーチまがいの発言を繰り返す史上最低の議員・足立もいるし、参議院選挙の公認候補の中には透析患者排斥を公言して憚らない元アナウンサーがいたりして、ようするに党の体質そのものに問題があるんだよね。

 でもって、鼻つまみ者は議員辞職をせず、「これより先の期間は無所属にて活動する」とさ。「戦争云々」発言は憲法9条違反であることは明らかで、憲法遵守義務違反でもあるんだから、衆議院は議員辞職勧告すべきなんじゃないのか。もっとも、そんなことしたら初老の小学生・ペテン総理が真っ先に辞職勧告という笑えない話になっちまうってか・・・くそっ!!

丸山議員「無所属にて活動する」 ツイッターで辞職否定

 ところで、鼻つまみ者・丸山穂高の騒動を受けて、自民党が「失言防止マニュアル」を作成したってね。。これが、「小学生か」ってレベルで、こんな具合です。

(これより引用)

 注意書き冒頭は「発言は『切り取られる』ことを意識する」で、回避の具体策も指南。「読点(、)が続くダラダラしゃべりは『切り取り』のリスクが増す。句点(。)を意識して短い文章を重ねることで、余計な表現も減る」としている。

 「タイトルに使われやすい『強めのワード』に注意」との部分では(1)歴史認識や政治信条に関する個人的見解(2)ジェンダー、LGBTについての個人的見解(3)事故や災害に関し配慮に欠ける発言(4)病気や老いに関する発言(4)身内と話すようなウケも狙える雑談口調の表現――の5パターンを列挙。「歴史認識」については「謝罪もできず長期化の傾向」との注釈が追記されている。その上で「プライベートな会合でも、誰もがスマートフォンで写真や映像を発信できる」と指摘した。

 締めくくりでは「『弱者』や『被害者』に触れる際は一層の配慮を」とし、「表現に『ブレーキ』をかけるようにしましょう」と注意喚起している。

(引用終わり)

 どれもこれも常識というか、こうしたことをすべてクリアしてこそ政治家ってもんなんじゃないのか。党内からも「情けない」って声があるそうだが、そもそもトップが「初老の小学生」ですからね。類は友を呼ぶ、ってなもんです。

強めのワードに注意…自民が"失言防止"マニュアル作成 党関係者は「情けない」

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下知事 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 茨城空港 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM