菅原一秀

2019年10月29日 (火)

経産相、文科相に続いて、今度は防衛相が台風被害の住民感情を逆撫で・・・「人材」はいないけど「人罪」は豊富な自民党!!

 「身の丈」発言で、加計学園のポチ・萩生田君が謝罪したってね。「不安や不快な思いを与えかねない説明不足な発言だった」ってんだが、いやいや、「不安」とか「不快」とかって問題じゃないから。個々の出自による差別を容認したことこそが発言の核心なんだよね。こんなのが文部行政のトップに居座っていることに、メディアはもちろん一般大衆労働者諸君ももっと危機感を持たないと大変なことになりますよ。

菅氏「発言趣旨知らない」けど「適材適所」 「身の丈」発言の文科相擁護

 25歳以上は女じゃないの菅原君、加計学園のポチ・萩生田君とペテン内閣のポンコツ振りが続く中、ごまめの歯ぎしり・河野君もやらかしてくれました。政治資金パーティの挨拶で、こんなことかましてくれましたとさ。

「私はよく地元で雨男と言われた。私が防衛大臣になってから既に台風は三つ」

 ちょいとウケ狙った軽口のつもりなんだろうが、台風の被害で四苦八苦している地域の住民にしてみれば、「ざけんじゃねえ」ってなもんです。被災地の復旧活動に懸命な自衛隊のトップが、台風被害の住民感情逆撫でしてどうする。

「私は雨男。既に台風三つ」 河野防衛相 自衛隊派遣巡り

 菅原といい、萩生田といい、河野といい、自民党ってのは、「人材」はいないけど「人罪」は豊富なことで。

| | コメント (3)

2019年10月26日 (土)

公職選挙法違反の買収議員を辞任で野放しにする“放置”国家!!

 「国政に影響を与えるから」という理由で閣僚辞任。それを受けて、初老の小学生・ペテン総理が「任命責任はワクチなにありましゅ」と陳謝して一件落着・・・またしても自民党のお家芸が炸裂だ。

菅原経産相 更迭 改造1カ月 香典問題で

地元9区議に贈り物か 辞任の菅原氏

 でもって、当の本人である、25歳以上は女じゃないの菅原君は、こんなふざけた言い訳する始末だ。

「秘書が香典を出した。そのことを確認せず、翌日、私も香典を持っていった。遺族から『二つ届いている』ということで、一つ戻ってきた」

 議員本人が香典を持参するのは公職選挙法違反に引っ掛からないということを意識した上で、わざわざ「秘書との意思疎通ができていなかったから」と強調してるんだね。でも、この男の事務所は、これまでに何十人という秘書が逃げ出しているというワンマン体制なんだから、「秘書が香典を出した。そのことを確認せず」という言い訳は、とてもじゃないけど通用しません。

 これって、遺族を取材すればわかることだと思うんだけど、ひょっとしたら口裏合わせしたりして・・・おっと、ただの妄想ですから、念の為。

 それはともかく、秘書が「菅原一秀名義」で香典出していたら、公職選挙法違反で立件できちゃうわけだから、大臣辞任でシャンシャンってわけにはいきません。かつては、線香配って議員辞職、公民権停止の処分をくらったパソナ小野寺君なんてのもいたんだから、法の平等性という観点からも菅原君をこのまま放置していては、それこそ法治国家が泣くというのだ。

秘書や家族が香典渡しても罰則 公選法、違反なら罰金も

 ところで、手回しのいいことに、公認も早々に決まって、なんと梶山なんたらってのが後釜ってんだが、この男は竹下派7奉行のひとりとされた梶山静六の息子だってね。顔も頭も貧相な官房長官・ガースが「政治の師」と仰ぐのがこの梶山静六で、ようするにガースの息のかかった子分で大臣のたらいまわししているってことだ。

後任、また「菅氏周辺」 経産相辞任劇でも止まらぬ波紋

 しかし、梶山なんたらってのも、叩けばホコリてが出てくるって噂だから、いかに自民党には人がいないかわかろうというものだ。「人材」ならぬ「人罪」の宝庫ってわけです・・・てなわけで、お後がよろしいようで。

自民党、茨城県知事選に向け現金6000万円分配る? 県議が証言

切手爆買いが一転…梶山地方創生相の怪しい政治資金使途

| | コメント (2)

2019年10月25日 (金)

「出演者から訴えられる可能性がある作品を、市がかかわる映画祭で上映するのは難しい」・・・映画『主戦場』が川崎市の介入で上映中止!!&【速報】秘書給与ピンハネ&買収疑惑の菅原一秀経産大臣が辞任!!

  「あいちトリエンナーレ2019」が中止となった理由のひとつに「大量のいやがらせ電話とテロ予告とも受け取れるファクス」というのがあった。でも、これだと「脅迫」に屈したことになって、何の解決にもならないどころか、気に入らない「表現」に「脅迫」が効果的と認めたようなものなんだね。

 「表現の自由」が気に入らない勢力にとっては、こうしたへっぴり腰は願ってもないことで、今後は「脅迫まがいの行為の恐れ」を理由に表現行動を自粛したり規制したりする動きが出てくるんじゃないかと思ってたら、果して川崎市やってくれました。

 なんと、「KAWASAKIしんゆり映画祭」で上映予定だった、慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー映画『主戦場』の上映が中止になったってね。なんでも、「出演者から訴えられる可能性がある作品を、市がかかわる映画祭で上映するのは難しいのではないか」と川崎市から事務局に連絡があり、それを受けて事務局が「出演者に訴えられている作品は上映しないことにした。電話対応に追われるなどのリスクが想定される中、お客さんの安全を確保できない事態も考えた。映画祭存続のための、やむを得ない判断」をしたんだとさ。

 川崎市は「上映に介入したつもりはない。懸念を伝え、最終的には主催者が決定したものだ」と強弁しているようだけど、「懸念を伝える」だけで、十分に介入しているんだよね。ヤクザの「わかってるよな」って脅しと一緒です。

 映画『主戦場』では、慰安婦問題を矮小化しようというひとたちが語る「本音」の根底に、実に浅薄な歴史認識があることが露呈されている。それが気に食わなかったんだろうね。上映禁止を求めて訴訟を起こしてるんだが、それに川崎市は「忖度」したってことだ。

慰安婦問題扱った映画、川崎市共催の映画祭で上映中止に

 上映中止をチラつかせた川崎市とそれに唯々諾々と従った事務局は、実に愚かな決定をしましたね。これが罷り通るようだと、「訴えるぞ」とか「押しかけるぞ」とか「爆弾仕掛けるぞ」とかプレッシャーかければ、容易に「表現の自由」を奪うことができるってことだ。

 ヘイトスピーチ規制のための条例案を制定する動きのある川崎市ですらこれだもんね。この国の「表現の自由」は、どうやら危険水域に入ってきたようだ。

 最後に、25歳以上は女じゃないの経産相・菅原一秀が辞任。早々に公認も決定しているそうで、手回しのいいこと。議員辞職もありの案件ですからね。野党は、これで追及の手を緩めちゃいかんぜよ。

菅原経済産業相 首相に辞表提出

| | コメント (3)

2019年10月20日 (日)

元秘書の証言テープやメロンのお礼状が発覚して絶体絶命の経産大臣に、またしても台風が救いの手!?

 ニュージーランド、強し!! まさに、別次元のラグビーに魅せられたのでありました。

 それはともかく、台風20号に続いて21号が発生。どうやら週末には台風のダブルパンチという最悪の事態が予想される。そんな中、ほくそ笑むどころか高笑いしているのが25歳以上は女じゃないの経産相・菅原君だろう。

 秘書給与ピンハネと公職選挙法違反のダブル疑惑で、国会ではまさにサンドバックとなって袋叩きにあってるってのに、これでまた週末に台風となれば、さすがに攻める野党もそれどころではありませんからね。

 「議員会館のソファに座って『どうしますか』って私がメモを取って、本人がなんかめくりながら、『この人、カニね』とか。メモに書いて最後に表にした」と元秘書が証言する音声テープが出てきたり、メロンを贈った明細書やお礼状が出てきたり、「メロンを贈られたことがある」と選挙区の有権者が証言したり、もう外堀は埋まっちゃってるのにね。

 ああ、それなのに、また台風ときたもんだ。もうひとつ、このどうしようもない男が高笑いする理由ってのがあって、それが時効だ。買収疑惑が起きたのは2006年のことで、時効は3年なんだよね。だからって、買収した事実はなくならないんだが、もう政治家としての倫理観とか道徳観なんてものはこやつらには無縁のものになってますからね。辞任なんかする気は、毛頭ありませんね。

菅原経産相の寄付疑惑、元秘書の証言音声を杉尾氏が公開

菅原一秀経産相「メロン贈答」を裏付ける明細書とお礼状を入手

菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

 そこへもってきて、マスコミもなぜか及び腰で、ほとんどスルー。テレビ朝日なんか看板番組の『スーパーJチャンネル』が「やらせ」で窮地に追い込まれてるから、顔も頭も貧相な官房長官・ガースの一の子分を任じるこの下衆野郎を追及するどころの話じゃありません。

テレ朝スーパーJチャンネルで「やらせ」 知人を仕込む

 こうして悪は蔓延っていくのでありました。

【くろねこの競馬予想】

 皐月賞馬もダービー馬も不在の菊花賞。大混戦は必死だが、そうなると春からのクラシック路線を順当に歩んできた馬が真価を発揮する。というわけで、人気でもここはヴェロックス。相手には、骨折で春のクラシック戦線を離脱していたワールドプレミア。クラシック路線には乗れなかったものの、距離伸びて期待したいのが、ヒシゲッコウとホウオウサーベル。ヴェロックス、ワールドプレミアをまとめて差し切るなら、内枠2番に入ったニシノデイジーが恐い。
◎ヴェロックス、○ワールドプレミア、▲ニシノデイジー、△ホウオウサーベル、ヒシゲッコウ、サダル、レッドジェニアル

| | コメント (2)

2019年10月16日 (水)

【参議院予算委員会】ダブル疑惑の経産相が炎上・NHK会長、経営委員会・日本郵政はみんなグル・文化庁長官、トリエンナーレ補助金不交付見直さず&「セクシー」発言の意味を閣議決定・・・アホちゃいまんねん、パーでんねん!

 日本中が復旧作業にてんてこ舞いしている中で開かれた参議院予算委員会。野党は台風災害対応に集中すべきと延期を要請したのに、初老の小学生・ペテン総理は「国会で災害について議論することが大事」ってこれを拒否したんだね。参議院選挙前に野党の予算委員会開催要請を拒否して、何ヶ月も国会を閉じたままにしていたのとは大違いだ。

参院予算委、台風19号の追加審議決定 自民延期に応じず

 そんな予算委員会では、昨日のエントリーで書いた25歳以上は女じゃないの経産相・菅原君のダブル疑惑(日所給与ピンハネ&公職選挙法違反)が追及されて、言い訳に必死こいとりました。外形上は疑惑濃厚で、土俵際でどうにか踏ん張っている印象か。韓国のたまねぎ男ほどにワイドショーが煽れば瞬殺なんだろうが、ま、台風被害という大義名分があるから、へたすると疑わしきは罰せずになっちゃうかもね。

【鬼畜・管原一秀の目が泳ぐ】元秘書証言、毎月10万円のピンハネ、賃金未払い、凄まじいパワハラ

 予算委員会には、かんぽ保険不正でNHKに圧力をかけてた元総務省事務次官の日本郵政上級副社長が参考人として出席していたんだが、これが典型的な役人根性答弁で、おそらくこやつの存在そのものが圧力だったのだろう。NHKの経営委員会委員長と会長も同席していたけど、こやつらは全員グルですね。それをまた隠そうともしない居直ったそのたたずまいに、「上級国民」という言葉が一瞬頭をよぎったのでありました。

NHK経営委一転「議事録は存在」と公表 会長注意巡り

 ところで、「あいちトリエンナーレ2019」の補助金交付中止について、元東京藝術大学学長の文化庁長官が「申請者の手続き上の問題だ。決定を見直す必要はない」とさ。まんま、加計学園のポチ・萩生田君の見解をなぞりやがりました。

 「(不交付決定に)もし誤解が生じるようなら、理解を得る努力をする」とも答弁しているんだが、「誤解」って何だ。文化庁長官が「表現の自由」を問われて、こういう官製答弁するようじゃ、戦後目指したはずの「文化国家」が聞いて呆れます。

トリエンナーレ不交付、見直さず 補助金、宮田文化庁長官が初言及


参議院 予算委員会 2019年10月15日(火)

 呆れるといえば、口だけの進次郎の「セクシー」発言を「正確な訳出は困難だが、ロングマン英和辞典(初版)によれば『(考え方が)魅力的な』といった意味がある」って閣議決定したってね。ああ、頭いてえ・・・もう文句垂れるのも馬鹿馬鹿しくなってきますよ、ったく!!

「セクシー」の意味、閣議決定 小泉氏発言で政府答弁書

| | コメント (2)

2019年10月15日 (火)

台風19号の陰に隠れてほくそ笑む、秘書給与ビンハネ・公選法違反疑惑の経産大臣!!

 台風19号の爪跡は激甚災害に指定するとか。台風前日にフランス料理を堪能し、救助活動の最中にラクビー観戦のツイートをするような世襲政治屋が何をいまさら、ってなもんです。

台風19号 激甚災害指定へ 安倍首相が対策本部で方針

 そんな自然の猛威の前で、ひとりホッとしている男がいる。25歳以上は女じゃないの経産相・菅原君だ。台風が襲ってこなければ、今頃は秘書給与ピンハネと有権者へメロンやカニをばら撒いた公職選挙法違反のダブル疑惑で炎上していたはずですからね。

 衆議院予算委員会では、メロンやカニをばら撒いた有権者買収を追及されて、「確認中」とかなんとかシドロモドロになってパニック寸前。そんな最悪の状況の中、絶妙のタイミングで台風だもんね。今頃は、証拠隠滅に大童なんじゃないのか。

安倍内閣の“愛人モラハラ大臣”菅原一秀経産相に、今度は秘書給与ピンハネ疑惑、有権者にカニ・メロンばらまき疑惑!

 そもそもは文春砲が放った秘書給与ピンハネ疑惑がきっかけなんだが、それに絡んで2人のアリージャーナリストがこの男の記者会見に「永劫に出入禁止」という通告を受けたってね。記者会見に出席したかったら質問内容を事前に教えろと経産省広報室長が言い放ったそうで、これって事前検閲そのものだよね。

 それほどまでしても出禁にしたかったということは、相当にやましいことがあるってことを公言しているようなものだ。

「秘書給与ピンハネ」疑惑の菅原経産相会見、ジャーナリスト2名が「永劫に」出入禁止に

 菅原一秀。台風の影でほくそ笑むスキャンダルまみれの男を、けっして忘れてなるものか!!


| | コメント (1)

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 ギャンブル コンピュータ監視法 スポーツ セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜田義孝 森喜朗 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM