統一教会

2023年1月27日 (金)

5月8日にコロナ「5類」へ・・・後は野となれ山となれってことか!!&統一教会の学者グループが自民党に政策提言!!

 いよいよコロナが季節性インフルエンザなみの「5類」になるらしい。5月8日からという具体的なスケジュールまで出てきている。でも、そのための科学的根拠ってのが、一切説明されていないのはどうしてなんでしょうねえ。

 マスク着用は個人の判断に委ねるとも言ってるんだが、その根底にあるのは「自己責任でどうにかしろ」ってことなんだね。でなけりゃ、第8波がいまだに収束しないこのタイミングで、「5類」への移行なんて恐くてできません。

 一時ほど感染に神経質になることはないほどに弱毒化していることはあるかもしれない。だからと言って、季節性インフルエンザと同じ対応でOKなんて簡単に決められることなのだろうか。

コロナ5月8日「5類」引き下げ 政府方針、27日に正式決定

 こういう時こそ、褌締め直すの尾身シェンシェイなどの医療専門家が侃々諤々の議論をすべきだと思うんだが、そうはいかのオチンチンなんだね。新型コロナの感染症法上の位置づけについては厚労省の部会で議論されていたってのに、、結局は「『5類』に位置づけるべき」という方向で意見調整してるってんだから、こんなのは議論とは言いません。それはあくまでもアリバイ作りのポーズってことだ。

厚生労働省 部会 “新型コロナ 5類に位置づけるべき”意見調整

 そのうちコロナの医療費も個人負担になるようで、そうなるとお金がないから医者にかかれないひとたちが増えるのは間違いない。一歩間違うと、日本全体が新たなパンデミックに襲われることになりますよ。

 ところで、しんぶん赤旗がまたまたスクープです。なんと、「1980年代、自民党は統一協会の関連団体の学者グループから党本部内の勉強会で共産党攻撃や教科書攻撃の“指南”を受け、毎月数十万円の資金まで提供していた」ってさ。

 「学者らが政権に政策提言していた事実も判明」というから、「旧統一教会の政策が不当に自民党の政策に影響を与えたとは認識していない」としていたヘタレ総理は嘘ついてたってことになるんじゃないのか。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

首相、同性婚制度に慎重 「家族の根幹に関わる」

・メディア幹部 大軍拡後押し “軍事力強化で世論誘導を” 「有識者会議」議事録公開

子育て消費増税の甘利明氏、批判受け司会とのやり取りを「捏造」

「同性婚が気持ち悪いと言って何が悪い」SNSの差別投稿で謝罪の愛知県議 → また差別コメントを投稿

| | コメント (0)

2023年1月26日 (木)

自称国際政治学者の夫の弁護人は統一教会のあの弁護士だった!!&「児童手当の所得制限撤廃」(茂木自民幹事長)・・・民主党の児童手当に難癖つけて、所得制限したのは自民党だったよね!!

 自称国際政治学者のルーリー三浦君の夫が太陽光発電事業にからむ投資詐欺の疑いで家宅捜索されたと思ってたら、どうやら思わぬ方向に話しが転がりだしたようだ。なんと、夫の弁護士が、統一教会(現世界平和統一家庭連合)の記者会見で、テッシーの横に座って睨みを利かせていた福本修也弁護士というから驚き桃の木なのだ。

 全国霊感商法対策弁護士連絡会の弁護士からは、

「三浦氏はなぜ福本修也弁護士に依頼したのでしょうかね。福本弁護士は信者ですから、彼のクライアントは旧統一教会の信者や関係ある人ばかりじゃないかと誰もが思いますよね」

 なんて声も聞こえてくるとか。

【独自】特捜部が追い込む「三浦瑠麗の夫」弁護士はあの統一教会弁護人だった!《肉声入手》

こうなると、ルーリー三浦君の統一教会にまつわる発言がとても気になってくる。早速、統一教会への多額献金についての発言(「財産がなくなったっていうのは、これはそんなに同情すべきか」「競馬でスったって同じじゃないですか」)がネットを駆け巡っている。

 テレビ局もこうした動きに敏感に反応したようで、フジテレビは『めざまし8』へのレギュラー出演を見合わせましたとさ。おそらく、他局も使いづらくなったなあと思っているに違いないから、テレビから姿を消すのも時間の問題か。

三浦瑠麗氏、「めざまし8」出演を当面見合わせ フジテレビ「総合的に判断した」 夫が詐欺容疑で告訴

 自称国際政治学者と統一教会・・・なんとも味わい深い展開になってきたものだ。

 ところで、国会だ。キツネ目の男・茂木君が児童手当の所得制限撤廃を喚いたってね。でも、民主党時代の児童手当にばら撒きだって難癖つけて、所得制限を復活させたのは自民党なんだよね。

 「必要な政策は常に見直し、時代のニーズも考えていかなければいけない」ってキツネ目の男・茂木君は言い繕っているけど、政策を転換したんだったらその経緯をちゃんと説明する義務があるだろう。それもせずに「時代のニーズ」なんて言われても、こういうのを世間では「無定見」と言います。「悪夢の民主党政権」ってのはどうなっちゃったの。

自民・茂木氏、児童手当「所得制限撤廃」主張 過去と矛盾どう説明?

【まだまだあるぞ気になるニュース】

東海第二原発の控訴審直前に東京高裁が裁判長ごと担当替え 国の代理人だった過去を問題視

廃案になった入管難民法改正案をなぜまた提出?「日本の人権意識問われる」大学生らが反対表明【動画あり】

「今の生活に満足」51.8% 過去2番目の低さに 内閣府調査

岸田総理の「長男秘書官」が外遊中にパリ、ロンドンの観光地めぐり 公用車を使って繁華街でショッピングも

維新・中条きよし参院議員が議員会館から新曲宣伝会見 不適切使用を「深く反省」

| | コメント (2)

2023年1月25日 (水)

統一教会との関係について「議長として答えるのは適切ではない」(細田衆議院議長)・・・「議長として答える」のが三権の長たる者の矜持というものだ!&「茂木自民幹事長に統一教会とパーティ券疑惑!!

 統一教会(世界平和統一家庭連合)とズブズブの衆議院議長、セクハラ細田君が野党との非公開会見で、言いたい放題してくれたそうだ。なかでも、これまでなぜ記者会見を開かなかったかという質問への返答が凄い。

「公平中立を旨とする議長として過去のことについて答えるのがいかがなものか」
「議長として答えるのは適切ではない」

 イカレてるなあ。「議長として答える」ことこそが、三権の長たる衆議院議長の矜持というもだろうに、この男はとにかく統一教会のイベント意外では、人前で話すのが嫌いなようだ。

 で、その統一教会のイベントで「安倍首相に早速報告したい」と挨拶したことについて、

「この団体が安倍元首相に近い団体というのは知っていたので、リップサービスとして言った」

 聞きようによっては、安倍が悪いって言ってるように聞こえなくもない。選挙の差配についても知らぬ存ぜぬで押し通したようで、自民党にすればこれで幕引きを図りたいってのが本音だろう。

 それにしても、こんな伝聞みたいな記事書かなくちゃいけない状況に、メディアの記者たちは内心忸怩たる思いをしているのだろうか。記事からはそんな葛藤が伝わってこないのだが・・・。

【速報】「議長として適切ではない」細田氏が記者会見行わない理由を説明

細田議長「票の差配お願いせず」 旧統一教会への依頼を否定

細田議長、票の差配否定 安倍氏と教団「大昔から深い関係」―非公開質疑応じる

 ところで、セクハラ細田君の非公開会見で終わらせたい自民党に、そうは問屋が卸さないスキャンダルが発覚。なんと、これまで統一教会とは一切無関係と息巻いていたキツネ目の男・茂木君の事務所が統一教会信者にパーティ券を売ってましたとさ。

 これが事実なら、幕引きどころか新たなスキャンダルの幕開けってことになる。さあ、キツネ目の男は、どうする、どうする。

自民党・茂木敏充幹事長の大ウソ…統一教会信者にパーティ券を売っていた!【領収書を独占入手】

【まだまだあるぞ気になるニュース】

安保3文書の検討過程を情報公開請求したらほぼ「黒塗り」 敵基地攻撃能力の保有、防衛費倍増の背景は闇に

「飲んで歌って自然免疫」 河村たかし名古屋市長が感染対策で持論

三浦瑠麗氏の「夫の会社とは無関係」は通用する? 成長戦略会議では太陽光発電推しの発言していたが…

| | コメント (1)

2023年1月18日 (水)

壺議員の代表である細田衆議院議長、萩生田政調会長が、統一教会とは何もなかったかのように振る舞う摩訶不思議!!

 統一教会(現世界平和統一家庭連合)への3回目の質問権行使に向けて、今日にも宗教法人審議会が開かれるとか。でもって、「審議会での議論や意見を踏まえ、速やかに旧統一教会に対する権限の行使ができるよう取り組みたい」(永岡文部科学大臣)ってんだが、能書きはどうでもいいから早いところ解散命令請求しろよ、ってのが大方の見方じゃないのかねえ。

旧統一教会 3回目質問権行使へ あす宗教法人審議会開催 文科相

 そうした中、立憲と共産が通常国会での連携を確認し、軍事費増税反対はもとより、「旧統一教会との接点が指摘されている細田衆院議長に説明を求めることで一致」したってね。セクハラ細田君以外にも、壺売りの萩生田、マザームーン山本、食口・井上など、自民党には壺議員が目白押しなんだから、統一教会問題を風化させないためにもこうした意思一致は大事なことだ。

 壺売りの萩生田君なんか、真っ先に政調会長の座から引きづり降ろされなくちゃいけないのに、いまや安倍派の次期会長なんて声が聞こえてくる。食口・井上君も朝日新聞のインタビューでスナイパー山上容疑者をdisりまくったりして、まるで統一教会とは何もなかったかのような振る舞いなんだよね。

旧統一教会問題も「なかったこと」に…? 「安倍派」後継争いの有力者・萩生田光一の“ずるい振る舞い”

 森友学園疑獄では籠池夫妻の刑が最高裁で確定し、ペテン師・シンゾーやその私人の嫁、さらにはシュレッダー佐川君といった主犯格の面々はお咎めなしとなったように、このままだとスナイパー山上容疑者に重罪が課せられ、統一教会に解散命令が出るだけで、自民党の壺議員どもはこの世の春を謳歌し続けることになりますよ。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

子ども予算「倍増」っていつ実現? 基準は? 「公約」にした岸田首相が明言しないのはなぜなのか

【独自】小野寺元防衛相、辺野古関連業者が設立した財団の評議員に 報酬、報告書に記載なし 事務所側「記載すべき報酬ではない」、識者「政治倫理上、重大な問題」

放射性廃棄物ずさん管理 東海再処理施設 改善に361億円 原子力機構試算 /茨城

『モーニングショー』“高齢者は集団自決しろ”で炎上中の成田悠輔が平然と出演で視聴者が猛反発「あの言葉は玉川さんより酷い」「もう怒りしかない」

中国が記者に「資格試験」 本土メディア、統制の加速必至

| | コメント (2)

2023年1月12日 (木)

「いまは国民の声が政治に届きにくくなっている」(菅義偉)・・・お前が言うか!!&元安倍首相秘書官の壺議員が朝日新聞で言いたい放題・・・こんな報道に何の価値があるのか!!

 ガースがヘタレ総理批判を口にしたってね。なんでも、

「いまは国民の声が政治に届きにくくなっている」
「歴代の総理大臣の多くは所属する派閥を出て務めていたのではないか」

 ってドヤ顔でのたまったそうだ。反ヘタレ政権の狼煙を上げて、政局にしよっうて魂胆なんだろうが、「国民の声が政治に届きにくくなっている」ってどの口がいうか、ってなもんです。

 反対の声を無視してオリンピックを強行したのはどこのどいつだ。何の説明もなく学術会議会員の任命拒否したのはどこのどいつだ。さらに、息子が関係した総務省接待疑惑なんてのもあったよね。

 自分のことは棚に上げての典型で、お前が言うかって野次が飛ぶのもさもありなんてことだ。

 ペテン師・シンゾーがいなくなって、キング・メーカー気取りでしゃしゃり出てきてたんだろうが、ガースと統一教会の関係はもっと追及されるべきとカルトハンター・鈴木エイト氏が指摘してるくらいだから、ひょっとしたらとんだ藪蛇になるかもね。だとしたら面白いのだけれど。

岸田首相が派閥の会長を続けていることに苦言 菅前首相

菅前首相が文藝春秋で岸田首相を「派閥政治だ」とバッサリ! これは倒閣の布石なのか

 ところで、統一教会からの選挙支援を受けて参議院選で当選した食口・井上君に朝日新聞がインタビューしてるんだが、これがなんとも噴飯物で非難囂々だってね。

 壺議員のくせに、スナイパー山上容疑者に「甘ったれるな」だとさ。そもそも、朝日新聞はなんのためにこんなインタビューしたんだ。統一教会との関係を追及せずに、言いたい放題させて、そこにはジャーナリズムのカケラもありません。

「山上容疑者個人の責任も問われるべきですが旧統一教会のような団体を放置して被害者が可視化されず、その先に事件が起きた、社会の側、政治家側の問題も追及すべきです」

 カルトハンター・鈴木エイト氏のこの言葉に、メディアは真摯に耳を傾けるべきだろう。

旧統一教会の支援受けた自民・井上氏 山上容疑者へ「甘ったれるな」

【まだまだあるぞ気になるニュース】

陸上自衛官がパワハラ訴え「ゆがんだ現状告発」 休職強要、同僚自殺

共同親権のパブコメに自民党が介入? 推進派議員が関与した資料を政府がサイト掲載 公正・中立性に疑問の声

麻生太郎氏「防衛増税 国民の理解得た」に批判集中 “キングオブ老害”の会合費は年664万円

| | コメント (2)

2023年1月 8日 (日)

統一教会に月内にも追加質問・・・解散命令請求を先延ばしするための作戦か!!&TBS『報道特集』の河野洋平インタビュー文字起こし!!

 5日に統一教会(現世界平和統一家庭連合)の被害者救済法が施行され、いよいよ解散命令請求も間近と思ってたら、なんと文化庁は月内にも追加質問する意向なんだとさ。

 おいおい、いつまで引き延ばすつもりなんだ。こんなんだから、本気で解散命令請求する気がないんじゃないかと勘ぐられちゃうんだよね。

 全国弁連(全国霊感商法対策弁護士連絡会)が「質問権は強制力がなく、中身のある回答を教団がしてきているとは考えにくい。回答に期待するより、文化庁で請求に向けた準備を進めることの方が大切だ」と指摘したというのも、むべなるかなってものだ。

文化庁 旧統一教会への再質問で回答受領 月内にも追加質問方針

 ところで、昨日のTBS『報道特集』は「専守防衛の行く末は…熟議なき“安保政策の大転換” 自民党の重鎮語る『安倍政治に大きな問題があった』」ということで、元衆議院議長の河野洋平にインタビューをしていた。

 宏池会の元重鎮で、自民党にあってはリベラル派の旗手でもあったわけで、その内容は至極もっともなことではある。重要なのは、このタイプの政治家が自民党から姿を消しつつあることなんだね。

 なんとかチルドレンが選挙のたびに跋扈するようになって、自分の頭で政策を考える議員がいなくなっちゃったんだから、今の自民党は政党とは言えません。

 それはともかく、河野洋平のその言や良しとしつつも、息子のブロック大王・河野君にも同じように説教して欲しいものだ。閣僚になったとたんに脱原発をかなぐり捨て、いまや権力の走狗となってマイナンバーカードをゴリ押ししたり、ワクチンの副作用問題で無責任な態度とったりしてますからね。

【河野洋平インタビュー文字起こし】

「70数年前に日本は決心したじゃないかと。尊い命を犠牲にして。決してあの過ちは繰り返しませんと。安保政策の大転換というのは、私はあり得ないと、そう思っているのです。安倍政治というものに非常に大きな問題があったと思います。全体の流れを先に作ってしまうというこの手法は、議会制民主主義の手法としては、やっぱり違うのではないかと私は思います。解散して総選挙で国民の意思を問うというぐらい重要な問題だと、私は思いますね。戦後最大と言ってもいいかもわからない、国の性格を変えるという意味で。それをやるだけの信念というか、それだけの深い考えがあったんでしょうかね」

「反撃能力というのは威嚇ですよね。明らかに武力による威嚇。武力を予算化しようとしている。どう説明をなさるのか、私にはわかりません。政治や外交の努力を抜きにして、ただ壁だけ立てていく。壁ならまだいいけれども、壁の隙間から向こうに鉄砲を向けて狙うというのは本当の安全だと思わないです」

「日本には、日本の歴史的な事情、反省に基づいて、あるいは日本の置かれている立場を考えて、やれる範囲、やるべきこと、やってはいけないことをもう少しはっきりさせるべきではないでしょうか。戦わないために何をするかということを、深刻に考えるべきだと思います」(河野洋平元衆院議長、TBS『報道特集』1月7日)

【まだまだあるぞ気になるニュース】

銃撃直後に語っていた「深い関係」 教団名を伏せ続けた警察の内幕

元参院議員が出馬表明 IR計画の撤回公約―大阪知事選

地方選で自民分裂続々 次期衆院選へ火種

| | コメント (1)

2023年1月 4日 (水)

統一協会幹部が関与する「全国地方議員研修会」が議員会館で複数回開催・・・家庭教育支援条例制定を呼びかけか!!

 統一教会(現世界平和統一家庭連合)の友好団体の幹部が関わる「全国地方議員研修会」と称する会議が、2015年以降に国会の議員会館で6回も開かれていましたとさ。これには100人以上の地方議員が参加し、家庭教育支援条例を制定の呼びかけが行われてたんだとか。実際に制定に動いた議員もいたというから、かなりの影響力があったことは間違いない。

 自民党が地方議員の調査に二の足を踏むわけだ。統一教会に汚染された地方議会の状況が明るみに出たら、それこそ「関係を断つ」なんておためごかしは通用しませんからね。

 これに対して統一協会側は、「特定の政党や政治家との関わりを組織的にもたないスタンスだ。信者個々人の政治活動にも関与していない。世界平和連合か国際勝共連合にお尋ねください。家庭連合からの回答は控える」ってさ。

 「信者がやった」といういつもの逃げの一手をここでも振りかざしているってわけだ。懲りないひとたちなんだね。

 こうした地方議会における統一教会汚染は、統一地方選挙の大きなテーマでもあるわけで、とにもかくにも抜け道だらけの被害者救済法案に誤魔化されずに統一教会ウオッチを続けていきたい今日この頃なのだ。

地方議員の全国会議、旧統一教会側が関与 国会の議員会館でも複数回

教団側が関与の全国会議で「感銘」 参加議員、条例化動くきっかけに

| | コメント (1)

2022年12月31日 (土)

「戦争」&「政治とカルト」に翻弄された2022年・・・その流れは2023年も変わらない!!

 2月にロシアによるウクライナ侵略が始まり、世界中が戦時体制に突入したと思ってたら、7月にはペテン師・シンゾーがスナイパー山上容疑者に殺害されて、統一教会(現世界平和統一家庭連合)と自民党の穏やかならぬ関係が発覚。つまるところ、「戦争」&「政治とカルト」が2022年を象徴するキーワードってことなんだね。

 おそらく、その流れは2023年も変わらない。それどころか、もっと深刻な状況になる可能性だって考えられる。ああ、それなのに、どこの国も独裁者まがいの政治家が氾濫するあり様だ。「国民の生命と財産」を守るためではなく「自らの栄耀栄華」のために政治してるんだからやってられません。

 というわけで、あまり明るい年の瀬ではないけれど、東京新聞連載の佐藤正明氏の風刺の利いた政治マンガで、そんなご時世を一瞬でも笑い飛ばして、皆さん、よいお年を。

Photo_20221231081601
クリックで拡大
<政治まんが>「よいお年を マジで」 佐藤正明傑作選「一笑両断」発売中


| | コメント (0)

2022年12月29日 (木)

『最古参教団元幹部が初証言/安倍家三代と旧統一教会』(BS-TBS「報道1930」)

 岸信介・安倍晋太郎・安倍晋三と3代続いた統一教(現世界平和統一家庭連合)との関係が、いまの政治とカルト問題の根底にあるのは間違いない。そこにスポットを当てた昨夜のBS-TBS『報道1930』はなかなか見応えがあった。

 なかでも、統一教会の元最高幹部の証言はかなり衝撃的だった。つまるところ、統一教会問題って、日本だけで解決できることではないってことなんだね。なんてったって、本拠地は韓国なんだから、どんなに日本で規制したところで、それは慰め程度のものにしかならない。被害者救済法だってしかり。

 韓国政府と連携して実態解明をすべきという指摘は、まさにおっしゃる通りなんだね。そして、その流れの中心で重要な役割を果たしたのが岸信介・安倍晋太郎・安倍晋三ということなのだ。

 ペテン師・シンゾーが声高に叫んだ「美しい国」「日本を取り戻す」は、そもそも統一教会のスローガンでもある。「私を右翼の軍国主義者と呼びたいのであれば、そう呼んでいただきたいものだ」とのたまったペテン師・シンゾーが実は反日カルトと深く結びついてたんでから、なにをかいわんやなのだ。

 こうした報道を地上波では絶対にできないところに、今日のこの国が抱えるの闇があるんでしょうね。


最古参教団元幹部が初証言/安倍家三代と旧統一教会【12月28日(水)#報道1930】


| | コメント (1)

2022年12月24日 (土)

死亡説流されて「たたき殺してやらなきゃ承知ならん」(二階俊博)と国民に凄む税金泥棒!!&統一教会が解散命令反対の嘆願書郵送の悪あがき!!

 久しぶりに土建政治の二階君が吠えたってね。なんでも、自身の死亡説が流れたことに切れたそうで、

「そういうことを流した者がいるとしたら、先にたたき殺してやらなきゃ承知ならんでしょ」

 って息巻いたとか。誰が流したデマかは知らないけれど、国民に向かって「たたき殺す」って凄むのは、少なくとも税金でのうのうと暮らしている国会議員に吐ける言葉じゃありません。

 「老いてますます盛ん」という言葉があるが、こ奴の場合は「騏驎も老いては駑馬に劣る」ってことか。もっとも、麒麟というより、そもそもからして駑馬なんだけどね。悪あがきもここまでくるとなんとも哀れになってくる。

死亡説に「流した者をたたき殺してやらないと」自民・二階元幹事長

 悪あがきとくれば統一協会(現世界平和統一家庭連合)だ。なんとまあ、教団の解散命令請求に反対する2万人の信者からの文書を嘆願書とし文化庁に郵送しましたとさ。

 どうやら統一教会には嘆願書フォーマットなるものがあるようで、ようするに教団あげて解散命令阻止に躍起になってるてわけですね。そんなことより、これまでの悪行の数々を謝罪するのが先だろうに。

信者2万人の「嘆願書」を郵送、解散命令請求に反対の声 旧統一教会

【まだまだあるぞ気になるニュース】

軍事費膨張を招いた戦前の反省はどこへ…防衛費に戦後初の建設国債、安倍晋三氏も生前に強く提唱

秋葉復興相 政府・与党内で “交代論” 今後 具体的な調整へ

ヤジ排除の適法性、道警側が改めて主張 警察官「原告は危険人物」

「国に帰ればいい」 日系ブラジル人の生活保護拒否、誤情報伝える

| | コメント (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Dappi Dappi疑惑 NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト こども家庭庁 たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット ウクライナ侵略 オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ ゼレンスキー タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 デジタル田園都市国家構想 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ トリガー条項 ニュース ネット工作 ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 プーチン ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワクチンパスポート ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 三浦瑠璃 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 侮辱罪 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入国管理局 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 八代英輝 公文書改竄 公明党 共産党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉川赳 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 国葬 土地規制法案 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大石あきこ 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 寺田稔 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 小渕優子 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 山際大志郎 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平井卓也 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 志位和夫 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 成田悠輔 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政党助成金 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 敵基地攻撃 敵基地攻撃能力 文通費 新しい資本主義 新党 新型コロナウイルス 新資本主義 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米地位協定 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 林芳正 枝野幸男 核共有 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河瀬直美 河野太郎 河野談話 泉健太 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 牧島かれん 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秋葉賢也 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細田博之 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 自己責任 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茂木敏充 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 葉梨康弘 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 西村康稔 西田昌司 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 議員年金 議員特権 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 赤木ファイル 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野党共闘 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 防衛省 防衛費 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音喜多駿 音楽 飯島秘書官 香港 馬場伸幸 馳浩 高市早苗 高木毅 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 黒田日銀総裁 10万円給付 ACTA BPO(放送倫理・番組向上機構) DHC FMラジオ IR汚職 LGBT法案 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM