河井克行&案里

2021年4月 6日 (火)

コントまがいの「マスク会食」を飲食時の新マナーとしてマジで喧伝するメディアの低脳!!&河井元法相が自民党からの1.5億円を買収原資疑惑を否定!!

 大阪のイソジン吉村君がマスク会食の義務化を声高に叫んだと思ったら、兵庫県知事と神戸市長が「扇子やうちわで口元を遮る方法もある」「食事中にいちいちマスクを着脱するのは現実的ではない」と懐疑的なコメントを出して、なにやらマスク会食論争勃発の様相を呈している。

「いちいち着脱、現実的ではない」 兵庫県知事と神戸市長「マスク会食」に懐疑的


マスク会食の実践をお願いします

 でも、よくよく考えてみれば、マスク会食ってふんどし尾身シェンシェイが去年の秋に「外して、飲んで、また着けて」と言い出したことなんだよね。その時には、あまりの馬鹿馬鹿しさに一同口アングリって感じだったのに、昨夕のTBS『Nスタ』ではキャスターが「馬鹿馬鹿しいようだけど、やってるみと案外効果的かも」なんて肯定的なコメントやらかす始末だ。

そもそも、マスク会食って汚らしいと思うんだが、どうなんだろう。こんなのが義務化されて強制されたら、そこまでして外食なんかする気にはなりませんよ、ったく。

 神奈川県の正しいマスク会食の方法なんて動画を観てると、なんか戦時中のバケツリレーや竹槍演習のニュースのようで、なんとも気分は昭和になっちまうんだね。こんなことしか思いつかない輩に、コロナ対策まかせておいて本当にいいのかねえ。


飲食時の新マナー「マスク飲食」

 ところで、河井バカップルの夫・カツユキが、買収の原資は「全て手持ち資金」で、自民党からの1億五千万円は買収にはビタ一文使ってませんと証言したってね。

 でもって、「生涯にわたり選挙に立候補しない」そうで、やっぱり自民党と話し合いがついてるんだね。1億五千万円について口をつぐめば、これからの生活は補償する、ってことなんじゃないのか。妄想だけど。

「買収原資はポケットマネー、党からの1.5億円は使っていない」 被告人質問で河井元法相 政界引退も明言


| | コメント (2)

2021年3月24日 (水)

河合克行元法相が「買収を認め」「議員辞職」・・・買収原資の1億五千万円には口を閉ざすことで自民党と取引したか!?

 河合バカップルのカツユキが、これまでの無罪主張から一転して買収を認め、議員辞職も併せて表明した。これを受けて、土建政治の二階君が「党としても他山の石としてしっかり対応していかなくてはならない」って発言して、その無教養ぶりを冷笑されている。当事者のくせに「他山の石」だもんね。恥ずかしいったらありません。

「争うことはしません」河井元法相、一転買収なぜ認めた?

二階氏「党として他山の石に」 河井元法相の買収事件に

 そもそも、河合バカップルによる買収事件は、その原資が自民党から渡った1億5千万円で、そのうちの1億2千万円は政党助成金、つまり税金で賄われたことが重要なポイントなんだよね。通常の10倍とも言われる選挙資金を注ぎ込んだのは、反安倍の旗振りした岸田派の議員の再選をなんとしても阻止したいというペテン師・シンゾーの思惑が働いていたとも囁かれている。

 それが事実なら、ペテン師・シンゾーが買収をけしかけたとも言えるわけで、「他山の石」どころか買収の首謀者と言っても過言ではない・・・妄想だけど。

河井元法相買収事件 原資はどこから? 1億5000万円投入した自民、真相解明に後ろ向き

 では、なぜこのタイミングでカツユキが買収を認め、なおかつ議員辞職をしたのか。ひとつには、選挙日程が絡んでいるとか。3月15日までに辞職していれば4月25日に補欠選挙が実施されるスケジュールだったってね。でも、それでは内閣支持率が低迷する中、勝ち目がない。15日以降の辞任ならば秋の衆議院選に統合されるから、それまでにはほとぼりも冷めるだろう・・・というわけだ。

 もうひとつは、買収資金の1億五千万円について説明責任をあやふやのままにして、自民党に事件が波及しないように恩を売ることで、何らかのバーターがあったんじゃないかという、ま、邪推ですね。へたすると、ペテン師・シンゾー、土建政治の二階、そしてカス総理にまで司法の手が伸びる可能性だってなきにしもあらずなんだから、自民党からカツユキに働きかけがあったって不思議ではない。自民党が1億五千万円の使途について調査する気配もないのが、なんとも怪しい今日この頃なのだ。

 最後に、買収されたお歴々が、お咎めなしってのもこの事件の奇妙なところで、裁判所にはそこのところもよろしくなのだ。


| | コメント (2)

2021年2月10日 (水)

「森発言は完全に不適切」・・・IOCの手のひら返しに組織委理事会はどう反応する!!&河井バカップルの買収原資は「自民党からの1億5千万円」と判明!! 検察は前首相・現首相と幹事長の責任を徹底して追及すべし!!

 スポーツ貴族と言うか、スポーツ・マフィアと言うか、オリンピック利権に目が眩んだIOCが、サメの脳みそ・シンキロー森の女性蔑視発言謝罪を受けて一件落着を図ろうとしたものの、世界中からの批判の嵐にとうとう手のひら返ししちゃいました。曰く、

「森氏の発言は完全に不適切で、五輪の理念に反している」

 IOC会長のバッハの機を見るに敏と言うか、融通無碍と言うか、無定見と言うか、つまりはご都合主義で、シンキロー森がバッサリ切られちまっということだ。そんな動きを受けてか、12日に予定されている大会組織委の理事会に注目が集まっている。当初は、会長の進退については議論しないとされていたんだが、IOCの手の平返しにより、どうやらそうもいかなくなったらしい。

 ひょっとしたら、シンキロー森の辞任ということで決着を図ろうとするかもね。昨日のエントリーでも書いたけど、沈黙する理事ってのはシンキロー森の女性蔑視発言に同意したのと同じなんだから、キング牧師の言葉を胸に刻んで理事会に臨むことだ。

「最大の悲劇は、悪人の圧政や残酷さではなく、善人の沈黙である」(マーチン・ルーサー・キング)

IOC、森氏発言は完全に不適切 非難受け新見解、進退問題触れず

 話変わって、河合バカップルのかたわれ、元法務大臣・克行の裁判で、自民党からの入金が買収の原資だったという元会計担当者の供述調書を検察が提出したってね。つまり、選挙費用として自民党から渡った1憶5千万円の一部が買収に使われていたということで、そのうちの1億2千万円は政党交付金であることが判明しているから、つまりは税金で買収したということだ。特高顔のカス総理の「党勢拡大のために使われた」って説明は、とんだ嘘っぱちだったということになる。

 こうなると、当時の自民党総裁だったペテン師・シンゾーや官房長官だったカス総理、さらには幹事長の土建政治・二階君の責任問題にも発展する可能性が出てきたことなる。バカップル・克行君はいまだに戦闘モードにあるようだから、自棄のやんぱちで洗いざらいぶちまけちゃったら面白いのだけれど・・・。


| | コメント (1)

2020年11月29日 (日)

河井杏里被告の秘書の有罪が確定。連座制で失職・・・次は1億5千万円の買収資金に関わる安倍とカス総理の番だ!!&総理就任以来2ケ月経っても記者会見開かないチキン野郎!!

 去年の参議院選で、ウグイス嬢に違法な報酬を支払った公選法違反容疑で、河井バカップルの妻アンリの秘書の有罪が確定した。これで、連座制が適用されることになるだろうから、妻アンリの当選は無効となって、向こう5年間は公民権停止で立候補が禁じられる。

 当然の結果で、秘書に責任おっかぶせようとしても、さすがにこの案件では裁判所も「舐めんじゃねえ」ってことだ。

河井案里議員秘書の有罪確定へ 連座制で失職の可能性

 桜を見る会疑惑でさぞかしお腹が痛いであろうペテン師・シンゾーにとっては、この判決は他人事ではありません。三権分立が揺るぎない制度としてあれば、桜を見る会疑惑は本丸であるペテン師・シンゾーまで捜査の手は伸びるはずなんだね。ていうか、伸びなくてはいけない。それこそが「司法の独立」を証明するものなのだから。

 そうなると、特高顔のカス総理の「春の集い」パーティ疑惑だって、構図としては桜を見る会と同じなんだから、それこそ「スガもプリズン」なんてことも、単なる妄想ではなくなるかもね。

 それに、よくよく考えてみれば、河井バカップルの買収事件ってのは、その資金となった1憶5千万円の出所も核心のひとつになっているわけで、それにはペテン師・シンゾーもカス総理も、それぞれ当時の総理と官房長官という立場で深く関わっていることは間違いない。

 てことは、今後の裁判の行方いかんでは、この2人の責任問題が浮上することもないわけではない。それに加えて、日本学術会議問題、「Go To」キャンペーンの不手際、さらに突如持ち上がっ「春の集い」パーティ疑惑と、カス総理を取り巻く状況はけっして安閑としていられるものではないんだね。そんなんだもの、記者会見も開かず、ぶら下がりでもただ原稿を読み上げるだけの体たらくで、記者の質問に背を向けてスゴスゴと逃げ出すわけです。これぞまさに「伴食宰相」ってなもんです。

【くろねこの競馬予想】

 3頭の3冠馬(アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト)で持ちきりのジャパンカップ。確かに、この3頭の力は抜けている。でも、よく考えてみれば、前走こそが3頭にってこの秋の目標だったのは間違いない。ということは、メイチの勝負の疲れだってあるだろうし、ここはさらなる上昇というよりも現状維持の調教だったのでは・・・。
 3頭に割って入るとすれば、その筆頭はグーローリーヴェイズ。なによりも、あのラッキーライラックに3馬身半の差をつけた香港ヴァーズの神がかった走りが光る。ひょっとするとまとめて負かすことも夢ではないかも。有馬記念以来のワールドプレミアにも注意。
◎アーモンドアイ、〇コントレイル、▲グローリーヴェイズ、△デアリングタクト、ワールドプレミア、カレンブーケドール、キセキ、ユーキャンスマイル

| | コメント (1)

2020年9月26日 (土)

河井バカッブルへ自民党からわたった政党交付金1億数千万円のすべてが使途不明!&女性への性暴力について「女性はいくらでも嘘をつけますから」(杉田水脈)!&中曽根の葬儀に予備費から9600万円!!

 河井バカップルが自民党本部からちょうだいした政党交付金1億数千万円が、すべて使途不明として政党交付金使途等報告書に記載されてたってね。なんでも、「捜査機関が書類を押収」したことを理由にして、「明らかになった時点で訂正する」という宣誓書を添付してるんだとか。

 政党交付金ってのは税金なんだから、ひょっとすると税金が買収の原資になったんじゃないかという疑いが出てくるわけだ。てことは、自民党にも説明責任があるってことになりますね。これ以外にも、河井バカップルには選挙資金として1億5000万円が自民党本部からわたっていて、その責任者は当時の自民党総裁であるペテン師・シンゾーそのひとなんだね。

 夫・カツユキが弁護団を解任して裁判の延期工作をしているようだけど、河井バカップルの買収事件は自民党、とりもなおさずカス政権にとってのアキレス腱となる可能性は大いにあるってことだ。

河井夫妻、使途すべて「不明」 政党交付金1億2500万円

 ところで、杉田汚水脈が、女性への性暴力について「女性はいくらでも嘘をつけますから」って言い放ったってね。「襲われた女性にも責任がある」ってのと同じで、そもそもこういう発言ってオヤジ特有のものだったんだよね。それが近頃では女性の中にも平然と口にする輩がいて、その典型が伊藤詩織さんへ誹謗中傷し続ける杉田汚水脈やヘイト漫画家のはすみとしこなんだね。

 この発言を指摘されて、杉田汚水脈は「そんなことは言っていない」って慌てて否定したようだけど、会議参加者に発言を確認されちゃって、「私は嘘つきって言ってるようなものだ」と集中攻撃受けて炎上する始末だ。

 杉田汚水脈が自民党から選挙に出た際にはペテン師・シンゾーも推薦人のひとりに名を連ねていたことを考えると、自民党としてそろそろこのヘイト政治屋をどうにかする責任があるんじゃないのかねえ。

杉田議員、女性はいくらでもうそ 自民党の合同会議で蔑視発言

共産田村氏「怒り抑えられない」 社民は議員辞職求める

 最後に、戦時中にインドネシアで慰安所開設に関与したあの大勲位・中曽根の葬儀に、予備費から9600万円も支出しますとさ。こんなのは自民党が自分の金でやればいいんであって、税金使う意味がわからん。9600万円あったらコロナ対策で奮闘努力する医療関係者がどれだけ助かることか。

| | コメント (2)

2020年7月10日 (金)

ペテン総理と河井バカップルが買収情報を共有か!?&買収原資1億五千万円は不問のまま幕引き!?&「高い緊張感を持って感染状況を注視」(安倍晋三)・・・ゴタク並べてないで、国会に出てこい!!

 コロナの影響もあって、ブルックスブラザーズが破綻した。何ともはや。

米ブルックスブラザーズが破産法申請 通勤減で需要低迷

 それはさておき、河井バッカップル買収事件で、夫・カツユキが初老の小学生・ペテン総理との面会資料として、「妻の参院議員案里被告(46)の陣営内の予算や、案里議員を支援するために広島入りした首相秘書団の活動を報告する文書を作成」していたってね。

河井前法相、首相向けに資料作成 案里氏陣営の予算も記す

 ようするに、買収の経緯に関して、河井バッカップルとペテン総理は情報を共有していた・・・つまりは共犯ってことなんだね(個人の見解です)。金を渡す際に「安倍さんから」という言葉も出てきているから、外形上は共犯が成立すると思うんだけど、噂では東京地検特捜部は買収の原資となった1億五千万円については追及しない方針だそうで、やっぱりテンピン黒川君の辞職と引き換えに検察とペテン総理が手打ちしたということになるのかもね。

河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

 このままだと、河井バカップルをスケープゴートにして、本丸のペテン総理は逃げ切りが濃厚か。起訴直後に、「かつて法務大臣に任命したものとしてその責任を痛感」なんて、わざわざ「かつて」なんて言葉使ってあたかも遠い過去の出来事のようにコメントしてたけど、それもまた手打ちがすんでホッとしたからなのかもね・・・妄想だけど。

 それにしても、このところのペテン総理の存在感の希薄なこと。国会閉じたのをいいことに、コロナ対応は女体盛り・西村君に丸投げで、自らにふりかかる疑惑のほとぼりが冷めるまでひたすら頭を低くして隠れていようって寸法なんだろうね。

 200人超のコロナ感染者が発覚した昨日も、こんな能天気なコメントでお茶濁しとりました。

「ことし4月と比べれば、重症者は大きく減っており、感染者の多くは20代、30代で、医療提供体制はひっ迫した状況ではない。高い緊張感を持って感染状況を注視している」
「会食の場などによる集団感染も確認されており、3つの密を避けるなど、若い皆さんも含めて感染リスクを避ける行動を徹底していただくようお願いしたい。政府としては自治体としっかりと連携しながら、検査体制の拡充、保健所の体制強化などクラスター対策を一層強化していく」
「このあと西村経済再生担当大臣と東京都の小池知事が会談するが、そこで具体的な対応を検討してもらう。そのうえで、政府としてしっかり速やかに対応し、実行に移していきたい」

首相「医療提供体制はひっ迫した状況ではない」新型コロナ

 ゴタク並べてないで、出てこいや!! 国会開いて、せめて給料分でも働きやがれ!!

| | コメント (2)

2020年7月 9日 (木)

河井バカップル起訴も、金を受け取った側はお咎めなしの理不尽!!&「かつて法務大臣に任命したものとして、その責任を痛感する」(安倍晋三)・・・言ってろ、すっとこどっこい!!

 河井バカップルが買収容疑で起訴された。それは当然としても、何をかいわんやなのが、買収されたとされる議員のシェンシェイたちへの検察の対応だ。なんとまあ、不起訴処分だとさ。一方的に現金を渡されただの、辞職や返金もしているだの、なんともその理由が釈然としないんだね。

 おそらく、「金を受け取ったことを素直に認めればお咎めなしにしてやるから」とでも言いくるめられた結果なんだろうが、これが通用するなら今後は買収された側は何の罪にも問われないってことになるんじゃないのか。公職選挙法ってのは、名ばかりってことになっちゃいますよ。

克行議員を「総括主宰者」と判断 特捜部が河井夫妻起訴

 でもって、初老の小学生・ペテン総理は、「かつて法務大臣に任命したものとして、その責任を痛感するとともに、国民の皆さんに改めておわび申し上げたい」だとさ。言ってろ、すっとこどっこい! 

 さらに、買収の原資になったのではと疑われている選挙資金1億五千万円について「国民に対し党として説明責任を果たしていく」と他人事のようなコメントしやがりました。この男は、党の総裁、つまり最高責任者なんだよね。てことは、説明責任があるのはペテン総理自身なわけで、こういう発言に対してぶら下がりの記者は突っ込まなくちゃいかんだろう。せめて、「おとといきやがれ」の一言くらい言ってやれ。

安倍首相、河井夫妻起訴で「責任痛感」

 それはともかく、1億五千万円が買収の原資となったのではという疑惑に関して、検察幹部からは「金に色は付いておらず、原資と断定するのは難しい」なんて声もあるそうで、う~ん、河井バカップルをお縄にして幕引き図ろうってシナリオじゃないだろうねえ・・・てなことを我が家のドラ猫に囁いてみる雨がシトシト木曜日の朝である。

・当選を狙った買収か、政治活動の一環か? 現金の趣旨巡り対立、東京地検と河井夫妻

河井克行容疑者の買収に「安倍事務所」関与の新証言! 現金渡した相手を首相秘書が訪問、1億5千万円が出た時もキャリーケースを…

| | コメント (2)

2020年7月 1日 (水)

河井バカップル買収事件で自民党支部から選挙スタッフに200万円の振り込み・・・買収資金の疑い!!&「やってる感」だけの中身スカスカの小池式コロナ対策新指標!!&中国が「香港国家安全維持法」を可決。「一国二制度」が形骸化の危機!

 河井バカップル買収事件の核心は、買収の原資となった金の出所にある。夫・カツユキは現金を渡したことは認めつつも「自分の手持ち資金から出した。党本部からの1億5000万円は原資ではない」って供述をしているんだが、どうやら妻・アンリの自民党支部から200万余りの金が選挙スタッフに振り込まれていことが発覚したってね。

 こうなると、買収の原資の出所は自民党なのではという疑いが頭をもたげてくるわけで、自民党本部へのガサ入れの可能性も出てきたってことか。初老の小学生・ペテン総理に続いて、土建政治の二階、顔も頭も貧相な官房長官・ガースの名前も買収の際に使われたという証言もあるし、メチャ面白い展開になってきたようだ。

河井案里議員の自民支部から買収資金振り込みか 選挙違反事件

Photo_20200701084501

 ところで、東京アラートに代えて、コロナ対策の新たな指標とやらをぼったくりバーのチーママ小池君が発表した。数値基準もなく、「全体像をとらえるのが今回の考え方」(小池百合子)なんだそうだ。でもって、「三密を避けた行動などを徹底し、自らの守りを実践してほしい」だとさ。

 自粛要請・休業要請に繋がるような数値目標を立てちゃうと補償問題が浮上するし、そうなると都知事選にも響いてくるから曖昧な表現で誤魔化したってことなんだろう。すべては都知事選が頭にあって、とにかく「やってる感」だけはアピールしておこうという寸法だ。こんなんだもの、公開討論を受けて立てるわけがない。

都、警戒呼びかけ数値目安設けず 7項目のモニタリング<新型コロナ>

Photo_20200701085301

 最後に、中国で国家安全法が異例のスピードで成立。香港の「一国二制度」の形骸化が、現実のものとなった。民主化デモのシンボルでもあった周庭さんの「生きていれば希望がある」という言葉が胸に響く梅雨空の水曜の朝である。

香港安全法が成立 「一国二制度」の形骸化が決定的に

周庭氏「絶望の中でも強く生きる」 香港安全法の成立で民主派活動の危機

| | コメント (2)

2020年6月29日 (月)

「安倍総理や二階幹事長、菅官房長官も案里に期待している」(河井克行前法務大臣)と現金20万円・・・安倍・二階・菅に「交付罪」の疑いが浮上!!

 河井バカップル買収疑惑に初老の小学生・ペテン総理の名前が飛び出したと思ったら、今度は土建政治の二階君と顔も頭も貧相な官房長官・ガースの名前までが浮上してきた。証言したのは北広島町議会議長で、「安倍総理や二階幹事長、菅官房長官も案里に期待している」てなこと囁かれて無理やり現金を渡されたそうだ。

「安倍総理が期待」と現金 二階・菅両氏の名も、前法相

 そういえば、選挙活動費の使い道については監査でしっかり検証しているって土建政治の二階君は言ってたんだが、このところ「党は承知していない」って前言を翻してるんだね。自分の名前が出てくるのを事前に察知して、微妙に発言を修正してきたのかもね。

1億5千万円の使途「党は承知していない」 河井夫妻側への提供金で二階幹事長 従来の説明と食い違い

 河井バカップル買収疑惑については、検察が最終的に狙ってるのは自民党の交付罪だという指摘があるんだが、ペテン総理に続いて二階、菅の名前が具体的に上がってきたってことは、こやつらも刑事訴追の可能性が出てきたってことになるわけか。

 交付罪ってのは、「供与などの行為が行われるとの認識を持って、資金を交付すること」だそうで、夫・カツユキがやたら具体的な名前を出して金をばら撒いていたのは名前を出された本人が了承した上のことだとしたら、交付罪の対象になるのはシロートでも想像つこうというものだ。

検察の本命は「自民党の交付罪」立件だ 河井夫妻事件で専門家が指摘

 ペテン総理が土建政治・二階君と料亭で会食したのも、こうした成り行きを案じてのことなんじゃないのかねえ。秋に解散どころか、辞任もあるかも・・・なんて妄想してみる月曜の朝である。

| | コメント (1)

2020年6月26日 (金)

広島・府中町議が「安倍さんから」と現金押し付けられる・・・河井バカップル買収疑惑に本丸の名前が!!&香典疑惑の前経産相が起訴猶予に!!

 河井バカップルの買収疑惑が面白い展開になってきた。なんと、広島の府中町議が現金を受け取った際に、「安倍さんからです」って夫・カツユキから言われたってね。この町議は妻・アンリの後援会長で、「安倍さんの名前を聞き、断れなかった。すごく嫌だったが、聞いたから受けた」って中国新聞の取材に答えたそうだ。

克行容疑者「安倍さんから」と30万円 広島・府中町議証言

河井夫妻からの現金受領、一転認める市長や県議相次ぐ

 とうとう本丸の名前が飛び出したわけで、東京地検特捜部はこのスクープをまさか無碍にはしないでしょうね。一刻も早く事情聴取して、お縄にして欲しい・・・なんて楽しい妄想が広がる金曜の朝である。

 東京地検特捜部とくれば、香典疑惑の菅原君を不起訴にしちまいました。その理由は、謝罪もしたし、大臣も辞任したし、なにより「法を軽視する姿勢が顕著とまでは言い難かったため」なんだとさ。

 本人が違法性を認めてるってのに、謝罪したからお咎めなしはおかしいだろう。謝って済むなら警察はいらない。

 そもそも、メロンだのカニだの、相手によって序列をつけて細かく指示していたことがわかってるんだから、これのどこが「法を軽視する姿勢が顕著とまでは言い難い」ことになるんだ。こんなんだから、初老の小学生・ペテン総理につけこまれて、テンピン黒川君の定年延長なんて人事に手を突っ込まれたりするんだよね。

 そう考えると、河井バカップル買収疑惑の「安倍さんからです」も、あまり期待できないかもね。

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新型コロナウイルス 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 西村康稔 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 議員年金 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 香港 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 ACTA DHC FMラジオ IR汚職 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM