新型コロナウイルス

2020年11月23日 (月)

「知事の判断に委ねる」(西村コロナ担当相)VS.「国の責任で判断」(小池都知事)・・・「Go To」をめぐる綱引きに国民は蚊帳の外!!

 ペテン師が政権の座に居座ってからというもの、この国の政治家ってのはまず責任をとることがなくなった。ていうか、他人に責任をなすりつけることで、自らの地位を死守するという犯罪的行為に慣れ親しんでしまったんだね。

 特高顔のカス総理も当然その手法を受け継いでいるわけで、コロナ対策で右往左往しているのもどうやって他人に責任をなすりつけるか考えあぐねているからに違いない。そんなんだから、「Go To」見直しを表明したものの、具体的な対応については「知事の判断に委ねる」(西村コロナ担当相)という責任放棄を平然と口にできるのだ。

「まずは知事が判断」 GoTo見直し現場まかせの政府 募る知事の不安と批判

 で、知事の方も似た者同士ときてるもんだから、ぼったくりバーのチーママ小池君のようにまるで他人事のように「国の責任で判断を」てなことを口にするのも出てくるんだね。

 国と地方自治体との綱引きに、国民は蚊帳の外。ていうか、彼らの頭の中に国民の姿はありません。でなけりゃ、「知事の判断に委ねる」とか「国の責任で判断を」とか責任のなすり合いができるわけがありません。

 ようするに。この国に政治家は存在しない。いるのは利権だけが目当ての政治屋だけってことだ。そそもそも、「経済」とは「経世済民(世の中をよく治めて人々を苦しみから救うこと)」が目的のはずだ。そう考えれば、人が動けば感染も広がるコロナ禍の中、「Go To キャンペーン」なんて愚かなことは、そもそも政治家が率先してやることではありませんよ、ったく。

| | コメント (1)

2020年11月22日 (日)

「バカな大将、敵より怖い」のカス総理が「Go To」見直しを表明・・・だったら、記者会見開いて自分の言葉で説明しやがれ!!

 昨日のTBS『報道特集』でキャスターの金平君がある経済人の言葉を借りて「バカな大将、敵より怖い」と特高顔のカス総理を評していたのには笑っちまった。「ごもっとも」と頷きつつ、思わず茶を吹き出すところだった。ちなみに、この言葉、北海道の銀行頭取として名を馳せた御仁の経営哲学だったそうだ。

 でもって、名指しされたカス総理なんだが、劇的な「感染爆発」にオロオロしちゃったんだろうね。とうとう、「Go To トラベル」と「Go To イート」の見直しを発表せざるを得なほどに追い詰められちまいました。どうせなら、この3連休が始まる前に見直せばいいものを、決断力がないものだから昨日は羽田空港は大混雑だったらしい。

感染地域へのGoTo一時停止、イートも制限要請 菅首相、4日連続2000人超コロナ感染で転換

 見直しを発表したとは言え、「Go To トラベル」の対象地域は未定だし、「Go To イート」は食事券の新規発行停止などの検討を知事に要請するという生温いものなんだね。ようするに、知事に丸投げしたようなものだろう。

 その知事になんだが、地域によって温度差があるようで、ぼったくりバーのチーママ小池君なんか国に責任押し付けようとこんなコメントしてます。

「国が主体的にお決めになる、との流れで行われたもの」
「しっかり国の方で判断していただきたい。それが責任だ」

 ま、よく言うよ、ってなもんです。「ロックダウン」だなんて喚いていたのは、何だったんだろうね。本当なら、いまこそリーダーシップを発揮するときだろに。もっとも、それはカス総理も同じなんだが・・・。

小池都知事「GoToは国の責任で判断を」

 それにしてもこれまでさんざんこだわっていた政策を変更するってのに、カス総理は記者会見を開く気配もないってのはどんな了見してるんだろえねえ。おそらく、記者のどんな質問にも答えられるだけのロジックがないってことなのだろう。だめだ、こりゃ!

【くろねこの競馬予想】

 グランアレグリアが一本かぶりのマイルチャンピオンシップ。京都から直線坂のある阪神へとコースが変わったのがどう影響するか・・・。それでもアーモンドアイを振り切ったこの馬の連軸としての本命は揺るぎない。相手は、3歳馬のサリオス。皐月賞、ダービーと無敗の3冠馬、コントレイルの2着に甘んじたものの、その実力は世代でもトップクラス。大穴なら、スワンステークス惨敗で人気を落としているサウンドキララ。ワイド、3連複のヒモで買ってみたい。
◎グランアレグリア、〇サリオス、▲ラウダシオン、△、アドマイヤマーズ、レシステンシア、インテセィチャンプ、注サウンドキララ

| | コメント (2)

2020年11月21日 (土)

東京都医師会に続いてコロナ分科会も「Go To キャンペーン」の見直しを提言!! 「神のみぞ知る」(西村コロナ担当相)なんてヘラヘラしてる場合じゃないだろう!!

 女体盛り・西村君が新型コロナについて「感染がどうなるかっていうのは、本当に神のみぞ知る」って言い放って顰蹙を買っている。本音がポロリなんだろうが、コロナ担当相なんだからね、いくらなんでも「それを言っちゃあおしめえよ」ってなもんです。

今後の感染者数は「神のみぞ知る…」 西村担当相が発言

 そんな中、東京都医師会が「Go To トラベル」の一時中断を要請した。「10月1日から東京のGoToキャンペーンが始まった。私の目の錯覚かどうかわからないが、この2週間後からどうも感染が全国的に増えている気がする。いろいろな政府からの話もあるが、GoToキャンペーンで東京に来る人、出る人が多数増えてきたことが影響がないという話ではないと思っている」と尾崎医師会会長は危機感を示したそうだが、これこそが専門家の見識というものです。

Go To トラベル「一時中断を」 東京都医師会長が強く訴え 新型コロナ感染者急増で

 「ふんどしを締め直す時期」と非科学的な精神論を唱えていたコロナ分科会会長の尾身シェンシェイも、さすがに恥ずかしくなってきたのか、「Go To キャンペーン」の見直しを提言したそうだ。しかしなんですね、東京で「Go To 食事券」の発売開始というタイミングってのが、なんとも痛ましい。いかにコロナ分科会が後手後手の対策しか打てていないかを証明しているようなものなんだね。

政府のコロナ分科会「GoTo」見直し検討を提言 一部地域の除外も検討

 「Go To キャンペーン」の見直しが議論されるようになってきて、土建政治・二階君はさぞやお腹立ちのことだろう。なんてったって、日本旅行業協会会長として、美味しい汁を吸おうと目論んでいたんだろうから、そう簡単に引き下がるとも思えない。

 特高顔のカス総理にしたって、官房長官時代からの肝煎りの政策ですからね。面子潰されることを一番嫌うという噂もあるくらいだから、まだまだひと揉めもふた揉めもありそうな今日この頃なのだ。

| | コメント (2)

2020年11月20日 (金)

「静かなマスク会食」(カス総理)+「5つの小」(小池百合子)・・・これが新たな新型コロナウイルス対策とは、アホちゃいまんねん、パーでんねん!!

 バッハが離日したとたんに東京のコロナ感染者が500人を超え、もはや「感染爆発」の領域に入ったと言っても過言ではないだろう。ああ、それなのに、この国の為政者ってのはなんとも能天気なもので、特高顔のカス総理はヘラヘラとうすら笑い浮かべながら「静かなマスク会食のすすめ」だとさ。さすがに共産党の志位君から「Go To事業に固執するから、そんな愚にもつかない話になる」と突き放されちゃいました。

 でもって、ぼったくりバーのチーママ小池君なんだが、コロナが猛威をふるい始めた当初は「ロックアウト」だなんてさんざん煽っていたくせに、ここにきて腰が砕けてトーンダウン。新たな新型コロナウイルス対策案が、なんとまあ「5つの小と心づかい」ってんだからあっと驚くタメゴローなのだ。それもお得意のフリップを振りかざしてなんだから、見ているだけで頭が痛くなっちまう。

 特高顔のカス総理といいチーママ小池君といい、この期に及んでのコロナ対策がこれかい。こういうのは対策とは言いません。単なる「コロナ・マナー」であって、ひとえに一般大衆労働者諸君の努力に委ねているだけなんだね。

 もっとドラスティックな対策、たとえば飲食店に対する一定期間の補償付きの休業要請なんてことをしない限りは、コロナの猛威は止められない。でもなあ、コロナ分科会会長の尾身シェンシェイが「ふんどしを締め直す時期だ」なんて非科学的な精神論を口にしちゃうくらいですからね。無能な政治家と専門家によって、自滅の道を突っ走ることになりますよ、この国は。

| | コメント (4)

2020年11月15日 (日)

「感染は急拡大しているが、GoTo使うかは皆さんの判断だ」(西村コロナ担当大臣)・・・後は知ったこっちゃない、自己責任でどうにかしろ、ってことか!!&「外国人観光客の入国後の2週間待機を免除」でオリンピックにGO!!

 国内の新型コロナウイルス感染者が昨日も1700人を超え、もはや感染爆発に一歩踏み込んだ状況と言っても過言ではない。ああ、それなのに、この国の為政者はノンビリしたもので、特高顔のカス総理は「緊急事態宣言や『Go To』キャンペーンの見直しは、専門家も現時点でそのような状況にはないとの認識を示している」とシレっと言い放つ始末だ。

菅政権、GoTo対応でジレンマ コロナ「第3波」、難しい判断

 さらに、コロナ担当の女体盛り・西村君に至っては、「Go To トラベル」について、「利用するかどうかは国民の国民のみなさんの判断だと思います」だとさ。つまり、「Go To トラベル」で旅行したあげくに、新型コロナウイルスに感染したとしても、それは自己責任、って言ってるようなものなんだね。

GoTo使うかは「皆さんの判断だ」西村経済再生相

 カス総理の「専門家も現時点でそのような状況にはないとの認識」という発言だって、よく考えてみれば専門家に責任押し付けているようもので、女体盛り・西村君の発言ともども為政者が口にすることではありませんよ、ったく。

 ここまできても「Go To キャンペーン」を止められないのは、ひとえにカス総理自らの肝煎りでスタートしたという面子と、全国旅行業協会会長の土建政治・二階君の利権が絡んでいるからに違いない。ようするに、国民の命なんてどうでもいいって言ってるのと同じです。

 そんなんだから、東京オリンピックにもいまだにこだわり続けているんだね。今日にもIOCのバッハ会長が来日するってんだが、それに合わせたように「外国人観客については入国後の2週間待機を免除し、公共交通機関の使用を認める方向で検討」していますとさ。

五輪の訪日客、2週間待機免除を検討 交通機関も使用可

 尾身シェンシェイの新型コロナ対策分科会は、こういう動きにどれだけ関わっているのだろう。オリンピックありきで意見調整しているとしたら、それこそ日本学術会議任命拒否で問題とされている「政治の僕としての学問」に成り下がっていると言わざるを得ませんね。

 とにもかくにも、カス政権の緊張感の希薄なコロナ対策は、それこそ「鬼滅の刃」ならぬ「自滅の刃」となってこの国を滅ぼすことになりますよ。

【くろねこの競馬予想】

 ラッキーライラックが大外に回って、波乱含みとなった今年のエリザベス女王杯。期待したいのは、札幌記念を圧勝したノームコア。無理のないローテーションで、京都競馬場改装で直線の短い阪神に舞台が移ったのもチャンスか。一発狙いなら、先行して粘った時のエスポワール。本命もありかと思っていたセンテリュオは調教イマイチで抑えまで。
◎ノームコア、〇ラッキーライラック、▲エスポワール、△サラキア、ラヴズオンリーユー、センテリュオ、ソフトフルート、ウインマリリン

| | コメント (1)

2020年11月11日 (水)

会食の際のマスクの使い方って、コロナ対策も「自助」ってことか!&カス総理、身内には手厚い「公助」・・・自己破産の実弟がJR東日本の子会社に幹部入社!!

 日本学術会議任命拒否について「いつまでやってんだ」って声があるんだが、だったら「いつまでアメリカ大統領選やってんだ」って毒づきたい今日この頃。それにしても、テレビのアメリカ大統領選引き延ばし作戦ってのは露骨ですね。

 そんな中、新型コロナの猛威は止まる所を知らず、東京はもとより北海道、大阪も手の施しようがない状況になりつつあるようだ。こうなったら、飲食関連には手厚い休業補償をして、飲むなら家でを一定期間徹底させる必要があるんじゃないのかねえ。

 そもそも、「Go To キャンペーン」なんてもっての他で、これだけでもペテン政権からカス政権へと繋がるコロナ対策がいかに杜撰なものかわかろうというものだ。ああ、それなのに、新型コロナウイルス対策分科会会長の尾身シェンシェイは、会食の際のマスクの使い方なんてギャグかましてくれる始末だ。つまりは、コロナも「自助」でどうにかしろってわけだ。

 でもって、一般大衆労働者諸君には「自助」を突き付けておきながら、特高顔のカス総理は身内にはおやさしいようで、なんと自己破産した実弟をJR東日本の子会社に幹部として入社させてたってね。身内には「自助」より「公助」ですか。

菅義偉首相の実弟が自己破産後、JR企業の役員に就任していた

 カス総理には、反社会勢力の影がチラつく「第二の森友疑惑」もあるようだし、そりゃあメディアがアメリカ大統領選にかまけるのも頷けるというものだ・・・いえ、いつもの妄想ですけどね。

菅首相後援者の神奈川県有地転売疑惑 反社会勢力も関与か

| | コメント (2)

2020年8月25日 (火)

「これからまた仕事を頑張りたい」(安倍晋三)・・・後継者問題の調整がつくまでの病気を利用した時間稼ぎか!?&世田谷区が看護・保育職員らを対象に無料PCR検査を実施!!

 いったいこの騒ぎは何なんだろうね。言わずと知れた、初老の小学生・ペテン総理の健康問題だ。定期的な検査なら、何も大仰に車を連ねて病院に向かう演出する必要なんかないわけで、ましてや取り巻き連中がメディアを使って「体調不良」を喧伝する必要もさらさらない。

 TBS『ゴゴスマ』ではタレント医者のコメンテーターが、「一般的には、上司が体調不良で検査受けたからといって、進退についてどうしたこうしたというのは失礼ですよね」てなことをコメントしてたけど、そういうことは「体調不良」を吹聴しているあっせん利得疑惑の布袋頭・甘利君に言ってやれ。

 結果、ペテン総理は「先週の検査の結果を詳しくうかがい、追加的な検査を行った。これからまた仕事を頑張りたい」ってなコメントでお茶を濁してるんだが、これって病気を利用した時間稼ぎなんじゃないのか。つまり、ペテン総理の体調はかなり深刻ではあるものの、後継者問題でひょっとこ麻生、土建政治・二階、昼間の幽霊・岸田たちの調整がついてないってことを意味しているのでは・・・。でなけりゃ、「これからまた仕事を頑張りたい」って言ってるんだから、臨時国会を即刻開いてみやがれ、ってなもんです。

安倍総理の体調は? 自民党内から「1年持つのか」

 ペテン総理がまったく仕事しないものだから、とうとうしびれ切らした世田谷区は、区内の介護施設職員や保育園・幼稚園の職員など約2万人を対象に無料でPCR検査を実施するってさ。無症状者からの感染拡大を防ぐためには、PCR検査が必須なのは言うまでもないところで、本来なら「Go To キャンペン」なんて感染拡大にアクセル踏むような馬鹿な政策なんか中止して、国が率先してやるべきなんだよね。

 ああ、それなのに、顔も頭も貧相な官房長官・ガースは「Go To キャンペーン」について、「やらなかったことを考えたら大変なことになっていた」なんてぬかすんだから、感染拡大で医療体制が崩壊しつつある沖縄が怒りに震えるのもむべなるかなってことだ。

介護者・保育者ら2万3000人をPCR検査へ 世田谷区が公費で希望者全員に

| | コメント (2)

2020年8月24日 (月)

「出席者の中に公表を望まない人がいる」(西村コロナ担当相)から専門家会議の議事録黒塗りって、頭おかしいんじゃね!!&ペテン総理、午前中に再び慶応病院へ!!

 コロナ分科会の前身である専門家会議の議事録が黒塗りののり弁状態だったことは22日のエントリーで紹介したんだが、なんと女体盛り・西村君がこんな言い訳しやがりましたとさ。

「(出席者の中に)自分は公開されない前提で話したという意見をいただいたので、残念ながら公表できないということになった」

 いやはや、自らの発言に責任持てないようなひとが政府の専門家会議に参加するんじゃない、ってなもんです。でも、よく考えれば、名前の公表が嫌なら、名前だけ黒塗りすればいいだけの話なんだよね。問題は「誰が」よりも「何を」会議で話したかったことなんだから。

 ようするに、政府としてはハナっから公表する気はなかったってことなんじゃないのかねえ。なんとなれば、専門家会議ってのはあくまでもアリバイ作りみたいなもので、その実は政府の言いなりに結論づけてくれればいいだけなんだね。いわば権威付けのためのダミーみたいなものだ。

 確か、専門家会議のメンバーからは、発言者も含めて積極的に議事録の公開を求める声も上がってじゃなかったか。こうなったら、メディアはかつての専門家会議のメンバーひとりひとりに取材して、真偽のほどを突き詰めるべきだと思うけどねえ。やらないだろうけど。

西村大臣、黒塗り速記録の理由説明 「公表望まない人がいる」

 ところで、初老の小学生・ペテン総理が今日の午前中に慶応病院へ検査結果を聞きに行くってね。そのまま入院→辞職なんてこともあったりして・・・。

安倍首相、24日に病院再訪
 

| | コメント (2)

2020年8月22日 (土)

米大統領選の垂れ流しは臨時国会召集拒否の目くらまし!!&「感染拡大はピークに達したと考えられるものの、再び増加するおそれ」・・・新型コロナウイルス感染症対策分科会の支離滅裂!!

 初老の小学生・ペテン総理の体調不良が浮上したとたんに、メディアは「お疲れモード」の演出に一役買っているようで、ひょっとこ麻生の「147日間連続執務」の大嘘はほったらかしのまま「同情作戦」が進行中の今日この頃。それをさらに後押しするかのように、メディア、特にテレビはアメリカ大統領選のアレコレを必死になって垂れ流している。

 おいおい、よその国の大統領選にかまけている場合か。ペテン総理が公務復帰なんて格好つけてる裏側で、臨時国会召集を改めて拒否してるんだよね。アメリカ大統領選よりも優先して報道すべきはこっちの方だろう。なんてったって、憲法違反なんだから。

 でもって、今度はその言い訳に、立憲と国民の合流を持ち出してるってね。「立憲民主党と国民民主党の合流によって国会の会派構成にも影響があり、その動向を見極めたい」と自民党国対委員長でおばさん顔の森山君がのたまってくれたってさ。

 憲法違反である臨時国会召集拒否、しかも何の権利もない自民党が拒んでいるってことに、どうしてメディアは突っ込みを入れないのかねえ。それとも、臨時国会どころか、ペテン総理の体調不良が深刻で、ここ1、2週間で何らかの動きがありそうだからそれどころじゃないとでも言うのだろうか。それならそれで、ちょいと楽しみではあるんだが・・・。

立民の臨時国会の早期召集の求めに 自民 応じられない姿勢

 ところで、新型コロナウイルス感染対策分科会が「全国的には今回の感染拡大はピークに達したと考えられるものの、再び増加するおそれがある」てな見解を発表した。おいおい、「再び増加のおそれ」があるなら「ピークに達した」って言い草はおかしいだろう。

・・コロナ分科会 “感染拡大ピーク達するも再び増加のおそれ”

 ワクチンに対しても、過度な期待は持つのは禁物みたいな提言をしているんだが、そうした諸々の見解や提言ってのはどんな議論があってのものなのか・・・そこが重要なポイントだと思うんだが、なんと情報公開請求したら「分科会の前身で、政策決定に大きな影響を与えてきた専門家会議の発言記録」の「ほとんどが黒塗り」だったてっね。

ワクチン高齢者らを優先 安全性・有効性への「過度な期待」に戒め コロナ分科会が提言

【独自】新型コロナ専門家会議の発言録入手 “検証”阻む黒塗りの壁

 おそらく、分科会の議事録も同じのり弁なんじゃないのかねえ。情報を独り占めしたい感染症マフィアとまで噂されるメンバーが勢揃いした分科会だから、さもありなんてことなんだが、そんなに秘密にしたいってことは、裏側では731部隊もかくやの人体実験でもしてるんじゃないのか・・・いつもの妄想だけど。

| | コメント (2)

2020年8月 8日 (土)

「自立した1人暮らし」「同居者に喫煙者がいない」・・・厚労省による自宅療養の要件緩和があまりにも非現実的で、これは何かのギャグか!?

 コロナ感染者の自宅療養については、それがいかに無謀なことかさんざん指摘してきたんだが、なんと厚労省が自宅療養の要件を緩和したってね。

新型コロナ 自宅療養を認める基準を公表 厚生労働省

 何度も言うけど、新型コロナウイルスは感染症指定されいるわけで、自宅療養という選択肢はあってはならないことなのだ。それなのにそのための要件を緩和するって、バッカじゃないの。

 しかも、自宅療養が可能な条件ってのが、なんとも現実離れしたもので呆れちまう。

「独居で自立」も自宅療養対象に 感染拡大で要件を緩和

Photo_20200808082401

 でもって、注釈として、「外出せずに自宅療養に専念してもらうため、食事の配達や医療専門職による健康管理が必要」となっているんだね。これって、自宅療養の域を超えて、もはやプライベーな医療施設なんじゃないか。

 NHKの報道では、「軽症患者や無症状の人は原則宿泊施設で療養することになっていますが、希望する人が多い自宅での療養」って言ってるけど、実際は軽症患者や無症状の人のための医療体制がまったく整備されていないことを物語っている。でなけりゃ、家庭内感染が拡大している現状で、自宅療養なんて最も危険な選択をできるわけがない。

コロナ軽症者の受け皿整わず 自宅療養、2週間で3.8倍

 全国の自宅療養者は、感染者全体の4割に達しようとしているそうだから、もっと真剣にこの課題に取り組まないと大変なことになりますよ。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新型コロナウイルス 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 香港 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ IR汚職 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM