新型コロナウイルス

2021年12月 3日 (金)

国際線の予約停止撤回・・・「(国際線の予約停止は)国交省の判断で行った」「事後に報告を受けた」(松野官房長官)の責任逃れ!!

 オミクロン株対策として鳴り物入りで始まった日本に到着する国際線の新規予約一律停止が、なんとまあたった3日で撤回されましたとさ。朝令暮改ってのはこういうのを言うんだね。でもって、なんでこうなったかというと、突然の予約停止で海外在住の日本人が帰国できなくなって大騒ぎになったからなんだとか。

政府、国際線の新規予約停止要請を撤回 岸田首相「混乱を招いた」

官房長官 “国際線予約停止要請 首相も自身も事後報告”

 でもね、こういう政策を実施する時って、真っ先に自国民の処遇に配慮するのが基本中の基本なんだよね。なんてったって、「国民の生命と財産を守る」のが政府の最重要課題なんだから。でも、日本はこうはいかない。たとえば、海外で自国民が事件に遭遇した時に、仮に自国民に非があろうともまずはそのひとの人権を守ることに腐心するのが在外大使館の役目なんだが、日本は「悪いことしたのはあなただから」って本気で突き放しますからね。

 それと同じで、今回の新規予約一律停止も海外在住の日本人のことなんかまったく頭の隅にもなかったに違いない。そのあたりを指摘されたヘタレ総理も所管大臣の鉄オタ・斉藤君もしどろもどろで、あげくには「国交省が勝手にやった」って逃げやがりました。

 でも、国交省関係者からは「こんな重要な判断を航空局だけで先走るはずがない」という反論も出てきて、おそらくヘタレ総理も鉄オタ・斉藤君も「よきにはからえ」って態度で官僚に丸投げしてたんじゃないのかねえ。

 新規予約一律停止以外にも、在留資格のある外国人の再入国拒否なんてのもあって、やることなすことが乱暴なんだね。ポンコツ政権があまりにも後手後手に回ったから、先手必勝をアピールしようとして、配慮が必要なひとたちがないがしろにされたってことだ。

 こういうのを「功を焦る」って昔のひとは言いましたとさ。


| | コメント (2)

2021年11月 6日 (土)

「マイナンバーカードで3万円還元」「18歳以下に10万円給付」・・・条件付きの「施し」か!!

 衆議院選が終わって、「やってる感」を早いところ演出しておこうという魂胆なのだろう。公明党肝煎りの「マイナンバーカード保有で3万円還元」「18歳以下に現金10万円支給」に向けて、ヘタレ政権が動き始めたってね。

マイナカード保有者に1人3万円 消費喚起へ政府与党調整

18歳以下に10万円給付へ 自公調整、所得制限案も

 「マイナンバーカードで3万円還元」ってのは、ワクチン接種証明したら飲食代割引と同じ手法で、ひとの射幸心につけこむなんとも卑しい政策だ。これが実施されれば、マイナンバーカードの普及率が80%を超えるという試算があるそうで、ああ、そういうことねってなもんです。

 もうひとつの「18歳以下に現金10万円」ってのも、なんで給付金に年齢制限なんかつけるかねえ。多くの一般労働者諸君がコロナ禍で疲弊しているんだから、制限なんかつけないで一律給付しなくちゃ意味ないだろう。

 前回の10万円給付では、ひょっとこ麻生が「貯蓄に回って消費に結びつかない」っていちゃもんつけていたが、それは1回ぽっきりの涙金だからなんだね。アメリカでは3回の現金給付があったけど、3回目でようやく消費に回ったという調査もあるそうだ。

 そもそも、18歳以下ってのがよくわからん。公明党の山口メンバーは選挙中から「0歳から高校3年生まで1人一律10万円の現金給付」を喚いていたけど、大学生の困窮が問題になっているってのにそこはどうしてくれるんだ。

 つまり、事の本質が見えていないってことなんだね。だからこそ、「バラマキ」って言われちゃうわけだ。。

 それにしても、こうした政策の議論が、国会を無視した形で進んでいくってのは、どうなのよ。

| | コメント (3)

2021年9月29日 (水)

緊急事態宣言解除でも、飲食店への時短要請や酒類提供の制限がそのままって、法的根拠はどこに!?&「桜を見る会」についての公開質問状を河野太郎が受取拒否。岸田、高市は無回答・・・「国民の声に応える」んじゃなかったのか!!

 ポンコツ総理の最後の記者会見は、ワクチンがどうたらこうたらとあきれるほどの自画自賛。恥知らずってのはこういうのを言うんだろうね。

 でもって、置き土産のようにして、緊急事態宣言の全面解除を決定。「医療体制の整備」「ワクチン接種の継続」「制限の段階的緩和」を基本にしたコロナ対策を「次の政権にもしっかり引き継いでほしい」とさ。これまた迷惑な話だこと。

 それにしても、緊急事態宣言解除しても飲食店への時短要請や酒類提供の制限がそのままなのは、おかしな話なんだね。営業する権利は誰にでもあるわけで、そこまでの私権制限をする法的根拠ってどこにあるのか、ちゃんと説明してみやがれ。

全面解除後の時短要請は「脱法的」 横大道慶大教授「強制力のないことの周知を」

 おそらく、緊急事態宣言解除することで、自らのコロナ対策が効果的だったとアピールする狙いがあるに違いない。誰もそんなこと思っちゃいないんだけどね。「地位が人を育てる」というけれど、最後までポンコツはポンコツのままだったってことか。

菅首相は成果強調も不都合なことは触れず 「第6波」へ医療体制課題  緊急事態宣言の全面解除

 ところで、自民党総裁選に立候補しているガクタ4人組に、市民団体が「桜を見る会」について「首相になった際にどのような対応をするかなどを尋ねた公開質問状」を送り付けてたんだが、なんとまあ極妻・野田君以外は無回答だったとさ。  ブロック大王・河野君なんか、質問状の受け取りすら拒否したっていうから、「国民の思いや不安を受け止め、共感してもらえる政治を通して、人と人が寄り添う、ぬくもりのある社会を作りたい」なんてよく言うよ。  ガラクタ4人組は改憲にも積極的だし、ようするに誰が総裁になろうと自民党である限りは何も変わらないってことです。

「桜を見る会」回答、野田氏だけ 市民団体質問状、河野氏は受け取り拒否

| | コメント (2)

2021年9月27日 (月)

武漢研究所のコロナウイルス研究にアメリカの非営利研究機関が関与か!?

 コロナが世界に蔓延し始めた当初、トランプが盛んに「武漢ウイルス」と喚き散らして、「中国がコロナウイルスの遺伝子を操作して人間への感染力を高めた」なんてことを吹聴していた。その後、インド株やイギリス株なんて変異種も出てきて、特定の地名で呼ぶのは差別に繋がるってんで、変異株についてデルタやアルファといったギリシャ語のアルファベットを使うようになったんだね。

 同時に、武漢ウイルスなんて呼び名も影をひそめたんだが、実はその呼び名は正しかったかもってニュースが飛び込んできた。

 なんでも、「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が発生する2年足らず前に、中国・武漢ウイルス研究所の科学者たちが、コロナウイルスの遺伝子を操作して人間への感染力を高め、それをコウモリの生息する洞窟に放つ計画を立てていたことが分かった」そうだ。

 でもって、問題はここからで、「研究計画は、米非営利研究機関『エコヘルス・アライアンス』(ピーター・ダザック代表)が米国防総省傘下の防衛先端技術研究計画局(DARPA)に提案して、研究の助成を申請したもの」なんだとか。

 「エコヘルス・アライアンス」には、米国政府から毎年10億円からの予算が出ていたそうだから、つまるところ新型コロナウイルス開発にアメリカが関与していたってことになる。

 バイデンは武漢ウイルス研究所がコロナ禍の大本ととして追及を続けるつもりみたいだけど、下手すると藪蛇になるかもね。果たして、真相やいかに・・・というわけでお後がよろしいようで。

武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実験を計画していた

| | コメント (2)

2021年9月26日 (日)

自宅放置者をそのままにしての緊急事態宣言解除って、おかしくないか!?&皇室の結婚問題で、メディアが繰り広げる「いじめ」の構図!!

 どうやら月末までに緊急事態宣言が解除されるらしい。でも、これまでに自宅放置で亡くなったコロナ患者は全国で200人を超え、都内だけでもいまだに2000人もの人たちが自宅放置という状況に置かれている。重症者だって減ったとはいえ第4波の1.5倍に達してるんだよね。

自宅療養中の死者200人超 第4波の大阪の教訓、東京は生かせず

感染者数減少なぜ?“宣言”解除は?専門家分析まとめ

 これまでのコロナ対策を検証することなく、新規感染者数が劇的に減ったからというだけで、緊急事態宣言解除しますってのは短絡過ぎなんじゃないのか。専門家からは第6波に備えて医療体制の見直しの声が上がってる。でも、国も自治体も具体的に動き出す無配がないのはどうしたわけだろう。臨時医療機関、いわゆる野戦病院はどうなったんだ。

 緊急事態宣言解除→新感染者増加→緊急事態宣言発令→飲食店自粛・・・こうした負の連鎖が、また年末から繰り返されることになるんじゃないのかねえ。

 ところで、皇室の結婚問題で、テレビのワイドショーが「ロン毛」がどうたらこうたらって、イチャモンつけてるってね。リポーターは、しどろもどろ会見で顰蹙買って、その後亡くなった元閣僚の娘なんて噂もある。  しかしまあ、「多様性」なんてことを口にするメディアが、「いじめ」のようなバッシングするんだから、この国では何事もお題目に過ぎないことがよくわかる。いい加減にしやがれ。

小室圭さん報道で考える「人の見た目問題」。日本は真の多様性に向け何が必要か



| | コメント (1)

2021年9月21日 (火)

コロナ新規感染者が大幅減・・・でも、その理由が専門家にもわからない!! それなのに緊急事態宣言解除? 入国規制緩和?

 コロナの新規感染者が全国的に減少しているのは良きことかなと思いつつ、ではなぜ減少傾向になったのか。東京なんかついこの前までは1日5000人超だったのが、昨日は302人と劇的なまでに減っている。

 そんなこともあって、今月末には緊急事態宣言解除の予定だそうで、なおかつ昨日からは入国の際の待機期間も3日に短縮されてるんだね。新規感染者数が減っていることもあって、そんな状況を歓迎する向きもあるようだけど、本当に大丈夫なのかねえ。

緊急事態宣言“全て”解除を検討 首相訪米後に最終判断へ

入国後に国の宿泊施設での待機 3日間に緩和 今月20日から 政府

 だって、減少傾向に移ったその理由が専門家にもよく分かってないんだよ。少しづつ日常を取り戻すのは良いことだろうけど、なぜそうなったのかちゃんと検証する必要があると思うけどねえ。

 たとえば、飲食店の時間短縮だとか、酒類提供の自粛だとか、これまでの対策がはたして正しかったのか・・・それをハッキリさせないと、第6波が襲った時にまたしても飲食店を悪者にして、はいそれまでよってことになりますよ。

東京都、新規感染者302人 大幅減も慎重論「なぜ減少したか誰も分からない」

 減少傾向のいまこそコロナ対策の新たな展望を議論すべきで、ポンコツ総理はアメリカに卒業旅行している場合じゃないんだよね。メディアは、どうしてそこを突っこまないのかねえ。自民党総裁選でお祭り騒ぎしてないで、メディアはいまこそジョージ・オーウェルの言葉を噛みしめるべきだろう。

「ジャーナリズムとは報じられたくないことを報じることだ。それ以外のものは広報にすぎない」

| | コメント (2)

2021年9月10日 (金)

「緊急事態宣言延期」のその口で「行動規制緩和」って、どこまでもポンコツな野郎だ!!

 ポンコツ総理が退陣会見で「ワクチン接種の進展」を自慢したってね。でもって、緊急事態宣言延長と同時に、11月をめどに「行動制限緩和」をするってさ。ワクチン接種やPCR検査が条件ってんだが、いまそんなこと言ってる場合か。

宣言の期限、制限緩和は「政権の思惑優先」 菅首相、強い言葉連発も説明しない姿勢で行き詰まり

19都道府県“宣言”延長 分科会了承 “重点措置”酒提供緩和も

 まずは、徹底したコロナ対策に集中すべき時だろうに、なんのために「コロナに選任(日本語間違えてるけどね。専念が正しい)」なんてのたまって総裁選不出馬を決めたんだ。いまやるべきことは、「いつでもどこでも誰でものPCR検査→陽性者の隔離→治療」を確立させることだろう。

 そもそも、ワクチンは絶対ではない。ファイザーのワクチンは、接種後3ケ月で交代が4分の1に減少すると言われている。さらに、2回目接種後8ケ月経ったら3回目の接種なんてことも取り沙汰されている。

 だから、ワクチン至上主義を前提とした行動制限緩和ってのは、そこに科学的見地があるとは思えない。ポンコツ総理の非科学的な楽観主義の究極の政策なんじゃないかねえ。しかも、緊急事態宣言延長決定のその日に言うことか。

 褌締め直すの尾身シェンシェイが、「緊急事態宣言中に行動を緩める話をすべきではない。間違ったメッセージになる」ってイエローカード出したのもむべなるかなってものです。

政府分科会「間違ったメッセージになる」と行動制限緩和に慎重論

 このところ東京の陽性者が減少傾向なのをメディアはさかんにワクチンのおかげと喧伝している。でも、2回接種でもコロナに感染する「ブレークスルー感染」がもはや世界の常識なんだよね。原発の「安全神話」と同じで、いつまでも「ワクチン打てばなんでもOK」なんて安易な「ワクチン至上主義」を鵜呑みにしていると大変なことになりますよ。イスラエルの現状をとくとご覧あれ。

| | コメント (2)

2021年8月31日 (火)

衆議院選意識して二階自民党幹事長交代で“清新さ”をアピールか・・・その心は「二階院政」!!&デルタ株に新たな変異・・・「東京五輪株」か!?

 土建政治の自民党幹事長・二階君の周辺が騒がしくなってきたようだ。なんでも、「この局面を打開するのは人事しかない」と二階自身がポンコツ総理に交代を示唆したそうだ。その心は「衆院選が迫るタイミングで党の清新さを印象づける狙い」ってんだが、おそらく昼間の幽霊・岸田君が総裁選に向けて「総裁を除く党役員は1期1年、連続3期まで」と党改革案をブチ上げたことが影響しているのだろう。

首相、二階幹事長の交代検討…衆院選前に党役員刷新狙いか

 当初、土建政治の二階君は「就きたいと名乗り出た覚えは一回もない。長いと文句を言われる筋合いもない。失敬だ」とおかんむりだったはずなのに、ここにきて自らの進退について改めて発言したのは、けっこう昼間の幽霊・岸田君の党改革案はインパクトがあったということだ。自ら身を引くことでポンコツ政権に影響を残しつつ、岸田降ろしに乗り出したってことなのだろう。

二階氏、岸田氏党改革案に不快感 役員任期巡り「失敬だ」

 そもそも、「この局面を打開するのは人事しかない」と言うなら、ポンコツ総理自身が責任取るのが筋というものだ。ある意味、二階がポンコツに恩を打ったという構図か。

 ついでに、ポンコツに脅されて加計学園不正献金疑惑の下村君が総裁選立候補断念だとさ。受験ビジネスの成り上がりが、ざまあないや。

菅首相強気、下村氏抑え込む 苦戦予想で巻き返し―自民総裁選

 それにしても、「清新さを印象づける狙い」で、次期幹事長にあっせん利得疑惑の甘利君の名前が挙がっているところが、なんとも自民党らしいというか・・・勝手にしやがれ。

 最後に、デルタ株に新たな変異が確認されたってね。「国内で新たに変異を獲得した可能性が極めて高い」そうで、「東京五輪株」が現実になったか・・・おお、こわ!!

新たなデルタ株を初確認 アルファ株の類似変異も―東京医科歯科大

| | コメント (2)

2021年8月28日 (土)

予約なしワクチン接種に希望者殺到で大混乱! 今日から抽選制に!! 「予約なし、予約してと、いろんなチョイスで、若い皆さんにワクチンを受けていただく」(小池百合子)・・・意味わかりません!!

 単なる思い付きで、やってるフリするためだけにブチ上げた渋谷の予約なし若者向けワクチン接種が大混乱だったってね。そりゃあそうだ。予約なしでいつでもOKとなれば、冷やかしだけでも行ってみようかとなるのは人情というもの。当然、用意するワクチンだって最低でも数千。できれば1万くらいは手配しておくものだ。

 それが、なんと300人分しかなかったというんだから、そりゃあ一瞬で終わっちゃいます。しかも、並ばないようにってアナウンスしておきながら、実際は夜中から列ができてたってね。それは、ワクチン接種を希望する若者が予想以上に多かったという証明でもある。

 そもそも、「若者のワクチン拒否」を払拭するための予約なし接種だったんだよね。だから、300人分くらい用意しておけばいいんじゃないかとタカをくくってたんだろうね。フリップ小池君がどこからそんな情報を得たのか聞いてみたいものだ。

 でもって、予約なしだと混乱するから、これからは抽選にするんだとか。たったらネット使えばいいと思うのだが、直接会場に来ての抽選なんだとさ。その理由が、「今回は来てふらっと受けるというのが事業の趣旨。ネットを使えば予約になってしまうので、抽選にした」だって。バカじゃないの。

 フリップ小池君も「予約なし、予約してと、いろんなチョイスで幅を広げて、若い皆さんにワクチンを受けていただくように最大限努力したい」とさ。意味わかりません。

 一般のワクチン接種も、医療従事者、高齢者といった順番があったのに、それを途中から企業接種だの年齢制限拡大だの、思いつくままにルール変更したおかげで混乱招いたんだよね。それと同じ道を歩もうってんだから、こどいつもこいつも学習能力のカケラもないってことです。

 予約なしで、誰でもどこでもいつでも、ってのはPCR検査でもさんざん言われたことで、コロナ禍が始まって1年半の間にちゃんとシミュレーションしていれば、こんなことにはならなかったはずだ。

 先見性とやる気。これこそがコロナと戦うための基本なんだよね。それが、ポンコツ総理にもフリップ小池君にも決定的に欠けてるんだから、もはやインドのように数百万単位の死者が出ないと治まらないかもね。

東京・渋谷のワクチン接種会場に若者殺到 開設初日 午前4時には列、7時半に受け付け終了

東京・渋谷のワクチン接種「なぜ打てないのか」打ち切りに1万件超える電話 28日から抽選に

<小池知事 会見ファイル>若者接種に殺到 いろんなチョイス広げる

| | コメント (2)

2021年8月27日 (金)

「そんなことを平然とやっている人たちと一致結束しているつもりはない」(丸山島根県知事)・・・小池百合子の怠慢さに三行半!!

 コロナによる感染爆発の進行に合わせるように、フリップ小池君の存在感が希薄になってきて、最近では昼前に都庁へご出勤、夕方には帰路につくのが日課になってるとか。一言で言えば、オリ・パラ以外のことはまったくやる気がないってことなんだね。だから、3万人超の「自宅放置者」がいるってのに、臨時医療施設設置には着手せずに酸素ステーションでお茶を濁して平然としていられるのだ。

 東京の医療体制の崩壊は、フリップ小池君の怠慢が招いたと言っても過言ではない。そのくせ、「やってる感」を演出するパフォーマンスには熱心なんだから始末におけない。そんなフリップ小池君に、「あんたと一緒にされたかない」ってんで島根県の丸山知事が三行半を突き付けた。

 なんでも、次回の全国知事会で採択予定の声明文から「47都道府県で連携して新型コロナウイルスの感染対策に取り組む」という文言を削除する考えを表明したんだとか。その理由が、「われわれと同じ水準で感染対策をしようとしているとは思えない」からなんだって。

 「学校連携観戦プログラム」を含めたこれまでの東京都のコロナ対策を踏まえて、「そんなことを平然とやっている人たちと一致結束しているつもりはない」ってんだから、いやあ迫力満点です。なんてったって、聖火リレー中止で自民党の竹下元総務会長と火花を散らした御仁ですからね。

 返す刀でポンコツ総理もズタボロに切り刻んで欲しいものだ。

「47都道府県で連携」の文言削除を提案する考え、丸山知事 東京都に不信感

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Dappi疑惑 NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ネット工作 ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワクチンパスポート ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 八代英輝 公文書改竄 公明党 共産党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 土地規制法案 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大石あきこ 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平井卓也 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政党助成金 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新型コロナウイルス 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河野太郎 河野談話 泉健太 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 牧島かれん 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茂木敏充 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 西村康稔 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 議員年金 議員特権 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 赤木ファイル 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野党共闘 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 香港 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 ACTA DHC FMラジオ IR汚職 LGBT法案 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM