吉村洋文

2020年8月 6日 (木)

「自民党は臨時国会召集を拒否」の不可解・・・そもそも、自民党に拒否権はない!!&「予防効果があるとは、ひと言も言っていない。感じたことをしゃべり、『それは間違いだ』と言われたら、言いたいことが言えなくなる」(吉村大阪府知事)・・・辞めれば!!

 広島に原爆が投下された日。国会から逃げ回っている初老の小学生・ペテン総理は、今年もまたコピペの挨拶をするつもりなのだろうか。

 そのペテン総理は、憲法53条に基づく野党の臨時国会召集要請を無視したまま、すべてを自民党に丸投げする始末だ。でもって、自民党は臨時国会召集を拒否ってんだが、そもそも自民党にそんな拒否権はありません。臨時国会召集は政府に対してのものなんだから、メディアは「自民党は、早期の召集に応じない方針を野党側に伝えた」なんてシレッと解説してないで、「憲法違反」とキャンペーン張って、ちったあジャーナリズムとしての誇りを持って仕事してみやがれ。

 憲法53条には、「内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。」って規定されている。つまり、政府にだって拒否権はない。「召集する期限の規定がない」なんてのは後付けの屁理屈で、それが証拠に悪名高き自民党改憲草案には「要求があった日から二十日以内に臨時国会が召集されなければならない」って書かれてるんだよね。

 改憲を喚くんだったら、臨時国会は自分たちの作った改憲草案を実行するいいチャンスなんじゃないの。ああ、それなのに、吐血したなんて噂話をリークして健康不安を煽ってまで臨時国会から逃げ回るんだから、ペテン総理には信念のカケラもないってことだ。

自民議員も「臨時国会開いて」 党幹部は早期召集拒否

首相「3ない」で追及逃れ 国会開かない、出ない、会見もしない コロナ対応「迷走」で

 信念がないってくれば、大阪府知事のイソジン吉村君だ。「コロナにイソジン」のパフォーマンスが、あまりにも非科学的で非難囂々となったとたんに言い訳全開です。曰く、

「一部誤解があるところが見受けられる」
「うがいをすることで感染拡大に寄与するのではないかということで府民に呼びかけた。予防効果があるわけではないし、治療薬ではない。そういうことは言っていない」

さらに、

「予防効果があるとは、ひと言も言っていない。ぼくが感じたことをしゃべり、『それは間違いだ』と言われたら、ぼく自身、言いたいことが言えなくなる」

 何言ってんだか。昨日の会見では、目が泳いじゃって、シドロモドロの醜態を晒してくれたんだが、サラ金の武富士によるスラップ訴訟で宇都宮弁護士にフルボッコされた時もこんなんだったんでしょうね。

 チンピラ松井といい、もっとさかのぼればお子ちゃま・橋↓といい、維新ってのは政治家になってはいけないひとたちの集まりなんだということを、改めて教えてくれた「コメナにイソジン」の顛末ではありました。

“うがい薬”発言、府民に誤解は? 吉村知事、メディアに反論「予防効果があるとはひと言も言っていない。責任をもって発信する義務がある」

うがい薬 官房長官は検証注視 専門家「防御力落ちる可能性」


| | コメント (2)

2020年8月 5日 (水)

吉村大阪府知事の「コロナにイソジン」の笑えない啖呵売・・・やっちまったな!!

 寅さんだったらもっと小気味いい口上で唸らせてくれるんだろうが、そこは芸も能もない大阪府知事、ネズミ男・吉村君のことだから「えっ、何? バカじゃないの」ってリアクションが返ってくるのも無理はない。何のことかと言うと、「コロナにイソジンが効果的」ってプレゼンをネズミ男・吉村君が記者会見でぶちかましちゃったんだね。

うがい薬がコロナに効果か研究

 トランプの「消毒液注射」や「抗マラリヤ薬」と一緒で、何の医学的根拠もなく、それどころか劇的な副作用の怖れがあるんだから、「やってる感」演出のためのパフォーマンスと聞き流すわけにはいかない。

 イソジンなど「ポビドンヨード」が含まれているうがい薬は、過剰摂取すると甲状腺などに負荷を掛けるとも言われ、妊婦さんや授乳中のお母さんたちも使用は危険とされている。口中のウイルスを一時的に除去することはできても、そんなのは気休め程度のもので、コロナウイルスは口の中だけにいるわけではありませんからね。

 そもそも、イソジンがどうしたこうしたと政治家が公に口にするのって薬事法違反じゃないのか。おかげで、トラッグストアに人が押し寄せ、うがい薬を買い漁ったそうで、そんなことも予測つかなかったのかねえ。それほどのウマシカってことなんだろうね。

 あまりの批判殺到に、「ポピドンヨードの効能としてコロナに効くとは薬事法上も言えません」とか「また吉村がおかしなこと言い出してるとネット上の大批判がありますが、構いません。(研究を担当した)松山先生の研究成果を信じて頂かなくても構いません」とか、言い訳しつつ居直ってるんだが、こういうのをマッチポンプと言います。

「おかしなこと言い出してる…構いません」大阪府・吉村知事がうがい薬に着目 成分の「ポピドンヨード」がコロナに有効とする研究結果を紹介

吉村知事 うがい薬の転売は「犯罪行為」…薬事法、自由に販売できない

 それにしても、ネズミ男・吉村君の「コロナにイソジン」の啖呵売には笑える要素がカケラもありません。ひとの命に関わることをこんな与太話に落とし込めるってのは、さすが武富士の顧問弁護士としてサラ金とグルになって高金利で消費者を苦しめただけのことはある・・・ってなもんです。

Photo_20200805085301

| | コメント (2)

2020年7月30日 (木)

「5人以上の会食自粛」だけど「家族は別」って訳わかんない・・・コロナよりも無策・無能な為政者の存在こそが脅威だろう!!

 アベノマスク8千枚配布の延期を検討しているそうだ。「嫌がらせ」とも思える愚策は、さっさと中止にするこった。そんなことより1日も早く国会開いて、コロナ対策に命をかけて気張りやがれ。、ってなもんです。

布マスク配布の延期検討 介護施設向け8000万枚 厚労省

 それにしても、大阪の感染者数はハンパじゃありません。人口880万人に対しての220人ですからね。東京の感染者が凄いと言ったって、1350万人の人口があるんだから、人口比率で換算したら大阪はそれこそ「エピセンター(感染震源地)」になっているんじゃないのかねえ。

 府知事のネズミ男・吉村君もさすがに慌てたと見えて、「5人以上の飲み会自粛」なんてことを喚き出しとります。だったら4人ならいいんかい、なんて野次も飛んでいるようだけど、この自粛のどこに医学的根拠があるんだろう。実際に、東京では「5人以上の会食よりも2~3人の会食で感染するケースが多い」のだとか。

 感染症なんだから、ひとりでも陽性者がいれば、どんな人数の会食だって感染する可能性はあるんだよね。「4人ならよくて5人ならダメ」なんて野次が飛んでくるような数字の弄び方ってのは、コロナ対策としてはあまりにも安直で感心できません。

5人以上の飲み会自粛を 8月1日から20日まで 家族は対象外 大阪府、府民に要請

 ようするに、もはや自治体がどうこうというレベルではなくて、政府が矢面に立って感染対策に取り組んでいかなければいけないんだよね。ああ、それなのに国会は閉じたままときたもんだ。野党の臨時国会要求に自公は拒否の姿勢を見せているようだけど、そんなことしている場合か。いまこそ国会で議論しなくてどうする。

 このままだと、東大の児玉龍彦教授が指摘するように、「来月になったら目を覆うこと」になりますよ。


| | コメント (2)

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 吉村洋文 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新型コロナウイルス 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 香港 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ IR汚職 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM