菅義偉

2021年1月26日 (火)

会話能力ゼロのカス総理のおかげで、この非常時に不毛な国会!! ヤバイぞ、ニッポン!!

 昨日の衆院予算委員会を観ていて、つくづく思った。特高顔のカス総理は、会話能力が決定的に欠如してるんだね。とにかく、相手の発言を真摯に聞こうという姿勢がない。だから、答弁そのものが的外れなものになっちゃって、議論が成り立たない。

 もっと凄いのは、答弁求められても阿呆面晒して、座ったままで反応しないことが度々あることだ。その度に、委員長指名があるからって担当大臣がしゃしゃり出てくる。

 笑っちまったのは、橋龍命の江田君とのこんなやり取りだ。

江田「通常国会は6月、臨時国会は12月5日に閉めた。特措法改正も医療崩壊防止策もせずに政府は何をやっていたのか」
カス「私自身の就任は9月16日。そこから1日も休まず感染拡大を防ぐための対策をしていた」

 だったら、現在起きている感染爆発は何なんだ・・・ってことなんだね。それにしても、「1日も休まず・・・」って、そんなことこの非常時に当たり前だろう。

 なんとも不毛な国会なんだが、こんなにも無能で無知な棚ぼた総理大臣が差配する日本って、かなりヤバイと感じる今日この頃なのだ。

「全集中の呼吸」はどこへ? 首相答弁は棒読み、淡々、抑揚なし 

・毛ば部とる子
1月25日衆予算委のまとめ


2021年1月25日 衆議院 予算委員会

| | コメント (2)

2021年1月25日 (月)

自民党ネットメディア局がカス総理に「ツイッター活用術」をレクチャー・・・「国全体のデジタル化」を目指す本人のスキルがこの程度とは、頭がクラクラしてくる!!

 自民党のネットメディア局長代理とやらが、特高顔のカス総理に「ツイッターなどSNS(ネット交流サービス)を活用した発信方法など」についてレクチャーしたそうだ。カス総理のツイッター投稿に関して、「事実を淡々と伝えている。『熱量』がなければ拡散しない」てなことを助言しましたとさ。

 これじゃあ、まるで簡単スマホの使い方レッスンみたいなものだろう。施政方針演説で「グリーンとデジタルが次の成長の原動力」とぶち上げて、デジタル庁創設して「国全体のデジタル化を主導する」と意気込んでいた本人のデジタルに関するスキルがこの程度ってのは大いに笑えるのであった。

 「SNSで曲解して伝わるメカニズム」なんてこともアドバイスされたってね。「首相は『なるほど、こういうふうな形では確かに誤解されて伝わったりもするな』とすごく関心を持たれていた」(山田太郎ネットメディア局長代理)ってんだが、そもそも「誤解」なんかしてないから。カス総理の貧困なボキャブラリーと表現力おかげで、意味不明になっているだけだから。そこんところよろしくなのだ。

菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

「答える場ではない」 遮断の答弁で陥った菅首相の苦境

| | コメント (2)

2021年1月22日 (金)

五輪選手村のコロナ施設転用に反対していたのはカス総理だった!! その裏には、五輪後の分譲マンション利権が・・・!?

 病床数が逼迫し、コロナに感染してもおいそれと入院できず、自宅療養せざるを得ないひとが全国で3万人を超えてるってね。そんな中、自宅療養中に症状が悪化して亡くなったひとは「8都府県で計16人に上る」(読売新聞よリ)んだとか。

【独自】感染し「自宅で死亡」16人、無症状で容体急変した例も…全国で3万230人が療養中

 そもそも、感染症において自宅療養なんてのは家庭内感染につながるだけで、なんの解決にもならないんだよね。だからこそコロナ感染者を保護・隔離する施設を整えるのが急務なわけで、そうした状況を踏まえてオリンピック選手村の活用が専門家の間では議論されてきたんだね。

 ところが一向に国が動かないのはどうしてなんだろうと思ってたら、なんと特高顔のカス総理が強く拒否していたそうだ。フジテレビ『とくダネ』に出演した二木芳人昭和大学客員教授によれば、

「ともかく診断された人を現場現場でその都度判断するのではなくて全部どこか大きな宿泊療養所とか待機所みたいなものをつくって、いったんそこに入って頂いてそこで正確な判断をしながら振り分けをしていくと。第1波の時から言っているんですが五輪の選手村を使ってはどうだって話をして、ずいぶん叱られましたけど」

 オリンピック選手村をコロナのための施設として活用するという案をカス総理やフリップ小池君が無視し続ける裏には、選手村がオリンピック後は分譲マンションとして販売される計画があるからなんだね。コロナのための施設なんかに使われたらマンションとしての資産価値は大幅に下がる可能性があるのがその理由に違いない。妄想だけど。

二木芳人教授 コロナ自宅療養者の相次ぐ死亡に「第1波の時から言っているんですが五輪の選手村を」

 カス総理やフリップ知事の考えそうなことで、ようするにコロナより利権が大事ってことだ。そんなんだもの、この非常時にもGO To トラベルについて担当大臣が「新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底するなど必要な見直しを行い、事業の再開を目指したい」なんてクズ発言するわけです。

GoTo「再開を目指したい」と赤羽国交相

| | コメント (2)

2021年1月21日 (木)

野党の野次に議場を睨みつけて凄んで見せる二階のふざけた態度・・・地回りのヤクザか!!

 衆議院本会議の代表質問ってのは、どうやったって一方通行なものだから、丁々発止の議論なんてのが期待できるものでないのは重々承知の上なんだが、それにしても野党の疑問に正面から答えるつもりがさらさらない態度ってのは、行きつくところ国民を舐めてるってことなんだろうね。

 なんてったって、立憲民主のエダノンに「新型コロナ感染拡大は、政治に引き起こされた人災だ」って突っ込まれて、「人災という指摘は当たらない」って特高顔のカス総理は懐かしのフレーズ使いやがりましたからね。

「菅氏にキレがなくなった…」 疑問はぐらかし、言い間違いも…首相答弁力に与党不安 衆院代表質問


【国会中継】衆院本会議 各党が代表質問(2021年1月20日)

 国民舐めてるとくれば、土建政治の二階君のふざけた態度も噴飯ものでしたね。「Go To トラベル」の張本人のくせにその反省のカケラも見せず、あげくは「オリンピックが子供の笑顔につながる」なんてほざく始末だ。

 呂律の回らない口調で原稿読むだけの代表質問に野次が飛んだら、議場を睨みつけて凄んで見せたそうだ。そもそもは政界渡り鳥で、それほどの実績もないくせにいつの間にか黒幕のような地位を手に入れて、すっかり勘違いしちゃったんだろうね。

 しょせんは、年老いた地回りのヤクザまがいの爺さんに過ぎないと思うのだけど、こういうのが選挙に強いってんだから、この国の有権者のレベルもそれだけのものってことだ。

自民・二階幹事長、議場にらむ 野党に結集呼び掛けの場面でやじ

| | コメント (2)

2021年1月19日 (火)

「国民に負担をお願いする政策の必要性を国民に説明し、理解してもらわなければならない」(カス総理)・・・言ってろ!!&河野太郎がワクチン担当相の場当たり人事!!&罰則ありきの特措法改正案を自公が了承!!

 「私が、一貫して追い求めてきたものは、国民の皆さんの『安心』」そして『希望』です」で始まり、「国民に負担をお願いする政策も必要になる。その必要性を国民に説明し、理解してもらわなければならない」で終わった特高顔のカス総理の所信表明演説。惹句と結句の呆れるほどの白々しさに、開いた口が塞がりません。

 なんでも、17日は外出しないで所信表明演説の復習をしていたというんだが、それでも随所に読み間違いがあったりして、ようするにこの男には「集中力」ってものが根本的に欠けてるんだね。だから、コロナ対策ひとつとっても場当たり的になっちまう。

菅首相の思い・本気度 今ひとつ伝わらない施政方針 従来発言繰り返し

首相、施政方針でも言い間違い 「主体」を「ゼンタイ」


菅総理 就任後初の施政方針演説(2021年1月18日)

 場当たりとくれば、雨男・河野君のワクチン担当相ってのも、その典型なんだね。そもそも、経済担当相の女体盛り・西川君がコロナ担当ってのもおかしなもので、なこんなものは厚労相が一手に引き受けるものだろう。

 雨男・河野君はツイッターでちょいと突っ込まれるとすぐブロクするので有名なんだが、気に入らない奴にはワクチン打たせないなんて言い出したりしないだろうねえ。

コロナワクチン担当の河野氏「各省ヒアリングから」始動

 最後に、カス政権が提出予定の罰則ありきの新型コロナ特措法や感染症法の改正案を自公が了承したってね。それに対して、Facebookでこんな秀逸なコメントを見つけたので、それをご紹介してお後がよろしいようで。

<新型コロナ>事業者への財政支援、義務化へ 新型コロナ特措法改正案 罰則も導入

(これより引用)

選挙民のおかげで生活成り立っているのに国民が飲食店が時短営業に従わなかったり少しでも違反をしたりすると罰則規定。
それをやるなら
違法選挙やった者
国会で居眠りやった者
公職にありながら経費と偽り
浮気ホテル代を公金で支払った者
国民に密は避けろ会食は避けろと言いながら
会議のふりして豪華な宴会をやった者
その他文春ネタになるような行為をした者
全てに罰則規定設けたらどうですか。
まずは先陣を切って潔く罰せられて下さい。
税金を国の、国民のために使う権利がるなら
正しく使う義務がある。

(引用終わり)

| | コメント (2)

2021年1月18日 (月)

東京オリンピック中止の判断を国連に・・・誰も責任とりたくないってことか!!&悪夢のカス政権支持率急落・・・軒並み30%台に!!

 昨日のエントリーで、海外メディアの「オリンピック中止の可能性」報道について書いたんだが、IOC元副会長が「スポーツの枠を超えた問題として国連に判断を委ねる可能性を指摘」したってさ。

「これは単なるスポーツの問題、国益に関する問題を超えている。第三者を探しているなら国連に行き、大会をこのまま進めるかどうか解決を求め、関与を求める事例かもしれない」

 ってんだが、つまりアメリカのTV局への放送権料などの補償なんかがあって、誰もオリンピック中止の言い出しっぺになりたくないものだから、いっそのこと国連にどうにかしてくれってことなのだろう。IOCはもとより、JOCも腹の中では「オリンピック中止」は既定路線で、要はオリンピック中止後の諸々の金銭問題をどこが責任とるかという綱引きしてるってことだ。妄想だけど。

五輪開催の可否、国連が判断? IOC名誉委員が指摘

 でもって、「東京オリンピックを必ずやり切る」の特高顔・カス総理の支持率が急落だそうで、なんと軒並み30%台になったってね。これで東京オリンピックが中止になったら、もう悪夢のカス政権はニッチもサッチもいかなくなって、自民党内からもカス降ろしの声が強まってくるんじゃないのかねえ。

 今日から始まる通常国会では、コロナはもちろん、サクラ疑惑や日本学術会議問題だって終わったわけじゃないから、おそらくサウンドバック状態になってボロボロになるのは目に見えている。ひょっとしたら、あまりの醜態に6月の閉会までもたないってこともあるんじゃないか・・・なんて妄想も楽しい月曜の朝である。

菅政権の行方に黄信号、コロナ禍で支持率急落-きょう施政方針演説

| | コメント (2)

2021年1月17日 (日)

「オリンピック中止の可能性」を報じ始めた海外メディア! それを他人事のように垂れ流す五輪オフィシャルパートナーの日本のメディア!!

 イギリスと南アフリカで変異種が確認され、コロナ禍は新たなステージに移行しつつある。てことは、国内で2月にも始まると噂されるワクチン接種の効果ってのも、ちょいとクエッションマークがついてくる。

 そうしている間にも、コロナによる死者は世界で200万人を超え、感染爆発の勢いは止まるところを知らないってのに、鮫の脳みそ・シンキロー森君は「不安はまったくない。(五輪を)やることは決まっている。準備はほとんど終わっている。どうして7月のことを今議論するのか」と能天気なこと口走っている。

 特高顔のカス総理も「東京オリンピックは必ずやり切る」とまったく根拠のない強がりをぬかして顰蹙買っているんだが、さすがに海外のメディアから「正気か!」という疑念の声が上がり始めた。

「延期された東京五輪の開催は新型コロナのパンデミックによって日に日に不可能へ向かっている。JOCとIOC双方の担当者は安全な大会を開催することは不可能かもしれないと認め始めている。日本の世論調査では80%近くが中止か再延期と回答している」(ニューヨーク・タイムズ)
「まだ東京オリンピックの開催は決まったわけではない」(ブルームバーグ)」
「ウイルスの急速な広がりが五輪の計画を危うくしている」(AP通信)

 こうした海外メディアの声を日本の新聞・TVは他人事のようにサラっと流して報道している。でも、本来ならそうした報道は日本のメディアこそがすべきことなんだよね。それができない、ていうかしようとしないのはメディアがオリンピックのオフィシャルパートナーになっているからなのだ。つまり、オリンピック利権の当事者ってことだ。

おそらく、年内にコロナ禍が収まるなんてことは不可能だろうし、「オリンピックなんかしている場合か」というのがグローバルスタンダードになるのは目に見えている。無観客なんて声もあるけど、それはもうオリンピックじゃないし、そもそもオリンピックとは何のためのものなのか・・・日本のアスリートからもオリンピックへの意見が聞こえてきてもいい頃なのではなかろうか。ていうか、発言すべきだと思う今日この頃なのだ。

| | コメント (1)

2021年1月16日 (土)

【感染症法改正案】病院に患者受け入れ勧告&コロナ調査拒否・虚偽に刑事罰・・・虚偽報告で刑事罰なら安倍晋三は即逮捕だろう!!

 特措法改正に向けての地ならしの意味もあるのだろう。感染症法改正案ってのが厚労省感染部会で了承されたってね。前から言われていたように、罰則ありきの改正案で、入院拒否や感染経路の聞き取り拒否・虚偽報告した感染者に刑事罰だとさ。

 さらに、感染者や受け入れなどの協力を医療機関に勧告でき、それに従わない場合は病院名を公表するってんだから、そりゃあ日本医学連合会が反対の声明を出すわけだ。

 そもそも、入院拒否とか患者受け入れ拒否とか、その裏付けとなる数字がどれほどあるというのだろう。厚労省の役人は「(根拠を)網羅的に把握するのは難しい」って臆面もなくのたまってるくらいなんだから、こんな根拠薄弱な罰則規定は国会でキッチリ議論しなくちゃいかんだろう。

 それにしても、時短要請に応じない飲食店の名前公表といい、感染者受け入れに難色を示す病院の名前公表といい、これってつまるところ国が脅しかけてるってことなんだよね。そうした実態を調査するにはそれなりのマンパワーだって必要になってくるだろうから、そのうちやたらチクリが横行したりするんじゃないのか。

 ひょっとして、それこそが狙いだったりして。「言うこと聞かないやつは首」って公言する陰険な特高顔のカス総理ことだから、けっして妄想ってことで片づけるわけにはいかない今日この頃なのだ。

「強要なら行政が院内感染に責任を」コロナ患者受け入れ「勧告」に民間病院は困惑 感染症法改正

保健所のコロナ調査で虚偽・拒否に罰金 厚労省、改正法案で検討

金子勝教授 「政府には処罰がないのか?」…特措法改正案「罰則」等に

| | コメント (2)

2021年1月15日 (金)

「ランチも自粛」(西村コロナ担当相)→「ふざけるな!」(堀埜サイゼリア社長)・・・と一喝! グッジョブ!!

 あたかもコロナ感染爆発の元凶が飲食店であるかのようにカス政権は煽りまくっているんだが、「8時以降の外出自粛」を訴えた割には効果があまりないという批判を受けて、女体盛りの西村君が「ランチも自粛を」と言い出したんだね。相も変わらぬ口から出まかせに、とうとうサイゼリアの社長が堪忍袋の緒を切って「ふざけるな」と一喝した。いやあ、グッジョブです。

政府の相次ぐ要請に猛反発 サイゼリヤ社長「ふざけんなよと」

 そもそも、「Go To イート」で外出を奨励したくせに、それが感染爆発につながったとたんに飲食店に対して営業自粛を強要するというポンコツ政策こそがすべての元凶なんだよね。飲食店にしてみれば、「時短要請」に続いての「ランチも自粛」ってのは、営業妨害以外の何物でもない。

 そりゃあ、サイゼリアの社長ならずとも啖呵のひとつもきりたくなろうというものだ。やっぱり、補償あってこその休業要請でなくてはならないんだよね。カス政権のコロナ対策がどこかピンボケなのは、経済的な支援がとことん抜けているからなのだ。

 持続化給付金や家賃給付金も早々と締め切りになるし、定額給付金についてもまったく見向きもしない。そのくせ、何百億円もかけてアベノマスクなんて不良品をばら撒くんだから、お話になりません。

 最後に、特高顔のカス総理が朝のホテル会食自粛でストレスがたまってるってさ。馬鹿言うんじゃないよ。コロナによる失業者が巷に溢れ、自殺者だって増加の一途を辿ってるってのに、ホテル会食できないくらいで泣き入れるんじゃねえ。読売もこんな記事書いてる場合じゃないだろうに、ったく。

かみ合わない質疑・言い間違い続出…会食自粛の首相、ストレス蓄積?


| | コメント (2)

2021年1月14日 (木)

事前通告なしの質問に慌てたカス総理が、つい「国民皆保険見直し」と本音をポロリ!?

 昨日の緊急事態宣言拡大後の記者会見は、どうせ記者会との出来レースだろうということでチラっと観ただけだったんだが、どうやら最後の最後でビデオニュース・ドットコムの神保哲生君がドカンとやってくれたってね。

 なんでも、医療法と感染症の改正について神保君が鋭く追及したら、なんと特高顔のカス総理は「医療法についても今のままでいいのかどうか。国民皆保険、そして多くの皆さんが診察を受けられる今の仕組みを続けて行く中で、今回のコロナがあって、そうしたことも含めて、もう一度検証していく必要はあると思っています」ってしどろもどろで答えましたとさ。

 このやり取りがネットでは、「菅義偉首相が国民皆保険の見直しに言及」とちょいとした騒ぎになってるんだが、なんてことはない事前通告なしの質問に慌てちまって、つい頭に浮かんだことを口にしちゃったってのが本当のところなんだと思う。

 でも、こういう緊張感のある質問こそが、記者会見では必要なんだよね。台本通りの記者会見では、「国民皆保険」なんて本音は絶対に出てきやしません。

 そんなぬるま湯みたいな記者会見だから、やたら言い間違いをして、それを横にひっついたコロナ分科会の尾身シェンシェイがフォローするという醜態を演じることになるのだ。

 神保君とカス総理とのやり取りをどのテレビ局もスルーという現実に、この国のジャーナリズムの下劣さが現れている。それが、半藤一利の訃報の日に重なるんだから、草葉の陰でなんとも皮肉なことだと氏も嘆いていることだろう。

迷走の菅首相 言い間違え、質問に答えず…西村、尾身両氏がフォロー

「菅義偉首相が国民皆保険の見直しに言及」とSNSで話題に ⇒ 実際には何と言った?


| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新型コロナウイルス 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 議員年金 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 香港 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 ACTA DHC FMラジオ IR汚職 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM