菅義偉

2020年10月29日 (木)

名簿は見てないけど、出身大学が偏っているので、任命権者である私が判断したけど、拒否した理由は差し控える・・・支離滅裂というか、虚言癖もあるんじゃないか!!

 日本学術会議任命拒否について、嘘に嘘を重ねたあげくに、自分でも何言ってるのかわかんなくなっちゃった・・・ってのが特高顔の自称苦労人・カス総理の偽らざる心境なんじゃないのかねえ。で、結局は、「個々人の任命理由については答えを差し控える」ときたもんだ。これって、官房長官時代の「問題ない」「批判には当たらない」ってう木で鼻をくくった答弁と同じ手法だ。

 でも、これから予算委員会の場に移ってからは、こうはいきませんよ。なんてったって、「名簿は見ていない」→「総合的・俯瞰的に判断した」→「出身大学が偏っている」→「任命権者である私が判断した」→「拒否した理由は差し控える」(←いまここ)・・・こうした一連の発言の流れを見てくると、支離滅裂というか、虚言癖でもあるんじゃないかと心配になってくるんだね。

 政治家としてはもちろん、社会人としても問題あるんじゃないのか。こんなのが総理大臣って、冗談も大概にせぇよ、ってなもんです。

 それにしても、これで乗り切れると考えているとしたら、一般大衆労働者諸君も舐められたものだ。日本学術会議のあり方を検討する自民党PTでは、年内にも結論を出す方針なんだとか。「論点ずらし」という批判が高まらないうちに、一気呵成に決着つけるつもりなのだろう。ようするに自民党の狙っているのは、日本学術会議を御用学者が集まった有識者会議みたいな位置づけにしようってことなんだね。

 この問題が致命傷になる前に、年明け解散ってあるかも・・・なんて妄想してみる木曜の朝である。

Photo_20201029100901
クリックで拡大

学術会議、人選に「偏り」 任命拒否の理由明かさず―代表質問で菅首相

学術会議 元会長 菅首相の「会員が一部大学に偏り」指摘に反論


【国会中継】菅首相、就任後初の代表質問 衆院本会議(2020年10月28日)


| | コメント (2)

2020年10月27日 (火)

【所信表明演説】「私が目指す社会像は、『自助・共助・公助』そして『絆』」って、情けなくて言葉もない!!&【日本学術会議】「説明できることと出来ないことがある」・・・それを説明するのが政治家の務めだ!!

 別に期待していたわけではないけれど、それにしても華がないというか、夢がないというか、暗すぎるというか、特高顔の自称苦労人・カス総理の所信表明演説は心に訴えかけるものが何もない無残なものだった。

 だからなのかねえ、テレビは所信表明演説もそこそこにプロ野球のドラフト会議に大はしゃぎ。カス総理へのメディアの冷ややかな態度は、この男の陰険な眼差しがテレビ的でないと判断しているからかもね

 それはともかく、所信表明演説の内容もただ政策を羅列するだけで、政治家としてのビジョンがまったく感じられない。「2050年までに温室効果ガスの排出をゼロにする」なんて宣言されても、おいおい、それまでアンタは生きちゃあいないだろう・・・なんて突っ込み入れたくなっちゃうんだよね。

 最後には、

「私が目指す社会像は、『自助・共助・公助』そして『絆』です。自分でできることは、まず、自分でやってみる。そして、家族、地域で互いに助け合う。その上で、政府がセーフティーネットでお守りする。そうした国民から信頼される政府を目指します。」

 だとさ。そして、多くの一般大衆労働者諸君が注目していたであろう日本学術会議については一言も触れないんだから、「国民から信頼される政府を目指す」なんてお題目唱えられても、勝手に言ってろ、ってなもんです。

菅色ずらずら…こだわり政策は反対あっても強硬に 所信表明で見えたこと、見えないこと

菅義偉首相の所信表明演説全文

菅首相が所信表明演説で安倍前首相並みの嘘とゴマカシ!「温室効果ガスゼロ」の影で原発推進を宣言、再稼働だけでなく新増設も

 でもって、日本学術会議については、NHK『ニュースウォッチ9』でこんなことくっちゃべってくれちゃいました。

「説明できることと出来ないことがある。学術会議が推薦したのを政府が追認しろと言われている。民間の人も若い人、地方大学を満遍なく選んでほしいと思ってる。出身大学を見ると限られてる」

 ほとんど居直っちゃってるんだね。でもって、「出身大学も限られている」って言い出してるんだが、もう嘘に嘘を重ねているうちに、自分でも訳わかんなくなっちゃてるんだろうね。

首相「説明できることとできないことある」学術会議問題

 何はともあれ、器の小さい人物であることはハッキリしてきたんだが、だからこそ側近の警察上がりの官邸官僚にしてみれば、御しやすい神輿ってことになるのだろう。いよいよ、警察国家への道が動き出しますよ。

 最後に、ノイホイ菅野君がハンストを終了。最後までメディアは無視してくれました。でも、よく頑張った。お疲れ様。

・田中龍作ジャーナル
【学術会議】ハンスト終了 「誰かが死んで抗議しなければならない事件だった」

| | コメント (3)

2020年10月24日 (土)

日本学術会議任命拒否の学者が会見・・・「任命拒否は違憲違法。撤回すべき」と一喝!!&年末年始休暇延長で非正規を見殺しにする気か!!

 櫻井よし子が中心となって「日本学術会議廃止」の意見広告が読売、日経、産経に掲載されているんだが、どこから資金が出てるんだろうね。さぞかしお高い広告料だと思うのだが・・・。

 でもって、カス政権が「日本学術会議の事務局体制を見直し、配置する官僚を大幅に削減する検討に入った」ってさ。なんでも、雨男・河野君が「民間委託によって業務効率化を進め」「学術会議への年間予算10億円のうち4億円超に上る人件費の縮減を図る」んだとさ。

政府、学術会議の事務局見直しへ 人件費4億円縮減、野党は批判

 行革を口実にした締め付けなのは明白で、人員削減ってんなら特高顔の自称苦労人・カス総理のカミさんのお付きの職員3名ってのをどうにかしやがれ。ペテン師・シンゾーの私人の嫁も確か3名のお付きの職員がいたんだが、「前例打破」にも繋がって一石二鳥じゃないのか。小さなことからコツコツと、ってのが行革の真髄なんだからさ。

菅首相の妻・真理子氏に職員3人 安倍政権では問題視も

 昨日は、日本学術会議会長と所管大臣である迂回献金・井上君が会談したようだけど、なんとも会長の対応の温いこと。会談するなら任命拒否した責任者であるカス総理を引きづり出さなきゃいかんだろう。そのためにも、「任命問題をめぐって苦慮している。今後の率直な対話のためにも、問題の解決が大変重要だ」なんて愚にもつかないお愛想言ってないで、「責任者を出せ、責任者を」って迂回献金・井上君に迫るのが会長としての使命というものだ。

井上科学技術相と日本学術会議 梶田会長が面会

 そんな中、任命拒否された学者による会見が開かれ「任命拒否は違憲違法。撤回すべき」と高らかに宣言した。その会見で、刑事法の松宮孝明立命館大教授が、カス総理が憲法15条「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」を任命拒否の根拠としたことについてこんな反論しています。

「総理は国民を代表し自由に公務員を選定罷免できると宣言した。ナチスのヒトラーでさえ全権掌握のために新憲法を作ろうとしたが、総理は現行の憲法でやろうとしている。独裁者になろうとしているのか」

 おっしゃる通りなんだね。日本学術会議問題は、任命拒否の理由、その1点を議論すべきもので、現会長のように相手の土俵でショッキリしている場合じゃないってことだ。

「任命拒否は法律違反」学術会議 任命拒否の大学教授らが見解

<
学術会議問題 任命拒否の早大・岡田教授ら4人が会見(2020年10月23日)

 ところで、年末年始休暇を延長・分散して、初詣などで予想される密を避けようって話が出てきたってね。「1月11日の成人の日まで休みを採るのも一案」てなことを新型コロナ感染症対策分科会が提言しているんだが、そりゃあ正社員はいいでしょうよ。でも、日給の非正規はどうなるんだ。休めば給料貰えないんだから、それこそ年越しテント村の再現ってことになりますよ。

年末年始 1月11日まで休暇延長を要請へ 新型コロナ政府分科会

 年末年始休暇の延長・分散なんてことが語られるほどコロナの先行きってのは誰にも見えていないないわけで、こんなんでオリンピックなんかやれるのかねえ。あっ、そうか・・・このところオリンピック中止とか2032年に先延ばしとかいろいろ噂が飛んでるけど、既にオリンピック中止が織り込み済みの政策ってわけか。妄想だけど。

IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

| | コメント (2)

2020年10月23日 (金)

自民・二階が「官僚の本来の職務に支障をきたしている」と野党合同ヒアリングにいちゃもん!!

 アンポンタン石破君が派閥の会長を辞任するとさ。表向きは総裁選敗北の責任を取ってということなんだが、実際は特高顔の自称苦労人・カス総理に白旗上げたってことだ。いまさら自民党を出たところで誰も相手にしないだろうから、今後は飼い殺しにされて終わりなんじゃないのかねえ。

石破氏、総裁選惨敗でけじめ 派内に不満、助言受け入れ―主流派志向に転換・自民

 そんなことより、土建政治・二階君が、各省庁に対する野党合同ヒアリングについて、「官僚の本来の職務に支障をきたしている」ことを理由に見直しが必要だってほざいてるってね。国会が閉まったままだからこそのヒアリングなんだから、だったらちゃんと国会を開いて議論を尽くすのが筋ってものだ。ていうか、それは国会議員としての義務だろう。


 野党合同ヒアリングでは日本学術会議がこのところ槍玉に上がっているけど、追及すればするほど官僚の答弁が怪しくなって、「法解釈変更はしていない」って言い訳が通じなくなってきているのもひとつの理由なんだろうね。

 さらに、モリ・カケ・サクラもまだ終わったわけではないし、野党合同ヒアリングで政権の尻ぬぐいをさせられることに嫌気が差した官僚がいつ反旗を翻すかわかりませんからね。

 議論の場をことごとく閉ざそうという動きは、警察国家へのいつか来た道につながっていくのは間違いないところで、いまのうちにその芽を摘んておかないと大変なことになりますよ。

 最後に、自らの著作でさえ改竄して平気な顔しているカス総理なんだが、同じ文言が掲載されたブログを削除するのを忘れているようで、お暇ならご一読を。

| | コメント (2)

2020年10月21日 (水)

インドネシアに500億円の円借款・・・ペテン政権譲りのばら撒き外交第一弾!!&カス総理の自著改竄で「編集部の判断で割愛」と文春が苦しい言い訳!!

 自民党の一部議員がおそらくパフォーマンスなんだろうが、「国民一律5万円の定額給付金の支給を要望」したってニュースが流れて以来、「特定給付金第2弾のお知らせ」なんていうスパメールが頻繁に送られくるようになった。ひょっとこ麻生は即座に給付金の再支給を否定したけど、スパメールに騙されちゃうひともいるようで、それだけコロナによる生活困窮というのは切羽詰まっているんだよね。

麻生財務相、一律5万円の定額給付金に否定的 「異なる状況」

 ああ、それなのに、初の外遊に浮かれる特高顔の自称苦労人・カス総理は、インドネシアに500億円規模の円借款を約束しましたとさ。これもまたペテン政権のばら撒き外交を見習ったものなんだろうが、そんな余裕があるならコロナで四苦八苦している飲食店をどうにかしてやれ、ってなもんです。

対コロナ、500億円供与 ビジネス往来の早期再開へ―日・インドネシア首脳

 四苦八苦と言えば、日本学術会議問題でミソつけて、昨日はまた自著の改竄が暴露されちゃったカス総理も似たような心境なんじゃなかろうか。自著の改竄については、なぜかメディアの食いつきがよくて、けっこうセンセーショナルに報道されている。それに慌てたのかもしれないね。なんと、発行元である文春がこんな言い訳コメント出しやがりました。

「官房長官時代のインタビューなどを加えて新たに編集したものであり、特定の文言の削除を意図したものではありません。本の総ページ数など全体のバランスを考えた上で、編集部の判断で割愛しました」

 編集部が独断で著者の原稿を改竄するなんてことはそうそうありませんよ。しかも、名もない新人の原稿ならまだしも、一国の総理大臣の著書なんだからね。少なくとも、ゴーストライターなどのスタッフとはちゃんと打ち合わせした上でのことは間違いない。

 おそらく、何かしらの指示が官邸サイドからあったんだろう。それを忖度した結果の文春のコメントなんだね。どんな動きがあったにせよ、なんとも情けない。文春砲が聞いて呆れます。

「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

| | コメント (2)

2020年10月20日 (火)

カス総理が自らの著作から公文書管理に関する記述をこっそり削除・・・そりゃあ公文書改竄なんかお手の物だわ!

 国会ほったらかして外遊と洒落こんだものの、特高顔の自称苦労人・カス総理がベトナムの大学でのスピーチで、「ASEAN(アセアン)」を「アルゼンチン」と読み間違えましたとさ。こんなところまでペテン政権を継続してどうする、ってなもんです。

菅首相ベトナムでASEANをアルゼンチンと誤読

 こんな具合に、底の浅さが日々暴露されるカス総理なんだが、なんと自著の改訂版を出すにあたって、公文書管理の重要性を訴える記述をこっそり削除してたってね。初版では、こんなこと書いてるんだね。

「千年に一度という大災害に対して政府がどう考え、いかに対応したかを検証し、教訓を得るために、政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録は最も基本的な資料です。その作成を怠ったことは国民への背信行為」

 ははは、「政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録は最も基本的な資料」って、よく言うわ。そう言えば、この著作(『政治家の覚悟』)をめぐって、いつだったか朝日新聞の記者とこんなやり取りがあったんだね。

Q「政府があらゆる記録を克明に残すのは当然」と自著に書いた政治家はだれか、分かりますか?」
A:知りません。
Q:官房長官(あなた)です。

 こんな薄っぺらな奴だもの、そりゃあ公文書改竄のひとつやふたつはおちゃのこさいさい、ってことだ。

 「政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録は最も基本的な資料です。その作成を怠ったことは国民への背信行為」って文言を削除したってことは、これからは「公文書を残すつもりはない」って宣言しているようなもんなんだね。26日からの国会の楽しみがまたひとつ増えた、ってなもんです。

「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」


| | コメント (4)

2020年10月19日 (月)

国会閉じたまま、所信表明演説もしてないくせに外遊とはこれいかに!!

 おかしな話だ。何がって、所信表明演説もしないで、国会を無視したままだってのに、特高顔の自称苦労人・カス総理が外遊したことだ。そうした視点をまったくスルーしたまま、「首相、初の外遊スタート」なんてヨイショ報道する新聞・TVもどうなってるんだろうねえ。

菅首相、初の外遊 ベトナムとインドネシアで首脳会談へ

 コロナ禍の真っ最中にあって、総理大臣が代わり、その直後に「学問の自由」を揺るがしかねない日本学術会議問題が勃発したってのに、国会が閉じたままってのがどれだけ異常なことか。そのくせ、携帯電話料金値下げだの、マイナンバーカードと免許証の一体化だの、地方銀行や中小企業の再編だの、個別な政策は国会での議論もなしに勝手に動き出している。

 記者会見だってまったく開かれず、グループインタビューなんていう「謁見」まがいのお言葉垂れ流しの場を設けてお茶を濁している。それをまた、内閣記者クラブは唯々諾々と受け入れちまうんだから、まるで王朝政治みたいなあり様だ。

 総裁選の時から「国会出席は限定的」みたいな発言をしていたけど、このこと自体が議会制民主主義を否定しているようなものなんだね。もっとも、グループインタビューやブラ下がりでのペーパー片手の受け答えを見ていると、国会での野党の追及には耐えられないかもね。官房長官時代の「全く問題ない」「批判には当たらない」では、とてもじゃないけど乗り切れませんから。だからこその「国会出席は限定的」なのだろう。

 ようするに、ペテン師・シンゾーもそうだったけど、自分の言葉を持たない、単なる神輿ってことなんだね。問題は、その神輿を担ぐのが警察上がりの官邸官僚ということだ。陰険で不気味なそのやり口は、ペテン政権とは別の意味で極めて危険な政権になる可能性があると危惧する今日この頃なのだ。

| | コメント (6)

2020年10月17日 (土)

「学術会議が国の予算を投ずる機関として国民に理解をされる存在であるべきだ」(カス総理)・・・盗人猛々しいとはこのことだ!!&「未来志向で社会や国に対し、どう貢献していくかを話した」(日本学術会議会長)・・・だめだ、コリャ!!

 日本学術会議会長と特高顔の自称苦労人・カス総理が会談したってんだが、おそらくは事前に「任命拒否」については触れるなって恫喝されてたんじゃないのかねえ。そもそも、官邸まで任命拒否撤回の要望書を持ってノコノコ出かけて、密室の中でたった15分の間に何が話せるってんだ。挙句の果てに、

「未来志向で社会や国に対し、どう貢献していくかを話した」
「発信力が今まで弱かった。早い段階からしっかり改革していきたい」

なんて会長がコメントするって、前川喜平氏でなくとも「何をしに官邸まで行ったのか。腰砕けもいいところだ」って毒づきたくなろうというものだ。この会談は、まんまとカス総理の思うツボにはまっちまいましたね。会談ではどぎつい脅しかけられたはずだ。あのおどおどとしたブラ下がり見ていると、そうんな妄想もしたくなろうというものだ。

 おそらく、この会談のおかげで、日本学術会議のあり方そのものに焦点が移っていくだろ。学術会議の存亡の危機にあんな腰砕けの会長の姿を見せつけられたら、誰もが「だめだ、コリャ」ってなるのも無理はない。

 でも、本当はそれじゃだめなんだよね。問題は日本学術会議のあり方ではなくて、法の解釈を曲げてカス総理が任命拒否をしたという事実、その1点なのだ。「学術会議が国の予算を投ずる機関として国民に理解をされる存在であるべきだ」なんてことをカス総理が偉そうに口にしたそうだが、盗人猛々しいとはこのことだ。

任命拒否の理由、首相説明せず 梶田会長は要望書提出<学術会議の任命拒否>

| | コメント (1)

2020年10月13日 (火)

【日本学術会議問題】任命拒否に元公安トップの官邸官僚が関与・・・警察国家へまっしぐらのカス政権!!&自民・甘利が「日本学術会議が中国千人計画に協力」のデマを流したブログをこっそり書き換え!!

 日本学術会議会員候補6名の任命拒否の背景について、前川喜平氏がその経緯を推測したツイートを10日のエントリーで紹介したが、どうやら氏の予想通りに元公安のドンでカス政権の事務方トップである杉田和博官房副長官が関与してたってね。

菅首相、「6人排除」事前に把握 杉田副長官が判断関与―学術会議問題

 でもって、「105人の推薦名簿を詳しくは見ていないものの、決裁までの間には首相に今回の任命の考え方の説明も行われている」ってジャパンライフの広告塔・下等官房長官が言い訳しているんだが、てことは6名の任命拒否を決めたのは元公安の官邸官僚で、特高顔の自称苦労人・カス総理は事後承諾したってことになる。つまり、「日本学術会議の推薦に基づいて首相が任命する」という規定に明らかに抵触しているってことだ。

 どうやら、警察官僚による官邸支配ってのが、カス政権の本質ってことのようだ。運転免許とマイナンバーカードの一体化なんてのも、警察官僚がバックについているからこそで、昨日のTBS『Nスタ』なんか臆面もなくそうした報道をしてましたからね。

 日本学術会議問題は「学問の自由」に手を突っ込んだわけだけど、カス総理が必死こいている携帯電話の料金値下げってのは行きつくところは「表現の自由」への弾圧につながりかねないんだよね。なんとなれば、携帯電話料金ってのは電波の許認可に関わってくる問題で、許認可権を利用すれば放送局への規制も容易にできちゃうんだから。

 日本学術会議問題は警察国家への手始めで、メディアや一般大衆労働者諸君がどんな反応をするか試してるんじゃないのかねえ。

 ところで、あっせん利得疑惑の布袋頭・甘利君が、「日本学術会議は中国の『千人計画』に協力している」ってデマを流したブログをこっそりと書き換えてたってね。睡眠障害とやらで国会から逃亡したように、なんとも姑息な野郎だこと。

学術会議が「中国の千人計画に積極的に協力」とした自民・甘利議員、ブログをひっそり修正

| | コメント (2)

2020年10月12日 (月)

「105名の推薦名簿は見ていない」(カス総理)は真っ赤な嘘・・・「日本学術会議 会員候補者 推薦書(105名)」に総理大臣と官房長官の決裁印が・・!!

 特高顔の自称苦労人・カス総理の「105名の推薦名簿は見ていない」発言が想定外の波紋を呼んでいるようで、本人にとっては「ヘタ打ったなあ」って心境に違いない。なんてったって、日本学術会議会員は「日本学術会議の推薦に基づいて首相が任命」すると法で定められているんだから、「105名の推薦名簿は見ていない」のに決裁したってことになると明らかな法律違反ということになる。


【👀国会ウオッチング】10・9菅首相グループインタビュー

 さらに、カス総理が「99名の推薦名簿」を決裁したとしたら、推薦名簿を105名から99名に作り直したのはどこのどこのどいつだってことになって、それはそれで大変な問題なんだね。

 そんな中、野党合同ヒアリングで内閣府が提示した書類が公開されたんだが、表題には「日本学術会議 会員候補者 推薦書(105名)」と印刷されてるんだね。でもって、「標記について、別添案のとおり発令してよろしいか伺います」の文言が記されていて、内閣総理大臣と官房長官の印が麗々しく捺されているという代物だ。

 つまり、カス総理は「105名の推薦名簿」を見ているってことになるんだよね。てことは、グループインタビューにおける「105名の推薦名簿は見ていない」は真っ赤な嘘だったってことになる。

 「上手の手から水が漏れる」とはよく言ったもので、パンケーキで内閣記者会をてなづけたつもりになっていたのが、思わず口にした一言でとんでもない墓穴を堀っちまったってことだ。さすがにこの嘘は、メディアも見逃すわけにはいかないようで、さあ、どうする、どうする!!

1_20201012082301

2_20201012082301

3_20201012082301

| | コメント (3)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 公文書改竄 公明党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大連立 大阪万博 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新型コロナウイルス 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河野太郎 河野談話 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 秘密保全法案 税金 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 香港 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山邦夫 鳩山首相 麻生太郎 ACTA FMラジオ IR汚職 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM