丸川珠代

2023年9月 2日 (土)

農水大臣の「汚染水」発言を束になって非難する政治家やメディアの“言葉狩り”・・・正直者が馬鹿を見る!!

 中国の禁輸政策を「想定外」とのたまって呆れられた農水大臣、野村君が、さらに「処理水」発言で非難囂々の憂き目にあっている。海洋放出された汚染水を「処理水」と言い換えてきたヘタレ総理にすれば、身内から出たとんでも発言に地団太踏む思いだったに違いない。

 そんな空気を察知したか、想定外の野村君は早速、「言い間違えたことを全面的に謝罪したい。福島県をはじめ関係者の皆さまに不快な思いをさせて申し訳なかった」って頭下げちゃいました。

野村農相 “汚染水”発言 謝罪し撤回 野党側は追及の構え

 いやいや、アンタは正直に言ったまでのことなんだから、謝る必要なんてありませんて。謝るなら、「汚染水」を「処理水」と言い換えて平然としているヘタレ総理の方だろう。

 それにしても、この「汚染水」発言に、野党もメディアも一緒になって責め立てているけど、これって「言葉狩り」なんじゃないのか。「処理水」って言うことで、海洋放出を正当化しようとする思惑がそこにはある。

 NHKは「中国が使う『汚染水』」って表現をしたそうだが、デブリに触れた冷却水は「汚染水」以外の何物でもない。それなのに、敢えて「中国が使う」という枕詞を付けるNHKの政権へのすり寄り具合は、公共放送局としてなんとも不気味なものがある。

 「処理水」と呼ぼうが「汚染水」と呼ぼうが、その実態に変わりがないわけで、BS-TBS『報道1930』では原発推進派の中からもこんな発言が出ているくらいで、海洋放出の危険性に右も左もないってことなのだ。

「アルプスというのは導入された当初からずっと『トリチウム以外の60種以上の放射線物質を全部取り除くんだ』と言ってきたにも関わらず、残念ながら処理された水の7割で基準値を上回ってますのでアルプスの性能が問われている。2次処理で本当にどの程度取れるのか?ということを専門家が入った第三者機関がきちんと検証して国際社会に発信して、それで海洋放出ということにすれば、アルプス処理水の海洋放出がここまで他国から、あ~だ、こ~だと言われるような問題にならない」(笹川平和財団・小林祐喜)

2_20230902074901

| | コメント (1)

2023年2月 1日 (水)

「児童手当の所得制限撤廃」(茂木自民党幹事長)が大ブーメランに・・・民主党政権の「子ども手当」に向けて放ったえげつない野次を蒸し返された丸川珠代の哀れ!!

 「因果応報」とはこういうのを言うのだろう。民主党政権時代に「子ども手当」をめぐる議論の中で、ルーピー丸川君が飛ばした下品な野次に改めてスポットが当たって、謝罪させられるはめになりましたとさ。

「愚か者めが。このくだらん選択をした馬鹿者どもを絶対に許しません」

 今聞いてもなんともおぞましい野次で、当時の動画を観ると「そんなこと言っちゃいかん」とたしなめる声も聞こえてくる。それほど常軌を逸した野次というか罵詈雑言だったわけですね。

 でも、自民党はそれに悪乗りしちゃって、「この愚か者めが」ってプリントされたTシャツを販売してたってんだから、開いた口が塞がりません。

 キツネ目の男・茂木君の「児童手当の所得制限撤廃」発言が思わぬ波紋を広げてるわけだが、驕る平家はなんとやらってことだ。

 これほどの大ブーメランに当のルーピー丸川君は「反省すべきは反省したいと思います」と木で鼻を括ったようなコメントしてるってさ。「女子と小人は養い難し」(あくまでも孔子先生個人の意見です)って孔子先生が「論語」で嘆いた気持ちがわかるような気がする今日この頃である。

丸川珠代氏「愚か者めが」発言を反省 子ども手当に強硬に反対した自民党…首相は「過去の反省」語らず


児童手当めぐりブーメラン? 「愚か者め」過去の“ヤジ”に波紋 所得制限の撤廃は…(2023年1月31日)

【まだまだあるぞ気になるニュース】

「物価が上がれば賃金も上がる」はどこへ…日銀・黒田総裁は発言を後退させた 異次元緩和は「失敗」か

岸田首相、長男の土産購入は「公務」 野党「公私混同」と批判

岸田首相「子育て経験した」反論も妻は「ワンオペ育児」を告白の矛盾…「全信頼失う」と火に油

【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃

| | コメント (2)

2021年8月20日 (金)

パラリンピックの「学校連携観戦プログラム」について「状況は悪い。観客を入れるかどうかは、当然の結論になる」(尾身分科会会長)に「パラリンピアンの姿を目の当たりにしてその後の人生の糧ともなる貴重な経験に」と蛙の面になんとやらの小池百合子!!

 小中高の児童・学生がパラリンピック観戦する「学校連携観戦プログラム」について、コロナ分科会会長の尾身シェンシェイが「状況はかなり悪い。そういう中で観客を入れるのがどういうことかを考えていただければ、当然の結論になると思う」と否定的な意見を国会で述べたってね。

尾身氏、パラ学校観戦に慎重 「状況かなり悪い」

 都教委の臨時会でも出席した委員全員が「やるべきではない」と態度を表明したってんだが、フリップ小池君は「安全対策を徹底する。活躍する選手の姿を目の当たりにし、その後の人生の糧ともなる貴重な経験としてほしい」と蛙の面になんとやらで右から左へ受け流しましたとさ。

 それにしても、「その後の人生の糧ともなる貴重な経験」という言い草は、大きなお世話というものだ。どう受け止めるかは個人の自由。それに、「活躍する選手の姿を目の当たりに」するのは、なにも競技場へ行かなくなったって、映像からだって十分に理解できるものだ。

 そのくせ、「県をまたぐ修学旅行は中止」ってんだから、そりゃあ「修学旅行が中止ならパラ観戦も中止にするべき」という声が聞こえてくるのもむべなるかなってものだ。

小池知事 学校観戦実施を強調 教育委ほとんど反対

小池百合子都知事の修学旅行の中止・延期要請に学生絶望の声「パラ観戦はいいのに…」「高校生活返して」

 そういえば,ICP(国際パラリンピック委員会)会長が「東京の感染者数が悪化しても、パラリンピックは安全に開催できます。なぜなら、私たちはパラリンピックのバブルのなかと、その外側の社会で起きたことの間には相関関係が無いと確信しているからです」とのたまってくれたってね。

 こやつもIOC会長のバッハ野郎と一緒で、パラリンピックが開催されれば日本がコロナでどうなろうが関係ないって立場なのだ。そもそも、「パラリンピックのバブルのなかと、その外側の社会で起きたことの間には相関関係が無い」ってのは、どこにもそれを証明する科学的根拠はないんだよね。

IPC会長単独取材「感染状況悪化しても大会は安全に開催できる」

 昨日も国会で、ルーピー丸川君が「五輪は感染拡大の原因ではない、と断言されている根拠」を問われて言葉に窮したあげくに、「オリンピックの開会式は56・4%、閉会式が46・7%と、期間中も高い視聴率を記録」てなことを般若面して読み上げて顰蹙を買っている。

丸川大臣、五輪が感染拡大の原因でない根拠問われテレビ視聴率読み上げる

 ひとの命に関わることだってのに、顔も頭も貧相なポンコツ総理は選挙のことで頭がいっぱいのようだし、それに代わるべき大臣はすべからくその任に耐えるだけの才覚も理念もないという、なんとも悲惨な今日この頃なのであります。

| | コメント (2)

2021年6月30日 (水)

ボランティアのワクチン接種の遅れを問われ、「1回目でまず一時的な免疫をつけていただく」(丸川五輪担当相)・・・何だよ「一時的免疫」って(笑)(笑)

 あれだけワクチン接種を自治体にせっついていたのに、ここにきてカス政権がブレーキを踏み出した。なんとまあ、ワクチンの需要と供給のバランスの見通しが甘かったのがその理由だそうで、ようするに無計画に突っ走ったツケが回ってきたってことだ。

自治体のワクチン接種、一転ブレーキ 職域接種に続き…政府の見通しの甘さ露呈<新型コロナ>

 そんな中、東京オリ・パラのボランティアのワクチン接種も遅れに遅れ、2回目の接種は7月31日からになるんだとか。おいおい、もうオリンピックは始まっちゃってるじゃないか。で、そこを追及された五輪担当相のルーピー丸川君がこんな言い訳して失笑を買っている。

「そもそもワクチン接種を前提とした大会ではない」
「1回目でまず一時的な免疫をつけていただく」

 何だよ「一時的免疫」って。そう思ってたら、「『いちじてき』という発言は『一次的』の意味だった」って内閣官房から訂正がありましたとさ。そのうち、閣議決定するよ、きっと。それはさておき、「一時的」でも「一次的」でも、そんな免疫効果はありません。

丸川五輪相 ボランティアは2度接種終わらぬまま大会突入も「1回目でまず一時的免疫を」

 こういう非科学的な言い訳をその場しのぎで言い放つのがカス政権のポンコツなところで、こういう劣悪なコロナ対策が世界中に知れ渡っているかと思うとあまりの恥ずかしさに身の縮む思いがしますよ、まったく。

 こんなんだもの、バイデンならずともオリンピック欠席したくなろうというものだ。

| | コメント (2)

2021年6月 5日 (土)

「自主的な研究の成果の発表」(田村厚労相)、「地平から見てきた言葉」(丸川五輪相)、「黙らせろ」(カス総理)・・・政権挙げての尾身バッシングに世界はさぞかし冷笑していることだろう!!

 いったいその背景に何があったのかは知らないけれど、まるで窮鼠猫を噛むような尾身シェンシェイの連日の反撃に対して、カス政権が一斉に迎撃態勢を組んで尾身バッシングが始まったようだ。口火を切ったのが娘が女子アナの厚労大臣・田村君で、

「自主的な研究の成果の発表ということだと思う。そういう形で受け止めさせていただく」

 だとさ。顔も頭もポンコツのカス総理の記者会見ではこれまでさんざんお世話になった尾身シェンシェイの警告を「自主的な研究」だとさ。この意味するところは、分科会会長だろうがなんだろうがオリンピック開催を邪魔する提言には一切耳を貸しませんよってことなんだね。尾身シェンシェイも舐められたものだ。

尾身氏見解は「自主研究の発表」田村大臣、非公式の認識

 それに続いたのが、こちらは本人が女子アナ崩れのルーピー丸川君で、

「別の地平から見てきた言葉をそのまま言っても、なかなか通じづらい」

 ときたんだ。アンタの言ってることの方がよっぽど通じませんわ。「別の地平」からの様々な意見を聴いて政策に反映させていくのが政治家なんじゃないのか。この愚か者めが!

丸川五輪相「通じづらいというのが私の実感」尾身会長発言に見解

 でもって、バッシングの白眉がカス総理で、

「黙らせろ。専門家の立場を踏み越え勘違いしている。首相にでもなったつもりなんじゃないか」

と怒り心頭なんだとさ。横に尾身シェンシェイが付いていなかったら記者会見すらできないポンコツがよく言うよ、ってなもんです。

「黙らせろ」尾身会長の”謀反”に菅首相が激怒 意地の張り合いで権力闘争が激化 

 こうした政府と専門家のバトルを、世界はさぞかし冷ややかに見つめてていることでしょう。これによって、選手団派遣を躊躇する国が出てくることを切に願う、「外圧」頼みの今日この頃なのだ。


| | コメント (2)

2021年5月26日 (水)

オフィシャルパートナーの朝日が社説で「夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める」!!&「(1億五千万円の)決定をした責任者は党総裁および幹事長だ」(二階自民党幹事長)と安倍を名指し!!

 アメリカ国防総省による「日本への渡航禁止勧告」に対して、大会組織委員会は「オリンピック開催に影響はない」と火消しに躍起になっている。勧告についてはアメリカから事前に報告があったそうで、その際に「五輪とは関係ない」という言質をとっているとか。ルーピー丸川君が「いずれにしても安全、安心な環境を最優先に考える。特に影響が見込まれることはない」と赤い気炎をあげるのも、だからこそなのだろう。

米の渡航中止、丸川氏「影響ない」 政府内からは懸念も

 とは言え、海外メディアからは、「東京五輪はいっそうの困難に直面した」(CNNテレビ)、「選手の五輪参加への判断に影響が出かねない」(AP通信)といった悲観的な意見も飛び出している。そんな中、日本のメディアもようやく「オリンピック中止」に言及し始めたようで、信濃毎日新聞に続いてオフィシャルパートナーである朝日新聞がとうとう社説でカス総理に「中止の判断」を突きつけた。

 遅きに失したと言えなくもないが、かろうじてジャーナリズムとしての矜持と誇りを取り戻したことは評価したい。こうした流れが、同じオフィシャルパートナーである読売、毎日、日経の各紙にも波及することを切に願う水曜の朝である。

・朝日新聞社説
夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める

・信濃毎日新聞社説
東京五輪・パラ大会 政府は中止を決断せよ

 さて、話変わって、河井バカップルの買収事件で、原資となったとされる1億五千万円について「関与していない」と言い募っていた土建政治・二階君が前言を翻して、「決定をした責任者は党総裁および幹事長だ」って認めたってね。

 この発言で、ペテン師・シンゾーの説明責任を問う声が党内からも上がっているとか。「責任は認めるけど、責任は取らない」のがペテン師・シンゾーの得意技だから、昨日も国会後に「1億五千万円の8割が税金で賄われている。説明責任はどう考えるか」と記者に質問されて、そのまま無言で立ち去りましたとさ。

二階氏「(責任者は)総裁と幹事長」 1億5千万円問題

安倍前首相、関与を問われても…だんまり 河井氏への1.5億円提供

 土建政治・二階君の「決定をした責任者は党総裁および幹事長だ」という発言が何を意図したものなのかはさだかではないが、あわよくば復活を画策していたペテン師・シンゾーはさぞかし「余計なことを」とお腹が痛くなっていることだろう。


| | コメント (2)

2021年2月28日 (日)

「選択的夫婦別姓」反対を声高に喚く男女共同参画担当兼五輪担当大臣の大いなる矛盾!!

 飲み会を断らない女・山田内閣広報官なんだが、私人の嫁・昭恵との会食もさすがに断ることがなかったってね。その女子会にはイタリアに栄転あらせされた昭恵側近の谷氏の顔もあって、なんか暗示的なんだよね。やっぱり、頃合いを見計らって、山田内閣広報官も海外赴任ということで国外逃亡させるのかもね。妄想だけど。

 そんなことより、カス総理のロン毛の息子による贈収賄疑惑の影に隠れちゃってるけど、橋本セクハニ聖子君の後釜として五輪担当相に返り咲いたルーピー丸川君だ。なんと、地方議会に選択的夫婦別姓の反対を求める文書に参加してたってね。

 この文書には、化粧崩れの高市君、杉田汚水脈、生活保護叩きの片山君、ネトウヨのマドンナ・山谷君等の筋金入りの夫婦別姓反対論者が名を連ねている。ルーピー丸川君は男女共同参画担当大臣でもあるんだから、「職務上氏名を名乗れないことに忸怩たる思いを持つ方が、同じ思いを持つ人たちの声をつぶすことは、『個人的な信条』とは矛盾しているのではないか」(選択的夫婦別姓・全国陳情アクション事務局長)って批判されるのも当たり前なんだね。

丸川大臣「残念すぎる」選択的夫婦別姓、反対議員50人へ質問状 市民団体

夫婦別姓反対の文書に連名の丸川担当相「役所の忖度は無用」

 で、笑っちゃうのが、夫婦別姓反対しておきながら、自分は旧姓の「丸川」を使ってるんだから、何考えてんだか。もっとも、このネーチャンに政治的信念なんかないのはわかってることだけど・・・。

 丸川珠代の他にも、野田聖子、三原じゅん子が旧姓を使用しているんだね。そう言えば、飲み会を断らない女・山田広報官も旧姓使用組だ。てことは、「選択的夫婦別姓」を実現してるようなもんじゃないのか。

 それはともかく、“ジェンダー平等の旗振り役”である男女共同参画担当大臣が、「選択的夫婦別姓」に反対するってのは大いなる矛盾であって、そんな無節操な政治屋が「あらゆる差別と闘う」というオリンピズムを遵守すべき五輪担当大臣でもあるなんて、へそが茶を沸かしますよ、ったく。

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

Dappi Dappi疑惑 NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト こども家庭庁 たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 ゆとり教育 れいわ新選組 アカデミー賞 アニメ・コミック アベノミクス イラク戦争 インターネット インポイス制度 ウェブログ・ココログ関連 ウクライナ侵略 オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム コンピュータ監視法 ジャニーズ事務所 ジャニーズ問題 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ ゼレンスキー タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 デジタル田園都市国家構想 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ トリガー条項 ニュース ネット工作 ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パソコン・インターネット パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 ファッション・アクセサリ フィギュアスケート フジテレビ フッ素 プーチン ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ボランティア ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア ライドシェア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワクチンパスポート ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 三浦瑠璃 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住まい・インテリア 住民基本台帳ネットワーク 体罰 侮辱罪 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 児童手当 党首討論 入国管理局 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 八代英輝 公文書改竄 公明党 共同親権 共産党 共謀罪 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣改造 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北側一雄 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉川赳 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 同性婚 名護市長選 国民新党 国民民主党 国立大学法人法改正案 国葬 土地規制法案 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大津綾香 大相撲 大石あきこ 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宝塚歌劇団 宮台真司 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 寺田稔 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 小渕優子 小西洋之 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 山際大志郎 岡田克也 岸信千世 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平井卓也 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 志位和夫 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 成田悠輔 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 放送法 政党助成金 政治とカネ 政治家女子48党 政治献金 政治資金収支報告書 政界再編 教育再生会議 教育勅語 敵基地攻撃 敵基地攻撃能力 文通費 斎藤健 新しい資本主義 新党 新型コロナウイルス 新藤義孝 新資本主義 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米地位協定 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 明治の日を実現するための議員連盟 映画・テレビ 書籍・雑誌 有田芳生 朝日新聞 朝青龍 朝鮮人虐殺 木原稔 木原誠二 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 松川るい 松本人志 松野博一 林芳正 枝野幸男 柴山昌彦 柿沢未途 核共有 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 梅村みずほ 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 機能性表示食品 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河村たかし 河瀬直美 河野太郎 河野談話 泉健太 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 牧島かれん 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田崎史郎 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 盛山正仁 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 神道政治連盟 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秋葉賢也 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細田博之 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 経済安保情報保護法案 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 能登半島地震 自己責任 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茂木敏充 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 葉梨康弘 藤田文武 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 袴田事件 裁判員裁判 裁量労働制 裏金疑惑 西村康稔 西田昌司 親学 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察 警察不祥事 議員年金 議員特権 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 赤木ファイル 足立康史 辛坊治郎 辺野古 辻元清美 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野党共闘 野田佳彦 野田聖子 鈴木宗男 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 防衛省 防衛費 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音喜多駿 音楽 飯島秘書官 香港 馬場伸幸 馳浩 高市早苗 高木毅 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 黒田日銀総裁 10万円給付 ACTA BPO(放送倫理・番組向上機構) DHC FMラジオ IR汚職 LGBT LGBT法案 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM