デジタル法案

2021年5月13日 (木)

ろくに審議もせずにデジタル法案成立! デジタル庁による個人情報一元化で「官邸のデジタル独裁」の危険性!!&時計男・高橋洋一内閣官房参与の「盗人猛々しい」居直り!!

 コロナのどさくさにまぎれて、デジタル法案があっという間に成立しちゃいました。「長年の懸案だったわが国のデジタル化にとって、大きな歩み。誰もがデジタル化の恩恵を受けることができる社会を作っていきたい」てな意味不明なことを顔も頭も貧相なカス総理は強調したそうだ。

 でもね、この法案の肝は新設されるデジタル庁による「個人情報の一元化」が目的で、行政機関が「相当の理由」「特別な理由」があると判断すれば、本人の同意がなくても個人情報の目的外利用ができることにある。

 しかも、デジタル庁は首相直轄で、すべての省庁の上に位置する強い権限を持つことになる。つまり、「官邸によるデジタル独裁」の危険性があるわけで、「誰もがデジタル化の恩恵を受けることができる社会」なんてのは、単なる空念仏ってことを忘れちゃいけない。

「官邸のデジタル独裁につながりかねない」 改革6法成立に法律家ら抗議

 ところで、時計窃盗犯のブルガリ高橋君が、文字通り「盗人猛々しい」居直りを繰り広げて、その下衆野郎ぶりがエンジン全開です。なかでも笑っちゃうのが、内閣官房参与は無報酬という言い訳が、実は「内閣官房参与の給与は、勤務一日につき26,900円が支給される」と郷原弁護士にバラされちゃいました。

 「嘘つきはドロポーの始まり」とはよく言ったもので、こんなろくでなしが政権のブレーンだってんだから、この国が立ちいかなくなりつつあるのもむべなるかなってことです。


髙橋洋一チャンネル 第160回 「波」発言で炎上。謝罪要求する一部のマスコミさんへ


| | コメント (2)

2021年4月 7日 (水)

コロナ禍を利用してこっそりと「デジタル法案」が衆議院通過・・・総理直轄で個人情報管理する「デシタル庁」の危険性!!

 国が本人の同意なく、個人情報を目的外利用できる危惧のある「デジタル法案」が衆議院を通過した。しかも63の法律を束ねた5法案一括の採決で、審議時間も30時間にも満たないってんだから、何をそんなに急いでるんだろうね。デジタル法案に反対する弁護士から「法律家だって全貌が解明できていないくらいの法律を束ねてやっている。参院で10時間、20時間で上げる(成立させる)ことは許されない」という声もあるほどだ。

看板政策、議論深まらず デジタル改革関連法案、短い審議に法律家「拙速」と批判

 おそらく、参議院でもスピード審議になるのだろうが、コロナ禍もあってメディアはこの法案にはとんと無関心を装っている。そもそも、束ね法案ってのはペテン政権の得意技で、安保関連法案もその手口で強引に成立させたものだ。そのヤリ口をカス政権も受け継いでいるわけで、それだけ隠したいことが満載の法律ってことも言えるんだね。

 なんてったって、デジタル法案によって誕生するデジタル庁は総理直轄で、「他の省庁に君臨する組織になっていく可能性がある」と言われている。情報の一括管理という強大な権限を手に入れることになるのだから、まともに審議したら問題点がさらけ出されて、なかなか成立は覚束ない。だからこそ、コロナ禍を利用してこっそりと法案成立を狙ってるんだろうが、それを黙って見ているメディアも共犯ってことだ。

 コロナとオリンピックにかまけているうちに、この国はとんでもないことになりますよ。


| | コメント (2)

2021年4月 2日 (金)

【デジタル法案】欠陥だらけのポンコツ法案が今日にも委員会で採決!!【東京五輪】庶民には無償のボランティア。業務委託企業には「1人1日30万円」の大盤振る舞い!!

 昨日のエントリーで紹介したデジタル法案が、今日にも委員会で採決されるってね。「審議はまだ不十分なものの、法案資料のミスについて一定の説明があった」ということで野党が採決に応じることにしましたとさ。

 甘いよなあ。個人情報を国が一括して管理しようという法案なんだから、審議に審議を重ねなくてはいけないのに、なんだって野党もこんな簡単に採決を許しちゃうんだろうねえ。このままだと今月中に法案成立しちゃいそうだけど、デジタル監視社会になってから慌てまくって、後の祭りってことにならないことを願うばかりだ。

デジタル改革関連法案 2日に衆院内閣委で採決へ

 ところで、またひとつオリンピックの不可解な金の流れが発覚したってね。毎日新聞がスクープしてるんだが、それによれば会場の観客誘導や報道対応などの業務を電通や博報堂など9社に委託してるそうで、「委託費を積算する際の根拠となる人件費単価は1日当たり最高30万円」なんだとさ。
 
 「組織委はコスト積算のための『参考値』であり、この額を前提に発注することはありえない」と主張してるってんだが、実際の額は非公表だそうだから、まったく説得力はありません。そもそも、組織委にはしこたま税金が投入されてるんだから、いったいいくらかかるのか公表するのは義務だろう。

 それにしても、「1人1日30万円」って、いくらなんでもベラボーだ。医療従事者にさえ無償のボランティアを要求してたくせに、これだもんね。当然、中抜きなんかもあるだろうから、いったい誰がどれだけ儲けようと企んでいることか。金金金のオリンピックって、ほんと腐りきってます。こんなんだもの、そりゃあ、スポンサー企業の先導車が聖火リレーで馬鹿騒ぎするはずです。

東京五輪人件費「一人1日30万円」 組織委内部資料、実額は非公表

| | コメント (2)

2021年4月 1日 (木)

カス政権が4月中の成立を目論む「デジタル監視法案」・・・コロナや五輪の陰に隠れた火事場泥棒に要注意!!

 カス政権が4月上旬の衆院通過を目論んでいるのがデジタル法案だ。「個人情報を含むデータを国や地方自治体、民間の間で円滑に共有して利活用することが目的」とされているんだが「本人の同意もなく行政機関の間でやりとりされた個人情報が収集されることで、国の監視が強まるとの懸念」が指摘されているとても危険な法案でもあるんだね。

 ところが、新聞・TVはコロナやオリンピックにかまけているばかりで、とんとこの法案について報道しない。昨日の衆院内閣委員会で、カス総理は「国の監視が強まるという懸念」にこんな答弁しやがりました。

「個人情報全体を集中管理するものではなく、デジタル監視法案との指摘は当たらない」

 出ました~、お得意の「指摘は当たらない」。なんで「指摘は当たらない」のかについては具体的に説明しなかったってのも官房長官時代からのいつもの手口。ようするに、その心は「デジタル法案はデジタル監視法案に他ならない」ってことなんだね。

 こんな危険な法案をロクに審議もせずに4月中に成立させようってんだから、コロナやオリンピックの陰に隠れた火事場泥棒みたいなもんです。へたすると強行採決ってことも考えられるので、ちょいと注視していた方がいい今日この頃なのだ。

「個人情報吸い取られる」デジタル改革法案に懸念の声 政府は反論、4月成立目指す

「監視法案ではない」と菅首相…でも具体的理由はなし デジタル改革関連法案質疑で 

Photo_20210401082701

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

Dappi疑惑 NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ ニュース ネット工作 ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワクチンパスポート ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 八代英輝 公文書改竄 公明党 共産党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 土地規制法案 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大石あきこ 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平井卓也 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政党助成金 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 新党 新型コロナウイルス 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河野太郎 河野談話 泉健太 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 牧島かれん 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茂木敏充 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 西村康稔 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 議員年金 議員特権 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 赤木ファイル 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野党共闘 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音楽 飯島秘書官 香港 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 ACTA DHC FMラジオ IR汚職 LGBT法案 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM