茂木敏充

2022年6月21日 (火)

「選挙後できるだけ早いタイミングで改憲原案を国会に提案し、発議を目指したい」(茂木自民党幹事長)・・・「憲法遵守義務」違反で逮捕しろ!!

 ヘタレ総理が先週末の「ニコニコ生放送」の討論会で、

「改正の議論が進まないのは、国会として発議する中身の議論が進んでこなかったからだ。ようやく通常国会では議論が活発に行われるようになったが、この議論を深め、発議する内容をしっかりと詰めていきたい」
「いつまでと決めるものではないが、喫緊の課題であり、できるだけ時間をかけずに国民に選択していただく機会をつくるべく、国会としても努力しなければならない」

岸田首相 “憲法改正を早期に発議 国民投票目指す“考え強調

 なんてことを口にして、改憲に前のめりな姿勢をあからさまにしてくれたと思ってたら、今度はキツネ目の男・茂木君が悪乗りしてこんなふざけたことのたまってくれた。

「選挙後できるだけ早いタイミングで改憲原案を国会に提案し、発議を目指したい」

「できるだけ早く改憲発議を」自民党・茂木幹事長

 ヘタレ総理といいキツネ目の男といい、「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」と定められた憲法99条をどう思ってるんだろうね。

 ペテン師・シンゾーのように「みっともない憲法」と口にして憚らない下衆もいるけど、そもそも政治家、それも政権与党の政治家が改憲に言及すること自体が犯罪的な行為だと思うけどねえ。

 改憲、改憲って、呪文みたいに唱えているうちに、世の中は大不況となって国民は塗炭の苦しみにもがいてるんだから、まともな政治家ならまずなすべきことは「岸田インフレ」からの脱却だろう。

 国の最大の責務は、「国民の生命と財産を守る」ことにある。そうした決意がない政治屋に限って、改憲だ、軍事費増額だなんてことを喚き散らすもので、それを念頭に置いて、参議院選に一票を投じて欲しいと願う今日この頃なのだ。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

同性婚を認めないのは「合憲」 原告側の賠償請求を棄却 大阪地裁

「女性が頑張った選挙だった」 杉並区長選で岸本聡子さんが初当選 約190票差で現職破る

防衛次官人事で波紋 安倍・岸氏反対、政策参与起用で関与に道

| | コメント (2)

2022年5月30日 (月)

「防衛費増額、反撃能力保有を参議院選の公約にしっかり書き込んでいきたい」(茂木自民党幹事長)・・・衣の下の鎧も隠さなくなったってことか!!

 鳴り物入りで自民党幹事長に就任したほどには実績を上げられず、その存在感が日々薄らいでいるキツネ目の男・茂木君が、「防衛費増額」「反撃能力の保有」を夏の参議院選の公約に「しっかり書き込んでいきたい」って息巻いたってね。

 防衛費については、「まずは来年度予算で6兆円台の半ばか、それ以上にもっていく。そして5年以内に対GDP比2%も念頭に、きちんと防衛力が整備できる予算水準を確保したい」

 反撃能力については、「しっかり持っておくことが抑止にもつながり、いざという時に国民の生命や財産を守ることにつながっていく。党の選挙公約にもしっかり書き込んでいきたい」

 これまでは、ペテン師・シンゾーでさえ、選挙公約ではタカ派的政策は控え目にしたものだが、キツネ目の男・茂木君のこのハシャギっぷりは、自身の存在感誇示はもちろん、やはりロシアのウクライナ侵略にかこつけてってが大きいのだろう。

自民 茂木幹事長「防衛費増額や “反撃能力”の保有 公約に」

 いまなら一般大衆労働者諸君も扇動すれば「気分は戦争」になるとでも思ってるんじゃないのか。ヘルマン・ゲーリングの言葉がちょいと脳裏を掠める月曜の朝である。

「国民はつねに、その指導者の言いなりになるよう仕向けられます。国民に向かって、われわれは攻撃されかかっているのだと煽り、平和主義者に対しては、愛国心が欠けていると非難すればよいのです」

 それにしても、防衛費増額の財源はどうするつもりなのかねえ。さらに、「反撃能力」なんて言い換えは世界では通用しません。海外メディアは「敵基地攻撃能力」ってちゃんと伝えてますからね。先制攻撃も辞さない軍事国家への道を歩み始めた日本の姿を世界はどう見るのだろうか。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

60億円かけて設置のコロナ臨時施設、利用303人のみで閉鎖…「軌道修正できなかった」

岸防衛相が異例の「特別席」着席答弁…信憑性を増す重病説、それでもしがみつくお家事情

100万人に能力開発・再就職支援、年内にも「資産所得倍増プラン」策定

| | コメント (2)

2022年4月 5日 (火)

「ウクライナ支援のため、自民党議員の5月歳費から1万円ずつを募金」(茂木自民党幹事長)・・・なんじゃそれ! やるなら個人の金でやれ! それにしてもみみっちい話だ!!

 年金生活者への5000円支給で大顰蹙を買ったあげくに白紙撤回、と赤っ恥さらしたキツネ目の男・茂木君が、また何やらつまらないこと画策してるようだ。なんでも、「ウクライナ支援のため、自民党議員の5月歳費から1万円ずつを募金する方向で検討」してるんだってさ。

自民議員、ウクライナ支援で歳費から1万円の募金検討=茂木幹事長

 小学校の赤い羽根募金じゃあるまいし、こういう寄付行為ってそもそもは個人でやるものじゃないのか。しかも、その額が1万円ってのもなんともみみっちい話なのだ。

 この男は、東大→丸紅→読売→ハーバード→マッキンゼーと絵に描いたようなエリートコースを歩んできたそうだが、パワハラ体質もよく囁かれているように、どこか社会性に欠けてるんだね。でなけりゃ、年金生活者への5000円支給だの、ウクライナ支援の1万円募金だの、的外れな政策をこれみよがしにぶち上げたりはしませんて。

 鳴り物入りで幹事長に就任したものの、提灯メディアが期待したほどの存在感を発揮できていないのは、政治家としてのセンスが決定的に欠如しているからに違いない。パワハラで官僚を締め上げていればどうにかなった大臣とは違って、党の幹事長ともなれば人間味溢れたリーダーシップが問われますからね。もっとも、そうでない土建政治屋もいたけど・・・なんて我が家のドラ猫にエクスキューズしてみる火曜の朝である。

【またまだあるぞ気になるニュース】

キーウ州で400人以上の遺体確認 氷山の一角か ロシアの戦争犯罪立証へ検視開始 

中高年の単身女性、困窮 コロナ禍で相次ぐ解雇、雇い止め、休業が追い打ち

| | コメント (2)

2022年1月 4日 (火)

正月早々、政局話にかこつけて、自民党の広報まがいのニュースを垂れ流すテレビ朝日!!

 箱根駅伝は、青学が往路に続いて復路も制して、大会新記録のおまけ付きで6回目の総合優勝。思えば、6年前。青学が初優勝した時には、「こんな時代がやってくるとは」とOBとして感涙にむせんだものだが、それがいまや駅伝をリードするような存在になったのだから、いやあ長生きはするものだ。

 そんなことより、昨日のテレビ朝日『Jチャンネル』だ。新型コロナウイルスの感染者が増加のニュースに続いて、なんと「火種?ポスト岸田の〝うごめき〟」とテロップ流して自民党の政局話ときたものだ。

 次期総理候補にキツネ目の男・茂木君の名前を上げて煽ってみたり、ガースと土建政治・二階君が手を組んで最大派閥の誕生かと競馬の予想屋まがいにアジってみたり・・・・いかにも2022年の政治状況を先取りしましたと言うような体裁に仕上がってはいるものの、これが正月3日目に流れるという唐突感はいなめない。

 なんのことはない、政局話にかこつけた、自民党の宣伝なんだよね。こういう自民党の広報まがいのことを、さりげなくニュースに仕立てて流すのって、おそらくこれからもタイミングを見計らって仕掛けてくるんだろうね。

 いやあ、正月早々、やってくれるものだ。さすが、ペテン師・シンゾーの鮨友が会長を務めるテレビ局だけのことはある。

岸田政権にくすぶる火種 菅派結成?「3月ぐらいには形にしたい」

| | コメント (1)

2021年11月14日 (日)

「緊急時代条項創設優先で改憲議論」(茂木自民党幹事長)!!&官僚作成の「茂木対応マニュアル」の異常性!

 口利きワイロ疑惑の睡眠障害・甘利君の小選挙区落選により、外務大臣から自民党幹事長に栄転したキツネ目の男・茂木君が、

「緊急事態に対する切迫感は高まっている」
「一般論で憲法を議論しようというよりも、どの項目の優先順位が高いかについてまとめ、国民に判断してもらう」

ってさ。ペテン師・シンゾーが最大派閥の会長に就任し、改憲に前向きな維新が議席を増やし、そこにもってきて国民民主までが維新との連携を深めようとしている今こそ、改憲の絶好のチャンスって判断なんだろうね。

 お友達の読売を使って、ちょっとアドバルーン上げてみたってところなんだろうが、これこそが改憲派の本音に違いない。

【独自】「緊急事態条項」創設を優先的に、自民・茂木氏が方針…改憲論議を加速

 キツネ目の男・茂木君ってのは、なかなかに強引・傲慢な男のようで、なんと経済産業大臣時代に側近の官僚が作成したとされる「茂木対応マニュアル」が流出した。A4用紙22枚にというけっこうなボリュームで、「食べ物」から「飲み物」「タバコ」「移動」「ホテル」まで、様々なシーンにおけるまさに取扱説明書となっている。

「茂木氏に激高された人は永田町、霞が関にはたくさんいますが、茂木氏のために動く人はどれだけいるのか。本来なら表に出るはずのない『トリセツ』が流出していること自体が、人望の無さを象徴しています」(政治ジャーナリスト・角谷浩一)

 政治家としてというより、もはや人間としてどうよっていうレベルだ。土建政治の二階君もロクなものではなかったが、改憲を主導しそうな気配が濃厚なキツメの男・茂木君の危険性は要注意なのだ。

衝撃!官僚が作った「茂木新幹事長対策マニュアル」のヤバい中身

【くろねこの競馬予想】

 去年と同じく、阪神開催のエリザベス女王杯は、最後はスタミナ勝負の決着となりそうな気配。1枠1番に入ったレイパパレにはきつい競馬になりそう。狙いはウインマリリン。おそらく逃げるだろうレイハパレをマークしつつ、4コーナーあたりで先行抜け出しで勝ち切れるのでは。
 相手筆頭は、テネルツェット。血統から距離は問題ないはず。アカイトリノムスメはローテーションがきついのでは。
◎ウインマリリン、〇テルツェット、▲レイパバレ、△アカイトリノムスメ、ウインキートス、クラヴェルステラリア、ランブリングアレー、デゼル

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

Dappi Dappi疑惑 NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト こども家庭庁 たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット ウクライナ侵略 オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ ゼレンスキー タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 デジタル田園都市国家構想 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ トリガー条項 ニュース ネット工作 ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 プーチン ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワクチンパスポート ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 侮辱罪 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入国管理局 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 八代英輝 公文書改竄 公明党 共産党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉川赳 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 土地規制法案 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大石あきこ 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平井卓也 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 志位和夫 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政党助成金 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 敵基地攻撃 敵基地攻撃能力 文通費 新しい資本主義 新党 新型コロナウイルス 新資本主義 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米地位協定 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核共有 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河瀬直美 河野太郎 河野談話 泉健太 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 牧島かれん 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細田博之 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 自己責任 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茂木敏充 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 西村康稔 西田昌司 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 議員年金 議員特権 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 赤木ファイル 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野党共闘 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音喜多駿 音楽 飯島秘書官 香港 馬場伸幸 馳浩 高市早苗 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 黒田日銀総裁 10万円給付 ACTA BPO(放送倫理・番組向上機構) DHC FMラジオ IR汚職 LGBT法案 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM