吉川赳

2022年6月15日 (水)

自民党の会談拒否で「文通費」の使途公開先送り・・・年金引き下げるけど、議員特権は死んでも離しません!!&セクハラ衆議院議長への波及回避か・・・買春議員辞職拒否の強気の理由!?

 ひとつ運用を間違えると「言論の自由」を脅かしかねない「侮辱罪」の厳罰化は、そうした懸念に対する議論を深めることなく成立させたくせに、議員特権のシンホルとも言える「調査研究広報滞在費(旧文書通信交通滞在費)」の使途公開については先送りだとさ。

 自民党国対委員長のパンティ高木君は「結論を得ることができなかった」ってシラっと言い訳してるようだが、とんでもない。野党が求めた国対委員長会談にさえ応じなかった自民党は、ようするに使途公開したくないってことなんだよね。

 領収書もいらず、使い道も好き勝手できる100万円は絶対に手放さないくせに、年金は引き下げるわ、投資という名のギャンブルでなけなしの金は召し上げようってんだから、やらずぶったくりとはこのことか。

 ここまでコケにされて、それでも参議院選では自民党に投票する何も考えない有権者が多いんでしょうね。どこまでマゾなんだ。

国会議員に月100万円の旧文通費 使い道公開、未使用分返還が先送りに「国民への背信行為」

 というわけで、サミュエル・スマイルズの「自助論」の一説を我が家のドラ猫に読み聞かせる雨模様の朝である。

「一国の政治というものは、国民を映し出す鏡にすぎません。政治が国民のレベルより進みすぎている場合には、必ずや国民のレベルまでひきずり下ろされます。反対に、政治のほうが国民より遅れているなら、政治のレベルは徐々に上がっていくでしょう。国がどんな法律や政治をもっているか、そこに国民の質が如実に反映されているさまは、見ていて面白いほどです。これは水が低きにつくような、ごく自然のなりゆきなのです。りっぱな国民にはりっぱな政治、無知で腐敗した国民には腐りはてた政治しかありえないのです」

 最後に、辞職を拒否してる「見ながら自慰」の吉川君について、東京新聞の望月記者が「選挙直前の自民にとっては頭痛のタネだろうが、細田議長への連鎖の回避が狙いかもしれない」ってツイートしている。なるほど、それはあるかもね。「見ながら自慰」が辞職したら、さあ次はセクハラ細田だってことになりかねない。

 そうした裏でもなければ、「見ながら自慰」程度の小物議員がここまで強きにはなれないか・・・なるほどねえ。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

配偶者控除見直し求める 家族の姿「もはや昭和ではない」―男女共同参画白書

指導力不足教員は免職を 免許更新制の廃止で提言―自民党

日本維新の会 石井章 地元で「もち」と「れんこん」バラマキ疑惑

想田さんと柏木さんが別姓で婚姻届、千代田区はまたも不受理 「法の矛盾解消を」家裁に不服申し立て

| | コメント (2)

2022年6月14日 (火)

岸田派議員の「買春事件」で、「安倍政権なら間髪入れずに辞職させた。首相は何をしているんだ」(安倍派中堅)・・・何を寝ぼけたことを! モリ・カケ・サクラの責任取って安倍晋三に議員辞職させるのが先だ!!

 昨日の夕方のTV各局のニュースをチェックしてたら、どの局もセクハラ細田君についてはまったくスルーで、「見ながら自慰」の吉川君の「買春事件」に関しては「辞職を促す声」なんてことをほんのおさわり程度に流しただけでお茶を濁す始末だ。

 持続化給付金詐欺事件も結構だけど、ちょっと伝えるべきニュースの優先順位が狂ってるんじゃないのか。ま、いつものことだけど。

 それだけ参院選を前にしてのこのふたつのスキャンダルは、自民党にとって大きな痛手となる可能性があるってことなんだね。メディアも、そこんところを“忖度”してるってわけだ。

 自民党内から「辞職を促す声」ってのも参議院選を意識したパフォーマンスなんでしょうね。ゲッペルス気取りの世耕君なんか「さっさと党は出て行ってもらったが、比例復活議員なので自民党の議席だ。議員辞職も求めたい」ってさらにボルテージが上がっちゃって、見苦しいったらありゃあしない。

 安倍派の中には「安倍政権なら間髪入れずに辞職させた。首相は何をしているんだ」って息巻く中堅議員もいるってさ。だったら、ペテン師・シンゾーにモリ・カケ・サクラの責任取って議員辞職してもらうのが先じゃないのか。誰なんだろうね、こんな寝ぼけたこと言ってるのは。

 おそらく、「見ながら自慰」の吉川君は議員辞職に追い込まれることになるだろう。そして、それを隠れ蓑にして、セクハラ細田君は逃げ切りを図ろうって腹に違いない。

 ヘタレ総理は離党した吉川君について「国民に何も説明していない。説明責任を果たすことが重要だ」って参院決算委員会で答弁したそうだが、ペテン師・シンゾーにも同じこと言ってみやがれ・・・なんてことを我が家のドラ猫に呟いてみる梅雨空の朝である。

それにしても、「見ながら自慰」の吉川君のスキャンダルについて、警察はどうして動かないのかねえ。「買春事件」という立派な犯罪なんだから、そのエグさを伝えないメディアも、立件しない警察も、ちったあ仕事してみやがれ。

与党幹部が議員辞職要求 離党の吉川氏、首相に痛手

【またまだあるぞ気になるニュース】

ネット中傷対策「侮辱罪」厳罰化が成立 改正刑法

無罪で賠償、国は争う姿勢 不動産前社長、7億円請求

岸田首相、物価高「相対的に低水準」 参院決算委

| | コメント (2)

2022年6月11日 (土)

「見ながら自慰」の岸田派議員が離党→「事実でないと証明できないなら、出処進退を含めて自身で判断すべき」(世耕自民参院幹事長)→だったら、セクハラ衆議院議長にも言ってやれ!!

 昨日の【まだまだあるぞ気になるニュース】で紹介した岸田派の若手議員による「パパ活」問題が急展開。なんと、4万円払って「見ながら自慰」の吉川君が、即行で自民党を離党しましたとさ。ヘタレ総理の覚えめでたい若手のホープなんて持ち上げられていたようだけど、切られる時ってのはこういうものです。

自民 吉川赳衆議院議員が離党 週刊誌報道を受け

【全文公開】岸田派ホープ吉川赳・衆議院議員、18歳女子大生とパパ活飲酒 「俺、18歳に興味あるわ」「胸を見せて」高級ホテルで何があったのか

 笑っちまうのが、このスキャンダルに対してのその他の派閥のお歴々の反応だ。なかでも、ゲッペルス気取りの世耕君なんか「事実でないと証明できないのであれば、出処進退を含めて自身で判断されるべきだ」とかなり踏み込んだ発言しているんだね。ペテン師・シンゾーの腰巾着として、ヘタレ総理を牽制したってわけだ。

自民・世耕氏、女性問題報じられた吉川赳氏に「出処進退の判断を」

 公明党も幹事長が「本人がしっかり説明することが大切だ」と説明責任をチラつかせて迫っているようだけど、こやつは「家に来ないか」のセクハラ細田君のスキャンダルについては「事実が確定されているわけではない。5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように)が明らかにされることが必要だ」なんてことほざいてたのを忘れるわけにはいかない。

公明幹事長「事実確定されていない」 細田衆院議長のセクハラ疑惑で

 つまり、世耕も石井もダブルスタンダードなんだね。「見ながら自慰」の吉川君に「出処進退」やら「説明責任」を求めるなら、セクハラ細田君にも言ってみやがれ。

 それにしても、離党でチャラにしようというのは虫がよすぎるんじゃないか。新聞・TVは「18歳と飲酒」にスポットを当てているけど、その実態は「買春」だ。4万円渡してホテルに連れ込んでるんだから、成人年齢引き下げの前だったら「淫行」という立派な犯罪だろう。

 当然、離党で済む話ではなくて、警察が動くべき案件なんだね。週明けからのワイドショーがこの「買春」「淫行」をどう報道するか。それとも離党で1件落着ということでスルーするのか。そこもまた大いに興味のある土曜の朝である。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

野党4党 消費税率5%に引き下げなど盛り込んだ法案 国会に提出

ウクライナ側の雇い兵3人に死刑判決 ドネツク州の親ロ派武装勢力の「裁判所」が言い渡し

サントリー酒類無償提供で安倍元首相らを刑事告発 「桜を見る会」夕食会 市民団体が東京地検に

安倍晋三氏の呆れた厚顔ぶり…首相に必要な素養を「人柄」ってどの口が言っているのか?

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

Dappi Dappi疑惑 NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト こども家庭庁 たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 れいわ新選組 アカデミー賞 アベノミクス イラク戦争 インターネット ウクライナ侵略 オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル コンピュータ監視法 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ ゼレンスキー タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 デジタル田園都市国家構想 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ トリガー条項 ニュース ネット工作 ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 フィギュアスケート フジテレビ フッ素 プーチン ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワクチンパスポート ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住民基本台帳ネットワーク 体罰 侮辱罪 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 党首討論 入国管理局 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 八代英輝 公文書改竄 公明党 共産党 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉川赳 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 名護市長選 国民新党 国民民主党 国葬 土地規制法案 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大相撲 大石あきこ 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 寺田稔 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 山際大志郎 岡田克也 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平井卓也 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 志位和夫 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 政党助成金 政治とカネ 政治献金 政界再編 教育再生会議 教育勅語 敵基地攻撃 敵基地攻撃能力 文通費 新しい資本主義 新党 新型コロナウイルス 新資本主義 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米地位協定 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 朝日新聞 朝青龍 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 枝野幸男 核共有 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河瀬直美 河野太郎 河野談話 泉健太 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 牧島かれん 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秋葉賢也 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細田博之 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 自己責任 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茂木敏充 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 葉梨康弘 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 裁判員裁判 裁量労働制 西村康稔 西田昌司 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察不祥事 議員年金 議員特権 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 赤木ファイル 足立康史 辛坊治郎 辺野古 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野党共闘 野田佳彦 野田聖子 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音喜多駿 音楽 飯島秘書官 香港 馬場伸幸 馳浩 高市早苗 高木毅 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 黒田日銀総裁 10万円給付 ACTA BPO(放送倫理・番組向上機構) DHC FMラジオ IR汚職 LGBT法案 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM