同性婚

2023年5月31日 (水)

マイナンバー法改正案採決に自民と立憲が合意・・・何考えてんだか!!&「同性婚を認めないのは違憲」と名古屋地裁が判決!!

 自民と立憲がマイナンバー法改正案の採決で合意したってね。マイナンバーカードにまつわるトラブルがこれだけ多発して、システムそのものに疑問が持たれているってのに、何を考えてるんだ。

 6月2日にも参議院本会議で法案成立の流れってんだが、昨日のエントリーにもあるように医療現場からはこのままだと国民健康保険制度そのものが揺らぐって悲鳴が上がっているのに、立憲はそうした声を無視してまでなぜなぜ採決に合意したのか。

マイナンバー法改正案の採決で合意 6月2日に成立へ 5日に集中審議行うことで合意

 野党第1党として何を為すべきか・・・立憲はそんなことも分からなくなっちまったんだね。提案型なんて生温いことやってるうちに、野党としての闘争心を失くしちまったようだ。

 マイナンバー法改正案の肝であるマイナ保険証は、国民健康保険証を廃止することでマイナンバーカードの義務化への道を開くものだ。つまり、それ自体が違法行為なんだよね。なんてったって、マイナンバーカードはあくまでも「任意」ってことが大前提。マイナ保険証はマイナンバーカード強制に繋がるもので、そこを論点に議論するのが野党第1党の正しいあり方だろうに、この調子だとそのうち改憲発議にも合意なんてことにもなりかねませんよ。

ところで、名古屋地裁が「同性婚を認めないのは憲法違反」とし「同性カップルを保護する枠組みすら与えていないのは国会の立法裁量の範囲を超える」とまで踏み込んだ判断を示した。これは憲法24条2項に違反すると言っているわけで、かなり踏み込んだ画期的な判決なんだね。

 さらに、同性婚を認めても「伝統的な家族観を重視する国民との間でも、共存する道を探ることはできる」とまて言い切っている。これって、ツムジが右に曲がった勢力に対する牽制でもあるんじゃないのかねえ。

 ボールは政治家に投げられたわけられたわけで、国会はどう動くのか・・・そこれが問題だ。

同性婚を認めないのは憲法違反…名古屋地裁判決を聞いた東京訴訟の原告は涙した

【まだまだあるぞ気になるニュース】

女性市議に「セーラー服着てしゃべれば」 飯塚市議が差別的発言

杉田水脈・衆院議員が逆転敗訴 研究者への名誉毀損を認定 大阪高裁

法廷録音を試みた弁護人が手錠かけられ法廷外へ 異例の制裁裁判に発展 大阪地裁

性的少数者制限法が成立 ウガンダ、最高死刑も

チャットGPTで訴訟準備書面、実在しない判例6件引用…米連邦裁判所「前例のない事態」

| | コメント (2)

2023年3月 1日 (水)

「同性婚を認めないことは、国による不当な差別ではない」「同性婚制度は家族観とも密接に関わる問題」(岸田文雄)・・・まだ言ってやがる!!

 ヘタレ総理が同性婚ついて、この期に及んでまだこんな答弁してくれちゃいました。

「少なくとも同性カップルに公的な結婚を認めないことは、国による不当な差別であるとは考えておりません」

 これは共産党のがらっぱち宮本君の「同性婚を実現しないことそのものが差別ではないか」という質問に答えたもので、併せてこんな答弁もしやがりました。

「同性婚制度の導入は国民一人ひとりの家族観とも密接に関わる問題だ」

 またもや出ました「家族観」。「家族観」なんてものはひとりひとり違って当たり前で、それと同性婚を認めるかどうかとは何の関係もないんだよね。なぜなら、同性婚が認められたことで何らかの損害を受けるひとなんていませんから。

 ようするに、ヘタレ総理が「家族観」を口にする時は、戦前の家父長制度を家族の中心に置こうというつむじが右に曲がったひとたちへの忖度があるんだね。その中には、統一教会(現世界平和統一家庭連合)も入ってるわけで、ヘタレ総理がどこ向いて政策を進めているかわかろうというものだ。

 こんなんだもの、この国会中に「差別禁止」を盛り込んだ「LGBT理解増進法案」が成立する余地なんてありませんよ、ったく。

岸田総理 同性婚認めないのは「不当な差別とは考えない」

岸田総理 同性婚認めないのは「差別だとは考えていない」 衆院予算委

【まだまだあるぞ気になるニュース】

原発60年超運転へ「束ね法案」を閣議決定…老朽原発への不安は消えないまま

五輪談合で電通や博報堂など6社を刑事告発 公取委、個人7人も

共同親権、今国会は見送り 賛否まとまらず、民法改正案「時期尚早」

林外相、国会優先しG20欠席へ 「日本に損失」指摘も

アベノマスク訴訟 国に単価・発注枚数の開示命じる 大阪地裁判決

| | コメント (2)

2023年2月22日 (水)

23名の県知事が「LGBTなど多様性尊重求める緊急共同声明」・・・東京と大阪はどうした!?

 全国の知事有志が「多様性への理解促進と誰もが安心して暮らし、活躍できる社会づくりを求める緊急共同声明」を発表した。LGBT差別禁止にいつまでも煮え切らない態度のヘタレ総理にすれば、何てことをしてくれるんだ、といったところかもしれない。

多様性尊重する社会の実現に向け有志の知事が緊急共同声明

Photo_20230222084801

 で、この共同声明には23人の県知事が賛同しているんだが、なんと東京のフリップ小池君の名前が見当たらない。東京都は都道府県で初めて「LGBT差別禁止」を明確に規定した条令を整備してるんだから、この共同声明に名前を連ねていても何の不思議でもないと思うけどねえ。
ひょっとしたら、共同声明を主導したのが千葉県知事ってのが、フリップ小池君のお気に召さなかったりして。

 大坂のイソジン吉村君の名前がないのはさもありなんって気もするんだが、沖縄のデニー君の名前も見当たらないのはどうしてなんだろう。

 それはともかく、「性的マイノリティに限らず多様性の尊重に向けて国に働き掛け、地方からも取り組みを後押しする」って力強く宣言したってことには、盛大な拍手を送りたい。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

スクープ!東海第二原発で「非常用電源喪失」!岸田政権の「原発推進政策」に赤信号

「他の指示は無視して良い」〈秘書への指示メール入手〉秋本真利外務政務官が国会で虚偽答弁の疑い

「国民負担率」2023年度は46.8%の見通し 財務省

1月15日を休日に 保守派「伝統継承の日」提唱 自民

小池百合子、神宮外苑700本の樹木伐採は「未来につなげる街づくり」…次なる目標は葛西臨海公園を丸裸に

| | コメント (2)

2023年2月18日 (土)

「LGBTの人たちへの理解を広げる担当」に森まさこ首相補佐官を起用・・・いまさら「理解を広げる担当」って、舐めとんのか!!

 ヘタレ総理がLGBTQ支援団体のひとたちと面会して謝罪したってね。「社会が変わってしまう」というほとんど差別としか思えない発言については、「ネガティブな意味ではなく、フラットに、制度が変わるという意味で国民の間で議論していく必要があるという趣旨だった」って言い訳したそうだ。

 この発言に関しては日本語研究のオソーリティーである金田一先生が「明らかに否定的ニュアンスを表している」「外国人に日本語を教える時、『てしまう』というのは『残念だ』とか『よくないことで使う』と教えている」と指摘している。

 これは、シロートにだって分かる理屈だ。おそらく、ヘタレ総理も心の中では「やっちまった」って思っているに違いない。もしそうでなかったら、とんだ「愚か者」ってことになる。

岸田首相 LGBTなど支援団体と面会 “多様性尊重 実現へ努力”

「社会が変わってしまう」の印象は「明らかに否定的」 言葉のプロが分析 同性婚めぐる首相発言

 で、何かしらの具体的行動を示さないと、この窮状を取り繕うことができないと思ったんだろうね。なんと、「LGBTの人たちへの理解を広げる担当」として検察逃げたの森まさこ君を起用するんだとさ。

 「理解を広げる担当」って何だい。社会はとっくのとうに理解してるんだよ。理解してないのはカルトや宗教右派と手を組む自民党のシェンシェイたちだけってことが、まだ分かってないんだね。社会の方がよっぽど先を行ってますよ。

政府 森まさこ首相補佐官をLGBTの人たちへの理解広げる担当に

 ヘタレ総理と面会したLGBTQ支援団体の方には、この面会がバフォーマンスに利用されることを警戒する声があったようだけど、「理解を広げる担当」なんてまったく実質の伴いそうもない役職を設置したことに、その警戒感が現実になったという気がしないでもない。

 ちなみに、検察逃げたの森君の同性婚や選択的夫婦別姓についての立場は、かつてのアンケートによれば「どちらとも言えない」なんだとさ。選択的夫婦別姓については、「子どもの姓がそれぞれ異なってしまう結果になることがさまざま議論されたと記憶している」なんて答弁したこともあるから、決して積極的でないってことはおさえておこう。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

旧統一教会が5月に合同結婚式予定 宗教2世「早急に解散を」野党へ要望

岸田首相 自己都合離職した場合の失業給付の在り方見直す意向

関西電力 競合他社の顧客情報15万件を不正閲覧 経産省に報告

「政活費だまし取った疑い」小島県議会議長を書類送検 議長は辞任し次期選挙に出馬しない意向 野党は「選んだ自民党にも責任」

日本共産党の「異論封じ」か? 普通の“除名処分”ではないか

ロシア軍の捕虜になった女性衛生兵 5か月間の拘束生活とは?

| | コメント (1)

2023年2月16日 (木)

同性婚について「議論が必要だ」「いつまでに結論を出せという課題ではない}(岸田文雄)・・・議論議論って、まるでやる気なし!!&「マイナンバーカード取得した人にメリットを提供することは考えうる}(河野太郎)・・・マイナカード差別禁止法案が必要だな!!

 謎の気球をアメリカの尻馬に乗って、確たる証拠を示すでもなくいまさらのように「中国の偵察気球でした」って、そりゃあ中国ならずとも文句のひとつも言いたくなろうというものだ。

日本で確認の気球 防衛省「中国の無人偵察気球と強く推定」 政府が中国に申し入れ「領空侵犯は断じて受け入れられない」

 そんなことより、国会だ。同性婚について「賛成か、反対か」って質問に「私自身は反対とは一度も申し上げたことはない。価値観や心に関わる問題であり、議論が必要だ。状況を注視したい」だとさ。いわゆる「ごはん論法」の典型です、

 さらに、「いつまでに結論を出せという課題ではないと考える」とも言っていて、これって「「永遠に議論しますよ」って宣言してるようなもんなんだね。やる気のない政策は「議論する」ってのがヘタレ総理の常套句。そのくせ、軍事費増額や敵基地攻撃能力や原発再活用は、形ばかりに議論した振りして勝手に閣議決定していく。これは、もはや静かなる独裁政治だろう。

 自民党と統一教会などのカルトが金科玉条のごとく崇め奉る「家族観」ってのが、同性婚や選択的夫婦別姓の最大の障害になっているわけだけど、それを打ち破るには政権交代しかないんだね。宗教右派とカルトに汚染された自民党に自浄作用なんてカケラもありゃあしませんから。

「社会が変わってしまう」発言の撤回を岸田首相が拒否 「否定的でも肯定的でもない」

 ところで、「子どもの保育料や給食費の無償化の対象を、マイナンバーカードを取得した世帯に限る」って方針の備前市の市長が、「国のデジタル田園都市構想に呼応したもの。強引な手法だとは思っていない」って居直り会見したってね。

「強引な手法でない」岡山県備前市長、給食無償の条件にマイナカード

 それに呼応するように、ブロック大王・河野君が「マイナンバーカードの普及を推進し、活用してもらうことで、行政サービスの効率化や住民サービスの向上につながることが期待される。自治体で、マイナンバーカードを取得した人にメリットを提供することは考えうる」って答弁したそうだ。

 つまり、マイナンバーカードを取得しないとペナルティーになりますよってことなんだね。これって、脅迫みいなものだろう。ていうか、差別だよね。なんてったって、「マイナンバーカード取得は任意」なんだから。

河野デジタル相 “マイナカード取得にメリット提供考えうる”

 そもそも、マイナンバーカードって何のためのものだったんだ、という原点に返って、こういう時こそ大いに議論すべきなんじゃないのか・・・おい、岸田!!

 おまけ・・・丸四角メガネ・成田君の「高齢者は集団自決」発言を伝えるニューヨーク・タイムズの紙面です。いかに「この上なく過激」な発言と問題視しているかわかろうというものだ。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

“旧統一教会関連団体”に補助金 東京都が公表 返還は求めず

防衛省 武器使用のルール見直す方針 中国の偵察用気球めぐり

鈴木英敬議員 代表の自民党支部 国の工事受注会社から寄付

山口補選トンデモ候補は家系図アピールの岸信夫息子・信千世だけじゃない! 安倍元首相の後継は“安倍以上の極右”

| | コメント (2)

2023年2月12日 (日)

「憲法は同性婚を認めていない」(自民・世耕参議院幹事長)VS「合意に基づいて『のみ』、ようするに他者から強制されて婚姻は成立するのではないという趣旨」(公明・北側副代表)・・・公明党に軍配!!

 同性婚について反対派が「憲法で認められていない」ってよく口にする。これに対して、官房長官の丸出だめ夫・松野君なんかは「憲法24条が同性婚の導入を禁止しているのか、許容しているのかについて、特定の立場に立っているわけではない」って言葉を濁してたんだが、なんとゲッベルス気取りの世耕君が「憲法24条を読む限り、今の憲法は同性婚を認めていない」ってドヤ顔してくれましたとさ。

同性婚「憲法は認めず」 自民・世耕氏

 この問題は憲法をどう解釈するかってことに行き着くんだが、その意味ではゲッベルス気取りよりも公明党の遮光器土偶・北側君の指摘が正しいと思う。こんな具合です。

「『のみ』というところに意味がある。合意に基づいて『のみ』、要するに他者から強制されて婚姻というのは成立するわけではありませんよという趣旨で理解をしている」
「(同性婚は)憲法改正しないとダメだという趣旨ではない」

 実に明解です。まさかこんなところで公明党の遮光器土偶と意見が一致するとは・・・。

「同性婚排除の規定ではない」 憲法24条で公明・北側副代表が見解

 では、裁判所は同性婚についてどんな判断してきたかってことが気になるところだ。実は、去年の秋に「日本で同性婚が認められていないのは違憲かつ差別的だとして同性カップルらが損害賠償を求めていた裁判」があって、裁判所は「同性婚が認められていない現状について、憲法には違反しない」が「同性愛者がパートナーと家族になるための法制度が存在しないことは、同性愛き者の人格的生存に対する重大な脅威、障害」と指摘している。

 ようするに、裁判所は同性婚について法的改正をしなさいって言ってるんだね。これまでにも、同様の裁判があって、札幌地裁では「同性婚を認めないのは違憲」、大阪地裁では「同性婚を認めないのは合憲」という判決が出ている。

東京地裁、同性婚めぐる現行法は憲法に違反せず 家族になる制度ないのは「違憲状態」と

 こうした司法の判断からも、世の中の流れは「同性婚の法制化」ってところにあるように思う。だから、ゲッペルス気取りの世耕君が「憲法24条を読む限り、今の憲法は同性婚を認めていない」って言うなら、いっそのことヘタレ総理お得意の閣議決定で「同性婚合憲」の判断すればいいんじゃないか。そうすれば、敵基地攻撃能力や原発回帰の閣議決定につて、少しは大目に見てもらえるかもよ・・・なんてことはないか。

【またまだあるぞ気になるニュース】

100人いるはずのオペレーターが…パソナ委託先、水増し請求の実態

トルコ大地震、死者2万2千人超 「東日本」を大きく上回る可能性

生活保護費の引き下げ取り消す判決 「国の判断過ち」宮崎地裁

突然拘束され精神科病院に入院させられた中学生~「強制入院大国」ニッポンの異常


| | コメント (1)

2023年2月10日 (金)

東京オリ・パラ談合で大会組織委元次長逮捕・・・もう一人の森のXデーはいつ!?&「左翼勢力が既成の家族、伝統的な価値観を粉砕する運動をしている。LGBTの方々がその先方を担がされている」(西田昌司)・・・イカれてるなあ!!

 東京オリ・パラの談合事件で、とうとう大会組織委員会運営局の元次長・森泰夫が逮捕された。その他に、電通の幹部社員、フジTV系制作会社の幹部社員も逮捕され、東京オリ・パラが利権屋どもに食い物にされていた実態が浮かび上がってきた。

 今回逮捕された大会組織委員会運営局次長ってのはかなりの要職で、森泰夫がこの地位に就いたのはシンキロー森の覚えめでたかったからなんだね。てことは、この元次長が個人的な思惑で談合に手を染めたと言うよりも、組織として関わってきただろうことは容易に察しが付こうというものだ。

 となれば、もう一人の森への逮捕が待たれるんだが、Xデーは果たしてやってくるのだろうか。

東京五輪テスト大会 入札談合 容疑の対象や事件の構図は

 ところで、国民主権なんかくそくらえの西田君が、LGBT法案をめぐって「差別禁止は分断を生む」って発言したことの言い訳をしてるようだ。ざっとこんな具合です。

「既成の価値観を、秩序を潰して変えていこうという運動が、戦後ずっと続いている。政治的な運動として共産党など左翼勢力が中心としてやってきている。左翼勢力が既成の家族、地域、伝統的な価値観を粉砕することを目的にそういう運動をしている。LGBTの方々、皆そうだというわけではないですけども、多分にそういうことの先方を担がされているのが現実なんですよ」
「我々も両親がいたと。そしてその両親にもまた両親がいたと。永遠の過去から存在をしていただいたことが、今日の我々が存在する唯一の理由なんですよ。この仕組みを次の世代にもきっちり伝えていかなければならない」

 「左翼が」~と言ってみたり、「永遠の過去から存在をしていただいた」なんてこと口走ってみたり、何言ってるかよくわかりません。

 この男はかつて、「日本の文化で一番大事なのは教育勅語に書いてある家族主義、家族と伝統を大事にすることだ」って憲法審査会の席で喚いたことがある。結局のところ、LGBT差別禁止に反対しているシェンシェイたちってのは、明治以降の「家族主義」にとらわれた残念なひとたちってことなんだね。

ウーマン村本、ぜんじろうも反応…自民・西田氏がLGBTめぐる分断発言を詳細説明

【まだまだあるぞ気になるニュース】

政府の学術会議改革「非常に危険」 任命拒否された早大教授が異議

寒い日でもジャンパー着て登校 「校則」で認めず 広島の中学校

「マイナカードと給食費を引き換えにしないで」岡山・備前市の方針に市民団体が抗議デモ

「同性婚排除の規定ではない」 憲法24条で公明・北側副代表が見解

【詳報】「曽祖父・祖父・伯父・父の意志 受け継がれている」衆院山口2区補選に岸信千世氏(31)出馬表明

| | コメント (2)

2023年2月 9日 (木)

「憲法は同性婚制度を認めることは想定されていない」(松野官房長官)&「同性婚の法制化に社会的な合意があるとは言えない」(読売社説)&マイナ保険証ないひとに有料の「資格確認書」を発行!?

 おそらく、日本会議+統一教会+勝共連合と親和性の高い自民党内の勢力の動きが気になるんだろうね。この期に及んで、ヘタレ総理が「議員立法の動きを見守りたい」とLGBT法案の成立に及び腰になっちゃいました。

首相、LGBT法案成立に及び腰 強硬派の動き見極められず

 でもって、官房長官の丸出だめ夫・松野君が「憲法は同性婚制度を認めることは想定されていない」って言い出しましたとさ。そのうち、同性婚と改憲を結びつけた憲法論議を仕掛けてくるんじゃないのか。

「憲法は同性婚想定せず」 松野官房長官が見解

 そんな中、読売新聞の社説が、同性婚について否定的な意見をひけらかしたってんで顰蹙買ってます。

「海外では、同性婚を認める国が増えているという。日本ではまだ、同性婚の法制化に社会的な合意があるとは言えない」
「だからといって、『日本が遅れている』という言説には違和感を覚える。各国にはそれぞれ歴史や文化の違いがある。それを認め合うのも、多様性の尊重だろう」

 どこの世論調査でも、「同性婚賛成」は6割を超えているってのに、よくもまあ「日本ではまだ、同性婚の法制化に社会的な合意があるとは言えない」なんて口にできるものだ。

 さらに、「各国にはそれぞれ歴史や文化の違いがある。それを認め合うのも、多様性の尊重だろう」って言ってるんだが、その心は「差別するのも多様性のひとつ」ってことなんじゃないのか。

・読売新聞社説
首相秘書官更迭 重責を担う自覚を欠いていた

 これが発行部数700万を超える、日本を代表する言論機関の社説なんだから泣けてくる。こんなんだもの、国連報道官に「誰を愛し、誰と一緒にいたいかを理由に誰も差別されてはならない」って言われちゃうんだよね。ああ、恥ずかしい。

「誰を愛すかで差別はならぬ」 国連報道官、荒井元秘書官更迭で

 ところで、マイナンバーカードと国民健康保険証の一体化について、マイナンバーカードを取得しないひとには「資格確認書」を発行するそうだ。しかも、有料なんて話まで出ているとか。

 だったら、これまでの国民健康保険証を使えるようにすればいい話なんじゃないのか。「資格確認書」で利権が生まれて、きっとどこかの誰かの懐が潤うことになるんでしょうね。バカみたい。

”マイナ保険証” ない人には「資格確認書」提供で調整 政府

【まだまだあるぞ気になるニュース】

原発60年超運転案は「安全側への改変とはいえない」 異例の反対意見で規制委が正式決定を先送り

東京五輪テスト大会 入札談合 容疑の対象や事件の構図は

首相秘書官差別発言の”オフレコ破り”報道は「個人の内心をだまし討ちで暴露した」のか

| | コメント (2)

2023年2月 7日 (火)

「同性婚で家族観や価値観、社会が変わってしまう」(岸田文雄)を海外メディアが世界に発信・・・G7でどの面下げてホスト役を務めるつもりなのだろう!&宮台教授襲撃犯はエホバの証人の宗教2世だった!!

 同性婚や性的少数者に対する「見るのも嫌」発言は、とうとう海外メディアも大きく報道し始めたようだ。たとえば、イギリスのBBCは、

「日本は主要7カ国(G7)で唯一同性婚を認めていない」
「いまだに伝統的な男女の役割分担、伝統的家族観に大きく縛られている」

 と日本のトホホな状況を世界に向けて発信している。

 LGBTへの弾圧を強めるロシアのタス通信でさえ、「G7で同性婚を認めないただ一つの国。保守的な与党・自民党のメンバーには同性婚に反対する者が多い」って報道してるってんだから、「見るのも嫌」発言はまさに国際問題の様相を呈してきたようだ。

「G7で唯一同性婚を認めない国」首相秘書官更迭、海外でも報道

 こうなると、5月に広島で開催されるG7にヘタレ総理はどの面下げて出席するつもりなんだろうって声が上がってくるのも当然で、だからなのか突然、キツネ目の男・茂木君や壺売り・萩生田君が緊急会談して、これまで棚上げしてきた「LGBT理解増進法案」について前向きに検討する方向で一致しましたとさ。

【速報】自民党幹部、「LGBT理解増進法案」前向きに進めることで一致

 その裏にはヘタレ総理の指示があったそうで、夜にはなんとネトウヨの女王・櫻井よし子君と会食している。壺売り・萩生田君も同席して、おそらく「LGBT理解増進法案」について、いろいろ報告したんでしょうね。なんてったって、日本会議へ話を通さないといけませんからね。

岸田首相、櫻井よしこ氏と会食

 いまは首相秘書官に批判が集中しているけど、元をただせばヘタレ総理の「家族観や価値観、社会が変わってしまう」って発言がある。BBCもこの発言を報道しているから、このままだとG7は針の筵状態になっちまう。それを避けるためにも大慌てで「LGBT理解増進法案」の検討に入ったってことなのだろう。

同性婚「社会が変わってしまう」は岸田首相自身の言葉 G7で認めないのは日本だけなのに…

 ひょっとしたら、期せずして、同性婚や選択的夫婦別姓の法制化についての大きな転換点を迎えているのかもしれない・・・なんてことをちょいと期待してみる火曜の朝である。

 最後に、宮台教授襲撃犯は、エホバの証人の宗教2世だったってね。母親が信者だそうで、まだまだこの事件には裏がありそうだ。

宮台真司さん襲撃犯、死亡したのは「エホバの証人」集会所だった!近隣住民が見ていた“事件直後の異変”

【まだまだあるぞ気にな音ニュース】

LGBT「見るのも嫌だ」から「趣味みたいなもの」まで…“問題発言”と、その後

憲法学者の木村草太教授、秘書官の差別的発言を「言語道断」と発言した岸田首相の矛盾を指摘 

共産が党首公選制主張の党員を除名へ 規約違反の「分派」と判断

| | コメント (2)

2023年2月 6日 (月)

「オフレコでも看過できないとなれば記事にするのが記者魂」(立川談四楼)・・・毎日新聞以外の記者たちはどんな思いで「LGBT見るのも嫌発言」を聞いていたのだろう・・・それが問題だ!!

 首相秘書官の「LGBT見るのも嫌だ」発言について、やれ「思想信条の自由」だの、やれ「オフレコ破り」だの、アンチLGBT側からの野次がかまびすしい。

 でも、「思想信条の自由」ってのは、そもそも国家権力の統制に対する「個人の尊厳」の問題で、今回のような権力の中枢にいる人物の発言にはあてはまりません。

 さらに、「オフレコ破り」について言えば、ジャーナリズムってのは「権力の監視」と同時に「国民の知る権利」に奉仕することも重要な任務なんだよね。談四楼師匠が言うように「オフレコでも看過できないとなれば記事にするのが記者魂」ってものだ。

 かつて、辺野古基地をめぐって、政府が環境アセスメントの評価書の提出時期を明言しない理由について、沖縄防衛局局長が「これから犯す前に犯しますよと言いますか」って言い放ったのが問題視されたことがあったけど、これもオフレコだったんだよね。でも、いくらオフレコとは言え、こんな乱暴な発言を見逃すことができなかった琉球新報は敢然と報道した。

 これに慌てた他の新聞各社も、後追いで報道して大問題になったわけだけど、もし琉球新報が報道しなければ、こうした不埒な発言は闇に葬られていたはずなんだね。

 今回の「LGBT見るのも嫌だ」発言も同じで、敢えて言うならその場にいた他社の記者たちってのは「権力の監視」や「国民の知る権利」よりも、記者クラブの面子の方が大事だったってことなのだ。

 そんな中での毎日新聞の記者の「オフレコでも看過できないと記事にした記者魂」は称賛されこそすれ、批判されなければいけない理由は1ミリもありません。こういう「記者魂」が政治家や官僚の会見に緊張感を生むことにも繋がるんだから、記者クラブなんて早いところ解体して、すべてのジャーナリストが参加できる記者会見システムを1日も早く実現して欲しいと願う今日この頃なのだ。


| | コメント (1)

その他のカテゴリー

Dappi Dappi疑惑 NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト こども家庭庁 たちあがれ日本 でっち上げ みんなの党 ゆとり教育 れいわ新選組 アカデミー賞 アニメ・コミック アベノミクス イラク戦争 インターネット インポイス制度 ウェブログ・ココログ関連 ウクライナ侵略 オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム コンピュータ監視法 ジャニーズ事務所 ジャニーズ問題 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ ゼレンスキー タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 デジタル田園都市国家構想 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ トリガー条項 ニュース ネット工作 ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パソコン・インターネット パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 ファッション・アクセサリ フィギュアスケート フジテレビ フッ素 プーチン ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ボランティア ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア ライドシェア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワクチンパスポート ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 三浦瑠璃 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住まい・インテリア 住民基本台帳ネットワーク 体罰 侮辱罪 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 児童手当 党首討論 入国管理局 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 八代英輝 公文書改竄 公明党 共産党 共謀罪 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣改造 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北側一雄 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉川赳 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 同性婚 名護市長選 国民新党 国民民主党 国立大学法人法改正案 国葬 土地規制法案 地デジ 地方分権 地方創生 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大津綾香 大相撲 大石あきこ 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宝塚歌劇団 宮台真司 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 寺田稔 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 小渕優子 小西洋之 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 山際大志郎 岡田克也 岸信千世 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平井卓也 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 志位和夫 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 成田悠輔 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 放送法 政党助成金 政治とカネ 政治家女子48党 政治献金 政治資金収支報告書 政界再編 教育再生会議 教育勅語 敵基地攻撃 敵基地攻撃能力 文通費 斎藤健 新しい資本主義 新党 新型コロナウイルス 新藤義孝 新資本主義 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米地位協定 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 明治の日を実現するための議員連盟 映画・テレビ 書籍・雑誌 有田芳生 朝日新聞 朝青龍 朝鮮人虐殺 木原稔 木原誠二 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 松川るい 松本人志 松野博一 林芳正 枝野幸男 柴山昌彦 柿沢未途 核共有 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 梅村みずほ 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河村たかし 河瀬直美 河野太郎 河野談話 泉健太 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 牧島かれん 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田崎史郎 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 盛山正仁 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 神道政治連盟 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秋葉賢也 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細田博之 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 経済安保情報保護法案 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 能登半島地震 自己責任 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茂木敏充 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 葉梨康弘 藤田文武 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 袴田事件 裁判員裁判 裁量労働制 裏金疑惑 西村康稔 西田昌司 親学 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察 警察不祥事 議員年金 議員特権 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 赤木ファイル 足立康史 辛坊治郎 辺野古 辻元清美 連合 週刊朝日 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野党共闘 野田佳彦 野田聖子 鈴木宗男 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 防衛省 防衛費 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音喜多駿 音楽 飯島秘書官 香港 馬場伸幸 馳浩 高市早苗 高木毅 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 黒田日銀総裁 10万円給付 ACTA BPO(放送倫理・番組向上機構) DHC FMラジオ IR汚職 LGBT LGBT法案 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM