小西洋之

2024年5月 6日 (月)

緊急事態条項について「権力者の暴走を防ぎ、国民の権利を守るために極めて重要」とデタラメを垂れ流す玉木雄一郎の無恥と無知!!

 緊急事態条項について、国民民主のタマキンと維新の開チン・音喜多君が、「権力者の暴走を防ぎ、国民の権利を守るために極めて重要」なんてデタラメを声高にツイートしているんだが、それに対して立憲のコニタンが一刀両断。

 そのやり取りからわかるのは、国民民主と維新が、第2、第3の自民党と公言しては憚らないのもさもありなんてことだ。こんなひとたちの語る「改憲」がいかに胡乱なものか、しっかり認識しておかないと大変なことになりますよ。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

【速報】政治資金規正法の自民党改正案「評価しない」72% 5月JNN世論調査

規正法改正、連休明けに議論本格化 「補選全敗」で自民守勢

【万博開催の懸念】「なぜここに誘致したのか」港湾関係者の怒り 深刻な“渋滞”&“物流停滞”の懸念 会場アクセスは橋・トンネルの2つのみ

【お知らせ】

これまで「今日の気になるX」で気になるツイートをご紹介してきましたが、今後は「くろねこの短語」の「X」に掲載していきますので、フォローしていただけたら幸いです。
https://twitter.com/Kuronekono28802

| | コメント (1)

2023年4月 5日 (水)

「小西議員のさらなる処分が必要」(玉木雄一郎)と煽る似非野党の哀れ!&そんな声にさらに弾みをかけようと小西議員叩きに奔走する戦う相手を間違えたメディアの腰抜け!!

 コニタンの「サル」発言について、国民民主のタマキンが粘着質な性格丸出しにして「憲法審査会の筆頭幹事の更迭だけでなく、さらなる処分が必要」って喚いてるってね。どうやら、コニタンがフジサンケイグループに「非常に偏った報道でしかるべき対抗措置を取らないといけない」と宣戦布告したのが「マスコミへの圧力」なんだとさ。

国民 玉木代表 “立民 小西参院議員にさらなる処分が必要”

 これって、朝日新聞がペテン師・シンゾーのポチ・礒崎元首相補佐官の「けしからん番組は取り締まるスタンスを示す必要があるだろう」発言と並列で紹介して、「批判」と「圧力」をごっちゃにしたツイートしてるのと同じなんだよね。

 ペテン師・シンゾーの権力を傘に着てメディアに脅しをかけた元首相補佐官には突撃取材のひとつも仕掛けることができないくせに、野党の議員となると徹底的に重箱の隅を突きまくって政治生命を潰しにかかるんだから、ジャーナリズムとしての矜持や誇りのカケラもそこにはありません。

 そんな動きに乗っかってあっさりと要職から更迭してしまう立憲ってのも、しょせんはタマキンなんかと同じ穴の貉なんだね。そんな動きにエダノンがちょっぴり吠えたってね。なんでも、「4日の党憲法調査会で、衆院憲法審査会を巡る現状を批判」したそうだ。でもって、「憲法改正の条文案提示を目指す他党の動きを念頭に『強行に発議すれば国民投票で否決される』」って牽制したとか。

 コニタンは「憲法改正の条文案提示を目指」して動く輩を「サル」って揶揄したわけで、エダノンの発言はそれへの援護ってことなのかもね。本当は、希望の党代表の泉君こそが党代表として示すべき態度なんだけどね。

立民の枝野前代表が衆院憲法審の現状批判

 それにしても、放送への政治介入に敢然と戦いを挑むべきメディアが、よってたかってコンタン潰しに地道を上げるってのは、見てるこちらが恥ずかしくなる今日この頃なのだ。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

首相、防衛強化へ増税強調 反撃力行使、事例示さず

少子化対策の財源「保険料を検討」 自民・茂木幹事長が発言

坂本龍一氏の死で小池知事が大炎上 再開発計画見直し「神宮に言え」の冷酷ぶり蒸し返される

立憲自滅で早期解散論強まる!高市早苗大臣の追及より維新との共闘を優先して小西洋之参院議員を解任・処分した立憲・泉健太代表

| | コメント (2)

2023年4月 3日 (月)

立憲が小西議員のさらなる処分を検討・・・そんなに「サル」発言が気に食わないなら、バンクシーの「退化した議会(猿の議会」はどうなのよ!!&坂本龍一、逝く!!

 何やら立憲がコニタンに圧力をかけているようだ。なんでも、「サル」発言による憲法審筆頭幹事更迭だけでは飽き足らないようで、今後の対応いかんではさらなる処分を検討しているってさ。

 馬鹿だね。平気で嘘をつく高市君の「捏造」発言と刺し違えるくらいの気概を持って事に当たるならともかく、まるでスケープゴートのように切り捨てようとするとは。立憲はもう終わってます。

立憲民主党 小西洋之議員の対応次第でさらなる処分も検討

 それにしても、コニタンの「サル」発言にこれ程目くじら立てるなら、バンクシーの「退化した議会」への喝采ってのはどうなんだろう。政治には時として過激な「諧謔」が必要だと思うけどねえ。

Photo_20230403084701

 ところで、坂本龍一が亡くなった。YMO前の龍一とはいろいろ思い出があるのだが、かつて渋谷のライブハウス「屋根裏」でコンサートをした時の龍一自筆のスコア(譜面)を眺めながら、今夜は献杯だ。

音楽家 坂本龍一さん死去 71歳 YMOなどで世界的に活躍

| | コメント (2)

2023年4月 1日 (土)

「異次元の少子化対策」のたたき台を発表・・・財源、実施時期、具体的な制度設計はこれから議論の茶番劇!!&小西議員を立憲が憲法審野党筆頭幹事から更迭・・・「サル」発言の真意も理解せずに、オタオタしちゃって、野党なら戦え!!

 今日から自転車のヘルメットが努力義務となった。それはそれとして、自転車に乗る人への道路交通法の講習もちゃんと義務化しないと事故はなくなりませんよ。

 そんなことより、統一地方選挙前のニンジンってことなんだろう。ヘタレ政権が、「異次元の少子化対策」のたたき台を発表しましたとさ。「児童手当の拡充」「出産費用の保険適用」「学校給食無料化」「育休給付の引き上げ」etc・・・口当たりのいいことが並べられているが、財源どうするのってことは何も語ってないんだね。

 実施時も未定で、あくまでもたたき台はたたき台ってことだ。ヘタレ政権は近々、「首相の下に新たな会議体を設置し、施策の具体化や財源の確保策の検討に着手」するってさ。いまやれ。ま、検討士の面目躍如ってところか。

 こんなんだもの、統一地方選挙が終わったら、「あれっ、そんなこと言ったっけ」って開き直る可能性だってないとは言えませんよ。

どこが「異次元」?政府の少子化対策たたき台 難題は財源、社会保険からカネを集める案まで登場

 ところで、コニタンなんだが、どうやら立憲は憲法審査会筆頭幹事から更迭するってね。「サル」発言ばかりにスポットが当たっているけど、憲法審査会のあり様に一石を投じたのが今回の一連の発言ってことを、希望の党崩れの泉君は忘れてないか。

 こんなんで更迭しちゃって、自民党や維新、国民といった改憲派の思う壺だと思うけどねえ。戦わない野党なんていらないんじゃないの。

小西氏の憲法審幹事更迭 立民代表、サル発言受け

【まだまだあるぞ気になるニュース】

河野大臣「マイナカードの信頼性に影響しない」--他人の住民票が発行された横浜の事案を説明

大阪万博ピンチ! 新国立の“悪夢”再び、デザインが独創的過ぎて「主要会場」が造れない

日大、元理事長らを賠償提訴 背任事件で損害11億円―東京地裁

| | コメント (1)

2023年3月31日 (金)

「サル」発言はさすがに言い過ぎだが、「憲法をまじめに議論しようとしたら、毎週開催できるわけがない。衆議院の憲法審査会は、誰かに書いてもらった原稿を読んでいるだけだ」(小西ひろゆき)はその通りなんじゃないの!!

 何やら、コニタンの「サル」発言が問題になっている。なんでも、週1回開催されている憲法審査会について、

「参議院では、毎週開催はやらない。毎週開催は、憲法のことを考えないサルがやることだ。何も考えていない人たち、蛮族の行為で、野蛮だ」
「憲法をまじめに議論しようとしたら、毎週開催できるわけがない。衆議院の憲法審査会は、誰かに書いてもらった原稿を読んでいるだけだ」

 って憲法審査会幹事会後に記者団に話したんだとか。これを産経新聞が鬼の首を取ったように報道したからさあ大変。与野党から石礫が飛び交って、コニタンは渋々謝罪しました。

 どうやらオフレコでの発言だったようだが、確かに「サル」はまずい。でも、「憲法をまじめに議論しようとしたら、毎週開催はできるわけがない」ってところはその通りだと思うけどねえ。

小西氏、憲法審の毎週開催「サルがやること」「蛮族の行為」

 そもそも、今の憲法審査会ってのは、一刻も早く改憲したいひとたちの独壇場ですからね。国民民主のタマキンなんか「緊急事態条項」にやる気満々で、維新と衆院会派「有志の会」と共に「緊急事態条項のうち、国会議員の任期延長に関する憲法改正条文案を発表」しているくらいだ。

維新・国民など3党派が改憲条文案 緊急事態条項の議員任期延長

 「サル」発言は口が滑ったにしても言い過ぎだけど、その言わんとする憲法審査会に対する疑義は真っ当なんだよね。そんな思いもあったのか、コニタンはフジサンケイグループに宣戦布告して、「産経とフジテレビについては今後一切の取材を拒否します」ってヒートアップしている。

 憲法審査会のあり様とは別に、コニタンとフジサンケイグループの戦いの行方はどうなることやら。そして、他のメディアはそれをどう報道するのか・・・けだし見物の場外乱闘になりそうだ。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

国交省元次官、「OBを社長に」要求 空港関連会社の人事に介入か

マイナカードで他人の住民票発行される 横浜のコンビニで5件

5月の電気料金 値下がりへ 「再エネ賦課金」引き下げで

トランプ前米大統領を起訴 歴代初、不倫口止め疑惑

「キモい」「泥棒」と叱責…壱岐島で遺体発見「17歳高校生は里親から虐待されていた」同居していた離島留学生が告発

| | コメント (2)

2023年3月 7日 (火)

放送法解釈変更の内部文書を総務省が認める方針。でも、その細部については「引き続き精査する」って、何のこっちゃ!!

 いやあ、凄いなあ。2打席連続で3ランとはねえ。スポーツ新聞の見出しじゃないけど、「異次元」とはこういうことを言うのだよ、岸田君。

 そんなことより、「放送法解釈変更」をめぐる総務省の内部文書に新たな動きがあったようだ。どうやら、「総務省が7日にも同省が作成した行政文書だと大筋で認める方針」だとか。

 ただし、「記載されている内容については、発言などが確認できなかったり疑義があったりするとして、引き続き精査する」んだとさ。おいおい、「公文書管理法に基づく行政文書」と認めるのに、その内容については「精査する」っておかしくないか。これだと、総務省が出してくる「行政文書」は、すべてその内容について疑義を差しはさむ余地があるってことになるんじゃないか。

 さらに言えば、「精査する」中で、森友学園疑獄の公文書改竄と同じようなことが起きる可能性だってある。となれば、またしても犠牲者が出ることに繋がりはしないか。

 いずれにしても、総務省が本物と認めるってことだから、平気で嘘をつく高市君は首洗ってまってるこった。

放送法めぐる内部文書、総務省が作成認める方針 参院予算委に報告へ

【まだまだあるぞ気になるニュース】

【速報】立憲民主党 同性婚可能とするための改正案提出 「異性又は同性の当事者間で婚姻が成立する」と明記

日野町事件で特別抗告した大阪高検 明白証拠なく判例違反と判断か

現役世代が支払う介護保険料 4月以降 過去最高に 厚労省推計

コオロギは陰謀論がお好き?昆虫食を巡るツイートデータ分析

| | コメント (2)

2023年3月 4日 (土)

「捏造文書だ」(高市早苗)→「捏造文書じゃなければ、大臣も議員も辞めるでいいですか?」(小西洋之)→「結構だ」(高市早苗)←イマココ!!

 まるでデジャヴを見るような展開になってきた。昨日のエントリーで紹介した放送法の「政治的公平性」に関する総務省の内部文書について、「怪文書」とのたまった平気で嘘をつく高市君が、今度は国会で「文書は捏造だ」とドヤ顔したのも束の間、若武者・コニタンに「捏造でない場合大臣を辞職するか」っ突っ込まれて、血相変えて「結構だ」って明言しちゃいました。

放送法の「政治的公平」 解釈“変更”めぐり議論 参院予算委


小西洋之 予算委員会 質疑 2023年3月3日(金)

 昨日も書いたけど、この流れって、ガースーの「怪文書」発言やペテン師・シンゾーの「総理大臣も国会議員も辞める」発言を引き出したモリ・カケ疑獄を彷彿とさせるんだね。

 となれば、「放送法の解釈変更」を画策したとされる内部文書の信憑性が問われることになるんだが、なんと内部文書の立役者とも言えるシンゾーのポチ・礒崎君がこんなツイートしてくれちゃいました。

 つまり、内部文書に書かれていることは事実だと認めちゃったようなものだろう。こうなると、平気で嘘をつく高市君の立場は微妙なものになってくる。今後の展開に心ウキウキしてくるというものだ。

 「放送法の解釈変更」を画策したのが事実なら、報道の自由への侵害にもなりかねないし、放送局の独立性への政治の介入といういつか来た道への一里塚となる可能性だってある。そりゃあ「政府内でこうした話が持ち上がること時代がおかしい」(在京キー局関係者)という声が上がるのも当然なんだね。

 ああ、それなのに、WBCで大はしゃぎのテレビ朝日『スーパーJチャンネル』は、参議院予算委員会での丁々発止のやり取りを一切報道せずじまい。だめだな、テレ朝。

【まだまだあるぞ気になるニュース】

建屋直下の活断層「ない」判断に約7年 志賀原発は再稼働へ前進? 待ち受けるハードルは

経済的な権利をめぐる男女の格差調査 日本は先進国で最下位

議会の「関与しない」決議は違憲 旧統一教会信者が北九州市を提訴

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

Dappi Dappi疑惑 NHKから国民を守る党 おおさか維新の会 おすすめサイト こども家庭庁 たちあがれ日本 つばさの党 でっち上げ みんなの党 ゆとり教育 れいわ新選組 アカデミー賞 アニメ・コミック アベノミクス イラク戦争 インターネット インポイス制度 ウェブログ・ココログ関連 ウクライナ侵略 オウム真理教 オスプレイ オリブ油 オリンピック カジノ法案 カルロス・ゴーン ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム コンピュータ監視法 ジャニーズ事務所 ジャニーズ問題 ジャパンライフ スポーツ スーパーシティ構想 セクハラ ゼレンスキー タックスヘイブン テレビ朝日 テロ デジタル法案 デジタル田園都市国家構想 トヨタ トラテロルコの虐殺 トランプ トリガー条項 ニュース ネット工作 ハーグ条約 バタフライ バンクーバー・オリンピック パソコン・インターネット パチンコ パナマ文書 ヒマラヤの氷河 ファッション・アクセサリ フィギュアスケート フジテレビ フッ素 プーチン ヘイトスピーチ ペット ボランティァ ボランティア ポンコツ内閣 マイナンバー制 マスゴミ マルチ商法 ミャンマー・クーデター メディア ライドシェア リニア新幹線 リニア新幹線不正入札 ロッキード事件 ロック ワクチンパスポート ワールドカップ 三原じゅん子 三宝会 三浦瑠璃 上川陽子 上杉隆 下地幹郎 下村博文 下関北九州道路(安倍・麻生道路) 与謝野馨 世耕弘成 世論調査 中国 中谷元 丸山穂高 丸川珠代 亀井静香 事務所経費 事業仕分け 二階俊博 人質司法 介護 介護問題 仙石官房長官 伊藤詩織 住まい・インテリア 住民基本台帳ネットワーク 体罰 侮辱罪 偏向報道 偽証 働き方改革 児童ポルノ禁止法改正案 児童手当 党首討論 入国管理局 入管難民法改正(移民政策) 全日本柔道連盟 八ッ場ダム 八代英輝 公文書改竄 公明党 共同親権 共産党 共謀罪 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) 内閣改造 内閣法制局長官 再生可能エネルギー 冤罪 初詣 前原誠司 創価学会 加藤勝信 加計学園 労働者派遣法 北側一雄 北方領土 北朝鮮拉致問題 北村誠吾 原子力規制委員会 原発 参議院選挙 口蹄疫 古本 古本くろねこ堂 古賀茂明 可視化法案 右翼 吉川赳 吉本興業 吉村洋文 同一労働同一賃金 同性婚 名護市長選 国民新党 国民民主党 国立大学法人法改正案 国葬 土地規制法案 地デジ 地方分権 地方創生 地方自治法改正案 地球温暖化  地震 報道ステーション 墓参り 外国人労働者 外国人労働者問題 外国人献金 大口ひろし 大津綾香 大相撲 大石あきこ 大連立 大阪万博 大阪都構想 天皇 夫婦別姓 子宮頸がんワクチン 学問・資格 安倍晋三 安倍晋三記念小学校 宗教 官房機密費 官民ファンド 宝塚歌劇団 宮台真司 宮里藍 家庭教育支援条例 密約 密約問題 寺田稔 小池百合子 小沢一郎 小沢不起訴 小泉進次郎 小渕優子 小西洋之 少子化 尖閣諸島 山口敬之 山口那津男 山本一太 山本太郎 山谷えり子 山際大志郎 岡田克也 岸信千世 岸信夫 岸田文雄 川口悠子 希望の党 平井卓也 平沢勝栄 平野官房長官 年金問題 幸福の科学 幸福実現党 従軍慰安婦 復興予算 徴兵制 徴用工問題 心と体 志位和夫 思いやり予算 性同一性障害 愛知県知事リコール署名偽造事件 憲法改正 成田悠輔 戦争 押尾事件 拉致問題 捕鯨 捜査一課長左遷 揺れる中東 放送制度改革 放送法 政党助成金 政治とカネ 政治家女子48党 政治献金 政治資金収支報告書 政治資金規正法 政界再編 教育再生会議 教育勅語 敵基地攻撃 敵基地攻撃能力 文通費 斎藤健 新しい資本主義 新党 新型コロナウイルス 新藤義孝 新資本主義 新銀行東京 日弁連 日本会議 日本学術会議 日本振興銀行 日本未来の党 日産 日産クーデター 日米合同会議 日米地位協定 日米FTA 日記・コラム・つぶやき 明治の日を実現するための議員連盟 映画・テレビ 書籍・雑誌 有田芳生 朝日新聞 朝青龍 朝鮮人虐殺 木原稔 木原誠二 杉田水脈 東京オリンピック 東京新聞 東京都青少年の健全な育成に関する条例 東京電力 東北新社 東日本大震災 東電OL殺人事件 松井一郎 松川るい 松本人志 松野博一 林芳正 枝野幸男 柴山昌彦 柿沢未途 核共有 核兵器禁止条約 核軍縮 桜を見る会 桜田義孝 梅村みずほ 森喜朗 森雅子 検察  検察審査会 検察裏金問題 検閲 橋下徹 橋下知事 橋本聖子 機能性表示食品 武器輸出三原則 武田良太 武藤貴也 死刑 残業代ゼロ 民主党 民進党 水谷建設 水道民営化 沖縄基地問題 沖縄密約問題 沖縄県知事選 河井克行&案里 河村たかし 河瀬直美 河野太郎 河野談話 泉健太 泉房穂 消費税 消費者金融 清和会 渡辺喜美 渡辺恒雄 渡部恒三 熊本地震 片山さつき 牧島かれん 猪瀬直樹 玉木雄一郎 環境問題 甘利明 生前退位 生方解任 生活保護 産業競争力会議 産経新聞 田原総一朗 田崎史郎 田母神 町村元官房長官 痴漢冤罪 白紙領収書 百田尚樹 盛山正仁 相撲 石原伸晃 石原慎太郎 石川衆議院議員逮捕 石破茂 社会保障と税の一体改革 社民党 神道政治連盟 私立幼稚園連合会使途不明金問題 秋葉賢也 秘密保全法案 税金 種苗法改正案 稲田朋美 立憲民主党 立花隆 競馬 竹中平蔵 竹島 竹田恒和 竹田恒泰 第三極 箱根駅伝 節電 築地市場移転 細田博之 細野豪志 経団連 経済・政治・国際 経済安保情報保護法案 統一教会 統計不正 維新の会 緊急事態条項 総務省接待疑惑 育児 能登半島地震 自己責任 自己責任論 自民党 自衛隊 舛添要一 船田元 芳野友子 芸人 芸能・アイドル 英国式独立調査委員会 英語民間検定試験 茂木敏充 茨城空港 菅原一秀 菅官房長官 菅直人 菅義偉 萩生田光一 落語 葉梨康弘 藤田文武 血液型性格判断 衆議院選挙 衛藤晟一 表現の自由 袴田事件 裁判員裁判 裁量労働制 裏金疑惑 西村康稔 西田昌司 親学 解決金制度 記者クラブ開放 証拠改竄 読売新聞 謎の市民団体 警察 警察不祥事 議員年金 議員特権 谷垣禎一 豊洲市場 財務省 貧困問題 資金管理団体 賭け付け警護 赤木ファイル 足立康史 辛坊治郎 辺野古 辻元清美 連合 週刊朝日 選択的夫婦別姓 選挙制度改革 遺伝子組み換え食品 郵便不正事件 郵政民営化 都知事選 都議選 野党共闘 野田佳彦 野田聖子 鈴木宗男 鈴木馨祐 銀行口座維持手数料 長谷川幸洋 長谷川豊 関西電力 防衛省 防衛費 阿久根市長 除染 陸山会事件 障害者雇用水増し 集団的自衛権 電力会社 電通 靖国 音喜多駿 音楽 飯島秘書官 香港 馬場伸幸 馳浩 高市早苗 高木毅 高村正彦 高校無償化 高橋洋一 高速道路無料化 鳩山政権 鳩山由紀夫 鳩山邦夫 鳩山首相 鶏卵収賄疑惑 麻生太郎 黒田日銀総裁 10万円給付 ACTA BPO(放送倫理・番組向上機構) DHC FMラジオ IR汚職 LGBT LGBT法案 N国党 NHK PC遠隔操作事件 STAP細胞 Tカード TBS TPP TVCM